箱庭ドーナッツ 2

地域ブログ かめぞうから移行したブログです。
すごくふつうな映画とか小説のことをかいたりしてます

土曜日 クリスマスだから楽しいことを書きますよ

2016-12-24 17:39:04 | 音楽
The Smiths - Please please please let me get what I want 日本語訳&歌詞


ザ・スミス

80年代に、こんなすごいやつらがいたのだ。

ボーカルのモリッシーは、いじめられっ子のひきこもりだったそうだ。

けられて泣いていたとか。

ある日、ギタリストが家にきて、楽譜も読めないのにボーカルになった。

みじめな孤独な突き刺さるような歌ばかり歌った。美しいのだ

モリッシーは今もソロで活躍してる。

一番新しいアルバムのタイトルは、世界平和などきさまの知ったことじゃない、だ。

最近の見た目は、ザキヤマさんに似てる

・・・

(; ・`д・´)

・・・

土曜日。

クリスマスだとお!

カップルども、きさまら・・いや別にいいですよ。

ぼくは一人でも楽しいから、みんなも楽しめばいいのだ。

ぼくは仕事をしてきた。

暗黒のウォリアーは、もくもくと仕事をするのだ。

だがいいことだってある。

なんか書いていいのかわからないのであれなのだが、

会社がかなりいいことになったらしい。

それで来月は祝賀パーティーを開くそうだ。

(´・ω・`)

ぼくは当然いく。

誰がいくとか、知り合いがいくからとかじゃない。

一人でもいくし、話し相手がいなくても平気だ。

暗黒のウォリアーは、そのていどへこたれぬ。

ぼくはまあパートで障碍者雇用だが、それでも会社に貢献した自信がある。

ほかの人がいやがるようなきつい仕事をうけもっている。

そのことをみんなも知っている。

なんでぼくだけがと一度もいったことはない。思ったこともない。

ぼくは腐らず、みずからやりますと言った。

きつい仕事ばかりで悪いんだけどと言われても、いいですやりますと言った。

悪口を言われていやがらせをうけても、戦い、正々堂々と仕事を続けた。

ぼくはそこにいる権利がある。ぜったいにある。

たとえ独りぼっちでも胸をはり堂々と自分を祝福する。

おめでとう。ぶるーくん。きみはたいした奴だ。

ありがとう。ぶるーくん。きみもけっこうやるね。

いや来月なんだからまだはやいか。

(*ノωノ)

でもまあ実際は一人にはならないのだ。

ぼくは好かれておるのだ。そこそこに。

みんな話しかけてくるぞう。

きみも本当はぼくと話したいんじゃないのか?ん?

ひそかに暗黒のウォリアーかっこいいなあと思ってるんじゃないのか?
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金曜日 へなちょこが今日も... | トップ | 上原ひろみ:究極のインプロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL