箱庭ドーナッツ 2

地域ブログ かめぞうから移行したブログです。
猟奇的な映画とか小説のことをかいたりしてます

三本足の犬の詩

2017-03-07 20:27:37 | 日記
イマジンって歌があるだろう?

みんなが愛と平和を想像して歌うのさ。

俺は歌が流れるとき、部屋に隠れていた。

俺がいたら、みんな平和を想像できなくなるだろ。

だって俺は三本しか足がないんだ。

三本足の犬なんだ。

ガキどもに切られたのさ。

ただのいたずらでな。

そりゃ人は憎いさ。

でも、善良な人たちの邪魔はしたくねえんだ。

なんてかわいそうだって悲しませちまう。

でも同情とかやさしさも、俺を傷つけるんだよ。

ほっといてくれよ。

世界の平和を想像していろよ。

でも、それが俺のなくなった足のかわりになるのかよ。

みろよ。

この暗い顔を。

足もないし、陰気で暗いんだ。

雌犬にも相手にされねえ。

歩くと人にみられるから、外に出たくない。

吠えても、特別扱いされて、許されちまう。

かわいそうな犬だってな。

かわいそうだってな。

俺の足が四本だった時、子供の時、俺もかわいい犬だったんだ。

笑顔で外を走ってた。

もうずっと昔のことだ。

今じゃこのざま、心までひねくれて、くさっちまった。

もういらねえって捨てられて、今、道端で死にかけてる。

ああ、はらへったな。

天国はなくて空だけだってジョンは言うけど、俺はきっと天国にいくのさ。

だってかわいそうだからな。

かわいそうな犬だからな。

そこには俺のなくなった前足があるのかな。

母さんもいるのかな。

二人で走れるなら、天国も悪くないな。

ここよりはましさ。

光がみえる。

今から死ぬぜ。

あばよ。

美しかったかもしれない世界。

俺がいなくなれば、少しは愛と平和も想像しやすいだろ。

三本足の犬がいなくなればな。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイムトラベルをしようか悩... | トップ | お昼に映画の話をした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL