箱庭ドーナッツ 2

地域ブログ かめぞうから移行したブログです。
猟奇的な映画とか小説のことをかいたりしてます

Erasure - Always (Official Video)

2017-07-14 23:42:32 | 音楽
Erasure - Always (Official Video)


今日も暗黒のウォリアーとして仕事をしてきた。

なかなかがんばったのだ。

しかし、なにがあったのか思い出そうとしても、思い出せない。

印象にのこることがなんにもない。

( ;∀;)

このようにぼくの日常とは無残かつ残酷なのだ。

そういえば帰りにハロワによって、相談員の絶対ほめてくれない美人の人とひさしぶりに話をした。

最近もう眠るのがコントロールできなくて困っているということを話した。

そういう話をしたあとで、その相談員の人の実家やら親戚の人やらが、例の大雨の熊本で、親戚のおじいさんが一人、行方不明になっていてまだみつかっていない、という話になった。

さすがに死んでるのはもう間違いないことで、あとはなるべくはやくみつかってほしい、ということだった。

( ;∀;)

流されて行ってしまったのなら、いったいどこまで流れていったのか探すのむつかしいだろう。

そして水につかって遺体の損壊がはげしいはず。

みただけでは誰なのかもわからなくなっているだろう。

道が泥水の川になっていて、避難所の学校も危険だったらしい。

三階まで逃げてヘリコプターで救出されたとか。

他人事だと思ってたら意外なところに関りのある人がいた。

おどろいた。

人というのはいつどこでなにが起きるか・・

・・・

今、君の横に誰かいなかったか。

きがつかなかった・・?

そうか ならいいんだ。

・・・

お昼のデザートに完熟バナナのプリンというのをはじめて食べた。

話の切り替えとしてホラー的演出をしたのだ。

なかなかおいしかった。

あのデイリーヤマザキというお店はあまりみないけど、けっこうおもしろいのを売っているな。

100円均一のお菓子のコーナーも他とはちがうお菓子がある。

今日かったのは、ラスクの沖縄産シークワーサー味というのだった。

いろんな味のラスクがあると思うけど、シークワーサー味はないだろう。

そして今日も短編を一つ読んだ。

この作者は寡作で一年に短編をひとつしか書かなかったそうだけど、いくらなんでも遅すぎる気がする。

これを書くのに一年かけたのかと思うと、さらっと読むのがもうしわけない気がする。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細長い雲 | トップ | 昨日の空 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL