箱庭ドーナッツ 2

地域ブログ かめぞうから移行したブログです。
すごくふつうな映画とか小説のことをかいたりしてます

三線教室に行った 

2017-07-16 23:13:35 | 日記
残虐で陰惨な気配にみちあふれた、この世界のいちばんすみにあるブログに戻ってきた。

いつまでも、いつまでも、不安を友として死刑を待ち続ける罪人のように、彼はまたブログをかくのである。

その目の奥には絶望やあきらめなどという単純なものとはちがう、もっと冷たく黒い感情がうずまいているのがみえる。

なにもかもを奪い取られた、なにもない男の目だ。

はたしてこれが生きている人間の目だろうか。

おそろしい・・

この目をみていると生きていることと死ぬことの境目が消えていくような戦慄を覚えるのである。

はたして、このようなものが、どれほど恐ろしいブログを書くというのか。

想像するだけでも、トイレに行きたくなる。

行くなら先にいったほうがいい。

読んでしまったら後悔することになるからなア・・

・・・

ここまでがあいさつで、ここから普通のブログです。

一応猟奇的なブログなのでそいいう雰囲気ではじまるのだ。

だがいつもどおり内容とはまったく関係ない。

ぶるーよ、ぶるーよ、おまえは今日なにをした

オレハ・・

今日は三線教室にいった。

そこそこ練習をしてきた。

これからは三線の練習がいそがしくなる。

がんばらなくては。

去年よりもさらにレベルアップを目指す。

(; ・`д・´)

そしていつもどおり喫茶店に行って読書をした。

スタンリイ・エリンの短編集だ。

読んでいくと、なんというか文章からエリンさんの邪悪な心がみえてくる。

邪悪といえば思い出すことがある。

30年前ワルシャワで出会った、ある青年のことである。

彼の話を書こうと思う。

彼は戦場である日ぼくにこう言ったのだ。

へい、カラオケ行きたいね。スピッツとかくるり歌いたいね。若者のすべても練習するね

(; ・`д・´)

カラオケか・・

カラオケ一人でいいからまた行きたいのう。

三線の練習もしたいけど、カラオケの練習もしたい。

むつかしい曲を歌えるようになりたいのう。

ストレス解消になる。

そしてコメダのかき氷を食べたい

( ;∀;)

今日のブログには特に猟奇的なことはなかった

平和だったのだ。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョジョ的な風景 | トップ | コメダのかき氷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL