「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

悪質な犬繁殖業者

2009年12月10日 | お知らせ

犬200匹を違法飼育、「売れ残り」は尼崎市が処分
2009年12月10日8時1分

兵庫県尼崎市の犬繁殖業者が狂犬病予防法による登録やワクチン接種をせずに、約200匹の犬を飼育していることがわかった。
10匹以上の集団飼育で必要な自治体の許可も
受けていなかった。

尼崎市は5年前から違法状態を知りながら、ほぼ毎年、売れ残った犬を年間50匹以上引き取り、殺処分していた。
市は、動物保護団体から「行政が違法業者の尻ぬぐいをしている」と指摘され、来年度から引き取りの中止を決めた。

この業者は10年以上前から市内の住宅街に建てた5階建てのビルの部屋で繁殖していた。店頭やネットなどで販売している。
立ち入り調査によると最も多い時期で約450匹、現在も約200匹を飼育。
動物愛護管理法による動物取扱業者の登録はしているが、一定匹(頭)数以上の動物の飼育を規制する化製場法に基づく飼育の許可は受けていない。
また、狂犬病予防法による登録、予防接種もしていない。

この業者から引き取った犬だけで、尼崎市が年間に殺処分した犬の3分の1から半数を占める年もあった。

この情報を得た動物保護団体の地球生物会議ALIVE(東京都)が今年9月、市による引き取りの実態を情報公開請求などで調べ始めた。
こうした動きを受けて、市は今年6月の引き取りを最後に、今後は引きとらない方針を決め、業者に伝えた。

業者の責任者は取材に「違法状態なのは事実。子を産まない犬までここでは飼えず、処分は行政に任せてきた」と話している。

尼崎市保健所生活衛生課の後藤修志課長は
「指導不足と言われれば、否定、反論できない。今後は指導を強化、徹底していきたい。この業者からの犬の引き取りも道義的に問題があり、中止する」と話している。

ALIVEの2007年度の調査では、保健所を設置する105の自治体で業者からの引き取りをしているのは48自治体。
ほとんどが身分を隠し、数匹ずつ小分けにして持ち込んでいるという。
尼崎市のように一度に25匹など多数の犬を長年にわたって引き取る例は全国的にもまれという。

ペット業者の規制法に詳しい植田勝博・弁護士(大阪市)は
「繁殖できなくなった犬を産業廃棄物のように処分するのは、動物の適正な取り扱いと生命の尊重をうたう動物愛護管理法の趣旨にも反する。
行政も無責任な業者からの安易な引き取りは許されない。
行政が違法なペット業者を厳しく監視、規制できるよう法改正も必要だ」と話している。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院中のお母さん犬のお見舞... | トップ | 尼崎市長・保健所への抗議 »
最近の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事