「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

首輪と迷子札

2010年05月10日 | 犬を保護しました

9日里親会に行く途中で車にひかれそうな犬を保護しました。
日曜日で保健所がお休みです、犬を探している方がいるか届け出が出来ません車から降りで近所を歩き探しましたが分かりません。
家に帰りましてから動物指導センターへ犬の保護のメールをしておきました。
本日月曜日の朝、動物指導センターより電話がありまして「休日メールでご連絡いただきまして有難うございます」とのことでした

       
早速犬の飼主さんが見つかりました。
首輪をしない飼主さんに今後は必ず首輪と迷子札を付けるように申しました。
犬の毛のことを心配されて首輪をしないそうですがそのために命を落としてしまったら…愛犬の命と毛 と、どちらが大事なのでしょうか?
犬を助けた時、通りすがりの人たちが
「首輪がないからきっと捨てられたのでしょうね・・私が貰って行きます」という方がたくさん集まってきました。
私にお宅が貰うの、とまで言われて説明するのに困ってしまいました。
きっと飼主さんが探している迷子犬かと思いますから警察と保健所に探している人がいないか
連絡を取ってみますから捨て犬とは限りませんと言いましたが納得できないようでした。
迷子犬を必死でさがしても見つからない場合は届けを出さずにご自分の犬にしてしまう場合もあるのでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9日の里親会で10名様に迷... | トップ | 5月9日 里親会 »
最近の画像もっと見る

犬を保護しました」カテゴリの最新記事