「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

ココちゃんの里親様より訃報のご連絡戴きました。

2017年12月10日 | 天国の家族

里親様よりご報告いただきました。12月4日  12月6日

ココちゃんの里親様は、今までに沢山の犬たちを素晴らしいご家族の元へ命のご縁を繋いでくださいました。

また長いこと、会の保護犬と猫たちの為にフリーマーケットを開催していただいております。

日頃から信頼と尊敬をしております素晴らしいお人柄の里親様です。

野犬の大吉とココちゃんは、この方に引き取られてどんなにか幸せだったことでしょう。

ご自分の命を削るほど数年間の介護に一生懸命に向き合っている姿は誰もが感じさせられる程です。

どんなにかお疲れの事でしょう。そろそろお母様の介護になられるようです。

ココちゃん大吉を大切にしていただきまして感謝の気持ちでいっぱいでご座います。有り難う御座いました。(会より・加藤緑)

  

加藤緑さま

昨日、旅立ちました。足はすっかり弱っていましたが、まだまだがんばってくれるような気がしていました。でも、この1週間で徐々に体調を崩し、最期はあっけないほどで、いまも信じられません。ココと大吉と過ごした日々はすばらしすぎて、茫然としています。また落ち着きましたら、きちんとご報告させていただきますね。まだココは家にいて、眠っているようです。

加藤緑さま

6日(水)、荼毘にふしてまいりました。いまは我が家に戻り、大吉と仲良く並んでいます。
 
亡くなる一週間ほど前の血液検査で、炎症値が異常に高いことがわかりました(ハリがとんで測定不可能)。
ただ、それまでは何も異常を感じませんでした。食欲がまた少し落ちてきたかな~と感じていた程度で…。
新年は楽勝で迎えられると思っていましたし、それどころか、年明け後の寒さ、さらには続く猛暑を心配していました。
(何しろ、夜中に何度もトイレに出していましたから…)
 
命に関わるようなこととは認識できず、抗生剤が処方されたので、それで治ると思っていました。
(同じ日の検査で、腎臓も肝臓も心臓も異常なしで、安定していました。熱もありませんでした)
 
抗生剤の投与後、やはり少しずつ食欲が低下しているなぁと感じましたが、それでも、口に入れてやればゴックンして食べてくれて、いいウンチをしていました。
カートに乗って公園に行ったり、普通に生活していました。
 
亡くなる前の日も、よいお天気だったのでカートで公園に行き、日向ぼっこをしました。
そうして日向ぼっこをしていると、いろいろな人が声をかけてくれます。
その日も、知らない高齢の女性がやってきて「幸せね~、歩けなくても、いてくれるだけでいいのよね。また、お話しさせてね」と
しみじみお話ししていきました。私にとっても、幸せな時間でした。
夕食も、自分では口をあけませんでしたが、お刺身や納豆を、口に入れてやると、ゴックンして食べてくれました。
 
夜、またいつものように寝る前の散歩で、カートで近所を歩きました。
さあ、寝るかなと思っていたとき、ココが目をパッチリあいたまま、ちっとも眠りません。
おかしいなあ、少し呼吸が荒いかな、とも思いましたが、ずっと鼻炎というか歯周病による鼻水がひどかったので、
そのせいかな、と思いました。翌日、獣医さんが朝一で様子を見に来てくれることになっていたので、そのままに。
 
そして、先生がみえて、処置をしてくれて(抗生剤の注射、栄養点滴、導尿)、
その後ずっとそばについていましたが、5時間ほどして、少し荒いかな~と思っていた呼吸が、静かに、本当に静かに、止まりました。
あっけないほどでした。
あまりにあっけなく最期を迎えたので、しばらく現実を受け止めることができませんでした。
だって、ココはここ数か月、寝たきりでしたから、死んでしまっても、横たわっていてくれれば、生前と変わらないまんまです。
きれいなお顔のまんま、毛並みもよくて、褥瘡もできず、本当にきれいなまんま、逝きました。
 
だから、なかなかココの死を受け入れることができませんでした。
でも、考えてみたら、この春にはごはんをまったく食べなくて、わずかなキャットフードでつないだようなこともありました。
それに、この数週間は、夜中、吠え続けたり、介護ハーネスで補助しても排尿が少しずつ困難になったり、ベッドでは寝返りはもちろん、ふせも、頭を上げることもできなくなくて、本当に横になったままでした。
 
そのことを思い出して、ココのからだは限界に近づいていたのだなと思いました。
大吉が亡くなって、もうすぐ3年です。
3年近くたったから、ココは、「もう自分がいなくても、私たちは大丈夫」と思ったのかもしれません。
そして、年を越してからの厳しい寒さや、続く猛暑を、もう味わいたくなかったのかもしれません。
 
紅葉やイチョウの紅葉が美しい季節に、あっぱれな最期だったかもしれません。
 
亡くなる数日前に撮った写真をお送りします。亡くなる前の日も、こんなふうに、カートで日向ぼっこしていました。
来年は犬年だから、年賀状の写真を撮らなくちゃと思って、シャッターを切っていました。
 
ココとの16年半、そして大吉との12年間、本当に本当に幸せな日々を過ごすことができました。
加藤さん、ココと大吉を助けてくださって、私たちに託してくださって、本当にありがとうございました。
 
 
PS
フリマのときは、ぜんぜん大丈夫だったんですよ。ココは「フリマはやってちょうだいね」と、先延ばしにしてくれたようにすら思います。
 
 数ヶ月前のココちゃん
  
 
 
会より
(17年くらい前に沢山の野犬の中にいたココちゃん、その後は優しいご家族さまに
ご縁して
大切にしていただきました、いっぱい幸せを感じながら天国に逝ったことでしょう。ココちゃん大往生だね・・・。加藤)
 
 

 


この記事をはてなブックマークに追加

保護犬のジローちゃん旅立ちました

2017年10月09日 | 天国の家族

高齢で病気だったジローちゃん安らかに眠ったまま旅立ちました。10月5日

無事に火葬も済みました。

亡くなる3日前この頃からズーと寝たきりでした、いびきをかいたりもして

よく寝ていました。このまま苦しむようなこともなくて、それだけでも良かったと思います。

今度ほんとうに生まれ変わることが有るのでしたら、いっぱい愛されて幸せになってほしいです・・・・・。

 


この記事をはてなブックマークに追加

結ちゃん静かに旅立ちました

2017年06月05日 | 天国の家族

会で介護していました結ちゃんが老衰で亡くなりました。

埼玉県動物指導センターより、推定年齢15才で引き取りました。

5月31日深夜亡くなりました。17才

亡くなる3時間前に少しですが、お水をスポイトで飲みました。

眠ったまま静かに苦しむこともなく安らかに逝きました。可愛そうな過去を持っていたと感じます。加藤 緑

 

  

 

結ちゃんの車椅子を作って下さいましたボランティアさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

何よりか車椅子で歩くのが大好きでした。

床ずれを少しでも改善するために15センチもある厚いスポンジベッドをお持ち下さいましたご夫妻様、

大きなベビーベッドを使って下さいとご連絡いただきました方、

また北海道の方からも、ご連絡をいただきましてベビーベッドをお送りいただきました。

お優しいお心に感謝申し上げます。ほんとうに有り難うございました。   加藤緑

 

 

 このベッドのお陰で安心して介護が出来ました。


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりコロちゃんの訃報のお知らせです

2017年06月04日 | 天国の家族

コロちゃん17才2月6日午後1時45分旅立ちました。

お悔やみを申し上げます。17年間ほんとうに有り難うございました。

ご家族様よりお手紙とコロちゃんの写真をお送りいただきました。

また数日後、遠方よりご丁寧にもお訪ね下さいました。

17年間コロちゃんを大事にしていただきまして心の底から感謝申し上げます。

いつも年賀状にはコロちゃんが皆に愛されている事が凄く伝わって来る家族全員の癒やされる写真付きでした。

この写真は亡くなる1ヶ月位前の初孫とコロちゃんの記念写真でしょうね。

優しく見守っている様子がわかります。

 

 掲載が遅くなって済みません。  


この記事をはてなブックマークに追加

はなちゃんの訃報のお知らせいただきました。

2017年04月20日 | 天国の家族

はなちゃん、幸せいっぱいもって4月12日旅立ちました。

ご家族様より、はなちゃんが亡くなりましたその日にお電話とメールもいただきました。

加藤さんへ

8年一緒に過ごした はなが 4月12日に旅立ちました。
一緒に散歩した、たんぼ道を
涙がこぼれなくなったら…
はなを思いながら歩きたいと
思います。
はな 思い出を沢山有難う!

                   

 

 

加藤より、はなちゃんは2009年度に助け出した、栗橋多頭飼育崩壊犬の中の1頭です。

保健所も当時の町役場も、多頭飼育の場所を教えていただけませんでしたが、聞き歩き回って

やっと捜したどり着き助けた犬です。

はなちゃんの里親さんになっていただいた時は、ほんとうに有り難かったです。

年賀状には必ず、はなちゃんの写真と近況報告が有りましたので安心していました。

はなちゃんの険しかったお顔もこんなにも穏やかで優しくなり幸せを感じて居るのがよく分かります。

里親さんは今はとても悲しくて他の犬を見ることも出来ませんと言われてました。

1日も早くお元気になられて体調を整えて下さい。はなちゃんを大切にしていただきまして

有り難うございました。

1日も早くお元気になられていただきたいです。

 里親さんをご紹介いただきました方へ、心より有り難うございました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ガボちゃんの里親様より訃報のお知らせいただきました

2017年04月13日 | 天国の家族

 里親様より

ガボ、3月16日15歳で亡くなりました。我が家に来て15年、利かん坊で甘えん坊な犬だけどみんなから愛されました。

私にとっては世界一素敵な犬でした。

   
       
加藤から

ガボちゃんが旅立ちました当日3/16に、里親様が知らせに訪ねて下さいました。

数日前までガボちゃんのお散歩している様子を見かけていましたが、本当に毎日お散歩を欠かしたことがなく、

感心するほどに最後の最後までよくお世話していただきました。心より感謝申し上げます、有り難うございました。

このような飼い主さんばかりだと世の中が平和になるのになーと、いつもそう思いながらお見かけしておりました。

ガボちゃんは、愛情いっぱいもらって幸せでした。  

この記事をはてなブックマークに追加

里親さんより訃報のお知らせです。アイちゃん

2017年03月06日 | 天国の家族

アイちゃんの里親様より  15才  2月25日 天国へ旅立ちました

この15年間アイと毎日一緒でした、アイを置いていくことが何より嫌なことでした。

無くなる前の、1年間はアイちゃんの介護でした。

夜中に起きて30分は体のマッサージをしてから、アイを抱えてトイレをさせて、また朝4時にアイの体のマッサージを30分してから

トイレに連れて行きます。暑くても寒くても、いきなり抱えて動かすと体が痛いだろうからマッサージでほぐしてから

トイレをさせてやります。そうしてやれることがとても幸せでした。3日間お隣まで聞こえるほど大泣きしていました。

家のどこに居てもアイの気配がするようになり亡くなったとかもう居ないとか言う感覚が薄れ、いつもそこかしこに

居る気がしてます。私の体の一部だったアイはきっと分かっていると思います。賢くて可愛くて

本当によい子でした。アイをご縁させていただきまして本当に有り難うございました。

              

2月28日訃報のご連絡いただきまして、翌日ご挨拶に行ってきました。

アイちゃんは素晴らしい、ご夫妻様に終生大切にしていただきいっぱい愛してもらって私も有り難くて感謝の気持ちでいっぱいです。

心より有り難うございました。加藤

 


この記事をはてなブックマークに追加

里親様より訃報のご連絡いただきました。来夢くん

2017年03月03日 | 天国の家族

来夢くんのご家族様より、2月25日旅立ちました、とお電話でお知らせいただきました。(2月27日火葬

27日ご家族の皆様と一緒に火葬場へ来夢くんのお見送りさせていただきました。

  

来夢くんのお母さんよりお手紙いただきました。

私たちへ来夢を預けて下さいまして有り難うございました。1日もお散歩を休まずいろんな所へ行きました。

お陰で友達が大勢できました。来夢はやさしく、かしこい子ですから皆さんに愛されて人気者でした。

家に来る人達にも玄関まで出て行き挨拶をする子でした。本当に来夢には癒やされ楽しませて貰いました。

ありがとうございました。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

里親様より、サラちゃんの訃報のお知らせです。

2016年12月01日 | 天国の家族

サラちゃん11月10日旅立ちました。(早くに御連絡いただいておりましたが掲載が遅くなりました)

10月26日、我が家に会いにいらしてくださいましたその14日後にサラちゃんは、安らかに旅だったそうです。

「里親様より」

「平成28年11月10日午前4時20分サラはお花の園に静かに旅立ちました。

言葉を持たず語りかけ、静かに耳を傾ける毛むくじゃらの哲学は、我が家の小さな太陽でした。

14年間ありがとう。」

   

2週間前にサラちゃんと里親様にお会いで来ましたこと、嬉しく有り難く思っております。

幸せにしていただきまして心より感謝申し上げます。有り難うございました。


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりノアちゃんの訃報のお知らせです

2016年06月18日 | 天国の家族

 ノアちゃんの里親様より、5月29日老衰で亡くなりましたご連絡をいただいておりました。

 里親様に大切にされ、いっぱい愛されてこんなにも優しいお顔になってまるで別犬のようでした。

愛されて幸せになると、ほんとうに顔も毛ずやも変わるんですね。

この犬を保護されていた方が連れてこられて、その場で面接をし、その日の内に里子に行きました。

情けないほど悲しげで目線は下向き毛並はごわごわ、哀れな感じの犬という記憶があります。

数年後落ち着いたきれいな目に変わり、毛ずやがよくなり「幸せってこういうことっ」

って、身をもって私に教えてくれました。愛されると、きっと毛穴の一つ一つが細胞までも変わるんでしょうか。

愛されること、大切に思ってくれる人が居るってこんなにも凄い事だと思いました。

里親様に心より感謝申し上げます。ノアちゃんの最後まで大切にしていただきまして有り難うございました。

ノアちゃんは幸せでした。

    

                  

                                                                         

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加