犬小屋の中へ

M's FORMATの更新情報や
制作日誌、映画やイベントのコラム、
身もふたもない情報を提供します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

続・台湾屋台料理を巡る(1)台湾料理 帆

2009-10-09 22:10:06 | 台湾料理
今は体調が悪いのもあって好き勝手食べ歩きって訳にはいかないですが、過去に飲食店にいって撮った写真等も残っていたりするので、以前やっていた台湾グルメの続きでもやろうと思います。 . . . 本文を読む
コメント

台湾夜市料理特集

2006-12-29 01:56:27 | 台湾料理
こんばんは。年末から忙しくなり、当分大きな更新はできそうもないので、頑張って「台湾夜市料理特集」です!台湾に行った事ない人もこの料理を見て食べたいなと思ったら、ぜひ足を運んでみて下さい。値段ですが、1元=3.5元程度が相場。夜市では500円くらいあればお腹いっぱい食べられるよ!! こうして皆さんにうまさをお伝えすべく、体調が悪かったにも関わらず毎日胃薬を飲みながら、食べ歩いてました!!え、単に食い . . . 本文を読む
コメント (6)

台湾屋台料理を巡る (6・最終回)

2006-02-26 01:25:33 | 台湾料理
しばらく休んでいた台湾屋台料理特集ですが、今回で最終回です 都心からちょっと離れて、千葉県の市川~船橋エリアになります。 新台北(JR市川駅 南口より3分) 市川駅の南口を降りて、右手に進む。やや人気の少ない路地に面したところにあります。店内は狭いものの雰囲気のある店舗です。ご主人は台湾出身で、腸詰め他、冷菜類が充実していました。大根餅をたのんだのですが、美味しかったです。 大根餅 まだ手を . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

台湾屋台料理を巡る (5)

2006-02-02 00:57:57 | 台湾料理
前回に引き続き台湾屋台料理特集その5、今回は銀座~新小岩エリアです。 新台北菜館(銀座) 中央区銀座の外れにある台湾料理店。銀座といっても値段は庶民的なので一安心。先輩の紹介で共に足を運んだのですが、ここでは第一回目で紹介した、排骨飯をいただきました。その量も多いのでがっつりいただけます。八宝菜も美味しかったです。 劉の店(錦糸町) 錦糸町の南口の歓楽街の入り口にあるお店です。こちらでは排 . . . 本文を読む
コメント (3)

台湾屋台料理を巡る (4)

2006-01-21 01:22:37 | 台湾料理
なんだかニュースが凄い事になってきて毎日、目が離せませんね。昨年の流行語大賞は「想定内」でしたが、今年は「想定外」になってしまうのでしょうか...。 最近ブログの更新度も多いので「暇人なんだな...」と思う方もいると思いますが、実をいうと、その場で書いている訳ではなく、以前に書きためておいた文章をちょっとずつ修正してアップしていたりするのでした。なので鮮度はやや落ちますが台湾屋台料理特集、もう少し . . . 本文を読む
コメント (5)

台湾屋台料理を巡る (3)

2006-01-19 01:04:15 | 台湾料理
前回の内容に引き続き、今回はネット上に出回っているレシピを参考に自家製「魯肉飯」を作ってみました。共通した基本的な作り方は、 1.油をしいて豚のバラ肉をきざみ、焦げ目がつく位にかるく炒める。 2.肉を取り出し、ネギ(本来はエシャロットの方が良いらしい)、大蒜、生姜、椎茸のみじん切りを炒める 3.1で炒めた肉と、たれ(醤油、黒砂糖、紹興酒、微量の胡椒、葱油、オイスターソース)を加え、さらに水をクタク . . . 本文を読む
コメント (7)

台湾屋台料理を巡る (2)

2006-01-17 00:18:18 | 台湾料理
こんばんは。駅でフリーペーパー「R25」を手に入れて、電車の中で読もうとすると...向かいの席の人も読んでいて妙な恥ずかしさ&嫌悪感を覚える...そんなご経験はないでしょうか。 前回に引き続き、主な台湾の屋台料理をご紹介していきます。 魚丸湯(魚のつみれ入りスープ) 台湾のお台場とも言われる港町「淡水」で食べました。魚のつみれがもちもちとして美味しい。つみれの中にも具が入っているものも。日本の . . . 本文を読む
コメント (3)

台湾屋台料理を巡る (1)

2006-01-11 22:17:54 | 台湾料理
台湾に足を運んでからというもの、ふと町を彷徨い歩いては、台湾料理店を探す...という訳の分からない行動をとっていたりします。それは..現地の屋台料理の味が忘れられないからなんです! 台湾に足を運んだ方はご存知だと思いますが、町中どこにも食べ物屋がたくさんあり、気軽に食べることができるんですよ。特に「夜市」と呼ばれるナイト・マーケット(詳しい様子はおやぢの台湾探訪記の「士林夜市」をどうぞ)には数多 . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (1)