意識の研究プロジェクト&出版部門インタープレス@ジャパン

インタープレス・ジャパンは、意識の研究プロジェクトの出版部門になりました。これからも出版は継続いたします.

"私"という存在は、他の意識が認識することで存在できる。

2017年05月14日 | 意識の研究プロジェクト(旧:野村総合意識研究所)

こんな仮説はどうだろうか?
もしかしたら、"私"が存在しているのは、他者の意識によるものかもしれない。
多くの神秘家やスピリチュアル方々は、「私自身の心の反映がこの世だ。自分が原因を作っている」と説く。
最近、流行の「引き寄せの法則」などがこの説を中心に、理論展開している。
唯心論(Spiritualism)だ。
しかし、この考えと全く反対の命題は、成り立つだろうか?

"私"たち一人一人は、たくさんの人や無数の生き物に囲まれて生きている。
実際、私たちは日々、家族や仕事の仲間、友人、知人に囲まれて生活している。人間ばかりではなく、ペットやカラス、果ては昆虫や草花、微弱なエネルギーだが地中のバクテリアなどの生命体にも囲まれている。
生命をもった多くの存在が、"私"を認識する事で"私"が成り立っているとは考えられないだろうか。

例えば、散歩している"私"を、猫が見ているとする。猫の意識の中に"私"が生成される。その小さい猫の意識が"私"の一部を形成する。昆虫なども意識がある。小さい存在なので、人間の大きさは認識できないかもしれないが、そばに近づくと逃げるということは、存在の気配は認識しているのだろう。草木も人間の存在を感じとっているという研究結果もある。自分以外の生命が、"私"を見ている、感じとっている。そのエネルギーの蓄積が、"私"という人間を形成していく...。

もし、絶海の孤島で一人きりになったら次第に"私"を形成しているエネルギーが枯渇して、最後には自我が崩壊してしまうのではないだろうか?人は、常に他者から意識されていないと、存在することが不安定になって最後は、"私の核"が崩壊してしまう生き物かも知れない。

【まとめ】
"私"という存在は、他の意識が認識することで存在できる。
数え切れない生物が、眼(双眼、複眼)や感覚器官を通して"私"という存在を見ている。
その意識の総体が、"私"という意識を作る。
「誰も見ていなくても、お天道さまがみている」は言い得て妙かも知れない。
但し、例外もある。意識と潜在意識にしっかりとしたパイプを通している人だ。
彼らは、潜在意識のゲートから、他の存在を認識できる。
故に、絶対的な孤独の中でも世界を見渡しコンタクトできるから発狂しない。
もしかしたら、世界の命運を動かしているかも知れない。
人里離れたヒマラヤ山中に彼らはいると言われている。
ちょっと、ぶっ飛んだ思考の遊びでした。m(_ _)m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プチ散歩-小坪マリーナから披露山公園へ

2017年04月23日 | ご報告です

市会議員の投票の後、天気がよかったのでプチ散歩です。
このところ、定例の仕事や自治会の会計、Webサイト更新で座りっぱなしです
腰が痛い...家内も仕事があったけど、天気が良いので中断して一緒に行きました。

私の定番コースです。約12キロくらいかな。
◆材木座海岸-小坪マリーナ-披露山住宅地-披露山公園-逗子海岸-逗子駅◆
写真は順番に並べてあります。海の上にある岩礁みたいのは和賀江島(わかえじま/わかえのしま)です。
1232年鎌倉時代に築かれた港です。遠くは南宋とも貿易していたそうです。付近には宋銭が落ちています。蛸も捕れます。
小坪マリーナ内の椰子の木、次の白い家は香取慎吾の家だと噂になっていました。真偽の程はわかりません。

披露山住宅地は有名人がたくさん住んでいます。以前、歩いていたら石原慎太郎氏が向こうから来ました。周りには人っ子ひとりいない閑静な住宅地です。なぜか、石原氏は私とすれ違うとき、すごく身構えていました。自分、人相悪いのかな~(´ヘ`;)
披露山公園は八重桜が満開でした。帰りの山道で家内は「ヨモギ」「フキ」をたくさん集めました。よもぎ餅を作ります。
セリも群生していましたが、毒セリが混入しているといけないので採取をしませんでした。

海の上に立っている石塔は、徳冨蘆花の「不如帰(ほととぎす)」の記念碑です。
逗子はいつ来てもほんわかした感じですね。各国の料理が食べられるレストランがたくさんあり鎌倉みたいに混んでいません。
逗子駅から鎌倉駅まで5分程でいけます。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間について(2)

2016年10月09日 | 意識の研究プロジェクト(旧:野村総合意識研究所)

【時間について(2)】

『時間の流れは、現実に起こっているのではなく、私たちの脳内で作り上げた幻影である』
0.000....1秒、ナノレベルで空間に存在している無数の実像を、私たちは五感を通して脳内で8ミリフォルムのようにつなげて見ている。これが時間の流れです。わかりにくかったですか?

もし、この定義が正しければ、人間のような一定の質量をもった存在ならば、熱エネルギーがあるので空間に情報が焼き付いているともいえます。

想像してみてください。
例えば、昔から住んでいる住居の居間には、亡くなった祖父母や両親が数年前までそこにいたのです。もし、数十年も居間で食事をしたり、語らったり、TVを見ていたのです。かわいがっていたペットは、いつもその座布団に座っていたのです。パラパラ漫画のように、ひとコマ、ひとコマずつ彼らの情報が残っているならば、その場所に何らかの痕跡があるはずです。なぜ、見つける事が、会う事ができないのでしょうか?
時間の解明は、死後の世界へ探求にもつながっていきます。

※「Walking tour」をご存じでしょうか?10年ほど前に作られた有名なFlashムービーです。
偶然でしょうが、時間と死後の世界の事をわかりやすく表現しています。
挿入歌:Hitomi PLANETES[affettuosso]

WALKING TOUR

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間について

2016年10月09日 | 意識の研究プロジェクト(旧:野村総合意識研究所)

【時間について】

今回は時間について少し書いてみます。
時間には二つの切り口があると思います。
一つは人間の感覚で、もう一つは物理法則です。
私たちの感覚では、時間は「流れている。過去は遠ざかる。未来に向かって進んでいる」といった意味合いを持ちます。
あくまでも時間をとらえるのは感覚なので、その人の置かれた状況で遅く感じたり、速く感じたりします。
他者が自分と同じ時間感覚ですごしているとは限りません。その為に共通ルールとして時計が必要になってきます。
中には目覚ましがなくても、ドンピシャの時間で起きられる人もいます。体内時計が正確なのでしょう。

もう一つは理論物理学での時間の考え方です。最新の研究では、時間は一瞬の出来事の積み重ねであるという説です。つまり、パラパラ漫画を見ているように、人間の脳内でひとコマ、ひとコマつなげて、再生しているという説です。「時の感覚」は、脳の錯覚でこの世界の空間で起きた出来事、つまり情報を自分の都合のよいように再構築しているのです。
これはアインシュタインの相対性理論でも証明されている有力な説です。

他には、重力波のようなエネルギー振動体が存在していて、それが時間を創造しているという説です。時間素粒子(仮説)です。この素粒子は発見されていませんので、あくまでも仮説です。
やはり、私個人は、前者の場面場面がエネルギー体となって、その情報を空間に焼き付けているという理論が正しいのではと考えています。ヒックス粒子や多次元の研究が進めば、時間の本当の正体を解明できるでしょう。※ちなみに空間に焼き付いたひとコマとひとコマの間には隔たりがあります。原子と原子の間には互いがぶつからないように真空、つまり量子真空があって区別をしているのです。それこそ0コンマ......ナノレベルの間隔でしょうけど、隔たりがあるのでパラパラ画像はありえます。

ところで、動物たちは時間の流れを感じ取っているのでしょうか?
人間と生活を共にするペットの犬や猫を思い浮かべると、夜になると眠るし、朝になると起きてきます。お腹が減ればワンワン、ニャンニャンと訴えます。ウチで飼っていた猫は、朝6時半頃になると起こしにきました。
犬も散歩の時間が来るとドアを前足でドンドンしました。でも、これって時間と言うより体内の要求や条件反射みたいなモノですね。時計を動物が見て焦って出発したなど聞いたことがありません。時間は人間独自のものの見方のでしょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【文系脳と理系脳】

2016年10月07日 | ご報告です

【文系脳と理系脳】

高校の進路の時に文化系とか理科系に分けますが、脳の使い方が若干違うようです
勝手に想像(゜-゜)

・文化系の脳・・・イメージやストーリーを展開して答えを解こうとする。
(過去の体験のイメージを元に推論して答えを導き出そうとする)

・理科系の脳・・・基準や数式で論理的に答えを解こうとする。
(原理・数式などを元に答えを導き出そうとする)

どちらが優れているかわかりませんが、下記の問題をすぐにわかった方は、理科系脳です...かもね。

【問題】
3人連れの女性がホテルにやってきました。ホテルのオーナーが、「空いているのは総額一晩3万円の部屋だけだ」と言ったので、この3人の女性は一人1万円ずつ出して泊まりました。
ところが翌朝、ホテルのオーナーは「女性のみのグループは2万5,000円に割引キャンペーン中」だったことを思い出しました。そのため、間違えて多くもらってしまった5,000円を返すよう、ボーイに言いつけて手渡しました。
しかしボーイは、「5,000円は3人で割り切れない」と考えて、自分の懐に2,000円ネコババしました。それで、3人の女性には「女性割引です」と言って1,000円ずつ返しました。

さて、3人の女性は最終的に部屋代を1人9,000円ずつ出したことになります。
 計2万7,000円です。それにボーイがネコババした2,000円を足すと2万9,000円。。。
あとの1,000円は、どこに消えたのでしょうか?

※マイレコードから「数学的能力の遺伝」

 ******************************

<答え>
さて、記事にてご紹介したクイズ『消えた1000円はどこだ?』の答えはわかりましたか?
 問題には「宿泊代計2万7,000円に、ボーイがネコババした2,000円を足すと2万9,000円」とありますが、ここが間違い。
問題は合計が30000円になればいいのです。
宿泊代には、ボーイがネコババした2,000円は既に含まれているので、本来足すべきなのはボーイが女性に返した3,000円なのです。
30000円-5000円=25000円 
25000円+3000円(返金)+2000円(ネコババ分)=30000円
よって、3万円の内訳は、本来の宿泊費2万5,000円にネコババした2,000円、返却された3,000円でした。
1,000円はどこにも消えていなかった、ということになります。
イメージして考えすぎるとわからなくなる問題でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【四万十川の沈下橋】

2016年09月20日 | ご報告です

【四万十川の沈下橋】
川が氾濫した時、水の抵抗を無くすために橋桁が船のような形をしています。
また、流木などによる破壊から橋を守るために欄干(らんかん)がありません。

日本各地に点在していますが、その中でも高知県四万十市にかかる沈下橋は有名です。
重要文化的景観に選ばれています。

しかし、景観はすばらしいのですが、通過するときはかなり怖いです(゜o゜;
転落事故もあります。
四万十市の住んでいたときには、さほど気にかけずに通っていたのですが・・・。

幅は普通車がぎりぎり通過できる橋と4トン車が通過できる幅広の橋もあります。
中央にはすれ違い用の場所がありますが、軽自動車同士ならいいかもしれませんが、33ナンバーだったらぎりぎりです。
地元の人は手前で通過を待ってくれていますが、よくわからない観光客などはそのまま走ってきて中央で鉢合わせ。運転が上手くなければ、バックでの引き帰りは怖いです。

豪雨で水かさが増し、少しでも通路に水がかかったら絶対に渡ってはいけません。水の力は強いので、タイヤが浮かび上がり、横滑りしながらあっという間に濁流に転落します。過去に何回かこのような事故がありました。
以前、ウルトラマラソンのコースを下見していたときに、参加予定の体育大学のコーチ達が、濁流状態の橋を渡ろうとしていました。走っていって止めました。(^^;)
高知県はワイルドです。都市部のように管理されていません。自然災害もたくさんあります。
地元の方々は、子どもの頃から危機回避能力が備わっているみたいです。

転落を想定して。
シートベルトの位置を確認。緊急ハンマー確認です。
窓は、私の場合は開けておきます。ハンマーで窓ガラスを割ってもいいのですが。
最近の車は電子制御なので水が入るとウインドウは稼働しません。
また、水につかると水圧でドアは開きません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の伏見稲荷神社

2016年08月18日 | ご報告です

真夏日の中、用事で京都に行ってきました。
少し時間があったので、京都駅から近い伏見稲荷神社に行ってきました。
何せ京都は暑い<蒸し暑い<凄く暑い<もう倒れそう、そして人だらけ(>_<)
伏見駅のホームでは、線路に人が落ちそうなほどの混み具合でした。

そのほとんどが外国の方です。参道で日本語がほとんど聞こえません。なんでこんなに外国人がいるの(゜o゜;よくもまあ、こんな季節に来るな~。皆さん元気で自撮したり、大声で話したり、てんでんバラバラの動き方をします。

大社は静かで神聖な雰囲気と思いきや、まるで煉獄(れんごく)の有様でした。
さっと廻って早々に退散しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦後71年目の8月15日

2016年08月16日 | ご報告です

終戦記念日。
この日は、私たち日本人にとって非常に重要な日なのですが、近年、次第に忘れられてきています。
と同時に先の戦争を美化する動きもあります。

 30年ほど前のことになりますが、機会があってルソン島の最北アパリ市を訪れました。日本軍がつくった国道を北上していると至る所に慰霊碑がありました。終戦末期、日本軍はマニラから上陸した米軍に追撃され、ゲリラ戦を繰り返しながら、台湾へ逃げるための船があると信じて、命からがら北へ向かったのです。

 すでにそこには船舶はなく、追い詰められて多くの兵士がその地で戦死しました。中には筏を作って、台湾に向かった者もいたそうです。アパリの郊外にある教会に案内されました。そこの司祭から驚くべき事を聞きました。「今、君たちが立っている通路の下にたくさんの日本兵の遺体が埋められている」と。このような教会がいくつかあるそうです。
何とも胸が痛くなる思いを抱いて、8時間かけてイラガンに帰宅しました。数人の仲間と話していたときに、急に見たこともないような大きな、否、数十センチもあろう巨大な焦げ茶色の蛾?が部屋に舞い込んできました。羽を上下するたびに風圧を感じるほどの迫力です。唖然と眺めていたら、反対側の扉から出て行きました。

 次の日に現地のフィリピン人から「大蛾」は死者の霊を運ぶと聞かされました。もしかしたら、望郷の念に駆られた亡き兵士達が、日本人だと思いついてきたのかもしれません。彼の地での戦死者は20万人を超えるそうです。

当事国のフィリピンにも多大な損害を与えました。特に、軍がコントロールを失ったとき、兵士達は生き残るために、かなりの残虐行為をしたそうです。当時、多くの若者達が、愚かな軍上層部、愚かな政治家達に「命と未来」を奪われ、異国の地で死んでいった。さぞくやしい思いだったでしょう。一度、戦争が始まると、双方が疲弊するまで止めることができません。戦争の火種はとても小さいです。感性を研ぎ澄ませて、見つけ、小さいウチに摘み取らなければいけません。その為にも選挙でバカな政治家を選んではいけません。

 声高らかに誤った愛国心を鼓舞し戦争を遂行し、日本を絶滅の危機に追い込んだA級戦犯。中には戦後、解放され政治家や実業家になった者も大勢います。戦後、彼らの中には権力の座につきのうのうと生きている者もいます。戦死者ばかりではなく異国で処刑されたB・C級戦犯(確かではない)も未だ人数はわかっていません。遺骨もまだ戦地に残っています。いつの時代でも、愚かな権力者によって無垢な若者達が犠牲になります。 合唱

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【EU離脱-Brexit-】

2016年06月27日 | ご報告です

【EU離脱-Brexit-】

何でこんな選択をしたのだろう?
他国のことをとやかく言うのは失礼だが、感情を表さないのが「紳士の心得」の国が感情に左右されてEU離脱を選択してしまった。
そして、一夜明け事の重大さに気がつき慌てて再選挙を要望、なんともはや...(^_^;)
離脱派のほとんどが50歳以上で、若年層の75%は残留を望んでいた。
若者達がかわいそうだ。言葉は悪いが、老い先短い連中によって若者の未来が閉ざされてしまった。
年寄り達と一部の先導者は、栄光の大英帝国を夢見たのだろう。先導者達は事実と逸脱したデータをさも真実のように見せかけ、人々のストレスを発散するような過激な演説をする。そして、団結させるために敵を必ず作る。ポピュリズムの常套手段だ。

イギリスにとってEU離脱のメリットはほとんどない。それどころか、さらなる国力の低下につながる。
この後、イングランドが独立宣言してEU側に付けば、国が半分になってしまう。
そうでなくても、これからEU27カ国相手に貿易関税を支払わなければならない。EU負担金どころの騒ぎではない。

想像だが、離脱に投票した人達も、まさか本当に離脱するとは思って見なかった節がある。現状への批判や感情のはけ口にYesにしたのかもしれない。このことはBookmakerの賭け数や投票数日前からのボンドドル上昇から読み取れる。
それ故、余計に離脱へのショックは大きかった。最新の世論調査では、27%の国民しか離脱を望んでいなかったと出ている。後の祭りだ。

れは民主主義のように思える国民投票の大きな落とし穴だ。
日本でも憲法改正の国民投票があれば、このことは肝に銘じなければいけないだろう。

http://jp.reuters.com/article/brexit-petition-idJPKCN0ZD0BE

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初泳ぎしてきました

2016年06月19日 | ご報告です

初泳ぎしてきました。スイミング~;:。へ( ゚Å゚)_
晴天で凪なので游いでいる人がチラホラいます。
足元には少し冷たい流れがありますが、水温はちょうどいい感じです。
私の場合は、海は温泉と同じで、ミネラル一杯の溶液に浸かるというイメージです。
背面で浮かんだまま、ストレッチやマッサージ、氣功をします。

本当は5月頃から游ぎたかったのですが、小心者の私は勇気がありません。
誰も游いでいない海...波打ち際に、靴をそろえて游ぎだしたら、大騒ぎになりそうだし、子どもが「お父さん!あれ見て、トドが游いでいるよ」と間違えられるのも恥ずかしいし、何だかんだでいつも出遅れます。

海は5月から7月半ばくらいが、游ぐには最高ですね。クラゲもいない、水もきれい、すいている-当たり前か-。三浦から湘南海岸あたりは、7月8月クラゲがたくさん発生します。ほとんどの人が刺されます。
また、俗称で「チンクイ」と言われる甲殻類(=エビ・カニ)の幼生もかなり痛いです。それに海も汚い。
今頃までが海水浴に一番いい季節です。
但し、監視所がオープンしていない、サーフボードと併用、時には海の暴走族ジェットスキーも爆走しているので要注意です

1月から3月の冬の海が一番透明度がいいですね。ダイビングしていた時はこの頃がベストシーズンでした。三浦沖で30メートル以上の視界があります。不思議なことに外気が10度でも平気ですが、同じ10度でも水中では、体熱が奪われるせいかかなり冷たいです。長くいると低体温症になります。また、カロリーたくさん消費するので体重がかなり減ります。
その分、大食いになってすぐに戻りますけど...(´~`)モグモグ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加