野村総合意識研究所・出版部門インタープレス@ジャパン

インタープレス・ジャパンは、野村総合意識研究所(NCL)の出版部門になりました。これからも電子出版は継続いたします.

【鎌倉文学館のバラ園】

2016年05月15日 | 鎌倉情報です

【鎌倉文学館のバラ園】
恒例のバラ園を見に行きました。
ところが、バラ最盛期にもかかわらずすでに縁が茶色に変色していた(゜o゜;
多分、数日前に海の方向から突風が吹いていました。塩害?これが原因かな?(>_<)
鎌倉は海が近いから何でもすぐに錆びます。嵐があるときは草木や花々が変色します。
ウチの車のデスクブレーキも錆びて、車検ごとに3回も交換、お金がかかる〜(^_^;)

文学館は前田侯爵の別荘でしたが、後に佐藤栄作総理の別宅になった時期もありました。佐藤総理が来るときには、長谷の町の道路に見たこともないくらいの警察官や機動隊が並んでいました。どんだけ嫌われていたのかな?学生運動が華やかな時代でした。

文学館の入口そばに川端康成氏のご自宅があり、夕方の時間になるとマントを羽織り散歩に出かけていました。
短期でしたが18歳の時に新聞配達をしていた折、時間が重なったので何回かお話しする機会がありました。私のような若輩者にもお声をかけて下さいました。優しく礼儀正しいお方でしたが、眼光が普通の人ではなかった。

※保存状態のよいバラを撮しました。G6が壊れたので、コンパクトカメラでの撮影です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉英勝寺のフジ棚(2)

2016年05月04日 | 鎌倉情報です

鎌倉英勝寺のフジ棚(2)

鎌倉英勝寺のフジ棚です。棚の下にいると懐かしい香が・・・。フィリピン国花「サンパギータ」の匂いとよく似ています。地味で小さいフジ棚ですが、観光客も少なくゆったりできました。
小さなトンネルの中に仏様がいらっしゃいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉英勝寺のフジ棚

2016年05月03日 | 鎌倉情報です

鎌倉英勝寺のフジ棚です。棚の下にいると懐かしい匂いが・・・。フィリピン国花「サンパギータ」の匂いとよく似ています。地味で小さいフジ棚ですが、観光客も少なくゆったりできます。

昨年、同じ日に行った足利フラワーパーク。見応えはありますが、たくさんの人でごった返していました(>_<)やはり、静かなところで花を見たいモノです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【虐待?】

2016年04月24日 | ご報告です

【虐待?】2016/04/22 (金)
今日、トマト用の肥料を買いにホームセンターに行ったときの出来事です。
通路で5歳くらいの子どもが、うつ伏せでバタバタしていたので「坊や、大丈夫」と声をかけました
子どもは立ち上がって「え、何?」と言った瞬間、お母さんがすごい勢いで走ってきて、いきなりピンタ!(゜o゜;

それも普通のピンタではなく、殴ったみないな大きな音が通路に響きました。鼻血でた。

私も一瞬、固まってしまいどうしていいかわかりませんでした。我に返り、もし、次に殴ったら止めに入ろうと近づいていきました。ところが、予想外にお母さんは大声で泣きじゃくる男の子を抱きしめて怒鳴っていました。よく見ると、お母さんの側に3歳くらいの女の子と買い物カート一杯の荷物。それも家の修理用具。

しばらく影に隠れて様子をうかがいました。不思議なことに夕方にかかわらず買い物客があまりいませんでした。通路にしゃがみ込んで、大声を出している3人に気がつきません。

子どもの思念が強かったのか、急に男の子の気持ちが私の意識に伝わってきました。
1.すごく不安だからアッチコッチ動いた。お父さんがいない。
2.お母さん怖いけど大好き。
3.お母さんの言うこと聞きたいけど、なぜか反対?のことをしてしまう。
4.たたかれてすごく痛かったけどお母さん大好き。
5.なんで僕のやる事を全部ダメと言って叱るの?

これが虐待かどうかわかりませんが、お母さん、30代過ぎで目が逝っていました。学のある感じ。育児疲れがひどいよう。まわりで助けてくれる親族がいないのかな?

しばらく様子を見て大丈夫そうだったのでその場を離れましたが、子どもの感情が私の意識に入ってくる。男の子と意識と同調してしまったみたい。涙が出そうになりました。この男の子はすごい不安感を抱えている。頼れる者がいない。お母さんは大好きだけど、怖い。頭の中は大混乱です。これからこの家族はどうなってしまうのだろう。と、考えていたら後から来た車にひかれそうになりました。何だかな〜。
子どもは本当に無垢で弱い存在。親次第で家庭が天国にも地獄にもなる。成長して家庭を持ったとしても成長期で受けたダメージを昇華していなければ、心の中に秘めた地獄のバトンを次の子にも渡してしまう。施設や自治体でこの連鎖を止めることができるのかな。

最悪の家庭環境で育っても、両親がいなくても、しっかりとした家庭を築き、社会人として働いている方もたくさんいます。人間の秘めたる可能性は偉大です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【潜在意識と占星術(2)】

2016年04月16日 | 野村総合意識研究所

【潜在意識と占星術(2)】(2016/04/15)

個人情報と守秘義務から詳しい内容はかけませんが、ある事例を紹介します。
相談内容は知らされていませんでしたが、フェデイラル(年周期)とチャートで問題の内容を把握しました。その方は女性でしたが、相談内容が女性になっているのです。嫁と姑のトラブルかな?と推測しました。お相手の男性のチャートですが、仕事はできるのですが、かなり人間関係のトラブルが多い方です。

電話で話を聞いている内に相談の内容を知ることができました。
そんな訳で占星術は、全体像を掴むことができますが、私の技術では細かいところまで読み解くことができません。
また、前回で書いたようにチャートの修正をしなければならないので、かなりの時間がかかります。仕事を持っている身には辛いです。"意識を読む−リーディング−"の方が楽ですが、全くできない事もあります。

チャートで推測した嫁と姑のトラブルではなく、眼中にあるその男性の女性関係だったのです。
話しを聞きながら、相手の意識の中に入っていきます。そうすると相談者が何を望んでいるのかがわかります。また、相手の男性の様子もわかるときがあります。
ところが、占星術とサイキックで示された解決方法が、本人が望んでいる答えとは一致しない場合がよくあります。相手はこういう問題をもっています、これは止めた方がいいです、女性関係が派手ですよ、など話すと、相談者の方は、調子を合わせてうなずいてはいるのですが、全く納得していません。語気が次第に荒くなります。

実は、相談者は無意識の中にすでに納得する答えを持っているのです
その"答え"を後押しすると、とても満足した気持ちになるようです。難しいですね。相手に合わせる事がいいことなのかわかりません。

体調を崩した患者さんが、医師を訪れ、その医師が「気にすることはありませんよ、少し休めば治ります」と言ったことが正しくても、患者さんは満足しません。なんてヤブなんだ!と怒る(*`Д´*)方もいいます。患者さんの希望は、病気だと認めてもらい、たくさんお薬か注射をしてくれる事を望んでいるのです。つまり、不安を取り除いて欲しいのでしょう。しかし、副作用で身体が悪くなりそう。どうしたものか。心の問題は難しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【潜在意識と占星術(1)】

2016年04月14日 | 野村総合意識研究所

【潜在意識と占星術(1)】(2016/04/12)
時々、占星術観定の依頼がきます。恋愛や仕事、結婚の時期などの相談が多いのですが、生き死にに関わる重大な相談もたまにあります。※×鑑定→◎観定、多くの人が間違えて使っている。鑑定は美術品や物品に対して使う用語※
私の場合、相談者ひとりにかなりの労力と時間を使います。お金は取っていませんが、感謝の気持ちからか、相談者から名品など贈り物を頂くことがあります。事務所を持っていたときは、口コミで氣功治療を受けに来た方もかなりいました。

私は相手の深層意識にコンタクトして情報を読み取ることもできますが、ムラがあります。また、モラルの問題もあります。その為、補足として占星術を使います。チャートから大まかな状況を掴むことができます。相談者の生年月日と場所、そして、相談者が質問した時間の天空図を作ります。両方を見比べて相談者の隠れた情報を見つけだします。

問題は、生年月日。これが誤りの場合が多いですね。以前にも書きましたが、何せ本人が知らないのですから。親もあたふたしている。頼りは病院の記録です。まあ、最近ではビデオ撮影が許されているから、かなり正確です。
しかし、もう大きな一つの問題点があります。
これは、理解しがたい事と思いますが、16世紀前後から、時間の流れの遮断、スライド現象が起きています。このことを知っている人はわずかです。さらにその頻度が、1989年以降は頻繁に起こっています。その為、従来の生年月日から観ていく方法が当てはまらないのです。
このことは後で詳しく書きたいと思います。

時間のずれがなかった古代や中世では、予言が当たる事例が数多く残されています。地震の予言や戦争の勝敗、誰が王に選ばれるか、適切な結婚相手の選択、疫病の発生から終焉までの期間、都市部の大火、火山の噴火などたくさん当たった事例が残されています。現代では占星術師で誰ひとりとして地震の正確な日にちを言い当てる人はいません。ブログ改ざんや後出しジャンケン、起きる起きると毎回行っている人はいますが、「いつ、どこで、規模は...」が抜けています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【逗子ハイランドの桜】

2016年04月09日 | ご報告です

【逗子ハイランドの桜】
昨日、恒例の逗子ハイランド桜を見に行きました。
曇りだったので、桜のピンク色がイマイチ生彩を欠いていました。
しかし、人もあまりおらず、静かな雰囲気で満開の桜を楽しめました。

◆コース(車があまり通らない裏道です)...
鎌倉東口→ぼたもち寺→八雲神社→安養寺脇を入る→釈迦堂の切り通し方面→Yの路を右へ→ひたすらまっすぐ→山道→逗子ハイランド方面→逗子ハイランド(西友のまわり)・・・帰りは、見晴台を下に下り→報国寺→報国寺脇の小道→八幡宮→自宅、14000歩でした(´ヘ`;)(´ヘ`;)

桜は心を穏やかにしてくれますね。
私たちは楽しませて貰っていますが、ハイランドにお住まいの方は後始末が大変だと思います。

※写真は、ぼたもち寺の屋根にいる白猿(日蓮上人を救った)、逗子ハイランド、報国寺と八幡宮の源平池

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【4項:森羅万象の中に特別な意識の働きを発見する方法−対称と非対称−】(

2016年04月06日 | 野村総合意識研究所

【4項:森羅万象の中に特別な意識の働きを発見する方法−対称と非対称−】(4)

<要点>
(1)大きく物事が動くときには、事象が非対称となる場合がある。

(2)非対称性のなかに明らかな自然界の意志(意図を持った意識)と反する意識が存在する。

(3)非対称性と対称性の差が大きければ大きいほど、そこには強い意志のエネルギーが存在する。

人類の総合意識を観察するのに丁度いいモノがあります。
世界通貨(為替)の動きです。
私は、通貨の流れは人智を越えた総合意識の産物だと考えています。

規模が国家のGDPや大企業の株や債券とは比べものになりません。1秒単位で世界中の人が自国の通貨を市場に流しています。1日の取引総額は天文学的な数値です。株のような人為的な操作が通じません。ヘッジファンドがレバレッジをかけて、取引流通量が少ない時間帯を狙って為替操作してもすぐに元の流れに戻ってしまいます。
想像ですが南アフリカで子どもが1ランド(円換算7.3円現時点)を銀行に預けたら、連鎖反応が起きて、次の日に中国市場で人民元が多量に売られたなんて事もあり得ます。※取引=取り引き

また、ドルやユーロなどのメジャー通貨が、大きくトレンドを変えるときには、何らかしらの大きな事件が勃発する事があります。逆に言うと、通貨の変動を予測すれば、未来の出来事が予測できるかもしれません。これは研究中なのですが、惑星の動きが特定の通貨に影響を及ぼしている可能性もあります。ヨーロッパやロシアの通貨は土星の影響を受ける、USAやオーストラリアドルは、木星の影響などです。

(1)最初の画像は、ドル円の月足のチャートです。ひとつの棒が1ヶ月の動きを示します。ブルーはダウン、赤はアップです。
よく見て頂くとわかるのですが、規則正しい動きをしています。ところがリーマン・ショック後、本来戻るべき値に行きません。予想トレースを大きくはみ出しています。つまり「非対称」が生まれたのです。
では、この非対称はどんなエネルギーの働きなのか?
私の勝手な解釈ですが、リーマンショック後からは、頻繁にシステムトレードがおこなわれたのではないのかと推測します。

システムトレード、つまり高性能のコンピュータを使用した売買です。1秒間に数千回取り引きをおこないます。それまでは、コンピュータによる自動システムトレードはありましたが、コンピュータの性能がさほど高くなく、一般的には人の判断、裁量によって取引がおこなわれていました。しかし、このバブル崩壊後、人間は恐怖心や猜疑心から正常な判断ができなくなり、機械に頼る売買を多用したのではないのかと考えました。
つまり、この非対称の動きは、コンピュータが為替相場に干渉した、コンピュータの意識が介入した現れではないかと考えています。

(2)
次のチャートは同じ月足に特別なペンタゴン物差しを置いて動きを見ていきます。見事なくらいにペンタゴンの線に一致します。但し、世界同時株安の時は上下反転させて使っています。未来予測も可能かもしれません。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【慈雲寺桜】

2016年04月06日 | ご報告です

【慈雲寺桜】2016.4.3

山梨の慈雲寺へ行ってきました。
北鎌倉7時45分出発で勝沼IC出口に2時間で到着。圏央道のお陰であっという間です。従来の半分以下の時間で山梨に行けます。塩山は父の契約工場があったので度々行きましたが、行って帰るだけで観光は初めてです。こんないい場所だとは知りませんでした。山に囲まれた広々とした盆地です。少し登れば、富士山、秩父連山、南アルプスが一望できます。
桜の次は桃の花が盆地一面に咲いて、さながら桃源郷の雰囲気をかもし出します。あと、温泉がアッチコッチにあるのがいいですね。有名な「ほったらかしの湯」は、設備こそ飯場みたいなプレハブ作りですが、掃除は行き届いています。お風呂が素晴らしい。広々とした露天風呂で盆地を一望できます。夜明け前と夜景が美しいそうです。なんと午前4時半からオープンしています。

次回は中央本線の勝沼駅(現;勝沼ぶどう郷駅)周辺にあるめがね橋や大日影トンネル遊歩道を見たいです。地産ワインもいいですね。わざわざ防腐剤がたくさん入った外国産ワインを買わなくても、国産ワインも美味しいです。アーモンドの花も咲いていました。
  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【3項:森羅万象の中に特別な意識の働きを発見する方法−対称と非対称−】(3)

2016年03月18日 | 野村総合意識研究所

【3項:森羅万象の中に特別な意識の働きを発見する方法−対称と非対称−】(3)

 前回は少しわかりにくい話だったと思います。私の文章力のなさと紙面が限られるので、説明が大雑把になってしまいました。
けっこう重要な事を書いているのですが、その辺にいるオヤジが書いていると説得力ないですよね。少し違った例を紹介します。

ここにコインがあります。放り投げて表か裏を予想するとします。最初は、続けて裏が数回とか表が1回とかでました。その結果を紙に書いていきます。確率的には不規則です。ところが何百回、何千回繰り返すと裏表の出る平均値は次第に近づいてきます。さらに続けると裏と表の出る確率は限りなく同じになってきます。

最初は投げ手のやり方や力の入れ方で裏表の出る確率は異なります。つまり非対称が発生するのです。ところが、何回も繰り返すと確率は五分五分に近づいていきます。確率論です。小さな例ですが、実はこの現象は宇宙の創世に関わる事なのです。全ての存在は0次元から出現して拡散拡張、縮小消滅を繰り返しながら、最終的には0次元に戻っていく。

対称→非対称(何らかの力の干渉)→対称に戻る、この世のひとつルールです。

コインの場合は、この手が左右対称を分ける中心軸です。結果が最初は非対称であっても・・・行為連続+時間の経過(連続)で対称性を取り戻すのです。

この中心軸を何にするかで、それぞれの動きを予測する事ができます。
例えば、歴史、日本の歴史を中心軸に置いて見て行くと歴史の規則性が見えてきます。
ある特定の数字を基に歴史が繰り返されるのです。
>>>続く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加