春日電機 鑑定団

2月21日東証2部上場廃止となった春日電機(6650)。個人株主が立ち上がり活動中(*^-^*)乂(*^□^*)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

堂々と不正が実行されている

2009-10-07 06:14:05 | 日記
平成21年10月6日 

財産評定の概要に関するお知らせ http://www.kasuga.jp/ir/pdf/20091006.pdf
事業譲渡契約締結のお知らせ  http://www.kasuga.jp/ir/pdf/20091006_2.pdf

10/6に財産評価の概要に関するお知らせと、事業譲渡契約締結のお知らせのIRが出ました。内容見ていただければ分かりますが、何でもありですね。えげつないです。さすが、平出晋一管財人。

今年1年ほどを振り返った、株主の損失額をまとめてみました。  
         
資産再評価による損失分 21億6338万2926円(やりすぎの資産評価 @58.08円)
退職給付引当金 11億6786万3886円(本来なら不要だった引当金 @31,35円)
事業撤退損失引当金 1億2026万7025円(本来なら不要だった引当金 @3.23円)
製品補償損失引当金 1億3509万円(本来なら不要だった引当金 @3.63円)
アインテスラへの貸付金  3億8000万円(返してもらっていないお金 @10.2円)
any1社への支払い金 2億3475万円(商品受け取ってないのに支払ったとされるお金 @6.3円)
元社員横領分  8400万円(さすが春日電機 @2.26円)

合計 42億8535万3837円(1株あたり115.04円の損失)

※@:1株あたりの株価に換算したときの値(総発行株数37,249,688株で割って計算)

その他、会社更生法にかかるお金や、弁護士費用等考えると、株主資本はもっと損害を受けています。

2007年(2年前)に20億も市場で資金調達し、1年前には自己資本率50%もある会社が、こうなるとは、詐欺師の集団のようです。根こそぎとり尽くし、後は株主だけに損失を押し付けて、バイバイするようです。今回のIRで、やはり最後まで株主に損失を押し付けるその態度が改まることはありませんでした。タダ同然で、しかもお土産までつけて譲渡するんですから、(見掛け上負債超過)本当にやりたい放題です。

これで心おきなく戦うことができます。
私たちは絶対に許しません。


春日電機個人株主の会
ホームページ Yahoo!検索「春日電機」「春日電機個人株主の会」
http://kasugastockholders.web.fc2.com/



4390万円横領容疑、元営業所長逮捕
名古屋地検特捜部は1日、電機部品製造販売「春日電機」(東京都三鷹市)元名古屋営業所長中西岳人容疑者(38)(神戸市)を、業務上横領容疑で逮捕した。発表などによると、中西容疑者は所長だった2007年6~12月、27回にわたり、売上金から計約4390万円を自分の口座に振り込み、横領した疑い。中西容疑者は06年3月に所長となり、売上金の管理を担当していた。 中西容疑者は容疑を認めており、特捜部は横領した金を借金の返済や株取引などに充てたとみている。同社の調査で約1億円ほどの被害が判明し、昨年6月、告訴していた。中西容疑者は昨年4月、懲戒解雇された。同社は今年7月から、東京地裁で会社更生手続き中。
( 2009年10月1日12時43分 読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091001-OYT1T00534.htm )

この記事をはてなブックマークに追加

声明

2009-09-11 05:31:52 | 日記
 因幡電機にスポンサーが決まり、春日電機の再生が進むと思います。管財人は、春日電機に資産劣化を最小限にとどめるためにスポンサーの選定を急ぎ適正な選定をされたと思います。

 しかし、既存の個人株主へ対する対応が問題です。管財人はどのように考えているのでしょう。個人株主の会は、既に更生債権の届け出を提出しています。一株当たりの価格も適正に提示しています。この価格は春日電機に確認をとったものです。

 資産劣化を懸念しスポンサー探しを優先させたというなら我々が提示した一株当たりの価値を損なうことを避けたということでしょう。既存株主に対する適正な配慮を考えてくれることを期待しています。しかし、我々の要求を無視する場合は訴訟を考えており、準備は進めています。

 日本では政権交代が行われ、既得権に胡坐をかいたシステムが崩れようとしています。国民から搾取し続けた官僚政治が終焉の方向に進みます。いままでのように企業側に都合の良いベクトルは方向転換を迫られるでしょう。本日、千葉県の7億にのぼる会計不正も明るみに出ました。現役職員からも退職者からも返還を求めるとのこと。

 不正に所得したものは取り返すのが当然です。春日電機も、経営者により不正に搾取されたお金は取り戻されるべきです。それは本来春日電機の株価に反映されるべきものです。不正な経理により毀損したもの。不正に流用された資金。インサイダーにより特定の人間に利益をもたらしたお金。それらのすべてを取り戻して、株価に反映させること、それが正しい方策です。

 管財人もそれを鑑み、個人株主が納得する再建計画を進めることを望みます。既存株主の権利を無視することは得策ではないと思います。個人株主の会は理不尽な対応に対しては徹底して対抗する強い意思を持っています。正しいと思ったことは徹底して主張します。

 不正はどこにあったのか、管財人は追及してもらいたいと思います。正しい判断がなされれば、個人株主の会もスポンサーも納得する落とし所があると思います。


平成21年9月11日 
春日電機個人株主の会

ホームページ http://kasugastockholders.web.fc2.com/
E-mail kasuga_kabunushinokai@nifty.com


この記事をはてなブックマークに追加

春日電機個人株主の会 今後の活動趣旨

2009-07-10 16:37:28 | 日記
ホームページ http://kasugastockholders.web.fc2.com/

春日電機個人株主の会(および株主連合)の活動趣旨

 昨年以来、経営陣が行った一連の行為が原因で、今年の2月21日に東証において上場廃止となりました。また、株主総会直前にその説明責任を一切果たすことなく、会社更生法を申請しました。経営陣が自分たちの行ったつけを、株主のみに押し付ける行為が公然と行われようとしています。経営責任を不問にしたまま、再建がなされたとしても、また同じような事が起こるのは目に見えており、その時にまた関係者や株主が多大な損害を受け、被害者が増えるだけです。これでは、会社を再建する意味が全くありません。

 社会的に見ても、経営陣の経営責任の追及を曖昧に済ませようとしている会社の姿勢を、このまま株主として見過ごす訳には参りません。株主が立ち上がり、その責任の所在を明らかにし、経営責任を追及するのが、現株主の務めだと考えます。

春日電機個人株主の会(および株主連合)の今後の2大方針

●減資割合をなるべく少なくするための活動
  100%減資になれば、経営責任のほとんどを株主のみに押し付けるという事になり、このような判断は、著しく公平性を欠く事になります。現株主が今後も会社再建に参加できるように、減資割合をなるべく少なくし、経営陣を引き続き監視する必要があります。
 株主に対し、事前に何ら説明もなく、一方的にこのような行為が行われるのは、株主権を蹂躙することに繋がり、株式会社を所有するとされる株主の存在自体を否定する事になります。このようなことが許されて、果たして良いのでしょうか。
 中立公平な判断がなされるよう、管財人および裁判所に対して、各種申し入れを行います。

●旧経営陣を民事で訴え、経営責任を明確にするための活動
  現株主および元株主の中で、実際に損失を被った株主が集団で、経営陣を相手取り、民事訴訟(損害賠償請求)を提起するための活動を行います。裁判を実際に起こすとなるとその費用負担は大きなものになり、少数の個人株主だけでは、実際に訴訟を起こせず泣き寝入りすることになってしまいます。少しでもこの活動に賛同して頂く方を募り、人数・費用負担の面で訴訟を起こせる状態にし、経営責任を問い、その罪を金銭を以て償ってもらうことを目的とした活動を行います。

平成21年7月1日
春日電機個人株主の会

この記事をはてなブックマークに追加

新ホームページ開設のお知らせ

2009-05-29 06:39:21 | 日記
春日電機個人株主の会は、署名会員を会員として、再出発することになりました。
これに伴い、株主の会の活動拠点として新ホームページを開設いたしました。

会の活動全般については、以後新ホームページにて更新して参ります。
また、署名会員様の交流場としまして、SNSを開設しておりますので、こちらで意見交換を行います。

新ホームページのURL: http://kasugastockholders.web.fc2.com/

                          春日電機個人株主の会


========================================================================
草ナギの地デジ推進キャラ復帰に慎重5月28日17時30分配信 スポーツ報知
 民放連の広瀬道貞会長は28日の定例会見で、活動再開したSMAP・草ナギ剛(34)の、地上デジタル放送推進キャラクター復帰について「テレビの場合は公共性が強い。再出発した草ナギくんに対する世間の見方を十分検討した上で、再登場なるかならないか考えることになると思う」と、慎重な考えを示した。
 また、草ナギの“後任“キャラ「地デジカ」については「草ナギくんに劣らない活動をしてくれている」と絶賛。「『早く地デジカくんを全国各地に置くべきだ』という声もあるが、一頭あたり(制作費が)150万円もかかる。数が多ければ半額になるので、5~6頭作って使い回しも考えている」と、地デジカ“増殖計画“も明かした。

GM、破産法前提に新提案、新GM株最大25%交換5月29日1時26分配信 産経新聞
 【ワシントン=渡辺浩生】経営危機に陥っている米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)の債務削減交渉で、同社と米財務省は28日、連邦破産法第11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請を前提とした新たな提案を債権者に示した。債務削減の見返りに再建後に誕生する新GMの株式の最大25%を付与するもので、主要な債権者は受け入れを表明。GMは破綻(はたん)回避を事実上断念し、早期再建に向けて「事前調整型」の破産手続きを進める。 GMが米証券取引委員会(SEC)に提出した書類で明らかにしたもので、30日午後5時(日本時間31日午前6時)を回答期限としている。財務省とGMが示した修正案は、GMが破産法適用の申請後、優良資産やブランドを切り離して誕生する新GMの発行する株式の10%に加え、15%の新株引き受け権(ワラント)を付与する。ロイター通信によると、GMの債権者特別委員会は受け入れを表明したという。6月1日を期限とする再建計画見直しの最大の焦点だった計270億ドルの債務削減をめぐり、従来案では新GMの株式10%と交換するとしていたが、債権者の同意を得られず、26日に期限切れとなっていた。 財務省とGMは6月1日の最終期限に向け、債権者ら利害関係者と事前調整を進めて破産法手続きを円滑に進め、早期再建を進める狙いがあるとみられる。債務や不採算部門は旧GMに移管して処理を進める方針だ。

<郵便不正>白山会会長ら再逮捕へ フタタのDM発送などで5月29日2時31分配信 毎日新聞
 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便法違反事件で、大阪地検特捜部は、紳士服専門店「フタタ」(福岡市)の違法ダイレクトメール(DM)発送にかかわったなどとして、障害者団体「白山会」(東京都文京区)会長、守田義国容疑者(69)ら4人を、29日にも郵便法違反容疑で再逮捕する方針を固めた。守田容疑者は郵便事業会社(日本郵便)に提出した書類を改ざんした有印私文書偽造・同行使の疑いもあるという。 他に再逮捕する方針なのは、白山会の前身団体「凜(りん)の会」(解散)代表、倉沢邦夫容疑者(73)や広告会社「新生企業」(現・伸正、大阪市)社長、宇田敏代容疑者(53)ら3人。 捜査関係者によると、4人は06年11月~08年5月、フタタのDM約160万通を白山会の定期刊行物を装って発送し、郵便料金約1億7000万円を不正に免れた疑い。守田容疑者は「有料購読者8割以上」という制度適用要件を装うため、昨年末の日本郵便の調査で、購読料の領収書などを偽造した疑いもあるという。 フタタは「普通のDMだと思っていた。今後はこういう事態を招かないよう注意する」としている。 一方、特捜部は28日、健康食品通販会社「元気堂本舗」(東京都港区)などの違法DM発送にかかわったとして逮捕された守田容疑者ら8人を郵便法違反罪で起訴した。起訴状によると、8人は計約1600万通を発送し、正規の郵便料金との差額約18億5000万円を不正に免れたとされる。他に起訴されたのは、通販会社「ウイルコ」(石川県白山市)前会長、若林和芳(57)▽障害者団体「健康フォーラム」(東京都港区)代表、菊田利雄(61)▽元気堂本舗社長、窪田勝(65)--各容疑者ら。【林田七恵、久保聡】

この記事をはてなブックマークに追加

広げよう個人株主の会\(*^▽^*)/

2009-05-15 15:37:45 | 日記
5/12現在の署名会員についての情報
署名会員数 22名
合計株数  1,226,200株
議決権ベース3.39%

この記事をはてなブックマークに追加