インテリジェント ワークス

子供達との泣き笑い

矯正開始

2016年10月20日 | 歴史

前回のブログを読み直して、このままでは如何なぁと思い始めた塾長。
この日は、もう一度基本に立ち返り、一から指導し直すつもりで練習に臨みました。 

 
朝も早くから練習開始。

この時期、まだ太陽が出てから1時間くらい?
グラウンド全体に陽が当たってませんね。

 
今日は卒部生がお手伝いに来てくれました。

背がひょろっと伸びたイガクリ頭は。
そうです、バボでございます。

今日は野球部の練習がお休みと言う事で、久し振りに平成塾に遊びに来てくれました。
こんなスポーツの秋に練習休みとは・・・・ さすがは弱小野球部。

 
野球部でも投げ方を直されているとの事なので、もう一度手の使い方を教えます。

肘を後ろに引っ張る感覚と、手の甲の向きを意識させて。
テイクバックで肘が伸びないように。

硬球は軟球よりも10gくらい重たいんです。
たったの10g程度なのですが、この10gが肩と肘に思ってる以上の負担をかけるんですよ。


こちらは朝日を浴びてのストレッチ。

赤外線で温められて、身体も柔らかくなってくれると良いんだけど。


太陽が眩し~い。

この時期、贅沢な悩み?


のんびりくつろぐケイくん。

朝寝か?


そして、餅のように膨らむユーダイ。

日頃は閉じろと言われてもつま先が閉じない癖に。
こうやって開けと言われると、思ったように開きません。
何をやらせても中途半端なユーダイ。


そのユーダイをバボが指導します。

肘の使い方が違うっ!
ほんの数分前にどこかで聞いたような台詞が・・・


何しろユーダイはつま先が完全に開いているので。

軸足を踏み出した時には、既に肩も身体も開いています。
そうなると腕は後から付いて行くだけなので、どうしても身体の外側を回って来ます。


結果として肘が高い所で使えないので、本来は曲がらない方向に曲げているんですね。

ここで注目したいのは、肘の危険な使い方よりも。
左足のつま先を見て下さい。
完全に開いているから、こちらから見えないでしょ。

不幸中の幸いはユーダイの肩が弱い事。
この投げ方で強く腕を振り続けたら、間違い無く肘を壊します。
中途半端で良かった良かった。


さあ、この日から1年生も上級生の練習に参加しましたよ。

よーし頑張るじょ。
あの人には勝てそうな気がする・・・


 

ジャンル:
子供
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足腰 | トップ | 親離れ 子離れ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はっとり)
2016-10-24 14:55:21
お疲れ様です

30日の練習も欠席します。
また 参加出来ずに申し訳ありませんが宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。