インテリジェント ワークス

子供達との泣き笑い

ひよこクラブ

2016年11月12日 | 歴史

子供の成長はあっと言う間。
特に他人の子供はねぇ。

卒部生なんてたまに会うと、みんなおっさんになってます。
前から近づいて来ると、カツアゲか?とビビる塾長。
挨拶されて初めて、ああお前かって感じ?

そんな成長が早い子供達。
小さい内に写真をいっぱい撮っておいてあげて下さい。
特に野球に限らずスポーツをしている時の写真って、後からとっても記念になりますよ。
最初の頃はこんなフォームで投げてたんだぁなんて、とっても笑える1枚になります。

 
そんな、まだあどけない1年生。

帽子のマークはどうした。
やっちゃばのおじさんの帽子になっとるやないかい。
洗濯機に入れて洗ったお母さんは回って来いだな。

 
元気いっぱいのシュウヤ。

この帽子と顔の大きさのバランスもこの時期だけ。
とっても貴重な写真なんですよ。

 
珍しく真面目な顔をしているリオ。

これはこれで、別な意味で貴重な1枚。

お母さん達はこの時期の写真を沢山撮ってあげて下さいね。
男の子は本当にあっと言う間に顔付きが変わりますよ。

 
ほれっ

こんな感じになるまであと3年。



 
この日は反復練習を行う1年生。

なかなか思うように捕れません。

 
練習に飽きないように、ピッチング練習もさせてみました。

この時期はフォームが固まっていないので、毎回投げ方が異なるのですが。
それでも時々おおっ! と驚く投げ方を披露してくれます。

 
リオのスローイング。

豪快に真上から投げおろして来るリオ。
肘が前に出て、理想的な使い方をしています。

ユーダイ見習え。

 
綺麗に腕を振り抜くシュウヤ。

上半身と下半身のバランスが見事ですね。
これだけ見ると150kmくらいの速球を投げてるみたいです。

 
これまた見事なリオのフォーム。

左手のグローブの使い方といい、胸を張ったタメの作り方といい。
綺麗な体重移動が行われています。

 
まるで甲子園の投手のようなシュウヤのフォーム。

これ、年賀状の写真に使いたいね。
後ろのゼンとリオが邪魔だけど。

 
そしてゼンの投球フォーム。

物凄く完成されてます。
軸足に体重が載った下半身。
思い切り縦に腕を振り切る上半身。
それらのバランスも見事ですねぇ。


なんて書いていると、1年生達は完璧なフォームを身に付けたかのようなのですが。
毎回投げ方が違うので過度の期待はしないように。

それでも、理想の投げ方がたまにあるのは事実です。
上級生達は1年生に球の速さで抜かれないように頑張ってね。
特に誰とは言わんが、爪先が開いて、腕が真横から出る奴は、自分の投球フォームを見直すように。

 

ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大いなる一歩 | トップ | カレンダー停止のお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。