インテリジェント ワークス

子供達との泣き笑い

大運動会 その1

2017年05月20日 | 歴史

今年も塾長にとって辛い季節がやって参りました。

近隣の小中学校で運動会の同時開催と言う、複数の子供達を見に行かなければならない人には、全くの配慮がされていないこの所業。
本日は中川東、谷中中学、東加平の3校同時開催になります。

不安は2つ。
前日、遅くまで友人達と飲んでいて、午前様の塾長。
更には突然跳ね上がったこの日の気温。
5月だと言うのに、まさかの真夏日でございます。



まずは中川東小へ。

平成塾の2年生トリオの一角、シュウヤが今年はリレ選です。
それにしても暑い。
既にこの段階で気温は軽く25度越え。



次に向かったのが、中川東から800mほど離れている谷中中学。

今年の卒部生達は谷中中学に進学した者がいないのですが、2年生、3年生には多くの卒部生達が在籍します。



そして、また中川東へ逆戻り。

中川東はテントOK。
グラウンドじゅうにテントが張られて、待機している父兄達の日陰を作っています。



そして、今度は東加平小へ。

中川東から直線距離で2kmくらいか?
環七を越えて、大きな交差点をいくつも渡って、自転車の全力疾走で片道12分くらい?

やっとの思いで東加平に到着すると、信じられない光景が。
卒部生のハーくんがサングラスをかけて、塾長の前をまさかの素通り。

ほ~
中学生になると随分と偉くなるもんじゃのう(広島弁風に)
一度じっくり話しをせんといかんのう。



そして、お昼直前にまたまた中川東へ戻ります。

いよいよ午前中のメインイベント。
低学年リレーでシュウヤが走りますよ。



堂々と入場するリレーの選手団。

赤のゼッケン14番がシュウヤです。
アンカーにバトンを渡す非常に重要な役どころ。

でも、撮影している塾長を見つけて、ニヤリとする余裕を見せましたよ。



レースは思いのほかデッドヒート。

抜きつ抜かれつの攻防が繰り返され、シュウヤにバトンが渡る直前に赤チームがトップに躍り出ます。
ですが、リードは僅か1m。
シュウヤの走りにチームの順位が託されます。



先頭を行くシュウヤ。

すぐ後ろには白チームの選手が。
それに加えて、黄色チームも僅か3m後方から追います。



第4コーナーまで、このストレスフルな状態が続きますが。

この僅か1秒後に白チームの選手が転倒。
赤チームはシュウヤの活躍でぶっちぎりの1位になりました。



それを見届けた後、塾長は昼食もそこそこに谷中中学へ移動。

あれ?
なんか体調悪いなと感じた頃でもありましたが、そこは使命感。
谷中中学では部活対抗リレーが行われるところ。



まずは文化部。

ほとんど仮装大会?
最後は全部活同時にゴールイン。



これだけ見ると、ほとんど百姓一揆?

どれが何部か判れば、あなたは相当な谷中中通。


続いて運動部対抗リレー。

ここは真面目に走るのかと思ったら、余興の域を出ませんでした。
なんか凄く無駄な時間を過ごして、東加平小へ。



高学年リレーを走る直前のキズナを発見。

がっ!
不覚にも塾長はここでダウン。
熱中症から脱水症状を起こして、リレーを見る事ができずに退散。
原因は前日からの二日酔いと、日頃は塾生達に強制している命の水を摂取しなかった事。

この後、充分な水分補給と身体の冷却で1時間程で復活しました。
明日も猛暑の平成塾。
今日のアクシデントは良い警告と捉えて、明日の練習の準備を行います。

ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運動会 | トップ | 熱中症対策2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。