インスタグラムのフォロワー増やし方 - インスタグラムマニアの備忘録

インスタグラムのアフィリエイト・プロモーション・いいね・フォロワーの増やし方などを記します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

企業におけるインスタグラムの利用

2017-01-30 18:57:15 | インスタグラム

宣伝媒体には様々な方法があり、効率的に運用する事でこれ以上ないほどの集客効果を期待できます。
一番良い方法とされているのがインターネット上で利用できるインスタグラムです。
写真投稿によって店舗内の状況や商品等の詳細をより多くの人に見てもらえる最高のコミュニケーションツールとして多くの企業に認識されています。
ただし店舗アカウントとして運用するには実際の接客と同じような対応が求められる事も多く、対応を誤ってしまうと瞬く間にインターネットを通して悪評が広まってしまうので注意が必要です。

メッセージが来たら丁寧に対応
そのため第一に閲覧者からメッセージの書き込みがあった場合は、丁寧に対応するようにしてください。
特にファッションアイテムや家具に関しては、高価な物であったり利用期間が長い物であったりするためサイズの確認やスペックの確認等が頻繁に書き込まれる事もあります。
その対応を丁寧にしておけば閲覧者だけでなく、閲覧者のフォロワーの人も自社商品の写真を閲覧してくれる可能性が高くなり新しい顧客獲得も期待できるようになります。

ハッシュタグを有効活用
そして閲覧機会を増やすという意味ではハッシュタグの存在も非常に重要です。
ハッシュタグは掲載する商品の写真の特徴等をインスタグラムのシステム上で設定し、設定した特徴を閲覧者が検索すると検索結果に表示されるという仕組みです。
そのため家具であればワンタッチ等のキーワード、アクセサリー等であれば可愛い等のハッシュタグを設定する事で、自社のブランド名が知られていなくても閲覧してもらえる可能性が高くなるのです。
ただしハッシュタグで注意しなければならないのは検索しやすいワードを設定するという点です。
自社の商品が有名だからとその商品を知っていないと分からない様なハッシュタグを設定していまうと、商品を知っている人でないとインスタグラムの検索結果に表示されなくなり宣伝や集客効果も半減してしまいあまり意味がありません。
なのでその商品であればどういった検索を閲覧者がしてくるのかをよく考えた上でハッシュタグを設定するようにしてください。

掲載する写真
さて次は掲載する写真についてです。
写真は店舗にある商品を撮影してそれを掲載するだけで良いのですが、必ず一つのアカウントに対して一つのジャンルのみ掲載するようにしてください。
インターネットで情報を検索するほとんどの消費者は情報量を選別して検索をかけてきます。
そのため選別したあとに様々なジャンルの商品が掲載されたインスタグラムを閲覧してしまうと、それだけで購入意欲どころか商品を閲覧する意欲すら失ってしまう事になりかねないのです。

写真を統一する
こういった状況を防ぐためにも必ず掲載する写真は統一し、見やすい写真リストにするようにしてください。
また掲載されている商品の写真が統一されていても、雰囲気が違うと閲覧されるページが煩雑化してしまい見た目も美しくないので必ず雰囲気も統一するようにしてください。
統一感のある雰囲気を写真に盛り込むためにも店舗の売り場レイアウトは非常に重要で、可能であれば照明の色も統一するとより掲載される写真が美しく並ぶのでお勧めです。
しかし店舗によってはレイアウトを変更する事が難しい場合もあるので、その場合は写真掲載専用の土台を用意する等して簡易的な撮影場所を確保する事をお勧めします。
以上の点に注意して写真を掲載すれば、工夫の仕方によっては商品カタログよりもクオリティの高い物が出来上がるので掲載写真があらゆる場所で話題になり高い集客効果も期待できるのです。

限度を考えて宣伝活動
ただし宣伝活動にも限度はあります。
インターネットを利用して商品を検索しているという事は閲覧者はそれだけ情報を選別する作業をしている事になるので、必要以上の宣伝はマイナス効果になり易いのです。
特にハッシュタグを過度に設定しすぎたり、バナーを必要以上に利用しすぎると検索を含めた閲覧に障害がでるので場合によってはブロックリストに入れられてしまい二度と閲覧されない可能性すらあるのです。
現実に近年ウイルス対策ソフトの中にはダイレクトメールを過度に送信してくる企業や、あまりにもしつこい宣伝活動を行っている企業については迷惑サイトとして登録されていて自動でブロックする機能さえあるのです。
そのため宣伝効果は最低限にとどめおき、インスタグラムに掲載する情報も閲覧者からみて見やすいレイアウトや写真のアングルにしておくようにしましょう。
またこういった投稿サイトは閲覧する全ての方が購入する可能性のある方に該当している事になるため、何かしらのアクションがあったら必ず丁寧に対応し自社の商品を気持ちよく購入してもらう工夫をするようにしてください。


インスタグラムの存在は社名やブランド名よりも評判に影響されるので、高い集客効果を期待するためにも常に店舗のイメージを考えた上での運用を心がける事をお勧めします。
特にメッセージの投稿は顔が見えないため相手の本音を聞きやすい状況でもあるので、その情報を元に新規の商品や売り場レイアウトを決めるのも良い方法です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意外と知られていないインス... | トップ | 大注目!インスタグラム自動... »
最近の画像もっと見る

インスタグラム」カテゴリの最新記事