STORY OF INSURANCE

保険って?
生命保険・損害保険・第3分野の保険
この保険はどこから入るといいんだろう?

車両保険

2007-12-06 12:21:05 | 自動車保険(任意保険)
車両保険は、事故などによる車の損害を補償する保険です。

車両保険には2つのタイプがあります。

○一般車両保険
  ・単独事故(バックしていて電柱にぶつけた時や、ガードレールにぶつかったなど)
  ・あて逃げ
  ・盗難
  ・いたずら(車体を傷つけられたり、ミラーを壊されたなど)
  ・自然災害(台風、洪水、高潮)や物の飛来、落下、火災、爆発など
  ・車両本体と車両に定着・装備されているもの

        などあらゆる損害が保険の対象になるもの
  
○エコノミー車両保険(車対車+A)
  ・相手のある自動車事故
  ・台風、たつ巻、洪水、高潮や物の飛来、落下、火災、爆発など
  ・らくがき、いたずら、
  ・窓ガラス 
  ・盗難
        
        などでうけた損害が保険の対象になるもの
  があります。

一般車両保険をつけていると、車両に関しては安心できますが、保険料はかなり
高くなってしまうので、保険料を安く抑えたいけれど車の補償がほしい、という人
には、エコノミー車両保険(車対車+A)がお薦めです。

エコノミー車両保険で気をつけたいのは、相手のある自動車事故でも、相手が
逃げてしまうなど、相手を確認できない場合です。
これは保険対象外なので注意してください。

以前、エコノミー車両を付けていた友人は、スーパーの駐車場で自分の車にぶつかって
走り去ろうとした車を目撃しました。慌てて相手を追いかけ、車両の損害を賠償して
もらった事がありました。(慌てて運転するのは事故のもとですからご注意を!)

車両保険の車両価格は、車の年式とグレードなどから割り出された”車両価格表”
(全保険会社共通)に基づいて時価額で設定されます。

車両価格表では、小型乗用車・普通乗用車は1~9までのクラス分けをされています。

前年の事故などで、その車種に対して保険会社が保険金を、いくら支払ったか
によって車両クラスは決められます。
保険料はクラス分けの数字が、大きくなるほど高くなります。

事故の件数は少なかったとしても、高級外車などは部品代が高いので、
保険会社で支払った保険金額が大きくなります。
このため高級外車などのクラス分けの数字は8とか9が多く、保険料も高くなって
しまいます。(なるべく保険料の安い国産車に乗りましょう??)



ここで”本当にあった怖い話”をひとつ.....

私は車の運転には自信がありま..した。
単独事故は起こさないと思っていました。
付けていたのはエコノミー車両保険でした。

秋の紅葉を観ようと田舎道を走っていた時のことです。
走っているのは私だけ...前にも後ろにも車は見えませんでした。
対向車が時々すれちがうだけでした。

運転中に急に景色が変わっていました。今まで走っていた道路ではなく、
急に林の中を走っているのです。
何が起こったのかわかりませんでした。UFOがいたずらしたのか?異次元の世界に
入ってしまったのか?
私は慌てて急ブレーキをかけました。

原因は....私は”居眠り”をしてしまったのです。運転をしていて眠気は全く
感じていなかったのですが、ほんの数秒、私は眠っていたのです。

車は道路から路外へ飛び出し、横を流れていた細い川を飛び越え、
着地して林の中を走っていたのです。

林の中で急ブレーキをかけた車は、木にぶつかって止まりました。
その瞬間エアーバックが音をたてて開くのを、見ました。

単独事故なのでエコノミー車両保険は使えませんでした。

その後私は、買ったばかりの車のローンに加えて、修理代(約100万円)を、何年間も
払い続けることになりました....トサ。

ほんとうに、ほんとうに怖いお話でした。
『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 対物賠償 | トップ | 保険料割引制度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。