STORY OF INSURANCE

保険って?
生命保険・損害保険・第3分野の保険
この保険はどこから入るといいんだろう?

火災保険はどうやって?

2007-12-20 11:17:37 | 火災保険
火災保険には、
1)建物につける
2)家財につける
   の2タイプあります。

どちらも適正な評価額(価値)でつけなければなりません。
正しい評価額以下だと一部保険といって、事故があった場合、たとえ全損で
あっても契約した保険金の全部は支払われません。

1)の建物につける場合、その建物の所有者が契約します。
  (所有者以外の人が契約しても、保険金の受け取りは所有者になります)

建物を所有し、そこに住んでいる人は、1)・2)の両方を契約する事が望ましいです。
更に特約で”地震保険”を付加すると完璧です。

賃貸の建物に住んでいる人は、2)の家財だけに火災保険をつけます。
こちらも”地震保険”を特約でつけるといいでしょう。

火災保険で建物や家財などの評価の仕方は、”時価額”と”新価”があります。

○”時価額”は現時点での値段です。
 建物を建ててから、あるいは家財を買ってから年数が経つと、当然減価償却され
 価値が下がってきます。(自動車の場合と同じです)

それに対して
○”新価”での評価は、再取得価格とも呼ばれ、現時点で買う時の値段です。
 例えば、20年前に2000万円で建てた家でも現在同等の家を建てるのに
 2500万円かかる場合の、その金額です。

火災保険の保険料は、住んでいる地域・建物の構造・建物の面積によって
計算されます。(家財も同じ)
当然、燃えやすい木造作りのものより、頑丈なコンクリート作りの方が
保険料は安くなります。

最近外資系の保険会社では、地域や構造に関係なく、全国どこでも
どんな作りでも、同一の料率を使って保険料を算出しているようです。
但し、従来の保険会社で一番多く使われている料率を使っているので、
一般契約者にとって、保険料的にそれほど差はないようです。
(この料率を使って保険料が安くなるのは、ログハウスなど
 木造で外壁も木の建物に住んでいる人)

いづれにしても、建物や家財の評価は素人にはできないので、保険会社や
代理店にしてもらいましょう。

*通常マイホームは、金融機関からお金を借り入れして手に入れますが、
 その場合強制的に火災保険に加入させられます。
 この時の評価額が、最近話題になっています。

 金融機関は、融資額=評価額 であれば問題ないとしますが、保険上そうは
 なりません。

 自己資金を使い、不足分を金融機関から借りる場合、融資額で評価されると
 一部保険になってしまいます。
 
 反対に自己資金なしでマンションなどを買う時には、建物+土地代+共有部分
 全てが融資額になるので、これも融資額が評価額ではなく、この場合は、
 超過保険となってしまいます*

火災保険のおさらいです

○保険をつけるモノ(建物・家財など)を専門家に正しく評価をしてもらう
○事故がおきても今と同等なモノが買える”新価”でつける
○特約の地震保険もつける

住む家や家財は、自動車などと違って、全損になったからしばらく我慢しよう
というものではありません。
地震の被災地の方々の、プレハブ住宅で快適とはいえない暮らしぶりが
テレビに映し出されるのを観るたびに、火災保険の大切さが思い知らされます。
『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火災保険 | トップ | 私の火災事故 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。