inspiration-macrobiotique

マクロビオティックインスピレーション・随想古事記・日本語と歴史・バベルの塔・日々雑感

多治見名残りの日々

2016-11-26 10:54:09 | Weblog

来月多治見を引き払って平戸に戻ることになりました。それで何となく身辺が乱雑になり落ち着かない感じです。そんな中めづらしく主人が朝からテレビの時代劇(リバイバル?)をつけたまま出勤して、私はつい何もしないで続きを見てしまいました。それは松平健演じる斎藤道三の物語で、『油売り』というセリフに子供の頃の父の≪講談(?)≫を懐かしく思い出させられたからかもしれません。

 

『松平健』と言えば『暴れん坊将軍』・・・・・ で、私はこれがあまり好きではありませんでした。だから『松平健』よりも『高橋英樹』・・・・・という図式(?)でした。だけどこの『斎藤道三』はなかなか素晴らしい・・・・・信長の先駆者としての道三の業績も描いており、『松平健』もとても似合って梟雄道三らしい風格を漂わせていました。随分以前に記事にした韓国の時代劇『朱蒙』を思い出す場面もありました。

ですが・・・・・今回心惹かれたのは、道三と信長の対面の場面で道三が信長に『一指し舞って進ぜよう』と後に信長が好んだといわれる敦盛を舞う場面・・・・・その松平健演じる道三の足捌きに、ひときわ感動しました。あの足は確かにあの空間を制御しており、お寺の床畳と足の場面は大変美しかったと思います。もしかしてあの足は別人だったのかもしれませんが、でも『松平健』演じる道三の足に見えました。朝の貴重な時間何もしませんでしたが・・・・・良い劇を見ました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 小学校の思い出の歌 | トップ | 志野 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらでの生活 (村瀬吉功)
2016-11-29 16:29:48
平戸に帰るんですか。こちらで生活結構長かったでしょう。記事楽しく読んでますから、平戸からも発信して下さいね〜。君に刺激されて、日本人はどこから来たか(海部さん)、今サピエンス全史(上巻)を読んでます。今更人間が知りたくて。
村瀬さん!!!2 (fukae)
2016-11-29 23:25:26
嬉しいコメントをありがとうございます。いよいよ同好会が出来るかもしれませんね。楽しみです!!!

1月は出席ですね。私もその予定です。平戸に帰っても、恒例行事にするつもりです。よろしくお願いします。
Unknown (村瀬)
2016-11-30 18:41:01
出ます。宜しくです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。