奄美自然観察記

高のフィールドより

銀色の髪を振り乱した鬼女はいつ・・・  キジョラン

2017-01-30 18:12:56 | 植物




今日東京の最高気温は19.5度。奄美は早朝から夕方まで雨模様でしたが、気温18度から21度で暖かな日でした。林道脇の木に絡みついたキジョランに、実が付いていました。木の実は、やがて割れて中から白い羽毛を付けた種子が、風に飛び散っていきます。これまでその瞬間を一度だけ観たことがありますが、逆光に輝くその羽毛は、まさに鬼女が銀色の髪を振り乱した例えにぴったりでした。キジョランはそんなに少ない植物ではないのですが、花や実はなかなか見ることができず、その実が割れて種子が飛び散るのに出会うのは結構難しい。あまり期待せずに、その瞬間を待ちたい。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きゅう東京ぬ最高気温や19.5度。島やひかんまふぇっさら、よねがたがれぃあむぃ模様だりょうたんじゃが、気温18度ら21度あてぃ、温さん日だりょうた。林道ぶちぬきぃち、まきちきたんキジョランち、実ぬくっかとぅりょうたっと。きぃぬ実や、やがてぃ割れぃてぃ中らしるかん羽毛ばちきたん種ぬ、かじとぅとぅび散れぃてぃいきゅんちど。なまがれぃ、ちょうどうんどろば一くゎいだけ、にしゃんくとぅぬありょんじゃが、反対ぬひきゃりし、ひきゃとぅんうん羽毛や、ちゃど鬼女ぬ銀色ぬかまちひぎぃば振り乱しゅん例えち、むるおおとぅりょったっか。キジョランや、うがしがれぃいきらさん植物やあなんじゃが、花んきゃ実やなかなかにゅんくとぅぬでけらんてぃ、うん実ぬ割れぃてぃ種ぬとぅびぃ散りゅんどろちおおゆんや、なかなか難しゃりょっと。あんまりがれぃ期待しらんにし、うんとぅきば待ちにしんにょ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芸術作品のような巣  コガ... | トップ | 古巣を物色し始めた  ルリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL