奄美自然観察記

高のフィールドより

河口付近に美しいカモ  ツクシガモ

2017-03-15 19:08:56 | 鳥類




防災上の観点から、河川拡幅工事が行われている住用川の下流域で、ひときわ美しいカモがいるのを観ました。白い体に茶色の模様、黒っぽい頭部に赤いくちばしと脚、この美しい色合いは、他と見間違うことのないツクシガモでした。近くにはオオバンもいて(写真2枚目)、仲良く採餌していました。赤いくちばしの基部が少しこぶ状になっているので、オスと思われます。ツクシガモは、毎年のように大瀬海岸などに訪れますが、大半は1羽か2羽の少数です。住用川で観たのは初めてでした。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
洪水ら、にゅっちば護るゅんたむぇ、こらぬ幅ば拡ぐぇん工事ぬしらっとぅん住用川ぬしゃーぼてぇじ、むるきょらっさんカモぬうんば、にっきりょうたっと。しるかんどぅうち茶色ぬ模様、くるぶぇっとうしゅんかまちとぅ、はーさんくちばしとぅはぎ、くんきょらさん色合いや、他ぬむんとぅ見間違ゆんくとぅぬねんツクシガモだりょうた。近さじやオオバンだかうてぃ(写真2枚目)、仲いっちゃ、かみむんとぅむぃかたしゅりょうたっと。はーさんくちばしぬむとぅぬ、なありくゎがぶにし、なとぅりょんかな、インガドゥリち思われっと。ツクシガモや、毎とぅしにし大瀬海岸ちんきゃきゅんじゃが、たいていや、ちいちかたあちぬ、なありくゎだりょっと。住用川じにしゃんや、初むぃてぃだりょっと。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺たちも恋の季節なのだ  ... | トップ | 早くも美しい夏羽に・・・ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鳥類」カテゴリの最新記事