奄美自然観察記

高のフィールドより

一輪だけポツンと咲いていた  クマノギク

2016-10-13 23:45:02 | 植物




ずっと続いている雨模様の天気がまだ続いていますが、それほどの雨は降りませんでした。海岸近くの道端に一輪のクマノギクが、黄色い花を咲かせていました。最近は蔓のように花茎を伸ばして群落を作り、たくさんの花を咲かせるアメリカハマグルマ(外来種)はよく見かけるのですが、このクマノギクはあまり見かけなくなりました。アメリカハマグルマの影響を受けているのかも知れません。アメリカハマグルマは、葉の真ん中付近で大きな鋸歯があり細長いアヒルの足のような形をしたものが多いのですが、このクマノギクの葉は大きな鋸歯はなく、細長くざらついています。がんばって増えていってほしいものです。

5年前の今日
<小笠原の旅ー9>

【島口バージョン】(キシゆむた)
ずっとぅ続しゅたんあむぃ模様ぬ天気ぬ、まだ続しゅりょんじゃが、うがしがれぃぬあむぃや降りょうらんたっと。うん近さぬ道ぶちじ、ちいちぬクマノギクぬ、黄-かん花ば咲かしゅりょうたっと。最近や蔓にし花ぬしんばぬばし、ぶすぅなてぃ、いっぱいぬ花ば咲かしゅんアメリカハマグルマ(外来種)やむるにゅんじゃが、くんクマノギクやあんまりにゃんにしなりょうたっと。アメリカハマグルマぬあんかなかも知れぇらんど。アメリカハマグルマや、葉ぬ真ん中べりじだいばんぎざぎざぬあてぃ、細長さんアヒルぬはぎにししゅんむんぬふうさんじゃが、くんクマノギクぬ葉や、だいばんしゅんギザギザやねんてぃ、細長さしざらざらしゅりょっと。がんばってぃ、いっぱいなてぃいじほしゃんむんだりょっと。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結構すぐ飛び去ってしまう ... | トップ | 意外と美しい翅の裏側  ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL