奄美自然観察記

高のフィールドより

3年ぶりに実を付けてくれた  イルカンダ

2017-06-14 18:57:33 | 植物




昨日に続き、今日も一日中梅雨らしい雨が降り続きました。ガイドであちこち観て回りましたが、何と言っても、イルカンダ(ウジルカンダ)が実を付けていることに、ちょっと感激しました。このイルカンダは今年4月にたくさんの花を咲かせていましたが、実が付いたのは3年ぶりです。イルカンダはあちこちで観られる植物ですが、実が付くのはなかなかです。今年は、去年から実っているモダマの実や花も観られて、うれしいかぎりです。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きぬち続し、きゅうだか一日中ながしらしゃん、あむぃぬ降り続きょうたっと。ちゅ案内し、あまくまにしきょうたんじゃが、ぬっち言しんも、イルカンダ(ウジルカンダ)ぬ実ばならしゅたんくぅとぅぬ、なありほおらしゃりょうたっと。くんイルカンダや、くぅとぅし4月いっぱいぬ花ば咲かしゅたんじゃが、実ぬなたんや3年ぶりだりょっと。イルカンダぬ花や、あまくまなんてぃにゃあれぃんじゃが、実ぬなりゅんやなかなかだりょっと。くぅとぅしや、くずぃらなとぅんモダマぬ実だか花だかにゃあてぃ、むるほおらしゃりょっと。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雨のなか採餌  クロハラ... | トップ | 久しぶりに2羽で渡来  カラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL