奄美自然観察記

高のフィールドより

まだ居残っていた  ウミウ

2017-06-09 19:12:26 | 鳥類




今日も晴れました。集中豪雨などからの安全対策として、川幅を広げる工事が続けられている住用川沿いを歩きました。国道に架かる橋・柳橋の架け替え工事も始まっているあたりで、下流側から飛んできたのは1羽のウミウでした。毎年河口付近には、カワウ30羽ぐらいが越冬していて、今年も越冬していたのですが、その群れの個体とは違うようです。ウミウも奄美には冬鳥として越冬に来ていますが、ウミウもカワウも大半は4月いっぱいぐらいまでに去っていきます。6月にウミウを観たのは、初めてのような気がします。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きゅうだか晴れりょうたが。集中豪雨んきゃらぬ安全対策とぅし、こらぬ幅ば広ぐぇん工事ぬ続けらっとぅん住用川ぶちば、あっきょたっと。国道ちけぇーらっとぅん橋・柳橋ぬけぇ替え工事だか始まとぅんどろぼてぇじ、しゃー側らとぅでぃちゃんや、ちいちぬウミウだりょうたっと。毎とぅしこらん口ぼてぇじ、カワウ30羽べり冬暮らしゅてぃ、くぅとぅしだか冬暮らしゅたんじゃが、うんまぐんとぅや違ゆんむんにししゅりょっか。ウミウだか島ちや冬ドゥリとぅし冬暮らしがしちゅんじゃが、ウミウだかカワウだか、たいがいや4月いっぱいぼてぇかれぃなんてぃや、うらんなりょっと。6月ウミウばにしゃんや、初むぃてぃにししゅりょっと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これでは仕打ちがひどすぎる... | トップ | 雨のなか2羽で採餌  クイナ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鳥類」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL