奄美自然観察記

高のフィールドより

何度見ても美しい  リュウキュウムラサキ

2016-10-15 23:00:54 | 昆虫




朝から曇り空ですが、雨も降らずに助かりました。林道で草刈り作業をしていたら、近くのサキシマフヨウの花に黒っぽいチョウが飛んできました。リュウキュウムラサキです。写真を撮ろうと近づくとすぐに飛んで、また近くの葉の上などに止まります。しばらく待つとすぐに閉じた翅を開き、美しい紫色が現われます。昨日は裏側も美しいアカタテハを取り上げたのですが、やはり大半のチョウは表側が特に美しい。図鑑などによれば、リュウキュウムラサキはその生息地によって5つの型に分けられるようです。今回の個体は、台湾雨期型のようです。

5年前の今日
<小笠原の旅ー12>

【島口バージョン】(キシゆむた)
ひかんまら曇り空ありょんじゃが、あむぃも降らんてぃ助かりょうたっと。林道じ草刈り作業しゅりょうたっとぅ、近さぬサキシマフヨウぬ花ち、くるぶぇっとぅしゅんチョウリョぬとぅでぃきょうたっと。リュウキュウムラサキだりょうた。写真ば写そうち近ゆれぃば、すぐとぅでぃ、また近さぬ葉ぬうーち止まりょっと。いっとぅき待ちばすぐくぅうたん翅ばあけてぃ、きょらさん紫色ぬいっじりょっと。きぬや裏側もきょらさんアカタテハばとぅり上ぐぇたんじゃが、やっぱしたいがいぬチョウリョや表側が一番きょらっさりょっとい。図鑑きゃにゆれぃば、リュウキュウムラサキやうんどろにゆてぃ、いしちぬ型ち分けれぃんちゅか。きゅうぬむんや、台湾雨期型にししゅりょっと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意外と美しい翅の裏側  ア... | トップ | 嘉渡林道ウォーキング観察会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL