奄美自然観察記

高のフィールドより

犬のような顔つき? トビモンオオエダシャクの幼虫

2006-06-05 17:51:44 | 昆虫


リュウキュウカラスウリにいるシャクガ科のトビモンオオエダ
シャクを見つけました。頭の部分に角のような大きな突起物
があるので、一見犬のような顔つきにも見えます。この蛾の
幼虫は、いろいろな植物を食べていて繁殖力も旺盛なので
すが、木の枝のような保護色でなかなか見つけることができ
ません。

【島口バージョン】(キシゆむた)
ガラスィムンなんてぃうんシャクガ科ぬトビモンオオエダシャク
といゆんハブルばにっきりょうたっと。かまちなんてぃ角にしし
ゃんだいばんがぶぬあてぃ、いわばいんにしにゃあれんちよ。
くんハブルぬくぁくぁや、だんだんなかみむんばかどぅてぃ、む
るいっぱいなりゅんじゃが、きぃんきりにししゅてぃ、むるにっ
きぐるかありょんいちよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さくてかわいい花 コモウ... | トップ | 雨に咲き始める ノボタン »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
枝の模様そのものですね。 (しら)
2006-06-05 22:48:23
角のようなものは何の役割なのでしょうね。よく見ると目がどこにあるのかわかりませんね。結構不気味なお顔かも・・。(笑)

コメントを投稿

昆虫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
このサイズなら,4回分 (SeaStar's Photolog)
滅多に車が通らないからか,渡嘉敷島の路上では,いろいろな動物を見ることができました。この尺取り虫もその一つ。見慣れた種類に比べると,桁外れに大きいのです。体長