奄美自然観察記

高のフィールドより

ホッピングで逃げ去る  ヤマシギ

2017-01-25 18:23:29 | 鳥類




早朝は気温9度と一桁台で寒かったのですが、風がほとんどなく、昼過ぎには気温17度まで上がり、この時期としては結構暖かい日でした。林道でヤマシギを見つけたのですが、これが何とシロハラなどみたいに、両足でぴょんぴょん飛び跳ねるようにホッピングしながら、林道を次々前に移動し、最後は飛び去りました。普通野鳥には、片足を交互に出して歩くいわゆるウォーキングと、両足で同時に飛び跳ねるように移動するホッピングの二つがあり、カラスなどは両方できるのですが、大体どちらかに決まっています。ヤマシギやアマミヤマシギは、普通ウォーキングで移動するのですが、今日のヤマシギは何と最初からずっとホッピングしながら移動し、とてもびっくりしました。片方の足が怪我でもしているのかもしれませんが、どうもそのようには見えませんでした。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
ひかんまふぇっさや気温9度ち一桁台ありょうてぃ、ひぐるっさりょうたんじゃが、かじぬほとんどねんてぃ、ひんま過ぎや気温17度がれぃ上がてぃ、くん時期とぅしやてーげ温さん日だりょうた。林道じヤマシギば見にっきたんじゃが、あげぇ~、くっかタートゥリんきゃにし、たあちはぎしぴょんぴょんとぅびぃ跳ねんにしホッピングしーがちな、林道ばちぎちぎむぇーちいじ、最後やとぅでぃいきょうたっと。普通トゥリにや、片はぎぃば交代交代いじゃしあきゅんウィーキングとぅ、たあちはぎんともまあじんいじゃし、とぅび跳ねんにししゅんホッピングぬたあちあてぃ、ガラスィんきゃや、たあちぬあっき方ともでけりゅんじゃが、大体でぃるか決まとぅりょっと。ヤマシギんきゃシーギャ(アマミヤマシギ)や、普通ウォーキングし、あっきょんじゃが、きゅうぬヤマシギや、はげぇ~初むぃらずっとぅホッピングしがちなどげぇてぃ、むるうどぅるっきょたっと。片方ぬはぎぃぬ、怪我でもしゅんたんかも分かりょうらんば、どうもうがかしや、にゃあらんたっと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たくさんの実を付けていた ... | トップ | 花芽が出ていた  アマミカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鳥類」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL