奄美自然観察記

高のフィールドより

皮が剥がれ落ちていた  モダマ

2017-07-11 23:44:13 | 植物




暑いですね。昼過ぎから夕方にかけて、2回ほど少しだけ雨が降りましたが、ほとんどお湿り程度で涼しくなるほどではありませんでした。今年は(正確には去年から)たくさん実が付いているモダマのところに寄ってみました。ぶら下がっていた実は、大半が鞘の外皮が剥がれ落ちて、緑から茶色に変わり始めていました。道路や林床に皮が剥がれ落ちていたり(写真3枚目)、途中にひっかているものもありました。ただ内側にも皮がありますので、豆はそのまま付いています。これから台風などがくるか、例えこなくても自然に実そのものも次々に落ちることになることと思われます。

10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
あちさりょうりや~。ひんすぎらよね方かれぃ、2回べりなありくゎあむぃぬ降りょうたんじゃが、なあり湿めたんだけあてぃ、すぃ~ださなりゅんほどがれぃやありょうらんたっと。くとぅしや(ほんと言いばくずぃら)いっぱい実ぬ付ちゅんモダマぬどろばゆてぃにょうたっと。ぶら下がとぅたん実や、おおから鞘ぬすとぅがわぬこーぬ剥がれぃうてぃてぃ、緑ら茶色ち変わり始むぃとぅりょうたっと。道んきゃ山ぬしゃーち、こーぬ剥がれぃうてぃとぅたり(写真3枚目)、途中ちひっかかとぅたりしゅんむんだかありょうたっと。ただ内側じもこーぬありょんかな、まむぃやうんままくっかとぅりょうたが。なまらてーふぬしちゃり、やたちしくぅんてぃも、自然とぅ実うんむんだか、ちぎちぎうてぃてぃいきゅんち思われぃっと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わりゆく住用川河口域(8... | トップ | たくさんの実が鈴なり  サ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL