奄美自然観察記

高のフィールドより

再び戻ってきてくれた  コウノトリ

2017-04-27 19:29:07 | 鳥類




今日も朝から雨模様でした。今日は、約1カ月ぶりにコウノトリ(J0067)を確認しました。奄美大島で約3年3カ月滞在していたコウノトリですが、先月(3月25日)に喜界島で確認され、奄美大島から移動したことが分かりました。その後、今月(4月4日)に、徳之島の天城町松原の農耕地上空を飛翔している2羽のコウノトリが、近くで農作業していた住民によって確認されました。つまり、元々3年余り徳之島で滞在していたコウノトリ(J0066)と、奄美大島から喜界島、さらに喜界島から徳之島へと移動したと思われるコウノトリ(J0067)が、2羽(兄弟)一緒に飛翔していたことになります。そして、今度は4月15日、奄美大島は利町和野上空を飛んでコウノトリが、知り合いによって確認されました。そして今日、奄美大島を去ってから約1カ月ぶりに、コウノトリ(J0067)は再び奄美大島に帰ってきていたことを確認しました。そろそろお嫁さん探しで、奄美大島を去ってしまうのではないかと言われていただけに、うれしいやら、ちょっと寂しいやらで、複雑な気持ちになります。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きゅうだか、ひかんまらあむぃ模様だりょうた。きゅうや、だいがい1カ月ぶりしコウノトリ(J0067)ばにょうたが。わきゃ島(奄美大島)じ、て~げ3年3カ月べりうたんコウノトリだりょうたんじゃが、先月(3月25日)喜界島じにゃあてぃ、わきゃ島らとぅでぃいじゃんくとぅぬ分かりょうたっと。うん後、今月(4月4日)、徳之島ぬ天城町松原ぬはてぇぼてぇじ、てぃんばとぅどぅんたあちぬコウノトリぬ、近さじはてぇ仕ぐとぅしゅたんシマちゅにゆてぃ、にゃあたんちゅか。がしゅんかな、むとぅむとぅ3年余り徳之島じうたんコウノトリ(J0066)とぅ、奄美大島ら喜界島、うがしし喜界島ら徳之島ち、とぅでぃいじゃんち思われぃんコウノトリ(J0067)ぬ、たあちまあじん(いひり)とぅどぅたんことぅなりょっと。うがしし、今度や4月15日、わきゃ島(奄美大島)や笠利町和野ぬてぃんばとぅどぅんコウノトリぬ、どぅしにゆぅてぃ、にゃあたんちゅか。うがししっからきゅう、わきゃ島らいじてぃっからてーげ約1カ月ぶりにコウノトリ(J0067)や、またなぁいっくぁいわきゃ島(奄美大島)ち、戻てぃっちゃんこぅとぅなりょっと。なぁ、とぅじとぅむぃかたし、わきゃ島(奄美大島)ば、いじてぃいきゅんやあなんかいち言ゃとぅたんかな、ほおらしゃんもあり、なありっくゎとぅでぃんなかもあてぃ、難かしゃん気持ちなりょうたっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アマミアラカシの若葉に多い  カワムラトガリバ

2017-04-26 18:11:34 | 昆虫




低気圧の通過で、朝から一日中雨が降り続きました。昨日の林道脇で観た蛾の幼虫です。アマミアラカシの幹に2匹いるのを観ました。イモムシ図鑑などにも載っていなくて、なかなか判らなかったのですが、どうやらカワムラトガリバの幼虫のようです。ちょっと刺激を与えたら、釣り針のように頭部を曲げてしまいました(写真2枚目)。しばらく行くと、イスノキの若葉の上にもいました(写真3枚目)。この新緑の季節に、頭上からクモの糸のようなものにぶら下がって、体についてしまったりするのは、おそらくこの幼虫の若いものではないかと想像しています。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
低気圧ぬとぅうてぃ、ひかんまら一日中あむぃぬ降り続きょうたが。きぬぬ林道ぶちじにしゃんハブルぬくゎっくゎ虫だりょっと。カシャギィぬしんちたあちうんば、にっきりょうたっと。イモムシ図鑑きゃじもぬぅとぅらんたんてぃ、なかなか判らたんじゃが、たいがいがカワムラトガリバぬくゎっくゎ虫にししゅりょっと。なありうどぅるっかしゃとぅ、釣り針にしかまちば曲ぐぃりょうたっと(写真2枚目)。いっとぅき行じゃとぅ、ユスぬ若-さん葉ぬうーじだかうりょうたっと(写真3枚目)。くんはー山ぬ時期、かまちぬうーら、クブィガスィぬ糸にししゃんむんちぶら下がてぃ、どぅうちんきゃだかくっかりゅんや、きっとぅくんくゎっくゎ虫ぬ、いなさんとぅきぬむんやあなんかいち思いかただりょっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女王バチの作りかけの巣か  コガタスズメバチ

2017-04-25 18:16:57 | 昆虫




今度の日曜日(4/30)に予定されている「やちゃ坊岩屋ウォーキング観察会」の下見に、5名で行ってきました。今日もよく晴れて心地よい一日でした。出発地点の川内川の中流域から少し行くと、「フナンギョの滝」(写真1枚目)があります。その近くの林道脇に、直径が約10cmほどのコガタスズメバチの巣がありました。たった一匹で越冬した女王バチの巣で、通常は下側に円筒形の出入り口が付いた逆さとっくり型なので、これは作りかけの巣と思われます。女王バチがいなかったので、下から覗いてみると、巣の中で六角形の働きバチの卵を産むための部屋(写真三枚目)が作られていました。これから円筒形の巣の下部を作るのか、また観に来たいと思います。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
今度ぬ日曜日(4/30)予定すぃらっとぅん「やちゃ坊岩屋ウォーキング観察会」ぬ下見が、5人し行じきょうたっと。きゅうやむる晴れぃてぃ気持ちいちゃん一日だりょうたが。出発しゅんどろぬ川内川ぬ中ぼてぇら、なあり行きぃば、「フナンギョの滝」(写真1枚目)ぬありょっと。うん近さぬ林道ぶちじ直径ぬてーげ10cmべりぬツィブルバチぬ巣ぬありょうたっと。ただちいちだけし冬ば暮らしゃん女王バチぬ巣あてぃ、普通やしゃー側じ長まるかん出入り口ぬくっかとぅん逆さとっくり型だりょんかな、くれぃや作りかけとぅん巣ち思われぃっと。女王バチぬうらんたんかな、しゃーらにしゃとぅ、巣ぬ中じ六角形ぬ働きバチぬ卵ば産みゅんたむぇぬ、やーぬ作らっとぅりょうたっと。なまら長まるかん巣ぬしゃー側ば作りゅんか、またにいがきいしゃかんち思よっと。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帽子をかぶって出てきたつぼみ  サクラツツジ

2017-04-24 18:57:12 | 植物





昨日に続き今日も快晴でした。早朝は放射冷却で気温13度まで下がりましたが、日が射すと気温が上昇、昼頃には25度以上になりました。湯湾岳で、今季初めてアカショウビンの鳴き声を複数聴きました。山頂近くでは、まだサクラツツジが数か所で咲いていました(写真1枚目)。まだつぼみの状態のものもありましたが、よく観ると先端に茶色の苞(ほう)のようなものをかぶっています(写真2,3枚目)。おそらく小さな花芽の時に全体を包んでいた苞が、つぼみが成長するにつれて上下に裂け、先端に帽子のように被ったままつぼみになり、さらにつぼみが成長して花が開こうとするときに、落下するものと思われます。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きぬち続し、きゅうだか晴れぃりょうたっと。ひかんまふぇっさや放射冷却し気温13度がれぃ下がりょうたんじゃが、てぃだんぬいじてぃちゃとぅ気温ぬ上がてぃ、ひんまごろや25度あまりちなりょうたが。湯湾岳じ、くん時期初むぃてぃクゥワルぬ鳴きぃぐぃば、たぁとろじ聴きょうたっと。一番うー近さじや、まだヤマザクラぬあまくまじ咲しゅりょうたっと(写真1枚目)。まだつぼみぬままぬむんだかありょうたんじゃが、ゆんまにいば先じ茶色ぬ苞(ほう)にししゃんむんばかぶとぅりょうたっと(写真2,3枚目)。きっとぅいなさん花芽ぬとぅき、全体ばましゅたん苞ぬ、つぼみぬほでぃてぃいじ、うーしゃーちきれぃてぃ、先じ帽子にし被たんままつぼみちなてぃ、うっからつぼみぬまたほでぇてぃ。花ぬ咲こうちしゅんとぅき、うてぃんむんち思われぃっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロングトレイルウォーク手広海岸・明神崎  シロバナミヤコグサなど

2017-04-23 19:16:29 | 植物








雨が降り続いた昨日とはうって変わって、朝から晴れ間が広がりました。龍郷町手広海岸から笠利町明神崎までをぐるっと回ってくる「ロングトレイルウォーク手広海岸・明神崎15km」を行いました。午前8時50分頃手広海岸を出発、海岸一帯に観られる植物ハマニガナの花(写真2枚目)などのほか、イワタイゲキ(写真3枚目)は実になっていました。しばらくすると有名どころの「ハートロック」(写真5枚目)をみて行くうちに、浜にはオオミズナギドリの死骸(写真6枚目)もありました。近くには、喜界島へと続く通信網などの海底ケーブル(写真7枚目)が設置してあります。








やがて神の子海岸が近くになると、2名の年配の方が潜る様子(写真1枚目)。何でもサザエとかトゥビンニャ(マガキガイ)をとるのだとか。近くの岩場にはウミウの幼鳥(写真2枚目)が佇んでいました。それから用安の海岸を回って、明神崎海岸へ。南西諸島に観られるシロバナミヤコグサ(写真3枚目)が満開でした。さらに実になっていたハマボウフウ(写真4枚目)などを観察後、明神崎展望台へと向かいました(写真5枚目)。天気も良くて明神崎展望台からは素晴らしい眺めでした(写真5,7枚目)。








明神崎展望台近くでお昼を食べたのちに、山すその道を帰りました。ギーマの花(写真1枚目)やアオモンイトトンボの交尾(写真2枚目)、咲き始めたゲットウの花には、リュウキュウオオスカシバ(写真3枚目)が止まっていました。用安近くの山すそでは、国指定登録有形文化財の薗家の庭園(写真4枚目)などを観ました。近くでは、オーストンオオアカゲラ(写真5枚目)が盛んにドラミングを繰り返し、その姿も観ることが出来ました。それから、県道を手広の集落へと向かい、道路脇にあったテリハツルウメモドキの花(写真6枚目)などを観ながら、午後4時ごろ終点・手広海岸へと到着し、長い距離だったウォーキングを終えました。みなさん、お疲れさまでした。

5年前の今日  10年前の今日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くちばしが薄黄色になった夏羽  ホシムクドリ

2017-04-22 18:45:45 | 鳥類




今日は早朝から雨が降り続きました。そこで、この間(4/17)観たホシムクドリを取り上げます。ホシムクドリは、奄美に春秋の渡りの時期に少数が見られる旅鳥ですが、同じ場所で昨年11月ごろから時々観ているので、どうも越冬したようです。昨年12月下旬に観たときは、もちろん冬羽でくちばしも黒かったのですが、この間はくちばしが薄黄色で、顔から腹にかけては星模様が少なく、べたーっと黒っぽくなっていました。つまり、越冬している間に夏羽になったものと思われます。くちばしの薄黄色の夏羽は、初めて観ました。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きゅうや、ひかんまらあむぃぬ降り続きょうたっと。がしゅんかな、こねだ(4/17)にしゃんホシムクドリば、とぅりあげぃてぃんにょ。ホシムクドリや、島じ春秋ぬ渡りぬ時期、なありにゃあれぃん旅鳥だりょんじゃが、同じどろじくずぃ11月ごろら、とぅきどぅきにしゅんりょんかな、たいがいずっとぅ冬うたんあんぶぇじゃ。くぅずぃ12月下旬にしゃんとぅきや、当たり前ありょんば冬羽あてぃ、くちばしだかくるかりょうたんじゃが、こねだやくちばしや薄黄-ぶぇっとぅしゅてぃ、顔らわたや星模様やいきらかなてぃ、べたーっちくるぶぇっとぅ、なとぅりょうたっと。ぬがかいちば、ずっとぅ冬暮らしゅうええだ、夏羽なてぃいじゃんち思われっと。くちばしぬ薄黄-ぶぇっとぅしゅん夏羽や、初むぃてぃにょうたっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バスツアー3-3  モズなど

2017-04-21 18:31:19 | 鳥類





バスツアー3日目、天気もまあまあで、汗ばむぐらいの陽気でした。最初はまだ多くの水田の残る秋名(あきな)へ。すっかり田植えも済んでいましたが、辺りにはたくさんのジャンボタニシ(スクミりンゴガイ)のピンク色の卵がみられました。田んぼ作業のおじさんが、稲の根を食べるからと、網でジャンボタニシを捕っていました(写真1枚目)。野鳥では、冬鳥でもまだ残っていたモズ(写真2枚目)やアマサギなどが観られました。植物も観察、ちょうど大きな花を咲かせていたアツバキミガヨラン(写真3枚目)やオオイヌノヌグリの花(写真4枚目)なども観られました。





その後は海岸近くへ移動し、ルリカケス(写真2枚目)などをしっかりと観察しました。さらに移動して、「大島紬村」で紬の制作過程や染の作業などをみました。午前中しか時間がなかったので、足早の観察でしたが、結構いろいろと観ることが出来たものと思います。その後、奄美空港へお送りして、今日まで3日間続いた北海道の方々の奄美ツアーを終えました。

5年前の今日  10年前の今日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バスツアー3-2  センダンなど 

2017-04-20 18:53:43 | 植物






奄美バスツアー2日目。今日は昨日とうって変わって、時折小雨がちらつく曇り空で、少し肌寒いくらい。朝は金作原へ出かけました。野鳥はルリカケスなどが見られ、みなさん植物にも関心が高く、アマミエビネカゴメラン(写真2枚目)など、いろいろと観察しました。その後、宇検村へ移動する途中の大和村今里では、道端の低いところにあったセンダンの花(写真4枚目)やアカメガシワの雄花(写真5枚目)などをじっくり観察。奄美では普通にある植物でも、北海道では珍しいとのことです。






お昼を宇検村湯湾の「湯湾食堂」で済ませ、湯湾岳公園へ行きました。途中植えられているソメイヨシノの花(写真1枚目)が8分咲きでした。ただ当然ですが、北海道の方々はあまり関心は示しません(笑)。展望台からは湯湾岳周辺の新緑がきれいでした。その後、瀬戸内町の高知山展望台へ。途中、アマミヤマガラ(写真4枚目)やアマミコゲラなどもすぐ近くに来てくれましたが、残念なことに霧が多く発生していて、展望台から加計呂麻島などを眺めることが出来ませんでした。

5年前の今日  10年前の今日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バスツアー3-1  モダマなど 

2017-04-19 19:53:40 | 植物




今日から3回目のバスツアーで、今回は全て北海道からのお客さんです。午前中まずは大瀬海岸へ。ムナグロウズラシギなどのほか、セイタカシギ(写真2枚目)はこの間5羽いたのに、今日は3羽になっていました。真っ青に晴れた青空からダイサギ5羽(写真3枚目)が飛んできました。鳥のほか、周辺の植物のハマユウスナヅルオオジシバリなども観察しました。





次に長雲・奄美自然観察の森に行き、ルリカケス(写真2枚目)やアカヒゲなどをみました。ほかにも植物では、アマシバオオシマウツギの花、オオバカンアオイアマミテンナンショウなどのほかに、ユウコウランの花(写真4枚目)なども咲き始めていました。





午後からは、マングローブへ。カヌー組と陸からの観察組に分かれ、私は陸観察の案内をしました。陸を歩いた後、浜に降りて行くと、メヒルギオヒルギの実のほか、黄色の美しい花・ナンテンカズラ(写真2枚目)も咲いていました。帰る途中、モダマを観に立ち寄りました。見事な実がぶら下がっていました(写真3枚目)が、よく観ると、すでに花芽が出始めていました(写真4枚目)。

5年前の今日  10年前の今日



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暗いうちからガイド  カラスバトなど

2017-04-18 15:11:01 | 鳥類





昨夜からの雨が、まだ少しぐずついていましたが、オオトラツグミの鳴き声を聴きたいと、早朝5時にホテルを出発して、大阪からのお客さんを案内しました。暗いうちから林道を行くと、アオバズクがリュウキュウマツの枯れ枝に、2羽並んで止まっていました。5時30分ぐらいから次第に明るくなり始め、オオトラツグミの鳴き声を聴くことが出来、その後林道をゆっくり進んでいくと、その姿も観ることが出来ました。明るくなると、ルリカケス(写真2枚目)やカラスバト(写真3,4枚目)も出現。この時期からはズアカアオバトは見やすいのですが、次第に見えづらくなっていくカラスバトが2回も観れたので、結構ラッキーだったと言えます。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
ゆぶぃらぬあむぃぬ、まだなありぐずつきょうたんじゃが、シュッツぬ鳴きぃぐぃば聴きしゃかんちし、ひかんまふぇっさ5時ホテルばいじてぃ、大阪らぬお客さんば案内しょうたっと。暗かんうちら林道ば行じゃっとぅ、アオバズクぬマチギィぬ枯れ枝なんてぃ、たあち並でぃ止まとぅりょうたっと。5時30分べりら、だんだんゆぬふぇてぃっち、ユーシキョぬ鳴きぃぐぃば聴きゅんくぅとぅぬでけてぃ、うん後林道ばよおりよおりいじゃとぅ、うまなんてぃうんどろだか、にゅんくとぅぬ出けきょうたっと。ゆぬふぇたっとぅ、ヒューシャ(写真2枚目)んきゃ、ウシバト(写真3,4枚目)だかいじてぃっちゃとぉ。くん時期らやオーバトやにーやすかんじゃが、ウシバトやにいぐるかなてぃいきょんかな、2回もにゃあてぃ、むるいちゃたんち言い方だりょっと。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2匹仲良く?蔓かじる  ジャコウハゲハ(幼虫)

2017-04-17 18:25:04 | 昆虫




今度の日曜日(23日)予定されている「手広・明神崎ロングトレイルウォーク」の下見に出かけました。雨が心配でしたが、意外とお昼過ぎまで晴模様でした。明神崎への道を歩いて行くと、木の幹に何やら黒っぽい虫が2匹、ジャコウアゲハの幼虫でした。2匹くっ付くように並んで、幹に巻き付いた食草・リュウキュウウマノスズクサの蔓をかじっています。ジャコウアゲハは毒草・リュウキュウウマノスズクサから毒(アリストロキア酸)を体内に取り込んで、成虫(蝶)になっても捕食者から逃れているようです。でも、2匹仲良く?並んで蔓を食べているのは、初めて観ました。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
今度ぬ日曜日(23日)すぃろっち思とぅん「手広・明神崎ロングトレイルウォーク」ぬ下見ちいじきょうたっと。あむぃぬしわありょうたんば、思とぅたんとぅ違てぃ、ひんまごろがれぃ晴模様だりょうた。明神崎ちぬ道ばあっちいじゃっとぅ、きぃぬしんじ、ぬーがぬくるぶぇっとうしゅん虫ぬたあち、ジャコウアゲハぬくゎっくゎ虫だりょうた。たあちくっかとぅんにし並でぃ、しんち巻きちきとぅん食草・リュウキュウウマノスズクサぬ蔓ば、かどぅりょうたが。ジャコウアゲハやどぅく草・リュウキュウウマノスズクサら、どぅく(アリストロキア酸)ばどぅうぬ中ちいってぃ、ふちゅ虫(蝶)なてぃんも、かもっちしゅんむんら、にぎらとぅりょっか。がしゅんば、たあち仲いっちゃ?並でぃ蔓ばかどぅんや、初むぃてぃにょうたっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見づらい野鳥まで出現  オオトラツグミなど

2017-04-16 19:57:43 | 鳥類





今日は長崎からのお客さん5名のガイドです。天気がちょっと心配でしたが、結局最後まで雨は降らずに済みました。ホテルを出て10分と経たないうちに、道路脇に現れたオーストンオオアカゲラ(写真1枚目)、出発から幸先のいい出だしです。すぐにルリカケスやズアカアオバトも現れてくれました。最初に訪れた長雲「奄美自然観察の森」では、奄美固有の植物やシリケンイモリ(写真3枚目)、そして幸運にもアカヒゲ(写真4枚目)を全員で観察することが出来ました。








お昼前からはマングローブ周辺で観察。全体を俯瞰していると、アマミヤマガラ(写真2枚目)が青虫をくわえてやってきました。近くではイルカンダの花(写真3枚目)やナンテンカズラの花(写真4枚目)が咲いていました。また干潟には、様々な甲殻類やミナミトビハゼ(写真5枚目)やカワセミ(写真6枚目)なども姿を現してくれました。最後に行った金作原ではルリカケスなどのほか、オオトラツグミ(写真7枚目)まで観ることが出来ました。何とも強運な一行でした。

5年前の今日  10年前の今日


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雌花も雄花も咲き始めた  エノキフジ

2017-04-15 23:37:17 | 植物





朝から初夏を思わせる清々しい天気です。島の南西側の一部にみられるエノキフジが咲き始めました。エノキフジは、奄美大島を北限とするトウダイグサ科の希少な植物です。雌雄異株で、葉がエノキに、花がフジに似ていることから、この名が付いています。雌花は総状花序(写真1,2枚目)、雄花は円錐花序(写真3,4)で、雄花をフジに見立てたようですが、あまり似ているとは思えません。この花を観て思い出したのがヤマアイ、両種とも同じトウダイグサ科です。次は実のなるのを楽しみにしています。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
ひかんまらなぁなちじゃが、ち思わわしゅん、すぃ~ださん天気だりょっと。島ぬふぇ方・いり方ぬちゅとろなんてぃ、にゃあれぃんエノキフジぬ咲きぃ始むぃとぅりょうたが。エノキフジや、わきゃ島ば北限ちしゅんトウダイグサ科ぬいきらさん植物だりょっと。うなぐいんが別々ぬしじょあてぃ、葉やエノキとぅ、花やフジとぅ似しゅんかな、くん名ぬ付ちゅりょっと。ウナグ花や総状花序(写真1,2枚目)、インガ花や円錐花序(写真3,4)あてぃ、インガ花ばフジとぅ似しゅんちいしゅんじゃが、あんまり似しゅんちや思わらんど。くん花ばにし、おむぇじゃしゃんがヤマアイ、たあちぬしじょとも、同じトウダイグサ科だりょっか。ちぎや実ぬなりゅんば、楽しみくゎしゅりょっと。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの美しい夏羽個体  キガシラセキレイ

2017-04-14 23:09:47 | 鳥類




先日のバスツーでの帰り道、偶然にマダラチュウヒの飛翔姿を目撃し、バスで少し探したのですが見つかりませんでした。そのことが気になり、どこかにいないか再び出かけてみました。残念ながらマダラチュウヒの姿は見られませんでしたが、農耕地でキガシラレキレイを観ました。頭部の黄色がとても美しい夏羽の個体です。キガシラセキレイはこれまでも何度か見ていますが、これほど夏羽の美しい個体は久しぶりで感動しました。春の渡りが後半に入ってきて、稀に珍しい野鳥の姿も観られる時期になったようです。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
後ほど掲載します、すみょうらん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道ではみられない  サシバなど

2017-04-13 23:10:37 | 鳥類





昨日に続いて、朝からよく晴れました。バスツアーが一段落し、今日からまた個人型ツアーに戻りました。今日のお客さんは、北海道からのご夫婦です。最近、なぜか北海道からのお客さんが増えています。長雲でルリカケスをみて、しっかりと写真も撮れました。そして瀬留(せどめ)近くでは、枯れ木に止まっているサシバ(写真3枚目)を、すぐ近くで観ました。何でも北海道では、サシバは見られないそうです。写真にも撮れて、うれしそうでした。笠利の農耕地では、キビ畑を耕しているトラクターの後ろから、昆虫などを探して後をついてい行くアマサギの群れ(写真4枚目)なども観られました。

5年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きぬち続し、ひかんまらむる晴れりょうたが。バスツアーぬ一段落し、きゅうらまたちゅうりちゅうりぬ案内ち、戻りょうたっと。きゅうぬお客さんや、北海道らぬとじゅとぅだりょっと。近頃、ぬががぬ北海道らぬお客さんぬ、ふうさなとぅりょっか。長雲じヒュウシャばにし、ちゃんとぅ写真だか写しょうたっと。うがしし瀬留(せどめ)近さじや、枯れきぃじ止まとぅたんタハ(写真3枚目)ば、すぐ近さじにょうたっと。ぬががぬ北海道じや、タハやにゃらんちゅか。写真だか写さってぃ、ほおらしゃげかりょうたっか。笠利ぬはてぇぼてぇじや、ウギィばてぇばけぇしゅんトラクターぬくぅしら、虫んきゃばとぅむぃがちな後らあっち行きゅんアマサギぬまぐん(写真4枚目)きゃだか、にゃあれぃしょうたっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加