奄美自然観察記

高のフィールドより

置物のように鎮座していた  ミサゴ

2016-12-09 20:18:50 | 鳥類




早朝から青空の穏やかな天気でした。北部農耕地の野鳥センサスを終えて帰る途中、赤尾木(あかおぎ)湾の傍を通るとき、ふと海岸に目をやると、岩の上におなかの白いタカ類が止まっていました。この付近で時々見かけるミサゴです。すでに魚を捕えて食べた後なのか、いかにも置物のようにじっとこちらの方を見ています。道路脇に車を停めて、車の中からそっと望遠レンズで撮影すると、さすがに猛禽といった鋭いまなざしであたりを見据えていました。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
ひかんまふぇっさら、おおさんてぃんぬ、ゆるっとうしゃん天気だりょうたが。かなんぼえぇぬはてぇ地ぬトゥリしらぶぇば終らしっから帰りゅんとぅき、ほーげぇ湾ぬぶちばとぅりゅんとぅき、浜ぼてぇばにしゃとぅ、石ぬうーじ、わあぬしるかんタハぬ止まとぅりょうたっと。くぅんぼてぇとぅきどぅきにゅんミサゴだりょうた。さっきイュばかだん後あてぃがぬ、ちょうど置物にし、よおりっくゎくまばにしゅりょっと。道んぶちじ車ばとぅむぃてぃ、車ぬ中らよおりっくゎ望遠レンズし写真ば写しゃとぅ、やっぱし猛禽どぉ、むぃつきぬちゅうさしゅてぃ、うんぼてぇばにいちきとぅりょうたっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミカンをもぎ取ろうとしたら・・・  ナガサキアゲハ幼虫

2016-12-08 18:31:46 | 昆虫




久しぶりに、実家の畑の草刈り作業に行ってきました。天気も良く作業もはかどり、一段落しところで傍のミカンの木からミカンをもぎ取ろうとしたその瞬間、「あっ!」っと思わずその手を引っ込めました。アゲハの幼虫がミカンの傍にいて、じっと私を見ているようでした(写真2枚目)。ナガサキアゲハの幼虫でした。結局、ミカンは他の所のものを食べました。よく観るともう1匹同じナガサキアゲハの幼虫(写真3枚目)がいました。なるほど、あちこちの葉が幼虫に食べられた跡があります。まぁ、葉が食べられても枯れるほどのことはないので、幼虫はそのままにしておきました。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
後ほど掲載します。すみょうらん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤッコウソウの蜜をなめていた  スジブトヒラタクワガタ

2016-12-07 23:23:11 | 昆虫




今日は朝から天気に恵まれました。少し海岸日近い風衝林の林床で、スジブトヒラタクワガタのオスが、ヤッコウソウの蜜をなめていました。ヤッコウソウは11月ごろ、イタジイなどの根に寄生して姿を見せるようになります、最初はオスとして現れますが、成長してやがて帽子を脱ぐようにメス個体に変身します。さらに成長しツボの蓋が取れるように上部が剥がれ落ち、中に密があふれ出るようになります。その蜜を求めて、様々な昆虫類などがやってきますが、スジブトヒラタクワガタがこの蜜をなめるのは初めて観ました。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きゅうや、ひかんまらいい天気だりょうたが。なありうんち近さん風衝林ぬしゃーじ、スジブトヒラタクワガタぬインガムンぬ、ヤッコウソウぬ蜜ばなむぃとぅりょうたんちよ。ヤッコウソウ11月ごろ、シイギィんきゃぬにぃぐりじ、くっかてぃいじてぃきょっと、初むぃやインガムンとぅし、いじてぃきょんじゃが、やがてぃ帽子ばとぅりゅんにし、ウナグムンちなりょんじゃがな。うっからまたほでぇてぃ、かむぃぬ蓋ばとぅりゅんにし、うーぬ剥がれぃうてぃてぃ、中じ密ぬこぼれぃんにし、いっじてぃきょっと。うん蜜ばぬもっち、あれぃくれぃぬ虫んきゃぬきょんじゃが、スジブトヒラタクワガタぬ、くん蜜ばなむぅんどろや初むぃてぃにょうたっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森の湿ったところで見られる  ホソバイワガネソウ

2016-12-06 10:01:54 | 植物




朝から雨模様です。森の中に続く林道の湿った場所で、ホソバイワガネソウの群落がありました。林道脇から少し垂れ下がるようにして生えていたのですが、傍にはオオイワヒトデなど少し似たようなシダも生えていました。ホソバイワガネソウは、イワガネソウに似ているものの、小型で小羽片の幅が狭い奄美大島の固有種で、本州や沖縄にも分布していません。ちなみに本種とよく似たイワガネソウは本州から屋久島ま分布していますが、奄美大島には分布せず、沖縄本島には分布しているようです。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
比かなまら、あむぃ模様だりょっと。山ぬ中ぬほっちいきゅん林道ぬじめじめしゅんどろじ、ホソバイワガネソウぬまぐんしゅりょうたっと。林道ぶちらなあり垂れ下がりゅんにし、むぇえとうたんじゃが、傍にはオオイワヒトデんきゃ、なあり似しゅんにししゅんシダだかむぇーとぅりょうたっと。ホソバイワガネソウや、イワガネソウとぅ似しゅんじゃが、いなしゅてぃ小羽片ぬ幅ぬいばっさしゅん奄美大島じしかねんしじょあてぃ、本州んきゃ沖縄じもにゃあらんど。がしゅんじゃが、くっとぅむる似しゅんイワガネソウや、本州ら屋久島がれぃあんじゃが、奄美大島にやねんてぃ、沖縄本島じやあんちゅか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【事務所への訪問者46】夜に道路を横断  モクズガニ

2016-12-05 18:34:22 | その他の生物




一昨夜のことですが、午後7時過ぎ仕事を終えて車に乗って帰ろうとしたところ、事務所前の道路に何やら黒っぽいものが動いています。よく観ると、大きなモクズガニでした。考えてみれば、事務所のすぐ近くには川があるので、その川の上流から産卵のため海へ向かう途中なのか、あるいは海で産卵した後に再び上流側へ帰る途中なのかもしれません。かつて町の中を流れる新川沿いの道路でも、モクズガニを見かけたことがあります。せっかく出会ったので、車に轢かれないように道路脇へ移動させました。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きぬうってぃぬゆるぬくとぅありょんば、7時過ぎ仕事ば終らし車ちぬてぃ帰ろっちしゃとぅ、事務所ぬむぇーぬ道じ、ぬーがぬくるべぶっとぅしゅんむんぬ、どげとぅりょうたが。ゆんまにしゃとぅ、だいばんマーガンだりょうた。考げぇてぃにいば、事務所ぬすぐ近さじやこらぬありょんかな、うんこらぬうーら卵ば産むゅんたむぇ、うんち向かゆんどろあたんか、うんじ卵ば産でぃ帰りゅんどろかもわかりょうらん。まえ町ぬ中ば流れぃとぅん新川ぶちぬ道じだか、マーガンばにしゃんくぅとぅぬありょっと。せっかくおおたんかな、車ちくゎあさらんにし、道んぶちち移しょうたっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬留林道ウォーキング観察会  アマミクサアジサイなど

2016-12-04 18:34:30 | 植物






心配された雨もほとんど降らず、朝から気温20度を超えた暖かい天気のもと、12月定例「瀬留林道ウォーキング観察会」を行いました。たくさんのシダ類などに囲まれた林道脇には、多くの花や実を付けた植物が観られました。その一部ですが、写真2番目からアリモリソウ、リュウキュウヌスビトハギ、フカノキの花などです。





さらに歩いて行くと、オオバボンテンカ、チョウのクロマダラソテツシジミなどもいて、出発から約3kmほど歩いた所で、林道脇に流れ落ちる大きな滝にぶつかりました。そこには長く垂れさがったアマチャヅルや、アマミクサアジサイ(写真3枚目)の実などもみられました。

5年前の今日  10年前の今日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐ奄美滞在3年  コウノトリ

2016-12-03 19:33:10 | 鳥類



曇り空から雨が降りそうですが、何とか持ちこたえた一日でした。ガイド中に、以前よく来ていた湿地に、たまたまコウノトリがいて、すぐ近くで観ることができました。前回観てから約1か月ぶりです。奄美へは2013年12月10日に初めて渡来してきたので、もうかれこれ奄美滞在3年になります。これは兵庫県の「コウノトリの里」から渡来してきた個体としても、同じ地域にこれだけ長く滞在するのは珍しいことでしょう。来年はメスの個体が渡来してきて、めでたく・・・といきたいところですね。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた) 
後ほど掲載します、すみょうらん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真っ赤に色づいた実  オオシイバモチ

2016-12-02 19:42:35 | 植物




昨日の雨が嘘のように、朝から天気が回復し、気温18度と結構暖かでした。ここ市理原(いちりばる)の森では、先月中旬ごろから次第に色づき始めたオオシイバモチの実が、真っ赤に熟して美しい。この同じ木は3月に雌花を咲かせ、次第に子房が膨らみ青い実がつきました。その後半年以上かけて実が次第に成熟してきて、真っ赤な美しい実となりました。実は、それほどたくさん付いているわけでもなく、クロガネモチの実よりは大きく、モチノキの実よりは少し小さいようです。この色からして、鳥に食べられて種子が拡がるのでしょうか、今後も観ていきたいと思います。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きぬぬあむぃや、すぃろあたんにし、ひかんまら天気ぬいちゃなてぃ、気温18度ちてーげ温さりょうたっと。くま市理原(いちりばる)ぬ山じや、むぇーぬ月ぬ中ごろら、だんだん色ぬちき始むぃたんオオシイバモチぬ実ぬ、真っ赤熟でぃきょらっさりょっと。くん同じきぃや、3月ウウナグ花ば咲かし、だんだん子房ぬ膨れぃてぃっち、おおさん実ぬつきょうたが。うんあと半とぅしあまり実ぬだんだん熟でぃっち、真っ赤しきょらっさん実なりょうたっと。実や、うがしがれぃいっぱい付ちゅんやあなんてぃ、クロガネモチぬ実んまふうさし、ヤマムチギィぬ実んまや、なありくゎいなさんにししゅりょっか。くん色らし、トゥリにかまってぃ種ぬひるがりゅんか、なまらだか、にしいこうち思とぅりょっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【新川シリーズ67】久しぶりに新顔登場  クサシギ

2016-12-01 18:26:08 | 鳥類




今日から12月ですね。あと1か月で今年も終わり、早いものです。朝から雨模様の天気です。名瀬の街を流れる新川に新顔登場です。似ている同士とはいえ、これまで記録のなかったクサシギ1羽が、常連のイソシギと一緒に採餌していました(写真2枚目)。両種は色合いは似ていても、一緒にいると大きさが結構違うことが判ります。クサシギは、これまで秋名などのような水田などのある湿地で、10羽程度が越冬していましたが、最近は大川などの河川などでも、その姿を見るようになってきました。この新川でも、これから越冬個体が棲みつくのかも知れません。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
きゅうら12ぐゎちだりょうりや。あと1か月し、くぅとぅしも終わり、ふぇっさんむんだろようりや、ふぇっさんむんじゃや。ひかんまらあむぃ模様ぬ天気だりょうた。名瀬ぬ街ば流れぃとん新川じ新顔登場だりょっと。似しゅんむん同士ちやいしんも、なまがれぃ記録ぬねんたんクサシギぬちいち、いちんけんうんイソシギとぅまあじん、かみむんとぅむぃかたしゅりょうたっと(写真2枚目)。たあちぬしじょや似しゅんてぃんも、まあじんうれぃば、ふううさぬいころ違ゆんち判りょっか。クサシギや、なまがれぃ秋名んきゃにし田ぬああんどろじ、とぅうべり冬ば暮らしゅたんじゃが、近頃や大川んきゃぬこらんきゃじだか、うんどろぬにゃあれぃんにしなてぃきょうたが。くん新川じも、なまら冬暮らしゅんむんだか、うんにしなりゅんかもど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奄美大島で初めての確認  オオハクチョウ

2016-11-30 19:47:17 | 鳥類




朝からいい天気でした。とある川の河口付近でオオハクチョウ(幼鳥)を観ました。オオハクチョウの個人的な記憶では、徳之島に渡来記録があったと思いますが、奄美大島に飛来した記録は初めてではないかと思います。かつて、1987年に笠利町の海でコハクチョウを観たことがありますし、2009年には、加計呂麻島の田んぼに渡来したコハクチョウ(幼鳥)の記録もありますが、オオハクチョウは珍しい。川を泳いだり、周辺の草や穂をついばんでいました。ゆっくりと休んでいってほしいと思います。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
ひかんまらいい天気だりょうた。だーがぬぬこらぬしゃーぼてぇじオオハクチョウ(幼鳥)ばにょうたっと。オオハクチョウぬわんとぅしぬおぶぇとぅんや、徳之島ち渡てぃちゃんことぅやあたんち思ゆんじゃが、わきゃ島(奄美大島)ち渡てぃちゃんや初むぃてぃやあなんかいち思ゆっと。むかし、1987年笠利町ぬうんじコハクチョウば、にしゃんくとぅぬあてぃ、2009年にや、加計呂麻島ぬ田ち渡てぃちゃんコハクチョウ(幼鳥)だかうたんじゃが、オオハクチョウやむじらさりょっと。こらばおおじゃり、うんぼてぇぬ草んきゃ穂ばかどぅりょうたが。よおりよおり休もてぃいじ、ほしゃんむんだりょっと。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

林道脇に現れた  オシドリ

2016-11-29 18:43:09 | 鳥類





まだ夜の明けやらぬ湯湾岳、その麓に流れる湯湾川の傍の林道を走っていて、林道脇のシダの下で何かが動いていました。何と、オシドリ4羽でした。車のライトに戸惑っている様子で、オス2羽メス2羽です。オシドリと言えば、通常は川の周辺や貯水池などでたまににることはあるのですが、こういう林道脇で見るのは初めてです。オシドリは、奄美で繁殖していることは確認しているものの、渡ってくる個体がいるかどうかは未確認です。この個体が湯湾川周辺で棲みついている個体なのか、あるいは北方から渡ってきた個体なのかは不明ですが、少なくても冬季は湯湾川周辺で過ごすのでしょう。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
まだゆぬふぇらん湯湾岳、うんしゃーち流れぃとぅんる湯湾川ぬぶちぬ林道ば走ちゅてぃ、林道ぶちぬぶすぃぬしゃーじ、ぬーがぬどげとぅんにししゅりょうたが。あげぇ、オシドリゆうちだりょうた。車ぬライトし、きゃっししろかいちしゅたんや、インガドゥリたあちウナグドゥリたあちだりょうた。オシドリち言いば、普通やこらんきゃ池きゃじ、まれぃまれぃにゅんくとぅや、ありょんじゃが、かしゅん林道ぶちじにゅんや初むぃてぃだりょっと。オシドリや、島じくゎあほでししゅんくとぅや、にしゃんくぅとぅぬありょんじゃが、渡てぃきゅんむんぬうんかきゃしかや、わかりょうらんど。くぅんむんぬ湯湾川ぼてぇじ暮しゅんむんか、うっとぅ違てぃ、にし方ら渡てっちゃんむんかや判らんば、てーげ冬ぬええだや湯湾川ぼてぇじ暮しゅんだろや。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目もキラキラ輝いていた  ウバタマムシ(亜種アオウバタマムシ)

2016-11-28 16:58:41 | 昆虫





今度の日曜日に予定している「瀬留林道ウォーキング観察会」の下見に行ってきました。林道を歩いていると、ハスノハカズラの葉の上にウバタマムシがじっとしていることに気づきました。近づいてみると、奄美以南に生息するウバタマムシの亜種アオウバタマムシでした。逃げそうもないので、近くから撮影してみると、自分の体が映っているのか眼も黄金色に輝いて見えます(写真3枚目)。ちょっと失礼してつまんでひっくり返してみると、腹部先端が少しえぐれていた(写真4枚目)ので、オスの個体だと思われます。この時期みられるということは、成虫越冬することがあるのかが気になります。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
今度ぬ日曜日予定しゅん「瀬留林道ウォーキング観察会」ぬ下見が行きょうたっと。林道ば歩っちゅたっとぅ、ハスノハカズラぬ葉ぬうーじウバタマムシぬよおりくゎしゅんば、にっきりょうたっと。近ゆてぃにしゃとぅ、わきゃ島らふぇ方じうんウバタマムシぬ亜種アオウバタマムシだりょうた。にぎしゃげさねんかな、近さら写真ば写しゃっとぅ、どぅうぬ映とぅんからがぬ、むぃだか金色ち、ひきゃとぅりょうたっと(写真3枚目)。なありっくゎわっさんば、ちかでぃまりはっかしゃとぅ、わたぬ先ぬなありひくどぅたん(写真4枚目)かな、インガぬ虫だりょっち思わったと。くん時期にゃあれぃんちいゅんくとぅや、ふっちゅ虫ぬまま冬ば暮らしゅんがぬ、きゃっしかいち思いかただりょっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早くも秋に渡来  ヒシクイ

2016-11-27 18:26:10 | 鳥類




朝から雨が降り続きました。昨年は2月に、今年は3月に渡来してきて、約1か月ぐらい滞在していたヒシクイ(亜種オオヒシクイ)が、なぜかこの秋の渡りで同じ場所にやってきていました。同じ個体だと思われますが、これまで4羽で来ていたのに、今回は2羽のみです。もしかしたら、遅れてやってくるのかもしれません。周りにある草の穂などをついばんでいました。このまま来年の春まで滞在するのでしょうか、見守っていきたいと思います。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
ひかんまら、あむぃぬ降り続きょうたが。くずぃや2月くとぅしや3月渡てぃっち、てーげ1か月べりうたんヒシクイ(亜種オオヒシクイ)ぬ、ぬががぬくん秋ぬ渡りし同じどろち、しちゅりょうたっと。同じむんち思われぃんじゃが、なまがれぃゆうちしちゅたんじゃが、今くゎいや、たあちだけだりょっと。やたちっしれぃば、遅れぃてぃきゅんかも、わからんど。うんぼてぇなあん草ぬ穂きゃば、かどぅりょうたっか。くんままやねぬ春がれぃうんかい、見守てぃいこうち思とぅりょっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今季初めて確認  ミヤマホオジロ

2016-11-26 18:15:05 | 鳥類




早朝は気温14度まで下がり寒い朝でしたが、お昼近くなって25度と10度以上も上がって、結構暖かな日に変わりました。今朝はシロハラも渡来しているのを確認し、いよいよ冬鳥も大半の種が奄美へやってきています。ガイド中に、林道脇のススキの中に逃げ込んだ小鳥数羽がいて、しばらく待っていると次々に道路脇に降りてきて、餌を探し始めました。ミヤマホオジロでした。8羽の群れで、雌雄それぞれ4羽ずつで、雄は眉斑の黄色が鮮やか(写真2枚目)で、メスは少し薄い色(写真3枚目)をしています。奄美でゆっくりと冬を過ごしていってほしいと思います。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
ひかまふぇっさや気温14度がれぃ下がてぃ、ひぐるさんひかんまだりょうたんば、ひんま近さなてぃ25度ち10度あまりも上がてぃ、てーげ温いさん日ち変わりょうたっと。きゅうひかんまやタートゥリだか渡てぃっちゅてぃ、なぁ冬ドゥリだか、おおかたぬしじょぬ島ちしちゅりょっと。ちゅば案内しゅんとぅき、林道ぶちぬガヤぬ中ち、にぎぃくぅだん、いなさんトゥリくゎんぬいくちかうてぃ、いっとぅき待っちゅたっとぅ、ちぎちぎ道ぶちちうれぃてっち、かみむんばとぅむぃ始むぇりょうたっと。ミヤマホオジロだりょうた。やあちぬまぐんあてぃ、ウナグインガゆうちぢちありょうてぃ、インガドゥリや眉ぬ黄色ぬきょらっさ(写真2枚目)あてぃ、ウナグドゥリやなあり薄かん色(写真3枚目)しゅりょっと。島じよおりよおり冬ば暮らし、いじほしゃんむんだりょっと。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7年ぶりに観ることができた  リンドウ

2016-11-25 19:11:21 | 植物




朝から厚い雲が覆った空が続いていましたが、昼前からは時々晴れ間も見えました。早朝は気温16度で昼でも20度止まり、結構寒さを感じる一日でした。一週間ほど前に、偶然に出会ったリンドウ(写真1枚目)。今日観に行ったものの、まだつぼみのままでした。以前観たことのある場所を思い出し、寄ってみました。探したところ、やはり何とか残っていて、花が咲いていました(写真2,3枚目)。7年ぶりのご対面に少し感動しました。このリンドウが在来種かどうかは分かりませんが、数は少ないようです。

5年前の今日  10年前の今日

【島口バージョン】(キシゆむた)
ひかんまらあちさん雲ぬが覆たんてぃんぬ続しゅりょうたんじゃが、ひんまむぇーらや、とぅきどぅき晴れ間だかにゃあたっと。ひかんまふぇっさや気温16度あてぃ、ひんまも20度どぅまりあてぃ、てーげひぐるさん一日だりょうた。一週間ほどむぇー、ばっくらしおおたんリンドウ(写真1枚目)。きゅう、にがいじゃんじゃが、まだつぼみぬままだりょうたっと。前にしゃんくとぅぬあんどろば思むぇじゃし、寄てぃにょうたっと。とぅむぃたっとぅ、やっぱしやっとかし残とぅてぃ、花ぬ咲しゅりょうたっか(写真2,3枚目)。7年ぶりおおてぃ、なありほおらしゃりょうたっと。くんリンドウや、むぅとぅむぅとあたんむんかや分かりょうらんば、いきらさりょんにしや、しゅりょっと。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加