元・井上教室

人生五十年、
だいぶ過ぎちゃった

世界一

2017-05-17 10:33:23 | 日記
ずうっと一緒に暮らしていますと、面倒を見ない私ですら
「こいつにはこいつの世界があるんだ」と
実感させられます。

私とは絶対に分かりあえない世界です。

こちらから「通じないのか」もあり
あちらも「とかく人間ってヤツは」

誤解の塊同士だろうなと思います。


猫にはなさそうなもの・・論理
言語を持たないのでこれはない。

ただしそれに近い物は存在していそうです。

因果関係の推測ですとか
近未来の予測

言語が無いのに、あんな小さな脳なのに。

けれども、だからこそヒトと住めるのだと
思います。
たとえ誤解ばかりだとしてもね。

「ねー」
「あ、何ですか、また」

「あなた今仕合せですか」
「n ヒマなやつ」

「だから仕合せだろ」
「世界で一番だよ」

「世界で一番どうなの」
「分かんね」

「仕合せなのか、不幸せなのか」
「分かんね、って」

「そりゃそうだな、仕合せ」
「しつこいね、あんたも」
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑い?寒い? | トップ | 人と同じ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。