元・井上教室

人生五十年、
だいぶ過ぎちゃった

幼いころ

2017-01-30 20:44:54 | 日記
生まれたころから虚弱。
腕の力がありませんでした。

(四つん這い)になっても十分に歩けません。
腕がふにゃっと曲がって頭が畳みに。

急ぐときはお尻の方向へ進みます。


二足で立ち上がることも時間がかかりました。

よちよちと小走りながら立ち上がったことは
鮮明に覚えています。
なぜか手はバンザイをして

立ち上がれないので、とととっと走った・・


2歳年下の弟ができ、母を一人占めにしてた時期が
あります。
僕も、と近づいたらピシリと言われちゃった。

「あんたはもうだめ、いくつになったの」


祖父母の家で二階というものに惹かれ
急な階段を上がりかけました。

階段の途中で仰向けにひっくりかえり頭を強打、
気絶してしまいました。
打ちどころが悪ければ死んでたかも。

以来、気絶をするような危険なことは
自分に禁止令を出しています。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾道の美味 | トップ | 百閒『ノラや』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事