元・井上教室

人生五十年、
だいぶ過ぎちゃった

なぜ水面下?

2017-03-21 09:43:38 | 日記
東京都と東京ガスの間の交渉が水面下であったこと
政治家、役人はまるで良かったこととばかりに
上から目線を続けています。

一般的に、隠す必要がある交渉ごとに
ロクなものはありません。

水面下のことは存在の有無自体が水面下である
べきであって、威張ってみせるものではありません。

都もガスも一般市民に支えられているのでは
ありませんか。
都民、国民に説明責任があります。


今回の交渉事で、良かった悪かったと判定は
できません。
情報が少なすぎるから。

ただ巷間で悪徳政治家や小役人がやることの
イメージにはぴったりの状況だったようです。

「私にも責任はある、申し訳ない」

偉い方はそれで十分と思うのでしょうかね。

責任をどうとるのか、そこが明確にされないと
口先だけのことになってしまいます。


そんな政治家を熱狂的に支持していた人々も
大きな責任があります。

週に数日しか仕事場に来ないんでしょ。
仕事の中身が分かる訳が無い、と
私は思うのですが。

判子を押して「私にも責任はある」と
(威張って謝る)
これで終わるのでしょう。

駄目な国だ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャックベリー死去 | トップ | 賀茂鶴穴子重 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。