Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の危機を伝えます。気分転換は山の話題。

試験湛水開始から半年~五ヶ山ダム

2017-04-25 21:59:09 | 五ヶ山ダム

五ヶ山ダムの試験湛水がはじまって半年が過ぎ、ついにダムの運用開始まで1年を切った。ダム湖の様子もさることながら、五ヶ山周辺の公園整備の状況も気になっていたので、1ヵ月半ぶりに五ヶ山へ向かった。

那珂川町が五ヶ山ダムを観光化するため、ダム周辺で整備を進めている2つの公園(桑河内ふれあい公園とダムサイト記念公園)は、まだどちらも着工されていなかった。オートキャンプ場となる桑河内ふれあい公園には、”せせらぎ水路”だけができていた。物販やカフェなどが入る予定のダムサイト記念公園は、まだ造成中だった。ちなみに、公園の完成はダム運用開始と同じ2018年4月となっている。

一方、ダムサイトでは選択取水設備のコンクリートカバー工事がすでに終わっていた。これでダム本体の工事は全て終わったことになる。ダム湖のほうに目をやると濁った水が並々と佇んでいた。水は前回の視察時に比べずいぶん増えていた。定点観測をされていた現場の方に話を聞くと、先週の大雨で水位は一気に3m上昇したとのことだった。運用開始まで1年、ここまで貯まっていればもう余裕だろうか。

福岡県が環境保護のために整備していたビオトープは、ほぼ完成していた。那珂川町は、これらのビオトープと下流の南畑ダム沿いにある”グリーンピアなかがわ”とを連携させて観光スポットにするという。それにしても、この場所でビオトープがどれほどの効果があるのだろう。ダム周辺の山は新緑が芽吹き、難を逃れたところに小さな花が咲いていた。自然は自らの力で回復してゆくものと言わんばかりに。

 

撮影日:2017.4.24

桑河内ふれあい公園(仮称) せせらぎの水路(写真左)

 

 

 

 

 

選択取水設備(写真中央)立派な建物

 

 

こちらは昨年11月  

 

 

 

 濁ったダム湖  管理棟(写真右)横にダムサイト記念公園(仮称)ができる

 

 

こちらは今年1月  

 

 

 

新倉谷線そばのビオトープ 今は近くまで行くことができない

 

 

 

 

 

ダム湖とビオトープ   

 

 

 

 

 

 

ビオトープ完成

 

 

 

 

 

 

ビオトープの水はこの沢(写真中央)から取り込んでいるが、このあたりで土砂崩れが起きている

 

 

 

 

 

 

 定点観測

 

 

 こちらは今年1月

 

 

 

 

とうとうここまで、、

 

 

 

 

 

上写真と同じ場所(昨年7月24日撮影)

 

 

 

 

 

 

ダム湖のそばでひっそりと タチツボスミレかな

 

 

 

《関連記事》

五ケ山ダム:2公園整備 那珂川町、観光スポットへ オートキャンプ場、物販やカフェ施設 来春完成目指す(毎日新聞 2017.2.10)

 

《関連資料》

那珂川町HP。五ヶ山ダム水源地域公園等整備計画検討委員会(2017.4.1更新) 

 

 

『福岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月7日「福岡市議会改革 市... | トップ | 「小川内の杉」移植から1年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。