ゆっくりあっちゃんの毎日 

今は、時間的ブルジョワを楽しむ日々。いろいろなことに興味を持ち実践する毎日。

湖岸のアート 新旭

2016-12-20 17:32:52 | 近江のかくれ里めぐり
冬の厳しい寒さが通り過ぎた12月の下旬のある日、小春日和ということで散歩に出かけた。
空は寒さをアピールしたいのか、冷たそうなクリアブルー。
稲刈りを終えた田んぼは、冬の色である枯れ葉色。そんな中、最近、各地で目にするソーラー発電のパネルが設置されている。自然大好き人間には、何とも味気ない風景なのだが・・・・。


それでも、アオサギをつがいで見つけた(#^.^#) 近づくと仲良く飛んで行ってしまったが。

葦の群生しているところに雁の仲間が日向ぼっこしているかのように浮かんでいる。のどかだ。
ここから湖岸の方へ歩いて行った。 



びわこ部北部の菅浦で見つけた湖の辺の道は、ここでは一部、木道になっており枯れ葉枯れ木の中を歩く。びわこは空の青さに映えて美しく青く輝いている。琵琶湖に飛来する野鳥の説明看板等もある。





今年も来ていた! 白鳥が! コハクチョウが3羽。遠く北から飛んできてホッとしてくつろいでいるのだろうか。嬉しい気分なる。


湖上を見渡すと、雁の群れがいた。琵琶湖の風物詩。新旭から今津の方に向かっていくと、野鳥の観察館もある。

木道から外れて琵琶湖の水際を歩く。水は透明で美しい。葉を落とした木々の姿に目を奪われた。色のない水墨画のような世界。誰も入ってこない静けさ。時間が一時止まる感じだ。


マキノのメタセコイアが人気があるがここもきれいだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近江富士 三上山登山 | トップ | 2016 Sweden トレッキング P... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。