ゆっくりあっちゃんの毎日 

今は、時間的ブルジョワを楽しむ日々。いろいろなことに興味を持ち実践する毎日。

観音正寺に行きました。(^_-)-☆

2016-10-13 21:01:17 | 近江のかくれ里めぐり
10月11日西国三十二番札所 観音正寺
遠くニュージーランドからの家族同然のLynさんを案内した。国道8号線、「西老蘇の森」信号を左に曲がる。あとは繖山(きぬがさざん)に向かって進むだけ。このお寺は山の上にあるのだから。まもなくゲートがあって、通行料兼駐車場代を払う(親切な年配の男性二人)。景色がよく見えるようになったころ駐車場に着く。

さあ、ここから400段!
 
木々や竹林の間のヒンヤリとした空気。1400年前の人はこの石の坂をどのような気持ちで登っただろうなんて考えながら登る。階段の一歩一歩は結構高く、きつい登り坂だったが日頃のジム通いのおかげ(?)を感じた。(^^♪ もちろん翌日以後の筋肉痛もなかった。(#^.^#)

私たちを最初に迎えてくれたのは、仁王像のお二人。この日は幸いにして遍導ご住職がおられて案内していただく。
 
観音正寺は、1400年前聖徳太子によって開創されたとか。平成5年、本堂を焼失。現在あるのは、平成16年に再建されたもの。新たなご本尊は、インドより特別に輸入した白檀で作られている。この時の苦労努力を住職からお聞きしていた、ご本尊の千手千眼観世音菩薩坐像。2年程前より荘厳さが増しているように感じられた。聞いてみると、3日ごとに磨かれているということだった。また近くで菩薩像を見ていると美しい寄せ木作りであることがわかった。慈悲深い優しいお顔にうっとりした。
 
境内からは、四季折々の蒲生野の自然が広がり満喫することが出来る。蒲生野とは、額田王の相聞歌で知られる。
 
近江のかくれ里巡り、廻ればめぐるほど、またすぐ訪れたくなる気持ちをどう説明すればいいのだろう・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹生島に行きました。(^_-)-☆ | トップ | 芭蕉が二度訪れた堅田に行き... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝 (岡村遍導)
2016-10-13 23:00:26
ようこそご来山いただきました。
山の上の寺で何のおかまいもできずお許し下さいm(__)m
またご参拝下さい^ ^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。