果して終わるか

2016-09-19 15:56:34 | 塾あれこれ
片付きませんね←また、その話。

負担が小さいようにとも思い、ちびちびと片付けて
います。
それにしても終わりが見えません。

片付ける能力がよほどないのでしょうか。


書類1枚でも、保護者の方の考えや思いが
伝わってきます。
機械的に処理できません。

たまには(受験で高望みしすぎだろ)というのも
見つかりますが。
おおむね、子供をしっかりと把握しておられます。

で、御希望にそうべく頑張るのですが、ペーパーテストの
数字を目先で上げるだけなら簡単です。
「やりかたをマル暗記」

それをやると将来に不安が残る生徒も多いのです。
そのときに責任がとれませんから気安い手は
使うべきではありません。

* 勉強の姿勢づくり
* 論理的思考の鍛錬
* 本当に必要な知識の習得

・・こういったものを踏まえて道を探します。

塾でやることは日々の勉強だけではないと考えます。


そのことと保護者の方の思いとが合致すれば
良いのですが、お考えが違う方もおられます。

「塾での勉強が評価できない」と仰る方も
大勢!おられました。

仕方がありません。
こちらはタダのオッサンですから不器用ですし。


「国語を強くしてくれ」というご希望が
対応するに難しいものでした。
力を伸ばすのに時間が掛かります。

目に見えて伸びる、ってのはありません。

国語は大きく言って、
①論理
②感性
③伝達
これらの能力に分けられます。

難しいけれど論理の力は比較的教え易いですね。
とはいえ、そこで躓いていた子も多い筈。
学校と同じアプローチは効果が望めません。

算数、数学が論理を鍛えてくれます。
「国語」では基礎が付きにくい。

「国語も頼んでるのにやってくれない」
こんな保護者の方もおられたに違いありません。

ましてや小学生で「国語を算数で伸ばす」って
理解してくれそうもないですよね。

時間が経っても点数はあがらないし。

国語のテストってインチキが多いですよね。
他の教科と対等な実力測定が難しいのです。

困ったものですね。

・・私はもう塾を辞めたので、関係がない話です・・
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 雨の9月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

塾あれこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。