ドリンク剤

2016-11-08 09:44:23 | 塾あれこれ
欧州でドリンクのリスクがニュースになっているそうです。

それで思い出しました。
個人的な話ですから、ドリンク剤の悪口では
ありませんので。

塾に勤めていた頃、年を経るに従って体力が仕事に
追いつかない状況。
特に夏期講習がつらかったですね。

人一倍体力がない人間でしたから。

ある時、元気が出るというドリンクを飲んでみました。
もうあと数日頑張れば、夏期終了なのにバテてた。

「○○皇帝」みたいなの。
安くても一本千円近くしましたね。

もっと高いのもあったけれど。

効きましたね。

乗りきれちゃった。

けれど翌年にはあと一週間くらいで飲み始め
また次はそれが毎日、
ついで盆明けから毎日。

こっちが効くぞ、なんて違う種類のも飲みました。
依存度が高くなるのですね。

出費を気にするどころではなかったのです。
千円で一日が乗り越えられるのです。


シンドイ時は晩酌も手が出ませんでした。


秋口になるとドリンクは飲みませんが、
反動からでしょうか
体調がひどく悪いのです。

冬近くまでグズグズしていました。

結構多くの塾講師がそうではなかったか、
体力がすごい人もおられましたがね。

塾を辞めるまで続きました。

無理をしてた、ということでしょうね。

自己管理が弱かった=プロではなかったのでしょう。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私は半年通った | トップ | 博多駅前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

塾あれこれ」カテゴリの最新記事