猫だって夢を見る

2016-12-10 10:37:20 | 塾あれこれ
丸まって熟睡中の猫の耳元で小さな声で
「カラちゃん」
よく眠っているようです。

再び「カラちゃん」
しつこく三度「カラちゃん」

突然!顔をあげて「ふぎゃお」
(五月蠅いな、何べんも)でしょうね。

じゃ、お前は嘘寝なんだな。


もちろんネコは眠っているのも普通で
よく夢も見ているようです。

口をむにゃむにゃさせて・・何か食べてます。

別のある時は「うー、」と怒っています。
寝言ですね。

飛び起きて寝ぼけていることもあり、
こちらの世界と夢の中と二重に生きています。

我々人間と同じですね。

夢を見ながら現実把握もしているようです。
いま自分の空間にだれがいるか、など


約二十年前、獣医の意見もあり、家から出さないで
飼うと、決めました。

それまでは猫の自由を奪うようで乗り気でなかった
のですが、現代の日本では家飼いが逆に安全。

そうすると猫の全時間を見ることができます。

如何に飼い主を見ているかも。

猫同士でも干渉しあいません。
お前はお前、俺は俺。

猫と人間もそう。
特別に見方を変えているわけではないようです。
あくまでも『対等』


いま、こんな飼い方で猫のことを理解する人が増えて
いるのではないでしょうか。

猫ブーム、はただの流行だけではありません。

昔流行った「なめ猫」は着せ替え人形でしたが
今のブームは感情をもつ生き物・仲間としての
みなしが強いようです。

表情が「こんなに」というくらい豊かですね。
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落語は話す | トップ | カルテは誰の物? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

塾あれこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。