BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

日本が普通に好き。 右も左も興味ない是々非々主義です。

人権蹂躙「子供を産むな」発言は、いったい誰? 《転載自由》

2015-10-08 | 天皇皇后両陛下

1984年。

ベルギー王室に伴われたのは、ホヘラさんでも、この子にと決められていたのでしょう。婦唱夫随で。

箔付けに、オックスフォードに留学させるにあたって幾ら寄付金を積まれたのでしょうね。どこの金庫からの拠出であったのか。まさか外務省の機密費?

皇太子溺愛が、どこから来るのか解りませんが皇太子を見つめる時の、皇后のとろけるような眼差し。

親子にも相性の良し悪しはありますが、ここは極端。

 

水俣加害者側の血を引く家から嫁を貰うことになった1993年1月の画像。↑
秋篠宮殿下は、視線を外して「・・・・・・・」。母親の関心が兄に集中しているのは慣れっこだし。紀子様は、嫁の立場だし無難に微笑むしかなし。

溺愛・・・・・・

皆の視線が、礼宮親王殿下に集中している中、美智子様だけ「わたくしのナルちゃん」を見つめています。

 

 

欧州3ヶ国とは名ばかりの、実はローマ法王に会いに出かけた旅行から帰って来て、

アーヤも、サーヤも眼中に無し。ひたすら、わたくしのナルちゃん。

アーヤもサーヤも慣れていて、違う方向見て「・・・・・・」

 

 ここでも。アーヤとサーヤは圏外。

 

ここでも。

 

 

子育て失敗~ でも、バカな子ほど可愛いー。失敗も認めたくない意地っ張りなわたくしだしー。

 

 

 

香淳皇后に「立派な天皇になるようお育てなさい」と言われ、口答えしたと伝えられていますが、上記が反抗の言葉?おかげで我が家の幸せばかりを追求する男に育ちました。「国民の幸せを願える子を育てたい」が正解ですね。

実はヒステリー性格。

ご慈愛仮面がはがされるとき ~皇后もう一つのお顔~  《転載可》

自己演出の達人、美智子皇后 《転載可》

宝島30 1993/8 皇室の危機「菊のカーテン」の内側からの証言 大内糺 より引用 

皇后陛下のご気性に激しい側面がおありのためである。
(略)癇症な面もお持ちで、御所の中では時折、甲高いお声を・・・・。
女嬬というお側のお世話係の女性が仕事を失敗したりすると、こっぴどくお叱りを受けたりしている。
侍従たちにはもっと手厳しく、お気に召さないことをすると「どうして分かっていただけないの」などとおっしゃって、 延々とお小言を賜る。
つい先日も、ある侍従は一時間も叱られ続けたと言われているのである。

・・・・・・・ここまで

「心因性」(要するにヒス)で倒れること、しばしば。

『天皇家の宿題』 (朝日新書)作岩井 克己著 心因性失声でお倒れになった美智子皇后 を心配する岩井記者にむかって、 主治医が「お倒れになることはこれまでも時々あっ たよ」とあっさり答える。

 

お身内に、皇室にパイプのあった読者さまも証言していらっしゃいますが、「あるとき高松宮妃殿下美智子さま帽子曲がっていると、少し直して差し上げた ところが美智子様は、5分もたたないうちそれを元通りに直してしまったので、高松宮 妃殿下は『もう二度と、何も教えてあげない』と激怒されたんです」

特有の崩したかぶり方をなさるので、いかにもありそうな逸話ですが先輩妃殿下に逆らうというのは相当、性根がキツイ。自分に具申した浜尾さんは絶対に許さず、世話になった浩宮の結婚式にも呼ばず、葬儀にも行かず行かせずの底意地悪さ。秋篠宮殿下は宮内庁退職職員の部で結婚式に呼ばれ、晩年の浜尾さんは その時いただいたボンボニエールを生涯大事に抱きしめていらっしゃいました。

言いなりの皇太子に較べ、心の温かさから浜尾さんを呼んで、自分の意志を貫き義理を果たす秋篠宮殿下が小面憎いのかもしれません。

 

・・・・・ここまで

母親の関心が自分には薄いことを知った子は、こういう表情。
幼年期も青年期も。寂しげな。

 

でも、それで人の悲しみも孤独も解るハートフルな親王になられ、素晴らしい伴侶に恵まれ、子に恵まれ、兄のところへ来た嫁はぐうたら、子供は不作。神域大嫌い。そして、ついに「秋篠宮家の出産禁止命令」という、およそ現代では考えらない人権蹂躙が始まり、その後10年間続いた恐ろしさ。

美貌で家柄よく品格と知性を備えた久邇顕子様を徳仁さんに嫁に迎えることに美智子様は嫉妬なさった可能性があるのかもしれません。だから、家柄落ちて見るからに親子共に下品、地黒の娘のほうを選んだのかもしれません。相手の親にも劣等感を抱きたくなかったでしょうし。柄悪い家の、粗悪な嫁なら安心。ナルちゃんの婚期が遅かったのも、美智子さまがなかなかナルちゃんを手放す気にならなかったせいかもしれません。

顕子さまの父上は戦前まで皇籍にあり後に伊勢神宮の宮司になるお方。顕子様も生粋の神道っ子かも知れず、その点「ゆるい」雅子様のほうが与し易しと見たかも。

久邇顕子さまを排除することで、またここでも皇后陛下は男子一系を断ち切った可能性があります。神々が認める嫁ならば、男子を授けるだろうからです。
おかげで、皇統は悠仁さまへ行き不浄の江頭、血統不明な小和田の血が皇統に入り込まなかったわけですが、これも神の采配だろうに皇后陛下はあくまでも、愛しいナルちゃんの子を天皇にすることに固執。挙句秋篠宮家に出産を控えるよう申し付けた形跡があります。

発端は、この方湯浅利夫元宮内庁長官の発言でした。

 

 

「東宮家に第2子を、しかしプレッシャーをかけてはいけない」
平成15年(2003年)6月10日

その年の暮れ、雅子妃帯状疱疹で公務お休み、2,3週間治療。公務不在への序曲。なんだかこの妃、やる気あるのかなぁ・・・・・と思ったのかどうか、湯浅長官の次の発言。

「皇室の繁栄を考えた場合、東宮に第2子を、秋篠宮家の繁栄を考えた場合、秋篠宮家に3人目のお子さまを強く希望したい」
平成15年(2003年)12月11日

ところが、マスコミでは青字の部分「東宮に第2子を」が抜き取られ、「皇室の繁栄を考えた場合、秋篠宮家に3人目を」と報道されてしまい、ピッキーンと切れたのは、どこのどなたであられたか?

産むなという命令が出たのは、どこからかこの時ではなかったでしょうか。
長官の発言の翌日、雅子妃はまるであてつけのように「来年春頃まで、皇太子妃は公務をお休み、静養」が宮内庁より発表されています。

 

1994年5月12日 紀子妃殿下第二子ご懐妊発表の翌日に、これみよがしの涙目で公務に出てきた雅子妃。これも「雅子妃お気の毒。紀子妃図々しい」という論調を形成しました。義妹のご懐妊の翌日、泣き腫らした目で出てくる慎みの無さのほうが、下品ではないでしょうか。ほぼ三十路結婚なのに「数年間は子供は作らない」宣言をした勘違いなお方。

出産禁止を言い渡したのは皇后ではないとする派の擁護論はこれです。

2000年暮れ、ある側近は皇后さまに「秋篠宮家にも男児を…」と申し上げたら、后さまは「紀子ちゃんがどんなに苦しむか… 佳子ちゃん懐妊の時に遠慮もなく、と言われて、どんなに苦しんだか…」と嘆息しておられた。(文藝春秋2010年9月号)

しかし、苦しんだと言う割にあれだけ自分のことでは闘うマスコミ放置です。お立場なら、紀子ちゃんはわたくしが全力でかばうから、世継ぎを産んでいただきたい、でしょうに?
それに、両陛下が一言釘を刺す発言をおおやけになされば、国民の総意はそちらへ向き、報道も自粛するはず。雅子妃のお遊びオランダの時は「雑音は気にしないで」と国民やマスコミの声を雑音呼ばわりしてかばった皇后が、紀子様には一言もなし。「男児を産んだら、またマスコミがあれこれ書いて紀子ちゃんがかわいそうだから産ませたくないの」要するに→「産ませたくない」。

朝日新聞の岩井記者証言。「東宮様に遠慮していたが「もうそろそろいいよ」とのお許しが有ったので・・」 秋篠宮さまは親しい人にこんな話を漏らしたことが有る。(岩井記者は、侍従長から相談を受けるほど皇室とは親密だった記者です)

主語は不明ですが、皇太子はまず言う立場にないし、やはりここは皇后陛下でしょう。そして皇后に従う天皇陛下。

ちなみに岩井記者は、皇太子隣席の場での君が代斉唱に一人だけ起立せず足を組んでいた不埒記者として、BBブログで批判したことがあります。

君が代に起立を拒む60歳、元朝日新聞記者

だが、カルトめく過剰な尊崇を皇室に抱き「不敬」という言葉で全てをねじ伏せ、自らは盲目であり難聴であることを選ぶ愚かしい保守には書けない正論を書ける記者でもありました。東宮は真っ向批判。

また2001年。皇室の産婦人科担当医を40年務めた坂本正一御用掛が退任。同年2月、お別れの挨拶で御所にて両陛下と長時間語り合った際、

 >別れ際に、「紀子様もそろそろ(限界が)来られている、お考えになったほうがよい」との言葉。

 両陛下が紀子様の懐妊を制限していなければ、坂元医師が「お考えになったほうがよい」と進言はしません。それでも皇后はこの時、高齢出産の紀子妃が男子を生すことは確率としてない、と高をくくっていらしたと思います。だから、もう許してもいいかしら、と。

秩父宮妃か高松宮妃か記録が混線しているのですが、そのいずれかが秋篠宮両殿下に対して「遠慮せず、どんどん産めばいい」とおっしゃったとされています。遠慮しなければならない状況があってこそでしょう。

 

「これ見よがしに妊娠して、雅子さまがお可愛そう」という世論へ持っていったのは誰? 両陛下が男子一系の糸がつながったことに喜びと、紀子様への感謝を述べていれば、少なくともこういう底意地の悪い世論は形成されなかったでしょう。

湯浅長官の発言誤報については、秋篠宮殿下がきちんとかばい、説明していらっしゃいます。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/03/kaiken/kaiken-h16.html

会見年月日:平成16年11月25日:秋篠宮邸

「(略)私が昨年の記者会見で3人目の子供について聞かれ,一昨年の会見でそれについては よく相談しながらと答え,昨年はその前の年の状況と変わらないと答えたということがあって,それを受けての記者から長官へその気持ち,つまり秋篠宮の気持ちに変わりはないかという質問だったと私は解釈しております。

そのことに対して,長官が皇室の繁栄とそれから,これは意外と報道されているところでは抜けているというか,知られていないように思うのですけれども,秋篠宮一家の繁栄を考えた上で3人目を強く希望したい,ということを話しております」

ここで、注目すべきは「一昨年の会見でそれについては よく相談しながら」という言葉で、いったい誰に相談、と考えれば宮中ヒェラルキートップの皇后陛下、ついで兄宮ではないでしょうか。いえ、東宮も女性主導なので正確には雅子様ですね。

それに先立つ2002年平成14年にも秋篠宮殿下は、3人目をとの問いに対して「相談」という言葉を使われています。

 http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/03/kaiken/kaiken-h14.html

(記者)2問目の最後の質問で3人目のお子さまの話を,もし可能であれば。

殿 下 非常に答えづらい事柄ですけれども,確かに子供たちが妹なり弟なりがいて,何かその世話をしてあげたいという気持ちがあるような印象があります。どうですか?(笑い)(妃殿下に)

妃殿下 例えば,自分たちよりも年齢の小さい子供が来ますと,一所懸命年齢に合わせて,どのようなおもちゃで遊ぶと楽しく過ごせるか,外で元気に「ごっこ遊び」をするとよいのではないかといろいろと考え,小さい子供の場合には手を引きながら足元に気をつけて芝の上を歩いていることもあります。むしろ私たちより娘たちのほうがよく考えていろいろな子供たちと接しています。

殿 下 後のことはまた相談をしながらということでしょうか

・・・・・・・・・・・・・・ここまで

健康な夫婦、そして弟か妹を欲しがっている眞子様と佳子様。その思いを踏みにじって「産むな」と言ったのは誰。「答えづらい」「相談しないと」と言わせたのは誰。これこそが、人格否定ではないのですか? どこの誰に、人の出産に立ち入る権利があるというのでしょう。

今、醒めた目で振り返ると悠仁親王のお誕生に関する天皇陛下の感想が、喜びも感激も薄く異様ですらあります。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h18e.html

 平成18年(2006年)『天皇陛下お誕生日に際し』  
「問1 秋篠宮ご夫妻に,皇室にとって41年ぶりの親王となる悠仁様が誕生されました。(略)」

天皇陛下

「十分にお答えができないといけないと思いますので,書いてきたものを読みながらお答えしたいと思います」

BB;人は喜びに溢れている時、言葉は自然に溢れ出ます。紙に書いた言葉を読み上げる? 言質を取られぬため、用意された原稿。おそらく皇后の指示で。


「初めて会った時には立派な新生児だと感じました」。

「最近の悠仁の様子として目に浮かぶのは,私の近くでじっとこちらを見つめているときの顔です」

・・・・・・・・・・・・・・

悠仁さまに関して述べられたのはこの2行だけ。たった、これだけ。後は終始、状況説明と関係者へのおざなりの感謝の言葉です。今更ながら、絶句します。あまりの情の無さに。天皇陛下の背後に、皇后陛下の計算高い冷たいお顔が見えるような。自分に意見した浜尾侍従の徹底無視、出入り禁止、徒歩距離のところで執り行われた葬儀にも行かず、皇太子にも行かせず。自己保身のために皇太后を悪者に仕立て、国民とマスコミを叩いて自分を被害者にするために流産でもないのにいじめによる心因性の流産と嘘を流し、新たな批判を押さえきれなくなったら失声症。

流産という発表の仕方が宮内庁指示であったかもしれませんが、いちいち小さいところまでここは誤り、とメディアに抗議させる皇后は、この「誤報」には口をつぐみ、うまうまと悲劇のヒロインにおなりでした。

41年ぶりの親王誕生ですよ? 男子一系の糸がつながったのですよ? 何か一言ありませんか? 喜びの表明が。皇祖神への感謝のお言葉が。

言うに事欠いて立派な「新生児」!

この時点ですでにもう皇后との間には、愛子様女帝の合意ができていたのですよね。
だから親王誕生は、両陛下には喜びより「困惑」が上回った。

そして、国民もマスコミもそんな両陛下の思いを敏感に反映して、秋篠宮殿下となかんずく紀子様バッシングという、信じられないいじめに走ります。生命の危険さえ冒して産んだ紀子様に対して。

皇太后さまや周辺からのいじめ?自らは出産を禁止という人権を踏みにじることをなさっておいて。

もう高齢だし上2人は女の子、よもや男子は生されまいと、高をくくって(これも酷い)懐妊許可したとたんの神降臨の出産。

さぞかし、天皇と2人額を突き合わせ、今後の対策を練られ、その挙句文書を読み上げるという、冷たい会見になったのでしょう。

悠仁親王殿下のお誕生に際し、記帳台設けられず。雅子妃の祖父、水俣の悪人江頭豊には記帳台。

皇太子の言った「雅子の人格否定」に対しても、秋篠宮殿下は記者の質問を受けて率直に語られています。

 

「少なくとも記者会見という場所において発言する前に,せめて陛下とその内容について話をして,その上での話であるべきではなかったかと思っております。そこのところは私としては残念に思います」

 

「東宮御所での生活の成り立ちに伴う苦労ですね,これは私はどういう意味なのか理解できないところがありまして,前に皇太子殿下本人に尋ねたことがありました。東宮御所の成り立ちに伴う様々な苦労とは,皇太子妃になって,つまり皇室に嫁ぐとふだんの生活においていろいろな人がその周りで働いている,近くで生活している空間においてもいろいろな人が周りにいる,そういう人たちに対する気配りというか,配慮ということであったり,なかなか容易に外出することが難しい,そういうことだそうであります」

要するに「雅子の人格否定」というのは、周りに仕える人々がいて窮屈。外に遊びに行くにも出づらい、とこれだけのことなんですね。なにさまでしょうね。あ、雅子様か。

公務についても、皇太子は新しい公務の形として「国連大使のような仕事」と訳わからないことを語っています。国連の反日要素も心得ず、雅子妃は国連大学に通い、仕込みは小和田恒氏なのですが、困ったことです。与えられた公務もろくに出来ず、遊び歩き食べあるき、ついに依頼も絶えた夫婦が「新しい公務の形」!

秋篠宮殿下はこのように、語られています。

私は公務というものはかなり受け身的なものではないかなと。こういう行事があるから出席してほしいという依頼を受けて,それでこちらもそれが非常に意義のあることであればそれを受けてその務めをする。私自身はそういうふうに考えて今までずっと来ています

 文仁親王同妃両殿下のお写真

 
ご夫婦で会見に臨まれるという、実は当たり前の光景に、安定感を感じます。
東宮のほうは、一人ひとり。いつしか妃は文書での回答という図々しさ。
 
お二人の会見のお言葉も、東宮と雅子妃と格段の差。言葉はきちんと整理され、内容も過不足がありません。対比すると分かりやすいのですが、今回は止めておきます。
 
それにしても、これぞ皇族というお二方に、10年間も出産禁止を言い渡した人がいることが、実に悔やまれます。あと1人2人、男の子がいらしたかもしれないのに。
 
紀子妃が、高齢にさしかかり、可能性が薄くなったところへやっと解禁という、いやらしさ。でも日本の神は、きちんと紀子妃に日嗣の皇子をお授けになりました。
 
出産禁止を言い渡した犯人は誰か。それはこの天皇陛下の言葉に尽きるのではありませんか?
 

「美智子も親王の誕生を大変喜んでおりますが、美智子はやはり皇太子の系譜に皇統を継がせたいと申しているんですよ」
(悠仁親王誕生直後の記事 2006/9/28 週刊新潮)

 

自民党武部幹事長が皇室典範改正法案に関して、「皇室典範改正(直系長子継承)は陛下のご意思だ」と発言(週刊新潮2006/02/09号)

 

 http://www.zassi.net/detail.cgi?gouno=10360

「陛下のご意志」ではなく「女帝のご意志」ですね。

おさぼり雅子さまが国費でオランダ静養旅行に行くときは「雑音は気にしないで行ってらっしゃい」

国民の声は雑音なんですね。

男子ご出産の紀子妃が、貶めの雑音に取り囲まれているときは、知らん顔。

 

 ◆万世一系の否定は皇室否定でございましょう、皇后陛下http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/d84213a2ff40ce9965339b8348deefed
 

昭和天皇が民の防災の守りにと残して置かれた皇居内の森を伐採、映画も上映出来る56億円豪邸にお住まいの両陛下に次の昭和天皇の逸話をお送りします。

昭和天皇「あそこにあった植物はどうした」

庭師「雑草なら刈っておきました」

昭和天皇「雑草という名の草は無い、花にはみな名前がある」

秋篠宮家は、築数十年の職員住宅。見るに見かねた秩父宮妃が秋篠宮家へと遺言され、邸宅を与えたのであり、そうでなければいまだ古い職員住宅住まい。
悠仁さま誕生後も、新築の話は全くでず、古びた職員住宅だったのだから、美智子様って結構えぐいことなさいます。

参考 

食っちゃ寝皇太子が金持ちで、働く秋篠宮殿下が貧乏の理不尽

遊び呆ける一家と、お仕事に懸命なご一家との、理不尽な経済格差。

 ほぼ何もしない東宮家に職員51人、東宮の20倍仕事する秋篠宮家に僅か9人。

単純に割り算で出した、ごく単純計算ではありますが、

愛子様 6500万円(仕事せず、神事せず、将来庶民)←内廷費を頭数で割った

悠仁様  305万円(幼きより公務、神事、将来天皇陛下)

 

公費濫費父娘 小和田恒氏と雅子妃http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/5e50783db45f84feee9ea0af9c2ca77a

 

思えば、昭和大帝ご存命の頃は美智子様も、皇太子殿下(今上)の後をきちんとお歩きでした。

 

 

 

昭和天皇が亡くなられたとたん、天皇陛下に低頭廃絶、対等の横並びとなり、いつしか、女帝歩きへと。

 

 

 天皇陛下と同じ高さ、同じ大きさでの「男女同権」お手振りに変更。

 

昭憲皇太后より伝わる、ダイヤ3連のネックレス。皇后陛下の代で一連に。ヤフオクに出されてないだろうね。紀子様に行くべき、宮妃のティアラやネックレスを、皇后が横取り

普通の帽子に慎ましいお手振り。

 

 

 

わたくしが見えてこそなんぼ、と身を乗り出される。

ついに得たセンター、一人お手振り。 THE 女帝。愛子にあげたい、このポジション。皇統は愛しいナルちゃんからつなげないと。

 

 自分だけ白馬で差別化?

 

 結局、雅子妃の立場への勘違いって、この方と相似形。

 

 

↑ 天皇陛下、皇后陛下とお呼び出来ます? 

国母?

部分かつらと、隠しハイヒールの天皇? 

 

中学生の文字ではありません。美術展での語彙は、たった3つ。「きれいですね」「迫力があります」「見事ですね」。これだけを交互に使いまわして延々と一生。何を見ても同じ。言語中枢が、不活発。ヤフオクの嫌疑も晴らさぬまま(犯人が誰かは知りませんが)一生風説がついてまわる天皇。

皇太子妃として完璧な存在だったのが久邇晃子さん。お父さまは、元々皇籍にあられた久邇邦昭氏。後に伊勢神宮の大宮司。お母さまが弘世家(日本生命経営)なので、血は濃すぎず、家柄経済力問題なし、何よりご本人が美貌で学歴も知性もフェイクではなく本物。

久邇家でも入内の覚悟を親御様、ご本人共に覚悟してらしたらしいのに、なぜよりによって(上辺だけでも)さんざん渋る、チッソ水俣の不浄の家系の娘に、皇后陛下はこだわられたのでしょう。

久邇晃子さんは、明らかに自分より格上。若く映像的に映えるから?
その点雅子さんは下品な容姿の仁王立ち、家柄は自虐左翼史観・公害病の被告側。思想調査がなされていれば、絶対にあり得ない入内。調査に至る以前に小和田氏の中韓への「ひざまずき外交」は有名。
こっちがいいわ、と思われた? 妹が嫁いだ昭和電工の第二水俣病も陰に隠れるし?おかげで皇族皆、水俣第一と第二の被告側と縁戚でつながされてしまった、そのおぞましさ。水俣の汚染は結局皇室をも汚染しました。

それにしても久邇家の皇籍降格、離脱はGHQがやらかしたことです。
相当、先を読んで皇室弱体化路線を敷いてますね。
彼らの計算がさすがに行き届かなかったのは、弱体化にはうってつけのはずだった雅子妃が男子をなさず、しかも弟とそのお嫁さんが出来が抜群、人気の花となって咲く娘さんお二人に加え、容姿端麗でおそらく長身におなりであろう親王殿下を生されたことです。

悠仁さまご誕生までは、GHQの思惑通りにことは運び、現在皇室は最悪状況にありますが、いずれ再生の時を迎えるでしょう。その時が、日本再生の時でもあります。

関係各所への廃太子廃妃願いのメールと共に、どうぞ祈ってください。お花畑も多いので、一億の祈りとは申しません。何十万人の祈りが束になれば相応の力を持ちます。祈りましょう。神社にも出かけましょう。神社は気枯れているところは避けてくださいね(肌感覚で解ります)。早朝、日の出から午後2時ぐらいまでが最良。日没に近い時間とそれ以降は避けたほうがいいかもしれません)

拙ブログでは秋篠宮殿下を摂政に、さらに廃太子廃妃の上皇統が秋篠宮殿下と悠仁親王殿下につながるよう、祈っています。

海外のほうがよく知っている、次代が誰かを。扱いの差。左が秋篠宮殿下。

 

Visita Oficial de Jap�・n: Ceremonia de Bienvenida

 

賢と愚 明と暗 美と醜

速やかに秋篠宮両殿下に全てを移譲なさるのが、国益にも叶います。
東宮の知名度と人気は海外では無し。出て行っても妃抜きの、観光旅行扱いで、言動は貧相で幼稚。
海外の大きなイベントにもう、東宮夫妻は出すべきではないです。
日本の恥。皇后の個人的野心で、皇室と日本国を損なわせてはいけません。
愛子様の女帝など、言語道断。男子一系を断ち切り、またあのご様子で天皇は無理、結局あてがわれる伴侶を通じて皇室が乗っ取られ、操られます。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (110)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党のセクハラ暴力議員、... | トップ | あれこれのお返事を兼ねて »
最近の画像もっと見る

110 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい記事を有り難うございます (憂国の臣)
2015-10-08 01:34:12
BB様

拝啓

 本稿『人権蹂躙「子供を産むな」発言は、いったい誰?』を、驚きと、千代田の女帝への憤りとともに拝読致しました。

 此の様な重厚でBB様の義憤に駆られた記事を読むことができました事、嬉しく思います。、掲載の写真も良く集められましたね。文字通り「まことを写す」で、昭和天皇、香淳皇后が、如何に秋篠宮殿下を慈しんでおられたのが、はっきりと分かります。
  
 本年11月初旬に、貴族末裔の老夫婦が訪タイされます。奥様からの質問の一つである、「何故、弟宮(秋篠宮殿下)の親王ご誕生まで長期間あいたのか」に対し、当初は回答を控えるつもりでおりましたが、今となっては、真実をお話しすべきと考えるようになりました。回答の折に、BB様の此の記事の写真をお見せすれば、ご夫婦のこと、お分かりになると思います。

 改めて、一読者として、本稿作成のBB様のお時間と労力に対し、心より御礼申し上げます。

敬具

タイ国在留 憂国の臣
Unknown (普通のおばちゃん)
2015-10-08 01:49:01
BB様、毎回の渾身の記事をありがとうございます。
皇室へ嫁がれるという使命を光りの方へ活かせておられたら、どんなにか素晴らしい人生だった事でしょう。
暗黒面の役割を担ってくださる女帝様に、ある意味で感謝すべきなのかもとふと思いました。
とはいえ、それもBB様はじめ諸先輩方の長年にわたる筆舌尽くしがたい警鐘と啓蒙があってこそのこと。
秋篠宮両殿下御一家に皇統が継承される事を微力ながら私も意乗ります。
BB様にも沢山の幸福がありますように。
憂国の臣さま (BB)
2015-10-08 01:56:12
拙稿は、随分早めに仕上がっていたのですが、皇室問題が続きすぎていたので、アップを日延べしているうち、その間も推敲を重ね、結局それが良かったと、思います。

写真一枚も字数としてカウントされるみたいで、これで制限ぎりぎり、満杯の記事です。

当初、臣様より産児制限の記事を所望されました時、無理だと思ったのです。傍証ばかりで決定的証拠がないので。それでも、ふとやり始めたみたら、点と点がつながり、かなり濃厚な絵柄が見えて参りました。

それにしても・・・・・ネットの世界での身元探りはお互いにご法度ですが、さこそのお立場にあられる方なのでしょう。それがなにゆえタイ在住なのかと、そこも突っ込んではいけませんね。

ホアヒンのヒルトンホテルで薔薇風呂につかったものの、花びらを傷めぬようにとほぼ水風呂。花よりこちらが傷みそうだったことなど、思い出しつつ。
普通のおばちゃんさま (BB)
2015-10-08 02:00:06
あたたかなお言葉に、心が和みます。
批判記事を書き続けていると、心がともすれば刺々しくなるので、リセットを心がけています・・・・・。

普通のおばちゃん様にもどうぞ、幸多かれと祈りつつ。

縁あってこちらに集った皆さまの健康とご多幸を祈りつつ。
Unknown (普通のおばちゃん)
2015-10-08 02:08:11
BB様、直々のあたたかなお言葉、光栄です。
ありがとうございます。
Unknown (あ うん)
2015-10-08 02:51:22
関係各所に初めて、メールをしました
初めはドキドキしましたが、
愛する日本の為に立ち上がります

【数は力です】

BB様ありがとうございます
あ うん様 (BB)
2015-10-08 02:59:32
ありがとうございます。

BBも最初宮内庁や外務省に電話するときは、気合が入りましたが、実際してみると、造作もないことでした。

ご活躍をお祈りします。ただし一気に無理なさらず、細く長く続けてくださいませ。
お許し発言について。 (スウェデン)
2015-10-08 03:07:24
朝日新聞、岩井記者のお許し発言について、うる覚えなのですが、秋篠宮様ご本人が、TVで仰られているのをみました。その時も、主語がなかったように思います。私はその時、皇太子様が許したのかと思ったのでした。その時は皇太子様と秋篠宮様の力関係はそのようなものなのかと思ったものですが、美智子様だったんでしょうね。

親しい人だけでなく、会見でも仰られていたのです。

BB様、応援してます。
本当の意味の聡明さがない方 (ひなぎく)
2015-10-08 03:46:47
BB様

読み応えのある記事をありがとうございます。

普通息子が可愛いければ、良い嫁が欲しいと思うものですけどね。
私も出来が良いとは言えない息子を持ってますから、息子を賢く支えてくれるお嫁さんが来て欲しいです。

皇太子殿下の瑕疵は母親の元の身分が低いのと頭の中身がお粗末ということなのだから、嫁にはそれを補う相手を求めるのが当たり前だと思うんです。

本当に息子が可愛いければ。また、本当に賢い母親ならば。

久邇さんは確か雅子さんと同じ年くらいだったと思うので、話が出た二十代でさっさと結婚させていれば、複数の親王の誕生もあり得たと思います。

久邇さんであれば、あんなみすぼらしい皇太子殿下を見ずに済んだことでしょうに。

子供達の幸せより、自分の目立つことをとる、そういう行動を見るにつけ、あの方は本当の意味で聡明では無いのだなと思います。

悠仁様のことも、天皇陛下が「いずれ皇位を継ぐのだから」おっしゃれば無用な争いもなくことをおさめることができます。
事実、現在の法律ではそうなっているのだから、政治的な発言でもありません。

前々から、なぜそれを明らかにしないのか、疑問に思っていましたが、BB様のブログで氷解しました。
ひなぎくさま (BB)
2015-10-08 04:21:56
>あの方は本当の意味で聡明では無いのだなと思います。

頭がお悪いと思います。記事にはそこまで、あからさまには書けませんが・・・・・。
「クレバーではないが、ワイズではない」という禅問答みたいな言い方も、頭が悪いとは言えないので、もってまわった言い方をしたのだ、と最近納得しました。

悪知恵は働かれるのですが‥‥‥・底浅くバレてしまう‥‥・・のは、ネットと映像の時代だからで、昔なら解らなかったでしょうね。
胸が (Emi~)
2015-10-08 06:05:52
締め付けられるようです…のびのびとした秋篠宮さまの無邪気な笑顔がだんだんと察し引き締まり唇を強く結ぶかの如くな表情に、同じ兄弟で向けられる母の視線や笑顔が違うを認識してのお顔…見る程に切なくなります…

健康な体を持つ身に産児制限なんて自分の息子に対してもよく言えること!ましてや嫁を庇うふりをして、心配するふりをして良くもまぁ非情に言えること…

お許しが出たの会見は覚えてますが両陛下はやっぱり長男がかわいいのだなと会見を聞いて酷いことをと思いました。

陛下より前を歩く、陛下の腕を掴まれる、陛下の装いより我が姿を格上げするその様に、そして死してなお並ぼうとする皇后陛下に対しては下がれ!そう声が聞こえてきます…

お出ましが増えるのも自分の住まいの居心地の悪さからだと思えます…自愛で車椅子の義母を笑顔で晒した嫁の姿はいつか自分にも返る姿、死んでも死にきれない!ボケるなんて絶対出来ない!老いの恐怖と闘っておられるのか皇后陛下?

心から秋篠宮ご一家に神の御加護と光をと祈ります!
熱涙 (のれん)
2015-10-08 06:33:20
皇室が変われば、国民も病気いじめがなくなりそう。
眞子さまをご懐妊しては、
男子が先に生まれたらどうするんだ。
佳子さまをご懐妊しては、
少しはつつしめ。
ピンクを着ては、それは皇太子妃カラーだ。
宮さまは若くしていっきに白銀になられ、
悠ちゃん殿下のためではなく、本人はさほどきにせず、陛下より威厳をもってどうする。みたいに言われたのかと・・・@妄想しながら、
涙泪涙泪涙泪で目からお水が出てきました。
間違えた・・・ (BB)
2015-10-08 07:12:43
クレバーではないが、ワイズではない。

→ クレバーだが、ワイズではない。

ずっとこの言い回しが釈然としなかったのですが、最近わかりました。小賢しいが賢明ではない。

あるいは、悪知恵は回るが本来の知恵はない。
酷すぎる。 (鈴)
2015-10-08 07:43:16
母親がアレでも、昭和天皇、香淳皇后両陛下はもとより、周囲の愛情や気配りで今の秋篠宮殿下があるんですね。昭和天皇の側にいらっしゃる写真を見て、「春日局の抜け参り」の家康を連想しました。本能的に、皇統を繋ぐ者だと分かっていたのかも。巷に流れる噂は本当かも知れません。余りにもパズルのピースがつながっていくので逆に怖くなります。もっと、秋篠宮ご一家が良き環境に恵まれますように。
お金の流れが気になる (lavinia)
2015-10-08 07:58:20
BBさま おはようございます。

今回の記事も素晴らしく、説得力があります。
いつもありがとうございます。

美智子さまの、平成に入ってからの女帝ぶり。
本性が丸出しになっただけのことかもしれませんが。
陛下よりも前に出て歩く程の自信満々、本人だけでなく、背後の勢力が絶大だから誰も口出しできないのかと。つまりバック=お金じゃないかと。

BBさまが紹介されていた「天皇の国師」で、三上照夫が昭和天皇にご進講を始めたのは昭和五十一年。もう戦後の困窮期から随分経っています。
なのに、入江侍従長は「ご進講の謝礼が出せないから、(代わりに)ネクタイでいいか」と三上に交渉しています。
交通費も無論出ないので、関東で仕事がある折に皇居へも伺っていたと。どんだけお金ないんだよ、と印象的でした。

一方で、「雅子さま大好き」ブログを見ると、美智子様はいつだって豪華絢爛、満艦飾。
スーツ一着でエルメスのネクタイが20本は買えそう。
ドレスなら、うーん何本?
衣装代が正田家から出ていたという噂は定番ですよね。
色々様々援助していたから偉そう(失礼!)だったのでしょうか。もしくは援助していたのは正田家を通じた色んな勢力?

お金さんが背後で援護射撃しまくってたら、女帝になるのもすんなり分かる気がするんです。
消えたティアラの話題といい、モヤモヤします。

産児制限のむごさ (ひびき)
2015-10-08 08:19:02
紀子妃殿下、第三子ご懐妊発表の直後、岩井記者の朝日新聞、囲みコラムで「紀子妃殿下は、第三子については、『さる皇族』から『遠慮するように』と言われ、『枕を涙でぬらした』」と、かなり積極的で踏み込んだ記事を書いています。(新聞過去記事を調べれば出てくると思います)

後日、どこかの週刊誌の対談記事には「お許しになったのは天皇陛下ですか?」との問いかけに「恐らく」と岩井記者、答えているそうです。(天皇陛下=皇后陛下、でしょうね)

余談ですが、高円宮。テレビで「男の子が欲しかったのだけれど、第三子誕生後、『宮内庁から』産児制限かけられました。」とこれは明言。

宮内庁……??天皇家から、かもしれませんね。
こんな末端宮家にでも、男の子が生まれて、そこしかなかったら、ここが次代なんですから。それこそご遠慮するように、との圧力。

紀子妃殿下は、そもそも、「秋篠宮家の後継」のための男子をお生みまいらせたかった。
眞子様、佳子様と続いてのご出産のころ、まさか、ご自分が、10何年も先にお生みになるお子様が、「唯一の皇統をつなぐ男子」になろうと、予測できるわけもなく。というか、十年以上、産児制限させられるともお思いではなく……お気の毒と申し上げるしか言葉がありません。

佳子様から10年以上も間隔をあけて、紀子妃殿下は、ご自分の命を賭して、男子を挙げられました。
しかし、「親」である天皇夫妻の対応は、驚くほど冷淡なものであり、現在も「東宮家を立てるように」とピシャリとおっしゃったとか、冷たい態度であり続けています。

それが産児制限の何よりの証拠でもあるかと。
はじめまして (夜桜)
2015-10-08 08:43:01
 昨年秋に、保守関連ブログより皇室関連ブログにたどり着き、毎日情報収集をしております。BB様のブログは、大変勉強になり、毎日読み込みをしております。
 さて、天皇皇后や皇太子が、世界ではどんな評価を受けているのかが、よくわからず、友人のアメリカ人のまた友人(笑 又聞きですので話半分で)が、イギリス王室に近い貴族に連なる方とのことで、問い合わせをしていただきました。
 現在の日本の皇室で、プロトコル上認められているのは、秋篠宮家の皆様と、常陸宮ご夫妻のみとのこと。それについて伺うと、貴族階級のプロトコルは、数千にも及ぶもので、とんでもない厚いプロトコル全集がイギリス貴族には渡されるようです。いちいちすべてを覚えておくのは困難のため、そういったことにたけた執事が各家にはいるとのこと。それはそれは詳しい取り決めがるようです。
 美智子様は、国内では評価を受けているように報道されますが、ヨーロッパでは何も知らない方という扱いです。そして、天皇陛下ですが・・・気になるお話も。
 もともと王族の順列は王朝の長さと、即位してからの長さで決められるもの。エリザベス女王陛下60周年の式典では、ローマ法王猊下は出席されませんでしたので、日本の天皇陛下は順位2位のはずですが、60周年記念式典の昼食会後の写真では(AFPの動画でやっと見つけました)、天皇陛下は一列目の端にいらっしゃいます。なぜ・・・王室カメラマンによると、天皇陛下は背筋を伸ばして足をそろえてお座りになることができなかったとのこと。う^ん、本当だろうか・・・・
 天皇皇后の評価が以下ならば、皇太子夫妻の評価などいうに及ばずです。とあるヨーロッパ王室に皇室のお宝が流れ着きびっくり仰天された国王陛下が日本政府に連絡を・・・・なんて話もあるようです。
 それと、宮内庁は海外の王室の式典などに語学が堪能とのことで、高円宮妃を送り込んでおります。宮内庁は侯爵夫人の地位で、送っているようですが、ヨーロッパ王室では、スポーツ関連で私腹を肥やすのは、男爵位とみなされるとのこと。相手国に大変失礼なことをしていると考えられているようです。
 う^^^ん、やはり危惧していたように、日本の皇室の地位は、今や風前の灯状態なのですねぇ。
 というのが、友人の話でした。
 これからも、いろいろ勉強させていただきます。よろしくお願い申し上げます。
Unknown (じゅげむ)
2015-10-08 09:48:48
長いので二つに分けてアップさせてください。じっくり読ませていただきました。
感想は「ほとほと呆れ返った」です。
美智子皇后は若い頃から激し過ぎるほどの自己愛の持ち主で、その目立ちたがりが天皇陛下への不敬ともいえる態度となって表れているように思いました。
一歩控えた慎ましい立ち振る舞いなど全然無いですね。
常に自分が主人公。古来よりの日本女性の美徳は一体どこにあるのでしょうか。

さらには、皇后陛下の皇太子殿下への溺愛ぶりが、今はっきりとわかりました。
俗に言う出来のよくない子程可愛いなどというものでなく、歴然としたえこひいきが其処にあります。
秋篠宮殿下には、まるで我が子ではないかの如くの扱いの差。
お住まいにしても、末端宮家である高円宮さえ豪邸なのに、筆頭宮家であるのについ近年まで職員住宅。しかも見るに見かねた秩父宮妃の遺言により、新築ではない邸宅が与えられたわけですね。
もっと驚いたのは、理不尽な経済格差を示された図です。
特に私的生活費の支給のところに、秋篠宮家には皇族費として⒌490万円が支払われているのを見て、まあこんなものかと納得しかけた途端我が目を疑いました。
私的雇用の9名の職員給与が、私的生活費の中から支出されているのですね。私はお金のことには疎いのですが、仮に職員1人辺り500万円の年収を保障するとして、計4500万円が出て行ってしまうと残りが僅か990万円になってしまいますよね。さらには光熱費など私的生活費というのがどこまでを含めるのかわかりませんが、これは大変だ。
これほどの経済格差があるとは、おいたわしい限りです。
続きです (じゅげむ)
2015-10-08 09:52:21
極め付けは、週刊新潮の記事の今上のこの言葉「美智子も親王の誕生を大変喜んでおりますが、美智子はやはり皇太子の系譜に皇統を継がせたいと申しているんですよ」
諸般の事情から、親王殿下が誕生した時点で後継は決まっているのにこの言葉。前後の文脈が矛盾していますね。今上の本音は「皇太子の系譜に皇統を継がせたい」。
小泉内閣が強引に皇室典範改正に走ろうとした訳がこれです。
今上天皇陛下の御意志がここにある以上、それを尊重する議員たちが奔走するのは仕方がないことかもしれませんが、紀子妃殿下が御懐妊の一報より焦りまくったでしょうね、議員さんたち。
故にこそ親王御誕生の一報が届くなり、小泉総理大臣がガックリと肩を落としたのも、今にして思えば腑に落ちることです。

それにしても、紀子妃殿下の我が命を引き換えにしてでもとのご決断によるご出産、本当に頭が下がります。この秋篠宮殿下ご夫妻と神のご意思ののお陰で直系男子による皇統がようやくにしてつながったわけです。

思えば、秋篠宮殿下はご幼少のみぎりより大変なご苦労をなされているのですね。母からの露骨なえこひいきにどれだけ(悔しく)さびしい思いをされたか。それが最良の伴侶を得られてから、温かい家庭を作ることに心をくだかれた最大の要因ではないかと私は考えます。

苦労、苦難によって人は育てられるとかいわれます。このご夫妻のご苦労こそが、次の天皇皇后として相応しい風格であり、もう既に備えられているものと確信しております。

ブログ主様の努力によって、私も些か皇室のことを知ることができました。どうぞこれからもよろしくお願いします。
あなた様の皇室への尊崇の念は、長年の記事を読んでみれば一目にして了解できる筈です。
「皇室非難」では断じてありません。あくまでも「諫言」です。
その諫言さえも通じぬ今となっては、ネットを通しての事実の拡散しかないのです。

長文失礼しました。

Unknown (クロ丸)
2015-10-08 09:59:51
変なプライドと虚栄心から皇室をめちゃくちゃにしているミテコさま…

どうかこれ以上皇室と今上陛下の威厳を落とさないで下さい。

皇室に女帝は必要ありません。

BB様
季節の変わり目は体調を崩しやすいので 気を付けてくださいね。
BB様のブログと皆さまのコメントを拝見するのが 私の日課となっております。

正直者が報われる世の中になっていきますように…

じゅげむさま (BB)
2015-10-08 10:08:00
>あなた様の皇室への尊崇の念は、長年の記事を読んでみれば一目にして了解できる筈です。

ありがとうございます。
はい。皇室大事の者です。だからこそ。

どうでもよければ、長い長い、長い時間と体力を使って
書き続けていません。

皇室を成り立たせる要素は、

◆祭祀王としての天皇陛下が頂点に座していらっしゃること。

しかるに、今はその祭祀がおぼつかなくなっています。
慰霊とか公務とか二の次です。

◆神武天皇からの男子一系でなければ神の系譜ではありません。それを断ち切ろうとなされている皇后、引きずられている天皇陛下。

不心得・不行跡の皇太子も天皇もかつていました。
排除され島流しされて、現在があります。

皇室内に自浄作用がなくなり、やり放題の今、歯止めをかけるのは国民しかいません。
クロ丸さま (BB)
2015-10-08 10:13:04
幸い元気です、ありがとうございます。
クロ丸様も、どうぞお健やかにあそばして。
背後に控えるのは (シルビー)
2015-10-08 10:54:15
BB様、とても理路整然とした、それでいてBB様のお気持ちがほとばしるような記事、ありがとうございます。

ミテコ様の正体がすこしずつ顕わになるにつれ、
以前のさまざまな出来事の裏にもしかしたらあの方の差し金?と思しき事柄がありそうで、
でも当時は全く想像もしなかったことなので
とてもショックです。
それに対して紀子様はじっと耐えていらっしゃったのでしょうね。
マタコ様は本人の性格と愛子様の事もあり、耐える事ができなかったのでしょう。
日常生活で周りに仕えている人がいて窮屈?って
仕えている人の中にはミテコ様の息のかかった人もいたのでは?
人格否定発言は精一杯の抵抗だったのかも知れませんね。
今にして思えばナルちゃんの(しょうもない)スイス訪問もプロデューサーはミテコ様?
スイスの方に御迷惑だったでしょうに・・・。
美智子様も読んでくださっているといいですね (ネコ太郎)
2015-10-08 11:21:52
すばらしいまとめありがとうございます。

美智子様もインターネットされているんでしょうか。是非ともご自身で読んでいただきたいものですね。また卒倒して失声症になってしまうかも知れませんが。

ところで戦後最大の売国奴小泉も女帝推進に動いていましたね。国会中に紀子様ご懐妊のメモを受け取って青くなっていましたが。奴も鮮人疑惑があります。
Unknown (応援してます♪)
2015-10-08 11:52:25
BBさま、みなさま、こんにちは。

BBさま、力の入った記事、読ませていただきました。
ありがとうございます。
これまでは、正義とみなされていた方が、実の姿その影で悪巧みを画策されていた流れが良くわかります。
真実を知る人が増えますように。

美智子さまは、自分をかわいそうに見せて判官贔屓を誘おうとしたのでしょうが、ここにきて自分のなしてきた事実が、秋篠宮家に対して本物の判官贔屓を誘うことになると思います。

今回の記事で当時の陛下の言葉を知りましたが、この文章、全部丸々美智子さまがおつくりになった文でしょうね。

>「最近の悠仁の様子として目に浮かぶのは,私の近くでじっとこちらを見つめているときの顔です」

美智子さまが、口にされていても何の違和感もなく、むしろその方が想像しやすいです。
いつもの美智子さま口調そのままです。

秋篠宮様の幼い頃は、香淳皇后にほんとうに良く似てらっしゃいます。
若い頃の香淳さまの面持ち、特に目は、眞子さまにも似てらっしゃって、秋篠宮様と眞子さまはそっくりで、しっかり香淳さまからの血を受け継いでらっしゃいますね。
最後のほうの、昭和天皇と香淳様に可愛がられているご様子の秋篠宮様を見ていると安心します。

何度も書きますが、美智子さまが皇太子様に対してどうしようもない顔をされてるのや、ナルちゃんの顔をご機嫌取りに覗き込んだ写真を見ると、ゾッとすると共に、無性に腹が立ちます。
我が子を3人、同等に愛する事もせず、何が慈愛だ!と思います。
慈愛なんて、真っ赤な嘘ですよね。
家族も、国民も全てが、美智子さまのお気持ちを満たすための道具に使われるのが、事実ではないでしょうか。

それから、浜尾さんのお話は、ほんとうに胸が痛みます。
お年を召したであろう、浜尾さんが、秋篠宮様からいただかれたボンボニエールを生涯抱きしめられていたというくだりを読んだとき、思わず涙ぐんでしまいました。

浜尾さんもキリスト教とだったようですが、浜尾さんのような方こそ、キリスト教ととして立派なのではと思いました。
皇后様はとてもとても・・。尊敬できません。
何を信じようと、どの神仏に仕えようと、自分が出来る最善で尽くしてくださったであろう、浜尾さんに感謝いたします。
秋篠宮様が、お声かけをされ、浜尾さんに対して優しさを示してくださった事にも心から感謝したいです。
年老いた方が、いただかれたボンボニエールを抱きしめていたなんて、どれだけ嬉しかったでしょう、その反面どれだけ、人としての善を尽くし皇室に仕えてきたのに、邪険にされて悲しかったでしょう。
浜尾さん、どうぞ、天から秋篠宮家のこと、日本の事をお守りくださいね。
浜尾さんと、秋篠宮様のやりとりに、神道とキリスト教の和合を見たような気がします。
美智子さまは慈愛の方ではなく、了見が狭い方なのでしょうね。

それから・・。
産児制限のお話ですが、中国に颯爽と黄色い服を来てお出かけになった美智子さまならこそだと、今日は思いました。
さすが、チベットで(他の地域でも)、民族浄化をし、民族同士の結婚をさせず子供を宿させず、浄化という名の弾圧を加えるお国に平気でお出かけになるだけの方かもしれません。


Unknown (招き猫)
2015-10-08 11:54:45
>結局、雅子妃の立場への勘違いって、この方と相似形。
だから皇太子妃の身分についている女性に対して注意どころか擁護なのでしょう。
BB様のブログを拝見して、目からうろこ、目が覚めた気がします。

久邇邦昭氏 本を出版されたのを書店でたまたま見つけ購入。
少年皇族の見た戦争 宮家に生まれ一市民として生きたわが生涯
見たことのない写真が多数掲載されていて皇族の雅な世界を堪能できました。
久邇晃子さんの子供時代の写真も掲載されていますが、かわいい少女って感じ。
成人後の写真はありませんでしたが、ご両親が美男美女の方ですし、
子供時代の写真からみても、きっと美人だろうと想像します。
この方が皇太子妃だったらどんなによかったかと思うと国民としては残念です。
Unknown (士族の医系そして旧帝医学部目指す者)
2015-10-08 12:18:45
悠仁さまには是非にいや絶対に元華族筋から婚約者をと願います。
眞子さま佳子さまにも元華族筋の方々に嫁いでいただき濃い純潔の血を復活させていただきたいです。
秋篠宮殿下と紀子妃殿下なら分かっていらっしゃると思います。
何卒、何卒純血種の繋がりで固い揺るがない皇統をお願いいたします。
決意を新たに (橒-きさ-)
2015-10-08 12:30:30
BB様、渾身の記事をありがとうございます。
記事を読み、写真を見るたびに泣けてきました。
このところ両陛下の常総市訪問、大分の式典出席、皇太子夫妻のオペラ鑑賞で
「なしてこったら、むなしいのよな…」と暗鬱な気分になっていたのですが。
今回の記事で再び、「顔を上げよう、前を見よう!」という気持ちになりました。

幼いころのアーヤ、本当に無邪気な笑顔で向日葵の明るさですね。
チーズフォンデュ食べたいな、の写真が可愛すぎます。昭和天皇と香淳皇后の
笑顔の素敵なこと。周囲の温かな雰囲気も素敵です。(ナルちゃん氏を除く)
ヨーロッパ帰りの両陛下をお出迎えするときのサーヤ、とても可愛らしいお洋服を
着ていますね。この頃はまだおめかしさせてもらえたのか、女官が気をきかせて
選んであげたのか。以前どこかで見た、水色のコートを着ているサーヤも小公女
さながらでとても可愛らしかったです。

こんなに可愛く幼い2人を放置して長男だけ溺愛って、本当に気持ち悪いです。
そしてそれがそのまま、何十年も続いて秋篠宮家への冷遇、産児制限。
正統なる後継者、日嗣の御子であらせられる悠仁親王殿下の存在を無視。
よもやの愛子天皇を画策とは…背筋が寒くなります。
天皇・皇后としてより人として、あまりにも冷たく、悲しい仕打ちです。

けれど望む様に庇護され、愛されなかった子供もやがて大人になります。
欲しかった温かな手は別のところから差しのべられたのでしょう。
虚構に満ちた中から真実を見抜き、自ら立ち上がる強さも身につけていったのでしょう。
何かを訴える様な悲しい目をした子供は大人になり、素晴らしい家族を築きました。

今、その存在で日本を照らして下さるのはどなたなのか。
お出ましになるだけで力強く、国民の気持ちが明るくなるのはどなたなのか。
見れば分かります。偽りの女帝をどれほどの言葉で飾り立てても無駄です。
その姿こそ真実、目に見えるものが全てです。魂や霊性すら、今の皇室を見ていると
全て白日の下に晒されていると思えてなりません。
速やかなる廃太子廃妃、そして秋篠宮両殿下への皇位委譲を望みます。

紀子様の成功例があるので (毬裳)
2015-10-08 12:35:13
精査すれば民間でいいと思うな・・・・
どっちでもいい。精査すれば。

みてこさん、股子さんと2代続けてババ引いたから
慎重にお願いしたいです。
Unknown (るるなな)
2015-10-08 12:42:25
BB様
お清め記事後の渾身の更新ありがとうございます。
私が以前、BB様のブログで久邇さんの記事を拝読した時に思ったのが、「雅子さんがお妃決定と海外で報道されたとはいえ、そのまま結婚させてしまうのっておかしくないか」ということでした。

なぜ一言、「誤報です」と言えなかったのかと。

破談は女性にとって大ダメージな上、久邇家は香淳皇后のご実家、両陛下のその後のフォローを感じられません。久邇さんのことなどどうでもよかったのでしょう。

私自身は、久邇さんの件で両陛下に対する疑問が大きくなりました。その後のBB様やナス子様の記事で決定的となりましたが。

つくづく秋篠宮殿下と清子様がおいたわしいです。

ふぶき様のブログによると、秋篠宮殿下の結婚の際に両陛下は「長幼の序」を持ち出し、反対されたとか。あんな兄貴の結婚待っていたら、いつまでたっても結婚できないじゃん!! 何考えているんだ……って、ナルちゃんのことだけなんですよね。。。ふつう、ボロボロの家なんか子供に与えませんよ。

ですが、私は秋篠宮殿下の試練は皇統へ繋がるためのものだと思うのです。八百万の神々にも色々お考えがあるのでしょう。

私も近所の神社に行って祈ってきます。(格の高い所です)
秋篠宮殿下とタイ国王室 (憂国の臣)
2015-10-08 13:13:59
BB様

拝啓
 
 貴信を頂戴しながら、返信が遅くなりました事、ご容赦下さい。

 コメント欄の読者の方々のコメントを拝読し、皆様も、BB様の深い思いを込められた本稿に感銘を受けられた事、小生としても嬉しく思います。

 本稿掲載の昭和天皇と香淳皇后の秋篠宮殿下を慈しみの眼で見られている写真から、同じ眼差しをされておられるタイ国王のお顔を思い出し、首記の件、下記致します。

 度々、研究と親善の為、タイを訪れておられる秋篠宮殿下に対するタイ国王始め、王妃、王女の親愛の程は格別です。私的な研究の為の訪タイであっても、必ずと云って良い程、国王にお会いになられています。政府関係者から聞いたのですが、通訳を交えず、国王とお二方だけでお話しになり、通常、謁見時間は15分のところ、1時間に及ぶ時もあったそうです。日本の皇太子同様、王妃が余りにも溺愛しスポイルされた皇太子を、国王は早い時期に見限り、第二王女を殊の外愛され、帝王学を御自ら伝授されております。国王としては、秋篠宮殿下を国王の幻の皇太子として慈しみ、帝王学等を伝授されているのではと拝察致します。紀子妃殿下と両内親王とご一緒に訪タイされ、国王、王妃にお会いしました際、幼き眞子様、佳子様の可愛らしカーテシに、あの厳格な国王が破顔され、女王も笑み一杯でご覧になっている写真を見ると心が和みます。

 南部の地方有力者のお宅に伺った際、居間に国王、王妃の写真と共に、秋篠宮殿下の写真が掲げられ、有力者から「日本のクラウン・プリンスだ」と云われ、嬉しいと共に複雑な思いを致しました。タイに、現皇太子も何度か来ておりますが、影は薄く、国を問わず、やはり醜いものから眼をそらし、美しいものに眼を向ける事を実感しました。

 貴信のタイ国ホテルでの薔薇風呂の件、柔らかい日差しの下、薔薇の花を敷き詰めた湖面に足を入れる薔薇の化身である薔薇姫を、クロード・モネの色調で描いた絵画を思い浮かべました。

敬具

タイ国在留 憂国の
紀子さまは旧華族ではない ですよね? (アカサ(すみません、以前のものを忘れました))
2015-10-08 14:32:05
 時々見かける「やっぱり旧華族からの嫁でないと」コメントには、不快に近い違和感があります。

 人口の少ない旧華族に妃候補を限定する意義が見当たらない。それより、有名な分、結構中韓の手垢が付いてたりして・・・(この辺、あちら側は抜け目が無いし)と、心配な気がします。

 何より、素晴らしい紀子さまは庶民の出。
日本人で相応しい方であれば、何の問題も無いはず。

 秋篠宮家の姫さま方も、広く日本人の中から素敵な伴侶を選ばれお幸せになりますように。
涙が出ました (稲穂)
2015-10-08 14:35:37
求めども母親の愛情は長男のみに注がれてこちらに注ぐことは無い、その事を理解しきったお2人の表情と姿に涙が出ました。
昔から不思議だったのです、とってつけた様な笑顔を見せる母親と対照的に戸惑いを隠しきれない憂いを含んだお2人の表情。そしてまるで母子家庭のように存在の薄い父親の存在。常軌を逸して我儘な妻を制御、諌める事もなく、子供の存在さえ後回しにして彼女の機嫌を取り結ぶことに終始する父親をお2人はどんな思いでご覧になっていたのか、と改めて思います。
昭和大帝が礼宮様を可愛がられたのは、愛らしく利発で素直、ご自身に似ていた、ということもあるでしょうが、エキセントリックな嫁に振り回される孫達を見るに見兼ねて…というのもあったのではないでしょうか。
大昔に読んだルナールの【にんじん】を思い出しました。実の親がここまでするのか…と当時は信じられない思いでしたが、まさにこの本のままが国民の手本、とまで言われた皇室で行われていたわけで、ショックであると共に全てが合点がいきました。
なんと辛いこと、と思いましたが、BBさまの「(この辛い経験により)人の悲しみも孤独も解るハートフルな親王になられ~」の言葉が胸に沁みました。
どうか秋篠宮さま、紀子さまによる温かく心豊かな新たな世が来ますように。切に願ってやみません。
悔しくて涙が出る (和菓子ブーム)
2015-10-08 16:21:32
更新お疲れ様です。
いつもありがとうございます。

記事を読み終えて涙が出ました。悔しくて。
本当に悪い日本の縮図のようですよ...怠け者が生活保護で贅沢三昧=東宮家、真面目に働く者が倹約しても苦しい生活=秋篠宮家。本当に腹が立って仕方がない。徳仁雅子の廃太子廃妃、絶対に諦めてはいけないと改めて思いました。実現するまでメールもしますし祈ります。
秋篠宮家を軽んずる美智子皇后。 (伊藤知昭)
2015-10-08 16:31:20
BB様、皆様。

何時も御世話になり、有り難う御座います。

全ては見た通り、感じたまま。
了見の狭い溺愛は、人類史上最悪な犯罪に繋がります。
私利私欲と長男だけに降り注ぐ自己愛の鏡像。
これは万世一系の貴重な人類の宝を、徳仁親王の代で棄てることになります。

BB様、皆様、ここまで理路整然と日本の国難を明らかにしてくださり、重ね重ね有り難う御座いました。
僭越ながら、美智子皇后が断ち切ろうとしている万世一系の男子による皇室の系図を貼らさせていただきます。

[ 皇室の系図一覧 ] ウィキペディア より
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%AE%A4%E3%81%AE%E7%B3%BB%E5%9B%B3%E4%B8%80%E8%A6%A7
[ Japanese imperial family tree ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Japanese_imperial_family_tree

もう大半は忘れましたが、小学校の宿題で暗記した記憶が有ります。
いつの日か、またそのような歴史の授業を全国的に復活させて貰いたいものです。

美智子皇后や今上天皇の好みだけで宮中祭祀や日本の国体を消滅させられるのでは、御先祖様や御英霊への裏切りでしょう。
現実の社会は閨房の延長ではありません。
ケジメと禊の無い内廷皇族は災厄の根源。
神道への祈りを嫌い、日本と皇室の重みを理解出来ない愚かな女帝こそ、表の世界から排除されるべきです。

日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。


BB様、どうも有り難う御座いました。

失礼致します。
BBさま。。。 (ブロッコリーヌ)
2015-10-08 16:57:01
一つ一つの問題提議では、その事のみに
気が入って、ある程度深い理解があります。が、こうして流れを追った記事を読みますと、真実が見えてきますね。

そして、事実は残酷です。
何と言うことを!
ミテコさんが卒業した学校や、祖先からの信心で、カトリック?キリスト教?
違います!ミテコ教です。
なんであろうが、神を信じている方のすることではありません!
書きたくないけど、666はミテコさんだ
とも、巷で言われさえしています。
間違えは誰にでも、あること。
然し、気付いて元に戻す良心があるのです。
80も越えて、それさえも気付かず
欲ボケになっているなんて、何と恥ずかしいこと!

ある方達のお集まりで、桜の花が綺麗に
咲いているのを愛でていたら、
ミテコさんがそれを聞いて、その方方の
お宅に、桜の花に文をつけて贈ったそうです。その方は驚いて、
これでは桜も愛でられない。こう言うところが嫌なのよねえ。
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。
と。
何でも自分が目立つことがお好きな
エピソードとして聞いたものです。

秋篠宮さま、よくよくお耐えになって
頭が下がります。
紀子さまも命懸けて、お生みになったのに、感謝されるどころか余計なことを
と言う処遇。片方のベビーシューズは何ですか?
一般家庭だって、そんな物を貰ったら
縁起でも無いと、絶交事態ですよ。
ヘイカもおかしいです。
神と通じる御方で有ろうに。

クニさまだって、皇室を思う気持ちで
受諾なさっていたのに、勝手に反故にされ、どれ程辱しめをお受けになったことでしょう。

本当に底意地の悪い方が2代も続いて、
その方方に税金を持って行かれる国民は
いい迷惑ですね。

天皇が内閣の承認に言ってはならぬことを言ったとか。
もし、ご自分の言葉で無くとも、その様に勘繰られることは、あってはならぬことなのではありませんか?
真の皇室であって欲しい (はなび)
2015-10-08 17:11:56
BB様、お疲れ様です。

子供たちが、それぞれ大人になってゆく過程で
アホ故に美智子さんに逆らわなかった、逆らえなかった皇太子が操縦しやすくて可愛くて仕方がなかったのでしょうね。

美智子さんの行動や所作など間違いに気づいて
苦言を呈される秋篠宮殿下がだんだん煙たい存在になってゆき次第に冷たい態度で接していたのでしょう。

紀子様と結婚なさってからは表向きは嫁を庇っているふりをして裏では産児制限をなさっていた。

長い年月をかけて着々と事を進めてきた女帝さま。そんなに単純じゃないことはBB様の記事のおかげで頭に入りましたが・・

本当に恐ろしいお姑さんです。

ご返事ありがとうございます (じゅげむ)
2015-10-08 17:30:53
ご返事ありがとうございます。
またまた長くなってしまいました。

皇室を成り立たせる要素は、
◆祭祀王としての天皇が頂点に座していらっしゃること。
なるほどおっしゃる通りと思います。
私などはまだその事については勉強を始めたばかりですが、その大事を知る人々が等しく事例を挙げて詳らかにされている通りですね。

例えば四方拝、これは「さまざまな国難、国民の苦しみはわが身を通過しますように」という国家国民の安泰を祈る厄払いの呪文です。我が身を生贄(いけにえ)に捧げつつ、神への凄まじい請願であり、儀式であるとか。
あと、分かり易いところでは故山本七平氏が「日本人とは何か」の中にも祭祀王としての天皇の役割を解説しています。
然るに国民はおろか、肝心の今上がその祭祀の大切さを感じておられるのかということですね。
 その点でも秋篠宮殿下はしっかりとした考えをお持ちで「公的ということに関連して、あなたもよく知っているように、皇族には国事行為の臨時代行以外に公務は存在しません。あくまで公的な行為もしくは活動であり、言葉としてきちんと区別するべきものと考えます。」
と述べられているほどですから、祭祀についてもきちんとした考えをお持ちであると拝察し確信しております。
上記秋篠宮殿下の言葉のソースは以下ですが、とても読み応えがあります。のんべんだらりと過ごしてきたなら、とてもではありませんがこのようなインタビューは引き出せません。お二人とも真摯に人生を歩んでこられたことが、端からもうかがえます。

【秋篠宮ご夫妻、ご結婚25周年】ご感想全文(1)(1/4ページ) - 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/150629/lif1506290003-n1.html

続きです。 (じゅげむ)
2015-10-08 17:31:46
あと、もう一つの問題ですが、
僅かに歴史に興味を持った程度の私程度の知識でも、問題のあるとされた天皇や皇太子が排除された例は数あるようですね。
確かに我が国の歴史の中で、朝廷においても親子兄弟親類を交えて、凄まじい権力闘争があり、また武家と朝廷の間でも長い葛藤がありました。
例えば天皇の臣下であることを拒否し、日本国王として明の臣下となった足利義満や、天皇より上の権威を打ち立てようとして、朝廷方に使われた明智光秀によって殺された織田信長の件にしてもそうですが、それ以外の政権(幕府)は如何に権威が失墜せしめぬよう、また一部の勢力に利用されないよう腐心していたか。
その長い朝廷と幕府の葛藤に終止符を打ったのが、徳川家康です。
彼は「禁中並公家諸法度」を制定して朝廷の行動を制約し、京都所司代まで設けて朝廷と結びつき利用しようとする大名を監視しました。
また、山本常朝は「葉隠」において最上の忠節は『主君に諫言して国家を治めることである。そのためには下の立場でいるのでは役に立たない。』
とあります。
既に国内外の勢力によって皇室が傾いた状態にも拘らず、この徳川家康や山本常朝ほどの見識を持った国会議員など見当たりません。

ならば、おっしゃる通り国民が立ち上がらないと、いうことですね。
これは大変なことではありますが、国民の1人として微力を尽くしていきます。

長文誠に失礼しました。
涙ぐみながら読みました。 (JK)
2015-10-08 18:34:35
素晴らしい記事をありがとうございます。
一人でも多くの人に読んでもらいたいです。
そして例え戦う相手が両陛下であろうと、
諦めずに声を上げ続けなければ、と
この記事を読んで改めて思いました。
m(  )m
Unknown (むー)
2015-10-08 18:55:54
いつも興味深く拝見しています。
こちらで色々な事を教えて頂き、次代は秋篠宮に、と心から願って止みません。

ふと、いけない思いが過ったのでそのままに。

秋篠宮は、継がれるおつもりはないのでは?

唯一の親王を敢えて慣例外の学校で学ばせる。佳子さまも途中変わられた。
その事がそう思う一つの理由です。

結婚されお子様が増え、厳しく時には寂しげな表情も、今は本当にお幸せな表情になられ。
いつもずっと後ろから、両親と兄に対し、これで良いのだろうか?と言った思いで、後ろ姿を見ていらっしゃったでしょう。きっと、苦しくもあったことと。
ある時、それが払拭されたのではないかと思うのです。

皇族として生まれたことからは逃れられない。ならば、国民が望むことに
応えていこう。ひたすらに。
そう感じてしまっています。

日本の民の象徴である、今上陛下。象徴と言えますか?その奥様に、あの長男夫婦。悲しいやら、腹立たしいやらです。
適齢期の娘がいるけれど、次代に明るさが見出だせず、長生きはしたくなく、孫もいらない!可哀想、、、
何て思ったりしています。

次代は秋篠宮に!
Unknown (如月)
2015-10-08 19:19:19
BB様いつもありがとうございます。

昭和帝はお解りになっていたのでしょうね、皇太子は暗愚だということに。

そのころからいずれは秋篠宮が皇位をとお考えだったように思います☆



Unknown (きなこ)
2015-10-08 19:25:18
BB様、いつもありがとうございます。

むー様と同じように、私も少し感じます。

あのお二人が「押しのけて」はあり得ないし、望まれてもいないように思えます。
そういう奥ゆかしいお方と感じるので、それがたくさんの「ぜひついで頂きたい」にもつながるのですが。

きりっとされた紀子様、眞子様と比べて、失礼ですが秋篠宮殿下はくたびれられた表情にお見受けします。
眉もお髭も寂しくなられて
Unknown (とおりすがり)
2015-10-08 19:28:26
BB様、よくぞ書いてくださいました。

陛下の顔を手で隠す皇后さまと殿下の顔が見えるように手を振る紀子妃殿下

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1444103016022.jpg

どちらが天皇?

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1443843133419.jpg

ついでに悲報 
韓国人が秘書の議員が国家公安委員長に決定
間違いなく韓国に情報が筒抜け。
公安の動きを事前に入手して、在日がやりたい放題やること必死。
皇室の中にも親韓人達がいましたね。
黒田清子さん (はぽん)
2015-10-08 19:53:59
 BB様、いつもお忙しい中素晴らしい記事のアップを有難うございます。

 今回の記事を読んで、人権侵害に苦しんでいたのは秋篠宮家だけではなく、黒田清子さんもなのではないか、とふと思いました。
 可愛いのは一番上のナルちゃん、なのに失声症(もどき)になったときに頼ったのは黒田清子さん。結婚は長い間させず、子供を望むのも難しくなる歳まで自分の元に縛り付けて。これも立派な産児制限では、と感じました。
 ご自分は豪華絢爛なドレスやスーツをお召になるのに紀宮様にはいつも地味で質素なお洋服。
 結婚式の際には長男の嫁が白ドレスを着てくるというタブーを犯したのにも関わらず、叱責なし。結局は東宮家が一番ということですね。
 子は親を選べません。秋篠宮様、黒田清子さんは紀子様、黒田さんがいらっしゃらなければなんと不幸であったことか。もっと前に皇后の本性に国民が気づいていれば。悔やんでしまいます。
 
これからも素晴らしい記事を期待しております
我が子を差別するなんて (盛り塩)
2015-10-08 20:05:41
ご結婚前の記者会見で紀子妃殿下が
「子供はできるだけたくさん欲しい。」とおっしゃっていたのに、
佳子内親王を出産されてから、ご懐妊の吉報が聞かれなくなったことに
何となく違和感を覚えたものです。

ですが、まさか産児制限だなんて。

最初耳にしたときは、信じられませんでした。

でもそう考えると辻褄が合うんです。

今まで胸の中のもやっとしたものがストンを腑に落ちるんですよね。

それにしても、同じ自分の生んだ子なのに、なぜそこまで分け隔ててしまうのか。

私にも二人の子がいますが全く理解できません。

男女平等も結構ですが、その前にご自分のお子を平等に愛することからはじめませんか、皇后さま。
大丈夫 (名無し備忘録)
2015-10-08 20:12:20
BB殿、第三次安倍政権の国会がいよいよ始まるが、ここにも安倍首相を信用出来ない御仁がいるようだが、今期あの河野太郎の入閣は安倍首相の策略だね。安倍首相を散々とコケにして来た連中を嘲笑うかのように大復活した安倍晋三氏はかなりの策士家になって日本国元首に帰り咲いたのだ。BB殿、貴殿のブログを安倍首相は見ている筈だよ。BB殿、大丈夫じゃよ。心配なさるな。安倍首相はそなたを存じ上げておるでな。
Unknown (あん)
2015-10-08 20:33:02
マスコミによって、どれだけ目くらましにあってきたのでしょうか。

無邪気な礼宮様の後ろで、「アテクシの産んだナルちゃんは、なんと言ったって将来テンノーだもんねぇ~」と、憚りない表情の美智子さん。

嫌でも、生まれながらにして分をわきまえなければと、悟りつつ成長されたのかと思うと、胸が締め付けられます。

考えようによっては、偏執な母親の影響を受けずに、立派にご成長され、誉れ高い女性にめぐり合えたのは、良かったことでは。

なぜ、若くしてご結婚されたのか、今なら良く理解できます。

いまだ試練が続いていますが、こうしてネットを会して陰ながら支える人々がいることに救いを感じます。
Unknown (まりりん)
2015-10-08 20:34:53
BB様、こんばんは。

あーやが昭和天皇と一緒に座っている写真好きです。
香淳皇后も華子様もやさしく微笑まれて・・・
昭和の時代、天皇ご一家の写真では、昭和天皇の隣にあーやがいる写真が多いです。
ご一家で参内しお食事する時、昭和天皇に一番近い席はあーやの席だったと何かで読みました。

「秋篠宮さま」で「昭和天皇は私たちにとてもやさしかった。兄妹のなかで、だれがいちばんかわいがられたというのは、わからないが、私は怒られたということは一度もなかった。」とおっしゃっています。

そして、昭和天皇のご臨終の際、枕元のすぐ近くにいらしたそうです。
美智子様という方は (hajimete)
2015-10-08 20:53:01
bb様こんばんは。いつも楽しみに読んでおります。

あの、美智子様のナルちゃん天皇への執着、おかしくありませんか?コンスも改善されつつあるということはネットの皇室関連サイトをごらんになっている証拠。
しかし、次期天皇だけはナルにご執心。で、その理由を考えました。
1・東宮家は頭が弱くて扱いやすいから
2・秋篠の宮は皇淳皇后ににているから
3・秋篠の宮は自分が産んだ子ではないから
わたしは2と3ではなかろうかと思います。その証拠はなにもありません。しかし秋篠の宮が美智子様の子でなくても、平成天皇の血を引いていればいいこと。
むしろ美智子様の血が入らないほうがいい。すでに、積極的に公務をこなしているか、遊んでばっかのバカか国民はとっくに気づいております。

昭和天皇が大事にされていた自然の樹木を伐採し、
56億円の新居をつくった折りも「(旧御所は)まだ皇太后の臭いがする!」と仰せになったとか。嫁姑ですから分からんじゃないけど、そんな理由で56億!血税を。
わたしも美智子様が亡くなったら、皿帽子やマントみるたび「まだ美智子の臭いがする!」と言ってやります。
Unknown (雪乃)
2015-10-08 21:14:06
BB様の記事、皆様のコメ、胸が詰まりそうになります。

日本帝国の頂点に立つ人たちとは思えない薄情さ、自己中。あれが日本国の象徴ならば、今の日本がモンスターだらけのぎすぎすした社会になっているのも当然ではないでしょうか。本人的には美しく着飾ったつもりなのを「木枯し紋次郎みたい」と言われれば腹も立つことでしょう。ウーマンリブ(古ッ)の時代とはいえ、嫁の顔色ばかり窺う男が社会的に尊敬されるとは思えない。


若かりし頃の秋篠宮さまのイメージがとげとげしかったのはこういういびつな家庭環境だったからなのですね。愛情のネグレイト?紀子様は母よりも大きな菩薩様のような御心で殿下を御包みされてきたのでしょう、穏やかなお顔をされるようになったようです。それでも、毎年恒例の家族写真撮影時のI子を見る目、硬い表情はトーグー家への感情だけではなかったのですね。

黒田清子様、秋篠宮様よりも紀子様よりも強い方に見えます。今後の皇室の行く末のキーマンになりそうです。
名無し備忘録さま (BB)
2015-10-08 21:23:22
まだ、様子見で結論は出していませんが、小渕さんほか登用することで、徹底的に潰したのもありで、あの典型的ポジションに典型的反日をわざわざ囲い込むことで、何か企んでいらしゃるかな・・・・という可能性もあるので、今のところまだ騒ぎ立てていませんw

囲い込みコントロール狙いは舛添さん支援もそうだったと思いますが、こちらは思ったより言うこときかないですねw

安倍総理は最初から全面支持もしていず、批判すべきは批判して来たので、いわゆる保守の人々には不快であったようですが、それも是々非々であり、ベストの政治家など滅多に出現するはずもなく、国民が賢く「t使いこなす」ことを前提に、よりベターなほうを選択していくしかありません。
安倍さんとて、クリーンな一方でもありません。でも「随分マシ」。時に「とても、よい」です。


批判すべきは今後もさせて頂きますが、安保法案の前から、ここしばらくは絶対支持の立場です。
今去られたら危険ですから、懸命に守る側にいます。
夫人批判も避けたほうが良いのかと思いながら、度を逸しているものでつい、たまに。w

安倍総理がよほど、惚れているのかあるいはガス抜き要員として使いながら、放置を決め込んでいるのかは解りません。森永からお金もらったのかもしれないし?
なんで、あれに惚れるの、というのは人の心の不思議さで、皇后がバカ子を溺愛、出来のいい子を押しのけるのと同じ不思議かもしれません。

もっとも男女の場合は、カラダの相性プラスもあるので、そこは解りません。浮いた話がない方なので、性的には淡白以上のある状況かなと思ったりもして、それ対して引け目があれば、夫人には寛大であらざるを得ない状態も可能性の一つとして思ったりもします。

要らぬお話をしてしまいました。
Unknown (かをる)
2015-10-08 21:32:08
こんばんは。
昔…新聞などで、皇室一家のお写真を拝見すると 違和感がありました。

秋篠宮様や紀宮様の表情が、晴れやかでなく…どうなさったのだろうかと思っていたことを思い出しました。
BB様のこの記事で、やっと理解できました。
また、片足ベビーシューズの件も当時は変わっているなぁ…位しか思いませんでした。まさか、そんなに酷いことをされているなんて想像外でしたし、かってな思い込みで、(その当時は)人格者だと美智子様のことを思っていたからです。

片足ベビーシューズをお祝いにし、
天皇には立てないぞ、私は認めない…という、あの女帝の意思表示だったのかも…
腹立たしい!!
秋篠宮様には、日の丸がしっくりこられる。国民も晴れやかな気持ちになります。けがれなき日の丸。

秋篠宮家は 国民の希望。明るい未来です。
やっぱり (ゆう)
2015-10-08 22:07:20
そんな気はしてたんですよね....
皇后様の、着せ替え人形になってる気が...
まさかのまさかが本当だったなら (白樺ギライ)
2015-10-08 22:22:38
産児制限の噂は、かなり早い時期に聞いていましたが、まさかねえと思っていました。普通の感覚を持っていれば誰だってそう思いますよねえ。
でも、99%本当だった。とすれば、もうひとつの噂についても考え直さねばと思っています。心情的には、噂が真実であることを望みますが、同時に皇室典範一部改正を望まなくてはならないようです。

また、あの有名な皇室典範改正の動きの前にも一度改正の動きがあり、その案のひとつに天皇の配偶者にも皇位継承権を持たせる、というのがあったそうなんです。どなたかその真偽をご存じの方がいたら教えてください。
もしそれが本当なら、皇位簒奪の企みと言えるのではないでしょうか?
エライことです。
いい気になって私物化できるものではないんですよね、皇室というものは。

奥歯にもののはさまったようなコメになってしまい、申し訳ありません。
Unknown (小倉ねじりん棒)
2015-10-08 22:30:11
BB様、皆様、こんばんは(^o^)

コメントの中に高円宮家にも産児制限していたというのがありましたが、ということは高円宮家はミテコが断絶に追い込んだ可能性があるということですか?

物事にifはないので産児制限などという馬鹿げたことをしなければ断絶しなかったとは言えませんが皇室が栄えることを考えなければいけない天皇皇后が断絶させてどうします。

皇統以前に秋篠宮家も断絶させられるところだったわけですからこの婆さんのしでかしたことは到底許されることではありません。

ナル家だけが残ればいいんでしょうね。ミテコの頭にそもそも皇室の概念がないように思います。

ミテコの悪行の数々をみていると紀子妃殿下など時代が時代なら刺客が送り込まれて亡き者にされてもおかしくないと思いました。

ユウちゃん殿下も。

BB様、ミテコはワイズでもなければクレバーでもない、ただの悪党が正解ではないですか?
片足ベビーシューズの件 (Unknown)
2015-10-08 22:38:55
ご出産お祝い時は片足でしたが
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3ji/img-box/img20060910212107.jpg


満一歳のお誕生日
ちゃんと両足揃っています (テーブルの上)
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3ji/img-box/img20070906090128.jpg


なんで最初は片足だけだったんでしょう。歩けるようになったらもう片方を贈るとか??
なにか意味があっての事だったのでしょうかね。

よく見ると両足乗ったのは最初のとはまた別物のような感じですね。
この理不尽に、、、、 (会社員)
2015-10-08 23:16:24
 はらわたが煮えくり返る。
秋篠宮御一家と、月とスッポンの盗宮アホ3人の待遇の差のひどさよ。
このままでいいわけがない、
陛下、シッカリしろよ、男だろ?(頭悪過ぎたか!)
どうして正田美智子は、盆暗を異常に可愛がるのか?

俺も祈る。
美しい秋篠宮殿下が次期天皇陛下に。
そして、悠仁天皇陛下のお姿をこの目で必ず拝む。
うろ覚えの風の便り (紅如)
2015-10-08 23:19:52
BB様、いつも素晴らしい記事を拝読しております。
今回の記事を拝読していて、以前に妹から聞いた話を思い出しました。
大した話ではないのですが、妹の知り合いに元宮内庁に勤めておられた親族の方がいらして、美智子様はとても厳しかったという話をしていたと聞きました。
それ以外にも色々なことがあるみたいだったのですが、とてもじゃないけど口には出来ないってそれ以上のことを聞くことは出来ませんでした。
聞いた当時はそんな又聞きの話でしょう?と取り付く島がなかったのですが、BB様を始めとした方のお話を伺っているとやはり本当のことだったのかと思って誠に遺憾に思っております。
記憶が曖昧なのですが、5年以上は前の話だったと思います。
ただ、今をもってしても伝聞の伝聞でしかなくうろ覚えの話なので、詳細も真偽も確かめる術は全くなく、単なる与太話として捉えて頂ければと思っております。
しかしながら、私が聞いた話が本当だとすれば、中で働いていらっしゃる方から本来ならば口に出来ないこととは言え、厳しいという言葉が出る辺り察するべきところがあったのかもしれないと思いました。
既に去られた方とは言え、現場からの声がもれてくる辺り結構な酷さがあるんじゃないかと思います。

乱文失礼致しました。
非公開で (BB)
2015-10-09 00:04:26
皇后に関することは、種々頂くのですがどこからどこまで、BBの判断で表に出して良いのかどうか解らず結局、口をつぐんでいます。

公開していい部分と非公開がごっちゃに書き込まれると判断つきません。

できればご自身の判断で、公開できる部分は公開でお書き下さいませ。これは絶対非公開、というのだけタイトル欄に【非公開】として、くださいませ。

単純に非公開で終わらせるのは勿体無い、という情報もあるのですが判断に迷うレベルのは、BB情報としても公開していません。
悠仁さまがお生まれになったとき (燁(旧うずら))
2015-10-09 00:07:21
ホテルの一室でニュースを見て
「神様っているもんだな」と感動したことをよく覚えています。
でも・・・。
わたしはびびりで拙いながらも思うところを怖くて書けない上に、ブログ主様、皆様のような「論」も持ち合わせておりません。
それでも毎日訪問しているのは、国の屋台骨が揺らぐ危機感を感じているからです。ブログ主様の言葉をお借りすれば「日本が普通に好き」なだけです。
積極的ではありませんが「知る」ということも行動のひとつと思っています。今はそれしかできませんが・・。
うろ覚えの風の便りの少し追加 (紅如)
2015-10-09 00:20:23
済みません。少しだけ追加させて下さい。

>それ以外にも色々なことがあるみたいだったのですが、とてもじゃないけど口には出来ないってそれ以上のことを聞くことは出来ませんでした。

上記の部分についてですが、妹が口に出来ないと言ったのでは無く、元職の方が口に出来ないと仰っていたと追加kさせて頂きます。
曖昧な文章で申し訳ございませんでした。
皿子さんのお人形 (m)
2015-10-09 00:58:30
素晴らしい記事を有り難うございます。

陛下の立ち姿のお写真を拝見するたびに、肩の上に頭が直接乗っているような、不自然な姿勢を不思議に思っていました。

お若かった頃はちゃんと首が見えていたのに、いつから?
まるで腹話術の人形のよう。
海外ではどのように見られているのだろうと…思っていたので、夜桜様のコメント(背筋を伸ばして両脚を揃えて座れない?)が気になりました。

現状、妻のご機嫌を伺い、日々平穏に過ごせさえすれば良いという究極の事なかれ主義の結果か、皿子さんの人形みたいな存在になり果ててますけどね…。

昔、日経新聞の「潔斎が辛くなってきたので、皇后の助言もあり水をお湯にかえられた」という内容の記事を読んで、あっけにとられたのを思い出します。

お湯を使う場合もあるようですが、水でなければならない所をお湯に変えたのでなければ記事にはならないでしょう。現天皇の祭祀に対する心構えはその程度なんだとガックリしました。

まともに祭祀ができないのならば、秋篠宮様に移譲して頂きたいです。
Unknown (読者)
2015-10-09 02:12:21
クニさんの事は皇太子が気に入らなかったから駄目だったとか言われていましたが
お皿局ことミテコ様が自分より格上の嫁が絶対に嫌だったのだと思いますよね。

紀子さまの事はちょっと舐めていたんじゃないでしょうか。
職員宿舎に住んでいるし、大したことない娘ね。
アーヤの相手ならイイわ。アテクシに従順そうだし みたいな(妄想です)

清らかな美しさと愛くるしい笑顔で日本中に紀子さまフィーバーが巻き起こり、女性誌はこぞって特集を組む
入内されてもすぐ馴染まれて皇后にとっては煙たい先輩妃方にも可愛がられて。
妻として母として妃殿下として素晴らしく優れたお方であられた。
常に自分が主役のお皿さまが面白い訳がない。


秋篠宮ご一家のお住まいといい、「お許し」がもう自然妊娠ですぐに授かる年齢では無くなってからといい
よくこんな酷い事がと・・・腹立たしいなんてものは超えています。


お蚕の時の眞子さまへの公開された手紙とか、お正月用の撮影時の悠仁さまだけ抱っこして玩具のてっぺんにさわらせたり
以前は微笑ましく見ていたものが、秋篠宮家への仕打ちがわかった今はご自分の良いばぁばアピールでしかないと嫌悪です。
ミテコさんは・・・ (kukia)
2015-10-09 02:55:31
BB様、皆様こんばんは。
いつもこちらで勉強させて頂いています。

今回の記事を読んで感じた事です。
言葉にしても良いのか迷いましたが、書いちゃいます!
ミテコさんは典型的な外面の良い毒親。
ナルさんは愛玩子。
秋篠宮殿下は搾取子。
清子様は放置子。(御付の方が居たけど)
しかも、現在進行形。
ナルさん家は、カワイイ、カワイイとこんなおっちゃんになっても溺愛されて、嫁共々何しても怒られない。
秋篠宮殿下と妃殿下の皆様は、本来ナル夫婦がするべき公務をギリギリの予算でなさっている。
世間一般で例えるなら、不当な賃金で働かされ、サービス残業させて賃金を搾取されてるようなもの。(いくらなんでも極端ですね。すみません)
ナルさんとマタコさんは廃太子・廃妃されるべきです。
天皇陛下には目を覚まして頂きたいです。
このままで良いはずがないです。
陛下自ら次の天皇は秋篠宮殿下とお言葉に出すべきです。

失礼いたしました。
Unknown (普通のおばちゃん)
2015-10-09 05:19:15
BBさま、皆さま、おはようございます。
恐ろしい妄想。
ナルチャンは女帝の独身時代付き合った方の子どもかも。
だから何としてでも天皇を継がせ、皇室を破壊したいのかもと。
あくまで何のエビデンスも無い妄想です。
私もそう思います。 (スウェデン)
2015-10-09 06:45:29
BBさま、皆様、いつもありがとうございます。

普通のおばさんの感想に、いつもうなづいております。喉まで出てきているけど、言葉にできない事を、いつも的確に指摘され、それ、言いたかったの!と一人で、納得しております。。

以前、某掲示板でなるさんは、天皇になる血が流れてないと、盛り上がっていた事が有りまして、まあその時は、父親の名前と写真までアップされていて、其れはそっくりでした。
それに美智子様は、自分は火葬にするとか、発表してましたよね。(火葬すると、DNA鑑定ができなくなるとか)
なるさんの恐ろしいまでの、天皇になる風格のなさを、秋篠宮様と比べると、歴然ですよね。
たまたま、主人が買っていた歴代天皇という本を眺めていたら、秋篠宮様の風格はもう天皇です。なるさんには天皇家のY遺伝子が入っていないのではと私は思うのです。
妄想っちゃ、妄想ですが!

失礼しました。
侏儒 (桃実)
2015-10-09 07:14:00
ナルさんの低身長って、現代では侏儒の領域なんじゃないかなあと、長年心に秘めて口に出さなかったことを、言ってしまいたくなりました。すみません。
とりわけ海外にいらっしゃると、単に背が低いというレベルではもう無いような?
男子でこんなに異常なまでの短足な遺伝子、皇室にいらっしゃいました? 今上は身長はさほどでなくても足長いです。昭和天皇もスタイルはよろしいです。
とりわけ海外の人と並ぶと、ミエミエのカツラと超短足で目を背けてしまいます。

しっかりなさることなさっていれば、身体的特徴など二の次であげつらうことはないのですが。
潔斎の件ですが (雪乃)
2015-10-09 07:40:29
潔斎の水がお湯に変わったという話は、以前高齢になった香淳皇后が冷たくて辛いのでぬるま湯にして欲しいとのことで、冷水ではなくなったとの記事を読んだことがあります。平成と昭和の入り混じったころのことですが、実際はどなたのご希望かはわかりません。誰かさんのせいにするのが得意な方がいらっしゃるので。

トーグー妃がまだ仕事をしていた頃、潔斎の水浴びを一人でするとして人払いをされていたそうです。終わった姿はとてもまじめに潔斎された濡れ方ではなかったということですが、これはどちらのM子のことでしょうか。神から見放されるのもむべなるかな。
威厳はどこへ (雪勇気)
2015-10-09 07:55:36
BBさま、おはようございます。読みごたえのある大作を書き上げてくださいまして、ありがとうございます。目、腕や肩、腰等はお辛くありませんでしょうか?どうぞご自愛くださいませ…。

菅官房長官の「子供をたくさん生んで」と「生むのを遠慮して」は、どちらが異常でしょう。また、悠仁親王殿下御誕生際してのコメント、あれは異常を通り越しています。男子誕生に喜ぶのは、日本民族だけではありません。美智子様は、伝統を軽んじる闘争思想の下でお育ちなので納得できます。いくらおかしな家庭教師に教わり、日本人離れした思想の女性が嫁いでも、天皇陛下ともあろう御方がそこまで染まってしまうとは。
今上両陛下のご成婚に際し、少なくない数の国民が身分を問わず心配したとされていますが、当時からあのお二人とその背後には、目に見えて問題がおありだったのでしょうね。
それがいつしか、批判は不敬で断罪され、北朝鮮の将軍様と変わらぬ報道になり、現皇太子ご一家は見るからに明らかにおかしいのに、同じ手が通用すると思っているのですから…。

今までも、天皇は何事も許されるわけではなかったし、批判はあったのですね。歯茎の方が言う「国民は天皇を信じるだけでよい」、ではなかったのですね。国粋主義の三島も週刊誌天皇制、美智子さんのロマンチックイメージ路線は禍根を残す、という風に言っていましたよね。保守論客の方にもメールしてみたいですが、どなたがよろしいでしょうか…。

平和や男女同権等々、誰も否定できない綺麗事を盾にして、結局何でもご自分達のお好きなようにされてきただけ…。祭祀を次代に繋げる気もあるのかないのか、おかげで威厳も無くされました。
とは言え、天皇は日本民族にとり大事な存在。決してなくすことは出来ません。押し付け憲法を変え、真剣に日本民族として天皇のあり方を考え、論じることができる日が来ると信じたいです。
BBさまの仰るように、声をあげ続けいのり続けます。
Unknown (清和月)
2015-10-09 07:56:26
BB様、皆様、いつもありがとうございます。

歳を重ねてどんどんお皿さんの正体が露になってきてますね。
私利私欲、自我剥き出しの冷酷な魔女に見えます。お皿さん憧れの慈愛のマリア像とは真逆です。

長男は自分に逆らわない「都合の良い子」だから可愛い。
秋篠宮様や清子様は賢い方だからある時気付いたのでしょうね、母の異常性に。
昭和天皇皇后両陛下に可愛がられた秋篠宮様は冷遇。
清子様は自分の小間使いぐらいの感覚だったのでは?と思わずにはいられません。

「働かざる者食うべからず」と申します。
お仕事内容と予算に全く納得が行きません!!
税金を納めている国民がもっと声を上げても良いと思います。

冷酷魔女も禍々しいヒトモドキ長男の嫁も中身空っぽなジャックオーランタン長男もハロウィンが終わったら人目につかないところに引っ込んでいただきたいものです。

日本の象徴として納得出来る方に次代をお任せしたいです。

失礼しました。
予感 (シルビー)
2015-10-09 07:57:13
もし今上がお隠れになってナルちゃん即位となれば
国民から大ブーイングが沸き起こるでしょうね。
それでもメディアは報道しない、となると
またネット世論から盛り上がり(エンブレムの比ではない
と思う)
時の総理(どなたかしら?)はも~う大変。
こんなみっともないこと他の国にはないですよ。
そうならないために御自分達から身を引けばよろしいのに
ミテコ様はそこまで考えが及ばない?
ナルちゃんが即位できると思っている?
国民はそれを許さないと思います。
Unknown (読者)
2015-10-09 08:13:44
私も妄想したことはあります
ご結婚と浩宮誕生の日を見ると、入内直前に別の男の・・・も不可能ではないなと

普通に考えたらありえない妄想ですが
富美さんが年頃の大切な娘がいるのに裏から若い男の記者を家に引き込んだり
皇后も花嫁みたいなベール写真撮らせたりとかするから

秋篠宮さまと清子さまはやれ女優の子だの、女官の子だのとデマを流され、皇太子だけ両陛下のお子だとするのは、逆にナルちゃんの出生に隠したいことがあるんじゃと勘ぐりたくもなってしまうんです

雪勇気さま (BB)
2015-10-09 08:17:43
>保守論客の方にもメールしてみたいですが、どなたがよろしいでしょうか

官邸がまず第一ですが、その他なら、


次世代の党 和田政宗議員 西村眞悟議員

保守論客なら、 

西尾幹二氏


西村眞悟議員は、バリバリ保守ですがこと天皇皇后に関しては頑迷だと思います。典型的、何があろうと両陛下は信奉組。だからこそ実情を知らせる意味があるかも。


西尾幹二氏は、柔軟な論客なのでもうご本人がお気づきかも? でも年齢的に天皇批判はとんでもないと、思い込まれているかも。
ただ、皇太子妃の父親はズタボロに斬っているので、公平な視点は持てる方かも。

渡部昇一氏も、物分りはよさそうです。
1ミリ単位のこだわり (kisaragi)
2015-10-09 08:58:30
BB様

不慣れなもので、失礼しました。別々にお知らせいたします。

私の知人に、昔、ドレメ(洋裁学校)の先生をしていて、ご成婚の後に美智子さんの服作りを担当をした人がいます。皇居にあがり、その部屋に行くと、まず消毒薬で手を洗わないと入室出来なかったそうです。そして、美智子さんはものさしを手に1ミリ単位で確認した、という思い出話をしてくれました。消毒薬を使うと手が荒れ、絹物が扱いにくくなるそうです。ですから、余り長くはその仕事をしなかったそうです。
20年以上前に、何となく聞いていたのですが、最近の驚くような実態を知るにつれ、昔聞いた話がよみがえってきました。
あの時にもっとちゃんと聴いておけば良かったと悔やみます。かなりご高齢の方ですが、お会いする機会があれば、もっと詳しく伺ってきます。
文章へのこだわりは? (kisaragi)
2015-10-09 09:07:40
BB様の身を削るような情報の発信には、感謝の言葉しか有りません。

連続で申し訳有りません。もう、ご存知かも知れませんが、お知らせいたします。

まず、少し前の記事で話題になった、美智子さんの講演の内容について、申し上げます。
動画をアップした方がおられましたは、その内容は当時国内向けのものがNHKで放映されました。
その日、仕事から帰った私に母が「美智子さんが素晴らしい講演をした。お前にも聞かせたかった」と、やや興奮気味に言ってきました。それは、調べると1998年9月21日にNHK-ETV特集だったようです。
その後、再放送があり、私も見る事が出来ました。それは、感動的な内容で、少しあとに出版された文庫版(「橋をかける」だったでしょうか?)を買いました。買ったものの、内容は分かっているので、本棚にしまいっぱなしでした。(余談ですが、最近になって、その本が愛蔵版で再版されるというニュースを見ました)

母がETV特集を視聴する事は考えにくいので、事前に1チャンネルで宣伝されたと思われます。
本を購入するまでもなく、
『イビー 美智子皇后』で検索すると、
一番上に宮内庁の「第26回IBBYニューデリー大会基調講演」がアップされています。

9頁ありますが、冒頭に「講演では時間の都合上削られた箇所も含めて掲載しています」とありますので、お忙しいのに恐縮ですがご覧いただけると幸いです。
耳で聴いた内容を文字で読むと、見えてくるものがあると思うのです。
タイトルの下に、美智子さんの写真が掲載されています。TVで見たときは何も感じなかったと思いますが、この頃から既に眉毛は上の方になっているのですね。

いくつか気になった箇所は次の通りです。
P.2の20行目最後
・自分の子供時代の読書体験をふり返り、自分の中に、その後の自分の考え方、感じ方の「芽」になるようなものを残したと思われる何冊かの本を思い出し、それにつきお話をしてみる・・・・

P.4の1行目
・生死観 → 死生観 ・・・普通、生死観とは、記述しないかと

P.4の下から18行目
・倭建御子(やまとたけるのみこ) → 倭建命 御子でもいいのですが、『命』の方では

P.4下から8行目
・謀に会う → 謀に遭う 

P.5 8行目
・海を静めるためや、洪水を防ぐために・・・ → 鎮める
津波や洪水を経験した今読むと、生々しい思いを受けています

P.7 下から9行目
・写真が、黒白 → 白黒

読書が趣味なだけで、専門家でもない私が指摘するのは僭越では有りますが、他にも数箇所「あれっ」と思うところが有ります。
通常の校正をしたら、訂正されるはず、と思われる記述が複数あります。文章の達人にしては、どうされたのか不思議です(皮肉ですが)。

季節の変わり目です。くれぐれもご自愛くださいませ。
kisaragiさま (BB)
2015-10-09 09:11:02
ありがとうございます。
Unknown (なん)
2015-10-09 10:19:22
いつも拝見させていただいています。

礼宮のチーズフォンデュ食べたいなのお写真、香淳皇后の優しそうなまなざしはもちろんのこと、その後ろにいらっしゃる礼宮を見つめる昭和天皇のお顔がほんとうにお優しそうです。

昭和天皇はもしかして自分が崩御した後、こうなることをわかっていらしたのではと思うことがあります。だからこそ、折に触れて天皇の器がある礼宮にひそかに帝王学のようなものを授けていたのでは・・・もしかして「礼宮が将来天皇になる可能性がある。そのときは頼むよ」と。象徴であるご自分の立場で、礼宮が将来の天皇になったほうがいい公言はできないでしょうし。

自分の母親の様子、兄の様子を見続けていた礼宮は「とても国の象徴にはなりえない、本当におじい様の言った通りになるのかもしれない」と感じられたかもなぁと。私には霊感もありませんし、妄想に近いですが。でも本当にそうなってほしいです。現在の東宮にとても頭を垂れる気にはなれません。

昭和天皇は祭祀王として、一心不乱に国家国民のため祈り、トランス状態(うまい言い回しが思い当たらないので俗っぽいいいかたですみません)になることもしばしばであったと聞いたことがあります。
そのようなお方が、現在の皇太子をよしとするとはとても思えないのです。

今年は驚くほど水害が多かったです。国民に被害が及ぶのは本当につらいことです。でも国民に何がただしいことなのか気が付けと言われているような気がしてなりません。
白馬 (nanako)
2015-10-09 11:16:52
白馬…宮中行事に「青馬の節会」というのがあるくらい特別な馬なのでは?
皇太子ならまだしも、なぜ美智子さんだけが?
写真から推察すると昭和天皇の御世のようなのに、誰ひとり諫める者はいなかったのでしょうか?
このときすでにこのド厚かましい女は制御不能だったんでしょうか?

それにしても礼宮さまの寂しそうなお顔…
いまさらながら紀子さまにめぐり合わせてくださった神の御差配にはただただ感謝いたします。
日本武尊の妃弟橘比売の吾妻における­入水の物語などを引いて、成婚以来の胸中を語った。 ((´・ω・`))
2015-10-09 11:24:15
美智子皇后陛下が英語で語られた倭建御子と弟橘比売命の物語
http://www.youtube.com/watch?v=h5QDFb8rJOQ
~国際児童図書評議会ニューデリー大会・基調講演より~1998年(平成10年)、インドで開催された「国際児童図書評議会 (IBBY)」に際してビデオによる講演を行い、日本武尊の妃弟橘比売の吾妻における­入水の物語などを引いて、成婚以来の胸中を語った。7899
Icono aviso borrar.svg 現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。 ((´・ω・`))
2015-10-09 11:35:03
この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

出典が求められています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2015年7月)
大言壮語的な記述になっています。(2015年7月)
雑多な内容を羅列した節があります。(2015年7月)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%90%8E%E7%BE%8E%E6%99%BA%E5%AD%90
Unknown (もっちー)
2015-10-09 12:12:46
陛下は、9月6日その日、北海道にて
「ただいまは、秋篠宮妃の無事の出産に対しみなさんにお祝いしていただいたことを深く感謝しています。どうもありがとう。」

という原稿になかった異例のコメントを発表されていました。
ですので喜びはあったと思います。

ただ、皇后がアノ考えですから誕生日会見でいつものように皇后に気を使った発言になったのかなと。

某掲示板では女性宮家について、陛下は若宮様がかわいくサポートするために秋篠宮家の内親王を残したいからでは、皇后は敬宮さまを基準に考えて残したいからでは、という憶測がなされていました。
私もそうかなと・・・。

>また2011年。皇室の産婦人科担当医を40年務めた坂本正一御用掛が退任。

これは2001年ですね。
ひゃーーー! (あらら)
2015-10-09 15:34:05
普通のおばちゃん様のコメントにのけぞりました!

私にとって今の今まで思いも付かなかったことです。
まさか!
いや考えるだに恐ろしいことですが、もしそれが事実だとすれば全てすとんと納得できてしまうじゃないですか。恐ろしさに胸がドキドキ。
もしそうなら完全に日本の皇室根こそぎ乗っ取りじゃないですか。

普通のおばちゃん様、短いコメントながら凄い衝撃でした。有難うございました。

私も今妄想しちゃいました。

昭和帝は浩宮を自分の実の孫ではないと感じていた(もしくは知っていた)のではないでしょうか。
実の孫は礼宮と紀宮だけであると。

それから、私も20年位前実際に人から聞いたことがある「礼宮は女優の、紀宮は女官の子」という噂も、実は逆であり、「実は他人の子は浩宮であった」のスライドであれば、納得できる。

何か新しい展開が広がってどきどきしてます。
あ、いや~妄想ですけどね。
妄想ですけど。はい妄想ですけど。
身長 (白樺ギライ)
2015-10-09 15:43:43
桃実さま
香淳皇后のお父様の久邇宮邦彦王が、低身長かつ太めだったようです。
春と秋 (通り吹雪)
2015-10-09 17:33:21
東宮は「春宮」とも、昔は書いたそうです。

「秋篠宮」の由来ともなった奈良の秋篠寺には、「東洋のミューズ」と讃えられる美しい技芸天がお祭りされています。

天智天皇の宴で、春山・秋山の甲乙が話題になり額田大王が判定を求められ、秋山に勝ちをと詠った長歌(ちょうど今読んでいた本で出てきたので)

冬ごもり 春さり来れば
 鳴かざりし 鳥も来鳴きぬ
 咲かざりし 春も咲けれど
  山を茂み  入りても取らず
  草ふかみ  取りてもみず

秋山の 木の葉を見ては
 黄葉をば 取りてぞしのふ
 青きをば 置きてぞなげく

そこし恨めし 秋山われは 


ナス子様ブログでご紹介の、美智子妃の「麦ブローチ」も腹立たしく、いろんな考えグダグダで纏め切れませんが・・・

冒頭のご一家モノクロ写真で、後ろに掛けられている日本画、安田靫彦さんの倭姫命ではなかったかと気になり、画像検索で調べてましたら秋篠宮様と眞子様のお手繋ぎ写真にばったりと・・・

『自然派の宿 たまや』さん
http://www.tama-ya.com/noshiawabi.htm


最近眞子様のお小さい頃のお写真拝見し、悠仁様と似てらしてびっくりした事がありました。

秋篠宮様も、ずっと美智子妃似と思っていたのですが、皆さまおっしゃるように、ほっぺたぽちゃぽちゃの頃のお写真は香淳皇后様の面影があり、お可愛らしいです。

ひっちゃかめっちゃかで失礼致します・・・m(__)m
男は女次第とは… (らむ子)
2015-10-09 18:52:53
一句一句に籠る。日本が戴く真の「天皇」の存在の素晴らしさを知るが故のBB様の義憤。
殊の外深い皆様のコメントに、また感慨深く。思いは同じと、感じ入ります。

男は女次第と巷間言われますが。(元来女性の方が性根は強く、その強さが我を通す強さか、尽くし護る強さであるか。)その真理を見せつけた天皇家であります。

小泉信三も、姉の孫娘と親友なら、その性根も知らぬ訳でもなかろうに。
女学生時代の、笑みで写る事が自然なシーンの数々に、あの太々しい不満に満ちた面構え。
真っ黄色の着物に、石破茂もその眼力には負ける三白眼睨みのお見合い写真。違和感を感じなかったのでしょうか?
わざわざキッツーイ性格の、神道のしの字も理解せぬ、赤味がかったリベラル娘を選び、白粉まぶして送り込んだとさえ思えます。

当時、危惧し、警鐘を鳴らす人はいなかったのか?
と、コメントに、記される方々。

ごもっともです。

実は心配する声は挙がっていました。その一つが…
昭和34年2月9日 内閣委員会にて、元郵政政務次官平井義一衆議院議員が、宇佐美宮内庁長官にかなり詰め寄り問い質しています。皇太子教育掛の小泉信三の更迭にも言及するほどに。正鵠を射る指摘は背筋が寒くなるほど。

平井議員が差し出した転ばぬ先の杖も虚しく、驚くほど議員の憂慮どおりに内廷皇族の堕落は現実となり、現在、BB様を筆頭とする有志のご尽力により、国民の眼に露わとなっているのです。

議事録 : 第031回国会 内閣委員会 第5号 昭和三十四年二月九日(金)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005a.html

最近、ブログふぶきの部屋様で取り上げ、解説記事が連載されています。(議事録より読み易いです)
ttp://blog.goo.ne.jp/yonyon4009/arcv/?c=4a5b767dc5e83961df1ac6f07a092c1c&st=0

秋篠宮さまは、幼年期のご苦労からか、本当にお目が高く。さらに、部活で行動を共にし紀子さまのご性格を良く知った上でご結婚されていますね。昭和天皇・香淳皇后の姿から、理想の夫婦像と見極めを学ばれたのでしょう。
繰られゆくプロセス (らむ子)
2015-10-09 18:57:06
もっちー様が記された、悠仁殿下ご誕生当日の天皇陛下の「どうもありがとう」の件
動画あります。

天皇陛下 秋篠宮妃の出産のお祝い「どうもありがとう」(日本顕微鏡学会記念式典にて)
http://www.youtube.com/watch?v=SiZ8iQ4k_Vo
上記動画の組画像
http://www.dosuko.com/bbs/img/1402047325.jpg

「只今は、秋篠宮妃の無事の出産に対し、皆さんにお祝いしていただいたことを深く感謝しております。どうもありがとう」

ご誕生当日は、相好を崩され。さすがに天皇陛下、お喜びと安堵のご様子でした……
米国人から祝福されれば「サンキュー」と答えられ、街頭の祝福にはお頭を下げられたそうで、それはそれは心からのご様子と拝察されます。

紀子さまの、真にお命懸けたご覚悟のご出産でしたから、そりゃご無事が何より嬉しいことと思います…が。
午前8時過ぎにお誕生日で、午後2時過ぎからの日本顕微鏡学会の記念式典。親王殿下であることはお分かりで、
「親王の誕生を…」と、言うことができないプレッシャーが…斜め後ろに。作り笑いの小皿さまが。レーザービームをジーッと飛ばしていらっしゃいまして。

これでミテコさまが、会見で口頭回答は危ないと…天皇誕生日の会見を、文書読み上げにさせたのかも~立派な新生児って~

・皆様ご存知、毒りんご…いやいや、片足ベビーシューズに…
・早速水を差す。女性週刊誌~雅子さま「ご帰国」紀子さま「ご出産」でも尽きぬ、美智子さまの憂慮。
http://www.dosuko.com/bbs/img/1408943229.jpg
・「美智子は皇太子の系譜に皇統を継がせたい」
当時、こんなご出産直後に鬼のようなこと言いますかい。と、ガセネタと気にも止めませんでしたが…
実は鬼だったんです。

・そして「立派な新生児」
昭和から平成に代わる時… (鈴生)
2015-10-09 21:34:16
自分のまわりの大人達は、両親、親戚みな朝日新聞を読んでおりどちらかというと昭和天皇の事を批判していました。厄介者みたいな口ぶりをしていたように思います。自分は真偽、詳しい事も知らないし判断も出来なかったが、ただ植物好きな陛下の事をどうしてもそういう風に思えなかったし悲しかったけどその事は誰にも言っていません。
(自分も植物好きですし同じく植物好きな父方の祖父に重ねていたから、というのも有ったでしょうが…。)

そして平成に代わってしまった時、子供の目からすると既に老いて見えた陛下だったので平成は長くは続かないだろうな、とがっかりした事を覚えています。何というか、えっ?大丈夫?みたいな印象。存在感が無いというか、ぼんやりとした光が無い灰色な感じのお二人で。
子供向けの歴史の本や古典でも、老いたり身体が弱い(或いは病がちになった)天皇は上皇となり新たな若い天皇を立てたりしていた事は載ってましたから。

秋篠宮殿下、妃殿下に対しては、たまたま車で何処かへ行き過ぎる時、こちらは友人と一緒でしたが一瞬だけお姿を拝見した事があります。友人の一人は沖縄出身だったのですが、凄く嬉しそうにしていました。自分も、ほとんど訳がわからないままでしたが、わぁー!と気分が高揚した事を覚えていますしその感覚を忘れられません。

今考えると、その諸々の感覚は自然な感覚だったんだなぁと思います。記事中の殿下のお写真を拝見すると、より一層頷けます。そして、(現状に対して)なぜ…?と思います。
(このように思うのは母方の祖母の祖父あたりに神通力を持った神職の方が居たようで小さな頃から山や林や森を好む身だから、かもしれないですけど。)
謎解き (ネコオドリ)
2015-10-09 22:48:47
BBさま、皆さまのコメントを拝読していて、推理小説の後半、謎が解けていくさまを目の当たりにしているような気持ちで、しばしボワーッとなっておりました。
乗馬の画像を見ていると、白いお馬さんが「う~ん」と首をかしげているようにさえ見えます。隣の鹿毛馬さんが「どうしたの?」と訊いているようにも見えたり。1枚の写真からも、女帝物語の旋律が洩れ聞こえてくるようです。
しかしながら、秋篠宮殿下とサーヤ様が拗けることなく、清清しく、国民に希望を与える力を持つ大人になられたことを鑑みると、やはり神様はいらっしゃるのだな、と実感いたします。
普通のおばちゃん様の妄想は直感かもしれません。俄然、気になってまいりました。
雪乃様 (m)
2015-10-10 00:08:03
レスポンスありがとうございます。
香淳皇后がぬるま湯に替えたという記事もあったのですね。
これが事実だとしても、天皇と皇后ではお立場が違うと思うのですよね…。

神社での潔斎について少しググってみたんですが、いまひとつ水でなければならない場合とお湯でも良い場合の線引きがわからず、お湯での潔斎というものが昔から伝統的にあったものなのか等、余計に疑問が増えてしまいました。

何でそれにこだわるのかと言えば、あの記事を読んだ時に「天皇もただの人」という印象と共に、皇室の形骸化という言葉が浮かび、大して皇室に興味があった訳でもないのに何とも残念な気持ちになった事を覚えているからです…。

天皇が祭祀をおざなりにすれば、その影響を受けていずれ日本中の神社の祭祀もgdgdになってしまうのではないかと心配しています。

でも更新された記事を読み、心配ばかりせず私も前向きに祈らなければと思いました。
なんだか美智子サン コンミンテ (にょり)
2015-10-10 00:20:11
BB様、皆様、こんばんは。

礼宮様、紀宮様のいつの時も淋し気な表情、親の立場の見方でみるととても苦しくなります。
子供にそんな思いをさせるって…
信じられないです。

そして皆様のコメント読んで勝手に今思ってるのは美智子サンってコミンテルンみたい。

Twitterのハッシュタグに
「 #お前らが絶対に許せ無いと思った悪役の画像くれ 」ってのがあるんです。
頃合いを見て美智子サンの画像を貼ってみます(スルーか袋叩きかどちらかな?)

BB様、いつもありがとうございます。
深夜に失礼致しました。
清浄の極み。 (伊藤知昭)
2015-10-10 04:37:00
BB様、皆様。

何時も御世話になり、有り難う御座います。

天上の調べのような集い。
言霊の響きあうブログ。

日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。


どうも失礼致しました。
人形を抱いてるような (ぬりえ)
2015-10-10 10:01:12
電車で抱いてるの礼宮さまなのか人形なのか分からない写真があり。
あくまでも (旭)
2015-10-10 13:47:37
戦前、工業で成功した私の曾祖父は資産家で、
多くの書生さんや、留学生を援助していました

それはもう40年程、昔の話です

宮内庁にお勤めの書生さんが退官され
曾祖父に下賜された品物を持って挨拶をしに
来てくださいました

その時の話です
当時の東宮妃は浩宮出産後、
子供をなす事が難しくなったので、
皇太子は皇統を繋げるため大きな決断をした
これが後々、皇統の危機を招くかもしれないと
言っていたのを記憶しております

今は亡き祖父は相手の方がどういう方か聞いたようですが、
噂になっている女優さんではないとは断言しておりました

もし、この話が事実であれば、
秋篠宮やサーヤの冷遇の元なのかなとふと思いました
Unknown (Unknown)
2015-10-10 15:46:12
あくまでもネットの噂ですが、天皇一族の警護、護衛を主務とする皇宮警察の間で語られている話で、
那須の御用邸で一人寂しい静養生活を送っていた美智子様と、警護を担当していた若き偉丈夫の皇宮警察官の間にできたのが、
秋篠宮様という話と、

それとは別で、秋篠宮様が誕生するまで、美智子皇后は一度もお腹が大きいころの姿が、一切、 マスメディアどころか周囲の人に見られていません、とする話。

時系列を追えず、噂話だけ列記させていただきましたが、気になる部分ではあります。
不思議なウワサ話 (アカサ)
2015-10-10 16:42:06
 どこからともなくやって来る「実は、秋篠宮さまの母は・・・」というウワサ、まめというか必死というか
(^w^)

どうせ、出生のウワサ話なら
「実は、皇太子の父親は・・・」という 普通のおばちゃんさまの妄想話に一票
こちらの方が、衝撃度満点
(^w^) (^w^) (^w^)


 日本を思い、日本人の為に祈る次代を望みます。
Unknown (読者)
2015-10-10 17:34:15
>>秋篠宮様が誕生するまで、美智子皇后は一度もお腹が大きいころの姿が、一切、 マスメディアどころか周囲の人に見られていません


昭和40年10月 学習院幼稚園の運動会でお腹の大きなおたぁさまを引っ張り出して一緒にお遊戯するナルちゃんの画像がネットで検索すれば見られますよ・・・呆


ほんと、どうせ噂ならナルちゃんの父親の妄想話でも広めて下さいなw


*BBさま上手く投稿できなくて、もしダブっていましたら申し訳ありませんが削除して下さい
読者様の、ダブっていた投稿の (秋葉)
2015-10-10 17:42:08
最初のを読み、レスを書いていたところでした。


>昭和40年10月 学習院幼稚園の運動会でお腹の大きなおたぁさまを

見ましたが、お腹は大きいように見受けません。

ただ、誰の子とかいう話には興味がありません。
証拠が出せないので。単に、上記の写真ではお腹はぺったんこに見えます、というだけの感想です。

妊娠中に高いハイヒールをはき、玉転がしで走る?
というのも、変な気はしました。
お腹の大きな (ichigo)
2015-10-10 19:21:28
横レス失礼いたします。
読者様、秋葉様,こちらの写真ではないでしょうか? 
「おめでた間近かのママをひっぱりだして、ゆうぎをされる浩宮さま(皇太子殿下)=昭和40年10月」
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-ef-34/meiniacc/folder/1045610/15/41867315/img_1?1279636645

出典元
http://blogs.yahoo.co.jp/meiniacc/41867315.html

皇室の光 (元女子高生)
2015-10-10 20:02:21
初めて頭から離れなかった皇室映像は、秋篠宮ご一家の椅子に座って何かを眺めている光景でした。

(不敬ではありますが、当時は皇室がよくわからなかったため)
「すっごい美形のご一家がいる!!」という印象でした。私がまだ子供だった頃ですが、”清々しさ”とか”きれい”と思わせる雰囲気というか、直感でそう思わせる力があるというのは素晴らしいと思います。もちろん、お顔立ちが整っていたというのはありますが。でも、それも含めての惹きこまれる何かを感じました。良い意味で強烈な思い出です。

特に紀子さま。以前にも増して内側から強い光を放っているように見えます。一点の曇りもないような、全ての邪を払うような。霊感がない私にも目に見えて神々しさが伝わってくる感じがするんです。

美智子ばあちゃんが大好きな耶蘇教的に言うなら、紀子様は聖母マリア様のようです。産児制限をかけられ高齢出産を余儀なくされた中で、奇跡の男子ご誕生。それを祝福するような吉兆、瑞兆。悠仁様はイエスキリスト様。
現代に神話が戻ったかのようです。褒めすぎでしょうか。でもそれほどの力を秘めた方々だと思います。

天皇皇后はというと、残念ですが、印象が薄い…とにかく薄い。きっと自分が子供だったせいだと思ってみるが、やっぱり違う。

(お年寄りの方々には申し訳ないですが)高齢だから雰囲気も沈んでるんだろう、天皇陛下も頭が前のめりになって首が短く見えるからだろう、身長が小さいからだろう、美智子様も髪が白いからだろう…
本当にそうなのかなあ?
「何が原因だとか、そういうのはさっぱりわからないけど、何かが変。なんでだろう…」と。

ですが、BB様のこれまでの記事を読んでいて、子供ながらの直感は間違っていなかったんだと、心にすとんときました。

美智子ばあちゃんに皇后はふさわしくない。
これまで混沌とグレーゾーンだったものが、白黒・善悪がはっきりと分かれてきたような感じがします。日本は神々に守られた、恵まれた国。
日本人でよかった!!(*´ω`*)

長文、失礼しました。
お腹大きいでしょうか? (希美)
2015-10-10 20:35:24
「おめでた間近かのママをひっぱりだして、ゆうぎをされる浩宮さま(皇太子殿下)=昭和40年10月」


これで、臨月間近でしょうか?
あとやはり、秋葉さんのおっしゃるように臨月間近で
ハイヒールで運動会に出て行き、玉転がしで
走る姿に(おなじ運動会の画像)違和感を覚えます。
ただ美智子さんが妊娠してないとかいう説ではありません。素朴な疑問というだけです。見方が悪いのかしら? 臨月のお腹には見えない・・・・・
Unknown (Unknown)
2015-10-10 21:15:46
今上のお子でさえあれば母親が仮に皇后で無くても構いませんが、秋篠宮殿下は皇后と面差しが似ていますからやはり親子でしょう。

しかし、幼少の頃はお顔が大変ぽちゃぽちゃとしていて、香淳皇后に似ていらっしゃいましたね。

香淳皇后のお若い頃は、目元など眞子さまも似ていらっしゃいます。

佳子さまは昭和天皇と幼少時がそっくりでしたね。


御子様方に昭和の両陛下の面差しがあるのも嬉しく思います。
寺院・神社ともgdgdですよ (雪乃)
2015-10-10 21:29:28
m様 あちこちニュースにもなっていましたが宇佐神宮も10年来の宮司の跡目問題で大変でした。世俗的過ぎて何だかなあって見ていました。出雲大社と宇佐神宮だけが二拝四拍手一拝を行うところなのに・・・出雲は大丈夫でしょうか。あの娘が嫁いだきり音沙汰無しですが、島根の方情報はありますか?

お寺も経営難とかで売りに出されたり乗っ取られたりと脱税するために利用されてたりしてますね。本来身近なところのはずなのにいつの間にか遠くに感じられるようになりました。葬式ぐらいしか縁がないというのもおかしいですね。仏式の結婚式を一度見たことがありますが、白無垢がよく合っていました。
再度失礼します (ichigo)
2015-10-10 21:41:18
http://blog-imgs-71-origin.fc2.com/m/a/s/masakosamalove/20150620215004af3.jpg
(1964年10月3日学習院幼稚園運動会 玉ころがし)

こちらは、昭和39年ですから、前年のものです。
着ているお洋服も良く似ていますが、襟や形はちがいますね。

ご参考 (らむ子)
2015-10-10 21:42:07
話題の 「おめでた間近かのママをひっぱりだして、ゆうぎをされる浩宮さま(皇太子殿下)=昭和40年10月」
TVワイドショー(ひるおび)で、その折の動画が放映され、それをキャプった組画像がdosukoに保存されていました。いろんな角度から写っています。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1286863456860.jpg

3列3段目の画像や1列4段目は、お腹膨らんでいます。
でも屈み込んだ画像は・・・?

11月30日にお生まれになることを思うと…
お腹膨らんでいても、個人差があるとはいえミテコさんの姿勢に重量感が薄いようにも思えます。

一般論です : 妊娠中の体型の変化(5ヶ月~10ヶ月)
http://baby.goo.ne.jp/member/papa/ninshin/1/
川端康成 (田舎娘)
2015-10-10 22:12:23
BB様、皆様、こんばんは。

美智子さんが第二子(礼宮)妊娠中のことは、川端康成さんが証言されていますよ。

ナス子様ブログの
『1965年7月~10月♡美智子様アーヤご懐妊中、そして三笠宮の子(やすこ)様、近衛文麿の孫と婚約』
『1965年11月~1966年5月♡美智子様31才華麗にアーヤご出産♡ありがとうございます』
に、妊娠中と出産後のお写真を載せておられます。
美智子さんのぺちゃパイがおっきくなちゃってる?(´∵`
美智子の子じゃないと不都合が? (日曜の使者)
2015-10-11 12:23:08
私は昭和大帝、並びに香淳皇后は心より敬愛申し上るが、
幼き頃より、現在の皇后両陛下、東宮一家を何故か嫌悪しているので特にそう思うのかも知れないが、

秋篠宮の母親の件がでると異常に反応するかたいるけど
美智子じゃないとダメなのかい?
美智子の子の前に陛下の子であることが大事

陛下と別の方の子ということを疑問とする発言を貶め発言って言うのは疑問だ

私なら反日工作員から送り込まれた美智子の子より
陛下と別の方のお子様でいらっしゃる方が
いいと思ってしまうし、
ナルへの病的とも思える溺愛ぶりと
宮一家やサーヤに対する数々の仕打ちとも思える対応の違いや
いくら身位が違うとはいえ、宮やサーヤの遠慮がちなおふるまい等の説明になると思える

勿論、ナルが陛下の子ではないと言う妄想?も
そうであれば今の皇室問題が一挙に浄化されいいと思う

結論、宮が天皇の子であり、この国に対して祈り続けていてさえくれれば
誰の子であろうと問題ないと思う

美智子ギライからすれば
更に美智子の子でなければ言うことなしだ

更に希望を付ければその誰かに当たる人物が宮家であれば盤石だ
宮腹は美智子がいくらごねても叶わんもの
自分より格下とも思える相手の子なら
いくらボンクラナルであってもその継承出来という
根拠のない自信を持ちそうだが、
そうじゃない場合は徹底的に貶めそうだよ美智子は

美智子を排除しない限り、皇統の危機は続く
舌足らずでごめんなさい! (田舎娘)
2015-10-11 20:07:40
BB様、皆様、こんばんは。

(Unknown)様 2015-10-10 15:46:12
の、コメントの

>秋篠宮様が誕生するまで、美智子皇后は一度もお腹が大きいころの姿が、
>一切、 マスメディアどころか周囲の人に見られていません

に、お答えしようと思ってコメントしたつもりだったんですが、なんだか、らむ子様に反発してるように見えますね ありゃりゃどうしましょ、決してそんなつもりではございませんです
らむ子様、申し訳ございません!m(_ _)m
Unknown (普通のおばちゃん)
2015-10-12 18:11:25
BBさま、皆さま、こんばんは。
私の妄想に付き合って下さった方々に深く感謝申し上げます。
ありがとうございます。

子供の頃のナルチャンの冷酷そうな顔付きや、浜尾さんの住いについて貶めた言葉や、川端康成氏の山荘で勝手にお菓子を6、7個食べて先に帰ったとか、
お情け深く品位ある昭和天皇や皇后の血を引くとも思えぬ振る舞いに、
もしかして天皇家の遺伝子が無いのかなと思いました。
美智子さんは婚礼後17日目かでお里帰りをされたとか、
実家のお母さんと直通電話を引いていたとか、
皇室とストラグルの実家の母親だから、なんでもありかもしれないと思いました。

どなたかこっそりと、ナルチャンの飲んだコップの唾液からでも、遺伝子を調べてくれないかなと期待しています。

神域の皇居内で神を欺く行いを、いくら気の強い美智子さんでもできるとは思えませんが・・・・・・・・

またまた妄想話で失礼致しました。

最も合理的なストーリーを考えてみました (推理)
2016-09-28 23:08:27
最も可能性が高いのは「皇太子は今上天皇皇后両陛下の子」「秋篠宮殿下(もしかすると黒田清子さんも)は、今上天皇と美智子皇后以外の女性の間に生まれた子」だと思います。
明治天皇の代までは側室制度がありましたし、戦前は庶民の家庭でも妾に子供を生ませることは珍しくありませんでした。

美智子皇后は第2子を流産しています。そのため、それ以降はご懐妊できなくなり、当時の宮内庁が今上天皇に、他の女性と子供をもうけることを勧めたんじゃないでしょうか。

雅子様大好き 1963年♡お子をお失くしになっておつらい美智子様♡
http://masakosamalove.blog.fc2.com/blog-entry-254.html

秋篠宮殿下には、以前から「宝塚女優の加茂さくらの子」という噂がありました。これが本当かどうかは分かりませんが、もしも美智子皇后が皇太子を偏愛する理由が「秋篠宮は、自分がお腹を痛めて生んだ子ではないから」ならば、それが最も説得力があるような気がします。

加茂さくら 秋篠宮(礼宮)の実母という都市伝説がある女優 - Dosuko Wiki - Wikia
http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E5%8A%A0%E8%8C%82%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89

幼い頃からアメリカ的な個人主義とマイホーム主義を教えられていた今上天皇は、美智子皇后以外の女性と子供をもうけたものの、その後になって罪悪感に苛まれ、美智子皇后に頭が上がらなくなってしまったというところじゃないでしょうか。

今の皇室って、まるで「妻に弱みを握られて尻に敷かれている父親」「気の強い母親」「ダメ息子の長男」「しっかり者の次男と娘」というホームドラマのようなんですよね。

午後の雨やどり 船を漕ぐ <32>
http://blog.goo.ne.jp/soraoayumu/e/ea82322354081b40203793f67d5bf105
>このシリーズを書いていて痛感するのは、いまの皇室があまりにせまい範囲で考えられていることである。今上と美智子皇后の家庭、その長男である皇太子夫妻の家庭、この二つこそが正統であり、この父子の直系でしか天皇をつないではいけない。このような価値観に固定されていることだ。
>皇統の独占、皇統の私物化・・・このような言葉が浮かぶ。一核家族にすべてを与えてしまって、その在り様や存続のすべてが、わずか数人の意思で決まってしまう。なんとも恐ろしいことだと思ったときに、あの言葉がふたたび思い出された。

午後の雨やどり 船を漕ぐ <34>
http://blog.goo.ne.jp/soraoayumu/e/a64b75ddbf0c96b702f46f4033980408
>両陛下が女性宮家を希望されている(らしい)というのには、「ありなん」と思うこともある。つまり、このまま手だてを打たねば皇族が激減もしくは皆無となるのは必定である。それを補うには「女性宮家」か「旧皇族復帰」のほかに、今のところ方策はない。
>では、どちらを選びたいか。このように考えると、旧弊打破がモットーであった今上にとって先祖返りするような「旧皇族復帰」は、もっとも避けたい選択肢なのだろうと忖度(笑)する。80年の生涯をかけて皇室の民主化に努めてきた天皇にとっては、全否定にもひとしい。そして、旧皇族に対する恩讐とも呼ぶべき感情もおありではないのかと、これまた忖度する。

午後の雨やどり 船を漕ぐ <35>
http://blog.goo.ne.jp/soraoayumu/e/932774e0231d1f6c7f165f6328509f23
>新しい民主国家の理想に燃えて改革を進めたい皇太子(当時)にとって、彼らは越えるべき大きな壁であり、相克の対象でしかなかったはずだ。そして、やっと排除できたかと思ったのに、人生の晩年になってそれらが復活とは。無力感、脱力感、徒労感・・・。
>ならば、いっそ先例を曲げてでも女性宮家創設にしてもらいたい。このように思われても不思議はない。加えるならば、この女性宮家であるが、両陛下が真に望んでおられるのは黒田清子さん、その人ではないだろうか。降嫁されてしまったが、できるものなら今からでもと思われても不思議ない。

今上天皇皇后両陛下には、時々「もしかして皇室の伝統やしきたりを憎んでいるのでは?」と思うことがあります。もしそうならば、伝統を破壊することを「古いしきたりに囚われない」「開かれた皇室」のあるべき姿だと信じているのも納得がいきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。