BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

日本が普通に好き。 右も左も興味ない是々非々主義です。

学習院を落第した天皇陛下は左翼でいらっしゃいますか   《転載ご自由に》

2015-10-27 | 天皇皇后両陛下

朝夕冷え込んで参りました。皆さまお風邪など召されませんように。
本日は、ある頭と性格の悪い一組の夫婦のお話です。
頭の悪さと性格の悪さはおうおうにして同義ですが、妻のほうは明日
取り上げるとして、本日は夫のほうです。

今上陛下は、実質的に高卒です。

高卒が頭が悪いという論ではないので、誤解しないでくださいね。

宮中において、まやかしが行われているという話と、頭脳鋭敏とは遠いお方が
いっぱし、日韓友好へと半端に動かれ、慰霊に引っ掛けた日本国毀損行動と発言、左翼連中と一緒になっての九条護持発言が不当なので、記述します。

平和憲法護持発言は、九条堅持主張と同義です。

その頭脳鋭敏とは言いがたいお方が「クレバーだがワイズではない」妻と共鳴し合って、典型的に頭の悪い市民運動家夫婦並みになりおおせています。

愚かしさもここに、極まります。

「クレバーだがワイズではない」とは要するに地頭が悪いということを、婉曲に言ったのだと、つくづく理解した昨今です。

 優等であれ愚鈍であれ、いずれにしても、天皇の政治的発言も行為もまずいです。まして平民あがりの(敢えて)皇后ごとき(敢えて)が国家に関わる憲法や歴史認識に関わるご発言などお立場悪用、思い上がりも甚だしくもってのほか。

自らが堅持を主張する平和憲法に違背していることが解らぬほど、両者頭脳が機能していません。


 

 

李明博は、政権末期、Legacy(過去の遺産)づくりと退任後の身の保全のため、竹島に不法上陸し、天皇陛下に侮辱発言を行ったのは報道の通りです。

しかし、天皇侮辱発言の前提として、天皇陛下から李明博へ働きかけがあったことが、日本ではさして知られず、またことの重大さに気づかぬ国民が圧倒多数なのです。

李明博はその著書にこう記しています。

天皇陛下が2012年12月、別所駐韓大使を通じ、「日韓相互の友好関係が深まることを望む」との立場を李大統領に伝達して来た、と。

無論、李明博の著書に真実が書かれているという保証はありませんが、しかしこの重大な記述に対して、別所駐韓大使からも宮内庁からも抗議と訂正要求はなされていません。

これに対してすら、思考停止保守は天皇陛下に政治的発言はない、と突っぱね見ないふりを決め込むのですが、実際にあるものが、見なければ消えるというものではありません。

天皇の政治発言は現実です。平和憲法護持発言やら、戦後の知日派の米国人に感謝発言やら。サイパンでゲリラ的に、朝鮮人の慰霊碑を参拝なさったのも、政治的行動以外の何物でもないではないですか。

これも、思考停止保守がいかなるレトリックを用い擁護するか前もって解りますが、牽強付会です。戦後70年間の日韓問題をベースにした文脈では、参拝自体が政治的意味を持ちます。

象徴天皇制において、天皇の職務は、国事行為を行うことに限定され(第7条)、内閣の助言と承認を必要とする(第3条)。国政に関する権能を全く有さない(第4条)。

政府の反対を押し切ってのパラオ慰霊など、憲法違反に限りなく近い行動でしょう(慰霊自体の否定ではありません)

天皇陛下は憲法擁護を主張なさりながら、その言動は憲法から逸脱していらっしゃることにお気づきでありません。

象徴天皇制における天皇が、君主であるか否かは議論が存在していますが、拙ブログでは三島由紀夫と政府の見解を支持します。

三島由紀夫は、19世紀的意味での立憲君主制ではなくなったが、憲法第一条に天皇に関する記述があることを根拠に、「一種の君主国」だとして日本を捉え、また政府も「立憲君主制」と言っても差し支えない、と歯切れは悪いながらそれは肯定しています。

現在の日本の不運と悲劇は立憲君主であるお方とその伴侶が、日本国毀損の左翼市民運動家夫婦と変わらぬ思想をお持ちのことです。

そして、昭和天皇の御代までは「ならぬものは、はなりませぬ」と、お諌めする忠臣がいたのに、現在は皆無。むしろ小和田恒とう自虐史観の主、それが放つ創価勢力と外務省自虐史観者勢に取り囲まれておいでです。

国民が声を上げるしかない、困った状況なのです。

そして声を上げれば、思考停止自称保守が「不敬」とパブロフの犬的条件反射で石投げてくるのが現在です。

国民の声が十分に高まらねば、行政の長は動けません。ヤフオク事件に関しても然りです。

  

1953年(昭和28年)3月30日から同年10月12日までの半年余りにわたり、初の外遊。ヨーロッパ12か国およびアメリカ・カナダを歴訪。

学習院在学中の、半年間海外は異常です。学業について行けないそのことへの、苦肉の糊塗であったかと思われます。

エリザベス女王戴冠式への、昭和天皇名代参列をくっつけることで、学業中の長期海外をごまかそうとしたのでしょうが、無理ですね。かえって、他の必然性のない旅行が際立ちます。

以下は私見ですが、GHQの占領が終わったのがこの前年の1952年ですが、彼らが埋め込んで行ったウィルスが最も強く増殖している時期だったので、半年もの西欧遊学は、洗脳教育の総仕上げの意味もあったかもしれません。
学業不良によるごまかし策であったところに、GHQ勢力(日本側)が相乗りした可能性。

まだ「リメンバー・パールハーバー」の声が生々しい頃に、わざわざ剣呑なハワイの浜辺に立たせたり。戦後まだ8年目です。

いずれにしても宮内庁では「外遊の結果」学習院大學の単位が不足、と発表。長年の学友たちと学年が異なることを忌避するため、以後は「聴講生」として学問を続け「教育ご修了」としていますが、こんなけったいな説明、納得出来ます? 「外遊」の必然性は皆無でしょう?一言で言えば「落第」なのです。

現皇太子の寄付金を積んでのオックスフォードでの「聴講」と同義でしょう。

戴冠式なんて、数日間で済むのに半年間! それに英国とのお付き合いから言えば、本来昭和天皇皇后両陛下がお出ましが自然。

学習院の授業に「ついて行けなかった」が真相でしょう。現皇太子もそうです。下から2番目の成績で陰での密かなあだ名が「ケツに」。実は一番下で、さすがにそれはまずいので、架空の最後を置いたかもしれません。

頭脳は生まれつきで仕方がないです。ただその乏しい頭脳で、韓国との友好やら韓国への謝罪など、勝手に動いて頂くと困るのです

「先祖に朝鮮人」発言も、思考停止保守は言い訳して擁護しますが、頭が普通に動けば発言の結果は読めますよ。韓国国民が鬼の首でも取ったように天皇の祖先はウリの国ニダ、と言い募ることぐらいは。

SEALDsの連中が顕著ですが、平和憲法護持、九条堅持を言い募る連中の知能の程度をかねがね疑っていましたが、要するに彼らは頭が悪いのです。それに尽きるのです。馬鹿に選挙権を与える悲劇。思慮浅きを自覚せぬ輩が辿り着く愚論。衆愚の形成者たち。

まともな思考力があれば、即座の原発廃止やGHQ憲法護持が、なぜ日本にとって悪しきことなのか解りますね。議論の余地もないほどに明白なことです。

少年期のさなきだに頭脳が乏しいところに、GHQのA級戦犯死刑執行を用いた残酷なほどの恫喝とバイニングによる洗脳とに、すっかり染まったところへ、日本国民にとっては実は不幸の源であったカトリック左翼をGHQにより伴侶にあてがわれ、その伴侶の浅慮と共鳴し合って、現在の有り様でしょう。

皇室の温存と、その反面の弱体化施策はGHQ以前のOSSで決まっていたのではないかと思われます。皇室を日本弱体化のツールとして使うことも。

⇒OSS http://hidemichitanaka.net/column/single/110727/

 

何度も書いていますが皇室のことをあげつらう、という意識はなくただ、闇を見つめることはそこに光を当てることだから、書いています。

誰でも若い頃は多かれ少なかれ「チャラ男」の部分はありますが、それにしても・・・今更ですが・・・・こんなふうだったんですね・・・・・。

 

 

皇太子の頃の、チャラいしゃべり方を動画で見ていただきたく探しているのですが、今のところ見当たりません。美智子さまのほうが明晰で、これでは鼻面掴んで引き回されるであろう、と思われるていのものです。「女優」美智子さまの可憐を装う演技力もこの頃がピークです。

→ 読者様より教えて頂きました。

http://www.dailymotion.com/video/x2ovvjq

負のほうの遺伝子は全部現皇太子へ来て、足の長さ含め優秀な部分は秋篠宮殿下に行かれたかな? 

 

名前を裏返しにつけた、赤ふん。

拙記事に、不快な方もいるかと思いますが、これが現実です。

そこから派生しての皇室弱体化なので、触れざるを得ませんでした。

ここまで踏み込んで書くしかない状況になってしまいました。

 

備考

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news2/1321502434/ 

「皇太子への憂鬱」から抜粋(現在、絶版のようです)

 

やがて、彼を“象徴”と呼ぶ日の憂鬱を友人に語ると笑われた。

「それはお前がまだ関心がある証拠だ。いまや、おれたちには、彼にそんなことを感じることもない。無関心でいろ。その方が気が楽だ」

大宅壮一は生前、天皇、皇太子の職業論にふれて「天皇や皇太子は国家や民族のマネキンである」とたとえた。

私が皇太子というマネキンに衣裳を着せるなら、“マイホーム”という衣裳しかない。

BB注;結局、現皇太子における家庭第一主義は今上陛下発だったのです。注意もなさらず、放置なさっているはずです。かつての、自分の姿なのですから。

皇太子の女性週刊誌的疑似庶民像には、もう飽き飽きした。  

皇太子という四十二歳になる男性は、“妻の持参金”で食べている。

だが、その“貯金”はもうなくなりかけていることに、周辺は気づいていない。

そこに、不人気の原因と皇太子の不幸がある。これはある宮内記者の指摘だ。

貯金とは、金ではない。いわゆる“ミッチーブーム”といわれた、結婚のイベントである。

皇太子はあの馬車行列の日の、マスコミの興奮ぶりや沿道の拍手と日の丸が、

国民の間にいまも続いていると考えているのではないか。

 

「国民と共に歩むのがこれからの皇室である」という。

だがあれだけ広い御所に住んでいながら、記者会見で「殿下お住まいはいかがですか」とたずねられると、

せまくて困る。もっと増築してもらいたい。物置が混んでせまい」と答えられたと聞き、私は耳を疑った公人たるもの、物置まで口にすべきではなかろう。“マイホーム文化の模範”も限度がある。

 

こういう皇太子の言動に接すると、かならず対比されることばがある。

「父・陛下は絶対にそんなことをおっしゃらない」というのだ。

(中略)               

「今上天皇のお人柄と比較するのが気の毒なので、とびこえて大正天皇とくらべればいい」という意見が出る。

天皇は侍従の名を呼びすてになさる。皇太子は「さん」をおつけになる。にもかかわらず、

陛下の方がはるかに温かくていらっしゃるという声がある。   

 

(池田潔博士御進講のエピソード)

陛下は幼稚な質問から突っこんだ質問まで、身をのり出してなさる。 

終わると「池田、ありがとう、ありがとう。今日はおもしろかった」と持ち前の大きなお声でおっしゃり、廊下まで出て見送られる。 いっぽう皇太子は、棒をのんだようにストンとしておられ、ご進講が終わると「池田さん、ありがとう」と、スッと立ちあがってしまわれる

甘露寺受長(元侍従長)が著書に書いている。「陛下のおそばには、いつも笑いがたえない」と。

皇太子はどうかというと、残念ながらそれがおありにならない。学友は「殿下とは馬鹿話ができない。非常に利口で、間違っていることがあるととことんまで指弾し、やりこめないと気がすまない」

BB;「非常に利口」は皮肉だと読みました。「利口」は本来あの時代にはとりわけ、皇族に対して用いる言葉ではありませんから。

 

皇太子の現状に、はっきりと危機感をもっている宮内庁某関係者に“そろそろ浩宮に帝王学が必要なのではないか”というと、“いや必要なのは、皇太子です”」

 

宮内庁の幹部が「皇太子さまは、あまり他人の意見に耳を傾けられるほうではない」ともらしたが

バイニング夫人の著書『皇太子の窓』にもこう評されている。

「公的な人物にとっては実に大きな財産となる、あの愚者をもよろこんで寛容する能力を、殿下はどうやら欠いておいでになるように見受けられる」

BB;庶民流に翻訳すれば「ケツの穴が狭い」ということでしょう。上品に言い換えれば「思考に柔軟性がない」、つまりは頭が悪い。 

皇太子は世継の皇子としての環境の中で、当然のことながら“優者”としての意識を持っている。

それがときに、自分よりも能力のある人間に対して、不快に感じる性癖があったようだ。

バイニング夫人の著書に「殿下は自分よりも英語のできない友人をつれてくる」という意味の記述がある。

BB;セコイ…‥‥料簡の狭い性格の一端を実に明瞭に表現されてしまっていますね。自分よりも能力のある人間に対して、不快に感じる性癖は、美智子さまも同じ。だから皇太子妃として、最適な女性を退け、カスを入れました。似た者夫婦。破れ鍋に綴じ蓋。

学友は「殿下は負けずぎらいで、敵に勝ちをゆずる余裕はない。相撲でもテニスでも、分が負けると思う相手と組むのは、いやがった。 スポーツマンシップは心得ているのだが、感情の面でおさえられない」と指摘している。

BB:完膚なきまでとはこのこと。頭が悪い上に性格も良くない、と最も素顔を身近に知る人々の評価です。

感情を出さない生活をしている皇太子が、実に口惜しそうにする。それで、友だちもいやになる。四十にもなって子供っぽくこだわりすぎる。あの性格は小さいときのままだ

BB:現在の皇太子が天皇に即位したとて、立派になるわけではなく、そのままの器で天皇になってしまうという証左がこれでしょう。

時代が変わったものの、侍従はいつも、「父・陛下のようにおなりなさいませ」と耳にタコができるほど御教育申し上げた。 そう言われれば言われるほど皇太子は、学友の見るところ、

私は、新しい時代の新しい天皇、新しい皇室を目指すのだ。父・陛下は、天皇という制度の中に埋もれた人間だ。私は違う、私は天皇陛下のような生き方をしないぞ」という気持ちになるのも、また自然と言えよう。

BB:「新しい天皇と皇室像」は現在の皇太子の主張でもあります。愚かしいことです。天皇に新しさなど求められてはいません。日本国の連綿たる伝統の継承こそがそのあらまほしき姿です。

皇太子は、旧憲法下の天皇という偶像を、青年の心で打破し続け、その当面の思想が個人生活では

憲法で保障された両性の合意による結婚」であり、結婚後は、育児を中心とする家庭革命に顕著にあらわれているのである

BB:ほとほと情けなくなりますね。「育児を中心」として、現在の箸にも棒にもかからぬ不出来皇太子。

(ご成婚)当時の『毎日グラフ』

井口道生(皇太子同窓)

とにかく皇太子はご婚約が決まってからは、非常に決断力が強くなられた。

その反面、ひとのいうことをあまりお聞きにならなくなったようです。独断的なところが出てきました。

自信があることと、独断的なこととは違うと申し上げているんですが、特に美智子さまのおっしゃることになったら、絶対ですね

とにかく、すこし自信過剰気味です。それでも前に比べれば、ずっといいです。

全然自信のなかった時にくらべれば、過剰気味でも、いまの方がずっといいという意味です。

 

松本千世(美智子妃同窓)

美智子さまの方は、ご婚約なさってからは、独断的なところがなくなって、なんでも“殿下にうかがうわ”といってらっしゃいます。

BB:「なんでも殿下にうかがうわ」という時期から「なんでも言うことをきかせるわ」となった転換点が、昭和大帝の崩御でしょうか。あるいは、夫の操縦術の一つであったかもしれません。確実に言えるのは、頭の悪い夫婦でも妻のほうが夫よりは頭の巡りがよかった、とこういうことでしょう。いつしか配下に置いてしまいました。

 

学友の橋本明は、例の増原長官問題のとき<皇太子も同じだな>と感じた。つまり「言っちゃうと切られる」のだ。

 

皇太子の耳に痛いことを直言する士が遠ざけられるのと同じように、<長官も同じ手口でほうむられたな>という思いである。

皇太子は「直言すると切られる雛型で、むしろその傾向がたくましく育った」

 

女性誌は“ミッチーブーム”以来「皇太子ご一家」が目玉商品であった時代が続いた。怒らせては商売にひびく。

そこで宮内庁へのもみ手編集となった。官僚は、弱者に対して天性の表情を発揮する。そういう力学の中で

「皇太子殿下はよき夫、よき父」「美智子妃殿下はお美しく聡明な」というマイホーム像が根を張り(以下略)

BB:愚直なほどに国民はマスコミの作り上げた像を信じこみ、いまだその「後遺症」が尾を引いています。

かつては小泉信三、安倍能成がいた。彼らは参与として殿下にも言うが、長官や大夫にも面を冒して進言した。

宮内庁も新しいことをやっても責任を小泉さんに転嫁できた。今はそれがないので、宮内庁は煙たい人がなくなって羽をのばせるかわりに

うっかりしたことができない。ご結婚にしても、小泉さんがいたからこそできたことですべての“罪”は小泉さんがかぶった。(浜尾)

 

(施設訪問)

「何か温かい気持ちが生まれ、希望の芽が吹く」施設の職員は

「せめて一日中ずっと見ていただかないとおわかりにならない」、「ご夫妻が来られたといっても、あくまで視察ですからね」と言葉を濁し、せめてよかったことといえば、せいぜい皇太子のためにいままで凸凹道だった道路が、瞬く間に舗装されたことをあげる

BB;余りにも現在の皇太子夫妻の心のこもらない形ばかりの視察と、似通いますね。ここでも原型(アーキタイプ)は、今上陛下と皇后陛下なのです。両陛下の深々とした被災地のお辞儀も結局、フェイクであったことが、バレ始めています。

 

(浜尾)

「ああ、あの人は殿下にとってぜひとも必要なバックボーンを持っている人だ、長くつきあってほしい友達だ、直言してほしい友達だと思う学友はだんだん離れていく」

皇太子を“疑似庶民”と規定したのは、山科宮家の出である評論家、筑波常治である。

筑波は、皇太子に対するさらに深い絶望感から、ある結論をいう。「いまの天皇で天皇制を廃止するか、さもなければ、次代の天皇は京都御所に居を移し、一切の疑似的市民生活から隔離するしかない

BB;秋篠宮両殿下の存在がなければ、現在もこういう世論が優勢を占めていたでしょう。率直に言えば今の天皇皇后、皇太子皇太子妃ならカネ食うばかりで「要らない」存在に成り果てています。

昔の天皇は貧乏のただなかでただ皿数だけをそろえ、腐った鰯を食べながら、ひたすら古代文化を守ることを業とした。

今の天皇は、庶民から見ると痛ましいご努力だが、その「痛ましく大変なこと」をやってきた。それが無言の権威となり、理論的には戦争責任者だが、共産党でも威圧を受け、国会開会式で人が人を拝むことを拒否して天皇の前を横にあるいた松本治一郎にさえ「制度と人間は別だ」と言わせる

親しみとディグニティをもっている。

 

皇太子には京都御所の権威も人間としてのリーダーシップも感じない。 ただ支えているのは、平民と恋愛結婚をしたというイベントと、その延長線上の、生活面での疑似庶民というキャンペーンである。

だが、庶民と同じだという人間が、わずか10メートルの小道を赤じゅうたんの上を歩き、警官の挙手の礼に迎えられて御所に帰る。ならばそういう疑似庶民ぶりをやめて京都御所に帰るべきだ。

BB;運動会では特別席を断り、一般席を要求、その実東宮職に朝から並ばせて席を取らせ、写真撮影は父兄には条件付き、自分は撮影し放題、と一般の扱いを要求しながら同時に特別扱いを当然のこととなさる。これも今上陛下が雛形だったのですね。

筑波は、さもなければ大百二十四代天皇が亡くなったときをもって廃止がよい、今なら皇太子も一市民として暮らせる、という。

 

BB;いまだ秋篠宮両殿下の存在がない頃の意見です。

さまざまな皇太子観の中で、もちろん擁護論もある。

(橋本明・浜尾実)

だがこういう声は、まことに少ない。宮内記者が、もっとも平均的な現状をいった。

天皇がお元気な間はまだいい。もしものときにはどうなるのか。これは大変なことになるぞという危機感は、少なくとも宮内庁本庁の心ある人士の中にはある

BB;事実大変な状況になっています。

 『皇太子ご一家をよろしく』とスピーチでいわせたのも、

そういう心理だろう」皇太子は天皇になったとき、その一挙手一投足が全部さらけ出る。そのとき、彼自身の“人より卓越した資質”で天皇でいることができるのか。 それとも単に“息子”というパスポートでその地位にいるのか。救いようはあるのか。

ひょっとしたら皇太子は、結婚のときのまま、ストップモーション・フィルムになってしまった自分を意識していないかもしれない。 やがて天皇になれば、父親と同じように注目されると思っているかもしれない。 もしそうだとしたら、皇太子もさることながら、国民も不幸だ。

 そして“国民と共に歩む”という信条の中に、あるできごとを思い出し、割り切れぬものを感じてしまう。

昭和四十八年春、皇太子ご一家はスキーに行くはずだった。ところが勤労ストの混乱で、皇太子はスキーを取りやめた。

だが子供たちは、宮内庁や東宮職の官用車で出かけた。パトカーに前後を守られ、行く先々の沿道に警官が出てものものしく警備をする。途中の役場で弁当を食べ、トイレを使う。

役場の職員たちは清掃にかり出される。同じ日の新聞には、足を乱された国民の怒りが大きく報道されている。

これが国民と共に歩む姿なのか?

さすがに疑問を感じた宮内記者が東宮大夫にただすと、有能な旧内務官僚はこういう考え方だったそうだ。

何が悪いのです。あの方々は存在そのものが公的なのである。公的な方の旅行に公的な機関が便宜を図るのは当然です。 

 BB:詭弁ですね。スキーが公的営為でない以上、この論法は成り立ちません。セックスを公的機関の立ち会いのもとで、やりますか? と言い返せば論破です。

オーストラリア・ニュージーランド旅行をした皇太子夫妻に同行した記者が、憂鬱なる土産話をしてくれた。

皇太子に関する記事はウェリントンでは大きく報道されたものの、概して現地の新聞報道は小さかった。

なにしろ、この前皇室外交のしにせ英国のエジンバラ公が来たとき、ロールスロイスでしない見物をしている途中で急に、「ちょっととめてくれ。あの市電に乗りたい」といい、市電に飛びのって市民と笑い合ったそうだ。

これはあきらかに演出であろうが、そういう演出をする知恵と勇気に、新聞は大きく報道をした。

BB;サイパンで予定外の朝鮮人の慰霊碑参拝などの演出はしてくださいますけどね。喝采より胸が悪くなるばかり。

その前例があるだけに、日本国皇太子はいかにも書きようがない。

 

ある日オーストラリアの記者が皇太子をさし、「彼に趣味はないのかね」

日本人記者が「いやテニスと乗馬は結構やるよ」と答えた。

 

「おう、わが国は乗馬の国だ。テニスはデビスカップのチャンピオンがいる。うちのチャンピオンとやろうじゃないか」

記者たちは皇太子にその事を進言し「やれやれ」とけしかけた。やれば一面トップ記事になる。

もちろん負けることは分かっているが、「汗を流してやった」若さと意気を感じるだろう。

 

記者たちは「今日は・・・明日は…」と期待していたが、皇太子は「遊びに来たのではない」と答えた。

皇太子のこういう律義さと頑固さはときにはマイナスである。

BB;律儀と頑固さではなく、頭の悪さです。

皇太子が「存在そのものが公人」であることの特権を受けるならば、反面の“ノブレス・オブリジ”も果たさねばならぬだろう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで

女性自身2015年10月20日号

御学友激白!
美智子さま“70年の祈り”が砕け散った「いちばん長い日」
安保法案に御名御璽

陛下「人生初めての挫折だった!!」

これが事実なら、ご自身が護持を主張なさる“平和”憲法第四条違反です。

日本国憲法第四条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる

橋本氏の発言が仮に事実ではなかったとしても、政治的言動は憲法違反です。なぜ政府はそれをお伝えしないのでしょう。パラオ行きにしろやらせ放題で甚だ危険です。

大日本帝国憲法の時の天皇の皆様方と思想を軌を一になさっていれば、
天皇主権へと戻っても良いくらいですが、天皇陛下はGHQからの刷り込み教育と恫喝に加え、“カトリック左翼”ともいうべき皇后陛下の独特の感性と合い響きあって、あたかも左翼運動家夫婦です。

ご主張なさる内容と知能レベルは、SEALDs並み。

以上です。

参考サイト 

http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/2015-02-08.html

 

(抜粋)今上は頭が悪かった

だからクレバーなリベラル嫁に丸め込まれた。

 

・・・・・・・・・・

 

BB;クレバーなら良かったのですが「ワイズではない」。賢くはなく、現在のていたらくです。しかし随分早く気が付かれていた人がいるのですね。
拙ブログ主は「そんなはずがない」というお定まりの先入観で自発的に、視界を遮っていました。皇后陛下に対しても同じです。ただそれを恥じる気にはなれないのです。国民として「最後の最後まで両陛下を信じておりました」という表白と共に。

ご紹介のサイトには、昭和天皇にさえ足らぬ点は具申申し上げる忠臣がいたことも示しています。困ったことに今上陛下と共に、皇后も人に注意されることが、大嫌いどころか言われたことを根に持ち仕返しをなさることは、浜尾侍従の例で明らかです。

 

注 本コメ欄の姓名欄にUnknown表示のコメントは読まずにハネます。
無造作な「あ」や「通りすがり」も受け付けません。発言に最後まで責任を持つという意味で、きちんとした固定HNをお持ちの上、ご参加ください。

理路を通した反論は歓迎です。ただ、それに対する反駁は覚悟の上でどうぞ。
論戦はブログ主以外が、応戦すること多々あります。ブログ主でもない者が
反論して来ると、不服を漏らされる人がいますが、いつぞや瞬間アクセス画像を
お見せしましたがそれなりにアクセス数が多いブログで、ブログ主が長文記事連打の中、
全員対応は不可能です。http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/8d2d57b589519df92f6cf0539cc128a0
固定の長期読者が多く、ブログ主と思考と主張をほぼ同じくする方々も多いのです。
代わりに答えて頂くことも多くあります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (86)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誠実に義務を果たして冷遇 ... | トップ | 皇后陛下は「アカ」でした ... »
最近の画像もっと見る

86 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ベターニア)
2015-10-27 05:16:46
BBさま
いつも記事UPありがとうございます。
もしや、ご存じかと思いますが、今上についてこちらに紹介されている記事があります。
特に、2015年02月08日の記事には、学習院在学中(今上の小学生時代か)に、一人だけ計算がまったくできなかったということが、側近の言葉として明かされています。
今上と現皇太子、似ているというか、事実を検証していくと、嫁だけでなくおつむのほうも同じではないですか?!

http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/cat_808937.html
ベターニア様 (BB)
2015-10-27 05:35:25
大変、有力な傍証となります。
記事に該当部分を加筆しました。

ありがとうございます。

しかし、非常に素朴に納得しています。「そっかぁ。天皇皇后ともに頭が悪いんだ。悪いのにいっぱしの政治言動、注意する忠臣はいず、小和田恒のように焚きつける者がいるんだ・・・・」
Unknown (我がまま親父)
2015-10-27 06:45:29
BBさん、いつも拝見させてもらっていますが、今回の記事は何か特別のような気がします。

一言で言えば、よくここまで踏み込んだ記事になった、そう思いました。

私も含めて皇室批判ブログいくつもあるが、ここまでは書けない、ある意味、そうは思ってはいたが、わずかな望みとしてそうはあって欲しくないという願望があった。

覚悟がないと書ける記事ではない、私的にはそう感じています。
BB様のおっしゃるとおりです。 (伊藤知昭)
2015-10-27 06:47:15
BB様、皆様。

何時も御世話になり、有り難う御座います。

昔から、気付いていても口に出来ない事柄が沢山有りました。
失礼ながら、ここは、もしかしたら今上天皇皇后に違和感を持った日本人、その怒りや無意識の総和が湧き出した泉なのかも知れません。
先入観抜きで見たマンマなのです。
反日皇族は人の道を外れ過ぎなのです。
身分にかかわらず、日本人としての常識が通用しない方が異常でしょう。

そもそも人情味が無いのです。
人としての真摯な温もり。
人の上に立つ立場なら、内面の葛藤も、見る人には伝わる筈。
そのようなオーラの欠如。
女帝の飾りに成り下がったのです。
これで日本の元首であり象徴。
無理でしょう。
大日本帝国の威厳をかなぐり捨てて、自虐史観の伝導者になっての贖罪の遍路でしょうか。

思考力の停止。
精神世界の指導者や統合の象徴が望まれていた筈です。
瞼に浮かぶ日の丸。
腹わたに染み込む君が代。
残念な体たらく。
裏切られた御英霊の悲哀。

日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。


どうも失礼致しました。
感謝と共に (BB)
2015-10-27 07:08:50
>我がまま親父さま

そうですね。ついに、ここまで踏み込んだか、そしてこれがさすがに最後の結論だな、と思っています。
これ以上、おそらく内部から通報でもない限り、書けないでしょう。

ただ、眦決してこれを書いたわけではなく、今までの積み重ねの延長線上にこれが自然に来ました。

にしても、当時の学友たちは「こいつを、天皇として仰ぐのか」と、うんざりしていたということですね。
辟易とする余り、こいつの存在にはもう目を向けるのよそうぜ、と。

当時の学友のほとんどの皆さんは、口をつぐんだまま逝去されつつあります。もっと語って欲しかったです。

今上の皇太子時代が、そのまま現在の劣化コピー夫婦ですね。ワースの天皇と皇后におなりで、秋篠宮殿下がいらっしゃらなければ、皇室は終焉でしたでしょう。


>伊藤知昭

いつも、丹念なコメントを賜り恐縮でございます。
どういうお立場のお方なのであろう・・・・とふと思うことがございます。
ご年代に関心があるのですが、漠然とでも。あるいはお答えにならずとも、結構でございます。
Unknown (応援してます♪)
2015-10-27 07:41:22
BBさま、みなさま、こんにちは。

BBさま、これだけの深い内容の記事を読ませていただいてありがとうございました。
隠れていたものの全容が、見えたような気がします。
皇室を守ろうとして動いてくださり、尊敬していらっしゃったので、書きながら心が苦しかったのではとも思います・・。
言葉にするのは大変な作業だと思います。
率先して、形にしてくださって、また調べてくださって、ありがとうございました。
辛い現実を突きつけられる内容ですが、現在の皇室と日本に疑問を持つ方に、一人でも多く知ってもらいたいです。

ベターニアさまがご紹介してくださったサイトの写真で、こちら、現在の東宮と秋篠宮様のお二人にも似た関係に見えます。
http://livedoor.blogimg.jp/royalfamily_picture/imgs/a/0/a0db85e8-s.jpg
当時の、陛下のボーっとしたお顔と目。
ナルさんにそっくりですね。
出来ない身でありながら、負けず嫌いとのこと。
もしかしたら陛下も、弟に嫉妬心などあったかもなんて、この写真を見て少しだけ想像しました。

BBさまの書いてくださった記事を見て、やっぱり陛下は、昭和天皇を尊敬されてなかったのだなと確信しました。
どこかバカにされてるのだなと、感じました。
きっと香淳様への、美智子様の仕打ちも見過ごしておられたのではなく、黙ってらっしゃったのではないでしょうか。
冷たいなと前から思っていましたが、今回の記事で納得が行きました。

秋篠宮様が御生まれになったのも、悠仁様がご誕生されたのも、昭和天皇の世代の正しい信仰心と、秋篠宮様ご夫婦の正しい信仰と行いの賜物ですね。
奇跡的に光の糸、命が繋がっている事に感謝したいと思います。
戦後直ぐには、正しく相応しい継承者が居たとしても、身動き取れなかったかもしれませんし・・。
今生天皇も、ナルさんも、悪い意味での依り代、負の面を背負われたのかなとも思う気持ちもあります。

詳しくは有りませんが、東宮放置をされるお二人に不信感を持ってから、以前ネットで公開されている誕生日でお二人を宿曜で見た事があります。
お二人は同じ宿で、命の関係なのですね。
ああこれは、共鳴すると、歯止めがきかなさそうと、ため息が出ました。

秋篠宮様が次の太陽として昇ってこられる事を、イメージしたいと思います。
悠仁さまのためにも。
正しく、皇室が継承されてゆきますように。

もう、マスコミには騙されません。
マスコミさん、国民の多くは、秋篠宮様、ご一家に興味が移っていますよ。
もう、嘘記事は要りません。

BBさま、お心、御身体、ご自愛くださいね。



言挙げ、ありがとうございます。 (じゅげむ)
2015-10-27 08:05:12
我がまま親父様と同じように感じました。
貴方様の皇室への尊崇の念が如何に強いものであるか。

皇太子や美智子さまへの非難は未だ為し易いものでしょうが、今上の立場は特別です。
地位とその人の個人的な資質は別物であるとはいうものの、相当の覚悟がないとここまで踏み込めません。
よくぞここまで記事にされたと感服しております。
人災…。 (鈴)
2015-10-27 08:41:28
コータイシの頭の悪さ(人格、器量も)は、父親譲りですか。過去記事からも、薄々感じてはいましたが、周囲の証言から、明白なのは言うまでもないですね。もっと酷いケースを目撃した、聞いた事がある方もおられるでしょう。(墓場まで秘密を持ってゆかれる方もいらっしゃるでしょうが、今の惨状を正すお気持ちがある方は、BB様に是非ともお知らせして欲しいですね。)昭和天皇の資質を受け継がれた、秋篠宮殿下と悠仁親王様が、いらっしゃるのがまだ救いです。若い頃の今上陛下って、全然威厳が無い……、金持ちの放蕩息子としか思えない。これが、昭和天皇だったら、決して相手の主義思想には決して染まらず、逆に相手を染めるでしょうね。圧倒的なカリスマ性で。 今の日本に、必要な人材なんですが。政治にも皇室にも。
私も覚醒しました。 (平成8年生まれ、19歳女子学生です。)
2015-10-27 09:12:14
BB様
今 貴blogのバックナンバーを読ませて頂いております。(まだ少ししか遡れていませんが。)
今日本が置かれている状況、 歴史の真実(近代史の授業の内容とのズレ)、中国、韓国との関係など 様々な問題が皇室とつながっていることが実によく理解出来ました。
そして 今日の記事・・・。
衝撃です。(>_
今回は (あざらしおばさま)
2015-10-27 09:27:36
いつもありがとうございます

どちらのブログを拝読しても 今までコメントは一切して参りませんでした

しかし今回のお話は 何とも言えず胸に迫るものがあり…

BB様 どうぞこれからも ブログお続けくださいませ
そしてご無事をお祈り申し上げます
Unknown (雪りんご)
2015-10-27 09:47:37
今上天皇については、現在92歳になる父が「あれは、てんでダメ!」と軽くあしらうが如く言っていました。
みて子さんについては母がよく呼び捨てで「ミチ子ねぇ・・・」と嫌な顔をしながら言っていたものです。
たかが平民上がりのカッコ付け女(女優美智子)を感覚で嫌っていたのでしょう。

私も昨年のA級戦犯発言以降の両陛下の発言とお振る舞い、BB様の詳細な記事で完全に覚醒いたしました。

当初は東宮妃の不出来だけを嘆いていたものを、両陛下の実態まで顕かになり、無念という言葉だけで言い尽くせません。
民に仇なす存在におなりです。

廃太子・廃妃要望&ヤフオク解明を官邸にメールしていますが、両陛下については「政治的発言をしないよう望みます」としか書けません。

一刻も早く秋篠宮家に皇統が引き継がれるよう焦るような気持ちで望んでいます。
Unknown (KUON)
2015-10-27 10:05:31
BBさま。

お邪魔致します。

ためらいましたが、記させていただきます。

今上は、ご婚約内定後に、美智子さんに一首のうたを贈っておられます。

王朝の世界を踏襲されたとか…含み笑いが漏れてしまいます。

それは

  「語らひを重ねゆきつつ気がつきぬ

   われのこころに開きたる窓」

というおうたです。

キミと、語り合ううちに、ボクのこころには、今までしらなかった大きな窓があいてしまったんだよ、ボクはもう、この窓以外は要らない、ってくらい、新鮮で刺激的で・・・以下、延々と。たぶん。

この時点でやられてしまっておられるな、と、改めて強く感じます。同時に、正田美智子さんが皇嗣の胸に開けられた「窓」は、どんな窓であったかと。

おそろしゅうて、このところ、あれこれ、身震いがいたします・・・本当は、急激に冷えて来たから・・・だと思いもしますが。

どうも失礼いたしました。

いつも読ませていただいております、ありがとうございます。
Unknown (じゃじゃまる)
2015-10-27 10:10:47
BB様、記事のUPをありがとうございます。
今回の内容は、保守サイドにおいては聖域に足を踏み込むものでもあり、この記事を書かれるまでには随分なためらいがあっただろうとお察し致します。
一般的に夫婦は似た者同志であると言いますが、お皿帽子を被っただの、ミテコさんだのと揶揄される存在である奥方の相方が奥方よりも抜きん出て優れた存在であることは万に一つもあり得なかったのだろう...と思います。非常に残念な話ですが。
男も顔だ! (会社員)
2015-10-27 10:15:25
頭の悪さが顔に出る。言葉使いに出る。
何年か前の誕生記者会見で、「ミ、ミチコガ、、、」と
涙滲み嗚咽の状態を 垣間見て、、、この男一対なんだ?
なんなんだ?、、と、あきれたが、頭も悪く、顔も悪く、
スタイル悪く、その上性格も女の腐ったような、、だったとは?
 ああ、公家の堕落の末裔か、白塗り化粧で、あばら家にでも住め!

 日本はサムライが支えてきた。
 信長よ、生まれ変わって今の世の中ぶった切ってくれ!
天皇陛下...。 (紀子様大好き)
2015-10-27 10:22:15
実は天皇陛下は小、中学時代の同級生に良く似ている
風貌だったのです。
彼はクラスの「ケツ1」のお察し君でした。
今日の記事を読んで陛下が頭がお悪い方だったという事がストンと落ちました。

BB様いつもパイオニアの素晴しい記事を有難うございます。明日の記事も楽しみにしております。

テーマ違いですが (ホケ老)
2015-10-27 10:25:34
テーマ違いですが

>米駆逐艦、24時間内に派遣か 中国人工島12カイリ内(朝日新聞デジタル 10月27日(火)8時45分配信)

中国が 開き直り、強弁し易い、そのチャンスでもある。
東シナ海・離島・島嶼なを占拠し 、「4000年前からの当然の権利」などと強弁しつつの居座り。これに特段の警戒をしなければならない。
映画「クイーン」 (シルビー)
2015-10-27 10:26:45
BB様、やっぱりここへ行きついちゃいましたか・・・と思いました。
昨日のらむ子様のコメントで教えていただいた記事を拝読してからそう感じておりました。

先日、クイーンという映画を見ました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%B3

以前、見たこと有りますが覚醒前だったのでダイアナ妃の方に興味があり、女王の気持ちなどふ~んぐらいな感想でしたが、今の一部の皇室の体たらく状態を知った後では、とてもショックで昨日もまたすこし見てしまいました。

というのは、エリザベス女王が素晴らしいのです。

映画ですから女優さんとか(アカデミー主演女優賞等総なめ?)脚本・脚色のせいもあるかもしれませんが

女王は御自分で判断され、また判断できる方で
ダイアナ妃の死に対する王室の対応を変えることを
エジンバラ公と王太后が反対されても
最終的にはおひとりで決断なされ
ブレア首相と侍従長の進言を受け入れられました。
時に誰もいない時に涙され、
その孤独と苦悩が感じられました。

王族と皇族の違いはあるでしょうが
今の陛下にこの映画のエリザベス女王程の
地位に対する覚悟は全く感じられません。

それはやはり根本的に資質の問題?頭の問題?
自分で考えるか楽な方に流れるかの問題?

それと、エジンバラ公がいつも適度な距離を保って
女王と接していらっしゃると思いました。
誰かさんのようにベタベタくっつかなくて、
それは、そのまま女王への尊敬と敬意の現われだと
思いました。
誰かさんは陛下=私、私=陛下 だからその距離が近くなっちゃってついにはくっついちゃったみたいです。
そして、そのまま御本人にしか見えないレッドカーペットを
歩いていらっしゃるのでしょう。

話がそれましたが
両陛下にぜひとも見てもらいたい映画です。
(見てもたいへんでしたね、で、何も感じないかも?)
Unknown (応援してます♪)
2015-10-27 11:04:10
先程のコメントで、陛下のお名前を間違えて記入し、
大変失礼いたしました。
変換でそのまま出ないので、あれこれしつつなので、おかしな変換となり、申し訳ないです。

他のコメントでも、多々の誤字や脱字をしておりまして、申し訳ありません。
コメント欄がお詫び投稿で汚れると申し訳ないかと思い、なんとなく読めるかと、お詫びも入れずが殆どとなっています。
なるべく注意したいと思います。


天皇皇后、お二人の、ご公務での手つなぎなどは、もう直らないかもしれませんね。

若い頃の、美智子様の服装に合わせたような、陛下の白いスーツ姿、苦手というより、嫌いです。
お姉さまがお亡くなりになって直ぐにも、たしか白いスーツで、はつらつと静養へお出かけでしたね。
浮かれているようで、女性を守るということを勘違いされているようで、なんともいえない気持ちになります。


>まだ「リメンバー・パールハーバー」の声が生々しい頃に、わざわざ剣呑なハワイの浜辺に立たせたり。戦後まだ8年目です。

BBさまの文を見て、撮影場所がハワイと知り驚きました。
これも、頭の良い方、察しの良い方なら、屈辱的な事だと感じますし、こんな風貌で写真に残ることはしないでしょうね。



今頃ですが (ハルキ)
2015-10-27 11:13:14
それでアーヤの髪の毛は真っ白だったんだね。気づかなくてごめんなさい!
Unknown (ベターニア)
2015-10-27 11:39:52
BBさま

ふとしたことから、美智子さんのご親族が「日中経済交流協会」の会長だと知りました。
既にご存じかもしれませんが、お伝えしておきますね。
BBさまの言う、「焚きつける者」の一人なのでしょうか。

http://www.jc-eea.com/?page_id=2250
http://www6.plala.or.jp/guti/cemetery/PERSON/S/shouda_k.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E7%94%B0%E5%BB%BA%E6%AC%A1%E9%83%8E
Unknown (わか)
2015-10-27 12:01:01
両陛下の記事の先には、秋篠宮様が控えていらっしゃるのですよね。その日が来るのも遠くはないと、ワクワクドキドキで待ってます。BB様最高だわー。

あれ?愛子さんと似てる…… (ひびき)
2015-10-27 12:15:04
昭和33年1月6日号 週刊新潮
明仁皇太子特集

当時皇太子24歳

ご趣味

「チェロ演奏、熱帯魚飼育、馬術、テニス、卓球そしてクレー射撃」


好きな女性のタイプ
「色が白くて面長。スポーツや音楽が好き。公式な会合でホステスもちゃんとできる人」

あれ?
天皇陛下がチェロ演奏したところ、見た方おられますか?まさか「エアーチェロ??」
しかしチェロですか。愛子さんと同じなんですね。
いや~知らなんだ!!

この方のこと、私たち、実はあんまり存じ上げなかったんじゃないですか?今回の記事でもいろいろ勉強させていただきました。ありがとうございます。

好きな女性タイプ。
つまり、美智子さん、なんですね。
KUONさま (BB)
2015-10-27 12:15:24
>正田美智子さんが皇嗣の胸に開けられた「窓」は、どんな窓であったかと。

左側に取り付けられ、韓国と中国の風が吹きいってくる窓でしょう。

それにしても、下手っぴなお歌ですこと・・・・・演歌の歌詞かいな・・・・
ついに! (白樺ギライ)
2015-10-27 12:22:35
BBさまがここまで踏み込んだ今日は、ちょっと大袈裟ですが、記念すべき日かもしれません。

多くの人が、BBさまと思いを同じにしたら(そうなることを、強く強く希望しますが)、日本は本来の姿をとりもどすでしょう。
数年後にはそうなると思いますが、そこに至るまでの道のりを思うと暗澹たる気持ちになります。
裏切りほど人を怒らせるものはありませんから。

BBさま、重い役目を背負ってくださり、ありがとうございます。陰ながら応援しております。
遂に (るるなな)
2015-10-27 12:28:44
BB様、皆様、こんにちは。
とうとう核心に踏み込まれた、とこちらも背筋を伸ばしつつ拝読致しました。内心はorz って感じでしたが。

陛下が大学修了(事実上高卒)というコメントを読んでから、いずれBB様は書かれると思いましたが……それにしても、ここでも学歴粉飾。これはGHQ占領下でなければ、昭和帝がお許しにならなかったのでは? 後退子が「学習院大学卒業」なのは、親としての甘さがここでも出たと推察致します。

世界最高の公人だからどうしても目をつぶりがちだったのですが、今の皇室問題は私にとってはこの一言に尽きます。

「親として、人としてどうなの?」です。

息子が盗みをしたのにどうして警察に突き出さないの?
覚悟を決めて求婚を待っていた久邇さんを無下にして平気なの?
秋篠宮家や清子様への冷遇は何?
そして、皇統をなんだと思っているの?

自分自身が親にならなければ、ご皇族問題がこれほど身に迫ってくることはなかったかもしれません。
また、私事で恐縮ですが、私は夫をこんな風に操れませんよ。もとより無理。どうやっているのか知りたいくらいです

BB様もお風邪を召しませんように。
仮にブログを止められても、それは読者の私たちが「自分で考えていくように」というメッセージと受け止めます。ただ、秋篠宮殿下の御代が来たら、その時は一緒にお祝いましょう。

最後に……我がまま親父様のコメントを読んで「あー親父様だ!」と思わず声に出してしまいました。KUON様も!! ミーハーなので。
Unknown (25歳女)
2015-10-27 12:43:52
私は平成生まれです。なので昭和天皇のことをよく知らず、天皇家は血が濃いためルックスも頭もそんな良くない・・(特に今上陛下と皇太子を見て) って思ってたんですがここを拝見していて昭和大帝は人間として男性としても素敵な方だということを知りました!そして秋篠宮様と悠仁様は昭和天皇によく似ておられると思います
ベターニア様 (BB)
2015-10-27 12:44:47
その情報は初見です。

次の記事に添付するかどうか・・・・
解りませんが、親族の一人正田紘氏が「日中経済交流協会」
こんなもの、今の日本では反日です・・・・
弟修氏があの反日フジに加担の花王に取締役就任、かたわら妻とともに工作の手先、妹の恵美子氏が第二の水俣昭和電工。

優秀なご家系なのに、立ち位置は「ざまはない売国奴」ばかり、とは記事では書けないのでここでw

あと正田健次郎氏の出生地、群馬 県邑楽郡館林町を検索すると部落にヒットするのが、やはり喉に小骨が刺さったような・・・・

その地域や、正田醤油の敷地が部落に該当するからといって正田一族が直ちに、そうとは言えないわけですが・・・・
部落をターゲットに布教に館林に行ったヨセフ・フロジャック神父と美智子さんの祖母正田きぬとの、余りにも密着した付き合いが、気になるのも事実です。そして、同神父の足跡は詳しく残っているのに、館林時代はあたかも、なかったことのように、すっぽり略歴から抜け落ちていることへも違和感。
初めてコメントさせて頂きます。 (藤)
2015-10-27 12:44:56
BBさま

初めまして、二年前から毎日拝見させて頂いております。

皇后さまの真実を知った今、騙されていた思いと、裏切れた思いが、憎々しく腹立ちへと変わってしまいました。

知ってしまった以上、もう尊敬の気持ちも苦労されたと言う同情の気持ちもありません。

贅沢三昧も皇族なら仕方ないかなと、日本の代表、日本の顔なのだからとここの部分に関しては、私には許容出来る範囲なのですが、皇室の次世代、未来を考えますと無関心ではおれない思いです。

今回の記事はパンドラの箱を開けた様な、BBさまが身を削って・・・ここまできた思いを無駄にはしたくない気持ちでいっぱいです。

チャラ男、私は大嫌いです。値打ちもありません。呆れた口がふさがりません。
題名にひかれました (松倉)
2015-10-27 13:23:45
>天皇陛下は左翼でいらっしゃいますか

クエスチョンマーク?が無いのが素敵です。

今上がよろしく無いのは、祖母の
「ダメだろ」
という発言で、うっすら認識しておりましたが
宮内庁という、周りがしっかりしていれば大丈夫だろう・・・
と、思っておりました。皇太子にも同じことを思っていたのですが。

大正生まれの祖母は見抜いていたと納得しました。

時代の流れ
日本だけでなく他所の国との交流も(マスコミが報道する)視野に入れて考える力を持つ方が天皇になるべきです。

外交は首相がやりますんで。(選挙投票の長)
目から鱗が落ちました (ひなぎく)
2015-10-27 13:32:32
BB様、流石です。
ここまで淡々と事実と証言を重ねていけば、反論のしようもありません。
歴代五指に入るほど英明な昭和天皇に比べれば、器が小さいと感じていましたが、オツムの方もよくは無かったのですね。
『頭の悪さと性格の悪さはおうおうにして同義』というのも意味合いはよくわかります。
聡い人は自らの過ちを悟り、他人の諫言も時が経てば悟ることができますものね。

今上が大学を卒業されてないのは知っていましたが、『公務で出席日数が足りなかったから』という一見もっともな理由をずっと信じ込んでいました。

その他の色々なことが、今日の記事でパズルのピースが一つ一つはまっていくような気がしています。
ありがとうございました。
愚鈍 (スウェデン)
2015-10-27 13:41:47
BB様、皆様、いつもありがとうございます。

今回ばかりは、衝撃が大きく、何度も、読み返し、言葉になりませんでした。
頭がガッチガチだと愚鈍になるという典型みたいな人ですね。

頭が悪く、性格の悪い親を持った秋篠宮様の苦労がしのばれます。
昭和天皇がいなくなってからは、いばらの道だったんだろうと心が痛みます。

気丈に生きておられる秋篠宮家の方々に少しでも早く移譲される事を願います。
歌会始の、選者たちが、そろいもそろって、左翼 (おとめ)
2015-10-27 13:46:40
初めまして。
国を思う気持を押さえがたく、初めてコメントさせていただきます。

歌会始の、選者たちが、全共闘世代にして、全共闘思想出身者で占めている様は、まさしく、両陛下の思想の元に集まった意志を感じます。

岡野弘彦氏は、年齢もそうですが
他の左翼思想出身の選者たちを巧妙に隠す為に重用されていると、私はみます。

短歌結社の、人が、岡井隆に聞いたと、含み笑いをしていたのを思い出します。

歌会始も、結局はやらせなのかも。
アラララ? (桜調べ)
2015-10-27 14:01:41
M子さま完全復活NYへ!
導いたのはミチコサマ&アイコサマの
絆ホットライン

ですって!女性O身。
やっぱりねえ。パンやラーメン、
葬下に菅黒に接近ですね。
真っ黒けのコーシツ。
騙し続けて、正体を現してきました。
イラネ。
本稿記事執筆の英断と勇気を讃えます (憂国の臣)
2015-10-27 14:19:11
BB様

拝啓

 此処まで踏み込んだ千代田の王配に関する記事を執筆されたBB様の英断と勇気に対し、一読者として衷心より敬意を表します。

 今春、幸いにもBB様プログにたどり着き、過去記事も含めて拝読し、遅き覚醒ではありましたが、お陰様にて、今上天皇、皇后両陛下を含む内廷皇族の諸問題を理解することが出来ました事、改めて御礼申し上げます。

 敬愛して参りました昭和天皇、香淳皇后と対比する結果で、BB様記事を拝読するにつれ、もはや今上天皇、皇后両陛下を尊敬すること能わず、拙コメントでも千代田の女帝とその王配と評するに至っております。

 先の拙コメントで、貴プログの休載、終了に関し、「BB様御意のままに」と記しましたが、日本国を憂える真摯な読者の方々とともに、正当なる皇統でいらっしゃる秋篠宮殿下の摂政殿下ご就任、或いは、天皇陛下としての即位の礼(可能であれば、京都御所紫宸殿での即位の礼)を貴プログでお祝いしたいのが小生の偽りの無い真情です。

 今回も非常に重い主題の記事で、さぞかしお疲れの事と拝察致します。

 くれぐれも、御自愛の程、お祈り申し上げます。

敬具

タイ国在留 憂国の臣
ごめんなさい (nanako)
2015-10-27 14:42:46
ROM専になると言ったはずなのに、我慢できずにまた出てきてしまいました(恥)

今上は結婚前、「温かい家庭を築くまでは死ねない」と言っていたそうですが、それは誰かが自分に一方的に与えてくれるものであって、自分が誰かを幸せにしてあげようなどとはこれっぽっちも思っていなかったんですね。
幼少期~青年期の礼宮様と紀宮様の寂しそうなお顔を見ると、それがよくわかります。

反対に、秋篠宮家のお写真を拝見するたび本当にいいご家庭だなと思います。

みなさまご存じの「雅子様大好き」ブログ様にこんな記事がありました。
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CBwQFjAAahUKEwiJl-3a9OHIAhWDj5QKHdZiBLU&url=http%3A%2F%2Fmasakosamalove.blog.fc2.com%2Fblog-entry-231.html&usg=AFQjCNEj_qhbCsOPoaRaaiQaAM0s_wFMCg&bvm=bv.105841590,d.dGo

秋篠宮殿下が公務先で紀子様を叱っていらっしゃる?
あれほどきちんとしたお嬢様でも、新婚の頃は皇族としてはまだ行き届かない所もおありだったんですね。

ダメなときはちゃんと叱れる夫。
それを素直に受け入れられる妻。

あの二組のバカップルには最後までできそうにありませんが。
丸谷才一、「一」は言わないそうです (copy/「ねずの百人首」紹介)
2015-10-27 14:44:08
>ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 2015/4 ¥3,456 著/ねず、小名木義行(59)

http://www.amazon.co.jp/
> 34件のコメント
一首目の解説で図らずも落涙しました。この国に生まれてよかった日本人として生まれてよかったと感謝できましたまた。今ベストセラーとなっており日本人が日本人として覚醒していくまさしく転換点に生きていると実感しました。心にひとすじの希望の光が差し込むようなすばらしい本です高価な本なのでみんなに買えとは言いづらいが。

>アインシュタイン日本の国柄(国体)、
「近代日本の発達ほど世界を驚かせたものはない。この驚異的な発展には他と異なる何ものかがなくてはならぬ。
果たせるかな、この国、3000年の歴史がそれであった。長い歴史を通じて一系の天皇を頂いたという比類なき国体を有することが、日本をして今日あらしめた。私はいつも世界上どこか一か所くらい、このような尊い国がなくてはならぬと考えていた。」
>完璧な人間はおりません!キムチ安倍(61)、都庁の強姦魔顔(66)よりはまし。
  ↓     ↓
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/sisou/1430006207/l50
自浄作用は望むべくもないのでしょうかね… (財井)
2015-10-27 15:00:45
何度か既出の画像で、傘を肩にかついだ持ち方で左横のドヤ顔の女王を見つめる今上の目つき。テニス時代の頃に同じ構図で同じ目つきの画像がありましたよね、色目の。
また先の台風災害の余禍のなか美術展鑑賞に赴かれた際の画像、これも何度か既出ですが今上が間抜けたお顔で撮られてある一枚がありますが、チャラ皇太子時代に撮られた昔の写真の間抜け顔とすっかり同じなので、これまで独り笑っておりました
ようやくコメントするにふさわしい記事が出たのでここに記しました次第です。
祭祀をなされる天皇(=公人)の立場ではない部分、つまり今上の素の人物像は死ぬまでチャラいままなんだと思います。たまたまかもしれないにせよ傘を肩にかつぐ持ち方も小エビ殿下にしっかり受け継がれていますし、嫁大事と悦にいる→なおいっそう尻に敷かれる、の悪循環…しかしまあ昔の人は「蛙の子は蛙」とはよく言ったものですねぇ(苦笑)。

遡ること十数年前、小生は一般ギャラリーのいない施設内で今上陛下を皆で並んで至近でお見送りさせて頂く機会がありましたが(奥さんは欠席でした)、それはもう比類なきこれぞ御稜威、誰もが畏怖する強烈な正のオーラに満ちておられ、これが祭祀王天皇のたたずまいかと舌を巻きました。眼前を通過なされただけなのに国敬マニアの先輩がはらはら催すほどでした。

こんなことを最後に記したのは、曲がりなりにも今上はこれまで祭祀はきちんとしてきたということです。その威光にはまだ貯金がありますね。ただしBB様も常おっしゃられるよう、今後どうなるかは判りませんが。
10月27日を忘れない (lavinia)
2015-10-27 15:34:44
BBさま よくぞ書いてくださいました。
ありがとうございます。
世界が少し変わったんじゃないかと感じるぐらいです。

両陛下が何故皇太子夫妻を叱らないのか、納得できました、やっと。
自分たちが同じ事をしてきたから。
あの夫妻を叱ることは、自分の人生と価値観の否定だから。
天皇という存在は、確かに仰ぎ見るものですけど。
それにしたって必要のないところでプライドが高くていらっしゃる。人格の否定、とか仰りそうですよね。

BBさま、更新はぼちぼち、マイペースで構いません。
一緒に新しい時代が来たらお祝いしたいです。
こちらの皆さんと共に。

あと、得意のwスピ話。
近い将来遷都するという「視える人」が複数います。
遷都じゃなくても、次の即位の礼は京都かも知れません。
平成の時はヘリで運んだのでしょう?
高御座は京都にあってこそ、なのでしょうし。

最後にこっそりつぶやいちゃいますが。
やっぱ神様、降りてなかった?
そういえば (日々之夢子)
2015-10-27 15:42:23
秋篠宮両殿下、本日ブラジルへご出発とのこと。
過密スケジュールです。

h
ttp://40836714.at.webry.info/201510/article_11.html

そのころ徘徊夫婦と穀潰し夫婦は素行を疑われ、国民からひんしゅくと反感を買っているのでした…。

BB様の「これ以上は内部告発がないかぎり書けない」との一文、これ以上国民を失望させる事実がでてこないことを祈りたいです。
いや、むしろ真実を明るみにして総国民の目を覚まさせていただきたい、かも。
この記事に感謝申し上げます (秋深し)
2015-10-27 17:34:09
BB様、いつもROMしておりました。
が、とうとうここまで踏み込んだ内容を書かれるにあたり、相当な覚悟で臨まれたであろうことを思い、民草の一人として感謝申し上げるとともに、常々、そうなんじゃないか?と思っていたことが、やっぱりになり、BB様の筆致により改めて、うっすらとは分かっていたことを検証する段階に入ったのだと思い、コメントいたしました。

今上の皇太子時代を記憶しておりますが、昭和の皇太子を覚えておられる方で、この方が英邁だと思った方はおられたでしょうか?
華やかな皇太子妃のおかげで目立たずすんだ程度に思っておりました。

今上はメイクしておられるように見えます。
見てこ様が杖替わりにしていますが、私には、今上の表情から生気が消えたように感じ、見てこ様に引っ張られないとシャンと出来ない時があるのかと邪推しています。
Unknown (梨子)
2015-10-27 17:39:58
私は小学校時代に担任から昭和天皇の悪口を聞かされ(人の気持ちがわからない、頭の弱い人みたいな話)長くそうなのかと信じていました。

今上はいじめられた美智子さまを守られる御立派なお方だと思っていました。

目覚めてから過去の画像を見ると、モデルのようにファッショナブルで女優のように美しいと言われていた美智子さまは、珍妙な服と滑稽な皿乗せ短足でスタイルも悪い。

今上は顔に知性が全く感じられず、欲情というか目のやり場に困る写真やら、本当に驚く事ばかりです。
秋篠宮信者の戯言 (ムメイ)
2015-10-27 17:49:46
要は秋篠宮殿下が好きでたまらないだけでしょ?

天皇皇后や皇太子一家に関しては掘り下げるだけ掘り下げて、
秋篠宮殿下に関しては検証もしようとせずにひたすら持ち上げるだけ。

まあ秋篠宮殿下はイケメンですものね、無理はないでしょう。
あんなかっこいいお人にまさか疚しい一面なんてある訳ないですものね~。
その忠誠心だけは立派です。

それにもし秋篠宮殿下までが黒だとしたら、最後の希望が墜えてしまいますものね。
だから持ち上げるしかないのでしょうね。
まさに秋篠宮教ここに極まれりといった感じです。

まあ、もし秋篠宮殿下に皇位継承権が移るなんてことがあったら貴方方の意見が正しかったと認めますよ。
それが叶わないうちは所詮ただの戯言です。
ムメイさん (秋葉)
2015-10-27 18:01:39
自分の論の愚かしさと虚しさに気が付きませんか?

あなたが一端のコメントを出したいのであれば
2つのことを書かないと。

1 この記事の、どこがいかなる理由で違うのか。

2 秋篠宮殿下のどこに検証すべき点があるのか、述べてご覧なさい。

出来ますか?

>まあ、もし秋篠宮殿下に皇位継承権が移るなんてことがあったら貴方方の意見が正しかったと認めますよ。
>それが叶わないうちは所詮ただの戯言です。

東宮擁護者馬鹿ばかり、というネット格言をまたも
かみしめています。自分の言葉の馬鹿さ加減も
分からないのでしょうね。

意見が正しいことと、それが現実化することとは
全く相関関係はありません。
もしそうなら、世の中正しいことが絶対に通るはずですが、現実そうでないからこのように一生懸命告知に頑張ったいるのですよ。

こういう隙のない記事には、ゐ ゑ き ぃレベルのバカコメントしか出せないのでしょうが。

BB様有難うございます (あらら)
2015-10-27 18:05:59
陛下への今回のまっとうな批判記事(読んでて泣けてきますが)、本当に有難うございます。

思いおこせば、「先祖に朝鮮人」発言、これのおかげで、後々どれだけ市井の心情保守の日本人が左巻き日本人に反論され、言葉を濁さがるを得なかった、あるいは引き下がらざるを得なかったことか。
無念です。

そして今年の李元大統領の著書にあるごとく、
内閣を通さずに勝手に韓国に書簡を送ったがゆえに李元大統領のあの発言があったこと。
当時は、何故どういう成り行きで、あの発言が生まれたのか定かでなかった、ただ発言したことは事実なのでそのまま報道され、それが一人歩きし、結果多くの日本人の怒りを呼んだ。韓国への批判が増大したのはかえって良かったとはいうものの。
あの混乱の元は、陛下の浅はかな行動にあった。
そもそも内閣を通してなかったんだそうです。

意図せずとはいえ、国賊の鏡ですね。

ムメイ様へ (菜の花)
2015-10-27 18:14:20
戯言という言葉の意味をご存知ですか?
実証不可能な、主観に偏向した
から文句を連ねることです。
つまり、あなたのコメントです。
遅蒔きながら (haruru)
2015-10-27 18:22:13
BB様、皆様 こんばんは。

最近は ROM専しておりました。
ここに来られる皆様のコメントも秀逸で、私ごときがコメントなど、恐れ多いほど。さすがですね、BB様。
目から鱗は とうに取れていたはずですが、新たにいろいろ出てくる、出てくる…
これは是非とも我が母に見せたい、読ませたいブログですが、齢87、美智子さん、と呼んでいた母には キツいかもです。
されど60過ぎの姉たちは どうか…多分それどこじゃない、みたいな、雰囲気。夫や息子は覚醒しましたよ、お陰さまで。
BB様や ここにコメントされる方々で新しい政党でも作って頂きたいくらいです。
日本を これ以上腐らせてしまっては
先の昭和天皇を始め、日本のために戦い命を落とされた英霊に顔向けできません。
どなたかが 仰っていた まるで腹話術師と人形、悲しい限りです。
東宮に至っては 廃太子廃妃が当然であり、秋篠宮様が天皇になられるのを見るまでは死ねません。
私は拙い文で恥ずかしい限りですが
皆様と思いは同じです。

日本貶め工作が日々ある中、マスゴミは報道しないため、ネットを自分で見ない、調べない限りは覚醒しないでしょう。
余命様のように、BB様を応援し微力でもできることを探し、日本を守りたいと思います。
日々の更新、本当にどれも日本人には大切なことばかりです。
こちらのブログ及びコメントを
安部総理始め、閣僚、そして天皇陛下にご覧になって頂きたいです。
国民の真の声が 此処にあると言うことを…。
憂国の臣さま 財井さま (BB)
2015-10-27 18:32:06
皇室関連記事を上げ尽くした後のことは、まだ
確定していませんが、ある程度退くことは考えています。
暮らしに相当食い込んでいる、ギリギリのところで
書いているのが実情なので。

ただ、せっかくご縁あって集まった皆さんですから、
数ヶ月に一度程度は軽い記事でも流し
皇室に皆が待ち望む慶事があれば舞い戻り
まだここに残っていてくださるであろう少数の
方々と「祝杯を上げる」ため、舞い戻って来ることに
ためらいはありません。

皇太子に関するある種の不幸などは、さすがに喜びもなりませんが、わりに早い時期にあるのではないでしょうか。
出来れば、そういう形ではなく秋篠宮殿下が立たれたら良いとは思いつつも。

財井さま

日頃さして皇室を大事に思わぬお方が、天皇陛下をお見かけして涙滂沱となるたぐいは、それまでの祭祀のお徳がそうさせるのか、あるいは皇祖神がたのご遺徳の賜物か解りませんが・・・・
そろそろ、尽きそうな気がしています。伏見さまの四柱推命だと、どう出るのだろうとふと思いました。

皇后陛下とて、魔界の者がそばに憑き始めたのはつい最近なので、こちらも祭祀をなさっていた分のガードがあったのか、皇祖神のお守りがあったのか、解りませんがこのところ、一気に無残崩壊ですね。


ムメイ様・・・・・とmayflower様 (夕映え)
2015-10-27 18:39:52
おそらく言っても伝わらないかとは思いつつも・・・・

霊的見地から拝するに歴然なのですよ、
秋篠宮殿下とそのご一家の霊格の高さと、
高級霊の皆様方のご守護と。

その一方皇太子のほうは、一家で未成仏や悪霊憑き。

天皇陛下はまだかろうじてご無事、皇后陛下に霊的不浄が見られるようになりました。

mayflower様が、こちらをご覧になっているかどうか、
ふと連想が飛んだのでここで書かせていただきますと、おっしゃっていらっしゃる論が理念に走り過ぎた
空論だと感じるのは、おそらく霊的感受性が
低いないしは、ない・・・のではありませんか?

霊的感知センサーを備えていると、イスラムと神道に何らの相関性はありません。長い時の経過の間には、儀式という物理的な点でお互いに影響し合った可能性はあると思います。

しかしながら、イスラムが預言者により発生したのに比べ、神道はアニミズムという自然発生のもので、そこが画然と異なります。
とうとう! (只丸)
2015-10-27 18:42:34
BB様 皆さま こんばんは。いつもありがとうございます。

とうとう本丸に至ったのですね。
日本生まれ、GHQ育ち、この頃は中共・左翼とソーカ仕込み・・・納得。
だぁよねぇ~~。そうだよねぇ~。筋が通り過ぎるくらい通っちゃってるよねぇ~~~!
って、がっかりを通り越して虚無感・・・。うすうす分かっていても、いざ言語化・認識化されると衝撃が生半可ではなく、はぁ~~~。

一縷の望みが残っているとは言え、余程しっかりしないと(私たち)☆
精進潔斎! んで鉢巻きしてたすき掛けて腕まくって丹田に力入れて歯を食いしばって。
でも深呼吸は忘れずに!だわ~♪

今日は日本全国、光り輝く「まん丸お月様」ですね。
BB様 ありがと!! 
四柱推命 (朝路)
2015-10-27 19:01:07
転載可ということなので、伏見さまの四柱推命による
愛子さま分析・・・・

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/4cbbfc109baa37794ce91d1d2788e6e8

いつでしたか「BBの覚醒記録」様の過去記事で、愛子様の夏休みかなんかの額縁入りの絵画の作品を見ましたが、それは、血まみれの手が、下から伸びてきている絵でした。私はこの気持ち悪い絵を見て、「この子は狂ってるな」と直感しました。



この手の絵は精神病院に入院している人が良く書く類の絵だからです。



① 5行のバランスが著しく崩れている。吉星が一つもない異形(いぎょう)の命式。女性天皇は論外だし、完全に不可能。それでも女帝様は愛子即位を強引に押しとうそうとするのか(怒)
BB姫様の有難さに涙こぼるる (田舎娘)
2015-10-27 19:09:04
BB様、皆様、こんばんは。

BB様ブログに出会うまで私は死人のようでした。そんな私を、BB様は生き返らせてくださいました。生まれ変わったように力を頂き、行動範囲が広がり交友も増え、私が変われば周りも変わり、人生が一変しました。
嗚咽をもらし顔を覆い溢れる感謝の涙、時には人々の悲しみを痛感し流す涙に、このような感情がまだあった事に戸惑いながらも、生きている喜びを知ることができたことに感激しています。
BB様は、私の、しいては日本国の命の恩人です。←大袈裟じゃないぜよ
今日の記事も、よくぞおっしゃってくださり本当に有り難く、力を頂きました。また頑張ろう!ってやる気満々になります。o(^・x・^)oo(^・x・^)o
(でも、BB様の生活に負担が掛かってはいけないので、無理は為さらないでくださいね!)
嫌がらせやコソコソ重箱突きや攻撃からBB様を堅く守って頂くよう八百万の神にずーっとずーっと祈り続けまっす!

たとえ国民に選ばれし総理大臣であろうと反発の感情を隠されない明仁陛下
http://news.xinhuanet.com/world/2015-08/15/128131977_14396193170571n.jpg

姉上がお亡くなりになってすぐでもチャラいぞ!明仁陛下
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/e/e-vis/20151018/20151018114531.jpg
(画像が上手く貼れなかったらすみません)
伏見様取り上げの愛子さまの「手」 (ピンカートン)
2015-10-27 19:13:27
こちらでしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/3855b193db50000aba5c6bfdccf48452

‥‥‥‥・ムメイさん。自分でもしコメントを読み返してみて、恥ずかしくならないのかな? 皆さんが問題点はきっちり指摘しているので、繰り返さないけど説得力皆無。ただの、子供の罵りです。
Unknown (かすてら)
2015-10-27 19:44:12
唸りました。何か涙でます、ここまで国民に心配させて何なんだと。

話変わりまして、先日の美智子様誕生日報道で陛下と並んで300mだかのスロージョギングなる映像があり、それをみて非常に怖くなりました。
心臓の悪い陛下にジョギング?この寒いのに震災以降暖房を控える?ハー???おかしい全てがおかしい。
他ブログでも友愛かと指摘されていますが、私も同じく感じました。
もしやもしやこの美智子なる女は空恐ろしい事を企み考えていないか、やはりどんな陛下だろうと美智子とは比べられない程親しみがあり大事ですから、恐ろしいただこの女の恐ろしさは尋常じゃない、そう感じます。昨夜は寝れませんでした。薄着をさせられ、ぼけてはいないか?恐ろしい。ちょっと普通じゃないわ。
ナルに対しても、カメラ小僧を見て見ぬ振り、これ母親として愛情なんて本当はないんじゃないかと。
カトリックであろうと、皇室に対し崇敬の念をもっている人間はおりますし、やはり宗教とは別のもっと根っこに他の、なんか怨念があるのではないかと推測します。
某ブログで皇太后を狙っているとか、ありゆるかも。国民の監視の目は絶対必要です。気付く事、これは国民にできる有効で重要な術です。
BB様、日本の為すごい事してくださっていますよ、本当にありがたいです。
何だか… (大吉)
2015-10-27 19:48:14
時代がかわったとはいえここまで皇室批判があるのをご本人達はわかってるんでしょうか…今の天皇皇后両陛下に対してはいい感情を持っていましたが政治的発言や皇太子夫妻の事に対して何もせず何も言わず…このままでいいわけないでしょ?何もできない息子と何もできない嫁…しかも海外に行っても恥ずかしい事ばかりしてマナーもルールもわからないってあなた達は何の為に皇室にいるのですか?特に皇太子夫妻は何をしても白々しく感じるし別に見たくもないし公務もせず静養ばっかりなんでさっさと隠居でもして下さい。ほんと今の天皇皇后両陛下と皇太子夫妻って似た者親子で呆れます…ほんと情けない…日本には世界に誇れる皇室が古くからあるのにこんな人達に潰されるのがほんと嫌です。情けないです。
愚かを自覚せぬ愚か (鳩摩羅什)
2015-10-27 19:53:13
両陛下ともそうであろうけど、ムメイなる者も同種。

これだけ筋を通した語彙の豊富なBBさま論文に対抗できると思い込む、自己評価と蛮勇が凄い。

そもそも、この記事の知性の高さと文章力を理解していないから、出来るのだろう。

かすてら様の危惧を、あながち過剰と思えぬのがこわい。天皇陛下を早くポアしないと、溺愛のなるちゃんが天皇の即位できないわ、と。
しかし、あれだけベタベタ天皇にくっつきまわっている女が、天皇に男としての執着も濃そうな? かつて互いに燃やしあった情欲の名残なのか。この夫婦に関しては、睦まじさが薄汚い。
皇太子夫妻のみならず、皇后天皇についても (ブルーフォックス@保守言論の「9条」)
2015-10-27 19:57:57
言論に「9条に触れるな疑うな」的な聖域をつくってはいけない。それでは左翼と同じになる。
なのに、たとえ皇室関連でも。しかし、東宮・雅子妃問題にも、相変わらず頑迷で聞こうとしない保守派がいまだに後を絶たない。
これでは皇后天皇にまで話を拡大したら、なおさらだろう。
保守系東宮批判派でさえ、皇后にまで踏み込んだら離れてしまうという現実。
保守言論の未熟さだ。

保守がこんなにバラバラでは左翼の執念に負けてしまうぞ。
あの共産党でさえ、民主党と組もうと言い出しているのだから。
まさに「死を賭しても反日」。
敵がそこまで反日エンジンをふかしているのに、保守のバラバラぶりは何なのか?
Unknown (応援してます♪)
2015-10-27 20:21:11
BBさま、みなさま、こんにちは。
何度ものコメントとなり、失礼します。
いくつか、気になることがあったので・・、コメントさせてください。
宮中祭祀について、wikipediaを見ると、丁度2009年から、祭祀を軽減と有りました。
wikipediaの「現代での位置づけ」の項目です。

>今上天皇・皇后も祭祀にはきわめて熱心であり、諒闇(服喪中)や病気を除くとほとんどの宮中祭祀に代拝を立てず御自ら出席している。
>在位20年を経た2009年(平成21年)以降は、高齢である今上天皇の健康への配慮、負担軽減のため、祭祀の簡略化や調整が計画、実施されている。

先日、BBさまの記事の、EXILE出席の年のイベントの頃で、民主党政権の時ですね。
偶然かもしれませんが、重なるものだなと・・。
祭祀にはきわめて熱心でありとありますが、今となっては、どうなんだろう・・と、信じられない気持ちです。

即位の礼も、みなさんのコメントで勉強させていただくと、京都でするのが決まりと言うのなら、今後は、それに従って欲しいです。
わからないなりに思うのですが、東京は、家康が護りに力を要れるため、風水で固めたようですが、京都はもっと風水で護られても居る場所のはずですよね・・。
今は日本中のどこもかしこも、結界が破れていそうですが、それらを修繕するにしても、本来の形に戻していくのも強い手立てになるような気もします。
どこであろうと、天皇の努力と資質次第で、場所は選ばないのかもしれませんが・・。

勝手な憶測というか、持論に近いのですが・・。
日本は龍によく例えられますが、その絵と日本列島の地図をみていると、頭が北海道だとしたら、東京あたりは心臓で、滋賀や京都あたりは胃、腹のように感じ受け取っていました。
東京も、京都などの腹にあたる部分も、力のある場所なのもうなづけるなとも。
出雲あたりは腸にあたるのでしょうか。腸も大切ですね・・・。
人間でも、動物でも命のあるものは身体のどの一部も欠けては難儀しますが、臓器的にも、霊的部位としても、心臓と腹などは、特に大切な場所とされる部位に入ると思います。
人間で言うところの丹田にあたる場所が、京都や奈良なのかもしれないなと・・考えていました。
丹田という場所は、心臓や他の臓器のように役目としては、理解しづらい場所かもしれませんが、日本語にすると「腹に据えた」「腹から」「腹をくくる」などの言葉があるように、気力を発する大切な場所でもあるのかもと思っています。
たしか、武道などでも重視される部分ですよね。
どちらにしても、人間を生かすため、霊的な力のある場所とも言えると思います。
もし、見当違いでないのなら、今までどおりの即位の礼の儀式を、京都にて正しくとり行うことも、伝統を繋ぐ意味でも大切ですが、今後、少しずつでも、「護りの力」も、正しく復活していけるかもしれないなと思いました。
日本が健康体にもどる鍵となるかもとも。
(京都、関西、近畿あたりも、在日が多いので心配ですが。)

本で知りましたが、かごめかごめは、大嘗祭の歌とも言われているそうですね。
以前、BBさまの記事で、コメント欄で、動画などをご紹介してくださって、らむ子さまや、他のコメンテーターの方々と、意見を交えてお話させてもらったときの記事を探しましたが、探すのが下手で見つけられませんでした。
記事中の見た絵や、動画も思い出されました。
「かごめかごめ」「かがめかがめ」「かこめかこめ」、「かごのなかのとりは」「かごの中の鳥居は」鳥居は天皇の事ですよね多分。
「いついつ出会う、夜明けの晩に」、大嘗祭は、夜中から朝までかけて行うこと、「後ろの正面だあれ」は、全ての天皇のご神霊と繋がる事、出会うことだとの説もあるそうです。
「全ての天皇のご神霊と繋がる」これがとても大切なことの一つなのですよね。
陛下は、一日も早く、「全ての天皇のご神霊と繋がる」事の出来る跡継ぎを、しっかり育てねばなりませんね。
その大切さに、再度、気付いてくださいますように、祈ります。
秋篠宮様にバトンタッチしていただきたいです。

みなさんのコメントを読んで、秋篠宮様が次代となられた日を、お祝いしたいとコメントが出ていて、不思議だなと思いました。
私も、先のコメントで、次の太陽が昇り来ると書きましたが、目に見えるものではないけれど、BBさまの発揮された力により、何かが確かに動いたのかもしれないと感じました。
それを、みんなが共通して、六感で感じているのかもしれません。
その時は、しっかりお参りをして、日本の未来のために、純米のお祝いのお酒(お神酒)をいただきたいと思っています。
もう、そちらにイメージが移動しつつあります。


BBさまとみなさまと、その日を喜べますように、心に希望を持ちたいと思います。
日本が病の状態から、健康な国体に戻っていけますように。
何よりも、神事を大切にする国に、戻れますよう。
現代は、世界中が混乱しているように見えます。
霊性を大切にする日本に戻り、世界にも、光と希望を届けられる国となりますようにと思います。
秋篠宮様ご一家なら、みなさんを笑顔に出来る資質をお持ちだと思います。

それから、他の、皇室を憂い記事を書かれているブローガーさんたちに、お礼を言いたいです。
ふぶきさんの記事をみて、ナス子さんは皇后のおかしさに覚醒されたそうですね。ナス子さんの写真検証ブログは、速度をかなり速めたと思います。
ふぶきさんには、みんなが皇后のおかしさを伝えても、取り合ってくれない中、コメントされた方のことをはじめてふぶきさんが聞いてくれたと、書いてらっしゃる方が居ました。本気で思うことに、無駄は無く、みな力になってるのだと思います。
(とんでもなコメント、失礼いたしました。)
バカはバカなりに役に立つ (ピンカートン)
2015-10-27 20:37:56
ゐ ゑ き ぃはその、気違いコメントの負のエネルギーをBBさんは正のエネルギーに転化しての皇室記事連打で、ついに今回の記事にまで達し、ムメイはその程度の低いコメントで、内廷皇族擁護派の知的レベルを知らしめてくれます。

それにしても秋篠宮待望論を「イケメンだから」レベルでしか捉えられない頭脳! こういう人にも神は言葉を与え、政府は投票権を与えていらっしゃるんですね。

・・・・・投票権ある人なのかな?
バカは来なくていいです (桃実)
2015-10-27 20:48:29
・・・・って、書いてあるのにバリア突破で
バカが来るのね? ゐゑきぃの成りすましかしら?
アレはもうちょっと、筆致に精神病がこもってるか・・・。
かたじけなさの、中身 (東雲)
2015-10-27 21:00:43
>日頃さして皇室を大事に思わぬお方が、天皇陛下をお見かけして涙滂沱となるたぐいは、それまでの祭祀のお徳がそうさせるのか、あるいは皇祖神がたのご遺徳の賜物か解りませんが・・・・


これもありますが、これに加えて普段からの「ありがたい」という長年の刷り込みもあります。
新興宗教の信者が教祖に抱く錯覚の感激。
ありもしない、オーラをかぶせてそれを視ている
ケース。
「皇太子への憂鬱」について (らむ子)
2015-10-27 22:40:16
読者の皆さまへ、多少なりともご参考になれば…

児玉隆也著 「この三十年の日本人」 新潮文庫 1983年9月/新潮社 1975年7月

「皇太子への憂鬱」は、この、40年前に刊行された傑作の誉れ高いルポルタージュ集に収録されている30頁ほどの一記事で、初出は「現代」1973年9月号でした。
現在、amazonで、文庫本と単行本の中古品が購入できます。

尚、岩波で復刊されているようですが、「皇太子への憂鬱」は削除されているとのことです。
ご購入、閲覧の際にはご注意ください。

削除って…まったく、yahooのコメ欄といい…大人気ない。諫言・批判を嫌い、しっぺ返しする。(たぶんご指示は女帝さま)
「皇太子への憂鬱」に書かれているとおりであると、御自ら証明されてしまっています。


《目次》
「若き哲学徒」の死と二つの美談
『同期の桜』成立考
学徒出陣後三十年
司王国 飢餓時代のメルヘン
鐘の鳴る丘 二十五年めの戦災孤児
遺族の村 靖国法案と遺族たち
皇太子の憂鬱
チッソだけが、なぜ
淋しき越山会の女王

皇太子の次が、チッソの記事なんですよ。

《著者・児玉隆也氏について》
9歳のときに画家だった父を失う。21歳のときに岩波書店の月刊総合誌「世界」の懸賞原稿に入選する。
早大(第二政経学部)を卒業する1年前から光文社の女性週刊誌「女性自身」の編集部でアルバイトをはじめ、卒業後入社。
引き続き同誌編集部に籍を置く。
1972年2月に同社を退社してフリーとなる。
1974年「文藝春秋」において「田中角栄研究-その金脈と人脈」(立花隆)とともに掲載された「淋しき越山会の女王」で越山会の金庫番である佐藤昭と田中の関係及び田中派内での佐藤の影響力について執筆して一躍有名となるものの、その頃すでに肺癌に侵されており、翌1975年5月に死去。

美智子さん御用雑誌(編集長にまで上りつめたらしい)を出奔して、ルポライターとなり書いたのですね。
Unknown (もっちー)
2015-10-27 22:43:52
我がまま親父さまと同じように感じました。
踏み込んだ記事だと思います。
今上が妃に染まりやすいタイプなら、右の考えを持つ妃を娶っていれば結果は変わっていた気がします。
たらればになりますが・・・。
皇室の慶事の件 (憂国の臣)
2015-10-27 22:51:26
BB様

拝啓

 BB様の返信コメント、拝承致しました。

 BB様の率直なお言葉、『ただ、せっかくご縁あって集まった皆さんですから、数ヶ月に一度程度は軽い記事でも流し、皇室に皆が待ち望む慶事があれば舞い戻り、まだここに残っていてくださるであろう少数の方々と「祝杯を上げる」ため、舞い戻って来ることにためらいはありません。』を伺い、安堵しております。

 『出来れば、そういう形ではなく秋篠宮殿下が立たれたら良いとは思いつつも。』のお言葉に異存はありませんが、秋篠宮殿下の日頃のお振る舞いから拝察するに、兄宮を差し置いての事は無く、「受け身の形で」の形に相成るが宜しいかと考えます。

 小生の思い込みかも知れませんが、所謂、私どもにとっての皇室の慶事は、案外早く実現されるのではないかと考えております。その思い込みの根拠は、下記項目です。
 
1. 東宮夫妻に関する問題が既に、国民周知の事となっている事。(BB様始め、日本を憂える他プログ主さんの努力の賜物です)

2. 必然的に、東宮夫妻の諸問題を放置している千代田の女帝とその王配の責任が問われている事。

3. 現憲法を逸脱した女帝とその王配の行政府へ対する外交問題介入と行政府の政策に反する行動が、近年、顕著となっている事。

4. 皇室の慶事は、日本国外の出来事が契機になるかと考えております。例えば、米国のオバマ政権での対中国強硬政策は無理かと考えておりましたが、米国海軍の南シナ海のパワーバランスへの粘り強い頑張り、カーター国防長官の具申に応えた今月27日米国海軍イージス駆逐艦の南沙諸島人工島12海里領海航行等、流れが変わってきております。万が一、現在の中国が、1991年のソビエト連邦崩壊に近い事態になれば、外務省、宮内庁のチャイナ・スクール派は壊滅となるでしょう。
 
 文藝春秋の鼎談で、宗教学者の山折哲雄氏の云われた通り、皇室の慶事は、明治天皇、大正天皇、昭和天皇に倣い、是非、京都御所で執り行われる様、祈っております。
  
敬具

タイ国在留 憂国の臣
向き合うべき現実 (onecat01)
2015-10-27 22:53:23
 BBさん。

 いつかこのような日が来るのでないかと、予想はしておりました。皇后陛下が反日左翼の九条信者であるとすれば、それを受容する今上陛下は何なのかと、常に心の片隅に疑問がうずくまっておりました。

 飾らない事実の、恐ろしいまでの厳しさですね。天皇制の否定の材料に左翼が喜ぶのかも知れませんが、国を愛する国民はBBさんの提起された現実にきちんと向き合わなくてはなりません。
国民の心の中心である皇室を守るためには、左翼反日の方々は不要です。両陛下も皇太子ご夫妻も、国民のため退位されるべき時が近づいております。

 天皇陛下のお役目が「国と国民への祈り」でありますから、国民の一人として、私は皆様の円満なる退位を日々祈ることと致します。
陛下に言及されるお覚悟を (右田ななめ)
2015-10-27 22:59:44
BB様、皆様、こんばんは。
ついに、踏み込まれて天皇陛下に言及されるBB様のお覚悟に感服するとともに、皆様方の辛辣かつ真摯な言葉の数々を拝読し、しばし息をのんでおりました。

私は文章や表現がうまくありませんから、別の言葉で書いたところでと、皆様のコメントにお借りします。
ただ共感が溢れて、そんな一人であることを伝えたくて、コメントさせていただいているだけの者ですが、ここにハンドルネームで刻ませてください。

とにもかくにも、自らのお立場をよく理解なさった秋篠宮殿下と、そのお選びになった聡明な妃殿下と、麗しく花開かれたお二人の内親王殿下と、この国の宝である親王殿下の存在が、救いです。
神の思し召しとしか、言いようがありません。
言霊 (田舎娘)
2015-10-27 23:56:52
BB様、皆様、何度もすみません。

なんとな~く、言霊?
ここ最近、宇宙からパーンして日本列島のあちこちで、光の点が日々輝き、数が増える映像が浮かんで、同時に竜馬ふうの「世ぉ~があけるぜよ」が聞こえたりします。(覚醒した国民の声?きゃ☆嬉)
あと、秋篠宮両殿下を心で思うと、日が昇りだした眼が眩む程の強い光が浮かびます。
それと、覚醒させて頂いた時をはっきり覚えていて、その日、京都は寒かったのですが、おへその辺りが熱くなり、おへそから全身が温かくなったのです。
これって丹田っていうんですね。知りませんでした。教えて頂きありがとうございました。(また、知識を頂いちゃった…_〆(゜▽゜*)嬉)
BBさま、感謝!感謝! (め花)
2015-10-28 00:22:44
ただ、ただ「ありがとうございます。」と申し上げたい。
BBさまの照らして下さった光は、正しい道を照らしています。


BBさまのおかげで どれほどたくさんの人が目覚めた事か...。
私にとっては、貴女様も「菩薩」!

>ただ、せっかくご縁あって集まった皆さんですから、
数ヶ月に一度程度は軽い記事でも流し
皇室に皆が待ち望む慶事があれば舞い戻り
まだここに残っていてくださるであろう少数の
方々と「祝杯を上げる」ため、舞い戻って来ることに
ためらいはありません。

この文を読んで うるっときましたわ!
「祝杯を上げる」時は、隅っこにまぜて下さいね。
コメ欄が清々しいのですが (passing through)
2015-10-28 00:24:25
一人だけ脳足りんコメで汚れてますが
コメ欄が爽やかですね。

ゐ ゑ き ぃはもう来てないのですか?
あの粘着、本当に気味が悪いおビョーキですね。
言葉が通じない。
「クレバーだが、ワイズではない」は言い得て妙 (アビゲイル)
2015-10-28 00:49:32
ここしばらくの間、BBさまの論文の文体は厳しさを増す一方、
コメント欄レスでのお言葉づかいが、この上なくお優しく、
みなさんへのお気遣いにあふれているご様子に、
私は内心ドキドキしておりました。胸騒ぎと申しましょうか…。
並々ならぬ覚悟をした方がお見せになる、
慈愛に満ちたお言葉ばかりだったからです。

そして、この論文にてついにその崇高なお覚悟を拝見し感激です。

美智子さんを評して「クレバーだがワイズではない」という表現は
まさに言い得て妙であると思います。
“clever”は「頭の回転がよく、表面的に頭がよい」という意味が強く、
いい意味でも、悪い意味でも使うのだそうです。
「小利口、巧妙で抜け目ない、ずる賢い」といったところでしょうか。
“wise”は「聡明で、正しい判断力があり、知恵や経験があり、
思慮分別もあり、人格が優れていること」も含まれているようです。

母親譲りのクレバーさをGHQに見抜かれ利用され、
連綿と続いてきた日本の伝統を潰そうとする
なんと愚かな女性なのでしょうか。
それだけでなく反日の旗手になるとは、神をも恐れぬ所業。

今上天皇も、皇太子も、よき伴侶やよき臣下に恵まれていさえすれば
(恵まれる、ではなく、よき臣下を遠ざけなければ、ですね)
日本の国体もなんとか安泰でしたでしょうに…。
サイコパスたちの奸計に陥りかけた日本は、
未だかつてないほどの危機に瀕しているのですね。

しかし、皇室の慶事はきっとすぐそこまでやってきている、と
私も信じています。

憂国の臣さまと同様の安堵も感じております。
BBさま、私達をお見捨てなきよう、お願い申し上げます。
無私の精神を持ち、次世代の日本人のために
御身を削られるお姿に心より敬意を表します。

今回の論文は特にBBさまへの攻撃が多いのではないか、
そのせいで消耗なさってはいまいか、と案じております。
どうぞお身体をお厭いくださいませ。
全部にお答えできないので (BB)
2015-10-28 00:53:19
最新のコメントに対してだけ・・・すみません。

>onecat01さん

今のところ、両陛下のサヨク発言は天皇制否定には
向かわず、共産党はじめ賛美の方向ですね。

天皇制否定論者達に持ち上げられるということは、自己否定でいつか自分たちが消されるのですが、そこまで思慮する頭脳はないようです。


>右田ななめさま

秋篠宮殿下と妃殿下、お子様方がいらっしゃるので
安心して皇室批判が出来るという側面があります。

>田舎娘さま

丹田は、太陽神経叢Solar plexusソーラープレクサスとも言われ、エネルギーの発生源であり、太陽がエネルギーの質には近いです。禅の普及で英語圏でも腹haraと言われたりします。
ヨガで言えば第二チャクラだったかな?
芸事、武道他の根源ですね。腹が座っているという状態。

ここに常に朝日をイメージしておいておくと、エネルギーが出るし、不浄払いにもなりますよ。

今夜はたまたま満月でしたが、頭寒足熱は
頭の方(眉間でもいい)に月輪(がちりん)を置き、
腹に燃え盛る太陽で、健康にもいいです。
イメージの世界です。

朝日に向かい、アマテラスオオミカミと唱えながら丹田に収めることを続けていると、浄化されるし体力と記録アップ致します。

>passing throughさま

あの者は来ていますよ。読まずに、はねてますが。
姑息に名前変えたりして、忍び込んで来るのですが
解るので、はねてます。
何を書いているか、解りませんが、今までと
似たようなことでしょ・・・・。芸風に変化でもあれば
1回ぐらい見てもいいけど、全く関心が失せました。

希望があれば公開処刑してもいいですけど?
ただ、あの手合いって相手すると喜んでまた密着して来るのではないかしら?

アビゲイルさま (BB)
2015-10-28 00:58:20
先のコメントと相前後して失礼しました。

結局、浜尾さんが両殿下に具申していたことは
全部正解だったったてことですよね。

天皇陛下の学友たちの評価も実に正確。

でも聞く耳持つほどの賢さが、両陛下共になく
皇后は仕返し、天皇は切る「馘首」という形でしか
反応して来ませんでしたね。
BB様皆様 失礼致します (通り吹雪)
2015-10-28 01:55:15
BB様の怒涛の記事アップとコメント欄皆様の重厚コメの充実ぶりに、ついて行くのがやっとの事で、愚鈍なりにいろいろ考えておりました。

人間のタイプは様々あると思うのですが、今上帝と皇太子に祭祀者としての素質、の一点で考えた場合、適性が全くなかったというわけではないのではと感じられます。

芸術家・芸能者・表現者といった、現代においても巫女的感性を活かせる職業でその道を極めた人に共通していえるのは、大きな欠落や喪失を宿命的に背負ってきた、悲しい意味での選ばれた人、という一面ではないかと。

順風満帆に大手を振って幸福の表通りだけを歩いて来られた人には、他者の悲しみ、人間生活の悲哀、自然と人間との深い感応、に痛切に思いを致す程差し迫っての機会はあまりなく、深い眼差しや感受性には、必ず絶望的な孤独や苦悩の闇を通ることが強いられるのだと思います。

今上や徳仁さんに持って生まれた欠陥があったとしても、そのコンプレックスと血を吐くほどに向き合えば、見えてきたものもあっただろうにと思います。

その試練を乗り越えれば、おそらく昭和帝の人生に覆いかぶさっていた重荷がどれ程の物であったのか、そしてそれに御身一つで耐えられた凄まじさがどの様なものか、曇りを払って、尊敬の念を素直に持てたのではと。

浅田真央ちゃんとキムヨナの事を思い出します。


応援してます♪様の日本列島龍のお話、似たような事を私も以前から考えておりまして、最近また秋篠宮家と関連付けてよく浮かびますのでビックリしました。

私は日本列島は竜の落とし子の形とイメージしていました。親の龍は中国大陸で・・・

そして中心はやはり京都奈良で、その下の胎盤に当たるのが紀伊半島。
高野山・熊野三山の聖地擁する、太古からのエネルギー溢るる紀伊の山々の霊気が、吉野を経て都に絶えず送られている、熊野古道はそのへその緒で、東には神風の寄せる伊勢と繋がっている。

その紀州と縁深い紀子様こそ御国母に相応しく、悠仁様のお印が高野槙というのも偶然ではなく、ご両親の願いが込められていらっしゃるのでは・・・と。

空海さんの幼名は真魚(マオ)で、その縁から浅田真央ちゃんはソチに空海さん由縁のお守りを持参したと、本当かどうか、何かで目にしました。

勝手な事ばかり書いて恐縮ですが・・・

高御座のクラは、磐座などと同じ、神の降り立つ座の意味で、大地や巌、山の象徴化かと思います。

それを御所から引き剥がし、ヘリコプターで・・・

江戸城は武士の城、要塞で、皇室の為に周囲を固める寺社もないので、そこにお移ししたのはやはり違ったのですね。

雅子さん親子が髪を伸ばしているのは、即位式を見越して勝手に準備してるのではとふと思いました。
本当は、紀子様に即位の礼の為御髪を伸ばしていただきたい・・・と想像していて、そういえばと浮かんだのでした。

BB様のご教示はもちろんの事、皆様のコメント、いつも大変勉強になります、ありがとうございます。

ご迷惑になることは控えなければと思いつつ、またもの長文馬鹿で申し訳ありません。

お体大切に、皆様ご自愛下さいますよう
Unknown (かすてら)
2015-10-28 01:57:16
皇太后を狙っているとかありうるかも、です。訂正します。

それから、やはりナルのこと見誤りました。散漫投稿で失礼しました。
普通の感覚で不憫と思うことでも、彼女にとってはズレがある。
小皿帽子が目立って良いという感覚なら、カメラ小僧なんのそのでした。
通りふぶきさま (夕映え)
2015-10-28 02:14:24
>雅子さん親子が髪を伸ばしているのは、即位式を見越して勝手に準備してるのではとふと思いました。

髪の長さは統合失調症の人の、一つの特徴かもしれません。身近なサンプル一つだけの不確かな意見ですが。

おすべらかしには、いずれにしても地毛では無理で、雅子さんにそんな根気も殊勝な心ばえもないと思います。

そもそも、即位の礼に出る気などないと思いますよ。
祭祀の中でもおおごとの、本格的祭祀で長時間です。
雅子さんには無理。
出なくてもいいのだそうです。宮内庁で確認しました。
皇太子一人だけで、やるみたいです。それだけでも、
祭祀の内容が壊れ、伝統の糸が切れるのですが宮内庁は平然としていました。
虹が出たので。 (スウェデン)
2015-10-28 07:44:57
BB様、皆様、いつもありがとうございます。

この記事がアップされ、昨日の朝読んでいて、ふと窓の外を見たら、大きな淡い虹が窓いっぱいにかかっていたので、驚いていました。

なんだか、涙が出て、自分も明治生まれの祖父母が亡くなった後、いばらの道でしたので、おそれおおい事ですが、いつも秋篠宮様と自分を重ねてしまうのです。

オーラとかそういうのはわからないのですが、秋篠宮家の方々には淡い虹の様なパステルカラーの空気を感じます。同じ様に感じている方いるのではないでしょうか。

私も、慶事の予感がしました。

こちらに集まっている方々とは、霊的な御縁を感じております。

少しでも、力になれたらという思いでコメント頑張ってます。
とうとう (kukia)
2015-10-28 12:45:05
BB様、皆様こんにちは。
いつもこちらで勉強させて頂いております。

とうとう、BB様は踏み込んで記事にされたのですね。
聞きたくなかった…でも聞きたかった事です。
せめて、天皇陛下だけでも現状から目覚めてほしい!!と思っておりましたが、お若い時からの事を知って無理なのだな…と感じました。
せめて、せめて祭祀だけでもお続けであれば…。
秋篠宮殿下、妃殿下とご家族だけが一筋の光です。

失礼致しました。

ダテンシ お二人様 (aki)
2015-10-28 19:02:05
BB様、皆様、いつも有難うございます。

国民が選挙で選ぶ議員内閣制は、堅持せよとのたまう憲法に基づくものです。
その政府の頭越しに、政治的発言や偽善外交など以ての外、憲法への冒涜です。
国民が天皇に望むのは、祭祀をなさり、国事行為や各方面から依頼される公務をこなす事です。
それを逸脱しなければ、これほどの反感は招かなかったでしょう。

色香で惑わす聖女風コスプレ堕天使に籠絡され、堕天子と成り果ててしまわれました。
夕映え様 (通り吹雪)
2015-10-29 02:15:29
BB様、コメント欄をお借りします、失礼します。

夕映え様、ご指摘ありがとうございます。

>そもそも、即位の礼に出る気などないと思いますよ。

そうですね、BB様も何度も記事にして下さっていたのに、うっかり忘れており大変失礼致しました。

ただ即位式に出ないにしても、アリバイ作りか申し訳程度に写真は撮るかと思いまして。(万が一あったらの場合の妄想ですが)
十二単は嫌がられるかもしれませんが、勲章とティアラを付けフォトショで修正に修正を重ねた〝御真影″を、自分の代わりに拝めとばかりに新聞や写真集に載せたい気持ちは働くだろうなと。北の将軍様や池田○作の様に・・・

また普段何もしない人ほどイベントに張り切るという事と、おすべらかしもある程度地毛の長さがないと、かもじ?かカツラ?と馴染まないだろうなと思いまして。時代劇の女性のカツラも生え際の地毛を活かした物が主になってきていますが、やはり多少長さは必要みたいです。

個人的な推察ですが、雅子さんは統合失調症ほど重度ではないかなと思います。

統合失調症は脳に異常をきたしてしまう本当の病気なので、患者さん本人に責任は問えないですし、雅子さんの様な嘘と怠惰を皇室と病気のせいにして、菊のカーテンに隠れている人と患者さんを比較してしまうのは御気の毒な感じもします。

私も数名の方とお会いしたことがありますが、確かに雅子さんの様な髪の状態の方もいらっしゃいましたし、手入れのしやすいよう短くされてる方もいらしたので、やはり一概にはいえないかと。

鬱病や精神疾患で身だしなみのケアが自分で出来なくなったり、神経過敏で他人に触れられるのを嫌がったりなどはありますが、その割に目元や鼻の整形は痛みも伴うのに出来るのか、とその辺がよく分かりません。

私も素人なので勝手な事は言ったらいけないのですが、雅子さんは普通の方がストレス下で発病してしまったのとは違い、遺伝や生育環境等の影響で元々そうした体質、精神構造を持っており、それを認めようとしなければ向き合おうともせず、皇室と病気のせいにし有耶無耶にしている為に、皇室は再び汚名を被り、病名や憶測は独り歩きして精神疾患への偏見を助長している、皇族たる資格のない人だと思います。

本当は、BB様皆様おっしゃるように、オープンにされ適切な治療をされれば、発達障害であれ知的障害であれ適応障害であれ、国民は受け入れるし、病気への理解も広まり、社会福祉への貢献にも繋がるのに、今や逆に皇族が偏見を助長しているとか害悪でしかありません。

また深夜に長々と・・・うまく纏められず申し訳ありません。

すみません、お目汚し失礼致しましたm(__)m
ですね! (雪勇気)
2015-10-29 23:33:54
BBさま、今晩は。タイムリーにコメントできず、今さらお手間をとらせ申し訳ありません。
きっぱりと、さっぱりといたしました。はい、そうですね。本当にそうです。
頭と性格の悪い一組の夫婦…息子夫婦もですから二組になってしまいますね!

文化防衛論にある三島と学生のティーチ・インを読んでいましたら、彼は何となく…当時の皇太子ご夫妻への尊敬はなく、嘲笑しているかのように感じました。小泉信三が作った週刊紙天皇制で、誇りと崇高さが失われたと言っています。BBさまの過去記事のコメ欄にも、当時の国民の中には皇太子ご夫妻に呆れるような人達もいらしたというようなコメントもありますね。

当時は今のように、保守が沈黙する感じではなかったのですね。
今のマンセー状態は、お二人が反対意見を述べる方々を、次々と排除していったからでしょうか。黙らせることで威厳保ったのなら、北のカリアゲ君なみですね。
暗愚な皇太子ご一家を引き立てるのも、ご自分たちより能力も魅力もある弟宮御一家が疎ましいから?それに弟宮様はご両親にも、これはおかしい、とはっきり仰りそうですもの。

BB様の記事を受けて、宮内庁HPで陛下の御言葉をチェックしてみました。即位したての頃は謙虚で、政治的発言は控えていらっしゃったように感じます。また、毎年のように昭和帝のことにも触れておられます。昭和帝はもちろん皇室の伝統は全て引き継いでいる、と思っていらっしゃるようです…。
先の戦争に関しても毎年のように触れますが、昭和帝は望んでおられなかった的な表現が多いのが気になりました。もちろん戦争は誰も望んだりしませんが、その頃の世界情勢もあるのに、自虐日本史ばかりに偏りすぎのよう。むごい犠牲はもちろんあり、戦争の悲惨さを伝えていくことは大切だと思います。いっぽうで、国民の血で日本を守ったという気持ちで亡くなられた方々もいらしたわけですから、そこへの感謝というか…それはないのですか?と思いました。公には言えないことなのでしょうか?各地各国での慰霊の際には、一体誰に何を語りかけていらっしゃるのやら。

日本一の権威を持ちながらマイホーム主義、政治発言で国防を軽んじ国を守る気もない天皇を、どこの国の王も国民も尊敬なんてしないと思います…。

徳仁さんのケツ2、確かにケツは誰なのかと不思議でした。BBさまのご意見番ごもっともですね(^-^)
BB様へ (財井)
2015-10-29 23:54:34
こんばんは。おそくなりましたが恐縮です
直々にご反応を頂けるとは思わなかったため、その後、気おくれしてしまっておりました(汗)。
いつも長々書いてしまうのですがこれでもまだまだ勉強中でして、先ほどなどはネットで宮中祭祀簡略化についてのブログ記事を読んでおりました。BB様はじめ皆様はとうに既知の内容とは存じますが、この方の記述は無駄なくテンポがよいので解りやすかったです。こんなページでした↓
http://s.webry.info/sp/hiroaki1959.at.webry.info/201203/article_9.html
自分もこの方のような小気味よい文章が書ければよいのですが(笑)。
私信にお借りしてすみません (財井)
2015-10-30 19:34:59
前略、コメント投稿が一段落しているこちらをお借りして失礼します。皇太子京都御所の記事のコメント欄にて別の方から「横からうるさい、私たちはちゃんとわかってる、黙っておいてくれ」的なレスを頂戴したのでショックを受けました
わたくしもしつこかったことは認めますし、またその方も冷静さを欠いておられる状態の方でしょうから無理もないのは承知なのですが、こういった矛先が向けられただけの状況すら個人的にどうにも苦手なものでして…今後しばらくロムに徹してコメントは控えたいと存じます
前職の施設にて秋篠宮両殿下や当時まだ紀宮時代の清子さまが来場なされた際のエピソードなども追い追いと存じておりましたが、今後機会がありますればと存じます
一介の読者の身で大仰に大変失礼いたしました
草草
財井さま (虹)
2015-10-30 19:54:33
>皇太子京都御所の記事のコメント欄にて別の方から「横からうるさい、私たちはちゃんとわかってる、黙っておいてくれ」的なレスを頂戴

客観的に引いて見ていたものですが、これはちょっとお相手への誹謗でしょう。
皆さん、当初財井さまの言い分に何も異は唱えていらっしゃらなかったでしょう?

それを繰り返されるから、いやそうじゃないのですよ、よと秋葉さんだったかしら? 「説明なさった」だけです。

それに財井さま、矛盾していらっしゃいませんか?
記事から話題が逸れることを懸念されているのでしたら、財井さまこそ関わらず放置なさっていればよろしかったのではないでしょうか。逆にそれで、余計逸れましたよ?
こちら論客揃いで、長く滞在している人も多くコメ欄での対論には真剣だし慣れています。

「こわい」というのも随分な言い方で、私は最初の庶民さんのコメントを恫喝と読んでそっちのほうが、怖かったです。財井さまも当初は恫喝と受け止めてのコメントでしたよね?

率直に言ってそこへの皆さんのコメントに対してのコメントに対する財井さまのコメントのほうが、申し訳ないですが(余計な仕切り)と感じました。すみません。正直に。皆さんもそれは思ったのではないですか?
でもその時点で、何も文句を財井さまに言ったわけでもなく、皆さん紳士淑女的にw黙っていらっしゃいましたよ?

>またその方も冷静さを欠いておられる状態の方でしょうから

失礼なことを・・・。極めて冷静なコメ返しでした。あなたさまが感情的になられたから、そう感じられたのではないですか?

>こういった矛先が向けられただけの状況すら個人的にどうにも苦手なものでして

じゃあなぜ、人には矛先を向けられたのでしょうねえ?
コメント欄のディベートに不慣れで、それで感情的に捉えられたのでしょうか。
普通ですよ、こんなの。
めげないで、トレーニングなさってください。
なんだかねえ (桃実)
2015-10-30 20:12:46
BBさまが身を削るように全身で書いていらっしゃるの
わかるから、みんなビリっとして受け止めて
真剣勝負やってる時に、ぬるい人がいるのねえ・・・・
桃実みたいな乙女でもがんばっていますわよ
記事の中身を見失わないようにとか一方で皆さんにお説教しながら、反論されたら愚痴と言いつけコメントってのも、どうなんですか。
それもわざわざ、対論避けて別のスレッドで。
キチンと向き合ってコメントくださった方々に
ちょっと失礼かも。
しつこいかもだけど・・・ (花園)
2015-10-30 20:32:34
常連の私たちに取っては、大事なブロガーさんが殺されるとか言うコメントが来たら、普通は捨て置けないから反応しますよ・・・・「殺される」ですよ?
それを放置しておけ? 変なの・・・。
私もしつこいw独り言 ごめん (夕焼け)
2015-10-30 20:57:45
だって、わけわかんないわ。
コメ欄で撹乱されて記事の主題を見失うなとか
お説教してた人が記事の本筋と関係ないお説教して
かき乱して今度はこちらでまたも、記事の主題と
関係ない繰り言?
ナンダソリャ
Unknown 2016-11-29 11:59:24 Unkowoman (BB)
2016-11-29 12:05:23
Unknown に準ずるHNは受付ません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。