百人斬り授業のその後

2012-02-01 | 日記

べべこ記事 

 http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/6c8ef16cc46d12b34cd62d526b805615   で取り上げたその後の経過は以下のようです。

この、クズ教師をあげつらうこともさることながら、こんな捏造に基づく授業を「成果」として日教組大会で報告される、その体質こそが抜本的問題であると思われます。これがまさしく日教組なのですから。

 http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-683.html



超拡散《悪魔の歴史認識を刷り込んだのは長崎県;五島町奈良尾中学校教諭だった》




msn産経ニュースによると、1月30日、富山県で開催された日教組教育研究全国集会に於いて、長崎県;新上五島町中学校教諭が、南京攻略戦の戦意高揚記事「百人斬り競争」を事実と断定して、中学生に教える教育実践を報告していたと報道した。



【そこで私が調査した結果を報告します】この中学校教諭は、新上五島町奈良尾中学校★教諭だった。その「平和学習」の発表で決定的な間違いは〈「戦争になったら、相手国の人をたくさん殺せば殺すほど勲章がもらえてたたえられるんです」と、語りかけていた。〉と、報道されていたことです。


小生は、「百人斬り」裁判;原告側運営委員兼訴訟支援委員を務めていたものとして、2月1日、奈良尾中学校N教頭と五島町教育委員会指導班H担当者に問い合わせ、「百人斬り」を実行したと発表した兵士に「勲章」が授与されていなかった事実を教え、★教諭は「生徒に『勲章は授与されておりませんでした』と謝罪する必要がある」ことを伝えたところ、H担当者は「昨日(31日)★教諭は生徒を前にして訂正することを指導した」とのことだった。しかし、H担当者は、「その現場に同席してないので詳細まで把握していない」とのこと。


本来であれば、「百人斬り」が戦闘中の大武勲と報道されていたのであり、仮に事実であれば最高の武勲として「金鵄勲章」が授与されるべきだったのですが、実際には、小生が賞勲局に問い合わせ確認した結果、野田・向井両少尉に授与されていなかったことを、『正論』2005年4月号(詳細は『「反日」包囲網の正体』第7章〈「百人斬り競争」における『朝日新聞』『毎日新聞』の捏造〉を参照)に発表したことを教えてあげ。

また、2007年2月23日、内閣委員会に於いて、戸井田徹衆議院議員が「野田・向井少尉に金鵄勲章が叙賜されているか」との質問に、福下内閣賞勲局長は「向井敏明さんに金鵄勲章が授与されたという記録はございません」と、明確に応えていたことも教え。この事実は、日本国政府が国会で「百人斬りの大武勲」が創作だったことを、図らずも証明したことになることも説明してあげました。


★教諭が生徒(全校3クラス)に、どのような訂正のスピーチをしたのか改めてN教頭に

水間「五島町教育委員会Hさんは、教諭に訂正するように指導したと仰っていたが、訂正だけで生徒に謝罪をした訳ではないのですね」と質問すると、

N教頭「★教諭は謝罪をしました」、

水間「どのような」、

N教頭「みなさんに嘘を教えてしまい申し訳なかった」、

水間「授業では具体的に教えたのだから、報道されている勲章は授与されてませんでした。とキチッと何が嘘だったか説明する必要がある」と、

助言すると前向きに応えていました。また、当然、県教育委員会への「始末書」についても検討中とのことだった。



一連のやりとりで、問題点が明らかになったことを列記するが、そもそも今回問題になった学習は、奈良尾中学校に於いて行った教科は、社会科の授業ではなく、日教組教員が得意中の得意としている「人権・平和」をテーマに教えることができる「総合学習」の時間で行われていたのです。

この教科が、日教組の教育方針「日本罪悪史観」を刷り込む温床になっているのです。文部科学省は、世間を知らない狭い見識しか持ち合わせない教諭が、「総合学習」など教えることなど出来ないことくらい、常識的に考えるだけで分かることなのだ。


文部科学省は、悪魔の時間「総合学習」を、廃止を含め徹底的な議論をする必要があるのだ。今回の件で露呈したことは、教育現場の教諭が「教科書」に記述されてないことを、嘘を絡めて教えていた事実だった。

N教頭とH教育委員担当者には、「教科書に記述されてないことを教えてはいけないと、徹底することを助言し、特に歴史教科書に関しては、採択で東京書籍とか育鵬社や自由社などいつも揉めていることを踏まえ、教諭には教科書の内容から逸脱しないことを特に徹底する必要がある」と申し入れたが、再度、文部科学大臣も、全国に通達を出す必要がある重大なことなのである。

因みに、五島町奈良尾中学校で使用している歴史教科書は『東京書籍』とのことだった。


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

■皆様方も長崎県教育庁義務教育課と新上五島町教育委員会;学校教育課・指導班並びに五島町奈良尾中学校に、メール・電話・FAXで適切な対処をお願いしてください。


●奈良尾中学校

◆〒853-3101

◆長崎県南松浦群新上五島町奈良尾郷909-14


電話;(0959)44-1185

FAX;(0959)44-1186


●新上五島町教育委員会;学校教育課 指導班


電話;0959-54-1982

FAX;0959-54-2555


●長崎県教育庁義務教育課


◆【ご意見・ご感想をお寄せください】
http://www.pref.nagasaki.jp/gimu/form/index.html


◆電話;095-824-1111



※信頼される学校づくりに向けて(「指導が不適切な教諭」等の対策について)
http://www.pref.nagasaki.jp/edu/faculty.php

 

・・・・・・・

 

べべこ過去記事  「教科書は日教組が選んでいる」

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/1d5e660a7a7df89902f4cd69042123f2

この中学校で用いている東京書籍は最悪です。

× 東書(東京書籍)の記述

 グローバル化の中で、わたしたちは日本国民としての意識だけでなく、
地球に生きる人間(地球市民)としての意識を持つことが求められています。

べべこ注;「グローバル化」「地球市民」と実態のない、典型用語の連発。
グローバル化の中身は「多民族共生」=中国・韓国人の大量受け入れ、の押し付け価値観であり「地球市民」は、
仮想敵国(と日本を見做している国)に無防備に門戸を明け渡すことと同義であります。



「地球市民」を主張する東京書籍を教科書に採択している奈良尾中学校の学校ブログはこちら。こういう教科書を採択しているようでは、この教師のみならず学校全体の教育が偏向しているのではないかと懸念されます。もっとも教科書採択に関しては、義務教育諸学校の場合、学校設置者の教育委員会に教科書採択権があるとされていますから、教科書に関しては教育委員会の問題ですね。長崎県教育庁義務教育課になるのかなあ? とすれば、このクズ教師への処分(相当緩いかと思われます)だけでは、抜本的解決にはなりませんね。教育庁の内部に自虐史観の輩が巣食っているか、あるいは以前記事で取り上げたことがあるように、調査委員のメンバーに日教組が入り込んでいるのかもしれません。(べべこの過去記事、『教科書は日教組が選んでいる』を参照)教科書会社もビジネスですから需要がなければ自虐史観を載せません。

 

コメント欄に新情報が寄せられています。

 

【日教組】もはや洗脳、百人斬りを事実として教える[桜H24/1/31]

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
教育委員会 新上五島町 グローバル化 中学校教諭 教科書採択 百人斬り競争 歴史教科書 文部科学省 文部科学大臣 義務教育諸学校
コメント (2) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 裏千家 菊池宗津さんへの公開質... | トップ | 日本人なのか? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amotoyamatotake)
2012-02-02 01:03:08
長崎県教育関係職員録からみると

男性教諭は 校長・教頭・数学・保体・技工の5人 日教組だから、数学・保体・技工の3人の誰かだな。
役職が保体が教務主任・技工が進路指導主生徒指導主、数学は役職なし

奈良尾中学に 日教組の県教組総支部長がいるね 数学教師

http://www.kyogo-nagasaki.or.jp/yosiki/pdf/gy151002.pdf
Unknown (べべこ)
2012-02-02 01:22:49
amotoyamatotakeさん

貴重な情報をお寄せ頂き感謝申し上げます。

日教組の大会にまで出向くとなると、県教組総支部長なんでしょうかしらねぇ?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。