BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

日本が普通に好き。 右も左も興味ない是々非々主義です。

アンジェリーナ・ジョリ及び全ての反日白人たちに捧ぐ 《拡散希望》

2015-01-14 | 日記

アンジェリーナ・ジョリの反日映画「アンブロークン」はソフトバンクが出資していたり、在日が敵役の日本兵に配役されていたり、明らかに背後に組織を感じます。

アンジェリーナ・ジョリは国連に働きかけ、「性奴隷」の拡散にも努めています。

在日を配役した奈良橋陽子氏のアンジェリーナ擁護は明らかに詭弁です。

 


【映画オタク記者のここが気になる】「日本が悪いと言いたいわけでない」 MIYAVI出演『アンブロークン』 アンジーは日本公開望んでいる…ハリウッドとの懸け橋、奈良橋陽子さんに聞く(下)(1/3ページ) - 産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/150112/prm1501120020-n1.html
>「アンブロークン」は小欄でも既報通り、“反日映画”と非難され日本での公開が決まっていない。MIYAVIも一部で非難の的になっており、昨年12月12日の自身のツイッターに「今回の件は申し訳ない。でも、僕は大丈夫だから心配しないでほしい。ポジティブに考えようと思っている」とファンに向けてつづっている。この映画は今月8日にバチカンで上映され、ジョリーは2人の娘と上映後にローマ法王フランシスコと謁見したが、法王は上映会には出席しなかった。奈良橋さんは「アンジーはインターナショナルな家族だし(アジア人の養子が2人いる)、この映画で日本が悪いということを言いたいわけでは全くない。本人も言っていたが、ザンペリーニの物語がとてもドラマチックなので描きたかったのであって、日本でも見てほしいと思っている」と力を込めた。

 

 

反日ビッチ、アンジェリーナ・ジョリを日本から叩き出せ!! (拡散希望)

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/6118f587cae35d989b1679085f9139f5

悪どいぞ アンジェリーナ・ジョリ 【拡散希望】

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/6ff300767d936f77b12e42fd3a6af5e7

今年から日本叩きが本格化する潮流なので、過去記事ですが再アップしておきます。

イギリス兵が、敬意とともに感謝する元日本兵。

これが日本人の武士道精神 日本軍人 工藤俊作艦長の話

 「漂流者を全員、救助する!!」

海に投げ出されたイギリス兵たちを、日本海軍は全員を救出すべく努力して、
  422名を救い上げます。日本の乗組員の倍の「敵兵」を救出したのです。

そして・・・

捕虜に対して挨拶 14分15秒

You have fought bravery.

諸官らは勇敢に戦われた。 

Now,You are the guests of the Imperal Japanese Navy.

以降、諸官らを日本海軍の客人として遇する。

病に震える足を踏みしめてかつてのイギリス兵は、はるばる海を渡り
墓参に訪れた。

 

マッカーサーの告白 日本は自衛戦争をしたのです。東京裁判は誤り 1951年5月3日 アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて KSM�・

日本がしたのは侵略のための戦争ではない、自衛のためだった。

【恥ずべき最後通牒ハル・ノート】への批判ハミルトン・フィッシュ

戦争の仕掛け人・・・・・・日本を戦争に追い込んだ張本人はルーズベルトだった。

 天皇皇后両陛下の「史観」について その背後の小和田的闇=GHQ 《転載自由》http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/43162249db0c0730f38a7bd109e10417

 

アンジェリーナ・ジョリの侮日映画に関して
以下のコメントが寄せられました。

公開  * Unknown 2014-06-07 21:51:05

新参者ですが   反日ビッチ、アンジェリーナ・ジ...
はじめまして。
これを知って慌てて書かせてもらっています。

著者ルイス・ザンペリーニはマーシャル諸島から日本本土に送られ終戦まで大森、大船収容所に入れられていたそうです。

同時期に大森収容所で捕虜生活を送っていた英国人将校ルイス・ブッシュの著書「おかわいそうに」(1956年出版)というのがあり、そこには収容所生活が詳細に書かれています。

残虐行為などほど遠いものです!
捕虜は外部の労働に回される事があったようで、労働中に雑役婦とどこかへしけこんだり、酒をクスネて酔っぱらったりしてたんですよ。
捕虜があまりに酔っ払って帰ったので監視兵がビンタしようとしたらフラフラで当たらなくて日本兵と捕虜とで大爆笑した、
などが書かれてあります。

本は廃刊になりレアになっていますが、私は親が保管していたのを読みブログにて取り上げました。
これが資料として必要でしたら、どこへでも持っていきます。
 
反論資料 2014-06-08 00:23:01

紺屋の鼠   アンジェリーナ・ジョリの日本貶...

こんにちは。

この映画の主人公が収容されていたという東京大森捕虜収容所に入れられていた英国人将校の体験記録本があります。
終戦まで収容されていた人です。

人食いなどとんでもない!
その将校の本には監視日本兵と捕虜との微笑ましい場面まで書かれてあります。

拙ブログにて紹介していますので、宜しかったら利用して下さい。

 

備考 

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%AB%E2%80%95%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%8D%95%E8%99%9C%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80%E3%81%AE%E8%8B%B1%E5%85%B5%E8%A8%98%E9%8C%B2-1956%E5%B9%B4-%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5/dp/B000JB08WK

以下、こちらのブログ様より抜粋(詳しくは元記事をお読みください)http://koyanonezumi.blog.fc2.com/blog-entry-296.html

捕虜は迷子になるほど自由に歩き、鯨フライの駅弁を食べ、スイカをもらい
収容所では労働に出されるけれどこっそりサボって女としけこんだり、酒をクスネて酔っぱらったりが見逃されたり
酔っ払って監視兵にビンタ喰らいそうになったが当たらず両者で大笑いしたり
捕虜には日本兵と同等の給与が出て売店で買う事も出来、そのカネを貯めた捕虜には日本兵が借金のお願いに来たり、
将校であった著者は監視兵と一緒に初詣にまで行っている!

確かにリンチやるような監視伍長もいたが、殴った後で抱き付いてきて泣いて謝ったり、これは変態に当たってしまった不幸であって日本軍そのものの体質とは程遠い。後に伍長は外されている。

 ・・・・・・・・・・・・・・・

以下もコメ欄に寄せられた情報より。

原著『The Wartime Journals of Charles A. Lindbergh』の一部。
 アメリカ軍の日本兵に対する残虐行為に関する記述がある日の記録

>ドイツ人がヨーロッパでユダヤ人になしたと同じようなことを、われわれは太平洋で日本人に行なって来たのである。

http://blogs.yahoo.co.jp/furainngutaigaasu/18899505.html

↑は対訳付きで紹介していますが、原作部分を拾って英語版動画にまとめたのが↓のブログです。

http://maruko460.blog116.fc2.com/blog-entry-762.html

以下がアメリカ軍がいかに日本兵を虐待虐殺したかに関する英語版動画です。
アンジェリーナ・ジョリとアメリカに突きつけるべきでしょう。

海外への拡散が有効でしょう。(アンジェリーナ・ジョリへのプロテストとして)

The Wartime Journals of Charles A Lindbergh

ありがとう武士道―第二次大戦中、日本海軍駆逐艦に命を救われた英国外交官の回想
[単行本]
サム・フォール (著), 中山 理 (監訳), 先田 賢紀智 (翻訳)

原書は絶版
Lcky Life: In War, Revolution, Peace and Diplomacy Hardcover
by Sam Falle (Author), Sir Roger Carrick (Foreword)
Be the first to review this item

英語版 
Sam Falle
http://en.wikipedia.org/wiki/Sam_Falle

Sam Falle

From Wikipedia, the free encyclopedia

Jump to: navigation, search


Sir Sam Falle, KCMG, KCVO, DSC (19 February 1919 - 20 February 2014) [1] was a British diplomat and decorated Royal Navy officer. He served as Ambassador to Kuwait and Sweden and High Commissioner to Singapore and Nigeria.

Career[edit]

Samuel Falle was educated at Victoria College, Jersey. He served in the Royal Navy 1937–48 and was awarded the Distinguished Service Cross "for gallantry in the face of overwhelming odds whilst serving in H.M.S. Encounter during her last action in the Java Sea on 1st March, 1942".[2] Encounter had taken part in the Second Battle of the Java Sea, suffered major damage and was scuttled by her crew. They were subsequently rescued by the Imperial Japanese Navy destroyer Ikazuchi commanded by Shunsaku Kudō. Falle spent the next three and a half years as a prisoner of war.

Falle joined the Foreign Service in 1948[3] and served at Shiraz, Tehran, Beirut and Baghdad. He was Consul-General at Gothenburg 1961–63, head of the UN department at the Foreign Office 1963–67 and accompanied Lord Shackleton on a mission to Aden in 1967. He was deputy High Commissioner at Kuala Lumpur 1967–69, ambassador to Kuwait 1969–70,[4] High Commissioner to Singapore 1970–74, ambassador to Sweden 1974–77,[5] and High Commissioner to Nigeria 1977–78. He then retired from the Diplomatic Service and joined the European Commission, becoming EC delegate to Algeria 1979–82, then working as a consultant on development aid in Africa including evaluation of EEC aid to Zambia 1983–84, and Swedish aid to Swaziland in 1986.

Falle was appointed CMG in the Queen's Birthday Honours of 1964,[6] knighted KCVO in 1972[7] and given the additional knighthood of KCMG in the New Year Honours of 1979.[8] The King of Sweden made him a Commander Grand Cross of the Order of the Polar Star in 1975.

Falle sought out the location of the grave of Shunsaku Kudō, to whom he held enormous gratitude for rescuing him during the Second Battle of the Java Sea, and visited there on December 7, 2006. Kudo was such a humble man that his family came to know of his deed for the first time when Falle visited them.

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連過去記事

反日ビッチ、アンジェリーナ・ジョリを日本から叩き出せ!! (拡散希望)

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/6118f587cae35d989b1679085f9139f5

アンジェリーナ・ジョリの日本貶め映画への抗議署名  《拡散希望》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ced78e5b96bf4b1b6b903d420cec9cbf

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐賀県知事選 「保守分裂」... | トップ | 安倍晋三の愛国限度 自民党... »
最近の画像もっと見る

38 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本人と対極に生息するコイツラ! (copy)
2014-06-08 09:45:12
キムチ安倍1000万無法中国人移民歓迎!←処罰シロバカヤロー!

>>単純労働者というシナ・人食バッタ群の交通事故!

【中国人の順法感覚はゼロ!】中国交通事故瞬間108連発!
<動画>
https://www.youtube.com/watch?v=jHqEFFm3dYo
     ↑       ↑
・中国人にクルマ与えたらイカン!石器時代にとどめろ!

・こんな連中に「シナ語」で試験させて免許を与える日本何考えてる!おかしいだろ!
拾い物 (haha)
2014-06-08 14:23:35
450 :名無しさん@おーぷん :2014/06/08(日)13:15:06
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402036898/450

誰がアップしたか知らないけど上にある大森捕虜収容所にいた英国軍将校の本が全文読める。

http://ja.nsf.jp/novel_top.php

…………

INTERNET ARCHIVE
https://web.archive.org/web/20100307152848/http://ja.nsf.jp/novel_top.php


Unknown (とりすが)
2014-06-08 15:14:28
ありがとう武士道―第二次大戦中、日本海軍駆逐艦に命を救われた英国外交官の回想
[単行本]
サム・フォール (著), 中山 理 (監訳), 先田 賢紀智 (翻訳)

原書は絶版
Lcky Life: In War, Revolution, Peace and Diplomacy Hardcover
by Sam Falle (Author), Sir Roger Carrick (Foreword)
Be the first to review this item

英語版 ウィキに彼の名がありました
Sam Falle
http://en.wikipedia.org/wiki/Sam_Falle
動画、感謝致します (りか)
2014-06-08 18:22:32
BB様、大変お忙しいところ、動画をアップしてくださり心から感謝しております。
感動で涙が出ました。
本当にどうもありがとうございます。

私は世間知らずで今の世の中の事を数年前まで全く知らないお花畑でした。
ネットで色々知った時は、ショックと恐怖でどうしようもありませんでした。

そんな時、BB様のこのブログにたどり着き、本当に救われました。
そしてこちらのコメントを読ませて頂き、少しずつ元気に前向きになりました。
日本には支持されなくても一丸となる団結力があるのだと。
これこそが世界が恐れているものではないかと。

日本人であることを誇りに思います。
宣撫昨 (60過ぎて…)
2014-06-08 21:45:37
宣撫官、或いは宣撫作で検索してください。
指揮者の小沢征爾さんのお父様が関わっていたこと、またその言葉を今日知りました。

長い間漠然と日本はアジアに酷いことをしてきたと思い込んでいました(3年前に覚醒しましたが^ ^)

改めて日本に生まれて良かったと思いました。
首が痛ひ(泣) (ふわふわ)
2014-06-08 22:54:11
BB様~! 拡散させて頂きましたよ~! 一応、ご報告です。
アンジェリーナ・ジョリーは、自国の白人兵士による、黒人兵士への虐待こそ、取り上げるべきです。

http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1072.html
ルイス・ブッシュさん (紅薔薇)
2014-06-09 20:51:05
「おかわいそうに」を書かれたルイス・ブッシュさんは、日本人と結婚されて
2012年末の段階で鎌倉に住んでいらっしゃったことが確認されているそうです。
今もご存命で大森収容所で本当に日本人が生きたまま捕虜の肉を食べていたのかどうか
証言していただけるとありがたいのですが。
Unknown (kumikumi)
2014-06-12 13:44:14
BB様、お久しぶりでございます。

最近、本当に、とても心配なことがあります。
移民です。
自民党が進めている政策、どうしても、矛盾だらけなように思います。

今となっては、もう遅いですが、自民党に投票し、あべ政権に期待していた・・・

自民党は、日本を守る気があると思いますか?

保守速報というブログを見るにつけ、自民党にがっかり・・・

すみません、最近、次々、いやな予感のする政策が進められているので、不安でしょうがないのです。
kumikumiさま (BB)
2014-06-12 13:57:11
朝鮮教と言ってもいいカルト教母体の政党と組んでいる時点で、自民党ダメですよ、暗黒サイドいっぱい。
党内にも妙なのが生息しているし、成りすましもいるでしょう。・・・・しかし・・・・現実の選択肢として、他にないのですよねえ・・・・。

だから、個々の政策に賛成して応援する一方、悪しき政策には全力で抗議、潰して行きましょう・・・・と前から主張しています・・・・。現実なかなか難しいのですが・・・・
でも黙っていては、さくさくやられちゃうし・・・・・。


移民も、条件次第とは思うのですが・・・・・
しょせん、中国、韓国人が最多なのではないでしょうか。そこを厳しく追求すべきでしょう。
帰化要件の厳格化も求めたいところ。
今でも緩いのに、更に緩和しようなどと主張する手合がいます。

しかし、何が厄介って国民ですよ、政治家より。
余りにも露骨な売国、舛添要一を選んだ都民。
日本の愚かさの縮図です。だからコツコツ伝えていくしかないのですが・・・・。

自民党はろくでもないこともしますが、他党に比べればそれでも、いい面もあるので、正負の双方を公平に見られることをお薦めします。自民党や党員の負ばかり見つめていると、見失うものもあります。

そして、背後にアメリカがいることを常に忘れないで下さい。日本の政治家と官僚を操っているのは、いまだアメリカです。

いい政治家というのは、それと戦う気力のある政治家です。でも、本当に出来ないんですよ、100%の抵抗は。包囲網されちゃっているし、日本国内でも。
だからそこを勘案しつつの、政党、政治家評価が日本国民には求められます。

妥協につぐ妥協が要求されるのが「敗戦国」日本の政治家と官僚の宿命です。

政府と政権の背後に、常にいるアメリカを観察してください。

アメリカの干渉と圧力、恫喝抜きに日本の政治は語れません。
Unknown (kumikumi)
2014-06-12 16:53:50
お返事ありがとうございます。

誰かに聞いてもらいたい、でも、身近な人からは、誰からも的確な答えはもらえそうにないので、BB様に愚痴ってしまいました。

日本が、少しでも、日本らしく生きていける状態になることを願います。

ミンスの時は、メールや電話で抗議の声を上げていましたが、今は、していません。
最後の砦と思っていた自民が、これですか・・・って、ほんと、落胆しているので・・・
抗議の声を上げるって、ほんと、エネルギーが必要でした。
今は、神社に行って、日本が日本らしくいられるように、と、お参りしています。

BB様、ありがとうございました。
kumikumiさま (BB)
2014-06-12 19:04:12
祈り

そうですね、それがありました・・・・
忘れてました。
祈りましょう。
明治神宮を冒涜する、邪悪なアンジェリーナ・ジョリーの悪魔のポスター (日本を守る)
2014-06-15 02:05:07
邪悪なアンジェリーナ・ジョリーの悪魔のポスターを貼って、明治神宮を冒涜する行為は許せない!

邪悪なものを表参道に飾るのは明治神宮への冒涜・攻撃だと思います。
オモハラ(東急プラザ 表参道原宿)が アンジェリーナ・ジョリーの悪魔役のポスターを入口に貼って 元から気色悪い洞穴みたいな建物が地獄への入り口そのものに見えている。

年明け、表参道には、フジテレビの地獄絵が貼られたり
パソナ迎賓館で入りの安藤忠雄が通した新国立競技場が、悪魔のUFOみたいな気色悪い建物で神宮の森伐採の危険があったり、明治神宮がすごく攻撃されている感じがする。
アンジーは、日本兵が人肉食べたという反日映画を作った話もある。
(略)こんな女優の顔を表参道に飾るのはフジテレビの地獄絵図と同じだな。

【画像】反日女優アンジェリーナジョリーが原宿で悪魔の格好してて気持ち悪い!!! こいつの反日映画で日本人が世界中で貶められる!!!
http://www.news-us.jp/article/399349166.html
戦争を美化するな。言い訳にしか聞こえない。 (麻木智徳)
2014-06-16 19:08:47
歴史を勉強しなさい。
麻木智徳様 (秋葉)
2014-06-16 20:09:16
戦争は戦争で美化も何もないでしょう?

「文脈」という言葉の意味は解ります?
この記事の趣旨は、アンジェリーナ・ジョリが
映画化原作として用いた小説は捏造である、というのが
記事趣旨で、 工藤俊作艦長の逸話はアンジー側の捏造値の対抗エピソードとして書かれているに過ぎません。

教条主義的に、戦争は悪いと思い込み、そこから出られないのは頭の悪さです。
戦争は悪いに決まっているのです。
でもなぜ起こったのかと考えるのはまた別次元。

あなたこそ、歴史を勉強しなさい。それと日本語を。

日本語が不自由ですか? 書かれた「論」に対して「論」で答えず、中身のない痛罵だけ。

あなたがこの記事に反駁したいなら、あなたのやるべきことは、戦争中日本軍は生きたまま人肉を食べたことがある、ということの立証です、証拠を示しつつ。
なぜなら記事は「なかった」が趣旨なのですから。

ちなみ捕虜虐待の主ほとんどは、当時日本兵として戦っていた朝鮮人たちです。
Unknown (BANANAマン)
2014-06-16 21:34:27
>戦争を美化するな。

工藤俊作という一人の人間の人格を称えることが
なんで、戦争美化なんですか?

答えてください。

関係ないでしょ?

あなたのように、ありもしないことを肯定するのも、
美化と同じレベルです。捏造を基にしているという意味でアンジェリーナ・ジョリと同じ阿呆であり、一国の先祖たちを侮蔑する人非人です。

日本兵が捕虜の体を生きたまま食べていたという証拠を出しなさい、愚か者が。

極限状況での人肉喰らいはあるでしょうが、それは日本に限りません。アンジェリーナ・ジョリが原作として浸かったアメリカ人の現実に動いた場所を勉強してますか? 人肉食いなんかないですよ。民間と仲良くしたりそんなエピソードが出て来ます。

記事のどこがどう、なぜ事実と違うのかも指摘できない情弱さん。


麻木智徳様 (菜の花)
2014-06-16 22:03:21
>歴史を勉強しなさい。

勉強したら、あなたのような人がいかに浅薄なのかがわかりました。まあ私も昔はそうだったので、偉そうには言えませんが。

>歴史を勉強しなさい。wwwwww

お、お腹の皮が・・・wwwww
無知だけではなく、頭脳粗略 (靖国蛍)
2014-06-16 22:13:35
>麻木智徳殿
アンジェリーナ・ジョリー台湾に関する発言で中国人を怒らせる (The Voice of Russia)
2014-06-20 20:29:13
映画「マレフィセント」のプロモーションのために中国を訪れたアンジェリーナさんは、台湾を中国の一部だとは考えていないとする発言を行い、会場にいた中国人---
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_06_12/273447849/
貴重な資料ですね (san diego confidential)
2014-07-11 16:59:40
はじめまして。きのう紺屋の鼠さまとお話させていただきおかわいそうにという本をしりました。
小説アンブロークンにも物資を勤務先から好き放題盗んで闇市までできていたという話はでてきますが、あちらでは、しょっちゅう見つかって殴られたとか、盗みをしたのはあまりに食料の配給がすくなすぎたからだ、とか書いてあります。あと、捕虜は月給10円でタバコも買えない金額だったともありました。
はじめまして (美輪)
2014-08-08 10:55:27
はじめまして。
署名してきました、人数大分増えてますが、もっと欲しいですね。
拡散もっとさせて頂きます。
戦禍の中で。 (伊藤知昭)
2015-01-13 20:55:35
BB様、皆様

これが武士道でした。
Unknown (応援してます♪)
2015-01-14 10:25:12
BBさま、みなさま、こんにちは。
これから、第二段、第三弾と撮影してるという話もあったりしますから、要注意ですよね。
それにしても、この女優は変わり者ですよね。
この人、一人に、周りの方が振り回されてる気もしますし、この人自体が操られているようにも見えます。
wikipediaで経歴をみたんですが、性的思考の部分でも、今はノーマルらしいですが、ちょっと危険思想というか、悪魔崇拝ぽくって気持ち悪いです。
精神面でも、肉体的にも、タブーを犯すことに快感を得てるような気がします。


wikipediaより
>ナイフの収集を趣味としており、10代の頃、交際していた男性とナイフで傷付け合い快感を得ていた。その動機も、通常の性行為で飽き足らなかったために使用したナイフで偶然怪我をした瞬間に快感を覚えたとのことである[43]。また、ソーントンとは互いに血液の入ったカプセルを持ち歩き、さらに女優・モデルのジェニー・シミズが1990年代初頭にジョリーと同性愛の関係にあったとインタビューで回答し世間を賑わせたが、度重なる不倫と浮気で父に苦心させられた経験から、最低限のルールとして自らは不倫も浮気も一切していないと公言していた(ブラッド・ピットとの不倫関係についても当時は否定していたが、現在はブラッドとの間が不倫関係から始まったことを認めており、「作品を通じて両親が出会うというのは子供たちにとってもとても感動的なこと」と述べている)。また、ブラッド・ピットが恋人になってからSMやレズビアン的な性行動はとらなくなったと語る[44]。

アンジーのハートをブロークン! (まなみ)
2015-01-14 10:27:56
アンジェリーナ・Jはヴァチカンで意気揚々と上映したが法王様の鑑賞は無かったとか。
http://news.walkerplus.com/article/54171/

そして12日、バチカン駐在の各国外交団と会見した法王の談話。
原爆投下「人類史上、最も恐ろしい惨事」
http://military38.com/archives/42277143.html

アンジーだけじゃなく13億の大消費地向けの映画は増えるでしょうね。

今も「人肉カプセル」を作ったり取引している中韓の非・人道的行為こそ世界に拡散したい。
中国では臓器移植の為に非合法な行為を政府主導でやっている噂も。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshi2_99/folder/1059271.html

食用の為に犬を残虐死させる事についても。
「【閲覧小注意!】 ロシア人「中国の路上で行われている犬肉虐待販売 ...」検索で写真などが出るそう(普通はタイトルだけで逃げ出したくなる)

ブラ・ピ人気にケチが付けば日本人の意識も変わったと喜べるのですが。

昨夜の「クローズアップ現代」も偏向振りが酷かった。
ロバート・キャンベル教授(在日に関する知識無し)出すならケント・ギルバート氏か櫻井女史を同席させるべきでしょう。
秦郁彦氏等論客は大勢居いらっしゃるのにあれではネットしない人は鵜呑みにしてしまう。
Unknown (応援してます♪)
2015-01-14 12:55:23
BB様、皆様、度々、失礼致します。


イギリス軍を助けたお話、武士道で素晴らしいと感動しつつも、今の日本の原状を知るにあたり、戦争の最中、このような人としての高貴な優しさ(情け)が、日本のよさでもあるが弱みでもあり・・、勝ち抜けなかった要因ではと思ったことすらありました。
でも、今こうして、いわれのない、日本兵蔑めの辛い状況の中、正当性を示せる資料、事実でもあるのですね。
最後に、罰が当たる、裁きを受けねば成らぬのは、悪意を持った者たちであって欲しいです。
私の周りに居る人も、イギリス兵を助けたような心優しい方が多いです。これが日本人なんでしょうね。

少しずれますが、エルトゥールル号のことも、当時の日本人がトルコの遭難船を助けていますよね。
パラオのペリリュー島でも、一緒に戦うといってくれた現地の人を巻き込まず避難させています。
日本人は、バカが付くほど正直で、高潔な人種だったと思います。(今はそうでなくなった人も多いですが・・。)
色々と悔しい思いですが、当時の日本人の高潔さが、いまだ私たちを救う力となりうるのですね。
粗末にしてはいけませんね。


上のコメントで、中国韓国の人肉カプセルについて触れられていますが、それらの思想を見ても、おかしいのは中韓などの方かと思います。

以前リンクしました、日本の面影さんの、現在流行っている漫画の進撃の巨人なども人を食べるシーンなども出てくるそうですね。
私は読んでいませんから分かりませんが、一連の流れと連動しているようにも思えてなりません。
これらが流行っていたら、日本人って残虐だというのは、傾向性として証明する材料になりえると思いますから。
下記のブログでは、子供などの感覚破壊と注意を促されていますが、現在のエロなども従軍慰安婦がありえるだろうと思わせるのにも繋がってるように、この手のグロ意漫画なども、日本人は残虐な傾向性があるとみなされる危機があると思います。

これらも、人肉カプセルや、臓器売買などから目をそらさせるため、日本人の朝鮮化、日本人が残虐であるとの宣伝にも加担してるようで大変危惧してます。

--------
参考

AKIRA~寄生獣~進撃の巨人 のグロ・ラインの各画像クリックで見てみてください。
(リンク先で画像クリックで確認できます)
http://whisper-voice.tracisum.com/?day=20141102
>一目瞭然ですが、これら漫画・アニメの共通点、それはグロく生々しい血に溢れた絵柄ばかりであり、こんなものばかり見てるとデザインセンスがぶっ壊れ、グロいものに対する抵抗感がなくなり、感性が狂ってしまいます。
--------

それから、今回の映画に合わせたように、紅白でスマップが登場する際、楽曲を作曲したMIYABIが出演しましたが、これも時期を見計らってのことかと感じます。
一つずつを上げていくとキリがないのですが、ジャニーズも中国進出などを餌に、反日加担していませんでしょうか?
韓国が持ち上げられ始めた頃に、草なぎ剛のチョナン・カンなどの企画もありました。
その後震災後に、近藤真彦のパンダ問題などありましたよね。
国民的アイドルを使って、MIYABIをのし上げ、相乗効果などみな繋がってないでしょうか。
それから、ジャニーズのジャニー喜多川、メリー喜多川というお二人も、アメリカがらみだったり、GHQ相手の商売などされてたとか・・チラ見したことがあります。
なにかきな臭いですね。
ソフトバンクのCMにも出てますね。
一概に言えないのですが、気になります。
たくさんのグループが存在するので、TOKIOは愛国系などと、使い分けて売り出してるだけかもしれませんが・・・。

MIYABIが、スマップの楽曲提供をするまでに、メディアに徐々にとり上げられる中、ユニクロのCMソングの起用などもありました。あの時から危なっかしい人物がマスコミに挙げられ始めたなと思ってましたが、着々と準備が進められてたのでしょうね。
ユニクロも間違いなく、反日企業なのではないでしょうか。

ここにきて、天皇皇后様の会見での戦争に関する発言も、日本にとっては不利な方面で、後押しとなりそうで気が重いです。


映画への反日企業の資金提供ということで、コメントの下に、ソフトバンクの情報もリンクさせていただきます。

--------

あなたの携帯、ソフトバンクですか?
  (※騙されたと思ってご覧下さい )
https://www.youtube.com/watch?v=wxUNC7qpYiw&feature=youtu.be

ソフトバンク、電通とかってクズ企業だろ
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=274
>こいつら表向きは寄付したとかウソばっかりこいて、テメエのカネで創価のジブリ基金みたいな胡散臭い団体作って資金をプール、カネをグルグル回してインチキ統計や動員かけて、どうせ偏向捏造データをマスコミに発表してるだけだろうが。


http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-146.html
>何も知らない一般の皆様には大人気、ソフトバンクのCM。
しかし、紐解いていくとなかなかアレな歴史が見えてきます。
日本などの"他国"を侮辱していると取れたりもしますし。
これを見て、ソフトバンクとはどういう企業なのか?という事を再認識していただきたいと思います。


ソフトバンクを解約しましょう!! 孫正義の正体
http://matome.naver.jp/odai/2134676289553007101
Unknown (ヤマト)
2015-01-14 14:12:28
BB様いつも読ませていただいております。
「おかわいそうに」の本の、捕虜のお話で、やっとすっとしました。私の住んでいる所には、日露戦争の時のロシア軍墓地がありまして、その当時の地元新聞に、捕虜たちは温泉に入ったり、遠足したり、地元の人たちと自転車競走したりして、なんだか微笑ましいエピソードを読んだ事があったもので、この本ともつながるものを感じます。教えてくださりありがとうございました。、
非承認 (BB)
2015-01-14 19:02:55
他ブログ、とりわけ個人ブログへの直リンは、お相手にも迷惑な場合があるので、非承認にさせていただきました。

ご了承くださいませ。
復刊ドットコム (Unknown)
2015-01-14 19:28:29
「おかわいそうに―東京捕虜収容所の英兵記録」リクエストしましたので、良ければ投票ください。
初めまして (通りすがり)
2015-01-15 04:29:28
他エントリーにコメントさせて頂きましたが、こちらににも失礼します。

facebookにて《UNBROKEN》名でアカウントが作られ、世界に宣伝されているのを発見しました。映画やアンジー、原作を多大に称賛するコメントや、「いいね」の数の多さに(35万程)に驚き、改めてプロパガンダの恐ろしさを感じました。ただお一人、日本名の方が、フィクションだと抗議しておられました。おそらく英語でfacebookを発信している日本人でなけれは、知る機会がないのでは、と推測します。
なお、このアカウント記事は、あちこちシェアされています。
facebook にて「UNBROKEN 」と検索をかければ、すぐ見つかります。
連投失礼します (通りすがり)
2015-01-15 04:57:39
彼女は以前から、国際エリート秘密結社(1ドル札裏のピラミッドで有名)との繋がりも噂されており、今回の映画は、個人的意欲という単純なものではなく、明らかに政治的なものと考えられます。
下記URLで、映画無料視聴できます。
(日本語字幕なし)
http://free-movie-home.com/watch-movie/unbroken/

このコメント公開は、管理人さまにお任せします。
このような記事が… (Unknown)
2015-01-15 17:57:24
町山智浩 アンジェリーナ・ジョリー監督作『アンブロークン』を語る より

(町山智浩)・・・
1998年に、とうとう初めて渡邊軍曹は・・・もう軍曹じゃないですけど。渡邊睦裕氏はですね、CBSテレビのインタビューに出演するんですよ。

(赤江珠緒)めちゃくちゃ最近じゃないですか。98年。はい。

(町山智浩)むちゃくちゃ最近なんですよ。で、そのインタビューは、いまもYouTubeで見れるんですけども。『私はザンペリーニを虐待したことを認めます』と言っています。


(町山智浩)で、もうひとつ、面白いのは、『私がそういう虐待をしたのは、軍の命令ではありません。自分の気持ちからしたことです』って言ってるんですよ。

(赤江珠緒)はー!

(町山智浩)これは周りの証言から照らし合わせると、事実ですよね。他の人は虐待してなかったんで。

(赤江珠緒)そうですね。

(町山智浩)そう。やっぱりなんかいろいろ問題があった人だと思うんですけど。

(赤江珠緒)そうでしょうね。で、また夜だけ優しくしたりね。呼びに行って。

(町山智浩)そう。自分では悪いと思っているからでしょうね。うん。だからまあ、抑えられなかったんでしょうね。で、1998年になんで彼がインタビューに応えたか?っていうと、CBSテレビがですね、そのザンペリーニ氏と渡邊さんを会わせようとしたんですよ。

(赤江・山里)ふん。

(町山智浩)っていうのは、長野オリンピックでザンペリーニさんは元金メダリストとして聖火ランナーをすることになってたからなんです。

(赤江珠緒)いやー、すごい人生ですね。ザンペリーニさん。

(町山智浩)すごい人生なんですよ。彼はとにかく日本とアメリカとの友情を結びたいんだってことで、そういう活動をしてたんですね。それで彼は直江津ってところで、炭鉱でものすごい強制労働を渡邊軍曹にやらされていたんですけども。その直江津の町でですね、聖火を持って走ったんですよ。

(赤江・山里)へー!

(町山智浩)で、その時は日本も結構ちゃんとそれを報道してたんですけども。まあ、でも渡邊軍曹は最後までザンペリーニに会おうとしなかったんですね。だから最後まで、自分の過去の罪と直面することは避けたまま死んでいったんですけどもね。

(赤江珠緒)そうなのかー。

(町山智浩)という話で、という映画なんで。まあ、映画では最後、言っちゃうとあれだけど、日本でもYouTubeで見れるからいいんですけど。長野オリンピックでザンペリーニさんが走る映像が出てきますけどね。日本の人たちに拍手されながらね。

実際どのような映画なのでしょうかね。
二元論 (ひまわり)
2015-01-29 02:46:16
●●国が悪い、●●国が正しい、●●国が善、●●国が悪。
○○人は酷い人種、○○人が全て清く正しい、○○人は悪人、○○人は被害者。


『二元論』を好む者、そしてそれを人々へ誘導する者の陰に、「カルト性」、「人格障害」、「身内に巣食う憎悪の発散」、が潜んでいることをお忘れなく。

全てか無か、白か黒か、善か悪か、それに誘導されることのないように。
それに誘導された者たちは、人格障害者が望むとおりに憎悪と争いへと巻き込まれるのだから。
ひまわり様 (ひまわり2号)
2015-01-29 03:00:53
あなたが「ひまわり」を使われ始めたので
私は2号と名乗り始めたのですが・・・
それは無問題ですが、比較的常連コメンテーターとして
コメントの多かった私の存在に気付かなかったということはこちらの記事をさして読まれてないということですね?

だから当記事をさらっと見てのご発言かと思うのですが・・・・あるいは別のひまわりさん? それはともかく、矛盾を犯していらっしゃいます。

>全てか無か、白か黒か、善か悪か、それに誘導されることのないように。


コメント主さまの「是々非々主義」というのは見ませんでした?
短い記事の中でテーマを絞っているだけのことで、アンジェリーナ・ジョリを全否定しているわけではないですよ?

それに、あなた自身が二元論はいけないと言いつつ、
その二元論を「悪」として、斬り捨てているではありませんか。

あなたもまた、その時点で二元論者ということになります。

この明快な記事を持って来て、二元論と大上段に振りかぶるのも滑稽ですがw
ひまわり様 (秋葉)
2015-01-29 08:01:08
反日映画批判と二元論は何の相関関係もありません。
あなたの発想だと全ての批判が二元論になるんですね。

一言よろしいでしょうか。


アホくさ。
Unknown (neko)
2015-02-03 19:17:02
Twitterより

アンブロークンは反日映画じゃないそうですが、見た人の声は…

「存在する全てのジャップが憎い」
「末娘が「日本人嫌い」と言ってた」
「祖父達が日本人を憎み続ける理由がわかった」
「復讐するシーンがない!」
「日本食くうのやめたわ」


//togetter.com/li/777208
アンブロークン (ウラシマ)
2015-02-05 23:13:13
ステマと疑われてしまいそうですが……。

アンジ―のアンブロークンなんですけれど、BB様は反日の実態を把握する・世界にどういうひどい嘘がばらまかれてしまったかという目的でご覧になられたりしませんか?
私はどれだけ反日がひどいんだろうという恐いもの見たさもあってDVDを取り寄せようと思っています^^;

もちろん糞みたいな捏造反日映画に多忙なBB様の貴重なお時間を取らせるべきではありませんが、アンジーが映画で描いている捏造へのBB様の詳細な反論を拝読出来たらいいなと思いまして、はなはだ身勝手ながらお願いに上がりましたm(_ _)m


ひまわりさんへ (生真面目)
2015-02-06 00:33:15
あなた様のコメントの黒丸と白丸に適宜に二つの国名を入れますと、まんま某国の反日教育スローガン、或いは成り済まし右翼の台詞になるのですが・・・
素朴な疑問ですので、お目汚しでしたら御免くださいませ。
ラッセル・クロウも反日? (山芙蓉)
2015-02-10 23:04:09
慰安婦映画化に興味があるらしい(*_*)

ttp://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/01/blog-post_26.html
やっぱり反日映画 (M)
2015-03-06 03:42:03
ググるとアンブロークンが反日映画というのは右翼の妄想、みたいな記事ばかりが出てきて、どうも町山氏の発言以来そういう風潮になってるようで…
国内にいる日本人には町山氏の言うとおりの内容なのか確認するのはなかなか難しいから、反論しづらいんですよねえ…。

でも、実際に映画を観た日本人のブログがありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/islavista_seaside/40435393.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。