BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

日本が普通に好き。 右も左も興味ない是々非々主義です。

礼儀知らずの美智子皇后、海外で赤っ恥  《転載ご自由に》

2015-11-22 | 天皇皇后両陛下

ローマ法王に謁見する時は女性は基本が黒服、黒ベール(mantillas)が決まり。

Privilège du blanc

https://en.wikipedia.org/wiki/Privil%C3%A8ge_du_blanc

Le privilège du blanc ("the privilege of the white") is a French term used for a tradition whereby certain designated Catholic queens and princesses are permitted to wear a white dress and white mantilla during an audience with the Pope.[1] The Italian term is il privilegio del bianco.

 Le privilège du blanc(「白の特権」)は、特定のカトリックの女王と王女がローマ教皇に謁見する際、白いドレスと白いマンティージャ(ベール)を着用することを許される、というしきたりを指すフランス語。
イタリア語では、Il privilegio del bianco。

http://lux-arazzi.blogspot.jp/2013/03/luxarazzi-101-privilege-du-blanc.html

 ローマ法王に謁見する時は女性は基本が黒服、黒ベール(mantilla)が基本マナーです。

 

 

(余談ですが不倫女にも会われるのですね。離婚も許容?カミーラ大嫌いなので、失礼)

整形バカ女優さえ、とりあえず黒。

カトリックの女性王族の中でバチカンが特に認めた方だけは白服、白ベールが許され、これを「白の特権」Le privilège du blancというのだそうです。

現在この特権を有しているのはスペイン王妃、ベルギー王妃、ルクセンブルク大公妃、モナコ大公妃、リヒテンシュタイン公妃だけ。

この特権がない者が白服を着ると、you should be prepared for a media backlash(メディアの激しい反発を覚悟しなければならない)。

“田舎者的無知”皇后の恥ずかしさを知らなかったのは、日本の
国民ばかりかもしれません。

読者さまから皇室は圏外ではないかという疑義が出されたので、コメ欄での回答をほぼそのまま転載しておきます。

イギリスもカトリックではありません。その意味ではこちらも圏外です。
イングランド国教会( Church of England)で、16世紀のイングランド王ヘンリー8世からエリザベス1世の時代にかけてローマ教皇庁から離れています。

オバマ大統領も宗教的出自はムスリムで、ご本人ローマ教皇庁が認めていないプロテスタントです。
これも圏外。同じキリスト教圏内ではありません。同種の宗教内での宗派は異教とのそれより、もっと隔絶したりしています。
国際上のプロトコルに準じる一般常識として、夫人はベールと黒をまとわれたかと思われます。

皇后も敢えて白のタブーを犯す必要はないと思います。ベールまで必要が無いとしても。皇室だからこそ、欧州王室のマナーに準じるべきで、皇后としては常識内のマナーでしょう。ましてカトリック教徒なのだから。

それに、ローマ法王と同格は天皇陛下で、美智子さまは欧州王室的厳密な格でいえば、Emperorの単なる女房です。

・・・・・・・・・・・・・ここまで

読者さまより参考意見

ローマ法王の御前で女性が白服を着用することには特別のルールが存在する以上、たとえ国際プロトコール上同格であっても、配慮すべきではと思います。

あえて白を選ぶ必要があったのか疑問です。

イギリス前首相トニーブレア氏の妻シェリー女史(カトリック教徒)がローマ法王謁見時に白服を着て辛辣な批判を受けました。

以下に英紙デイリーテレグラフの記事を貼ります。

 "white outfit, wrong occasion, Cherie"(「白服、この場では間違いでしょう、シェリー」)

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/italy/1516991/White-outfit-wrong-occasion-herie.html

Cherie Blair provoked surprise in the Vatican and the ire of a Roman Catholic MP yesterday by wearing all-white to meet the Pope, a privilege normally reserved for Catholic Queens

(シェリーブレア女史は昨日、本来はカトリックの女王のための特権であるところの、白服で法王に謁見してバチカン周辺が驚きと憤りに包まれた)

 記事の論調は一言でいえば分を弁えろというところで

女王陛下(エリザベス女王)でさえ黒服だったのに彼女はよほど自分を大人物だと思っているらしい」

「カトリックなら謁見時の伝統のことはわかっているはず」

と厳しい意見が載っています。

・・・・・・・ここまで

 

皇后に注意する者とていない、専横ぶりなのでしょう。
知る者が見れば、猿芝居。

 

◆皇后陛下のカトリック・ローマ法王ふう?

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/44aa253ae87d35caf6882f3f6a46075b

◆拝啓皇后陛下 ローマ法王が第二次大戦の日本を応援していたのはご存知ですか

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/7e0e1335cc576424315990a9918a9cf8

 

こちらは素肌にサッシュをかけていることと、いい歳して少女趣味ゴテゴテ服への
蔑み視線。

英国皇太子結婚式ご参列

 1981年7月29日 チャールズ&ダイアナ挙式 

 

結婚式に出るのに、白い服、白いベール。人々が愕然とした視線を
浴びせるも、皇后は帽子のデザイナーに「大きな帽子の人たちよりも目立ったわ」とお褒めの言葉。狂ってます。・・・・・と、今やっと言えます。

周囲の呆れた顔。嘲笑。

 

その時、美智子さま46歳。

皇后の小さな皿帽子は、欧州では髪飾りとしてみなされ、公式の場では非礼です。

その正確なことを報じず、賛美までしていたマスコミの異常さ。GHQ発端の、在日スポンサーと反日電通に支えられたメディアの大嘘。

結婚式では、末席に座らされ「皇太子(当時)の単なる女房」扱いでした。
それは雅子さんも同じ。欧州王室の敬意を得ていません。これも
日本のメディアは伝えません。
皇太子がどれほど、馬鹿扱いされているかも。

 

(ヘンな髪飾りがずり落ちてる、この方)

(笑っちゃいけない場なのに、嫌だ、笑わせないで、おでこに髪飾りつけてお辞儀するこの滑稽なお方www)

喪服に髪飾りをつけて出たのと同じ、とんでもない非礼。
そして場違いの日本式お辞儀。

潘基文にお辞儀した皇太子の馬鹿さかげんと、軌を一にします。

 

以下、読者さまより投稿文

カソリック教会では、白は清浄無垢を表し、教会での結婚式に於いて、新婦のみが着用する白いウエディングドレスの由来となっています。又、白は復活の色とされ、王族の葬儀に於いて、白い喪服は、亡き王族への感謝を捧げ、復活を願うとされ、カソリック教徒である女王、王妃のみが着用を許されたものとされています。前々ベルギー国王崩御の際に、ファビオラ王妃が白い喪服を召され、多くのベルギー国民の感涙を誘ったとの写真付き記事を、英国の雑誌で読んだ記憶があります。

 白色は比色上、目立つことから、外交儀礼では、晩餐会などの公式行事に於いて、上記の理由もあり、女性王族が控える色となっております。

 皇后陛下は、白色のお召し物をお好きなようで、日赤の名誉総裁としての御臨席にも、白いお召し物を召されています。日本国内の公務、私的なご旅行に召される事は、問題ありませんが、海外での皇室親善、或いは、海外の王族の方を歓迎する晩餐会での白いお召し物は、控えて戴ければなりません。例えば、平成11年(1999年)のルクセンブルグ大公、大公妃歓迎宮中晩餐会では、先のコメントに記しました様に、皇后陛下の白いお召し物を引出させようとの浅はかなお考えでの、他の女性皇族の方々へ、大公妃と同じ色のお召し物を指図されたのは、陰湿な衣装被り以上に、主賓たる大公、大公妃を辱める結果となり、大勢の警察官、宮内庁職員、政府関係者の努力を無にし、親善どころか、ルクセンブルグ大公国と、大公、大公妃に繋がる欧州王室に対する敵対行為となります

http://cdn-ak.f.sthatena.com/images/fotolife/e/e-vis/20150725/20150725162645.jpg


 やぐるまそう様よりご教示戴いた上記写真で見る限り、大公妃と全く同じ色調の衣装被りをされているのは、皇太子妃のみで、紀子妃殿下、紀宮内親王は、淡いブルー色のお召し物です。写真には写っておりませんが、常陸宮華子妃殿下も同色であったかと考えます。皇太子妃以外の妃殿下、内親王は、外交儀礼に精通されていた秩父宮妃殿下からご薫陶を受けられ、皇后陛下のお指図と云えども、淡い色に合わせられたかと拝察致します。



 チャールズ皇太子、ダイアナ妃のご成婚に、新婦の如きお召し物で出席され、他の王族の顰蹙をかわれた様な皇后陛下と、皇后陛下自ら薫陶された皇太子ご夫妻により、平成の皇后陛下我流皇室親善は、正直申し上げて、限りないマイナス評価です。

 両陛下におかれましては、ベルギー、オランダ王室の王族方の潔い退位と、病魔に冒された稲に鎌を当てられる事、正当なる公務を果たされている秋篠宮殿下への譲位こそ、真剣にご考慮戴きたいと願っております。でなければ、国民が黙ってはおりません。

・・・・・・・ここまで

このいでたち、欧州のマナーから見れば猿芝居でしょう。

 

 「洋服」であり皇室なのだから、洋服に関してはあちらの
プロトコルに準じるべきで、「あたくし流」は許されません。
思えば入内以来子育てに至るまで「あたくし流」。
帽子のかぶり方を直されると、自分でかぶり直し教えてさし上げた
お方を激怒させ「二度とお教えしません」と言われた我の強いお方。

さすが昭和天皇皇后を「あちら」呼ばわり、皇室との縁談を「ストラグル(闘争)」と表現、自分が日記を公開すれば100人が困ると、メディアを使い関係者を恫喝した母親の娘。

雅子さんの背後には、反日小和田恒氏。美智子さんの操縦は正田冨美氏。
雅子さん押し勢力は外務省創価、美智子さんはGHQ、カトリック。
敗戦後の日本に余剰の小麦粉を売りつけたいアメリカ、キリスト教を
日本の精神弱体化、皇室弱体化ツールとして使ったGHQにとっては、
うってつけ100点満点の正田美智子さんでした。

美智子さんの入内以来の歴史は、条件闘争だったのでしょう。
条件闘争と表裏一体だったのが、皇室と日本の伝統壊し。
そう、養蚕や小石丸という一見伝統保持を演出しながら、
実は伝統破壊。

日本という国体も、神々も、そして国民も二の次。

因果はてきめん、バカ皇太子とごゆっくりさん内親王。そして打ち続く天変地異。
そもそも美智子さん入内の年に伊勢湾台風。

そして今となっては、断言できる、美智子さん雅子さんともに「色」で亭主を骨抜きに。ハニートラップはお二人の得意技。出会いも恋愛も、仕掛けられたフェイクと、解った今。広めるべし、お二人の入内に踊った嘘の数々を。

そして皇后はカトリック教徒ではない、と嘘をついて入内したことを。
入内後もカトリックを捨てず、毎月偽装しながらの聖堂礼拝。
時には四谷の某教会に天皇や皇太子を伴ったことを。

交友のほとんどが、カトリック、プロテスタントと左翼。

自分を批判した浜尾侍従の葬儀には同教会には行かず、皇太子にも行かせず
陰湿な「仕返し」をする女であることを。女性とすらもはや言いたくないのです、まさしく「女」なので。本来は皇后陛下ときちんと、お呼びすべきなのに心がこわばって呼べません。

 

海外では単なる天皇、皇太子の「女房」扱い。この表記。
雅子さんも同じ扱い。

プリンセスとしての敬称の表記は紀子さま。由緒正しいお血筋だとの判定。欧州で言えばナイトのお家の出なのでOK.

姑が姑なら、嫁も嫁。英国王室専用であったロイヤルブルーをまとって
他国の王子に色目。

 

姑譲りの衣装ーストーカーは雅子さんの得意技。

日本では手に入りづらい北朝鮮の花が、嫁ぐ日を祝うように
入内数日前の小和田家の卓上に。メッセージなんですか、
北へ向けた? 創価学会は、北朝鮮系ですが。
小和田家が創価かどうかは知りません。しかし、
小和田氏を軸に外務省内創価勢力と結んでいるのは事実です。

創価学会の婦人部の連中が「雅子さまがご本尊を拝まれているし、皇太子さまも(信心を)お始めになったのよ」と折伏のネタにしていたのも事実。

そして小和田氏を軸に反日国連、反日潘基文と韓昇洙との皇太子の密な交流。
反日国連大学と雅子さんの密着度。中抜きいかがわしい日本ユニセフには、壊国鳩山、反日長者アグネス・チャンの名と共に小和田優美子氏の名。妹礼子氏の関与。
饐えた臭いが立ち上る如き小和田・江頭一族。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1234017933688.jpg

美智子様のご成婚パレードでは、沿道に聖歌が沸き起こり、ハレルヤ、ハレルヤ! 雅子さまのパレードでは朝鮮カルト創価の三色旗。狂っていませんか。

愛子さまの飼い犬ユリは朝鮮出自の珍島犬(ちんどけん)という風評。 
その風貌から雑種と思って謙虚なことと思っていたのですが、朝鮮の純血種なんでしたか?


(一般には出回っていない画像を台所婆あが持っている不思議。雅子さまの母親の営む雅子さまアゲサイトではないかと言われています)
Mrs Oakley Fisher の台所から ...
http://mrsoakelyfisheer.blog.shinobi.jp/%E7%9A%87%...
(忍者ツールでブロックされていて、一般には読めません)

 

スーツのお腹の部分が少々ふっくら、もしかしたらご懐妊?  脂肪の付き始めだよ。欧州でのあだ名がRoyal appetite 食欲妃。 国内では「万年腹ボテ妃」とも。「お握りやデザートにも手を伸ばされていた」www 顔見せ挨拶に来て、お握りパクパク、デザートにも手を出す。紀子さまは、なさらないでしょう。

お肌が幾分浅黒く日焼け  地黒だよ。十二単で白塗りすると粉吹きイモになる。

◆目を背けても、そこにある現実.皇居内の不浄

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/41d1c884f5d3a6c790a3d819499dfa84

 

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

この時期の額と目尻の深い皺↓がいったん消えました。どこで、なさったのかと不思議だったのですが、たとえば宮内庁病院に器具だけ持ち込めば簡単ですよね。整形に複雑な医療器具は要りません。目などはその場であっという間。
数日間多少の腫れがあるだけ。瞼の脂肪吸引も簡単。

整形をあげつらっているわけではありません。
何もかも!! 何もかもが嘘なんです。作り物。

 

全てが偽物、まがい物。

このミズっぽい色気、下品さになぜ、国民は気づかなかったのでしょうね。
和服での所作を心得ぬのは雅子さんも同じ。(近年皇后は身につきましたが)
GHQという巨大勢力に仕込まれ、朝鮮勢力が食い込んだマスコミは賛美一色、ご本人も慈愛を演出。顔をいじって美貌の皇太子妃をプレゼンテーション。

pangpangオーラ全開

 

 

得意のブラ見せ、お下品ルック。ゴテゴテと飾る地方巡業ド演歌歌手風味。

今見れば、まごうことなきバカップル。

学習院大学を卒業する学力なく、不要不急の海外訪問をさせ、それを口実に「学業終了」という変な扱いで要するに実質的落第。留年しても単位を取れそうにもないので「学友たちとご一緒でないと困るので」とこれも変な理由で放出。

通常の思考力があれば、「天皇の祖先は朝鮮人」などと発言すれば日韓で
どういう反応が返って来るかも読めるはず。韓国では当然のごとく
「日王の祖先はウリたちの国から」が、定着しています。
李明博に謝罪訪韓したい、友好を願いたいと内閣に無断で親書を渡し
「来るなら土下座する気で来い」と言わせた阿呆さかげん。そのため日本国民に一気に高まった嫌韓。韓国との友好を狙っての親書だったのに、逆効果の
頭の悪さ。韓国という構造的反日を分析もできないお方が、半端なことなさるものではありません。迷惑です。皇后陛下も同じく、感傷的な歌で日韓がどうなるものでもありません。謝罪に行けば、反日が鎮まると? 愚かしいことを。

彼らはなお居丈高になり、日本を叩きお金を要求します。

本当にお二人で、国を損ねるごときことをやらないで頂きたいのです。

天皇陛下は外来種のブルーギルを、皇居のお堀他に放して生態系を狂わせるし。日本中の池に繁殖しているし。これで研究者を擬態されても中身のすっからかんが、バレバレ。

余計なことはしないで、言わないで。最小限の国事行為と、祭祀だけどうぞ。

◆天皇陛下は左翼でいらっしゃいますか  

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/eeee90e4c541367c4b361c4b32a6dc10

天皇陛下は「高卒」(一般的意味での高卒貶めではないので、念のため。中卒で腕の良い鮨職人になっていればそれは立派)

 

1970年2月20日 マレーシアの王宮にてムアザム副王主催の夕食会。
イスラム圏で肌大幅露出の非常識。後頭部の異常な盛り。

イラン、エチオピア、インド、ネパール訪問の際に1960年。

イランが肌露出ご法度のイスラム圏ですね。写されることを意識した、シナ作り。普通にできないお方。いつも、くねくねと踊っていらっしゃいます。

肌を覆ったら覆ったで、ごてごてと田舎趣味。手はコンスもどきの媚びたシナ作り、普通に毅然と佇めないお方。

バカ息子、溺愛愚母。

 

美智子さまの脳内では、この方が皇太子に続き継承権2位の天皇陛下。

思考停止保守よ、皇太子に続いてこの方を天皇陛下として仰げるのですか?

国民へのお言葉すら失せますが? 「はじがどごぜばず、ズズッ」で海外にお出まし願えますか?

 

オカルトに走り過ぎるのは禁物ですが、狐の悪霊体が出現。霊眼の開けた
方はお分かりですね。
化かすのは得意技なのかもしれません。

 

 

 

◆イタリア貴族が語る・実は海外王族から総スカンの皇太子と雅子妃

 

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ca349b8380c6b4c8119cb0d7a7bafe39 

 悪党江頭豊の死去には、記帳所が設けられたのに悠仁さまお誕生には「単なる宮家」ということで、記帳台無し。何かが狂ってます。

読者さま提供の参考資料

ローマ法王との会見の様子http://masakosamalove.blog.fc2.com/blog-entry-253.html

https://juliapgelardi.wordpress.com/2013/02/28/a-look-back-at-pope-benedict-xvis-meetings-with-royalty/ 

 

またオーストリアハンガリー帝国のエリザベート皇后

役のロミーシュナイダーが、白いドレスにベール姿で、ベニスにて法王の手にキスをするシーン

3 Sissi Face �・ son destin (fran�・ais)

https://www.youtube.com/watch?v=DMBG1U9YBvk

 1:42:52辺り、ほぼ最後に近いシーン






 

目と心を洗いましょうか・・・・

 

 

 

【追記】赤丸に文字が入ること対し、何か言ってくる人はいるだろうなあ、とは思っていたのですがやはり、いらっしゃいました。BBの考え方をコメ欄で答えたので、追記しておきます。

 公開でも同じ指摘を頂戴しましたが・・・
意味のない非公開は止めて頂きたいというのは、表に出さないとこういう指摘もダブって、そのつどお答えせねばならなくなる、というのもあります。

日の丸の赤に文字を入れることの不適切は、数年前から記事にわざわざしているくらいなので、よく承知しています。

でも、上記の理由に加え、イラストとしてのコンパクトさ。見た目の効果などから、BBは現在のイラストを好みます。抵抗がある方はむろん、文字が赤から外れているのをお使いになればよろしいと思います。

文字が悪くて鯰がいいという感性は個人的には
分かりませんが。
いずれも国旗を汚すという意味では同じなような?

まして、でれでれ草様のは国旗本体ではなく(白地もありません厳密な意味では、丸を囲む国旗としての四角がない)。あくまでも、「日の丸の赤をモチーフにしたイラスト」に過ぎません。

是々非々モットーの拙ブログでは、原理主義的にガチガチになることは採択しません。柔軟でありたいと思います。

日の丸はどうぞ大切に          
2011年度記事

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/c90dc5d113e7dc38c6f1199c54eb245a
ジャンル:
ウェブログ
コメント (119)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「皇太子殿下ご退位なさいま... | トップ | なまずのお財布 »
最近の画像もっと見る

119 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (如月)
2015-11-22 00:33:21
BBさま更新をありがとうございます。
お疲れでは無いですか?

プロトコールをガン無視で目立てばOK
ウリナラファンタジーと通じるものを感じます。

結婚式に白い服はNGということぐらい
小学生だって知っているのでは?
そういえば毒いも股子も妹の結婚式に
白の上下でしたよね。。。

姑とバカ嫁やることも同じなら朝鮮、部落、犯罪企業に異教徒、共通点がいっぱい!

先日本屋さんに行きましたらお皿の本が3種類くらい店頭に並んでいました。
打ち消しに必死なようです。でもインターネットでどんどん広まっていますから。
お皿必死ですね~(笑)そうとう焦っているのではないでしょうか?

Unknown (中田)
2015-11-22 00:58:15
美容整形、、、二重まぶたや、ヒアルロン酸注射でしたら、
必要最小限のキットで、

わざわざ宮内庁病院に運ばなくても、

医療でいう「清潔」も、消毒薬、滅菌手袋あれば、

「私室」のソファーでも、充分ですよ。
はじめまして (オジロワシ)
2015-11-22 01:00:00
BBさんのブログを偶然発見して以来、いつも記事を面白く読んでおります。

美智子さんのお若い頃ってたしかに幸薄そうで隙(色気?)があって、いかにも男好きしそうな感じですよね。
清純派気取りのところが吉永小百合に似てるなぁって思いました。

ところで、今回の記事に掲載されている「出来損ないの~」の画像ですが、美智子さんから見ると秋篠宮殿下は出来損ないになるのでしょうか?
宮さま方の幼い頃の写真でも、美智子さんが東宮に向けられる慈愛の笑顔の写真はうんと目にするのに、弟宮や妹宮への同様のものはあまり見たことないです。
それに美智子さんが悠仁親王殿下をお抱きになった写真も私は見たことないです。
やっぱり美智子さんからすると秋篠宮殿下や紀子妃殿下がいくら頑張っても、その誠意が通じることはないのでしょうね。
疑問 (みぃ)
2015-11-22 01:04:02
日本の皇室の格付けから言って、ローマ法王に謁見する時のルールに従う必要があるのだろうか?


もっとも、美智子皇后の場合、気分は、隠れカトリック女王かもだけど。

朝鮮人血脈 (名無し備忘録)
2015-11-22 01:10:48
BB殿、赤い皇后は日本人では無い血脈だけに、我々日本人を貶める厳命で入内した馬鹿女よ。昔乙女の深窓の令嬢なら華道に茶道を習って、護身術には弓道を習ったものだが、やはり根がエタ部落の人間の家畜だった身の上だから常識を問いたところで我々のような純粋な大和民族出自では無いから常識をこの皇后に問いたところで無駄骨じゃよ。怪しい出自丸出しだと、産まれ出た家も家だけに男出入りのパーテイーにも出入りしていた女だけに、こんな下賤な女を入内させたGHQすらしてやったりの心境だったろうにな。こんな如何様の女狐にガッチリと捕獲された今上陛下も陛下で馬鹿な結婚をされたと思うね。こんないかがわしい天皇家を新年の一般参賀からは除外して一般の民草に対してお願いが御座るから是非とも聞き届けて貰いたいと思うよ。新年の一般参賀には日本人なら行かない事だ。あんな不様な馬鹿どもの面を拝顔するとは持っての他だね。どうせ、一般参賀なんかも、創価にエタ部落民を動員したヤラセだと思うから、新年一般参賀をボイコットする事だね。
??? (うさのうさみみ)
2015-11-22 01:12:30
BBさま

渾身の更新 毎回どうもありがとうございます

アイコさんのジャイ子のような写真の上、美智子さまがこっそり物陰から見ている写真

出来損ない息子を見る愚母
秋篠宮さまのように見えるのですが・・・
出来損ない息子を物陰から見つめる愚母 (竹島の日が誕生日)
2015-11-22 01:18:56
BBさま 怒涛のブログアップ、ありがとうございます。

ところで、これ出来損ない息子じゃありませんよね、

秋篠宮殿下ですから
取り急ぎ... (コスモス)
2015-11-22 01:35:43
BB 様

お忙しいお身でありながら、この度も渾身の記事本当にありがとうございます。

気になる箇所がございましたので、コメントをさせていただきます。

「出来損ない息子を物陰から見つめる愚母。」と注釈の付いている写真ですが、
写っておられるのは、秋篠宮殿下と眞子様、佳子様ではないでしょうか?

違っていたらお許し下さい。

取り急ぎ、ご連絡まで...
公開、非公開どちらでも構いませんが (不眠症の主婦)
2015-11-22 03:02:35
いつも勉強させていただいてます。「出来損ない息子を物陰から見守る愚母」の画像に映っているのは,「出来損ない息子」の皇太子でなく,秋篠宮殿下と眞子様佳子様では?少々気になったので。
間違えました (BB)
2015-11-22 04:01:15
画像、似た構図で間違えました。

みてこ様が物陰から、は別にあります。
見つかったら差し替えます。

どなたかお持ちですか?
非公開さま みぃさま (BB)
2015-11-22 05:09:13
みぃさま

イギリスもカトリックではありません。
イングランド国教会(イングランドこっきょうかい、英: Church of England)で、16世紀のイングランド王ヘンリー8世からエリザベス1世の時代にかけてローマ教皇庁から離れています。

オバマも宗教的出自はムスリムで、ご本人ローマ教皇庁が認めていないプロテスタントです。

国際上のプロトコルに準じる一般常識として、夫人は黒をまとわれたかと思われます。

皇后も敢えて白のタブーを犯す必要はないと思います。ベールまで必要が無いとしても。皇室だからこそ、欧州王室のマナーに準じるべきで、皇后としては常識内のマナーでしょう。ましてカトリック教徒なのだから。

それに、ローマ法王と同格は天皇陛下で、美智子さまは格でいえば、Emperorの単なる女房です。
ナルちゃんの父親を探せ! (Aloha)
2015-11-22 05:14:40
みいさま

「郷に入れば郷に従え」 です。
オバマ大統領は初来日した折、陛下に90度の礼をされました。それは日本国民に対する礼なのです。
これが国のトップに立つまともな人が備え持った常識です。

ローマ法王・ローマ教会は、敗戦後GHQによって焼き尽くされるはずだった靖国神社をも救って下さったのです。
日本のご本家である天皇家をお守りする為に無くなった、246万6532 柱の英霊が眠っている場所を救って下さった方に、唾を吐きかける行為です。しかも日本を代表してですか?

最後の打ち上げ花火として

「秋篠宮様御即位祈願なまずのお守り」

「ナルちゃんの父親を探せ」

を拡散したしたいです。
たとえ実の父親が陛下であっても、56年間日本国民を騙してきた美智子さんとその既得権益者たちへ倍返しの贈り物です。

BB様、ありがとうございます。
余談になりますが (ホットココア)
2015-11-22 07:35:50
アメリカの大統領が、ローマ法王と
天皇陛下の時には、ホワイトタイで
臨むと言うことから、同格視されて
いると思ってしまうのですが…
ヨーロッパの王族方は、皆さま歴史上
ご親戚か、血筋なのです。
ですから、国と言うよりも領地が、
あっちになったり、こっちになったりして、ご自分方の結び付きにより、
国家を形成していったのですよね。
ですから、今の今でも血を大切にしています。
日本よりも、差別が厳しいと思います。
その王室親戚からしたら、ローマ法王は
別格な存在、又、天皇も血筋ではないが
永く続く東洋の子孫として、敬愛されて
いるのです。
アメリカは、ヨーロッパからの移民の国故に、王室に対しての憧憬が頗る強い国です。
アメリカが自由で平等なんて思っていたら、大間違いです。
根本がヨーロッパですから、厳しいですよ。
私は、アメリカも階級国家だと思います。フィラデルフィアなどでは、際たるものです。大学では、上流子女だけが入れるクラブが存在します。
何代前に遡り名門でなければ入れませんし、男女別です。
ロバートレッドフォードの輝かしき頃の
『追憶』と言う映画をご覧になれば、
よく分かります。
(彼があまりにも素敵で、ストーリーなどに集中出来ないかも)
主人がアメリカの上流の方にお会いする時、大変でした。
ダークスーツは勿論のこと、
ワイシャツの型まで指定されましたよ。
余談ですがーー
ビールの銘柄でも、飲んではいけないものがあります。
ヨーロッパでは、車の色にまで階級があります。
その他色々。
ですから、それを知らないと相手にされません。
然しよく考えてみると、
我が日本の仕来りと同じことなのです。
世界の親戚である王族方とのお付き合いをするには、それ相当の教養がなければ
ならないのですよね。
その中で、昭和天皇はエリザベス女王からも、尊敬をされていらっしゃいましたのに。
嘆かわしや平成…

みぃさんのおっしゃることは、こちらが
招待した立場ならばOKでしょうが、
訪問されたのなら、決まりは守らないと
格落ちになります。
あの人は (ひなぎく)
2015-11-22 07:41:25
普通に考えると正式な礼儀を知らない田舎者の仕出かしたことなんでしょうが、知っててワザとやったんでしょうね。
あの人のことだから。
親王殿下お写真 (辻が花)
2015-11-22 08:33:22
BB様、ありがとうございます。
昨日の産経新聞にこのお写真があったのですが、カラーを拝見したいと思っていました。嬉しいです。
殿下は多くの児童の中にあっても、自然と衆目をひかれますね。御茶ノ水の児童も一人一人レベルの高い子ども達ですが、やはり別格とお見受けします。
Unknown (月湖)
2015-11-22 08:48:55
いつも記事ありがとうございます。

少々スレチではありますが、、

畏れながら・・・
クレバーだがワイズではない、ワイズではないがクレバー(狡猾との意味もあるらしい)なお方は、誰かを落として相対的に別な誰かを上げるという手法は得意中の得意。
一見美徳とも思える「慰霊と鎮魂」へのご執心は、「昭和帝に殺された人々に対し」「昭和帝の犯した罪を贖う」と、暗に先帝陛下をブラックと貶め、相対的に天皇格として昭和帝を上回り絶対のものとしたいという野望の現れではないでしょうか。
「9条堅持」もお隠れになってなおのちも先帝陛下に対する中学生の反抗同様。

昭和天皇の御製歌
喜びも悲しみも皆国民と ともに過スグしきぬこの五十年
ななそぢの迎へたりけるこの朝も 祈るはただに国のたひらぎ
やすらけき 世を祈りしも いまだならず くやしくもあるか きざしみゆれど

国民とともに歩まれ、国穏やかであれと願った、まさしく国父であられ、尊崇を集められた帝に対し、ローマ法王と打ち並ぶ風のお笑いコスプレで自分を際立たせ自らの格上げを企図する一方で、昭和帝に罪を被せブラックとするは、お隠れになられてのちに至るまで、思い残されし事多く、目に見えぬ念が残っておられ、ご遺志に背くもの達への障りをもたらしているのでは。

今上夫妻(≒女帝)の邪心の具現である盗宮一家にとっては、神祖の廉潔な魂と非業を繰り返してきた歴史オーラが交錯する場所は、目に見えぬものがすさまじく恐ろしく映るのであろう、園遊会の席で、人前で○○○○を○○るほど・・・。
恐怖感を空威張りと酒で紛らわせるうちに体を毀し、更にはその妻は発狂、娘もまた目に見えぬものの世界でお生きあそばしているご様子。

憚りながら女帝様、可愛いナルちゃんとその家族への障りを本気で解きたいのであれば、自分の意地を捨て、昭和帝のご遺志とは何かを真剣に考え、盗宮に対しては退位勧奨も含めて「幸せになれる子ども」になれるようにお考えあそばしては如何でしょうね。

尚、昭和帝を怨霊であるが如き文章となりましたが、当然の事ながら本意はそこではありません。古くから宮中の方々が悩まされてきた物の怪がまさに今東宮家に集中的に憑いているように思えまして。
一国民として、この禍々しさをもたらす根源とは何でしょうねとの思いに至るわけです。
このシリーズ (もみじ)
2015-11-22 09:10:48
憂国の臣さまのコメントから始まったミテ子さんの海外からの評判シリーズは興味深く読んでおります。
元々アメリカの影響が強いミテ子さん(あのくらいの世代はそう)成婚の頃はアメリカも絶好調でアメリカ様の言うことを聞いていれば怖いものなし。

しかしアメリカ合衆国は歴史が浅く、白人が原住民から何もかも奪って作った国で、正直海外プロトコルにも詳しくなかった気がします。アメリカンと聞けばがさつな印象ですし。

ヨーロッパは長い歴史で、多くの犠牲を払いながら文化や社会システムを作ってきました。上流階級ほど伊達ではなく覚えないといけない社交辞令は多く、それだけ気遣いも尋常ではない。
ミテ子さんは長く皇室にいても皿飾りを乗せているうちは残念ながらヨーロッパのプロトコルを把握できないんですね。最近狐と化ける葉っぱに見えてきました。

弾丸ツアーと同情を集めてみたファビオラ妃の葬儀にしろ
向こうからのご指名は清子さんだったようで、内親王さまならともかく専用機まで出してしゃしゃり出るところで失笑ものだったことでしょう。
つくづく盗宮夫婦はミテ子さんの劣化コピーなんですね。盗宮のあり得ない失態のお辞儀もミテ子さんの息子だからいずれは起こることだったのですね。

海外プロトコルにお詳しかったのは喜久子さまや勢津子さまだったと思いますが、その方々を遠ざけて皇室のレベルを落としてきたのだから、晩節を汚すことになり当然かもしれません。
カリアゲ君を笑えませんね (雪勇気)
2015-11-22 09:48:36
BBさま、こんにちは。記事の更新ありがとうございます。
これは、酷いですね。ミテコ様個人の恥でだけでは済まされないです。天皇陛下の権威も失墜したでしょう。国と国民も笑われているはずです。海外での礼儀作法、両陛下が本当にご存知ないとしたら、学ぼうともなさらなかったのです。もっとも、海外だけでなく国内でも非常識な服装や作法と思える場面が多々ありますが…。

前の記事でも思いましたが、ミテ&マタの背後勢力は巨大なだけでなく恐ろしいものがあるのでしょうね。署名での皇室問題は、6、7割程度しか書けないとは…。
逆に、公に言えないけれど、おかしいと思う人もたくさんいるのでしょうね。「保守の怒り」では、西尾幹二氏も言い切れていない感がありました。平田氏はバッサリ斬っていましたが、もしかしたらあれでも全部は言っていないのかもしれませんね。あの本も2009年ですから、状況は一変しました。BBさまとコメ欄の皆様が積み重ねられた検証の功績は、大変大きいと思います。
また、ブックマークされているブログにも貴重な情報が満載で、拝読させていただいております。
皆様には、日々お忙しい中での記事や情報のアップに、心から感謝いたします。

物言えぬ著名な方々の背中を後押しするためにも、微力ながらの拡散、せっせとメールをいたします。
でれでれ草さまのなまずちゃん、とても可愛らしいく見ていて明るい気持ちになりますね。
Unknown (青の羽)
2015-11-22 10:26:38
こんにちは。
悠仁親王殿下やご学友が一生懸命にリコーダーを吹く姿はいいですね。和みました。

>ローマ法王と同格は天皇陛下で、美智子さまは格でいえば、Emperorの単なる女房です。
というBB様のコメントの通りですよね。
心の中ではローマ法王より上のつもりでいるのかもしれませんね。
相手方に合わせるというのは自分の位がなんであれ礼儀だと思うのですが…。
これじゃあ日本国内もおかしなことになりますね。
志をもって自分の未来や国を良くしていこうという気になれない人が多いのも少なからず影響が出ているように感じます。
ホントにキリスト教徒? (鈴)
2015-11-22 10:35:37
「白の特権」、全く知りませんでした。BB様のブログを読まなかったら、一生知らないままでした。良い勉強になります。…それにしても、ホントにキリスト教徒か?神父さんから、ドレスコードも教わって無いの??まぁ、誰だろうと超強気で接した結果、現在の「裸の女帝サマ」が爆誕☆ 周囲の貴婦人の失笑と軽蔑を見事に買ってしまう女になりましたとさ。マタコも、ミテコの劣化コピー版。貴婦人の正反対がこの二人。 女の人生における反面教師として、我が身を磨いて行こうと決めました。醜い枯れた女より、清潔感溢れる、笑顔の絶えない紀子妃殿下のような女性でいたい。某化粧品メーカーのキャッチコピー「一瞬も、一生も美しく」のように。
あえて白を選ばなくても (まりまり)
2015-11-22 10:50:37
ローマ法王の御前で女性が白服を着用することには特別のルールが存在する以上、たとえ国際プロトコール上同格であっても、配慮すべきではと思います。
あえて白を選ぶ必要があったのか疑問です。

イギリス前首相トニーブレア氏の妻シェリー女史(カトリック教徒)がローマ法王謁見時に白服を着て辛辣な批判を受けました。
以下に英紙デイリーテレグラフの記事を貼ります。

"white outfit, wrong occasion, Cherie"(「白服、この場では間違いでしょう、シェリー」)
ttp://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/italy/1516991/White-outfit-wrong-occasion-herie.html

Cherie Blair provoked surprise in the Vatican and the ire of a Roman Catholic MP yesterday by wearing all-white to meet the Pope, a privilege normally reserved for Catholic Queens
(シェリーブレア女史は昨日、本来はカトリックの女王のための特権であるところの、白服で法王に謁見してバチカン周辺が驚きと憤りに包まれた)


記事の論調は一言でいえば分を弁えろというところで
「女王陛下(エリザベス女王)でさえ黒服だったのに彼女はよほど自分を大人物だと思っているらしい」
「カトリックなら謁見時の伝統のことはわかっているはず」
と厳しい意見が載っています。
URL訂正 (まりまり)
2015-11-22 11:09:16
URLの文字が一部抜けていました。訂正します。

ttp://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/italy/1516991/White-outfit-wrong-occasion-Cherie.html
まりまり様 (BB)
2015-11-22 11:29:14
分かりやすい事例なので、記事に「参考意見」として追記転載させていただきました。まずかったら、お手数ですがご一報くださいませ。
Unknown (吉田松陰)
2015-11-22 11:53:46
国は今すぐ自衛隊以外の全ての公務員・民間企業の非正規化、福利厚生を廃止しろ!自衛隊以外の全ての人間は怠け者だU+203C怠け者の豚は今すぐ日本から出て行けU+203C
Unknown (長月)
2015-11-22 11:58:26
入内された最初の頃に、お帽子の角度を直してくださった妃殿下。あの方なら、プロトコルに詳しい方のはず。素直に教えを受けていたらこのように世界の王室、貴族階級の恥さらしにならなかったものを!

帽子の角度はお礼を言ってしばらくしたら元に戻し、妃殿下激怒「二度とお教えしません!」

私は伝統を替え思うようなセンスでやるわよ。後ろ楯も国民(世論)も味方よ。という美智子さんを見て、皇族の皆様、怒りと虚しさに耐えていらしたのですね。何十年も。そして、ある年齢以下の庶民は古臭い伝統に負けない若いお洒落な美智子さん素敵☆て思い込む。数ヵ月前まで私もそう思い、こちらのblogとコメント欄の辛辣さにショックを受けて怒りと皮肉なコメントを残しました。が、BB様と読者の皆さんの言葉がとても真摯でレベルが高く、単なる勘違いの批判blogにはとても思えず、腹がたち悲しい気分になりながら読み続けました。

少しずつ拡散して、そして、ある時に爆発的に広がるでしょう。

BB様や多くの古くからの読者(論客)の方々、ありがとうございました。
優国の臣様のコメントは目から鱗、素晴らしい物を読むことができました。

また、前の記事に対し「祭祀の科学的根拠が今ひとつピンとこない…」という私の質問に答えてくださったBB様と何人もの方々、ありがとうございました。

できるだけ長くここが続いてくださる事も祈ります。
なまずちゃん作戦 (lavinia)
2015-11-22 12:45:34
BBさま みなさま こんにちは。

私たちは、マスコミが作り上げた虚像のミチコサマを信じて今まで来てしまったのですね。
難しい漢字も読めず、大人のTVも見ない子供の頃は、
天皇家の中に「怖い人が一人いる」と思っていましたから。

ところで、今パソコンの調子が悪くてまだ作っていないのですが、でれでれ草さまのなまずちゃんイラストをプリントアウトできたら、それをしおりにして、図書館などでこっそり本に挟んでこようかなあと思っております。
可愛いし。
お料理の本や人気小説など、借り手が沢山いる本にこっそり♪
もはやこのレベル (nanako)
2015-11-22 12:57:04
ミテコはじめ内廷5人の報道はこれでよくないですか?

http://oka-jp.up.n.seesaa.net/oka-jp/image/saudi-tv.jpg?d=a1

(ミテコはミッシェルと同じ非礼をやらかしているので、外国でこんなふうに報じられても当然

今後は一般参賀の際、バカップル2組の所は摺りガラスにしてもらえませんかね。
正月早々、あんなバッチイものは見たくないです。
嘘か誠か? (バタコ)
2015-11-22 13:19:46
BB様こんにちは
毎日ブログ拝見させて頂いています
私が子供の頃美智子様は、バセドウ病
にかかり極秘で大分県別府市の富士見病院に手術においでになられたと
聞いた事があります。あの目の腫れぼったさは整形崩れではないような
最近では歌手の絢香さんもいらした
はずです。どちらにしてももう80過ぎ
のご高齢広い広い御殿でごゆっくり
お過ごしになればよいのにまだまた
私イケてる女と勘違いしているんですかね?どこから見ても婆さまにしか見えないわ
Unknown (小花丸)
2015-11-22 13:56:47
「両陛下」の御写真を拝見するとき、昭和帝と香淳さまであれば、自然と昭和帝に目がいきます。
しかし今上夫妻のは、なぜか皇后に目がいってしまうのです。
なぜか?ずっと疑問に思っていました。華やかな女性だから?マスコミの写真の撮り方?
この頃漸く気付きました。「悪目立ち」なのだと。
今上と同等に並んだり、酷いと前に出たり。衣装も奇抜でプロコトルを無視したりするから目立つのです。その象徴が皿のような帽子なのですね。
引き換え香淳さまの自然体で控えめなこと・・・。
ローマ法王との謁見の時も、例えプロコトルを知らなくても、法王の衣装と被る白は、普通のアタマの持ち主なら避けるはず。
なんらかの意思表示としか思えません。この点では雅子さんと全く同じですね。
皇后と雅子さんは相似形、とはよく言ったものだと思います。
便衣兵美智子妃 (伊藤知昭)
2015-11-22 14:43:40
BB様、諸先輩の皆様

何時も御世話になり、有り難う御座います。

反日皇族の遣っている事は便衣兵と同じです。

正々堂々だったとしても、神道をカトリックに改宗させる意図も問題ですが、国民を騙して国体をすり替えるのはもっと汚いでしょう。
有事なら、国際法では極刑の対象。
そのぐらいの覚悟で、日々今上天皇を操作してきた結果が今日の体たらく。

便衣兵の使命感。
ベトコンと一般の正規軍米軍兵士。
過激派テロリストと一般市民。
一般人に紛れた便衣兵。
共産主義者、パルチザン、民兵、反政府軍。
自己陶酔の美智子妃の脳内世界は明白。
本来なら自決すべき案件。

女系天皇を推進するなら、美智子妃と雅子妃は諸般の経緯から売国奴。
当然、外患罪の範疇。
しかも、自虐史観推進派が主張するように日本人が生来の残虐な民族なら、反日皇族がどう処理されるのかは自明でしょう。
そうではないのが判っているから、贅沢三昧な上に天皇と皇太子を誑かして来たのが現実。
検閲と印象操作や世論の誘導も同じ流れ。

是々非々ですが、御花畑の国民との兼ね合いで首相官邸の舵取りは困難を極めます。
バチカンにとっても国を裏切った便衣兵。
GHQ 以後の米国中枢にとっても、朝鮮半島やインドシナで経験済みの便衣兵。
複雑に絡み切った中韓の利権を含む便衣兵。
いずれにしても、愚かな便衣兵。
バチカンさえ裏切って韓国と背後の共産主義中国に忠誠を示す便衣兵。
しかも、頭が悪すぎて事態を理解出来ない脳。

皇居は清浄化の為にリセットが必須。

日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。


どうも失礼致しました。
もろもろ (みぃ)
2015-11-22 14:49:42
美智子皇后の伝統や仕来たりを尊重せず、高貴なるものの存在や真価を認識しようともせず、ストラグル的精神で自己琉を貫き通す傲慢さは、文化的土壌が違う宗教を消化しきれず信仰してしまう日本のクリスチャンの典型なのではとみぃは個人的に思っています。

遠藤周作氏や曽野綾子氏の作品の中にもそのような模索や葛藤があるように感じました。


宗教が求める普遍的真理や超越的存在は確かに存在するにしても、それを認識する人間(宗祖・宗教的指導者)が属する地域の自然環境や歴史や民族性や習慣の違いによって、神の在り方の解釈や神と人間との関係を現す規律などの価値や祀り方が異なってくると思います。


カトリックやユダヤ教などは、砂漠などの厳しい自然環境の 中で発達した宗教であり、常に豊かを得る為に闘ってきた民族の歴史と共に信仰された宗教であろうし、それに対してギリシャの神々や仏教や日本の神道は、豊かな自然環境の中で様々な自然の神を認識し宇宙の摂理の中に神を見出だしてきた宗教なのではないでしょうか。

その地域の人間関係の在り方や宗教の認識や様式や戒律もその地域の風土や自然環境によって特色付けられるのだと思います。

日本の風土と習慣、日本的人間関係の中で育った日本人が、全
続き (みぃ)
2015-11-22 15:21:25
く異質な自然環境や風土や人間関係の在り方で発達した宗教であるキリスト教をどれだけ正確に解釈しその意図することを身に付けその教義の中で生きられるのか。


美智子皇后と正田家の場合、日本的なるものは否定し、カトリック的な価値観を心の糧としていたとしても本当にキリスト教文化圏の方々から見れば中途半端ななんちゃってキリスト教になっていないだろうか。


その中途半端さが、美智子皇后にみる、洋の東西を問わず、高貴で伝統的なるものに対する価値の認識と畏敬の念の欠如になっているのではないでしょうか。
結果的にどちらの伝統からみても心得ず場違いな我を通す人間になっていないでしょうか。


しかしインドのヨギーやチベット宗教の指導者なども黒は不吉な色として身に付けないはず。

なのにそれらの宗教的文化圏の人間が一宗教的文化圏の長にしか過ぎないカトリックの法王に会う時、何故カトリックやキリスト教文化圏の価値観や仕来たりに合わせて、黒を着用しなければならないのかみぃは解らない。


インドや日本も、そして植民地支配された東洋やアフリカの文化圏は、火薬を発明したキリスト教文化圏に力でねじ伏せられた結果、西洋的キリスト教的文化圏の価値によって,未だに対等の扱いを受けない下位の序列の中にいるということ
続き (みぃ)
2015-11-22 15:22:37
では。

非公開さま (BB)
2015-11-22 15:23:58
単なるご意見を非公開指定にしないでいただきたいのです。
設問が皆様に解りづらいので、答えにくいです。

来るご意見だとは思ってました。
しかし、これは「日の丸をイメージしたイラスト」です。
文字は無問題でしょう。「日の丸の旗ではない」のだから。

気にされるなら、お使いにならなければいいと思います。

医療関係者から (高崎山のベンツ)
2015-11-22 15:26:25
聞いた話ですが
美智子様はバセドウ病治療のため別府の野口病院に
来られたことがあるそうです。
時期は第1子と第2子出産の間とか?
再度のお願い (BB)
2015-11-22 15:26:58
非公開の必然性のないコメントを、非公開指定になさらないでくださいね。
やはり花の小皿は変です (ベターニア)
2015-11-22 15:39:39
最近、忙しくしており、なかなかコメできませんでしたが
いつもBB様の記事を拝読しておりました。
そもそも、バカンス中のローマ法王に押しかけ訪問するくらいですから、非常識な方ではあると思いますが
やはり服装までマナー違反でしたか!
うまく言葉で説明つきませんが、ヨーロッパに少し住んでいた者の感覚として、あの全身白の服装で法王と会う、しかもバカンス中にというニュースは、絶対にヨーロッパの上流階級の中では失笑されたことであったと思います。
宗教が違うとか(ホントは同じだけど)、公式訪問じゃないとか、いろいろ言い訳できたとしても、記者を同行して写真を撮らせている以上、わきまえる最低限のマナーを守るべきでしょう。
まあ、それも分からず、「私が法王と会うときはコレを着るの!」と自己中心に選んだ服装なんだと思います。
白い服もいけませんが、やはり小皿が一番おかしいと思います。ヨーロッパの感覚では、決して帽子ではなりませんよ、あんなの。
まともな日本人が謁見したときの写真を見つけました。
本来は、やはりこうあるべきでしょう!

http://cache4.asset-cache.net/gc/88880874-pope-benedict-xvi-meets-prime-minister-of-gettyimages.jpg?v=1&c=IWSAsset&k=2&d=X7WJLa88Cweo9HktRLaNXvdoKrQ1Umjzf5V%2BPT%2B9LiK2PZOwnCyGMHJe%2FuaXLYH4kUagKUEs8zurscWMAck8ww%3D%3D


Unknown (ベターニア)
2015-11-22 16:04:30
すみません、写真見れませんね。
googleで 「papa(ローマ法王のこと) vatican  news  meets  woman」画像と検索すると、下のほうに出てきます。
麻生元首相と奥様って、バチカン訪問されているんですね。そのときの写真ですが、奥様はきちんと黒のスーツ姿で臨まれています。
また、ほかにも各国の要人たちとの写真がたくさん出てきますが
確かに白い服装で会われているのは、許された女性たちだけ。ほかの方は見事にみな黒い服装ですね。
すごいマナー違反をやらかしたことが分かります。
してはいけないことを敢えてする (ひなぎく)
2015-11-22 16:23:52
みぃさま

非キリスト教徒である日本の皇族が黒い服にする必要はないと、私も思います。
それならば、白でもなく黒でもない淡い色を着ればよかったと思います。

白を着るべきでない時にわざわざ白を着る神経が、あの人独特なのだなぁと。
もはや病気ですね。
とにかく、この代でおしまいにしましょう (G62)
2015-11-22 16:31:47
皇后の心には「皇室」はないのでしょう。
とにかく私は皇后が昔から嫌いなのでBBさんの記事でも気分が悪くなります。
BBさんには失礼ではありますが、皇后に関する記事は最後まで読めません。ほんと虫唾がはしる。


もうご存知でしょうが、コピペしておきます。

*(映画の世界の)エリザベス一世にあこがれていらっしゃるのでしょうか?

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2a/52/f5174601783fa9f8bc942a0911353a42.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/37/ce/36131d42bb63c9ec196f6c4ab65e18a7.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/26/6e/e7fac836726b2cc1e15b3e0b4f96d048.jpg

こちらのブログで拝見しました。
h ttp://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/7b89d28fb818d4d1e46334b54ec6ea0e

長文ですから、お時間のある時に。

千葉展正の第一BLOG 
h ttp://tensei211.blog.fc2.com/blog-category-16.html

なにからなにまでむかつきます。

むかつきながらいろいろ検索してしまいました・・・・・
Unknown (応援してます♪)
2015-11-22 16:32:08
BBさま、みなさま、こんにちは。

調べるほどに、美智子さんの無知さが露になりますよね。
みなさまから戴く情報で、とても勉強に成ります。
全てが美智子ルールなので、周りを気にしないのがよく解ります。
それにしても、何度見ても、法王とお会いになった時の写真、美智子さんの顔が、嬉しそう過ぎて・・。
エグザイルに祝ってもらったときの高揚した顔と同じく、ローマ法王との写真の時の顔の憧れ感がほとばしる顔、見てて気分悪くなります。
日本で、国民に万歳や、君が代を歌ってもらったときの顔と大違いで、ここまで露骨に態度に出すものかと、鼻先で笑ってしまうくらい気分が悪いです。
バカンス中に押しかけといい、自分の地位を最大限に利用しての事だなと、呆れます。
建前だけ聞こえよくして、結局は自分のやりたいことを、好き勝手やってるだけですよね。
なのに、気に入らない身内(皇族、秋篠宮家)を、苛めたおしてるんですからとんでもないです。
マナーも最低で、東宮一家の躾も出来ずで、夫は立てずで、権利濫用、売国人間とのつながり、なんのために皇室に居るのかなと、最近思います。
自分の欲を満たすために、陛下をパスポートや証明書変わりに使うのはもうやめていただきたいです。
東宮一家の治療や療養生活突入と共に、美智子さんには、ご隠居していただきたいです。

白い色も気になりますが、法王と会われたときの服の生地や仕立てを見てると、相当お金をかけてそうだなと思いました。
法王の時はマントを控えて、伊勢参拝などは、マントあり。
これもおかしな話に思えます。
法王には一歩下がれるけど、日本ではどこか一段上から見下されてるみたいで気分が悪くなりますね。

お皿… (紀子様大好き)
2015-11-22 17:03:13
BB様、いつもありがとうございます。

HNなのですが、前回ハートをつけましたが、文字化けしてしまうようなので、これからはそのまま『紀子様大好き』でいきたいと思います。紀子様大~好き様、申し訳ございません。

お皿様の頭に乗っている皿ですが、私は以前こんなことを聞いて、そのまま信じていました。あの帽子は、人々と接する際に威圧感を感じさせたくないという配慮から、どんどん小さくなった、と。…でも、変ですよね。。そういう話も、今は全てあの人の国民へのポーズなのかと、辟易します。

絵馬に祈りをこめて参拝する。とてもいいと思います。全国の神社に広まれば、多くの人の目にとまるでしょうし、もしかしたらそれがきっかけで気づく方もいるかもしれませんね。私も早速、やります!まずは靖国神社、明治神宮でしょうか。

ところで、私事なのですが、最近こちらを拝読し、色々と考えを巡らせて寝床に入るせいか、秋篠宮ご一家が夢に登場することがあります。つい一昨日の夢が印象深かったので、書かせてください。

この日は秋篠宮両殿下に、眞子様、佳子様も登場されて、夢の中でご一家は大勢の人々と何かの準備をされていました。私はその大勢の一人だったのですが、眞子様から「お願いしますね」と、ずっしりと重いお皿を渡されました。その辺りで夢から覚めたのですが、とてもいい気分で目覚たので印象に残っています。何の意味もない夢だとは思いますが、夢の中では見たくもない人が偉そうにしていることはないので、幸せです。

BB様、ブログをやめられるのは本当なんでしょうか。とても寂しいですが、これまでのたくさんの記事、ありがとうございます。どうかご無理のない範囲で、少しずつでも続けていただけたら…というのが一読者の願いであります。
白い衣装 (シルビー)
2015-11-22 17:09:32
BB様、記事のUPありがとうございます。

法王との謁見ならば、
価値観やしきたりにあわせて、ということではなく
敬意を表するという意味で考えても
白い衣装と白い小皿帽の選択はなかろうと思います。

なんとなく全身白制服の駅長とカブる全身真っ白パンツスーツのマタコを思い出しました。
(いや、コトの重大さは全然比較になりませんが)


謁見時の種々の画像を見つけました。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1238752346422.jpg

すでにBB様の記事にありましたが
出発前の「ムッとした質問」の週刊誌記事です。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1417142939169.jpg
宗教ではなく常識問題では? (Aloha)
2015-11-22 17:16:37
みい様へ

当方人生の半分は日本から離れて地球の裏側で暮らしております。今でも忘れられない出来事がありました。米国でのお話です。

私の友人に中国人の夫を持つ日本人妻がおりました。
彼女は日本人ですから、夫や子供にも家の中では靴を脱がせて生活をしてました。
ある日、私達日本人母子達がお邪魔をしている時に、夫の友人である中国人数人が遊びにきました。
私は玄関内で子供達が脱ぎ散らかした靴を片つけていたのですが、彼女たちは土足で私達の靴の上を踏みつけ、家に上がって寛ぎだしました。
友人は家の中では靴を脱ぐように言ったのですが、中国人たちは脱ぎませんでした。なぜなら彼女らは、自分の家の中では靴を履いているからとのこと。
私達日本人はそそくさとその場を失礼させて頂きました。

もし、みい様がこの家の主でしたら、この状況をどのようにお思いですか?
1.嬉しい
2.あとで掃除するからいいわと諦める
3.小さい子もいるし、部屋が汚れて嫌だわ

私はお招きしたお客様には寛いで頂きたいけど、やって欲しくないことだけは予めお伝えします。守れないのでしたらお帰り頂きます。例え子供の友人であってもです。
私が東洋人の顔をして違う言葉を話すので、殆どの人達(白、黒、赤、黄、混)は最初にマナーを聞いてきますよ。

招く側、招かれる側双方が大人として対処すべきで、宗教うんぬんではなく、人としての常識だと思います。

この時の美智子さんはいったい何を御考えだったのでしょうか、さっぱりわかりません。(でも本当は解かっているけど、声にできません。0ッ0ー!)

失礼致しました。
Unknown (みぃ)
2015-11-22 17:49:51
美智子皇后がローマ法王に会いたがること自体変。


天皇陛下を交えての親善や交流なら分かるけど。
イラストについて (BB)
2015-11-22 17:59:19
【追記】赤丸に文字が入ること対し、何か言ってくる人はいるだろうなあ、とは思っていたのですがやはり、いらっしゃいました。BBの考え方をコメ欄で答えたので、追記しておきます。

非公開でも同じ指摘を頂戴しましたが・・・
意味のない非公開は止めて頂きたいというのは、表に出さないとこういう指摘もダブって、そのつどお答えせねばならなくなる、というのもあります。

日の丸の赤に文字を入れることの不適切は、数年前から記事にわざわざしているくらいなので、よく承知しています。

日の丸はどうぞ大切に
2011年度記事

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/c90dc5d113e7dc38c6f1199c54eb245a


でも、上記の理由に加え、イラストとしてのコンパクトさ。見た目の効果などから、BBは現在のイラストを好みます。抵抗がある方はむろん、文字が赤から外れているのをお使いになればよろしいと思います。

文字が悪くて鯰がいいという感性は個人的には
分かりませんが。
いずれも国旗を汚すという意味では同じなような?

まして、でれでれ草様のは国旗本体ではなく(白地もありません厳密な意味では、丸を囲む国旗としての四角がない)。あくまでも、「日の丸の赤をモチーフにしたイラスト」に過ぎません。

是々非々モットーの拙ブログでは、原理主義的にガチガチになることは採択しません。柔軟でありたいと思います。





お探しの画像について (kagechiyo)
2015-11-22 18:21:59
管理人 様


▼「 みてこ様が物陰から、は別にあります。 」

ひょっとして? こちらでしょうか? ↓
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070331072523.jpg


▼悠仁さま、両陛下のもとへ 秋篠宮ご一家が御料牧場にご到着
2008年3月28日 産経新聞(魚拓)
http://megalodon.jp/2008-0328-1753-30/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000946-san-soci

秋篠宮ご一家 画像
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20080328140135.jpg

ログ速
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/newsplus/1206676372/


お邪魔いたしました m(__)m

kagechiyo
Unknown (ベターニア)
2015-11-22 20:20:46
シルビーさまの貼ってくれた写真に謁見のいろいろな写真があり、湖が背景に広がるものがありますね!
まさしく、法王のバカンス中の離宮であるという証拠です。
うまく、見れるかな?ここです。
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2+%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E7%9C%8C+%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9/@41.7487456,12.6178156,13z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x132585bc2d98c4e5:0x1768c3b5124e41bd
Aloha様 (みぃ)
2015-11-22 20:44:32
みぃが言いたいことはAloha様の例え話には該当しないと思います。


美智子皇后の場違いな振る舞いや、伝統や仕来たりに対して自己流を貫くストラグル的身の程 知らず行動は指摘しています。

そしてもう一つ別な次元の違う話として、ローマ法王が他の宗教的指導者や異文化の首長に会う時、キリスト教文化圏の中で確立したマナーをどこまで相手に要求できるのかということ。(勿論美智子皇后は、単なる平民出の天皇の妻との格付けで該当はしませんが)

具体的に言えばローマ法王に会う時、ダライラマは黒の法衣をまとわなければならないのかということ。


国際的マナーと言えど、欧米のつまりキリスト教文化圏のマナーがそのままベースになっていることに対する疑問。(実際ダライラマはローマ法王に会う時は黄色い法衣ですが。)

中華思想で利己的な民族の中国人をマナーや常識に従わせる方が無理。

だから南沙諸島や尖閣諸島の問題が起きる訳だし。

別の次元の生き物。

小中華思想の朝鮮系小和田レベルの無茶苦茶さなら分かる例え。

ヨーロッパの王室は、中世の頃から血縁で繋がっているから、共通の常識が通用するけど、全く異文化の日本の皇室やタイやインドの王族が何処までそれに合わせなければならないのだろうかという疑問。
特に社交
続き (みぃ)
2015-11-22 20:47:31
的儀式的な礼儀というより特定の宗教色の強い事柄に関して。

モナコ大公妃の場合 (白詰草)
2015-11-22 20:49:22
BB様
まりまり様

興味深いプロトコールを教えていただきありがとうございます。

まりまり様がご指摘のページですが、最後まで読んでみました。
http://lux-arazzi.blogspot.jp/2013/03/luxarazzi-101-privilege-du-blanc.html

もしかすると、モナコは違うのかもしれません。このページの下の方に、シャルレーヌ大公妃は白を着てロイヤルウオッチャーを驚かせたと書いてありますね。
このページでは、なぜモナコも白が許されたのが謎だというように書いてあります。でも2年前の記事なので、結局どういうことかわかりません。

グレース大公妃の場合を見ると、黒しかお召しではないようです。
1957年のグレース大公妃と法王
https://thetalkingpot.wordpress.com/tag/celine-dion/
同じページに、シャルレーヌ大公妃が、黒をお召しになっている写真もあります。

白を許されている方は、元来の定義ではスペイン王妃、ベルギー王妃、ルクセンブルグ大公妃(+オーストリア、ハンガリー、イタリア、フランス、ポルトガル、ポーランド、ババリア、リトアニア各王妃)だったようです。スペイン皇太子妃は、黒をお召しになっているので、王妃、大公妃のみなのですね。白を許されている方は、黒でも白でもご本人が選択して着て良いようですね。

細かいことで失礼致しました。

憂國の臣様
タイ王室のお話、大変興味深く拝読させていただきました。ありがとうございます。

BB様
全部は追いきれていないのですが、沢山の記事をありがとうございました。龍など見えないタイプなので、ただただ感心して読ませていただきました。
ひなぎく様 (みぃ)
2015-11-22 21:15:58
みぃもそのように思います。


敢えて法王や花嫁の色とされる白を全身にまとうのは非礼極まりないと思います。


ですがキリスト教文化圏でもないのに、その国の文化圏では不吉で忌み嫌われる色が黒であったとすれば、わざわざ自分たちの伝統や価値観を押し殺してまで黒を着て相手方の一方的な常識に合わせる必要性はないと思います。


それではまるでローマ法王を頂点とするキリスト教文化圏に奴属する国のようなたち位置になると思います。

追伸 (白詰草)
2015-11-22 21:19:00
BB様
先ほどのコメントですが、皆がなぜモナコ大公妃が白を着てきたのかと訝しむと、すぐあとに、バチカンからシャルレーヌ大公妃は白を着ることを許されたとアナウンスがあったらしいですね。
ということはやはりグレース大公妃は貴賎結婚であるし歴史的にモナコは白の特権は許されていなかった。シャルレーヌ大公妃も貴賎結婚(元オリンピック水泳選手)であるし、なぜいきなりモナコも白の特権を付与されたのか?が謎を呼んだということのようです。このブログ作者は、バチカンが白の特権の範囲を緩くしたということのようだと書いています。最後の文に、リヒテンシュタイン国マリー公妃も白の特権を付与されたと書かれていますから。
kagechiyoさま (BB)
2015-11-22 21:24:56
この画像に間違いありません。
ただ勘違いしていて手前の人物が皇太子だと
記憶していました。


先の画像に構図も色調も酷似してるでしょう?
だから、物陰の人物も確認しないでアップしたのですが、
いずれにしても、肝心の人物を間違えて記憶していたという・・・・二重の勘違いなんでした。
王妃のカーテシー (白詰草)
2015-11-22 21:29:13
BB様
何度もすみません。
スペイン王妃の法王へのカーテシーや、国王の法王への手のキスなど珍しい写真がありましたのでURLを書きます。
https://juliapgelardi.wordpress.com/2013/02/28/a-look-back-at-pope-benedict-xvis-meetings-with-royalty/
BB様、いつもありがとうございます。 (りょう)
2015-11-22 22:11:18
新嘗祭、明日に迫りましたね。

内廷ご一家がどのようにお過ごしなさるのか
ちょっと楽しみ。

正道に戻す最後の最期の機会かも知れませんね。


以下独り言お許し下さい。

1.一次資料見つけるなんてすんげえぇー!まさに
お皿様のコンスや場末演歌歌手衣装の出典これじゃん!

2.うわ、またぁ~!?そんなんだから、ブログ主様が
疲れるんだろうが。
違和感 (みぃ)
2015-11-22 22:18:48
日本の皇室の方々は、ローマ法王から白を着るのを許されるとか許されないとかの、そのようなヨーロッパキリスト教圏の血縁で繋がった王族に要求されるルールの適応範囲外に位置すると思います。


何故なら、神道は、決してキリスト教の支配下にはありませんから。


ただキリスト教文化圏の王室とのお付き合い上、社交的に相手の文化圏の慣例や習慣を常識的なレベルで尊重する位でいいのではないでしょうか。


ですので、ヨーロッパの王族と同レベルでキリスト教圏の規律や習慣に従う必要性もないし同じレベルで批判されることもないと思います。

ちょうどアラブ圏の王様が無理やりタキシードを着なくても正装とみなすように。


ただ美智子皇后は、入内したからには皇室の伝統や仕来たり、そして伝統を護り受け継いできた先帝や皇太后には真摯に従わなければならなかったと思います。
Unknown (あん)
2015-11-22 22:20:59
既出でしたら失礼します。

1993年9月9日号の週刊新潮より、9月3日からイタリア、ベルギー、ドイツ公式訪問の際、経費2億円、そのうち両陛下の現地でのお召し物に3500万円について、浜尾実氏のコメントに、「何もみすぼらしい恰好で行ってくださいというわけではありませんが、国内で着ていらっしゃる服で十分ですよ。質素を旨とする皇室の伝統はどうなっているのかと、問い返したい気持ちにもなりますね。」

考えてみたらミテ子さんのゴテゴテファッションは、
不可思議に見えていたので、視界に入れないようにしていました。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1422939344772.jpg
主賓が明らかに白をお召しなのが (黒薔薇姫)
2015-11-22 22:44:44
事前にわかっているのに、白を着るのがマナー違反でしょう。キリスト教の門下に下るとかそのような次元のことではなく、国際的共通のプロトコルの次元です。

白が非礼だと西欧圏でされているものを、わざわざ着ることもないでしょう。一度口火を切ると頑迷なまでに言い張るお方が今回ばかりではなくいらっしゃいますが。
意地張りゲームの場ではございません。

ダイアナ妃がお寺の本堂に靴で上がるか、スリッパを要求するかという次元のことでしょう。

ダライ・ラマが黒を着る理由はないです。
一宗のリーダーです。男性だし。

美智子さんは単なる、極東の天皇の女房でしかありません。
記事趣旨を読み取りましょうね (毬藻)
2015-11-22 23:01:44
美智子さまが、普段から白い法衣もどきの
衣装をお召しのこと、明らかにカトリックに
心が向かれていること前提に、普段の
全てを含めてのマナー違反としての
記事なのに、視野狭窄で執拗な
方がいますね。忙しいので反論されても
答えないとご自分は言いながら、人さまの
記事やコメントにはくどく、くどく反論を
続けられるお方。あなたの意見は解りました。

頑固ですねw (moon)
2015-11-22 23:23:15
>日本の皇室の方々は、ローマ法王から白を着るのを許されるとか許されないとかの、そのようなヨーロッパキリスト教圏の血縁で繋がった王族に要求されるルールの適応範囲外に位置すると思います。


異教徒の夫人たちがちゃんと、規則は守っているじゃないですか。

それに写真が世界に公開されるときに、主賓と招いた側のホステス役が同じ色、似たデザインは無礼です。
神道がどうとかいう次元以前に。
またイスラム圏で、肌を露出するのも神道だからいいという意見になっちゃいます。
相手国の宗教はその国の精神性なのだから尊重すべきです。
天皇陛下にもし決まった着衣があってそれが白なら、それは無問題です。でも白はないのだし、まして美智子さんはローマ法王よりはるかに、というより比べ物にもならない雑魚でしょう、国際上の儀典格付けからしたら。
Unknown (みぃ)
2015-11-22 23:29:09
黒薔薇姫様へ

もしみぃ宛のコメントだとすれば、的外れです。
貴女様のおっしゃっていることは、みぃが既に指摘しています。

ひなぎく様宛のコメントの中でも。

またお付き合いする相手方とのマナーや価値観も尊重するぺきだと。

ただ違う独立した宗教や文化圏の長が、相容れない文化圏の仕来たりや習慣に無理やり合わせる必要性はないと。


そこはそこで、お互いがお互いの宗教や文化の違いへの理解と配慮が必要な部分だと思います。

ダイアナ妃をお迎えして二条城でお茶席を設けたとき、椅子に座るタイプのお茶席でした。


美智子皇后は平民出の天皇の妻でしかないことも書きました。
だからこそ余計、皇室の伝統や仕来たりには真摯に従わなければならなかった人だと思います。


違和感? (菜の花)
2015-11-22 23:36:29
私は、法王と皇后が並んで両者同じ色彩と、似た衣装をまとった画像にこそ違和感を覚えます。

必ず黒をまとえとも記事では言ってません。

みぃさんの実感的違和感は尊重しますが
論にはならない論未満の主観領域のこと、
もうよろしいかと。
これまた目立ちたいから、かしら? (柚べし)
2015-11-22 23:45:58
たくさんの色があるのに、なぜか白を着て。
天皇の付属にしかすぎない立場の皇后なのに!
悪目立ちでも、目立てば良しのミチコさんらしい。
庶民の恥、日本の恥。
他国へ親善に行っても、「私をミテ」コさん。
残念な…。
トラブルメーカーみぃさん (秋葉)
2015-11-22 23:46:24
>ただ違う独立した宗教や文化圏の長が、相容れない文化圏の仕来たりや習慣に無理やり合わせる必要性はないと。

それを、なぜこの記事で書かれるの?
全く関係ないことでしょう?
相容れない文化圏の仕来たりや習慣に無理やり合わせるべきという趣旨はゼロですよ、この記事に。

あなたはかつて、忙しいので反論には答えないと宣言した人、ご自分の時間割で人に反論したり、自分は受付なかったり。
随分ご自由なんですね。

記事趣旨から逸れたしつこい発言で場をイタズラに荒らされるのは卒業なさったほうがよろしいかと思います。

わたくしも忙しく反論に応える時間はないので、悪しからず。
みぃさま (黒薔薇姫)
2015-11-22 23:49:38
>貴女様のおっしゃっていることは、みぃが既に指摘しています。

だったらなぜ、これを書かれるのかしら?


>ただ違う独立した宗教や文化圏の長が、相容れない文化圏の仕来たりや習慣に無理やり合わせる必要性はないと。

記事を理解なさっていれば、これは書かれないと思いますが?
基本でお分かりでないようなので、指摘させていただきました。
ディベートに発展しない単なる粘着 (花園)
2015-11-22 23:52:51
>ダイアナ妃をお迎えして二条城でお茶席を設けたとき、椅子に座るタイプのお茶席でした。

だから、何でしょう?
記事が言っていることと全く関係ないし・・・
黒薔薇姫さんが、ダイアナを引き合いに出した意味にも
即していません。
みぃさま (passing through)
2015-11-23 00:06:07
集中的にあなたに重なると申し訳ないのですが、記事の内容から逸脱して余りにも範囲を広げるので、混乱するのではありませんか?
あなたの黒薔薇姫様への応答を見ていると、自分の意見は徹頭徹尾知ってから発言しなさいという傲慢さに聞こえます。コメント欄でそれほど丹念に追いませんよ。たった一人のお方の、それも長々しい独白的コメントが多い方のを。

ここまで確たる個人のご意見がお有りならブログを立ち上げられたらいかがでしょうか。記事を逸脱した「持論」が目立ちます。
迎賓館の日本館で靴を脱がれたエリザベス女王の件 (憂国の臣)
2015-11-23 00:07:08
BB様、並びに、Aloha様、黒薔薇姫様

拝啓

 Aloha様、読者の方にわかり易い喩え話しでのコメント、拝読致しました。貴コメントで述べられている様に、人種、文化、宗教の違いを超えての礼儀(マナー)は、お招きした側も招かれた側も、お互いを尊重し合い、相手方に不快感を与えず、楽しい有意義な時を共有することに必要な最低限の決まりと小生なりに考えております。

 エリザベス女王が初来日された際の迎賓館日本館での「日本生け花協会」に関するエピソードを高松宮喜久子妃殿下のご本「菊と葵のものがたり」(p 223)からご紹介します。

 「お迎えする側は名誉総裁の私と秩父宮妃殿下と麻生和子さん、三人とも和服を着ていた。挿花者たちもそろって正式の紋付袴、白足袋の装いであった。さて定刻お玄関に入られたエリザベス女王は、打ち水された踏み石の前でちょっとためらわれたご様子であったが、素早くフィリップ殿下にエスコートされて靴をおぬぎになり、畳の間にお立ちになってにっこり挨拶をお受け遊ばした。私どもも一同、ほっとした。」

 一般庶民でも、此の礼儀(マナー)は必須ですが、国を代表する公人、特に、日本国元首の配偶者としてのドレスコード違反の振る舞いは、BB様がご指摘の通り、日本の名誉、皇室の権威を貶めることになり看過すべかざる問題です。

 本稿掲載のローマ法王謁見は、両陛下訪問前から高額の費用を掛けたシルバーハネムーンとマスコミでも報じられ、此の欧州旅行の目的も曖昧で、千代田の女帝のローマ法王謁見が主目的の物見遊山ではないかとの海外報道もありました。特に、訪問前の記者会見で、海外紙特派員のローマ法王謁見に関する質問に対し、王配殿下はきちんと答えられたのに反し、女帝がうろたえ「ご免遊ばせ」を連呼し、回答を拒否したのは痛いところをつかれての反応と考えています。

 読者の方のコメントで、ローマ法王謁見はイタリア休暇期間中に、わざわざ離宮まで押しかけての謁見と知り、千代田の女帝の法王謁見実現の為に、現地在イタリア、在バチカン大使館員、ローマ法王庁に多大なる迷惑を掛けたこと思います。

 本稿で問題となっている女帝の法王謁見時の白いお召し物に関し、勿論、在イタリア、在バチカン大使館始め、外務省儀典局、宮内庁職員(女官)は外交儀礼について熟知しており、訪問前に女帝への具申はあった筈です。然し、高松宮妃殿下のご忠言まで無視した女帝が、その具申を受け容れる筈がありません。全て、女帝我流の海外親善の結果は、BB様がご指摘の通り無残な結果となっております。

敬具

タイ国在留 憂国の臣
「相手を不快にさせない」のがマナーの原則 (アビゲイル)
2015-11-23 00:09:13
そもそも服装のマナーというのは「相手に不快な思いをさせない」というのが大原則。
「自分が着たい服を着る」からだめなんですよ、正田さん。

正田さんのあの変な袖の服、型紙が出来ているのでしょうね(笑)
G62さまのエリザベス1世、お茶吹きましたわ。
伊藤知昭さまの「便衣兵」説、的を射ていらっしゃいます!

とにかくBBさまはじめ、みなさまのおかげで日々勉強でございます。
あらためて御礼申し上げます。

最後に、整形について。

私が子供の頃、父が「皇室の方々の御身体は神聖なものだから
手術以外、メスを入れてはいけないのだ」と話してくれたのを思い出しました。
お皿サマは「吉永小百合フェイスにして」とでもおっしゃったのだろうか。
浅はかです。そのくせコンプレックスの大きさは
盛り過ぎの髪に象徴されていますよ。

小和田雅子はネットの評判を気にして、でしょうか?
祭祀と公務をきちんとつとめていれば、誰も容姿のことなど
批判しませんよ、本末転倒なんです。
それでいて、歯並びは直さない。
そうよね~、矯正してると「飯がまずい」んでしょ?

ああ、海外の王室の方々の正田さんを見るあの「蔑みの眼差し」、
恥ずかしくてたまりません!
雅子さんの母方江頭家が (BB)
2015-11-23 00:23:15
部落出自であること、ある確実な個人情報で、詳細証言つきで得ましたが・・・記事で書くにははばかります。
深夜、見ている人だけに流して、消します。
事実だけご記憶ください。
いかに、いいかげんな (BB)
2015-11-23 00:28:25
入内が調査もなしに行われたかということですね。
ある勢力が動いたからこそだし・・・・
となると・・・・ (ピンカートン)
2015-11-23 00:56:34
部落民は部落民を水面下で知悉、協力し合う、在日の血の絆のように・・・

ということで言えば、雅子さま入内に熱心で、その後も批判的であったかと思えば、またベタベタにかばう皇后の不可解な行動・・・・皇后も大宅壮一賞のルポライターが各如く部落のお方・・・・という可能性はゼロでもないような気がしますね・・・・。

雅子さんが朝鮮と部落との掛け合わせというのは、ほぼ確実でしょう。物凄まじいですね。
また小和田の家系に狂気の血が流れているのは事実のようです。
雅子さん、礼子さん節子さん、その子供たち、全員発病の可能性があるでしょう。もう兆候はありますね。
霊の画像 (夢ん子)
2015-11-23 02:23:44
以前貼って下さった時には、私には見えなかった皿帽子の場所に、今回の画像でキツネの霊が見えました。
皿帽子の後ろ半分の白い部分にですが、
左ギリギリに顔、青紫の2枚くっ付いた葉の後ろに2本の尻尾。

ビチコが一人で写っている車の画像には、
ウインドウの左上はじの白い部分に変な顔が、、、ブッ。

両屁以下の画像では、
ビチコのオデコの端に重なって霊の顔が。
アッキーじいさんのメチャクチャな顔のちょっと斜め左上には2つの顔とウインドウの左上はじにドクロのような顔。
天井部分にも沢山の顔が見えるような気がしました。。

今回は以上が見えました。
BB様の御蔭で、私少しづつパワーアップしているような気がします♪。
記事もちゃんと読ませて頂き日々勉強させて頂いております。
いつも有難う御座います <(_ _)>

昨日お稲荷様に行き、「秋篠宮殿下に次期天皇になって貰えますように!!」と、お願いをして来ました。




Unknown (応援してます♪)
2015-11-23 02:47:12
BBさま、みなさま、こんにちは。

あんさま、情報をありがとうございます。
皇后の被服代金は相当かかってそうだなと、いつもの服装を見ても思うのですが、法王とのお写真のはとくにこだわりも感じてきっと高い生地なんだろうと思ってたので、内訳が知れてやっぱりと思ってコメントと画像の文章を読ませていただきました。
浜尾さんの仰るとおりですよね。
3500万円の内、3300万円~3400万円が美智子さんで、100万円~200万くらいが陛下の衣装代でしょうか。
掛かった経費が2億円とは驚きました。
実は法王に会うのが第一目的で、湯水のように使われたとしたらこちらも呆れますね。
陛下も、美智子さんのキリスト教への思いを知っていて、融通を利かせられたんでしょう。
「やりたい放題」という言葉しか浮かんできません。

品位と教養 (紅時雨)
2015-11-23 03:14:20
常陸宮華子さまが、ローマ法王に謁見の際、
黒服に黒ベールでした。
みぃさまの仰る、

>王族に要求されるルールの適応範囲外に位置すると思います。

のような強張った教条主義的なことではなく、品性と教養の問題でしょう。第一美智子さんは平民上がりの、ノンキャリアwにわか皇族です。

世界は広い (Aloha)
2015-11-23 05:53:42
みい様

憂国の臣様が綺麗にまとめて下さったので、これで終わりにしたいと思いますが、宗教に上下はありません。しかも対立するものでもありません。違う宗教でしたら尊重しあうものです。
ローマ法王とダライラマの謁見のお話で、ダライラマが黄色を選ばれたのは、大人の対応をされたのでしょう。

>違う独立した宗教や文化圏の長が、相容れない文化圏の仕来たりや習慣に無理やり合わせる必要性はないと。<
お願いですから、相手に合わせてください。
もし美智子さんがイランのホメイニさんにお会いする機会があったら、タンクトップやミニスカテニスウエアは止めて下さい。殺されます。

それと、あまり親しくない人との会話で政治と宗教はタブーです。
もし相手が信じている宗教なり、信念を糾弾否定してしまったら、その人の人生そのものを否定しまうことになるからです。お互いに傷つきますよね。
それでもしつこく続けてきた場合は、「そんな話しロマンチックではないわ」と言って切り返し、食べ物や芸能の話しに切り替えてます。
これ、異国の地で長年学んできた定年真近のオバサンの知恵です。

追伸: 火薬は中国唐の時代に発明されました。アジアがオリジナルです。

失礼致しました。
己の目の中の梁を見ずして (普通のおばちゃん)
2015-11-23 07:28:35
BB様、皆様、おはようございます。
みぃ様
これだけ多くの方々が貴重な時間を割いて、
懇切丁寧にご意見を下さっておられるのだから、
感謝の言葉が必要だと思います。

それに何かのコメントの中で、菜の花様にだったと思いますが、
「お前はパククネか」と罵倒なされた事への謝罪はされましたか。

「もう来ない」と言いつつ、ほとぼりが冷めたころに出てこられ、
ご自分の思いだけを長々と書き連ねる連続に、
或る意味世の中をリアルに生き難い方なのかもと思います。

みぃ様が幸せに生活されるために、是非最低限のマナーを身につけられる事を望みます。

私も自分の目の中の梁があるのに、みぃ様の目の中の
塵を取ろうとしている傲慢さをお許しください。
6078 無礼な奴  ごめんなさいね。

単にドレスコードの問題 (夕映え)
2015-11-23 09:12:53
宗教対宗教に発想を持っていくほどの、御大層なことではないと思います。

単に皇室の女性として、お相手と衣装がかぶり過ぎないようにするという配慮で考えても美智子さん(皇后と呼びたくないのです、ごめんなさい)のは、明らかに意識したかとさえ思える衣装かぶりです。この方の異常性の現れでもあると思います。

衣装マナーとしてみっともないので、おやめなさい、ということです。まして美智子さんはカトリック教徒ではないですか。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 (aki)
2015-11-23 11:45:02
BB様、皆様、いつも有難うございます。

日本一の旧家に、基礎教養のない者が嫁いだ惨状を目の当たりにするのは、本当に心が痛みます。
日本人としても、隠しているつもりのクリスチャンとしても中途半端では、救いようがないです。
まして手前勝手な振る舞いが最善と思い込む愚妻が2代続くとは、日本にとって悲劇としか言いようがありません。
ドレスコード (リンリン25)
2015-11-23 12:00:57
はじめまして。
ドレスコードと言えば、不思議なことがありましたね。
雅子様のお洋服がことごとく誰かとかぶる。衣装当たり屋、って言いましたっけ。
これね、雅子様の上の立場の方が、一言「いけない」と言えば出来なかったと思うんです。
お許しがあった、あるいは、積極的にすすめられたのではないか、と思っちゃうんです。
香淳さまのお葬式の欠席も、愛子さまの影子さんも、「あの」お二人や、ご実家だけで
できることではないでしょう。
もっと言えば、ご結婚時の雅子様にニセのお友達をご用意しよう、というはっそうも
あのお二人とご実家ではないのでは?って思います。
美しい歌声をお聞かせするわ! (愛読者)
2015-11-23 12:59:56
外国で自分アピールする皇后様。陛下困ったのでは?歌声を始めて聞き、鳥肌が立ちました。コワイ。。
カナダの小児病院で、自分が作った「ゆりかごの歌」を歌う皇后様。
19:00頃からどうぞ。
天皇皇后両陛下外国訪問
https://www.youtube.com/watch?v=e_etx1VcydQ
横から申し訳ありません (琥珀色の雨)
2015-11-23 13:23:33
HNゆみでしたが、同じ方がいらしたのでレオにしたのですが、またかぶってしまったようでしたので、今回からHN 琥珀色の雨に変更いたしました。

以前、私は、みぃ様は自分の非を認めるということができない方、常に上から目線、と書きましたが、再度書かせて頂きます。
今回も、です。
丁寧に意見下さった方々に失礼ですよ。
もう、ご自分のブログで意見を述べられた方がいいです、コメント欄は閉じたままにして。
私も、みぃ様の菜の花様に対する、「お前はパククネか」という暴言は覚えております。
菜の花様にお詫びするべきかと存じます。謝罪と弁償!というニュアンスではなく、日本人として礼をわきまえているのならば、です。
申し訳ございません、以前と同じ様な展開でつい蒸し返してしまいました。
Unknown (まりまり)
2015-11-23 14:10:03
本稿、冒頭にある白の特権の定義の部分ですが和訳を少し整えてみました。

Le privilège du blanc(「白の特権」)は、特定のカトリックの女王と王女がローマ教皇に謁見する際、白いドレスと白いマンティージャ(ベール)を着用することを許される、というしきたりを指すフランス語。
イタリア語では、Il privilegio del bianco

内容はBB様が随意、手を加えてくださってかまいません。ご参考までに。

また黒ベール(mantillas)のmantillasは複数形のsが付いているなので取ったほうが分り易いかと思います。





あ 消し忘れてた・・・・ (BB)
2015-11-23 14:31:03
ま、いっか・・・・・伏見さまのとこで同種情報リークがあったようだし。雅子さんほぼ間違いなく部落・・・・てか、確定だね・・・・




まりまりさま

直しておきました。ありがとうございます。
相変わらずです。 (はなび)
2015-11-23 15:28:32
>雅子さんの母方江頭家が

私はこの先があるのかと思い(詳細)
1時すぎまでこちらに張り付いておりました。

あはは・・・詳細は書けないですよね。

3年経ってもトンチンカンなはなびです。。
人格障害の老人 (ハルキ)
2015-11-23 15:57:44
出自が怪しくて、自分はカトリック、皇室破壊の為に乗り込んできた美智子様かもしれないけれど…このプロトコル破りは「知っていてやった」わけではないと思えます。「結果として皇室の恥さらし、日本の恥さらし」になっても構わないとは思っていたでしょうが。

ちまたの老人でも言動が怪しくなると「認知症では?」と疑うけれど「お金の計算」は正確に出来て「人にされたこと(一種の被害者意識)」はいつまでも覚えている人がいるのです。そして会話は全部自分が良いように少しずつずらして話すので周囲が疑心暗鬼になり、ぎくしゃくしていく。言ってみれば人格障害です。お若い頃の斜に構えた、暴力的なお顔付きをみれば生来の気質かと。

それでもローマ法王に憧れていたのでしょう。この掟破りの服装を注意する人には逆恨みでしょう。下手したら「アテクシを受け入れない法王が悪い」ぐらいに思うのでは?生来の気質にわがままを通す生活を何年もしていると「統合失調症」のようになる。だから雅子さんと同じだと思うんです。でも今までの年月で浪費した内庭費、税金、昭和帝他の皇族方を貶めた言動を考えると雅子さんの数倍罪が重いですね。最近は雅子さんの言動が気にならなくなりました。

学歴、地位、名誉がどんなにあっても尊いものを尊ぶことが出来ない人は日本人は相手にしない…そんな当たり前の時代が来ているような気がします。
はなびさま (BB)
2015-11-23 16:27:04
それはそれは、半端なことを書いてご迷惑をお掛けしました。

m(__)m

伏見さまの記事に、BBが得た情報とほぼ相似形のことが書かれています。情報源は同じだと思います。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/d1f3a38e985b9d29e9264ef7c047e3e2

BB様 (はなび)
2015-11-23 16:44:54
私が勝手に読み違えただけですから・・・

わざわざお返事くださってありがとうございます。

とにかく、毎日、何度も何度もお邪魔しております。
コメント欄も隅から隅まで読んでます。

その割には理解力が今ひとつ?

▼超優秀生遅すぎるケント・ギルバートの日本援護射撃! (copy/ケント・ギルバート(63)ピアノ歴)
2015-11-24 07:40:34
ピアノの腕前がピークに達したのは中学1年生です。先生が、「私より上手だからほかの先生をさがしなさい」と。「米国人として断言する。9条は日本を弱い国にするためのものだ!」

近著、「まだGHQの洗脳に縛られている日本人」(PHP研究所)、「素晴らしい国・日本に告ぐ」
http://www.sankei.com/premium/news/151124/prm1511240003-n2.html
白が正装のアラブの首長は?エリザベス女王の民間妃対策。 (らむ子)
2015-11-24 12:32:16
アラブの正装は白いトーブ。黒いビシトを上から羽織ることもあるけれど。どーするんだろー?
と思いきや…

サウジアラビア アブラビ国王がローマ法王謁見。
http://www.afpbb.com/articles/-/2308271?pid=2323830
まさに「神対応」

国王のトーブは青い。ビシトが金縁のアイボリー。法王も赤いケープ召されて…
まぁ、お互いに衣装被りを避ける気遣いされているわ。


ますます論外のミテコさん。弁護の余地無し。


日本の惨状を反面教師にしたか、危機感からか?
マタコ化の兆候示すキャサリン妃の教育に、本気印のエリザベス女王

remmikki様の記事に、呆れたカーティシーのキャサリン妃。こりゃ小言を言われるのも当たり前。
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4970585.html
あんたは民間出身なんだから、生まれながらの王女たちには「敬意」を表さなければならない。
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4969056.html

小皿も、ずり落ちドレスも禁止よ!実質ミテコ排除令。

「ロイヤルアスコットのドレスコード」在位60年記念の2012年に厳格化
女性の帽子に関しては、直径約10センチ以上の土台があるものと規定され、髪飾りは禁止。ドレスの長さは、「慎ましやかな長さ」であるべきとされ、わずかに膝上かそれ以上の長さが必要。肩紐の無いドレスやホルターネックのドレスなど、露出の多いドレスは、これまで通り許可されていません。
白の衣装その2 (シルビー)
2015-11-24 13:27:56
らむ子様御紹介の法王とサウジアラビア国王の画像、
ちゃんとお気遣いなさっていらっしゃって
見ている側も安心感がありますね。
カブっているという見方にはなりません。

前回コメした時の
駅長の白スーツの画像、見つけました。
2005年5月、宇都宮駅にて、愛子様を駅弁抱っこのマタコ様です。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1243563225726.jpg

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1243751740662.jpg

カーネルサンダースともいわれてたと思います。
(まともに見れない)

それからこれは偶然もあるでしょうが白被りの例として

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1445253011094.jpg

見る側が妙に気を遣ってしまって、あまり正視できないというか・・・。(小皿もあるし)

着ているもので周囲に気を遣わせることは迷惑なことなんだなぁと
あらためて実感しました。
Unknown (まりまり)
2015-11-24 14:02:49
スペイン王妃やベルギー王妃が実際に白の特権を行使され、白いお召し物で法王様とおられる画像があるとよいなと思います。
ぜひ、そういう画像を貼っていくださいませ。
リクエストが多くてすみません。
Unknown (どんぐりこ)
2015-11-24 15:58:20
もしよろしければ、美智子さんがGHQつながりだというソースを知りたいです。以前どこかの記事にあったような気もするのですが、ググっても見つかりませんでした。

頼みの綱である秋篠宮さまと紀子さまは思想的にはどうなのか心配になってきてしまった今日この頃です。
Unknown (どんぐり)
2015-11-24 16:01:10
度々すみません。
宮内庁の人はどうして止めないんでしょうね?
結婚式で白を着ちゃいけないとか、大人ならほとんどの人が知っている常識だと思うのですが・・・
宮内庁は日本の皇室の評判が悪くなってもいいのでしょうか?
それとも、いくら注意しても聞いてくれないんですかね・・・
もろもろ (BB)
2015-11-24 16:37:53
らむ子さま アイルビーさま

面白い情報、いつか拝借させていただくかも。


どんぐり どんぐりこ さま

お名前を統一してくださいませ。

GHQつながり、ではなく仕込みです。本人気がついているかどうか。しかし、このネタはおそらくBB発かも?
他にあるかもしれないけど、BBは見たことないです。
幾つもの傍証を積み重ねてのほぼ確信に近い
結論です。当初は「仮説」ときちんと銘打っていましたが、後に忘れているかもしれません。

過去記事をいくつも遡り細かく読んで頂く必要があります。

あとGHQの前身「OSS]にヒントがありそうな気もします。天皇制温存を定めたのはマッカーサーではなく、OSSです。戦争を仕掛けたのもアメリカなら、日本の敗戦を読んでその後のシナリオを書いていたのもアメリカです。戦前はルーズベルトが立役者で、OSSもルーズベルトがらみですね。

宮内庁が女帝に何か言えるわけもありません。
現在、皇室でトップに君臨しているのが、美智子さんです。この方にもの言おうものなら即クビです。


皆様へ

美智子さんが象徴という言葉に対して、人間には無理というたぐいのことを言っていたその正確な文言と、典拠をご存知のかたいらっしゃいますか?
まりまり様、どんぐりこ様 (らむ子)
2015-11-24 16:57:50
まりまり様

白詰草様のコメント「王妃のカーテシー 」に、
スペインやベルギー王妃の白い衣装での法王謁見の画像が入ったサイトのurlがありますよ。


どんぐりこ様へ

GHQと皇后陛下 フェミニストとしての美智子様と皇室は共存し得るか
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/b0b5919d022a094f259e8305c60b13f2

GHQはキリスト教(主にカトリック、クエーカー)によって皇室支配を図ってきました。

皇室とカトリック
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/6b50cd3da82dd19cab876a1dd3f1bf56
美智子様入内(じゅだい)にキリスト教共産主義者グループの暗躍あり
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/536a7657afc14269be981f9fbb1716c3


>宮内庁の人はどうして止めないんでしょうね?

進言すると首を切られるからです。
今上天皇も、美智子さんは特に諫言を嫌い、そうした真の忠臣を皇太子時代から身辺から退けてきました。
アドバイスするようなまともな側近は既に切られて居ない。

まず記事をよく読みましょう。
特に美智子さんは、BB様がこの記事に書かれているように…

>思えば入内以来子育てに至るまで「あたくし流」。
帽子のかぶり方を直されると、自分でかぶり直し教えてさし上げた
お方を激怒させ「二度とお教えしません」と言われた我の強いお方。

>自分を批判した浜尾侍従の葬儀には同教会には行かず、皇太子にも行かせず
陰湿な「仕返し」をする女であることを。女性とすらもはや言いたくないのです、まさしく「女」なので。

一事が万事この調子ですよ。
ガンとして聞かないし、諫言すればいつまでも根に持ち酷い復讐をする方として知られています。
お尋ねの資料 (憂国の臣)
2015-11-24 17:04:44
BB様

前略

 BB様お尋ねの資料は、下記宮内庁ホームページの会見での女帝の発言でしょうか。違っておりましたならば、ご容赦下さい。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h21-gosokui20.html

 取り急ぎ、ご連絡まで。

匆匆

タイ国在留 憂国の臣
取り急ぎ… (埼玉のおばちゃん)
2015-11-24 17:53:09
BB様、kuon様のブログで拝読した記憶がございます。文藝春秋です。
上手く貼り付け出来ていますでしょうか…
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/blog-entry-2636.html?sp
お尋ねの件 (ichigo)
2015-11-24 18:02:19
BB様お尋ねの件は、出典文藝春秋。
▼皇后さまが明かした八十一歳の「ご覚悟」
小池政行
(元外交官で今は日本赤十字看護大学教授。 )

●下記KUON様のブログに関連記事があります。 
主要部分お借りしました。
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/blog-date-20151115.html

・・・・・「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴である」に関して。

「一人の人格を持った人間に、そのようなことができると思いますか」

「国の象徴であり、国民統合の象徴という在り方を、一人の生身の人間が担う。それは非常に難しいことです。

とてつもなく大きな、重い任務を背負っていると言えるかも知れません。とても困難がともない、ほとんどできないのではと思うときもありました。

陛下は、国民統合の象徴に『ならんとする』ないしは、陛下ご自身の行いによって近づこうといている姿を国民の方々にお見せし、理解してもらうことによって、それが結果として『日本国民統合の象徴』になるであろうと思い定めて日々を過ごされているのです。私はそれをお側近くにいることでお支えしたいと思っています。

●皇室のあり方について
こちらの文章は下記ブログからお借りしました
http://umasuke.seesaa.net/article/429447071.html

皇后さまによれば、皇室の在り方は
周リの皇族や
皇位継承者の配偶者が決めるのではなく、
皇位継承者ただ一人が皇位を継承したときに
その時代が要請することを考え、
その役割をはたして行くことで
決まっていくものだ、という。

皇位継承者の役割は皇室の中にあって
抜きんでたものであり
その責任は
極めて重いということなのだろう。

皇后さまからこうしたお言葉を
おうかがいするようになったのは、
2012年4月に両陛下のご葬儀において、
火葬を取り入れることを検討することを
発表されてからだろう。

それ以前は、天皇陛下は皇太子殿下と
秋篠宮殿下を御所に招き、
定期的に話し合いの場を設けておられた。
皇室の在り方についても
お話合いがあったようだったが、
ある時から皇太子に任せるほかないと
お思いになられたようである。

両陛下は「東宮(皇太子同妃両殿下)に
これをしてほしい(引き継いでほしい)」と
臨まれることを自制され、
次の代をなったときには、
皇太子が決めればよいとお考えのようだ。

http://umasuke.up.seesaa.net/image/E38194E8A69AE6829F.jpg
うっかり (埼玉のおばちゃん)
2015-11-24 18:16:33
BB様、大変申し訳ございません。
先程のコメント、kuon様に了解を得ずに貼り付けてしまいました。
kuon様には直ぐにお詫びのコメントを入れさせて頂きましたが…
BB様、kuon様に大変失礼な事をしてしまいました。申し訳ございません。
文藝春秋の記事 (田舎娘)
2015-11-24 18:32:12
私は読んでないので前文はわからないのですが。2015 12号の 美智子様 8八十一歳の覚悟 だと思います。
http://umasuke.seesaa.net/article/429447071.html
資料ありがとうございます (BB)
2015-11-24 19:15:37
皆さまにうかがえば、一発で回答が来るというのに
長年、一人で画像や出展を探しまくってました。
なんという時間の無駄をしたことでしょう。

もっとも、探す過程で面白いの見つけたりもしていましたが。
ローマ法王との会見 (白詰草)
2015-11-24 19:34:11
BB様
皆様

今更ですが、雅子さま大好きのページで、このローマ法王との会見の様子が更に詳しく写真つきで載っていました。
http://masakosamalove.blog.fc2.com/blog-entry-253.html

空港にて、出迎えの祭司?(役名不明)の方にお辞儀しています。

またコメ欄にイタリア在住経験有りのベターニア様から、貴重な事実がありました。公式でない会見だということです。確かにイタリアやフランスは、8月9月はバカンスで国中が浮かれると聞いています。特にイタリアは通常でも日本のようには何でもことが運ばないのんびりな国柄とか。

以下そのまま貼らせていただきます。ごめんなさい、ベターニア様

「ナス子さま
いつも興味深く拝見させていただいています。
今日、初めてコメをと思いましたのは、私はローマに住んでいたことがあり、ちょっと地元の知識というか、感覚を持っていますので、それでお伝えしたいことがあります。

その1993年に両陛下が訪問された時、私は住んでいませんでしたが、両陛下が法王に会見した場所というのが、カステル・ガンドルフォ離宮とあり驚きました。というのは、この離宮はバチカンから遠く離れたローマ郊外にあり、歴代法王が夏を過ごす避暑地にあります。つまり、法王がこの離宮にいるということは、法王がバカンス中であることを意味します。これはイタリア国民なら、誰でも知っている、そのくらいのことです。両陛下が訪れたのは9月初めでしょう。その頃のローマはまだまだ暑く、イタリアの学校は9月中旬まで夏休みですし、この時期に法王が避暑中というのは、ごく普通な過ごし方です。なので、公式訪問ではなく、バカンス中の法王に両陛下が会いに行った、そんな状況であったと思います。日本では、公式訪問とされていたんでしょうか。ちょっと情報操作を感じますね。もしバチカン側に公式訪問の認識があれば、法王は絶対にバチカンに戻って出迎えると思うんです。それに、イタリアはバカンス中は通常の社会機能が半減するくらいのお国柄なので、9月の初めに外国の要人が公式訪問だなんて、珍しいというか、イタリア側からしたら迷惑であったと思いますね。1993年の両陛下のスケジュール、この時期でなければ訪問できない、または無理してでも訪問したい何か事情があったのでは?と想像してしまいます。

それから、美智子様の「ごめんあそばせ」会見。ネットの動画で見たことあります。かなり違和感ありました。」 2015/06/09(11:50) ベターニア
オーストリアハンガリー帝国 (白詰草)
2015-11-24 19:41:02
BB様
また写真動画がございました。

らむ子様
ありがとうございます。ベルギー国王が法王に膝をついてキスをしている写真、スペイン ソフィア王妃が深いカーテシーを法王にしている写真はこれです。

https://juliapgelardi.wordpress.com/2013/02/28/a-look-back-at-pope-benedict-xvis-meetings-with-royalty/

またオーストリアハンガリー帝国のエリザベート皇后
役のロミーシュナイダーが、白いドレスにベール姿で、ベニスにて法王の手にキスをするシーン
3 Sissi Face à son destin (français)
https://www.youtube.com/watch?v=DMBG1U9YBvk

1:42:52辺り、ほぼ最後に近いシーンです。皇后の生母である方も白の特権の姿ですが、これは選ばれたドイツの王女も許されていたと書かれていた良い例だと思ってご参考まで。私も勉強になりました。
普段着でもカーテシー (白詰草)
2015-11-24 19:47:08
BB様

しつこいようでごめんなさい。
フォーマルな場面でのみカーテシーをするのだと思っておりましたら、なんと、ジーンズでもなさるのね!と驚きましたので、その写真をご紹介致します。
既出でしたら重ねて失礼しました。

http://theroyalpost.com/2015/05/16/some-royal-curtsy-etiquette/
うひぁ~ (らむ子)
2015-11-24 19:59:44
BB様降臨されている!!ヒャッホ

どんぐりこ&どんぐり様へのレス。うひゃ藪蛇。
小っ恥ずかしいぃ

今晩、記事アップいただけるとのこと。
目を皿にして楽しみにしてます。
公式か非公式か (まりまり)
2015-11-24 22:43:11
らむ子さま、白詰草さま
画像を紹介していただき有難うございます。
白の特権がどういうものか、画像が記事内にあればより分り易いかと思います。
BB様、記事内への画像の貼り付けをご提案します。

そして、この謁見が公式が非公式かについて、
仮に両陛下、法王様が公的な立場を離れて、プライベートな空間で、一人の記者もカメラマンもおらず、そこでの様子が世間に向けて発信されることもない、そういう状況でお会いになったとすれば、そこでは白服か否かは必ずしも問題にならないかもしれません。
しかし、この謁見では、報道陣が同行し、バチカン職員(聖職者)の出迎えから離宮での会見まで世界に向けて発信されています。その事実をもって、両陛下による法王訪問は公的な性質をおびており、この謁見は公的なものであると考えます。
それゆえ、この場で皇后様が白い服をお召であることには変わらず問題があると思います。
小賢しい輩が「バチカンに行ったわけでなく、避暑地の法王様をちょっと訪ねただけだからドレスコードなんて関係ない」と論点をすり替えたりすることがないようにと思います。
ちなみにエリザベス女王が法王様とおいでになる写真を何種類か見ましたが、ふつうのスーツ姿の場合でも白いスーツは一枚もありませんでした。
マネロンのご褒美 (白詰草)
2015-11-25 09:06:03
BB様
まりまり様
皆様

世界の王室の資産をバチカンが預かって運用しているという話は読んだことがありました。
以下の伏見氏のブログで、マネロンの見返りに白を許可されたのではないかと書かれています。
千容子さんが、裏千家の莫大な脱税を逃れる為に嫁に迎えたが、当主夫人がいびられて早逝した、紀子様堕胎の嘘を茶席で広めた本人、など書かれています。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/2402e2892e9eebb7cddbdcf8f9a12891
法王様。うちの上得意ですので、何分にもここは堪えて… (らむ子)
2015-11-26 12:08:03
白詰草様、興味深い画像をありがとうございました。
映画Sissiのyoutubeも懐かしく拝見しました。最後のサンマルコ広場のシーンは結婚報告に行った時のものだったか。因みにこの映画。明仁皇太子ご成婚記念として、日本では公開されたと聞いております。何やら繋がりますねぇ。



白詰草ご指摘の、伏見様ブログへのリーク情報。
『ミテコさんが真っ白衣装でバケーション中に押しかけても、バチカンが良しとする理由がある』という話ですが…

ローマ法王に衣装ストーカー!の素朴な違和感から、こちらも繋がる繋がる…
この件少し勉強しようと思い、別のサイトで「バチカンのユダ金化」ローマ・カトリック教会が歩んだ経緯を読みました。


バチカンも教皇領からの収益で暮らしている頃は良かった…
イタリア統一で土地を失い、窮乏のどん底に。
そこで、ラテラノ条約でバチカン市国になり、ムッソリーニに貰った金で、金転がしに走って行った。ご丁寧に改宗ユダヤ人に投資管理させて。
2代目のユダヤ人顧問を雇うと、裏でマフィアの麻薬資金洗浄をやっていた輩で、そこに芳ばしい奴らが絡み、それがバチカンの「反共」姿勢と意志を同一にするものだから…NYマフィアとか、コカインNWとか、武器商人とか。
マネロンの利益で反共組織や反共団体を秘密裏に支援。軍事政権による人権抑圧に対し反政府運動が起きれば、軍事政権に武器の購入資金与えることまでして。どんどん闇の世界へ。

日本から見たらいい人認定の、ピオ11世、パウロ6世、ヨハネ・パウロ2世が、結果的にこの方向付けをしてしまっている。


日本でも……
従軍慰安婦慰安婦問題も、カトリック白柳枢機卿が国連をしつこく焚きつけて、クマラスワミ報告書も出た。九条の会賛同呼びかけ。新潟中国領事館敷地売却の媒介会社の株主に白柳氏筆頭に司教が名を連ねる。

ご参考ー匿名党 慰安婦問題の「主犯」は白柳誠一@カトリック教会
ttp://tokumei10.blogspot.jp/2012/08/blog-post_1719.html



ミテコさん。こういうの大好きでしょう。終戦直後の御徒町に出入りしていた人が皇后ですもの。
聖女の振りして、裏で阿婆擦れ稼業みたいな。
闇の中へ、闇の中へ、行ってみたいと思いませんか、ウフッフ~
Unknown (中田)
2015-11-27 07:04:26
美智子様クラスの方だと、

医師を東京か皇居に呼ぶでしょうね。

あえて、地方へということは、

静養、
気分転換、
旅行を兼ねてならば、有りかも?!ですが。

やはり、話は、漏れますからね。。。

医療スタッフ、掃除のバイトや警備員まで
守秘義務の徹底は、本当に難しい。。。
なぜ離宮? (まりまり)
2015-11-28 09:17:51
なぜローマ法王がバチカンでなく離宮で両陛下にお会いになったのか。
バチカンに戻ろうと思えば戻れない距離ではないはず

あえて離宮にとどまられたのはなぜか。
私は、皇后さまが白服で訪ねていらっしゃるのをバチカン側が事前に察知して、最悪の事態を回避したのではないかと思います。
時々、白服でいらっしゃる方もおられるとは思います。
しかしシェリーブレア氏も含めて民間人なので、結論は「本人の勘違い」で済む話です。
まさか「本物」の王族(皇族)が「本気」で勘違いするとは思いもしなかったのではと思います。
認めていない王族が白服でバチカンにやって来て、それに対応してしまったらバチカン側もそしりを受ける可能性が出てくる、ぎりぎりでそれだけは避けたい。
それで、避暑先の離宮で謁見という中途半端なことになったのかな、と思います。
謁見のお写真を拝見すると、法王様の視線がさりげなく逸らされているようにも見えて、何となく困惑されておられたのかなと思います。
うふっふ~ (白詰草)
2015-11-28 23:59:01
BB様
らむ子様
陽水の「夢の中へ」のパロディ、吹きました。
それより陛下が、法王と会ってにっこにこもなんだか。例えば国内の仏教の高僧になら、こんな笑顔はされるかしら?
ぽろぽろ出てくるエピソード。常陸宮様はもっと堅実な方ですよね。勢津子妃、喜久子妃、華子妃の生花や書道などもっと見たいのに、あまり写真を見たことがありません。あふれるほど出ていた見てこさん写真集に比べ、華子妃の写真集は見た記憶もなく。
それから得意げなお皿さんですが、法王は勿論、出自をご存知だったでしょうが、ご本人はばれてるとは思っていなさそうですね。
でれでれ草様の托卵比較写真を見ると、ついに出た!という感じです。でも、知る人ぞ知るだったのでしょうね。
秋篠宮様50歳 会見、テレビで見ました! (ひいろ)
2015-11-30 23:37:12
BB様、スレ違いを承知ですが
少し 呟かせて下さい。

今日の午後、宮様の会見をテレビで見ました。
慎重に慎重に言葉を選ばれる宮様。
でも、難解ではなく…息の合ったお二人を見ることが出来て嬉しかったです。

未就学の子がいる為、少しずつ記事を読み進め、コメント欄を読むので、このタイミングでこちらの欄に書いています。ごめんなさい。

まだ、お言葉全文を一通り読みかえしただけですが、私個人としましては
U+26ABU+FE0E世間でいう皇后のストレスは、陛下の病気の心配から…と、陛下の具合が悪いこと。
また、ミテコさんは 特段 たいしたことないとサラッと流されたこと。
ふわっとした…とか、触れにくそうでしたね。
U+26ABU+FE0E皇族は政治的発言をしないのが基本と言い切って下さったこと。
U+26ABU+FE0E記者とのやり取りの中で、秋篠宮殿下、妃殿下、眞子様、佳子様、それぞれ 国内外での公務の ほんのひとコマでしょうが伝えて下さったこと。
とても嬉しかったです。

朝晩の気温差が、すごいですね。
どうぞ、BB様も皆様も ご自愛下さいませ。
ちゃんと読みましょう (通りすがり)
2016-03-11 16:07:58
特定のカトリックの女王と王女がローマ教皇に謁見する際、白いドレスと白いマンティージャ(ベール)を着用することを許される、というしきたりを指すフランス語。
カトリック以外は適用されませんよ。
エリザベス女王もパステルカラーのお召し物をご着用されてます。
通りすがりさん (朝路)
2016-03-11 17:59:36
何をおしゃりたいのか意味不明です。

あなたこそ、よく読んだらいかがでしょうか?

「通りすがり」というほぼUnknownと同義の無責任使い捨てHNでわざわざ何を書いているのだか?
ちゃんと読みましょう (まりまり)
2016-03-11 18:33:15
英国国教徒のエリザベス女王もカトリックのしきたりに合わせて白を避けてパステルカラーをお召なんですね。

ご自分の言わんとしていることと書かれたコメントが完全に矛盾していますよ。


Unknown (通りすがり)
2016-11-17 17:54:02
なんでそんなに悪意に満ちてるの?
あなたに関係ないじゃん。
あなたがどんなに知識があっても
あなたではつとまらない大役をこなしている女性にたいして、
ずいぶんと傲慢な批評をするんですねー。
性格わるっ。
通りすがりという無責任HNの人 (ひまわり2号)
2016-11-17 18:29:08
皇室の伝統を守るという大役は務めず、

皇室の伝統破壊をなさっているので

批判されています。

性格が悪い?

あなたは、頭がお悪い。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。