BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

日本が普通に好き。 右も左も興味ない是々非々主義です。

資料  皇后陛下、その精神を形作った生い立ちと環境

2015-05-04 | 東宮雅子妃問題

コメント欄に頂いたコメントを、ご本人にご了解を得ての転載です。

かいつまんでも読めるよう、色文字にしました。

BBのコメントは抜きで、そのままの転載です。

以下、転載。

 

皇后、その出自・カトリック・左翼思想・GHQ?           

 

**さんの情報を基に私も調べてみました。
長くなりますが、大事な資料かと思われるので。

雅子さんがまだ少女期の頃から「雅子ちゃんは皇太子妃にする」

と言っていた福田赳夫氏。そんな早い時期から不思議だが、
小和田夫妻は、福田夫妻の「配下」のような関係。
雅子妃の入内自体が仕組まれたもの、ということだろう。

そして、小和田家の家系についてはとかく囁かれているが、
雅子さんの母方、江頭家も、福田家に類することが言われているのは
ご承知のとおり(むろん、この部分の真偽は不明。状況証拠に
近いものがグレーゾーンとしてあるだけ)福田家は客観的事実。



福田赳夫氏出生地 
群馬県群馬郡金古町足門(現在の高崎市足門町) 

*インターネット版部落地名総鑑 - 同和地区で検索のこと

◆同和つながりで見るなら、宮沢喜一。こちらも同和出身で、天安門事件直後の、
天皇皇后を絶対やってはいけない時期に、中国に赴かせて中国の国際信用を取り戻すことに加担。

福田ー宮澤ー皇后(本家のあった東武線「館林」駅の裏手は、エリアだから、事実なのか?)ー皇太子妃(情況証拠による仮説)


◆次に第二の水俣と言われた【昭和電工】つながりで見てみます。



福田赳夫 昭電事件、昭電汚職昭電疑で大蔵省退官(逮捕されたが無罪。しかし何らかのひっかかりは、あったからこその逮捕ではなかろうか?)



三木睦子(三木武夫の妻)

昭和電工の創業者・森矗昶の二女

姉は元昭和電工社長の安西正夫に嫁いでいる

三木睦子の左翼ぶり

著書 『戦争で得たものは憲法だけだ 憲法行脚の思想』

『憲法九条、あしたを変える 小田実の志を受けついで』

9条の会結成時呼びかけメンバー。従軍慰安婦救済の「女性のためのアジア平和国民基金」。

金大中大統領がノーベル平和賞を受賞した際「金正日総書記も一緒に受賞して欲しかった」と発言。北朝鮮から勲章を受ける。

「多くのアジア・太平洋地域の 人々に、耐えがたい苦しみと悲しみをもたらした我国の行為を厳しく反省する」とシンガポールで売国発言した海部俊樹を育てた一人。

自らが国民の付託を受けたわけではないのに、公の場に出しゃばって(おそらく本人は善意の)売国言動は、安倍昭恵と同じ。総理としてそう悪くもない夫の足をそのアタマの悪い言動で足を引っ張ったのも似通う。

◆非差別部落つながりで言えば宮澤喜一。異常なまでの中韓へのおもねり。
天安門事件の後に、絶対やってはならなかった中国への天皇皇后訪問は
宮澤内閣の時。但し、部落説は部落解放運動家小森龍邦によるもので
本人は否定。念のため。

◆皇后陛下の妹、正田(安西)恵美子さんの夫は、安西孝之氏(昭和エンジニアリングの社長)、安西家は、 第二水俣病加害企業である

皇后陛下の祖母きぬさんはカトリック教徒。(その後の一家の葬儀の場を
見ると聖イグナチオ教会にある程度まとまっているので、一家のうち複数が
信徒であった可能性)

恵美子さんもカトリック教徒。


以上のキーワードを基に、以下の資料。


h

ttp://www.yorozubp.com/0806/080621.htm

(抜粋)



この年、衰弱激しいフロジャック神父の身を気遣う見舞客はあとを断たなかった。その中には、軽井沢のテニスコートで天皇皇后両陛下の「初めての出会い」の瞬間を写真におさめたカトリック信徒の田中耕太郎最高裁長官もいた。

 そして、三〇年来にわたってフロジャック神父の事業を援助し続けてきた正田きぬの姿も当然あった。フロジャック神父は、この年皇太子妃になったばかりの正田きぬの孫への心やりと永年の援助に対する感謝の気持ちから、こう語りかけた。

美智子さんも大変だろうね、わたしも天国で祈っているよ、美智子さんによろしくね

 これが何を意味するのかは、木下が一番よく知っている。その翌年一九六〇(昭和三五)年七月二日、朝日新聞社講堂では「フロジャック神父を偲ぶ集い」が行われた。

 この時壇上には、すでに敬虔なカトリック信徒になっていた木下道雄の姿があった。この時の木下の「フロジャック神父を思う」と題する記念講話は、『フロジャック神父の生涯』(五十嵐茂雄、緑地社)におさめられている。その四二五ページから引いておきたい。

 神父には、この時代のことが、余程なつかしいらしく、晩年になって、いろいろな思い出話をうかがいましたが、そのうちで上州館林に於ける活動は、神父の布教生活中の会心の傑作と自分でも思っておられたようです。皇太子殿下御婚約のよきしらせを耳にされたときの神父の心中は、定めしけいけんな祈りと感謝と期待との熱きものがあったのではないかと思います。

 「神父」とは当然フロジャック神父、「この時代」とあるのはフロジャック神父が水戸を拠点に日本伝道を始めた頃を意味する。そして、「会心の傑作」が「皇太子殿下御婚約のよきしらせ」につながっていく。

 フロジャック神父は関東の山野を歩きまわって布教していた。文中にあるように上州館林へ行ったのもこの頃である。上州館林と言えば、美智子皇后の実家があったところ。つまり、上州館林の正田家にカトリックの信仰の種をまいたのもフロジャック神父だった。

 一九二七(昭和二)年、東京関口教会で美智子皇后の祖母である正田きぬはフロジャック神父の手から洗礼を受けて敬虔なカトリック信徒になっていた。このきぬと美智子皇后の祖父・正田貞一郎(日清製粉創業者)、それに叔母・正田郁子の告別式はいずれも 千代田区 麹町の聖イグナチオ教会で営まれた。また、母・登美子も聖路加国際病院で臨終洗礼を受け、妹の安西恵美子も洗礼を受けている(『美智子皇后と雅子妃』福田和也、文藝春秋他参照)。

 弁慶(フ神父のこと)が皇室とカトリックの縁結びを務めていた。明治維新以後、神道界や仏教界にフロジャック神父のような弁慶が存在していたなら、やはり歴史は大きく変わっていただろう。

『フロジャック神父の生涯』のとびら裏にはこんな言葉が飾られている。

 最後の握手皆様によろしくとみ声細く

    仰せありしも悲しき思ひ出

                正田きぬ

・・・・・・・・・・・・


◆カトリック、左翼思想、第二水俣、と糸が絡み合ってますね。朝日新聞まで。

資料として紹介した中には、皇室と神父の交わりが書かれていますが、時代的にマッカーサーが、カトリック、プロテスタントを問わず、キリスト教を日本と皇室洗脳化施策として用いていた時なので、当然GHQからのゴリ押しもあっただろうし、記述からその分を割り引いたほうがいいかもしれません。

とにかく度を逸して、キリスト教の関与が多いのですよ。ということは、
GHQ関与の可能性をやはり考えてしまいます。
当時、マッカーサーが最先端の思想統制に用いようと試みていたのが、
プロテスタント、カトリック問わずキリスト教であったのは、史実に明らか
ですから。

その史実の延長線上に、皇室内外における異様なほどの
キリスト教ひしめきが事実としてあります。偶然を遥かに超える確率で、
まして神道の場に、
となれば明らかに意図した存在があるわけです。
GHQ以外にあるとすれば、CIAの可能性ですね・・・・。

それに、竹山パーティの竹山謙三郎氏(大蔵省)がGHQに公職追放を受けていないことも、GHQ側の人間であったと推察されます。

◆GHQが皇室内にキリスト教を持ち込み、昭和天皇が改宗しようかとまで
思いつめたのは、史実として残っていますが(「天皇の国師」その他)
その天皇に、フロジャック神父は会っています。皇居に出入りを許されていたのです。昭和天皇の個人的希望ではあり得ないでしょう。前後の経緯から
拝して。改宗を思われたのは、「国民を飢えから救うため」と「天皇の国師」他には
記されていますから、マッカーサーからの交換条件が、改宗であったのでしょう。
よく、留まってくださったと思います。もしマッカーサーの恫喝に屈して改宗なさっていたら、皇室は終わりでした。

◆軽井沢の出会いが偶然を装った仕掛けであったことは、宇佐美長官の国会答弁も記録にあり、もう検証され尽くしていますが、上記の資料でも正田家が深く関わったカトリック神父に帰依した田中耕太郎最高裁長官が、現場にいて写真まで写していた、ということは、正田家も承知の仕掛けであったとしても間違いないでしょう。例の「竹山パーティ」の存在があったことは無論で、この竹山パーティに美智子さんが15歳から出入りしていたことも事実です。高学歴エリートの男性と女性の出会いの場である竹山パーティに。

◆「田中耕太郎」といえば、当時の駐日大使、マッカーサー二世と「砂川事件」裁判について談合、その上で判決を出しています。一審判決破棄・差し戻しを示唆していたこと、上告審日程やこの結論方針をアメリカ側に漏らしていたことが、機密解除となって以降、日本及び米国公文書から明らかになっています。残党GHQ勢力の手先でしょう。判決はアメリカからの論功行賞狙いであったとも、言われています。


田中耕太郎には、明らかにGHQが関与しています

むろんGHQ本体は去っているわけですが、その「本質」は日本に埋め込まれて存続していたわけですから。NHKにしろ、海外特派員協会にしろ、日教組にしろ、GHQ代理機関の残滓です。田中は、国際司法裁判所判事を務めたことがありますが、小和田恒もまたそうですが売国つながりの人事か、とふと思ってしまいます。

カトリック背景皇后の入内に昭和天皇の関与があった、ということにショックを受ける人もいるかと思いますが、その当時のGHQがいかに昭和天皇と、皇太子時代の今上陛下とを残酷なまでの脅しで使役していたか、それを考慮すべきでしょう

昭和天皇の誕生日にA級戦犯への死刑判決、今上天皇皇太子時代の誕生日になったとたんの午前0時から、A級戦犯を次々に吊るして行った彼らの凄まじいばかりの、皇室への脅しが急に消えるわけもありません。


福田元総理が絡んだ雅子妃の場合と同じく皇后も、結構長いスパンでの入内への道がある程度敷かれていたかも?

◆カトリックに関しては正田家で未受洗なのは、ひょっとして皇后陛下だけかも? 弟の修氏の嫁、正田(旧姓大原)もカトリックの家の娘で、そのこだわり方から推して。

それに皇后自身も・・・・本当に未受洗かどうか、自己申告ですしね・・・・。
有名なフロジャック神父と個人的に密着していた、皇后の父の母きぬが、
孫を放置していただろうか? とも思います。

少なくとも、祖母の代からのカトリック神父との個人的御縁なので、精神的には相当カトリックの縁は骨絡み深いと見るべきでしょう。入内に際しても、詳述は紙幅の関係で割愛しますが、カトリックの人たちが、非常に深く関わっていたことが残された資料から伺えます。

カトリック=GHQの差金と単純に分類しているわけではないことは、上記
最小限の考察からお解り頂けるかと思います。
皇后陛下の出自にせよ「GHQ関与論」にせよ「陰謀論」と決めつける人々がいます。思考停止するのは楽でしょうが、しかし出自に関しては、正田の本家の住所を調べ、それがどのエリアに当時属していたか調べればいいのです。結論はそれからでしょう。本家があったのは、東武線「館林」駅の裏手で、昔は「目車地区」と呼ばれていました。GHQ関与に関しては、敗戦後のプレスコードから、WGIPまで検証、その流れの中で、事実存在した複数ある事象を時系列で観察、考証すべきことです。偶然の確率を遥かに超えた事象については、明らかに「そう意図した何かの力があった」と見るべきでしょう。

「隠された皇室人脈 憲法九条はクリスチャンがつくったのか!」 (講談社+α新書)には、いかに天皇周辺のキリスト者が、尋常案ならずひしめいているか、が綿密な資料と調査とによって書かれています。
ただ、そのキリスト教が昭和天皇が自発的に求められたものなのか、GHQによる圧力で生されたのかは、意見が別れるところでしょう。私は、聖書の講義を常陸宮殿下になさった美智子さまを、烈火のごとく怒られたという天皇の側面のほうを信じる者です。

 

◆自らの乏しい知識と、狭い硬直した思考で「ないと思う」「あったとは、思えない」・・・だから、なかった、と短絡的な浅い意見というより「感想」ないしは「そうであってほしくない願望」論をしばしば見かけます。

◆GHQの皇室関与と、干渉については複数資料として有効な書籍がありますが、
『日本占領と宗教改革』(岡崎匡史著・学術出版)は、解りやすいでしょう。
GHQによる皇室キリスト教化施策は、天皇陛下とマッカーサの会談直後から
「バイブルクラス」として始まっているので、如実です。

◆なおWiki にあるヨゼフ・フロジャック神父は出身国も来日の時期も重なっているのですが、館林で布教、皇后陛下の祖母との深い接触に関する記述はないようです。
故意に記載されてないのか? あるいは私が何か勘違いしているのでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF

私の勘違いでなければ、なぜ皇后陛下の祖母がらみの記述と神父の活躍した群馬館林時代の記述がないのか、狐につままれたようで不思議です。
「何かの勢力」の意図により、その部分だけごっそり「なかったこと」にされている?

被差別部落出身で大宅壮一賞を受けた上原善広氏が、正田の本家が被差別部落にあったことを指摘、しかし行政はその地区を同和とは認定しなかった、と記述しています。これもまた「なかったこと」にさせられたのでしょうか。

上原氏の記述の信憑性を云々する前に、正田家本家の住所を調べ、昔の非差別エリアでそこがあったのか、なかったのか自らの目で調べるべきでしょう。

Wikiへの未記載は、館林という神父活躍の地名と、正田家のルーツを重ね合わされることが厭だったのか、正田家のルーツがどっぷり、カトリックにあることを知られたくないのか?

 

以上のコメントに対して、次のコメントが寄せられました。

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?code=272500


戦後日本をつくり上げた「意外な2つの勢力」「憲法九条」は「皇室を救い出す」トリック!「天皇の戦争責任回避」と「天皇制存続」実現のための「象徴天皇制」と「戦争放棄」

▼1957(昭和32)年、軽井沢のテニスコートにキューピッドが舞い降りた。その舞台をつくった3人の人物がいる。昭和天皇、カトリックに近い聖公会信徒であり、長く慶応義塾塾長をつとめた小泉信三、そして、死の直後にカトリックの洗礼を受けることになる吉田茂元首相である。小泉も吉田もクリスチャン人脈の中にいた。結論からいうなら、カトリック家系の美智子妃誕生は、昭和天皇の同意のもと、この2人が仕掛けた政略結婚だった。軽井沢での「運命の出会い」はけっして偶然ではなく、この時すでに正田美智子に候補が絞られていたのだ。そのことを知っていたのは昭和天皇と吉田茂と小泉信三。それに、女子学習院の同窓会組織である「常磐会」周辺の一部だけだった。


…………………………………………………………………………………………………
▼ネット上のこの方の他の文章も読むと、スタンスが偏向しているので、まるっと信用はしませんが…
2008年に初版が既に廃版のもよう。amazonに古本がプレミア付であります。

未読で言うのはなんですが…「吉田茂」は美智子さんを嫌っていたという話もあるので、100歩譲って、上から(まぁGHQでしょう)クリスチャン妃を何とかせいという圧力に、しょうがないと手を打ったのかも?

軽井沢テニスコートでの写真を撮った「田中耕太郎」についてwikipediaには、
「1957年8月19日の、皇太子明仁親王(現在の天皇)と正田美智子(現在の皇后)との軽井沢のテニスコートでの出会いは、田中耕太郎が、カトリック人脈である小泉信三、吉田茂らと共に演出したとされており、田中もその出会いの場に立ち会っている。」と、あります。

▼田中氏は「砂川事件」裁判で、米国とご相談の上、ご都合の良い判決を出していますね。(wiki及びニュース記事より)

最高裁判所所長時代に裁判長として「砂川事件」の政府の跳躍上告を受け入れ、合憲(統治行為論を採用)・下級審差し戻しの判決を下した(1959年12月16日)。
が、当時の駐日大使ダグラス・マッカーサー2世と接触し、一審判決破棄・差し戻しを示唆していたこと、上告審日程やこの結論方針をアメリカ側に漏らしていたことが、次々と機密解除となった日本及び米国公文書から明らかになった

▼文化勲章受賞。大勲位菊花大綬章を没後叙勲。
大勲位って、戦後、皇族以外は、よくいうことききました~ってアメリカから貰う物なのね…?

▼〔園田義明 著『隠された皇室人脈―憲法九条はクリスチャンがつくったのか!?』 第1章 皇太子ご成婚と二人のクリスチャン より一部抜粋、要約 P.14-P.40〕
ttp://ameblo.jp/antibizwog/entry-11586549367.html
(頭にh足してください)

さらに一部抜粋して掲載します。

▼小泉も吉田もクリスチャン人脈の中にいた。結論から言うなら、カトリック家系の美智子妃(正田美智子 1934-)誕生は、昭和天皇の同意の下、この2人が仕掛けた政略結婚だった。軽井沢での「運命の出会い」は決して偶然ではなく、この時既に正田美智子に候補が絞られていたのだ。そのことを知っていたのは昭和天皇と吉田 茂と小泉信三。それに、女子学習院の同窓会組織である「常盤(ときわ)会」周辺の一部だけだった。

▼1953(昭和28)年
7月6日 皇太子継宮明仁親王(1933-、今上天皇)、ローマ教皇ピオ12世 Pius PP. XII(Maria Giuseppe Giovanni Eugenio Pacelli 1876-1958、ローマ教皇在位:1939~1958)に謁見
10月4日 吉田 茂、小泉信三宛書簡
1954(昭和29)年
10月20日 吉田 茂、ローマ教皇ピオ12世に謁見
1957(昭和32)年
5月3日 吉田 茂、三谷隆信(1892-1985)侍従長宛書簡
5月12日 吉田 茂、三谷隆信侍従長宛書簡
8月19日 皇太子、美智子軽井沢での「運命の日」
1958(昭和33)年
11月27日 皇太子婚約決定の皇室会議
1959(昭和34)年
4月10日 皇太子結婚の儀

▼昭和天皇の皇太子時代のこの欧州訪問の随行員として、美智子妃誕生の立役者クリスチャントリオ、小泉・三谷・黒木が揃います。さらに、吉田茂は、昭和天皇・今上と2人の皇太子による2つの皇室外交に関わった唯一の人物だったと強調しています。by***~

(中略)
もう一度、先の年表を見ていただきたい。10日に一度くらいの割合で昭和天皇に会っていた吉田 茂が、この皇太子外遊の年に小泉信三(1888-1966)に手紙を書き送っている。吉田と小泉は1942(昭和17)年からの知り合いで、信頼出来る友人同士にして互いのブレーン役を務めていた。小泉は皇太子外遊に部分的に同行し、一足先に帰国していたのだ。

この手紙は1953年10月4日に、吉田によって書かれている。外遊での皇太子の態度が感泣するほど立派だったと書きながら、それも皇太子の教育掛を務めた小泉らの指導のお蔭としている。注目すべきはその次で、皇太子の結婚問題に関する小泉の手紙を松平信子夫人に転送しつつ、熟慮を促したとある。

▼この前年、朝日新聞が1952年7月29日の朝刊に「御意思、十分に尊重 まず北白川、久邇家の順に選考」という四段の囲み記事を掲載し、皇太子妃を巡る報道合戦の口火を切った。ここに「悲劇の宮家」北白川宮家の名前が挙がっていたことを覚えておいてほしい。
(中略)

▼不思議なことに、この吉田の手紙は、天皇皇后両陛下の軽井沢テニスコートでの「初めての出会い」があった1957年8月19日より4年も前に書かれている。つまり、4年前の時点で既に小泉と松平の対立があったことを明確に示している。

▼旧皇族や華族以外からも皇太子妃の候補を挙げるという路線が決まっていたのだろうか。いやむしろ、この手紙が書かれた1953年10月4日の時点で、皇太子妃候補が或る程度絞られていたと考えるべきだろう。
(中略)

▼~1953年といえば、美智子さんは18,9歳。なんで15歳から竹山パーティー?の謎も解ける可能性が。by***~

▼吉田自らがこれだけ慌しく動いているところを見ると、恐らく吉田が北白川宮家を訪問した5月2日前後には、皇太子妃が正田美智子に絞られていたと推測される。そして、この3カ月後に、現在の天皇皇后両陛下は軽井沢で「出会う」ことになる。

▼結局、それは偶然でも運命でもなく、予(あらかじ)め吉田や小泉は、皇太子妃最有力候補として正田美智子に絞り込み、「テニスコートの恋」のシナリオが綿密に描かれていたのだ。新聞各紙の中で『吉田 茂書翰』にある小泉信三宛手紙の不思議に気付いて、内容まで紹介していたのは読売新聞だけである。それ(読売)にしても、軽井沢での「運命の日」以前であることの重要性については何一つ言及していない。
………………………………………………………………


▼華族の素晴らしいお嬢さまが、当て馬として引っ張りまわされるのまで同じですねぇ。

この頃は、まだ国家の為と思っていたのでしょうねぇ。
この明仁皇太子の欧州訪問の随行には、ロックフェラーのエージェントといわれる、山本正の父君も参加。クリスチャン護送船団の一員。

・・・・・・・転載ここまで

正田家の人々 前列右から貞一郎、二女・勅子、母・幸、三女・祐子、五男・篤五郎、妻・きぬ、四男・順四郎、後列右から三男・英三郎、長男・明一郎、義弟・卓治、二男・建次郎

きぬが、最初にヨゼフ・フロジャック神父により洗礼を受け、生涯熱心で活動的なカトリック教徒に。
英三郎は、皇后の父親です。

 

美智子さまの祖母きぬに洗礼を授け、美智子さまの入内を「会心の傑作」と喜び、
美智子さまとも面識があった様子の、ヨゼフ・フロジャック神父。

マッカーサーの「日本キリスト教国化政策」を検証した本です。
「陰謀論」として軽んじられ一蹴されがちなトピックを、膨大な資料を渉猟しつつ、
証明している、とおおむね高評価を受けている本です。
「天皇の国師」にも同様記述あり。

マッカーサーが、神道価値観を壊し、日本国民と皇室の洗脳の道具として(プロテスタント、カトリックを問わず)キリスト教を使ったのは、『日本占領と宗教改革』などの文献の他に、プレスコード、War Guilt Infomation Program(略称 WGIP)などが傍証として、挙げられるでしょう。

 

《皇室とカトリック年表》追加


1945(昭和20)年8月6日 広島に原子爆弾投下
8月9日 長崎に原子爆弾投下

1946(昭和21)年5月22日 第1次吉田内閣発足

1947(昭和22)年1月31日 パウロ・マレラ大司教、昭和天皇に謁見(えっけん

1949(昭和24)年2月 パウロ・マレラ大司教、昭和天皇に謁見
7月30日 駐日ローマ法王庁使節フルステンベルグ Maximilien de Furstenberg(1904-1988)大司教、昭和天皇に謁見

1951(昭和26)年4月16日 ダグラス・マッカーサー Douglas MacArthur(1880-1964)、フリーメーソン帰国

1953(昭和28)年7月6日 皇太子継宮明仁親王(1933-、今上天皇)、ローマ教皇ピオ12世 Pius PP. XII(Maria Giuseppe Giovanni Eugenio Pacelli 1876-1958、ローマ教皇在位:1939~1958)に謁見
10月4日 吉田 茂、小泉信三宛書簡

1954(昭和29)年10月20日 吉田 茂、ローマ教皇ピオ12世に謁見

1957(昭和32)年5月3日 吉田 茂、三谷隆信(1892-1985)侍従長宛書簡
5月12日 吉田 茂、三谷隆信侍従長宛書簡

8月19日 皇太子、美智子軽井沢での「運命の日」

1958(昭和33)年11月27日 皇太子婚約決定の皇室会議

1959(昭和34)年4月10日 皇太子結婚の儀


■皇室二代のバチカン外交

1952(昭和27)年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効から僅か一年、戦後初の皇族の外遊が行われることになる。選ばれた皇族は、当時の皇太子継宮明仁親王(1933-、今上天皇)だった。1953年3月30日の横浜港。出発を前に、米国船プレジデント・ウィルソン号上で、皇太子は国民へのメッセージを発する。

50万人の人波に送られて横浜を出港した皇太子は、ホノルルを経てサンフランシスコに到着、トロントからニューヨークに入り、ここでジョン・D・ロックフェラー3世 John Davison Rockefeller Ⅲや、家庭教師を務めたヴァイニング夫人 Elizabeth Janet Gray Vining(1902-1999)と会っている。そして英国へ出航、以後フランス、スペイン、ドイツなどを歴訪、最後に米国に戻り、この時にフィラデルフィアのヴァイニング邸を訪れて3日間宿泊した。

約6カ月に亘(わた)る外遊で訪れた国は計14カ国。同年10月に帰国する。この14カ国の中にはバチカンも含まれていた。皇太子は7月6日に第260代ローマ教皇ピオ12世 Pius PP. XII(Maria Giuseppe Giovanni Eugenio Pacelli 1876-1958、ローマ教皇在位:1939~1958)に謁見(えっけん)している。三谷隆信(1892-1985)によれば、この時皇太子はピオ12世の自室に招き入れられ、後に第262代ローマ教皇パウロ6世となるジョバンニ・モンティニ Paulus PP. VI(Giovanni Battista Montini 1897-1978、ローマ教皇在位:1963~1978)の部屋にも招かれている

戦後皇室外交の幕開けを担ったのは、現在の天皇陛下が19歳の時だった。この時、首席随員として選ばれたのは三谷隆信、カトリック信徒のヨハネ・パウロ松井 明(1908-1994、原子力委員会委員1971~1976)首相秘書官、吉川重国(きっかわ しげくに 1903-1996)式部官、黒木従達(1917-1984)東宮侍従長、戸田康英(とだ やすひで 1911-1977)東宮侍従、佐藤 久(-)東宮侍医長などであった。この中で三谷と黒木は、新渡戸稲造(にとべ いなぞう 1862-1933)と内村鑑三(1861-1930)に直接、間接に繋(つな)がるクリスチャン人脈に当る。

 

田中耕太郎  天皇皇后の出会いを設定、偶然の出会いを演出した者の一人として、軽井沢に居合わせた。
カトリック教徒。マッカーサー二世を通じ、アメリカにひれ伏していたことが
後に知れる。

この撮影者が田中耕太郎。 
皇后と親しい緒方貞子も写っているのではないか? と指摘する人たちもいます。
緒方貞子もカトリック教徒です。

緒方貞子は、女性天皇擁立の前提ともなりかねない女性宮家創設のため、
皇室典範変更をはかる、「有識者会議」のメンバーでこの時は、女性宮家
OKの結論でした。その後安倍政権に戻り、ない話になったわけですが、
両陛下の「憲法護持」の立ち位置と合わせて、お二人はアンチ自民・アンチ
安倍政権でしょう。(憲法護持を仰るその政治発言自体が、憲法違反ですが)
有識者会議に、女性宮家に賛成であるに決まっていて、しかも皇后陛下と
親しい緒方貞子を入れ込むなども、アンフェアなやり口でしょう。
どなたの采配かは存じませんが・・・・・・。 

・・・・・・・・・・・・・

カトリック対談‥‥‥・?

当記事は転載メインでBB発言は、参考画像に添えただけですが、最後に。

雅子妃のだらしなさと、いかがわしさから目を逸らしたいだけの目的での
皇后陛下批判、皇室解体論者の皇室批判と峻別をお願いします。
それらの人々の相乗りは迷惑です。

根底に日本大事の思いがあり、皇室の必要性を知った上での発言であるかどうか
見極めてくださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (72)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皇后陛下の「工作」 | トップ | 共産党と、韓国人に絶賛され... »
最近の画像もっと見る

72 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (主婦)
2015-05-04 02:01:11
M さんは、

皇居に落とされた爆弾の様。

それも、二千年以上の歴史を
少しずつ、でも、確実に腐食させる。

Mさんが、亡くなるまで、
(意識のある限り、、、)

いや、亡くなっても、もう、腐食は止まらない。

唯一、止めれるのは、秋篠宮両殿下が、
御即位された後。
うろ覚え (みぃ)
2015-05-04 04:18:44
みぃ、小さい頃見たテレビ番組の皇室関係の特集の中で、軽井沢の美智子様と当時の皇太子との出会いは、あらかじめお膳立てされたものであったという解説があったような気がする。


平民の美智子様をお妃候補にと、昭和天皇に薦めたのは、戦後GHQの意向で選ばれ皇室の改革を任された初代宮内庁長官でクリスチャンの田島道治や同じくクリスチャンの入江侍従長だと思います。


昭和天皇は、進んでクリスチャンを入内させるようなお気持ちはなかったと思います。


戦後の『開かれた皇室』の為にと、皇室の存続の道として美智子様を昭和天皇に推したのがGHQの息のかかった田島道治や入江侍従長あたりだったと思います。


Unknown (大福)
2015-05-04 07:46:25
カトリックの美智様を皇室にいれたい人達がいた。
この時もマスコミを上手く使いましたね。

子十年以上前だと思うのですがテレビで輸入小麦の特集をしていました。

輸入小麦の中には、輸送中に虫がわかないようにアメリカ軍がベトナム戦争中撒いた枯葉剤と同じ成分の農薬が含まれていると。

禁止された今も混ぜられていると混ぜているところを映していました。

私の勝手な想像ですが不妊に苦しむ女性が多い原因の一つになったのではと思っています。

美智子様のご実家は小麦。
美智子様の周りには何らかの形で日本を破壊されたい方やそれに縁のある方が集まってきているような。



怒りの沸点をまた超えそうです… (通り吹雪)
2015-05-04 09:09:38
『会心の傑作』、一宣教師ごときがこの傲慢さ。
これを不敬と言わずになんぞやです。
本っ当に毛唐クリスチャンのこういう世界観大っ嫌いです。

日本に仏教がもたらされた時にも崇仏・排仏で争いがありましたが、仏教は同じアジア・モンスーン地域で生まれた多神教であったので神仏習合のような形で混ざり合うことが出来ました。

キリスト教は自然環境の厳しい沙漠で生まれ攻撃的、ヨーロッパで受け入れられるようになると「森には悪魔が住んでいる」とのたまい豊かな森を切り開かせ、ハーブを摘んで民間療法のようなことをしていた女性たちを「魔女だ!」と言って火あぶりの刑に処し、芸術や化学の発達を大いに妨げた黒歴史の権化。同じ一神教でもイスラムは化学が発達して栄えていた頃★イスラムから伝わったフォークにお皿の食事スタイルを伊のメディチ家の姫様がお輿入れで伝えてくれるまで、おフランスでさえ木の板に肉塊のせ、手づかみが普通だったという暗黒の中世★純白のドレスや聖堂の荘厳で多い隠し、勝てば官軍、官軍の後に黒歴史なし、神の名の下に悪事は帳消し★こうして出来上がった西洋人の合理性をお手本にされ、免疫のない日本人を騙し毒するのは赤子の手をひねるより簡単でしたかコンチクショウです。

昭恵夫人が訪米時に皇后リスペクトなのか、ケープのような真赤なドレスを得意げに着こなしてらしたのが似合わず、まだ習近平の奥さんの方が美人でマシと思ってしまいました。
納得 (休日休子)
2015-05-04 09:57:12
テニスコートの恋なんて、チャラいと、子供心に思っていました。できすぎだし、そもそも、平民の出と言いながら、別荘もって、高等教育受けられる財力を持ってる人のどこが平民?て思ったんですよ。全部、作られた筋書きと、子供でも分かりましたよ?
本当の平民と言われる人が、簡単に皇室の人と触れあえるわけないじゃない?作られたものに間違いないわけで。
もう、ここの本当のことは、納得できることばかり。
今日の朝のニュースで、「ごようぼくじょうにせいように行かれる」皇太子一家を見て、また静養?と、あきれます。
役立たずの上に、税金をじゃぶじゃぶ使って贅沢三昧、ろくな子供も産めず、同じく役立たずの子供…明らかに皇室業務をこなせそうもない障害丸出しの子供を療もせず、静養?それも一家揃って?厚かましい。
公然の秘密 (瑞陽@初夏を告げるは先帝祭)
2015-05-04 10:08:06
美智子さんとの出会いがお膳立てされた政略結婚と言う件は、うら若き乙女時代になんかの本で見たことがありますが、その時に思っていた「ああ、やっぱりね」と思っていたことを思い出しました。

同じ公然の秘密でも、計画された恋愛結婚説のある(学習院幼年科時代、お昼ご飯をいつも一緒に頂くメンバー)昭和天皇・香淳皇后と正対感があると思うのは私だけでしょうか。
Unknown (羽)
2015-05-04 10:32:45
とても有益な情報をご紹介頂きありがとうございました。

東宮家に関しては割と議論が交わされる事は増えたものの、やはり皇后陛下に関してはまだまだ真っ向から突っぱねられてしまう事が多いですね。
戦後皇室をいきなり解体よりも中からじわじわとやった方が効くのと国民にも考えさせられるからこの手をとったのかもしれないなと思います。
そのくらい水面下で色々起きていたり繋がっていて恐ろしいですね。

秋篠宮親王殿下、紀子妃殿下が即位されると決まって早く安心したいものです。
(勿論そう決まっても変な動きが無いかは注視しないとですが)
早く平和な日本になってほしいものです。
今は内外に敵が多すぎます。
Unknown (応援してます♪)
2015-05-04 10:55:34
BBさま、みなさま、こんにちは。
別の部ログ記事のコメントからですが、朝日がらみで、気になるコメントがあったので、引用こぴぺさせていただきます。
噂レベルかもしれませんが、朝日新聞とアメリカのことが書かれています。
今回の、BBさまの記事内容にも、朝日のことが出てきて、引っかかるのでこちらに残させていただきます。


h ttp://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5817.html#comment

>知ってる?知らない人多いと思う。
昔、アメリカは将来トップになるであろう朝日新聞の「幹部候補生」達をアメリカのある場所に10人位の単位で毎回呼び、徹底的に洗脳したんだぜ。
「アメリカがいかに進んでいる国か」
「日本がいかに遅れてる国か」
ってね。その中の一人に、この若き日の筑紫哲也もいた。んでTBSで洗脳キャスターにまんまとなったわけよ。
こうやって、テレビは仕組まれてる。日本人をアホ呼ばわり、自虐洗脳するために。そうGHQは「怖かったあの日本が復活しない、二度とアメリカに楯突かないよう」に洗脳プログラムをした。日教組を作り、NHKらマスゴミを使ってね。
未だにこの亡霊だ。団塊世代は憲法も一度も改正できない、在日も放置した。恥を知れ!
2015/05/04(月) 04:04:02 | URL | 名前を書いてください #qx6UTKxA [ 編集 ]
Unknown (応援してます♪)
2015-05-04 11:22:51

BBさま、すいません。
先程のリンク、間違っていました。
こちらが正しい記事のリンク入りです。
お手数かけてすいません。

-----------------

BBさま、みなさま、こんにちは。
別の部ログ記事のコメントからですが、朝日がらみで、気になるコメントがあったので、引用こぴぺさせていただきます。
噂レベルかもしれませんが、朝日新聞とアメリカのことが書かれています。
今回の、BBさまの記事内容にも、朝日のことが出てきて、引っかかるのでこちらに残させていただきます。

h ttp://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5816.html#comment
>知ってる?知らない人多いと思う。
昔、アメリカは将来トップになるであろう朝日新聞の「幹部候補生」達をアメリカのある場所に10人位の単位で毎回呼び、徹底的に洗脳したんだぜ。
「アメリカがいかに進んでいる国か」
「日本がいかに遅れてる国か」
ってね。その中の一人に、この若き日の筑紫哲也もいた。んでTBSで洗脳キャスターにまんまとなったわけよ。
こうやって、テレビは仕組まれてる。日本人をアホ呼ばわり、自虐洗脳するために。そうGHQは「怖かったあの日本が復活しない、二度とアメリカに楯突かないよう」に洗脳プログラムをした。日教組を作り、NHKらマスゴミを使ってね。
未だにこの亡霊だ。団塊世代は憲法も一度も改正できない、在日も放置した。恥を知れ!
2015/05/04(月) 04:04:02 | URL | 名前を書いてください #qx6UTKxA [ 編集 ]

Unknown (ひとみ)
2015-05-04 13:35:22
日清は、コムギ粉だけでなく、

穀物類、、、畜産の餌、つまり畜産業に
も影響が大きいですからね。

私の小さな時は、「粉屋さんの娘さん~」
って、聞かされたけど、
そんな甘いものでは
無いわ。
枯葉剤 (さぽ)
2015-05-04 14:29:41
久々にコメント致します。
BB様の情報収集力には頭が下がります。
いつも貴重で丁寧な記事をありがとうございます。

大福様が、けのコメント欄で小麦に混ぜられる農薬についてご指摘されていらっしゃいました。

実はアメリカは、先の大戦の最終兵器として、枯葉剤を日本全国の稲作地帯に散布する事を考えていたようです。

その様な記事が、過去に阿修羅に掲載されていたかと記憶しております。

同時にアジア人種に対しては、ユーラシア系・インド系・ヨーロッパ系と混血させて文明化するが、日本人は隔離して衰退させる(つまり断種する)と、その記事には記載がありました。

恐ろしい事です。

安倍政権は日米同盟を強固にして行くとの事ですが、果たして何処まで日本国民を守ってくれるのでしょう。

政治家の中には、皇族の方々とは既に縁戚である方々が多いのではないでしょうか。

日本は大変なことになってる、何とかしないと (ぼんじん)
2015-05-04 16:06:12
アメリカ遺伝子組み換え(GMO)の小麦粉・じゃがいも・大豆・菜種・トウモロコシ・てんさい・トマト…、そして食品添加物を使用した加工食品の数々…。米国人と日本人は癌を発症する人が多いそうです。女性の不妊も…。
GMOの種を開発・販売する多国籍企業モンサント社の社員食堂には、GMO食品は出されないそうです。
日清の小麦粉・油はGMOです。遺伝子組み換えでないという表示がありません。天皇家と東宮家は、遺伝子組み換えでないものを食していることでしょう。

ネット工作員は在日とカルト学会員ばかり。天皇皇后・東宮家を非難するコメをみつけると、叩きにきます。なぜ、そんなに躍起になって、天皇皇后・東宮家を擁護するのでしょうか?
明治天皇は、ご生母のお墓を一度もお参りしてないそうです。昭和天皇も他の皇族方も…。これが何を意味するのか…。今上天皇のこれまでの発言からも、そのお心が、お隣の国にあることが分かります。皇后と同じ、似た者ご夫婦。
明治維新から朝鮮人に支配されてしまった日本国…。朝鮮政治家・官僚たちの“日本人愚民化政策”と“在日擁護と優遇政策”…乗っ取りは見事成功したようです。日本人のリーダーは存在しない?
日本人にとって、この日本という国の唯一の希望は、秋篠宮ご一家です。BB様、応援しております。

皇后陛下の出自と、GHQ関与に関しては (美土里)
2015-05-04 16:54:35
むきになって、叩く人たちがいますね。
いずれも、冷静に検証すれば解ることなのに?
Unknown (何某)
2015-05-04 17:39:02
皇太子の即位は純粋に国益にかなうかどうかの視点で、国民の主権で認めるべきだと思います。欧州視察から戻られた若き日の今上陛下に、美智子妃が決定したのも、早く西側諸国に認めてもらうための政略結婚だったのは、国益の為昭和天皇陛下も仕方がないとお考えだったのでしょう。昭和天皇陛下は、キリスト教とはお立場が正反対です。
今は状況が違います。女性天皇なんて問題外、道鏡の例もありますし、まず、皇太子殿下が国益にかなう考えをお持ちで、今その行動をなさっているのでしょうか。
昭和の時代は、色々あったにしろ日本社会は強かったです。失われた20年は、事実平成になってからです。
現皇太子殿下で日本はまた耀くのだろうかと、不安と疑問に思います。
雅子妃が全くつまらない人物だったことは、失礼だから口には出さないが、国民は皆思ってますよ。何も言わず税金を出している国民が優しいので、週刊誌程度で済んでますが。
皇太子ご一家の悶着で、女性天皇の議論とか、国民の負担にならなければいいですがね。
凡と禁中の作法は先ず神事 (西陣織孫娘)
2015-05-04 18:11:52
BB様、皆様、貴重な情報をありがとうございます。

教えて頂いて、また、おへその辺りに熱いものが湧いてきました。
マッカーサー、GHQ、キリスト教、WIGPが日本国を破壊しようと目論んだのは事実のようですね。

ですが、彼らは高慢さ故の大きな大きな見誤りをしたと思います。
それは日本人の精神性だと思うのですが、例えば神道もそうですが、武士道といった「道」精神これは、侍に限らず日本人が古来より受け継いだ精神構造だと思うんです。
お弁当ひとつ作れない、雑巾ひとつ絞れない彼らにとっては理解不能だろうと。

私事で恐縮ですが、古い着物を自分の普段着用にもらって仕立て直すために解いていた時に、表から見たら傷一つない布に見えていたのに裏から接充てが幾つもしてしてあったのです。
このような技術を一般庶民が、当たり前の様に所有していた事に大変驚きました。

何が言いたいかといいますと、欧米人には、理解出来ない、いえ、世界中で最も特殊な人種が日本人なのだろうと思うのです。そこを彼らは見誤った。
ちと、こちらをご覧ください。(長いけどがまんしてちょ)
https://www.youtube.com/watch?v=zfP0qiFMJmY

実は、ころころ人が変わる宮内庁から、技術を守り人材を育て受け継ぐ宮内省に戻す必要があると思うんですよね~。

皇室を守るのは私たち日本国民の権利だと思います。

皇室にはダンマリきめてる人達がいるなら逆にチャンスだと思って、気付かせてもらった私が、わーわー言ったらいいと、何も知らない政治家には教えてあげればいいんじゃないかな~と。BB様の記事をプリントして送るとか。諦めずに続けたら魂を持った日本人なら必ず琴線に触れると思うのです。

天皇は、すめらみことでなければ断じてならないと、私個人は思っています。

だから、BB様、皆様の後に続かせて頂き、蹲まらず、決して諦めずにコツコツしつこくしていきたいと思います。
「君が代」への私の今の気分 (あらら)
2015-05-04 18:45:22
美智子さん、敗戦国の人間でありながら、
見も心も完全に戦勝国の人間だったわけですね。

だから日本国民に供に寄り添う気持ちはさらさらなかったと。
「君が代」を国民に歌われても嫌そうな顔するし。

石原慎太郎を擁護するわけでは全然ありません。
大事なところで残念なことになるのは同意です。
しかしこと「君が代」に関しては、彼の言うように、
出だしを「わがひのもとは」にしたい気分です。
別に国歌としてこの歌詞でも全然問題無しでしょう。

勿論のこと、皇室廃止を目論んで言うのではありません。秋篠宮殿下がご即位なされたら、元に戻して歌います。
だいたい、美智子さんににらまれながら歌いたくない。恐るべき真実を遅まきながら知った国民として、
せめてものささやかな意思表示!
国体を覆し無辜の民を犠牲にした報い。 (伊藤知昭)
2015-05-04 19:31:33
BB様、諸先輩の皆様。

何時も御世話になり、有り難う御座います。

あらゆる状況や資料と証拠が、全てを物語っているようです。
無慈悲な原爆投下と国体の破壊。
それらの経緯を悉く善とした上で、押し付けられた憲法を是とした天皇皇后。
我が国の根幹である内廷皇族を、トリックを駆使して内部からカトリックに背乗りさせ、国民を騙し続けた天皇皇后。
そして、男性の遺伝子を女性系統に変換させる悪巧み。
神道の宮中祭祀を闇に葬り、御英霊を裏切り、反日勢力の総本家である韓国に土下座し、日本を従属させようとする内廷皇族。

ハルノートで日本を挑発して先に手を出させ、騙し討ちの汚名を着せた目論見。
大東亜戦争絡みの戦前戦後の外務省の怪しげな動向と、皇室周辺のキリスト関係者の暗躍。
大正・昭和の人員の送り込みと政略結婚へのハニートラップ。
情報機関の一面を有するカトリックの旧態的な動きがこれ程まで成功するとは、当事者達も思わなかったでしょう。
公職追放や GHQ のコードが洗脳された当時の皇太子を操り、美智子皇后へと繋げました。
かつての GHQ が消滅していても、生真面目に使命を続行させているのは、日本人のサガ?

他の民族だったら、原爆で惨殺され、信心絡みの国体を破壊されたらどうしたでしょうか。
逆の立場なら、米軍は天皇の統帥に帰属し、公用語は英語禁止、国教としてのキリスト教の廃止、憲法は修正条項の追加により日本に従属し、憲法9条・平和憲法最優先にされても、文句は言えないでしょう。

無条件降伏に摩り替えて自虐史観・東京裁判史観で内廷皇族までをも崩壊させたのですから、一般の日本国民が覚醒したら、かっての米国もただでは済まないでしょう。

だからこそ、時間を掛けて弱体化したのです。

日本大事、天皇大事、秋篠宮御一家による宮中祭祀大事。

どうも失礼致しました。
Unknown (サツキ)
2015-05-04 20:14:22
大変興味深く読まさせて頂きました
戦国時代にやってきたルイス・フロイスが当時の日本を事細かく書いて本国に送ってました
彼の翻訳本を読みこんなことまで書かれていると驚いたものです
ブログを読み彼等の使命はその国の諜報活動に在ったことを確信しました
当時から差別民こそ彼らの旨味弱いところから入り込み易いし国を乗っ取るためには利用しやすい集団が日本には居たのです
なぜ日本の歴史で一部の人々 鹿児島と山口の他布施が頭角を現したのか今ならよく分かります
Unknown (ひとみ)
2015-05-04 22:09:05
西陣織孫娘さん、

着物にまつわる素敵な話をありがとうございます。

やっぱり、いいなぁ。
こういう話。

もったいない、もったいないと、
騒ぐだけでなく、さり気なく、綺麗に補修して。

それも、一般の人が、
技術を持っていた。

やっぱり、伝承って、大切ですね。
至誠、天に通ず。 (湘南童子)
2015-05-04 22:20:31
皆々様、ありがとうございます。
頷ける所が大いに在ります。



日本の天命が完うされますように
日本の人々が真理に目覚めますように
日本を司る神々様 ありがとうございます
私も大事なところですべります。 (GG62)
2015-05-04 22:46:47
あらら様
>別に国歌としてこの歌詞でも全然問題無しでしょう。
わたしも君が代に関しては同意です。


バジル・ホール・チェンバレンが、この日本の国歌を英語に翻訳すると、

A thousand years of happy life be thine!
Live on, my Lord, till what are pebbles now,
By age united, to great rocks shall grow,
Whose venerable sides the moss doth line.

そして、それを和訳すると、

汝(なんじ)の治世が幸せな数千年であるように
われらが主よ、治めつづけたまえ、今は小石であるものが
時代を経て、あつまりて大いなる岩となり
神さびたその側面に苔が生(は)える日まで

「君が代」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%9B%E3%81%8C%E4%BB%A3


君が代の「君」については諸説あります。

「君が代のお話」http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1602.html


私はこの「君」が天皇陛下のことではないと思っています。
大雑把ではありますが、自分にとって大切なな人達(日本国民)、そしてこの「日本」のことだと思っています。
ですから「きみがよ」で勿論、不満があるわけではないのですが、
「わがひのもとは」のほうが歌いやすいです。
「き~みがわぁ~よ~おわぁ~」よりはね。
朝日新聞集団訴訟 (桜子)
2015-05-04 22:50:16
BB様、内容の濃い記事をいつもありがとうございます。

ここに訪れるみなさんは既にご存知のサイトだと思いますが、私は、
「余命3年時事日記」というサイトでも、とても勉強させてもらっています。
そのなかで、昨年結成された「朝日新聞を糺す国民会議」が
「朝日新聞に対する集団訴訟」への支援金募集と
「朝日新聞を糾す百万人署名運動」をしているのを知りました。
もちろん、もうご存知の方も多いとは思いますが・・・。

http://www.asahi-tadasukai.jp/

それと、今日の東京新聞は、第一面の上半分いっぱいに
きのう横浜でひらかれた「9条守れ」集会の記事です。
もちろん他のページにも盛りだくさん。
もう、なりふり構わず、というところですか。
大江健三郎氏は演説の途中から「安倍首相」を
「安倍」と呼び捨てだったそうで。

安倍夫人は、本当に不思議な行動ばかりされますよね。
あまりに不思議なので、安倍首相の、韓・中に対するしたたかさや、
自らの手を汚さずに自民党内の反日勢力をあぶり出す手法、
また、あとになって「そういうことだったのか!」と思わず膝を打つほどの
政治戦略を考えたとき、「もしかして、10年以上かかって夫婦が
協力して韓国を油断させる芝居を打ってきたのか?」などと夢想すらしてしまいます。
・・・そうだとしたら主演女優賞ものですね(笑)

追伸・HN「さくら」は、ほかの方が使っていらっしゃるのを知らず失礼いたしました。
今回から「桜子」にいたします。よろしくお願いいたします。
昭恵さんねぇ・・・・ (ひまわり2号)
2015-05-04 23:18:49
単に韓国べったりなら、ガス抜き要員として
安倍さんとのタッグ・・・・と思えなくもないのですが、

CNNの取材で慰安婦に関して間抜けな反応を示したばかりに、安倍さんの米国における発言がレロレロになったり、あろうことか党内人事にまで口を出し、元ヤクザを公認させてみたり、護衛を困惑させる居酒屋を経営、のんだくれてみたり・・・・

自分が付託を受けたのでもないのに、総理夫人の
立場を勘違いした政治発言と行動、安倍さんが
国会をさぼったことをブログで書き散らしたり、
単なる頭の悪いおばさんなんだと思います。
バカな善人? でも迷惑な勘違い善人。

安倍さんの手腕は買いながらも、どこかいががわしさをも感じるのですが(都知事選の舛添応援他)
国益を損ねかねない夫人放置もそのひとつです。
Unknown (あき)
2015-05-05 02:03:35
BBさま、お疲れ様です。
とりとめもなく書き散らすのはご迷惑かとは思いつつ、昭恵夫人がコメントに出ていたのでついつい失礼いたします。

昭恵夫人が美智子さまに重なって仕方がないのですよね。 もちろん、出来の差はありますし、ミーハーで考えなしの迷惑な人という説にも同感なのですが。

森永の創業者の森永太一郎・・・・昭恵夫人の曾祖父も自ら布教するほどの熱狂的なキリスト教徒で、昭恵さんは美智子さんと同じ聖心のご出身。卒業後にお勤めしていたのは電通。。。 皇后陛下の弟の花王と肩を並べる反日企業で、しかもGHQ傘下。

他にも、戦時中および戦後でも、利益をあげ、かつ戦後米国の悪しき影響を大いに受けた企業に森永・日清。。。

美智子さんと昭恵さんとでは時代が異なるけれど、吉田茂元総理など共通する人も多く、こういう反日カトリック女性を皇室は元より、上り詰めそうな政治家の妻にもあてがわねばならない何かが存在するのかしら、なんて。

陰謀論と言われたらそれまでです。
ただ、やたら共通項が多いなあと。。。
あきさま (秋葉)
2015-05-05 02:40:06
なるほど、シンクロですよねえ。
水俣が、雅子美智子妹に共通するように、
陰謀かどうか知るよしもないですが、
因縁因果とは言えると思います。
世俗にヒ素、皇族に窒素。これも因縁。
何か半島臭いのも。
ひとみ様 (西陣織孫娘)
2015-05-05 04:17:49
BB様、おはようございます。この場を私信に使う御無礼をお許し下さい。

ひとみ様、お返事が遅くなってすみません。
ミラクルですよね~日本人。信心深く清潔で、精密機械のように器用で、時には正義や大切なものを守るために身を賭す潔さがあって、ある意味、緊張感があった昔の日本人。

そんな生真面目さが仇となって、今現在の災いがあるとすれば、純朴な昔の日本人を貶めたヤツらをひっぱいてやりたいですおっと、暴力はアカン、アカン
何か…交じってませんか? (ひなげし)
2015-05-05 07:26:06
君が代の話が出たので…。

私は「君が代の君が天皇のことだとして何が悪い?!」と思ってます。
皆さん、まさかこの「君=天皇」は今上陛下のことのみを表すとは思ってないですよね?
君が代の君とは代々の天皇、つまり皇統のことだと思われます。

帝の御代、皇統が永遠に続く限り日本の国は永遠に栄えるということを歌う歌であり、詩的に間接的に「日本の国よ永遠なれ」と言っているわけです。

サヨクのおバカさんたちのように比喩の表現である詩の言葉に噛み付くのはやめましょう。
君が代については↓に昔書きましたので、興味のある方は読んでみてください。

君が代を考える
http://ameblo.jp/kameyamamomo/entry-10446989356.html

それと、昭恵夫人については、私も夫の足をひっぱり日本の国に迷惑をかけるおバカさんだとつくづく思います。
しかし、日本の領土を虎視眈々と狙っている某国の歌手あがりの夫人を持ちだしてそちらのほうが美人に見えたというのは(きっと思わず出た感想なんでしょうけど^_^;)いただけませんね。
私は不愉快に感じました。

GHQの陰謀が明らかになってるわけですが、あの国も日本の皇室を貶めたい無くしたいと願っているわけですから。
連投失礼します (ひなげし)
2015-05-05 07:42:04
今上陛下が皇后陛下に骨抜きにされ、GHQの策略に乗せられ残念なことになっていることには私もがっかりしてます。
だけど、それで今上陛下を貶めていいというのは違うと思うんです。

代々いらっしゃる天皇には昭和天皇のように英明な方もいらっしゃれば、后のお尻に敷かれた方も母后の言いなりだった方も、暴君も、非常に哀れな境遇の方もいらっしゃいます。

でも、それも含めて長い日本の歴史なんです。
皇室の歴史を知れば今上陛下はかなりよい天皇だということがわかります。
そして、我々国民が正しい目を持ち皇室を支えれば、悠仁親王殿下がいらっしゃるのだから、再び英明な天皇を戴くことも可能なのです。

私がその日を迎えるのは難しいとは思いますが(かなり長生きしないとね)
秋篠宮殿下の御代は大丈夫だと思う。
BB様、何回もすみません (ひなげし)
2015-05-05 08:11:47
書き忘れたので…。
「きみがよは」を「わがひのもとは」と変える案は一見良さそうに思えますが、それだと「日本の国は続いてるけど、…あれ? 皇室なしだよ?」ということもありえるんですけど…。

つまり、日本の国が無くなったのに皇室が続いているということはありえないけど、皇室が無くなって日本の国が続いているということは、大変恐ろしいですがあり得るんです。

だからこそ、「わがひのもとは」と歌うのではなく、「きみがよは」と歌うべきなんです。

皆さんは平気ですか?
皇室が無くなった日本が永遠に続くこと。
私は嫌です。
皇室も日本も永遠に続いて欲しいです。

だから私は「きみがよは」と歌います。
トーグー一家 (タメ息コ)
2015-05-05 08:37:10
またまた、せいよーよ。

溜息の出るよーな
あなたたちの お出かけよ
国民は大変よ れんきゅうだから。

いつも、国民の
れんきゅうを ねらってる
ささやかな シアワセの
ジャマをしたいだけ~
ああ、あなたの喜び
国民は心配いよ。
初めてあなたを 見た
いつも バカンス~。

何か、BBさまの様には、うまく出来ま
せんが、こんなカンジを持ちました。
セイヨウかぶれが静養?
お手振りお喋り、いつものこと!
修正写真で、あんなん?
ヒ、ヒンも何もあったもんじゃない!
キャサリン妃の長髪、真似しても
髪質も違うし、どうせなら体形真似したら? ドスコイ一家。
もしも? (white snow)
2015-05-05 12:59:55
あらゆる憶測を考えてみると、
もし、皇室自体が現在のかたちの
皇室を無くする
方向性で動いていたら?
皇統を失くすのは、無理ですから、
京都御所に戻って、政治からは、
一切、離れての存在になる。
日本国の皇紀2700年にも及ぶ
天皇家として、祭祀と、世界の王族
、元首との公務はされる。 と。
京都では、準備をされているとの
噂もあるそうです。
(とすると、祭祀が出来ない方は無用に
なってしまいますが)

政治経済を見ていると、連邦が出来る
様で、もう一国一国云々では、何も
出来ない状態です。金融経済も保険
食糧も、軍事も全てです。
とすると、日本の皇室も世界の王族との
結婚も有りかな?と思ってしまいますが。いえいえ、私自身は古い考えなので
モロ、賛成はしかねるのですが。
世界を見た時、大きなものが動く様に
感じます。例えば、悠仁親王殿下と
シャーロット王女のご結婚とか?
考え過ぎでしょうネ(笑)
Unknown (GG62)
2015-05-05 13:05:09
>私はこの「君」が天皇陛下のことではないと思っています。

先のコメントで間違えてましたね。あちらこちらで変なこと書いてます。
時々、精神が疲れ切っているときに読み直すこともなく投稿してしまうことがあるので、失礼しました。

「君が代」は皇統が未来永劫続くことを願って歌うものだと思っています。
私が思うこの国は勿論、皇統の続く日本のことです。
女性天皇などとんでもない。愛子ちゃんが天皇なんて絶対お断りです。

たまに、ちょっと気楽な気持ちで「君が代」を自分の大切な家族のことを思いながら歌うこともある。ということです。
私も「きみがよは」と歌うことに抵抗も不満もありません。
Unknown (通り吹雪)
2015-05-05 17:44:31
>ひなげし様

昭恵夫人との比較に習近平夫人を持ち出しご不快になられたとありましたので、軽率なコメントでお目汚しし申し訳ありませんでした。

鼻息荒いまま「まだマシ」程度に書いた一言で深い意味はありませんでしたし、習近平夫人礼賛ではもちろんありません。

ただ、親のお蔭で家柄が良い・夫のお蔭でファーストレディー、で、あなた自身の能力なんて何かあるの?しゃしゃり出て来ないでよと思われるような勘違い夫人よりは、したたかに自力で成り上がってきた女性の方が、まだ国益や立場に適う夫人外交を弁えていそうですし、セルフプロデュースも分かっている。昭恵夫人は自己顕示欲が頓珍漢な方に走ってるようにしか見えないので、ただ顔の美醜というだけでなく…歌手の出でも一国にとってはああいうタイプの方が「まだマシ」かと、そう思わせる昭恵夫人て何なのくらいの意味でありました。

言い訳がましく長々と駄文をまた、ご容赦下さいませ。
日本を思う御尽力、有り難う御座います。 (伊藤知昭)
2015-05-05 18:56:04
BB様、諸先輩の皆様。

「保守速報」様のサイトで勉強していました。
普段はロム専で表面をなぞるだけだったのですが、東宮一家の記事が目を引きました。
ネットの住人であっても、雅子妃はともかく美智子皇后の闇に気が付いていない日本人が多い現実。
そして、平和憲法・憲法9条・A級戦犯を目にしたら、自称保守なら背後に疑問を持って当たり前ですから、驚きました。
天皇皇后の言動に違和感を持たない保守の人々は、まさに思考停止で、ヤフオク絡みの雅子妃と美智子皇后の繋がりに疑問を持たないですし、東宮の即位や愛子天皇の危険にも読みが回ってないです。
是々非々ですが、安倍総理大臣の方が本来の日本人の立場なのに、天皇皇后が真逆の謀反で国賊なのが理解出来ない保守の多さ。

日頃、BB様がどれだけ苦渋を味わっておられるか、頭の固い保守からの攻撃に閉口しておられるか。
天照皇大神は見ておられます。
どうか御自愛を御願い致します。
証拠が歴然としているのに (夕映え)
2015-05-05 22:43:19
皇后の出自と、キリスト教徒経由GHQ関与は
必死に否定する人たちがいます。

美智子さんの本家筋、正田醤油株式会社は、群馬県館林市栄町。 正田家の祖先が仕えた新田家のあった場所は部落です。(部落問題・人権事典ー群馬県のサイト)
美智子さんの入内以来、伏せられていますが、そのエリアには被差別部落民の信仰対象であった、白山神社もあります。

現在では東武線「館林」駅の裏手、白山神社のある界隈。

GHQ関与は、まずマッカーサーがどれほど、熾烈にキリスト教(プロテスタントカトリック問わず)を、皇居と日本とに、弱体化施策として用いたかを知らねばなりません。それを心得た上で、美智子さんと今上の出会いを偶然を装っていかなる勢力が仕組み、妃候補とし、入内に至らしめたかを逐一調べれば、出自ほどの明確性はないものの、入内にあたって動いた勢力が、GHQである可能性が極めて高いという事実に気づくでしょう。


美智子さんが15歳から婚活をやっていた場である、竹山パーティの竹山謙三郎氏がGHQによる公職追放を免れていた人物である、すなわちGHQ側の人間であるということ。軽井沢の出会いを演出した田中耕太郎が、マッカーサー二世(つまりGHQ側勢力)と、密約を交わしていた相手であることからも、極めて信憑性の高い推論であることが解るでしょう。
竹山、田中に関することは残された資料で客観的に検証可能です。
マッカーサーがどれほど、皇室にバイブルクラスなど開かせ、キリスト教を持ち込み洗脳しようとしたかも。
伊藤知昭様 (瑞陽)
2015-05-05 23:21:16
保守速報様のコメント欄を拝見しましたが……まさに思考停止の見本市会場でした。パラオ行幸の件にしても「あきつしま」徴用の件までマンセーの嵐。
頭が痛くなるを通り越して本気で由々しい事態です。

他保守系ブログ「美しい国への旅立ち」様で廃太子論のリスクを提示しつつも、東宮即位後は東宮に小事(天皇の署名捺印・直接立会いが不可欠な事務的国内事項)のみ司らせ、秋篠宮殿下に大事(外交・儀式・神事)を任せるべきという提案(事実上の摂政皇太子)と、食欲妃・オワ家不要ないし締め出し論をはっきりと提示されているのが唯一の救いかもと。

年の功を経た古女狐の美智子さん単体でも厄介な相手ですが、眷属どもも彼女に劣らぬ狡知に長けた海千山千が揃っていますから、良くも悪くも純粋な部分の強い傾向のある保守の人々こそむしろ騙されやすいのではないかと思っています。

>是々非々ですが、安倍総理大臣の方が本来の日本人の立場なのに、天皇皇后が真逆の謀反で国賊
広義の保守カテゴリーに属する人々も含むすべての人間に、その「踏み絵」を示される時が遠からず来ると思います。
言い換えれば
「日本の国体か、「今上」天皇・皇后個人のいずれに忠誠を誓うか」。
スレチですが、反日情報 (ももりんご)
2015-05-06 01:44:04
◆在日の戸籍乗っ取り(背乗り)に注意 

http://www.news-us.jp/article/418442972.html 



◆【反日タレント】 安室奈美恵が天皇陛下の御前で「君が代」を拒否!!!!! 韓国「良心的な歌手、好感が持てる」 訪韓中の安室奈美恵、韓国で英雄待遇

http://asianews2ch.jp/archives/44607851.html?1430844085#errors


さすが反日土人の沖縄出身やね。
GHQの仕込み要員、皇后の素顔が知れ渡るまで (虹)
2015-05-06 02:19:16
>まさに思考停止の見本市会場でした。パラオ行幸の件にしても「あきつしま」徴用の件までマンセーの嵐。
頭が痛くなるを通り越して本気で由々しい事態です。


本当に彼らの頭の悪さに仰天します。

しかし思えば、東宮夫婦に関することも、つい1年ほど前までは、無理解の極みで彼らは「不敬」を合言葉に、思考停止。

それが、多くが東宮夫妻のどうしようもなさを知るところとなりました。その積極的反日性まではなかなか、悟りませんが時間の問題でしょう。


両陛下とりわけ皇后陛下の悪辣さぶりも、あと2,3年あれば、だいぶ知れ渡ると思います。
ただ、東宮の時と同じく、相当根気のいい草の根拡散が必要でしょうね。
昭和天皇のスタンス~キリスト教へ接近すれども戦略的 (らむ子)
2015-05-06 10:19:28
BB様、皆様こんにちは。長コメで申し訳ないのですが…

園田義明氏は、論説を辿っていく程に、カトリック・マンセ~→左翼→自覚なき反日へとジワジワ流れていくので…
当初「スタンスが偏向している。」と、申したとおり。恰も昭和天皇がカトリック妃の誕生を好意的且つ積極的に望んだような論述には、バイアスが掛かっていると思います。

美智子皇后にも窺えるこのパターン。日本のカトリック界にみられる反日への思考の流れについて、眠り猫様が別記事コメントでご紹介くださった論説が、詳しく解説しております。

日本カトリック教団の『戦争の反省』の欺瞞<精神の退廃としての偽善の見事な典型>酒井信彦(東京大学教授)月曜評論1281号 平成8年5月15日
http://www.shukenkaifuku.com/past/ronbun/ronnbunn8_5_15.htm
まるっきり美智子さん…なんです。

一方、BB様が記事末にご紹介くださった「日本占領と宗教改革」は、より客観性を旨として書かれているようで、大変期待できるものですが。残念なのが高額で(\6,425.-)研究者向けの専門書としての出版のようです。

岡崎氏の大平正芳記念賞特別賞受賞の言葉から
「ダグラス・マッカーサー元帥は、敗戦日本をキリスト教国にすることを夢みました。日本の大黒柱である天皇がキリスト教に帰依すれば、日本の「精神革命」が実行できる、と読んだのです。しかし、この目論みは失敗に終わります。拙著は、マッカーサー元帥の日本キリスト教化政策の解明を試みたものです。」
http://www.ohira.or.jp/2013/2013-okazaki.html

何とか内容をチラ見できないかと検索したら…

著者:岡崎匡史氏が、なんと…創価大学で開催されている(筆頭が創大教授のため?呼び出して"かわいがり"ですか?)「連合国のアジア戦後処理に関する宗教学的研究:海外アーカイヴ調査による再検討」という研究会にゲストとして招かれた際の著書への質疑応答が見つかりました。
(hを足してください)
ttp://scholars-net.com/ocpd-jpn/archives/88

一部抜粋しますと…

Q「中野氏の研究に依拠したとの話がありましたが、どのような点に影響を受けたのでしょうか」
岡崎氏「特に神道指令がキリスト教の日本での発展に歯止めをかけたという論点に大きな啓発をうけた」
Q「昭和天皇を中心とした皇室のキリスト教へのスタンスはどのようなものであったのか」
岡崎氏「キリスト教への接近がみられるが、戦略的なものであった」
(中略)
Q「岡崎先生ご自身のポジショニングの問題をどう考えるか」
岡崎氏「あらゆる対象に対し平等に論を展開しようと意識した」

昭和天皇のスタンスは『キリスト教への接近がみられるが、戦略的なものであった』
これが大事です。「天皇の国師」に描かれている事が実際のところなのでしょう。

"神道指令"と"信教の自由"によって、かえって日本がキリスト教に塗り替えられることから逃れられた…という事でしょうか。GHQが作成した法制が神道を護ってしまったミラクル!さすが神国日本。昭和天皇の捨身の祈りの賜物。…ここまでは。

日本の生き残り上、カトリック妃を受け入れた昭和天皇の苦渋の"親の心"を当に子知らず。まんまと丸め込まれ、先帝が峻拒された雅子妃まで迎えてしまいました。
戦後の妃探しの頃は、関係者も日本の国の復興を願ってのことだったでしょう。しかし、次第に敗戦利得、反日利得に動かされる輩へと、代を下って変容したり入れ替わったり…それらにヒルのように貼りつかれて奸計に奸計を重ねられ、加勢された美智子妃の巧みな支配に抗いきれなかったのでは。
かつてコミンテルンの謀略にまんまと絡め取られ、軍部はバランスと客観性を失い、先帝の渾身の説得も届かず戦争阻止できなかったように…

「満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び…」
私は、その歴史から、この相似形を学びました。
女帝・美智子さん (昭和の人)
2015-05-06 10:21:06
お邪魔します。

気になっていろいろな記事をネットで読んでみたのですが、女帝・美智子さんて、若い頃から病的な精神の持ち主のようですね。
齢80歳を過ぎた現在の奇抜な服装も、その一端の表れでしょうか?

特に興味を惹かれたのは、1961年から1963年まで直木賞作家によって書かれた「美智子さま」という小説があったという事実を知ったことです。あまりに古い雑誌なので、現在はコピーが入手出来無いそうですが、その小説は平凡出版(現マガジンハウス)の月刊雑誌「平凡」に掲載され、女帝本人がリークしたとしか考えられない「初夜の儀式」まで書かれていたそうです。

この小説の何月号だかは皇室内で問題となり、秩父宮妃、高松宮妃の怒りをかった為、女帝入内を演出した小泉信三、田島道治、吉田茂のカトリック・トリオで事後策を検討した後、宮内庁の要望で1963年4月号をもって掲載差し止めになったそうです。このあたりの事を書いたメモは田島日記に見て取れるらしいです。

尚、この小説掲載差し止め直後にも、今度は週刊新潮に、女帝怒りの反撃を意図した記事が女帝からリークされたそうですが、またまた当時の皇室の怒りを買ったそうです。良い悪いは個々に委ねるとしても、やっぱり、女帝は常人ではないですよね。

あと、自分は当時全く知らなかったのですが、平成の初期に女帝の事を悪く書いた記事に怒った輩が、週刊文春社長宅銃撃事件というのを起こしてニュースになったそうですが、普段はご自分の気に入らない週刊誌記事には、すぐに出版社に抗議する女帝が、ダンマリを決め込んでいたそうです。変ですね...。この事件後、文春は女帝御用記事を書くようになり、この流れで女体盗撮記者の雅子さんアゲ記事と続いて行くそうです。

以前からそうですが、平成の世に皇后になってからは特に、女帝は自分の都合・意向で皇室を精神的に支配しようとしているのがミエミエですね。例えば、「東宮をナイガシロにしないように」と言って親王のいらっしゃる秋篠宮家を牽制したり、若くて健康な宮様ご夫婦に産児制限を強いたり、結婚前の紀宮様を自分より目立たない様に超ジミに見せたり、愛子さんの障害を隠すように持っていったり等々ですが、逆らうと後が怖いんでしょうね。なんといっても女帝ですから...。

政治的な発言も、自分が目立つためで意識してやっているのでしょうね。目立つのが大好きですから。
しかいしかいし(仕返し開始)! (せん)
2015-05-06 10:40:12
某掲示板にて、このところ貼り付け回られている怪文書もどき…
「真子さま、佳子さまの男性問題!」
何でも、ダンスがらみで一人の男性を奪い合い、「竿姉妹だ」そうで(下盆ですが原文ママ)
故に学習院にお留まりになれなかった…だとか、笑いが込み上げてくる様なデマを撒き散らす輩共がわいております。

アレが言う所の「しかいし」なのでしょう。
この所の佳子さまの人気にアレラが発狂、煎餅団体のカキコ部隊が全国一斉バラ撒き…
紀子さまを貶めた時とまるで一緒ですね。

紀子さまの時と同じくして、煎餅団体の口コミ作戦も同時進行中で
我が家の姑も市民講座の集まりで耳にして来ました。
田舎の噂・下ネタ好きの婆さん達が嬉々として食い付いてるのには閉口します…
連休明けの老人クラブで知ったかぶりで嬉しそうに話す下卑た姑の顔が浮かびますわ。
勿論、訂正&真実は真逆で有ると言って聞かせましたが、スキャンダラスなネタのインパクトに負けてます。

せめて目が明けた者は、真実の種蒔きのピッチを上げねばならないようです。
また読み専に戻ります。余りにもあからさまな遣り口に憤ってしまいました。
伊藤知昭様 (タラ)
2015-05-06 12:38:26
保守速の皇室絡みの記事にはがっかりさせられることがしばしばです。
今回の東宮ご静養記事でも皇太子一家マンセーコメがかなりありましたね。ただ気付いて廃太子廃妃を望むコメントが出てきたのも事実。根気よく広めていくことが大事ですね。
保守速の管理人さんにヤフオクの記事を載せていただけるようメールを送ってみたこともありましたが反応なしでした。

当方群馬在住です。福田赳夫出身地の隣町に住んでいました。
何と言うか、同郷からこんな売国奴が出たというのは気持ちが悪いです。
美智子妃にしてもそうです。これが素晴らしい皇后なら大変嬉しいのですがね。
Unknown (あき)
2015-05-06 13:12:40
既出の内容が多いうえ、キリスト教やGHQには触れずの通り一遍の表面上の記事ではあるので、これも まるっと信用はしないのですが史実として参照できる部分も含まれていますので ご紹介いたします。(先のBBさまの記事に一部含まれています) 

出てくる登場人物をBBさまの本文やその他資料より見出しつつ読むと、関わった人物の偏向ぶりに何らかの意図を感じずには いられません。 特に、陛下が11歳の時から扶育官としてずっと傍に仕えたというキーマンの黒木従達(新渡戸と内村に直接繋がるクリスチャン人脈で随行もしていたという人)。

h
ttp://www.hone-kenko.org/sansuikai/sansui_32.html


扶育官に二代クリスチャンというのが偶然とは思えません。 しかも、陛下より17歳年上という黒木氏を調べようとしたら死因ばっかり出てきて辟易してしまうんですけれども。。。。。。orz


◆秋葉さま

>世俗にヒ素、皇族に窒素。これも因縁。
  何か半島臭いのも。

本当にそれです。因果因縁。

こちらの文章に出てくる天皇のご学友の織田和雄氏なる人のお父上(オリンピック金メダリストの織田幹夫氏)
が戦前にマッカーサーにお会いになっていたり、朝日新聞というのも因縁かしら。。。。

(日本人初の金メダリストなる織田氏を貶める意図ではございません、念のため)。


追記 (あき)
2015-05-06 14:09:16
度々申し訳ありません。

先の文中に、美智子さんが皇太子(当時)とテニスをしたのを、慌ててカメラを借りてお母堂が撮影したって言うのが出てきますが、事実ならはわ 冨美さんの行動にビックリですが、
それを同窓会に持って行って
「皇太子さんを負かしちゃったわ」
と自慢する美智子さんも 母娘して 品のないことこの上なし、です。
Unknown (天誅子)
2015-05-06 19:49:20
またまたご静養の報道に対するYahooニュースのコメントの90%が東宮家への批判で埋め尽くされています。この国民の声の大きさを無視する天皇夫妻、宮内庁の一部、マスコミは国民を一体なんと考えているのか。。どこまでも無視するつもりなのでしょうか。
創価学会は欧米の悪魔集団と呼ばれるイルミナティと同じように、その国の民族意識、国家主義を破壊する組織だと書かれています。もちろん信者が悪いわけではなく組織や信者を操ってる首謀者によって日本が根幹から破壊され、乗っ取られようとしている。。小和田はその影の首謀者の手先なのでは?と考えると今の状況も分かりやすくなります。
日本国家の精神性を守る為に、一刻も早く創価学会の一員のような東宮夫妻に退任を求めなければ!!
皇室の最後の砦である秋篠宮家が天皇家にならなければ、もう天皇制は全く存在意味がなくなるのです。
思い切って書きました!天皇皇后の自虐史観ブログ更新しました。 (ブルーフォックス@平成の「主上御謀反」)
2015-05-06 22:58:54
管理人様
私も思い切ってブログのほうに書きました。
この5連休
どなた様かのコメントにあった「主上御謀反」の言葉を拝借しました。

>戦慄!天皇陛下、皇太子殿下の憲法発言、皇后陛下のA級戦犯発言・・・有本明弘さんの訴えを無視されるのか?平成の「主上御謀反」に保守派はどうするつもりか?

のタイトルで。
皆様も拙ブログご覧ください。
リンクは管理人様が左にはってくださってます、
ブルーフォックスさま (BB)
2015-05-06 23:34:48
よく踏み切られましたね。

拙ブログも、東宮批判を始めた当座は風当たりが強くて、これに両陛下批判を加えたら、いよいよ聞く耳持ってもらえないということで、ひたすら東宮批判に徹して来たわけですが、東宮夫妻のことは、ようやく世間にも知れ渡りそろそろ潮時か・・・・と、シフト・チェンジしたわけですが、急激すぎて戸惑っている人たちもいるかもしれません。
コメ欄では、真綿にくるむような書き方で、小出しに書いてきてはいるのですが・・・。
少数の人たちは気づいてくださってるようです。

おそらく東宮夫妻への批判と同じく、最初は風圧が激しいでしょうが、後2,3年もしたら、ある程度「常識」となって世の中に出回ると思われます。行き渡ったら、その時はまた逆に皇室をかばうほうへ、シフト・チェンジだと思ってますが・・・。
批判も度が過ぎると、皇室廃止論に悪用されるので、塩梅が難しくて・・・・。
でも今この時期には、ガンガン突っ込んで良いと思います。ショック療法時期ってことで・・・

皇后入内へのGHQ関与はまだまだ突拍子もなく受け取られるかもしれませんが、読者さんたちが調べてくださったことに加え、あれこれ資料をあたると、ほぼ確実だと思われます。
皇后ご自身がそれを自覚なさっているとは思わないのですが、当時のあれこれを積み重ね検証すると、なるべくしてこうなった、ということだと思います。

末筆ですが健闘をお祈りします。

買いたくても、買えない、買わない…。 (エマ)
2015-05-07 00:01:50
先日書店で、ぼーっとしていたら、
視界の端に、神々しきご一家のお写真が~キラキラと見えまして~
まぁ~!、なんと~、秋篠宮ご一家の≪特集号≫ではあ~りませんか~(しかも平積み~!)
手に取って、ページをパラパラとめくり、即購入しなくてはと思ったのも束の間・・・、
表紙の「ある文字」に気づきまして、“泣く泣く”棚に戻すことに・・・・。(買うのをあきらめました)
なぜって~、微々たるものでも、自分のお金が、
≪○○新聞出版≫に入るなんて~絶対いやだもの~
ん~ん、ぐ・ぐやじいぃ~~
よその出版社様、どうかよろしくお願いいたします…。

日本の人気スケーターで稼いだお金を、某国のスケーターヨイショ費用に回した?みたいな、どっかの組織&マスゴミさんの≪活動≫を思い出してしまいました…。
訂正させていただきます (らむ子)
2015-05-07 07:36:13
BB様、皆様。訂正させていただきます。気付くのが遅く誠に申し訳ありません。

>この明仁皇太子の欧州訪問の随行には、ロックフェラーのエージェントと思しき、山本正の父君も参加。クリスチャン護送船団の一員。

明仁皇太子×
昭和天皇の皇太子時代◯

ちなみに奇しくも共に19歳の時に欧州訪問し、バチカンにて当時の法王に会っているとの事です。
これはビックリ… (雪勇気)
2015-05-07 08:56:16
BB さま、おはようございます。わかりやすくまとめてくださり、ありがとうございます。
こうも周りがキリスト教徒ばかりでは、神道・御皇室の伝統を継承は困難だったと想像できます。しかも、富美さんの言動に至ってはキリスト教云々より、過激な思想に危険すら感じました。婚姻が闘争、御皇室があちらさま…侮蔑や敵意すら感じます。敗戦後大変な状態の日本だったとは言え、このような考えが主流だとは思えません。GHQ が赤や朝鮮人を放ったと言われていますが、御皇室も例外ではなかったようです…。戦後の混乱の中、御皇室を存続させるためこのようなことになったとは思いますが、その勢力と内廷皇族とは今どのような関係にあるのか、どちらが主体的なのか。二代続く疑惑の入台には、どのような繋がりがあるのか、ないのか。などなど、たくさん疑問がわいてきました。
今後もBB さまの記事とコメントで、学ばせて頂きたいと思います。BB さま皆様、どうぞご自愛くださいませ。
Unknown (ひなげし)
2015-05-07 14:47:05
>通り吹雪様
お返事ありがとうございます。

昭恵夫人については、私も安部総理がお気の毒だと思っているので(あくまでも首相夫人としてです。ご夫婦としては仲良しなんでしょう)、お気持ちはわかります。
ただし、例をあげるのに習近平夫人はまずいかと。
以前皇太子殿下がこの夫人が芸術総監督を務めるオペラを学習院のホールで観られたなどという不穏なエピソードもあります。

>GG62様

>>私も「きみがよは」と歌うことに抵抗も不満もありません。

安心しました。というか、君が代の歌詞についてもう一度考察することができましたので、GG62様のコメントに感謝しています。

ただし、両陛下への疑問、批判という微妙な問題には必ず敵方も巧妙に混じってくると思われるので、お互いに気をつけましょう。
コメ欄に書いたことで、BB様に迷惑がかかっても困りますし。
ふざけすぎてしまいました (GG62)
2015-05-07 16:53:17
ひなげし様
煩わしい思いをさせてしまいました。申し訳ありません。

私も皇后陛下に関しては思うことはあるのですが、
いまは控えております。
BBさんをはじめとして私もここ2,3年のうちに、
様々なことが出来するのではないかと思えてなりません。
もちろん好転することを信じています。
日本の神様すごいですから。
はじめまして (ひげ坊主)
2015-05-08 16:38:58
初めてコメントさせていただきます。
もし場違いであれば、ご容赦ください。
BB様のおかげで、最近になって皇室問題に目を開かされた新参者です。
これまでは、天皇陛下はじめ皇室のことなど、日本の政治、経済などに直接関係の無い「飾り物」と思い、深く考えることなどありませんでした。
まさか、このような危機的状況にあったとは・・・。
皇室と、それを取り巻く状況、歴史的経緯、それらを深く知ることは、真に日本を、世界を知ることに繋がると、遅まきながら気付いた次第です。
たまたまBB様の「ズラ皇太子とアホ女」に関する軽妙な記事に最初に出会い、100パーセント興味本位、面白半分で読み進めるうちに、「こりゃ、えらいことだ」と急に焦燥の念に駆られる軽薄さです。
OSS、CIA、GHQ、WGIP、キリスト教、創価学会、半島、大陸、在日、B落、犯罪企業。そして皇后。
さかのぼれば、明治維新から日露戦争の頃までに培われた黄禍論、共産主義に名を借りたソ連=ロシアの野望、アメリカの産軍複合体なども要素としては絡んでくるでしょう。
日本が、日本であり続けるために。
時間がありません。
まずは、廃太子廃妃を。
今のうちに。
今後とも、ご教授くださいませ。
ありがとうございました。
ひげ坊主さま (BB)
2015-05-08 17:51:11


>日本の政治、経済などに直接関係の無い「飾り物」

いえいえ。外交では、世界のトップクラスのグレードだし、政治利用も盛んです。天安門後の中国訪問とか。

平和憲法、九条大事のスポークスマンもなさってますしね・・・。「日本が悪かった」と言外に、自虐史観のすり込み要員でもあります。



それに最近、国民は天皇陛下が内閣の反対まで押し切って、事を起こすことが出来ることを知ってしまいました。
パラオ行きですね。反対をねじ伏せるどころか、最大の巡視艇を大改造させ、バリアフリー、手術室完備の宿にしてしまいました。たった一泊のために。


パラオ以降、もう一つの激戦地ニューギニアで
地震が頻発しているのは偶然でしょうか。
両陛下はこちらにはいらっしゃらないでしょう。
靖国へいらっしゃれば、済むことなのに、
祭祀は休んでもパラオ。高齢を押してなどと
持ち上げられてますが、肉体労働したわけでなし
日本最大の巡視艇を宿に、後はヘリでの移動。


>BB様の「ズラ皇太子とアホ女」に関する軽妙な記事に最初に出会い、100パーセント興味本位、面白半分で読み進めるうちに、「こりゃ、えらいことだ」と急に

何よりです。

広い範囲の人々に知ってほしく、卑猥な替え歌から
古文での記述まで・・・・
あれこれ工夫しつつの現在です。

東宮夫妻のあれこれがほぼ知られつつあるので、
最近、天皇皇后両陛下のほうにシフトしつつあります。

ただ皇室廃止論者を活気づけることになるので、
さじ加減が難しいです。
成り行きによっては、また両陛下擁護に戻るかも
しれません。悠仁親王即位まで皇室は存続してもらわないと、困るので・・・。
どんどん、真実を教えていただきたいです。 (とおりすがり)
2015-05-08 19:24:33
BB様のブログで、真実がわかりかなりのショックですが、まっとうな皇室に戻る日が来るまで、知りたくないことにも、目を背けてはいけないと思います。
どんどん、真実を教えていただきたいです。そして、1人でも多くの日本人が目覚めるように、拡散させていただきます。

参考に
1961年まで、御文庫と呼ばれる防空壕で暮らした昭和天皇と皇后様
「国民がまだ貧しいから」戦後16年間も防空壕暮らし。
なのに、
1961年に新築で、しかも無理言ってキッチンも作ってもらった美智子様
たしか、いじめられてたんですよね?

画像あり
http://masakosamalove.blog.fc2.com/blog-entry-234.html
目的 (まめはな)
2015-05-08 19:38:09
東宮一家を野放しにし、唆すのは、皇后陛下ご自身から目を逸らせる為のダミーだからなのでしょうか?


Unknown (応援してます♪)
2015-05-08 19:55:58
BBさま、みなさま、こんにちは。

BBさま、聖徳太子の像も壊されたそうですね・・。
先程知り、がっかりしています。
このところつづく、神社仏閣の破壊や、程度の悪いいたずら・・・。
皇室の参上がそのまま反映されていることのひとつのように思えます。
http://www.mbs.jp/news/jnn_2487296_zen.shtml

こういうのって、国は何も動かないのでしょうか。
悲しいです。
さじ加減 (ひげ坊主)
2015-05-08 22:49:16
Welcomeコメント、ありがとうございます。
「手を変え品を変え」のご努力、感服いたします。おかげさまで、私のごとき不勉強者までBB様の網に絡め取られてしまいました(笑)
仰るように、「さじ加減」が大事でしょうね。
表層だけ見て極論に走り、挙げ句本末転倒の袋小路に陥るアホも多いですから。
それと、「さじ加減」でもうひとつ、敵を追い詰め過ぎると不都合も出てくる事にも言及しておられますね。
他でもない、安倍総理の「希望の同盟」演説で消沈したシナ朝鮮への激励!
近い将来を予測しても、シナ朝鮮あたりが経済破綻した場合、難民が怒涛のように我が国に押し寄せる事は避けねばなりません。
汚ならしい連中は、在日と成金観光客でも閉口です。
「さじ加減」。深いです。
ひげ坊主さま (BB)
2015-05-08 23:19:17
>BB様の網に絡め取られてしまいました

人聞きの悪い・・・・www

東宮夫妻のあれこれは、一部の頑迷な思考停止保守以外にはほぼ伝わったようなので・・・・(皆さん頑張られたので) 以前は、両陛下への批判など一言たりと、出来ない状況でした。東宮批判だけで、烈火のごとくになる人達が多かったので、その上内廷皇族全部ダメなどと言い始めたら、もはや聞く耳持ってもらえないな、と。
だから「方針として」両陛下は治外法権に置く、この方たちには廃太子廃妃もあり得ないし、と
コメ欄ではボソボソ説明していたのですが、表の記事で賛美と擁護が多かったので、今過去記事を読むと混乱する人がいるかもです。
でも削除せず、残してます。大きな流れで読んで頂くと、解るかなと。解って貰えなくても、その都度の単発記事が心に残るか残らぬかが、勝負なので。
思えば東宮批判も最初はおっかなびっくりで、おだやかーに慎ましくやってたんですよw
両陛下には、一気に始めちゃいましたが。東宮批判のベースがもう出来上がってるせいで、やりやすかったのでしょう。

>シナ朝鮮あたりが経済破綻した場合、難民が怒涛のように我が国に押し寄せる事は避けねばなりません。

ええ。あと、南北朝鮮で再び戦争が始まった時ですね。ソウルが火の海になった時、押し寄せて来る可能性も。対馬までわずか50キロ程度しかないですからねえ。ただでさえ、密入国不法滞在の朝鮮人が多くいるのに・・・・。

米国議会における演説を終えたばかりの安倍総理を批判するのは今は得策ではないので、かつての両陛下に対してと同じく賞賛に徹してますが、1千万人の移民受け入れや、留学生の優遇大量受け入れ(どうせほとんどが中韓人)など、叩き潰したいところです。
安倍さん個人がどう考えているかは不明なんですが。
何しろ朝鮮カルトととの連立政権なので。
その時々の流れによる「さじ加減」で褒めたりけなしたりしてるんですが、節操が無いように思われても仕方ないですねw

留学生もそうなんですが民主党の政権時に中国で成立した「国防動員法」があるので、日本に中国人を入れるほど、いったん事が起こった時、日本で立ち上がる人民解放軍の兵士が多くなります。
ご存知でしょうが、国防動員法は中共政府の一言で、日本にいる、老人と子供を除く中国人全てが兵士として立ち上がる法律です。
中華料理屋のおやじが、武器を手に日本人やっつける法律ですね。
日本人がこのことの、怖さを知らないし、また知らされていません。

あれこれ記事を書かねばならぬことがあるのに、書いてないので、コメ欄でちょっとだけ触れてみました。
Unknown (看護師)
2015-05-09 03:39:15
まめはな さん

鋭い、
ホント、コレ。

東宮夫婦をダシにできる。

ダシにしてる。

可愛い、かわいい、ナルちゃんが荷物席に座らせられても。。。

息子、娘、嫁、旦那(天皇陛下)、皇室、民、
より、自分なの。。。
正しい戦略 (ひげ坊主)
2015-05-09 15:31:44
BB様

過去記事を削除されなくて、正解と思います。
どの記事にもBB様の「普通に日本が好き。是々非々主義」の不動の愛国心が貫かれていますし、貴重な文献ですので。
東宮批判から両陛下批判へのシフトは、まさに「内堀を埋めて本丸へ」の正しい戦略だと思います。
しかし、またわが不勉強さに忸怩たる思いです。日本国内の「中華料理屋のおやじ」が日本人に牙をむく法律が成立していたとは!
これは実に、シナ政府が国際法で禁じられているゲリラを公的に認めた、というか促進奨励する、という事ですよね。
やっぱりロクな国ではないですね。
南京の「便衣兵」の悪夢の再現。
Unknown (Unknown)
2015-05-10 02:07:10

「 成り行きによっては、また両陛下擁護に戻るかもしれません 」???

驚いたね!A級戦犯発言で、もう皇后陛下擁護は無理、と言っときながら?
ご都合主義ではないか?
「 成り行き 」とは何か?
結局ころっころっ変わるのかい?
両陛下批判すると悠仁親王の即位までに皇統が途切れる、とでも?
どういう論理だい!
皇后陛下の出自やら何やら暴き晒しておいて、また擁護に戻るかも、とは呆れたね。
徹底しなよ。
名無しへ (秋葉)
2015-05-10 06:54:25
BB様がお答えでないようなので・・・

最初からの記事を削除せず、これからの
記事もそのままなので、擁護といっても
その延長線上の擁護ってわかりません?
A級戦犯発言を消せるわけもないでしょうが。
出自は読者さんからの疑念を載せただけだし、
決定というわけでなし、またその出自だから
悪いという論でもないでしょうに。
皇后としてのお役から逸脱せねば触れないこと。

両陛下への批判の声が高まりすぎて
皇室不要論にならぬよう、その意味での
擁護という意味でしょうに。不要論に対しての
皇室有用論という意味での擁護論と
簡単なのに、読めませんかねえ・・・・。


いずれにしても名乗りなさいよ。卑怯な。
Unknown へ (虹)
2015-05-10 07:25:49

>結局ころっころっ変わるのかい?

これまでの記事はそのままなんで、ころころは変われないですね。現在の記事を踏まえての擁護論なのだから、それなりの論調でしょう。

>両陛下批判すると悠仁親王の即位までに皇統が途切れる、とでも?

途切れるなんて書いてないですね。
皇室不要論の中で悠仁親王の即位をしていただきたくないという程度のことかと。

コメント欄なんで文章はラフだし、そこに待ち構えたように食いつくのがいやらしいです・・・
記事でもない、読者のそれも特定個人とのやりとりの
流れというものがあるでしょう。横から第三者が名も名乗らず割り込んで、何を言ってるのでしょう。

是々非々。 (伊藤知昭)
2015-05-10 07:49:37
Unknown 様へ。

国体の護持が最大の課題。

だからこその是々非々。

名乗らずに湧いてくる輩は無責任な国賊。

主上御謀反であればこそ、今の日本は国難。

内廷皇族の本来の立場への回帰が今の時点では祈りの骨子であり、宮中祭祀に繋がり日本の安泰に結集し収束。

日本大事、天皇大事、宮中祭祀大事、秋篠宮大事。

だからこその基本がBB様大事。
名無しさんへ (ひまわり2号)
2015-05-10 08:05:17
「何が大事」かを基軸に考えましょう。

皇室存続。正しい形で。

それに尽きるでしょう?
あなたのように批判のための批判と捉えると
物事が視えなくなります。
「批判をすることが目的ではない」
「擁護をすることが目的ではない」

両陛下が100%悪いというわけでなく、
どの部分に視点を当てて論じるかってことでしょう。
過去の皇后陛下の養蚕についての賛同文を
今になって取り消すとか、消せるとかの問題ではないですね。
両陛下への批判が加熱して、皇室不要論になったら、
両陛下の功績の部分について再び触れてバランスを取る、というほどの意味だと思いますよ。
あなたは、あったことをなかったことにしたり、なかったことを、あったことにしたりというふうに、捉えているようですが、そんな幼稚なこと、やるわけも、出来るわけもないのに・・・・。

いまだ影響力の大きいブログなので、一方に偏らぬように、つまり是々非々ですよ、というBBさんの変わらぬスタンス表明を、ひげ坊主さんという「新しい」読者さんに説明したに過ぎないことに、第三者のあなたが、何を感情的になっていられるのでしょう・・・。

両陛下にかぎらず、安倍さんや自民党に対してもそうじゃないですか、BBさんの記事って。
讃えるときには讃える、ここはいけないとなったら批判する。アメリカ議会での安倍さんの演説を褒め称え、次に批判したら「ころころ変わる」ことになり、「徹底してない」ことになるのでしょうか。
ならないでしょう?

「アンチか賛美か」あなたの価値観ではそうなのでしょうが、そうでない価値観を持つ人もいます。

Unknownさん (黒薔薇姫)
2015-05-10 09:09:45
皆さんきちんと反論済みだけど、気色悪いので
私も書かせていただくわ。一特定読者に当てた
そういう意味では記事未満の舌足らずな言葉尻を
捉えて噛み付いて、キモいです。
《あなたへのコメントではない》
《はたから、余計なくちばしを突っ込むものではない》

何をBBさんにお望み? 思考の展開を偽らず過去記事もそのままに置いて、書き続けている個人ブログですよ?
存在感が強烈なので、まるで料金を支払ってるNHKとか新聞みたいな「権威」と勘違いなさってないかしらねw
Unknownさんへ (ひげ坊主)
2015-05-10 09:55:13
私のコメントへのBB様からのご回答が元のようですので、一言。
私は、第三者が他のやり取りに口を出すべきではない、とは考えません。
すべては公開ですし、あるコメントに関して様々な意見が出された方が健全で建設的だと思います。
ただそれは、議論のための議論であってはならない。特にあなたのような、言葉尻、表層のみを捉えた、「言いがかり」は断固排除すべきです。
「不動の愛国心に基づいた是々非々の戦略」。
これがBB様の言説の基本です。
皇統護持と日本の健全な発展。
このためなら、可能な限りあらゆる事をする、ってことです。
「木を見て森を見ず」。この言葉を噛み締めて下さい。
Unknownさんへ (露草)
2015-05-10 18:19:02
ものごとにも、人にもプラスとマイナス、両面が
ありますね。

論評はそのどちらに、メインに光を当てるかです。

世情に応じて、どちらからの側面にフォーカスすると
ブログ主さんの方針はずっと変わってませんが。

安倍総理に対してもそうで、持ち上げと、sage、
双方やられてますよ? 今は褒め時なので、
批判はしないとして。


個人ブロガーが自らの意志での選択です。

人に御託を並べる前に、自分の発言に終始一貫する責任を持つ気があるなら固定HNぐらいつけましょうや。Unknownだと、それこそ「クルクル」意見を解らないですよ。
日本人の特徴 (ただの庶民)
2015-06-07 04:38:05
BBさまへ

いろいろ考えながら、BBさまや皆様のお話を伺っている途中です。 私の個人的な考えですから、庶民のひとりの考えが悪影響を及ぼすなら反論して頂いた方が私の為と思っています。
私は日本人は世界の中で、あまりどなたかを崇拝しない国民性があるように思われます。戦時中においてもなお、そんな気がします。戦いたかった人は少なかった、でも戦う外無かった。私の聞く限りですので、たまたまそんな人が多かっただけでしょうか。ただ差別されるとは思いもよらなかったので、眠っていた自尊心を目覚まされたのは庶民においてもあった、昔、中国は進んだ文化を持っていたとしっていても、中国人がみんな凄い!等と思ったか、?解りませんが謎です。これは例えの一つです。だから、まだ日本があるような気がするのですが。私は、例えば大人になってから姉達は、ただの姉妹家族と思います。日本人が怖いのは近くの周りの目と、捻れた心を持つ人の口だ、とただの庶民は思うのですが。天皇陛下万歳は、気合い。周りへの配慮と取る私は、駄目な人間ですかしら。お偉い方々の思惑は存じませんが。
本質。 (伊藤知昭)
2015-09-11 19:17:56
BB様、瑞陽様。

何時も御世話になり、有り難う御座います。

即レスせず、大変申し訳有りませんでした。

やはりおっしゃる通り日本の核心を突く真実が明らかになりました。

国体を取るか、個人としての今上天皇皇后を取るか。
その答えは、この数ヵ月で御本人同士が国民に対して、自ら証明されました。

無辜の民が犠牲になってしまいました。

日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。


長期にわたるマナー違反を深く御詫びしつつ、失礼致します。
保守速報様の戦略的価値。 (伊藤知昭)
2015-09-11 20:03:18
BB様、タラ様。

何時も御世話になり、有り難う御座います。

ずっと分からなかったのでした。

反日皇族の正体が明らかなのに、首相官邸はパイプの有るであろう保守速報様を(官製と言わせない程度に)なぜ活用しないのか。
首相としては、サイトをリードして本来の皇族のあるべき姿を国民に明示するべきでしょう。

しかし一般の保守の認識レベル。
保守回帰の普通の国民を、天皇皇后陛下万歳の水準まで到達させるのが限界と考えたのでしょうか。
結局、首相サイドにしてみれば、嫌韓で保守を囲い込む方が、国策としては最優先と考えたのであろうと推察しました。

情弱の大多数の国民が、いざ土壇場になった時に天皇皇后と安倍総理大臣のどちらに付き従うか、その問題です。
外堀を埋める過程の戦略的価値。

ところで、即レスをせず、大変申し訳有りませんでした。

日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。


御詫びかたがた失礼致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東宮問題 外交公務・神事等は秋篠宮家シフトを要望します (美しい国への旅立ち)
本稿について、拙ブログ管理人がこの種の事案について不慣れなため、尊敬語・謙譲語・丁寧語の表現の類で表現不適切な箇所があるかもしれないことを、まず最初に、おことわりさせていただく。