BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

日本が普通に好き。 右も左も興味ない是々非々主義です。

天皇家の脱税疑惑? 投稿欄より  《転載ご自由に》

2017-03-19 | 天皇皇后の左翼化

コメ欄への、投稿コメントというより長さから言えば投稿文ですね。

こちらとしては裏が取れることでなし、また金融の知識なく確信持てず、コメント主が望まれているような記事としての公開は控えていたのですが・・・・・

両陛下の「生前退位」宣言の舌の根も乾かぬうちの、唐突なベトナム、タイ訪問、通訳まで人払いしての新国王と40分間に及ぶ秘密会談など・・・・

葬儀には、皇太子夫妻を立てられるなら先の訪問は皇室では最もタイに一家でご縁の深い秋篠宮殿下ご夫妻を名代に立てられるのが筋では?

まして、生前退位を表明された直後なのに矛盾に満ちた行動。

金融音痴ながら、首をかしげるのでいっそ公開して皆様のご判断に預けようと思い立ちました。2日間迷った挙句の決断です。

以下が、愛読者さまの投稿文です。(読者の便を考えての、色文字強調と段落変えはBBの任意)

専門家のご意見をお待ちします

・・・・・・

 

脱税疑惑その1 (ミス・メープル)2017-03-17 15:53:35

bb様
いつも更新ありがとうございます。皇室問題に不安を感じ、時間を見つけてはbb様、でれでれ草様のブログを覗いております。

「小和田恒氏が、スイスにある天皇家の8兆円の資産を不正に引き出そうとして捕まり、スイスで軟禁状態」との話ですが、もしこれが真実なら、税法上陛下には大きな疑惑が持ち上がります。私は弁護士でも税理士でもありませんが、皇室ブログに、「お金」「税法」「法律」という面から陛下を検証するアプローチが見当たらないので、駄文ですが、以下に私見を述べさせて頂きます。

 

皇室に無関心な層でも、税金となると関心を持つ人は多いので、皇室問題を大勢の人に考えてもらう一助になればと思います。拡散希望ですので、もしお差し支えなければ、bb様の記事で扱っていただけると嬉しいです。転載フリーです。(長文になりますので、もしよろしければコメント欄に載せず、直接記事にしていただいた方がよいかも・・・。bb様にお任せします。)

・疑惑1
 

「スイスに8兆円の天皇陛下名義の皇室財産が実際に存在する場合、陛下は昭和帝から相続を受けた際に、正当な相続税を払っていない可能性があります。」

皇族も私たちと同じく相続税法の適用を受けますが皇室経済法第7条「皇位とともに伝わるべき由緒ある物は、皇位とともに、皇嗣が、これを受ける。」の条文により、「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」(三種の神器とか美術品など)は相続財産の評価から除外されます。(非課税)。皇居も国有財産なので相続財産に入りません。
昭和帝の遺産総額については昔新聞か何かで見て「意外と少ないな。」と思った記憶があり、探したら、「天皇家の財布」という本の中に宮内庁発表の数字がありました。遺産総額20億円、そこから葬儀費用の一部や寄付金を除き確定した課税対象額が18億6900万円・・・。あれ?8兆円は…?

スイスの金融資産を、第7条の「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」と解釈することは到底無理ですから、この部分について、陛下は当時の最高税率50%(金額が大きいので累進課税で最高税率になる)で、4兆円の税金を払っていないことになります。

もし8兆円という金額が違っていても、仮に陛下が20歳の時から内廷費をほとんど全て貯金したとして(贅沢衣装の皇后陛下であり得ませんが)、年間概算3億×63年=189億、これとかけ離れた金額なら、陛下は他所で給料をもらっているわけではないし、差額については昭和帝から相続したと考えるのが自然で、(実際税務署はそういう不自然な資金の出所は突っ込んできます。)その半額の相続税を免れたことになります。

この「隠し財産」は日清戦争や日露戦争の賠償金だという噂もありますが、そうかもしれません。昭和帝が敗戦間近に、アメリカ軍に奪われるのを防ぐため、スイスの銀行に隠したというのはあり得る話だと思います。

相続税の時効は5年(悪意のある場合は7年)なので、もう支払い義務はないのですが、皇室の経済は税金で賄われていますので、道義的にはどうかと・・・?(政治家なら説明責任がありますよね。宮内庁は説明すべき。)時効成立までは修正申告が可能ですが、修正申告がなされたという報道も見つけられませんでしたし、もし修正申告がされていたら、金額も大きいしニュースになっていたはずです。

 ただ、これは8兆円が陛下の私的財産であると解釈した場合の話で、日本国憲法88条前段には「すべて皇室財産は、国に属する。」という条文があり、これを国有財産とするなら陛下に相続税支払いの義務はありません。「隠し財産」が法的にどういう位置づけになるのかは議論の余地がありますが、国有財産なら、私物化せずにすぐに国にお返し頂きたいです。もちろん陛下がご自分で電卓を叩いて申告書を書くわけではではないでしょうが、宮内庁の責任は問われるべきです。そして、申告額から漏れたことについて陛下の意向があったのかは、是非国民として知りたいところです。

つまり、

陛下の私的財産なら→善意か悪意かは別として、とにかく陛下は4兆円の相続税を払いませんでした。「国民に寄り添う」と公言し、本当に無私のお心をお持ちなら、時効の件、国民に隠さず全てを正直にお話し頂きたいです。黙っていることは国民の信頼を裏切る行為だと思います。時効だから知らんぷりというのは、私個人としては許せません。
・国有財産なら→財産の件をオープンにして、証書その他の書類はすべて国の管理下に移して頂きたいです。

・疑惑2
 

「小和田氏のスイスの8兆円引き出しは、陛下も承知の、相続税対策の一環だったのではないか?」

 私が小和田氏の一件を知った時、最初に思ったのは、小和田氏は横領目的で独断で書類を偽造してスイスに行ったのではなく、陛下の真正な書類やサインを持って行ったのではないかということでした。なぜなら、口座があるのは、鉄壁のセキュリティーを誇るスイスの銀行、陛下は世界的有名人ですし、スイスの銀行にとっても大口預金者です。

その口座から8兆円もの資金をおろすとなれば、銀行側がより警戒するのは当たり前です。もし横領がばれて陛下の怒りに触れれば、雅子妃離縁の可能性もあり、長年にわたる皇室乗っ取り計画がすべておじゃんになってしまいます。外務省時代から「小心者」と評されていた小和田氏がそんな大胆なことをするでしょうか・・・?
 

 まして現在の皇位継承者の第一位は徳仁殿下です。「隠し財産」の名義はおそらく、「天皇の地位にある者」が引き継ぐことになっていると思われますので、陛下が崩御されれば、黙っていても「隠し財産」は徳仁殿下の手中に入り、実質的に小和田氏の懐に入ります。ではなぜ今・・・?
そして、なぜ陛下は小和田氏に大切な「隠し財産」の書類やサインを渡したのか・・・?

 ここで少し税金に詳しい人ならすぐピンとくると思いますが、「高齢者」「富裕層」「終活」「海外資産」「資産の移動」とキーワードが並んだら、答えは一つ、相続税対策です。

何しろ、小和田氏の思惑通り愛子様が天皇になっても、陛下→皇太子→愛子様とまともに相続税を払えば8兆円の資産は概算2兆円になってしまいます。(国有財産となれば8兆円はゼロ。)

「金に汚い」という噂の絶えない小和田氏が、こんな納税額に我慢できるわけがなく、なんとしてでもこの資産を隠したいと思ったでしょう。小和田氏は陛下に「相続税対策で、資金をスイスから、タックスヘイブンに移しましょう。」と持ち掛け、陛下は昭和帝からの相続の時に税金をスルーして味をしめていた(時効の件を黙っていらっしゃるので、国民としてはそう勘繰らざるを得ません。)ので、真正な書類とサインと委任状を小和田氏に渡した、しかし、遺言状がらみ(?)か何かのトラブルで事ならず、現在小和田氏軟禁中・・・というのが真相ではないかと?(ただし、小和田氏がもし8兆円を無事にに引き出していたとして、そのお金を陛下のお金として隠そうとしたのか、本当に横領して自分のお金として隠そうとしたのかはわかりません。後者だとしたら、相当な悪党ですね。)

 実は、昭和帝崩御の際は、スイスにあれば「隠し財産」はばれませんでした。しかし、グローバル企業と富裕層の脱税を防ぐため、各国政府は脱税防止のための情報交換に乗り出します。
 

 2014年7月、OECDの会議でG20は「共通報告基準」を導入し、各国金融機関はこの基準に沿って、金融口座の情報を交換することが義務付けられました。この制度は2017年1月1日からスタートし、2018年の9月に95ヵ国間で最初の情報交換が行われます。スイスはこの制度に参加しています。

 つまり、2018年の9月になると、スイスの「隠し財産」は国税当局に筒抜けになってしまうのです。なので、小和田氏と陛下は、どうしてもその前にスイスの8兆円を引き出して別の国に移したかった、それが今回の小和田氏の件の真相ではないかと?
 

 8兆円でも庶民には驚きですが、陛下はリスクの分散のため、スイスの別の銀行に口座を持っていた可能性もあります。また皇后陛下や皇太子殿下もスイスに口座を持っていたと思います。(皇太子殿下は未だ持っているかも?→疑惑3で述べます。)お二人が陛下から贈与を受けていれば、非課税枠を超えた分には贈与税がかかりますが、税務当局に秘密の口座ですからこちらも脱税が濃厚です。2017年1月1日よりも前に閉鎖した口座の情報は交換されませんので(なので小和田氏が12月に動いた)、去年のうちにスイスの口座を閉鎖していればこの贈与税脱税はばれません。

 では、閉鎖した口座のお金はどこにいったのでしょうか?
先日、両陛下は、「体力的にもう公務はきつい」とおっしゃりながら、異例の慌ただしさでフィリピンへ行かれ、また最近タイとベトナムにも行かれましたが、フィリピン、タイ、ベトナムはいずれも上記の自動情報交換制度に不参加の国です。つまり、税務当局にばれない口座を作れる国です。これは偶然でしょうか?タイではお付きの者や通訳まで排除して新国王と面談をされたそうですが、何をそんなに秘密のお話があったのでしょうか?

(脱税疑惑その2へ続く)

 
脱税疑惑その2 (ミス・メープル)
2017-03-17 15:57:23
・疑惑3
 
今回の生前退位は、スイスに残っている皇太子殿下の銀行口座情報が税務当局に把握され、皇室財産売却や脱税や「隠し財産」を実質上の担保とした大借金などが公になった時に、訴追や廃太子を免れるためのものではないか?」
 
 小和田氏が外務省の機密費を流用して投資に失敗し、天文学的な金額の大借金を負ったという噂があります。実際に2001年に外務省機密費流用事件という事件が発覚しており、それに小和田氏も関与していたが、天皇の外戚なので訴追を免れたと言われています
 
 これが事実かどうかをを証明することは私にはできませんが、「雅子妃の偽物ティアラ疑惑」や「ヤフオク事件」などからこの話には説得力があります。
 
 私は、もしこの話が事実なら、小和田氏は自分の借金の大部分を皇太子殿下に肩代わりさせた(借金の名義は皇太子になっている)と考えています。何故なら、小和田氏自身は特段資産家でもなくただの官僚上がり、娘が皇太子妃と言ってもしょせんは外戚、万が一離婚ともなれば縁も切れてしまいます。銀行側にすれば信用が足りなさすぎです。しかし皇太子となれば次期天皇は確実、陛下の「隠し財産」を預かっているスイスの銀行なら、実質上それを担保として融資に応じてくれたのではないでしょうか?(皇太子殿下はおつむが残念なようですし、中身もわからず言われるままサインするのが当たり前の生活なので、簡単に小和田氏に騙されてしまったと思います。)
 
 となると、返済が終わらない限り、この皇太子殿下の口座と、実質上担保となっている陛下の口座は閉鎖できません。でも、(陛下は訴追されないことが法律上認められているものの、)皇太子殿下は2018年9月になると自動情報交換制度で税務当局に悪事の数々がばれて非難の声が上がり、廃太子になってしまう、その前に何が何でも天皇にして訴追を免れさせようというのが、今回の生前退位計画なのでは・・・?
(皇室典範第21条により摂政も訴追されませんが、皇太子殿下の場合、あまりの不出来に摂政の任を解かれると訴追される可能性があるので、何としても即位させたいのでは・・・?)

 初回の口座情報の交換が2018年9月。政府が否定しているにもかかわらず決まったこととして報道されている即位が2019年元旦。政府と税務当局に残されている3か月という時間は、私には、全容解明のために十分な時間には思えません。両陛下はそこを狙って逃げ切るつもりで平成31年即位という飛ばし記事を出したのでしょう。そしてより安全・確実に逃げ切れるように「元号なんか後でいいからとにかく即位!」と皇后陛下が周りに吹聴しまくる・・・。
 
以上が、私が皇室に対して持っている疑惑です。上記のように考えると点と点がきれいにつながると思いませんか?
 
 私の説は、税金を巡って皇室VS国民の構図を作ることになり、反天連などの皇室廃止論者に利用されかねない危険性を孕んでいるため投稿すべきか迷いましたが、昨今の皇室の腐敗ぶりは目に余るものがあり、思い切って投稿いたしました。(お断りしておきますが、私は皇室廃止論者ではありません。祭祀の伝統を継承することは、日本が日本らしさを失わないために大切なことだと考え、徳仁殿下廃太子、秋篠宮様への皇位継承を支持しています。)
 
 そして、もちろんこれは、最初に書いた「小和田恒氏が~軟禁状態」ということが事実ということを前提とした仮説です。
 では、小和田氏の件は単なるネット上の噂なのでしょうか?私は真実が知りたいです。戦争で身内をなくした者の一人として、真実が知りたいです。「天皇陛下万歳!」の保守派やお花畑層、東宮擁護派の人々だって、きっと真実を知りたいと思います。モヤモヤした気持ちでいたら、テレビで陛下の顔を見るたび、嫌な気持ちになりますものね。

 そこで、国民として何ができるか考えてみました。詳細は後述しますが、まず項目をあげます。

1.「宮内庁に、陛下及び内廷皇族が、法にのっとり「国外財産調書」を提出したか問い合わせる。」

2.「陛下及び内廷皇族が提出した国税庁管理下の「国外財産調書」または宮内庁管理下の「国外財産調書の控え」を情報公開請求するよう各党(民進党は無駄)にメールする。」

3.「国民として生前退位に反対する旨、各党にメールする。」

4.「生前退位を容認する場合でも、皇太子殿下の海外資産に疑義があるため、財務省が自動情報交換制度に基づく情報を得て殿下の口座の全容が解明されるまでは、殿下の即位を認めない旨、各党にメールする。」

 1・2について→実は国税庁は、もう一つ、海外資産がらみの脱税を防ぐために手を打っています。平成24年度税制改正で創設された「国外財産調書制度」というもので、居住者(非永住者の方を除く)の方で、その年の12月31日において、その価額の合計額が5,000万円を超える国外財産を有する方は、その国外財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載した「国外財産調書」を、その翌年の3月15日までに、税務署に提出しなければなりません(平成26年1月施行。)
 
 対象は居住者ですので、陛下も内廷皇族も含まれます。小和田氏の件が発覚したのが昨年の12月、その口座が小和田氏の捜査がらみでそのまま凍結されていれば、おそらく12月31日時点でスイスの陛下の口座には5,000万円以上の財産があり、陛下はつい先日の3月15日までにこの調書を提出しなければならなかったはずです。なおこの制度には情状酌量の余地がありますが、罰則規定があります。つまり、タックスヘイブンでもどこでも、資産をどこの国に置くかは個人の自由ですが、それを正直に申告しないと罪になるということです。、

 はたして陛下や内廷皇族はこの調書を提出しているでしょうか?提出しているとしたらその内容は?
 
 宮内庁が、事務的なミスで提出しなかったとしたら宮内庁の怠慢なので、親切な国民として、この制度のことを宮内庁の担当者に教えてあげるのはいいかと思います。宮内庁は、しっかり陛下や内廷皇族に海外資産を確認して、粛々と法の執行をしていただきたいです。(→1)

 次に、ここからはあまり詳しくないのでぜひ専門家の方のご意見をお伺いいしたいのですが、陛下と内廷皇族の国外財産調書を情報公開請求してみるというのはどうでしょうか?小和田氏の件が真実なら、陛下は8兆円の存在を政府に把握されていますから未提出なら違法、正直に8兆円と書いて出せば疑惑1が真実だったことがわかります。もし黒塗りでも、調書を提出していれば次期相続では税金を正しく払って頂けます。また、スイスが小和田氏を「国際司法裁判所の判事にふさわしくない」と訴えて解任騒ぎになり、そこから「隠し財産」が明るみに出る可能性もありますので、陛下としても正しい調書を出さざるを得ないのではないでしょうか?陛下にやましいところがなければ公開されても全く問題ないとおもうのですが・・・。
「天皇家の財布」という本は、情報公開請求を利用して書かれた本なので、ダメ元でトライしてみる価値はあると思います。少なくとも国民が皇室の海外資産のことで疑惑を持っているというプレッシャーを与えることができます。ただこれは、住所や氏名を明らかにする必要があるため、一個人としてはハードルが高いです。ですので、国民の声を吸い上げるのが仕事の国会議員の方にやっていただければと・・・。メールの数が多ければ無視できなくなり、誰か一人くらい動いてくれるのではないかと・・・?(→2)

 現在、陛下の生前退位については国会の議決を経るよう調整中のようですので、私と同じように疑惑を感じた方は、是非議決までに、各党に、退位反対のメールを送っていただければと思います。陛下の公務の分担は順調に行われているようですし、皇太子殿下にやましいところがなければ、退位が全容解明後になっても全然問題ないはずです。(→3・4)

 最後に、現在陛下にとって一番の敵は安倍総理と財務省です。総理は「男系男子」を明言していますし、自動情報交換制度だけなら不参加の国に資産を移せばごまかせたところを、財務省は「国外財産調書」制度の創設で陛下を追い詰めました。
現在森友問題でターゲットになっているのは安倍総理と財務省です。これは偶然でしょうか?陰謀を仕掛け総理や財務大臣の首を挿げ替えて、官僚に脅しをかけ、金で操れる政治家を送り込み、自分たちの税金をうまく逃れようとしている可能性はないでしょうか?(4兆円脱税できれば、100億、200億誰かに配ったって安いものです。)
 私は安倍シンパではありませんが(特に移民政策については反対)、少なくとも総理と財務省は、国税という合法的手段を使って、陛下が私物化している財産を国民の側に取り戻そうとしてくれています。財務省によれば、国民一人当たりの借金は2016年7月1日時点で約830万円。陛下や内廷皇族に対峙して(高円宮様の不審死などを考えると相当危険)、財政再建のために身体を張って頑張ってくれている点は、総理を大いに評価したいです。皇室問題が、秋篠宮様即位で美しく決着するまでは、安倍総理しかいないと考えます。
 それに、「隠し財産」を国民の側に取り戻すことができれば、当面消費税だって上げずに済むかもしれません。「誰かがやる」ではなく、是非この問題を誰かに話して、真相を知りたいと思った方は、行動を起こしてください。

 硬い文章なのに長々とお読みいただきありがとうございました。ぜひ皆様の知恵を拝借できたらと思います。年度末で多忙につき、なかなか投稿できませんが、よろしくお願いいたします。
 
・・・・・・・・ここまで
 
 
ご参考までに、これ・・・・
 
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/campaign/h28/Jul/02.htm
BBの読み違えでなければ平成29年1月1日以後、金融機関等に各種届出書の提出が必要となる?
これで焦っている? という妄想。
 
海外名義の口座も全部出さないと駄目
・・・・となると何兆円が誰の名義?となるのでは、という妄想。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%8D%94%E5%8A%9B%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%A9%9F%E6%A7%
OECD圏外国に執着?
 
・・・・・・・ここまで
 
それにしても、日本国内における小和田恒氏の気配が皆無ですね。
警護がついた小和田邸に灯りが灯っている目撃レポートは来れど、
ご本人を見かけたというレポートが、全く来ません。
 
 
愛子さま作文として藤原氏摂関政治の作文を代筆した?w 小和田氏なら、娘の皇后即位間近となれば、いきいきと身辺に出没と思われるけど。
藤原氏の摂関政治が、小和田氏の野望でしょう。それが雅子さまが男子生さず、神のはからいか。ならばと、愛子さまを女性天皇にと皇后陛下の思惑と一致すれど、愛子さまはそれどころではない状態。
これも天が阻止?
 
某国の一件では、マスコミが動き始めているかな・・・・と、やや気配を感じています。
 
「生前即位」の意味も未だ、不明のまま。「象徴として全身全霊の公務ができなくなるから」? 意味わかりません。だったら摂政でもいいし?
それに・・・・あの東宮夫妻に
「全身全霊」が引き継げますか?
全身全霊という我褒めにも、抵抗感がありますけどねぇ・・・
ご自分でおっしゃいます?
し訳ないけど、被災地訪問がそれほど全身全霊?
実質数十秒のお辞儀、お供引き連れて電車貸し切りで。
海外への慰霊など、政府は反対、国民も望んでいるわけでなし、
まして自虐史観の反省、英霊貶め旅。
全身全霊でなさって頂きたいのは、祭祀、これに尽きます。
祭祀の伝承こそ、一大事でしょう?
人工膀胱で尿臭の皇太子殿下に祭祀はご無理。なら即位も無理。
新皇后雅子妃は創価学会員。神事は不可能。即位こちらも無理。
というよりお二人の即位は、皇祖神と代々天皇への重大な裏切りであり
「不敬」です。
秋篠宮殿下に速やかに譲位され、祭祀の詳らかなるご伝授をどうぞ。
そして、悠仁親王殿下にも。 
 
何か、要らぬことばかりに国家のお金と、ご自身のエネルギーと
時間を費やしておいでのようにお見受けします。
 
投稿文の方がおっしゃるように、全ての動きが何かの不祥事があらわになって、廃太子廃妃の声が起こる前に、もはや誰も手が出せない不動の地位、天皇皇后に即位させたいのではないか、とはBBも以前から直感で感じる何かで、何度か書き記しています。
 
理屈を並べ立てられるほどに、生前退位の大義が曖昧でその論の脆弱さが際立つのです。
 
不祥事露見以外に生前退位を早く早くと焦っていらっしゃるもう一つ、理由があるとすれば、皇太子殿下の病が重篤でお元気なうちに即位をとの親心か、という説も前に書きました。
 
あるいは不祥事と、健康問題と双方かもしれないし。
 
いずれにしても、愛子さまがあんなふうで女性天皇擁立の声が低くなったことは、大変恐れながら神々の采配であろうかとも申し訳ないのですが思ったりもするのです。この言い方を難詰する人がいたら、ではあれだけの深刻な拒食の状態を放置していらっしゃる東宮夫妻、そして天皇皇后って、なんですか?
 
秋篠宮両殿下のことは言わせません。単なる一宮家が言えるわけはないでしょう? 悠仁さまが遭遇された交通事故はじめ、どれだけ秋篠宮家が軽んじられ、冷遇されているか。その担った公務の数の多さ、大変さも知らされません。
 
末尾に、ミス・メープルさま、労作をありがとうございました。
掲載決断まで、時間を食ってしまい申し訳ございませんでした。
 
 
 
天皇陛下、被災地パーフォーマンスは不要、祭祀をなさってください  《転載ご自由に》
 
拝啓、天皇陛下「来ないでくださいませ!!」 (コメ欄より)
 
テロで日本人が命を落としたのに、また美術鑑賞の両陛下 《転載ご自由に》
 
 

 コメ欄、お名前欄のUnknownや「あ」のような、いい加減なのや、「文章の一部をHNにしたの」とか、受け付けません。「名無し」「通りすがり」も受け付けません。

 

記事のどこが、なぜ間違いなのか指摘できないバカは来なくていいです。

 

必然性のない「非公開」指定は固くお断り。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いまだ異議あり! 天皇の憲... | トップ | 消去法でも、次期天皇皇后は... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かな花)
2017-03-19 17:07:38
以前、証券会社のセミナーで、皇室の納税についての話を聞いたことがあります。
近代史を紐解きながら、皇室が払った多額の税金の話に繋がり、庶民の私はその額に面食らったものでした。
それは史実だったので、今を生きる皇族の方々が今後の節税対策を考えるのは、自然な流れだと思います。
一連の不審な動き (詠人しらず)
2017-03-19 18:12:22
BB様

以前より巷間囁かれている不審な行動が、点と線で繋がったような気がします。
べルギーの葬儀参列も招かれていないのに、急に押しかけ弔問したのでしたね。
その時も途中スイス銀行に寄ったという噂も耳にしました。何のために?
そして、先日のべトナム、タイへの訪問。
公務がきついから退位したいと言った舌の根もかわかぬうちに、外国訪問!
全く国民を愚弄した不審な行動の数々…。

天皇も相続遺産については等しく納税義務があるとしたら、終戦以来の大脱税!
昭和天皇崩御で8兆円は4兆円になり、今上さん崩御で2兆円に減る…。
誰でも親の遺産が半分になることは身を切られるように辛いことです。
しかし、義務であり納税しなければ脱税の罪になります。
不逮捕特権で守られていても脱税という罪は同じなのです!

だが、しかし多額の税金で国民に養われ、最高のご身分の方が脱税とは!
日本国民として情けなく本当に哀しい!見苦しく存じます。

終戦後、国民は焼け出され丸裸になりつつも、天皇を恨みもせずひたすら働き経済大国に、
一億総中流という有難い時代を築いてまいりました。
それも束の間、今の日本は政治腐敗と共に貧富の差激しく貧しい人たちが巷に溢れています。
この時代、いくら菊の御門の奥深くお住まいでも、ご存知ないとは思えません。
お二人の不審な行動は、タックスヘブンの国に口座開設のための旅だったとか。
国民を欺き、人間として最低のことをなさってると、お気づきではないのでしょうか?

退位は憲法違反!摂政という最高の制度を無視、ご先祖様を裏切り泥を塗り
国民を欺き、政府を翻弄、歴史上最悪暴君の名を残す愚かしい方。
国民は世界一の不幸者になった気がしております。

八百万の神も、この方たちをお見捨てになることでしょう!
日本に主権は無いが、取り戻すのは超簡単だ、国民が嘘ニュースを信じなくなり・・・ (copy/日本に主権は無い)
2017-03-19 19:20:25
長文コピペ恐縮至極。

オリバーストーン「日本に主権は無い!!」

日本に主権は無い。 (Unknown)2017-03-19

昭恵講演には、官僚2名が同行したが、SPでは無い。CIAのスパイであり、昭恵の発言を監視するのが目的だそうだ。日本国内の官僚が、CIAや米国務省、米軍、NSAの配下として働いている事実を国民は知らない。

オリバーストーン監督が、日本には主権が無いと言明した。スノーデン情報だが、全く別のルートでも当方は確認済みである。情報公開法で公開された密約を見ても国民に主権は無い。それが、福島原発が核爆発しても国税で構築された緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の情報が米軍にのみ公開され国民を見殺しにした理由だ。犬HKが国民から視聴料を取りながら、米国に都合の良いCNN顔負けの嘘ニュース、洗脳ニュースを垂れ流す理由だ。マルウェアは、全ての原子炉に既に侵入しており、セキュリティー管理はイスラエル企業マグナBSPがしているのが現状だ。日本国憲法の事実上の上位法が日米原子力協定と日米地位協定、そしてあらゆる密約だ。米国債を売れないのも売国奴小泉の密約だ。安倍内閣の最大の成果は、トランプに接近し凶暴な米国務省出身者のジャパンハンドラーを一掃した事実と、シベリア開発への道筋を作った事だ。

主権を取り戻すのは、実は簡単だ、国民が嘘ニュースを信じなくなり、国民主権を取り戻す事を強く要求するだけで良い。速やかに憲法98条第二項を無効宣言すれば、改正の必要性すら無用。軍事占領下の強制法は国際法上無効だ。自動的に全ての密約も無効化される。原子炉を暴走させるならさせてみよ。北半球を死滅させるまでだ。

Unknown (フランス酋長選)

11人届け出 ・・ 4月23日に第1回投票 /毎日新聞 3/18(土)

・国民戦線のマリー・ルペン党首(48)
・独立系候補者のマクロン前経済相(39)
・共和党・フィヨン元首相(63)
・社会党・アモン前教育相(49)
・左翼党元党首、メランション氏(65)--ら。

✖バチカン気取りのお皿帽子

踏み絵させよ精神鑑定せよ /真っ先に国民裏切る隠れキリシタン

夫婦を人柱に洗脳した米占領軍マッカーサー!

>神威無い讃美歌夫婦、 祭祀神事を謝罪にすり替え、悲しき勘違いコンビ「日本史」零点の笑われ者、
     ↓       ↓
 他国王室が憫笑、 「謝罪訪韓したい」と憲法違反発言 

皇室破壊のもう一点、戦後キリスト教への「強制改宗」だ。宮内庁長官、幹部、侍従職、女官まで皇室とその周辺はクリスチャンで包囲された。天皇もとより皇后、宮家までも聖書研究会を催しキリスト教に侵食された米の破壊行為だ。sankei紙

>天皇なんて血関係ないだれでもいい。但し、国民の赦し---
http://www.nikaidou.com/archives/40734
アヤフヤですが (キンポウゲ)
2017-03-19 20:19:10
香淳皇后が崩御なさったとき昭和天皇から相続したはずの財産がずいぶん減っていた、という書き込みが2年ほど前に読んだことがあります。
皇居管轄の税務署で確認できるそうです。
これも今上天皇夫妻の相続税逃れ対策の成果でしょうか?
昭和天皇から香淳皇后への遺産のかなりの金額がスイスに移された?

ミス・メープルの推測が当たっているとすると、内廷たちはもう必死でしょうね。
内親王が痩せようが、偽者だろうがかまっちゃいられない、といったところでしょうか?
少女のひとりや二人生きようが死のうが知ったこっちゃない、、、、、
そんな人間が「ジンケン、ジンケン」と、よう言うわ~
鳥肌がたちました。 (まことのちから)
2017-03-19 21:42:32
ミス・メープルさま
大変な力作、お疲れ様でした。

BBさま、記事として載せていただき、ありがとうございます。

ここのところ、愛子さまが哀れで、可哀想で、
なぜこんな事が平然と起きているのかと思っておりました。(私は、夫妻による愛子さんへの投薬による副作用だと思っております。)

投薬がばれるとこまるからちゃんとした医師に診せてないのか?
それにしても命に関わりそうなのに、両陛下は何をしてるんだろう?とか
疑問だらけでした。

でもミス・メープルさまの投稿で
それらの事が本当に全部繋がった!とい感じがします。
あの方達の誰もかれもが
「それどころではない」のですね。

これは自分でもやるべきことはやらなくては!
声をあげられるところは、あげていきましょう。

「蟻の穴から堤も崩れる」
私たちひとりひとりは小さくても、おおきな
疑惑を崩すことは可能です。
税制改正 (やっぱり)
2017-03-19 21:52:41
税金逃れのタックスヘイブンが横行し、海外へ財産を移し企業は海外に名前だけの会社をつくる。
そして、大企業の殆どが税金をわずかしか払わない。

私は、毎年税理士に確定申告をお願いしてますが、今年からマイナンバー家族全員分必要になり驚きました。特定口座(証券、投資)もマイナンバーを提出しなければならず。
数社の証券会社で何口座も動かしてるので、申告の必要がない特定口座もマイナンバー照合で分かるように厳格になりました。
それに、通名で何口座(特定口座)も持っている方々も判ると思います。
個人の資産の流れや保有資産は完璧に把握できるシステムを作ったのです。
税理士さん「今年から仕事がよりたいへんになりました。子供(小学生、児童)も確定申告にナンバー提出ですから。」と話してます。(未成年口座にNISAが去年から使える事も関係か)

天皇は、たしか東電の株主でしたよね。他にも株もかなり所有してたはず。株の配当金は(NISA)以外は税率一律20.315%(所得税15.315%、住民税5%)震災の復興税もあります。
相続税は、6億超えると55%です。

株は、一人年間100万か120万分は相続税が掛かりませんが、それでは追いつくはずもない。昭和天皇からの遺産相続は、かなりの税金が掛かったはず。
もしスイスの預金相続が8兆円としたら大変なことですね。
たしか、今の流れでスイスも税金逃れの
資産隠しに使われることを世界から非難されて
この制度の見直す方向だったような?
また、確かなソースがあったら書きます。

税制度が厳格になり一般の私でも心配になるレベル。(資産が凄いわけじゃなくても厳しさが伝わる)
税制度というのは、抜け道が多かった特に資産家
には、有能?な税理士が付き逃がした。今その穴をどんどん塞いでいます。
 
今の世界の流れ金融も変わりつつあります。
これは、世界情勢とも関係してるので一概には言えませんが、スイスに隠し財産は危ないと思いますよ。
一点、わかりません。 (チッチョ)
2017-03-19 22:06:11
ほぼ理解できるのですが、一点だけ意味がわかりません。どなたか、教えていただけると有難いです。

>陛下や内廷皇族に対峙して(高円宮様の不審死などを考えると相当危険)、
高円宮さまが、対峙なさったということですか?何に対して?
そして、誰かに○ろされた?なんで?

Unknown (かな花)
2017-03-19 22:23:46
皇族から物納させた土地を買い占めてプリンスホテルを作ったのが、あの西武。
繋がりすぎて、ますますアヤシイー
焦っているのは (やっぱり)
2017-03-19 22:42:49
スイスの金融機関に口座を持つ日本人富裕層を戦々恐々とさせる出来事が、今年に入ってから起きている。それは、日本人顧客の元に個人情報の確認を促して返送する書類が届けられているのだという。これは、2017年以降にOECD諸国などで順次スタートする金融口座情報の交換に向けての準備であるとの見方が強い。日本では海外に保有する5000万円以上の資産を申告する制度「国外財産調書」がスタートしているが、申告していない「隠し口座」を持つ人にとっては筒抜けになる恐怖を味わうことになる。

口座情報は世界に筒抜け

 「もう、スイスのプライベートバンク自ら顧客の個人情報を外部に晒すという、考えられない時代ですね」。

 そう話すのは元スイス系PB出身者。情報の秘匿性で鉄壁のディフェンスを誇ってきたスイスの金融機関に昔の姿はない。この「不幸の手紙」に記されている、口座名義人の氏名、住所、残高、利息など必要事項を確認の上でサインして送り返すという。それは、税務当局や捜査当局の要請で開示もあり得るが、それ以上に毎年、各国で情報交換し合うのだ。

 簡単に言えば、お上に提出するから情報に間違いないかというご確認の手続きなのだ。

 これは「金融口座情報に関する税務における自動的な情報交換についての世界標準」(Standard for Automatic Exchange of Financial Account Information in Tax Matters)として、各国の財務当局がそれぞれの金融機関から、非居住者の口座情報を、各国の税務当局との間で情報交換し合うことを定めたもの。その情報とは、名義人、その住所などの他にも、資産額、利子や配当まで含まれる。各国とも2017年から順次開始していくが、日本もOECD加盟国を中心に同年からスタートする予定だ。

◆参考:OECD


ウェジェリン
2013年に閉鎖のスイス最古のプライベートバンク
「ウェジェリン」(1741年創業)
 別のスイスのPB業界関係者によると、「過去には米国人を対象にして同様の措置を取ったこともありました」とする。それは2008年にスイス銀行大手UBSが米国人富裕層の資産隠し、あるいは課税逃れに協力したことが発覚したことに端を発する。米政府との間でタックスヘイブン業務からの引き揚げや、該当する顧客情報の引き渡しなどですでに和解しているが、スイスの銀行業界に与えた影響は甚大だった。

 タックスヘイブンを利用した課税逃れに対して最も強硬な姿勢を貫く米国ににらまれた結果、スイスの金融業界が取った行動の一つに、米国人顧客に対して口座情報確認があった。

 今度はそれが、日本が対象となった模様だ。

次へ >スイスの金融機関に口座を持つ日本人富裕層を戦々恐々とさせる出来事が、今年に入ってから起きている。それは、日本人顧客の元に個人情報の確認を促して返送する書類が届けられているのだという。これは、2017年以降にOECD諸国などで順次スタートする金融口座情報の交換に向けての準備であるとの見方が強い。日本では海外に保有する5000万円以上の資産を申告する制度「国外財産調書」がスタートしているが、申告していない「隠し口座」を持つ人にとっては筒抜けになる恐怖を味わうことになる。

口座情報は世界に筒抜け

 「もう、スイスのプライベートバンク自ら顧客の個人情報を外部に晒すという、考えられない時代ですね」。

 そう話すのは元スイス系PB出身者。情報の秘匿性で鉄壁のディフェンスを誇ってきたスイスの金融機関に昔の姿はない。この「不幸の手紙」に記されている、口座名義人の氏名、住所、残高、利息など必要事項を確認の上でサインして送り返すという。それは、税務当局や捜査当局の要請で開示もあり得るが、それ以上に毎年、各国で情報交換し合うのだ。

 簡単に言えば、お上に提出するから情報に間違いないかというご確認の手続きなのだ。

 これは「金融口座情報に関する税務における自動的な情報交換についての世界標準」(Standard for Automatic Exchange of Financial Account Information in Tax Matters)として、各国の財務当局がそれぞれの金融機関から、非居住者の口座情報を、各国の税務当局との間で情報交換し合うことを定めたもの。その情報とは、名義人、その住所などの他にも、資産額、利子や配当まで含まれる。各国とも2017年から順次開始していくが、日本もOECD加盟国を中心に同年からスタートする予定だ。

◆参考:OECD


ウェジェリン
2013年に閉鎖のスイス最古のプライベートバンク
「ウェジェリン」(1741年創業)
 別のスイスのPB業界関係者によると、「過去には米国人を対象にして同様の措置を取ったこともありました」とする。それは2008年にスイス銀行大手UBSが米国人富裕層の資産隠し、あるいは課税逃れに協力したことが発覚したことに端を発する。米政府との間でタックスヘイブン業務からの引き揚げや、該当する顧客情報の引き渡しなどですでに和解しているが、スイスの銀行業界に与えた影響は甚大だった。

 タックスヘイブンを利用した課税逃れに対して最も強硬な姿勢を貫く米国ににらまれた結果、スイスの金融業界が取った行動の一つに、米国人顧客に対して口座情報確認があった。

 今度はそれが、日本が対象となった模様だ。
 http://media.yucasee.jp/posts/index/14794
 より
だから、スイスもあぶないんです。
追記 (詠人しらず)
2017-03-20 05:07:55
BB様

実際、このような記事が出ること自体、国民としては憂慮され悲しむべきことです。
皇室のあれこれは日本的に申すなら【不徳の致すところ】と皇室が恥ずべき問題でした。

端緒は、皇太子夫妻の我儘をご両親が等閑にされたとが内廷の腐敗の始まりです。
その我儘を何故放置するのか?国民として理解に苦しんだ平成の御世だった気がします。
その国民の塗炭の苦しみを、畏れながら陛下は如何様にお考えか?知りたく存じます。
下々は知り得ないまま、情報が飛び交って現在の考えられない疑惑が湧いてきたのです。

皇室を誇りに思って生きた国民としましては、この疑惑事態が世界に恥ずべき大問題!
美しい日本は何処へ…この御世が早く終わりますように。
秋篠宮殿下御即位を夢見つつ……。
廃太子宣言されない限り、皇室は汚名返上できないのではないでしょうか。
悪を悪と断じきれない今の日本は、日本たり得ません。
日本が再び正義の国になり、世界に雄飛できますよう念じつつ。
お詫び (キンポウゲ)
2017-03-20 06:39:16
ミス・メープルさま
ミス・メープルさまの投稿に関してコメントした者ですが、「ミス」を敬称と勘違いして呼び捨てにしてしまいました。申し訳ありませんでした。

チッチョさま
以下は私の妄想ですが。
もし高円宮さんに生前、久子さんと離縁し若い妻をめとるつもりがあったらとしたら、どうでしょう?
男の子が生まれる可能性は十分にあります。そしてそのお子さんには皇位継承権が発生します。
アイコサンをテンノーにしたい人々には許しがたいことでしょう。
それに、もう夫婦仲は壊れていたという噂のある久子夫人にも。

◯されたかどうかは知りませんが、倒れた場所が治外法権のカナダ大使館というのが、なんとも......
鉄槌 (弁慶士)
2017-03-20 06:56:57
エクセレント、パーフェクト、美しい記事を読ませて頂いてありがとうございます。美智子、小和田が捕まって、断られて、帯状発疹でアイゴー。次々現れる因果応報、ウーウきっと来る。水に落ちた美智子を叩こう。天皇が国旗と同じというなら、貯金してる国旗ってどーよ?ところでこれも伏見ブログで見たんだけど、アルゼンチンにも口座があるらしい。リスクヘッジのためだとか。スイスもアルゼンチンもナチの金を隠してるとか、蛇の道はヘビか、同じことやるんだね。急に始まった安倍叩きが小和田の解放と対になってないことだけは祈ります。頑張れ安倍さん、スイスには立ち寄っちゃダメよ。
筒抜けとの攻防 (伊藤知昭)
2017-03-21 08:04:36
BB様、諸先輩の皆様

何時も御世話になり、有り難う御座います。

既に皆様が御指摘なので、ネットに流れる関連記事を貼らさせていただきます。
脱税女帝が海外絡みで動くなら、世間で言われる富裕層の遺産相続で類推するのが最も解り易いでしょう。

[  2017年から CRS (共通報告基準)施行 あなたの海外口座が各国の税務当局の間で自動的に交換される  -  ( マネーの達人 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2017年01月17日(火) 05時00分 配信  執筆者:玉利 将彦  マネーの達人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00010000-manetatsun-bus_all

本文の項目。

 ◎ 「 CRS = Common Reporting Standard (共通報告基準) 」

   口座保有者の氏名
   住所
   納税者番号
   口座番号
   利子・配当等

 ◎ 徴税方法は大きく分けて2種類

   ■ 属人主義
   ■ 属地主義

 ◎ 多くの国の税務当局が頭を痛めているもの

   ■ 例えば …
   ■ 問題の解決に最初に動いたのは属人主義のアメリカ

 ◎ 属地主義の諸国が協調して作り上げたかたち

   ■ 2017年度の CRS 適用国(2016年分以降の情報を報告)
   ■ 2018年度の CRS 適用国(2017年分以降の情報を報告)

ざっくりと説明されていますが、ベルギー・オランダと韓国は 2016年分以降が引っ掛かっています。
日本と中国、さらに記憶に新しいパナマとスイスやサウジアラビアについては、2017年分から困る富裕層が続出するでしょう。

そのような世界の流れで興味深いのがアメリカです。
ブルームバーグの記事を引用させていただきます。

[ 「皮肉、いや奇妙」 ― スイスの銀行たたいた米国が租税回避の新天地  -  Bloomberg  ]  2016年01月29日 07時47分 JST  Jesse Drucker  Bloomberg
h
ttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-01-28/O1NVDS6JIJV101

原題: The New Switzerland: Rothschild Promotes U. S. as World Tax Haven (抜粋)

抜き書きになります。

 >  昨年9月、サンフランシスコ湾一望の法律事務所で、ロスチャイルドのマネジングディレクター、アンドルー・ペニー氏は世界の超富裕層がどうすれば税を逃れられるかについて話をした。
 > そのメッセージは明快。
 > 顧客の資産を米国に移してあげれば、他の国・地域の当局に情報が行くこともなく税金支払いも免れるというものだった。

 > 米国を新たなスイスと呼ぶ向きさえある。

 > 米国人富裕層のオフショア資産隠しを手助けしているとして他の国・地域を激しく非難してきた米国が、外国人富裕層から世界でも指折りの租税回避地として注目を集めている。
 > 銀行口座に関して政府間で情報交換できる共通報告基準( CRS )に米国が署名していないため、同国は金持ち外国人からみて資産の隠し場所として申し分のない新天地になりつつある。
 > こてにロンドンの法律事務所やスイスの信託会社などが目をつけ、富裕層がバハマや英バージン諸島から米ネバダ州やワイオミング州、サウスダコタ州に資産を移す支援業務を行っている。

     ……… 以下省略 ……… 

日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。


恐れ入りますが、入力ミス等は後日対応させていただきます。

御多忙中、大変失礼致しました。

   
衝撃でした (ゆきんこ)
2017-03-21 13:16:50
偶然でれでれ草さんのブログを読み、あまりのことに呆然としました

フェイクなのか、他にこの件について発言はないかと検索し、こちらに辿り着いたものです

まさかまさかと思いましたが、信憑性が高く、なるほどと思わざるを得ません。ご公務がしんどいと発表された割に、活発な海外公務だなあとは思ってましたが、そういうことでしたか…。

森友問題のように、マスコミは小和田氏拘束について報道するのでしょうか。巨額脱税とは思いも寄らず、末恐ろしいです

秋篠宮家の1日も早い御即位を心より願います。
闇の世界権力との癒着 (やまと)
2017-03-21 22:05:12
下は「時を斬るブログ」の、同様のメープル様告発記事に19日にコメントさせていただいたものですが
なんらかBB様、皆様の参考になればと思い送信させていただきます。
==================

一ヶ月ほど前、小和田恒は皇室資産を盗もうとしたのではなく資産の引出しを皇室から託されたのではないでしょうか、
と伏見様の記事にコメントさせていただいた者です。

皇室は生活に必要十分な公費は賄われるうえ、兆に届くほどの資産を持っていても自分達では使いようがないのですから、
相続税節税を意図するのはあまり意味がないように思います。
仮に大変な経済的環境の中にある日本国民のために分配するなら良いことのような気もしますが、
税金として国のほうに回るのも同じことのようにも思います。

鬼塚英昭氏(2016年1月に他界)などの作家が真摯に究明してこられたことが事実ならば、
皇室は、明治維新を経て明治天皇や昭和天皇の代から世界の闇の権力(いわゆるサタニスト、NWO)ともつながりつつ、
国民を裏切り売り飛ばすようなことに手を染めながら莫大な財産を蓄えるという、あまりにも深い闇の歴史を経てきています。

このたびの今上陛下の生前退位表明から小和田氏スイス軟禁の件は、
当初は両陛下が引退して一般人として悠々自適にお暮らしになりたいためかと考えたのですが、
2019年1月までの皇室や宮内庁関係者一団での海外亡命を考えておられるのではないかと、今は思います。

全てを隠したまま逃亡するのではなく、M女史様も書かれているように、
国民にすべてをありのままに話して下さることが一番よいのではないかと思います。
天皇財閥 2017-03-22 20:41:55 綏靖 さま (BB)
2017-03-22 21:17:50
直リンはご遠慮ください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。