BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

日本が普通に好き。 右も左も興味ない是々非々主義です。

コメ欄から拾った皇后陛下論 2

2015-02-09 | 東宮雅子妃問題

先稿に続き、コメ欄から任意に抜粋した、皇后陛下論です。

BBを皇后陛下貶めを画策する者というごときことも、言われているようですが
古い読者の方はご存知のように、むしろ皇后は擁護してきた方です。↓

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/18ecd264ac02dc4be746e2e1eb380087

それが、首を傾げるようになった経緯は先稿に述べました。
GHQの押し付け憲法に関わったベアテ・ゴードンと皇后陛下との親交などは、うかつなことに初めて知り、皇后陛下とGHQとの接点を目の前に突きつけられた思いで愕然としています。ああ、それなら「A級戦犯」とも、おっしゃるであろうと・・・。

ベアテ・ゴードンは男女同権主義者ですが、わずか23歳のアメリカ女性が日本国の憲法起草に関わるなど、いかにGHQアメリカが、日本を見くびっていたかわかりますね。

見くびっていたものの、彼らの皇室/日本弱体化政策は周到でした。

皇后陛下のご親友緒方貞子さんが、女性宮家創設・愛子天皇擁立を
有識者会議で主張していたことなども、今頃知って愕然としています。
見ないようにして来た負の部分なのだと思います。

いまだ惑いつつ明確な結論得ぬままに・・・・・

以下はコメ欄からの任意抜粋です。読者の皆様の思索のよすがにどうぞ。結論はどうぞ、ご自分で。HNは外しましたが、転載を嫌だという方は
お手数ですが、ご一報くださいませ。

皇后陛下と“GHQ”との交わり 

 

皇后陛下とGHQは密着していました。

以下は某サイトさんからのコピペです。

【今日(2013年4月30日)の朝日新聞・朝刊に、ニューヨークで開かれたベアテ・シロタ・ゴードンさん追悼式の模様が報じられていました。


この記事の中で最も注目すべきは、美智子皇后が侍従長を通じてベアテさんの遺族に伝えられたメッセージです。

ベアテ・シロタ・ゴードンさん のお名前をどこかで目にした記憶があったのですが、美智子さまのお誕生日の宮内記者会の質問に
対する文書ご回答でした。

「この1年も多くの親しい方たちが亡くなりました。阪神淡路大震災の時の日本看護協会会長・見藤隆子さん,暮しの手帖を創刊された大橋鎮子さん,日本における女性の人権の尊重を新憲法に反映させたベアテ・ゴードンさん,映像の世界で大きな貢献をされた高野悦子さん等,私の少し前を歩いておられた方々を失い,改めてその御生涯と,生き抜かれた時代を思っています。
先の大戦中,イタリア戦線で片腕を失い,後,連邦議会上院議員として多くの米国人に敬愛された日系人ダニエル・イノウエさんや,陛下とご一緒に沖縄につき沢山のお教えを頂いた外間守善さん,芸術の世界に大きな業績を残された河竹登志夫さんや三善晃さんともお別れせねばなりませんでした。」

皇后陛下の「A級戦犯」発言で、侃々諤々となりましたが(といっても、擁護論は一人が頑張っていただけですが)
ベアテ・シロタ・ゴードンとの親交と発言支持で、皇后陛下もまた九条信奉であることが、わかっちゃいましたね。それも、よりによってGHQ傘下、ベアテ・シロタ・ゴードンとの密着ぶりで。左翼さん、親米さん。トホホです。強制の慰安婦の存在は肯定して、韓国寄りだし。



丁度、塩野七生著「絵で見る十字軍物語」を図書館から借りて眺めていました。

一神教のなんたるか。
他宗教とは決して共存しないというのが第一義に上がると思います。
神道とは決して相容れないことを改めて確認しました。
聖書を少し読めばわかる事なのですが、一神教の神は、嫉妬深く、唯一絶対。
共存などあり得ません。

それなのに、何故未洗礼であるとはいえ、キリスト教に帰依していると思われる方が入内したのか。
周囲にキリスト教信者が多いのか。
「目的があるから」と推理してしまいます。
イエズス会の宣教師が、異教徒が住む未開の地に命を賭して布教に向かった、あの苦難を思えば、信仰心が篤ければ篤いほどミッションに向かって燃えるんじゃないでしょうか。

南米で暴虐の限りを尽くしたピサロ率いるスペイン。
先住民から土地を奪い、今も狭い居住区で生きることを半ば強制している(違っていたらすみません)アメリカ。
日本がそうでないのは、「人」に利用価値があるからと、これも推測ですが。

ぜ今までこんな単純な絵柄が見えずにいたのか。
思い込み。善意の思い込みによる美化。

何の事はない、日本国の皇后陛下が日本弱体化・皇室弱体化施策のGHQと、韓国捏造慰安婦のスポークスマンでした、とさ。
 
>未洗礼であるとはいえ

いやぁ、疑ってます。


入内が取り沙汰されるようになってから、「なかったこと」にされた可能性も感じます。可能ですから。

当時のカトリックが日本にトップダウンの布教を考えていたとしたら、思惑がGHQと結びついて・・・・・というストーリーはあるかもです。
 マッカーサーの命により、“日本国憲法”案を1週間で創ったホイットニー准将とケージス大佐はいずれもニューディーラーと言われる社会主義者。
チームの一員である、当時23歳の通訳であったベアテ・シロタ・ゴードン。彼女の父親であるレオ・シロタは、ゾルゲ事件の際にスパイ容疑をかけられた人物であり、その娘であるゴードンも、共産主義思想に傾倒していたと言われています。
日本共産党をはじめとする反日サヨクが、普段はアメリカを全否定する割に、アメリカが創った“日本国憲法”護持を声高に主張するのもむべなるかな。

戦前のアメリカで広まっていた日本貶めプロパガンダの影響もあって、「日本は人権意識のない遅れた土人国家」であると認識していた彼らが上から目線で押し付けてきた“憲法”案。
シェイクスピアを暗誦するのが趣味で、日本外務省随一の英語の達人だった幣原喜重郎は、内容のトンデモ振りもさることながら、それ以前に、文章の稚拙さに「貧しい英語だ!」と憤慨しました。
クイーンズイングリッシュに慣れていた幣原にとって、野蛮で変な言い回しの米語は、我慢ならなかったのでしょう。

記紀の時代から君民ともに人権意識を持ち、2千年以上の歴史を持つ我が国に、国際法の何たるかも理解していない、たかだか建国して数百年の連中が、訳知り顔に上から目線で、意味不明でガサツな憲法案を押し付けてくる不条理さ。。

当時23歳のゴードンと、美智子皇后。ともに、悪意がなく善意の発露による行為なのだと思います。
ある意味、悪意よりも善意の方がやっかいかもしれません。
完全に誤った認識の上に成り立つ、頓珍漢な善意を押し付けられる側は、たまったもんじゃありません。
ありがた迷惑の極地です。


「洗礼」を受けないか?と、「勧誘」(という言葉は違うのしもかれませんが)を受けたことがありますか?

私は自分がカトリック系の幼稚園に通園した経験があることから、子供たちに「キリスト教の世界」を会得させるのも教育の一環かと軽い気持ちで子供とミサに参加しましたら。

3回参加して、その教会の長老さん方から「洗礼」を受けないか?と、かなり強く言われ。
それで、その教会通いはおしまいになりました。

後年、「教会と洗礼」ということで、ちょっと調べると。
教会が何人洗礼者を出したのか、というのは、各教会の布教活動の成績につながるらしく。
信徒にする(洗礼者を増やす)、ということは、教会の大きな役割でもあるそうです。

「洗礼」を皇后陛下が受けておられない、というのは非常に不思議な話だと改めて思います。あのご家族の環境で、娘さんが非受洗ってあるのかなぁ……と。
代々カトリックの家庭なら、皇后陛下も幼児洗礼を受けておられますよ。当然のことです。
 
>日本における女性の人権の尊重を新憲法に反映させたベアテ・ゴードンさん
>私の少し前を歩いておられた方々を失い,改めてその御生涯と,生き抜かれた時代を思っています。

「女性の人権の尊重を新憲法に反映させた」
「私の少し前を歩いておられた方々」

この言葉と、本来の日本の皇室の価値観は合わない、異なると思います。
今のような状況下で、皇后様として出されたこの言葉を見ると、虫唾が走ります。
やはり伝統よりも「改革」と言う名の「破壊思想」なんですね。
皇后様を良しとしてきたけれど、違うと分かりました。
これは、日本が、戦後良しとしてきた、思わされてきた価値観の崩壊の始まりだと思います。
目覚める人が増えて欲しいです。


 吉永小百合さんのお名前が出ましたが
彼女も9条の会の賛同者の名簿にお名前がありますね。
http://www1.jca.apc.org/iken30/Doc/9jounokaiSanndousha190mei.htm


吉永小百合:直筆メッセージ公開「美智子さまへ」平和への祈り25年目に贈られた“絆のお言葉”【吉永小百合】
http://jisin.jp/news/2454/1701/

>7月9日に東京・渋谷のNHKホールで行われた『吉永小百合 平和への
>絆』コンサートで原爆詩を朗読した吉永小百合。そこに突如、美智子さまが
>ご来場されたのだ。

吉永小百合語り合った51年の軌跡「美智子さまから励ましと感涙の言葉」
http://jisin.jp/weeklyarticle/2469/
 
 
今はこうしてネットの片隅情報だけど、いずれ世間にも少しずつ知れ渡りますね・・・・

東宮と雅子妃問題も最初は聞く耳、持ってもらえなかったけど、今は徐々にでも知る人が増え始めてる・・・・・

しかし、なんで今まで気づかなかったろう・・・・

疑ってない時って、目の前に事実が転がっていても見えないんですね。そして見え始めると、一気・・・・。
  
 
本当に、どうして今まで気が付かなかったのだろうと思います。
ずっと前からヒントはあったのに見ざる考えざるで、美智子さんについて、全てに良いように解釈し続けて来たのはやはり日本人の生まれ持った性善説ゆえなのでしょうか。それとマスコミの異常な後押しにも騙され続けてきました。

失語症で散々長いこと世間を騒がせたあげく「もう大丈夫、私はピュリファイpurify(浄化)されました」と言ったそうですが、普通こんな言い方しますか?。
もう少し他に言いようがありそうなものをと疑問には思いつつ、それでも日本人は「あぁ良かった皇后様の失語症が回復した」なんて喜んでさしあげてきましたね。

 

こんなにもカトリックと深く関わっていたのかと…
美智子様を工作員とまでは考えていなかった私ですが、ここまで来ると時代背景からも仕組まれたのは明白ですね。
陛下は美智子様の一番の支持者であると思われますので、東宮推しであり、
もし東宮が次期天皇となればその結果の祭祀の簡略化、または大幅な削減となるでしょう。(。-_-。)


美智子さんと雅子さんは、コインの裏表なんですよ。
いずれも、GHQの皇室弱体化の流れに乗って
皇室に入り込んだ女性です。双方、周りのお膳立てで、でも恋愛の形を取り、皇太子の熱望により、と
判で押したような嘘。男のほうが夢中になったのは、
そう仕向けたから事実ではあるでしょうが、異性に免疫なく、風俗にも行けない男性をその気にさせるのは、さして難しくはないです。
雅子妃の出会い細工はもう有名ですが、皇后陛下と今上との出会いも仕組みに仕組まれたことが、もうばれつつあります。

腹に一物ある連中が押し込んだのです、皇后陛下も雅子妃も。だからお互い同じ穴のムジナ。

“1945年5月、米軍の完全に国際法違反の非人道的爆撃により、東京は焼け野原となり多くの一般市民が犠牲となった。

皇居も明治宮殿他27棟が全焼。

陛下は「そっか焼けたか。これでやっと皆と同じになった」とつぶやいたそうです。

住まいを失った陛下は防空壕で暮らす様になった。

陛下が暮らしていた防空壕は地下深く掘られた御文庫付属室。水が染み出しポタポタ落ちる。スーツを吊るして置くと、一両日で絞れる程の水を含む酷い湿気だったと言います。

侍従の者が「こんな場所に住まわせては置けない」と御所の新造を提言するも「世の中には住む家の無い人も居るのに、私はこれだけの物が有るのだから」とアッサリと却下。

戦後の混乱期を乗り越え、世はミッチーブーム。

昭和34年、日本国民は皇太子殿下、美智子妃殿下の御成婚を華やかに祝う。

その時ですら、昭和天皇、香淳皇后は防空壕で暮らして居た。

それからさらに2年、終戦から16年経過して、やっと新たに建てられた「吹上御所」に移られた。

「こんな良い家に住める様になったのも、皆んな国民のお陰だ」とおっしゃられた。”

「天皇とは何か⑥(昭和天皇は防空壕で暮らしていた)」
~アジアチャイルドサポート代表理事 池間 哲郎氏FBより ~


平成になり、60億もの費用をかけて完成された吹上新御所。

これまでは「新しい御代になったのだから、新御所を建設しても非難されるべきではないのだろう。先帝が愛でられた自然林の伐採は理解しがたいし、いくら何でも60億はかけすぎだけど…」と思ってきました。

しかし、昭和天皇が戦後ながらく防空壕に住まわれていたことを鑑みると、やはり、どう考えてもオカシイと思わざるをえなくなりました。
 

BBさまが以前仰られていたように、まさしく仕込まれた時限爆弾だったのですね。
日本人の精神、魂の部分の破壊。
皇室を壊してしまうのが一番手っ取り早いわけですものね。
アメリカの精神的植民地、ATMと言われて久しいですが、最後の砦、それが皇室。
それにしても、秀吉がすでに宣教師の本当の狙いを見抜いた時代から、こう何度も布教を隠れ蓑にして、国家侵略を狙う白人たち。
そのおこぼれを特亜が奪おうとしている。
 
平成流 
そう呼ばれてふと考えれば昭和流とは?ではその前はと?私的な訪問や鑑賞やただの趣味や個人的なお付き合いでのお出ましも辿れば一つに繋がり

今までは口に出してはいけない、長男夫婦に疑問嫌悪、怒りからの廃退子を願えど両陛下には結びつけるは控え別問題と言い聞かせて来ましたが…

祭祀簡略化、お出ましせず翌日検診や、この度の皇后陛下の日帰り鑑賞等々で昨年からの雅子への気遣いやA級戦犯発言でもはや別問題には出来なくなりましたよね…

ある記事から皇后陛下の出自、と言いますか正田邸の地区は皇后陛下が皇室に嫁ぐと言う事で○○地区にはならなかった経緯が書かれてまして真偽の程は解りませんが

今の時代だからこそブームは終わり点が線にを痛感しております…BB様が両陛下に問題を言及しなかった流れ、敢えて今回問題にされた流れは凄く解ります…
おそれ多くてとの皇后陛下が仰る言葉以上に常に同等との意識は所作や態度や行動に随所にもう表れていらっしゃいます…

陛下と腕組みされる画像に私は陛下あっての自分、されど自分あっての陛下と映ります…不敬承知で言えば年老いての恐怖と執着も垣間見えてしまいました…

ただたんに外国の王室を真似て?そうであっても微笑ましいとは感じられず、皇族華族の嘆きが昔はなんて意地悪な!と感じてたのに今は…解るようになりました…長文の拙い感傷感想すみません…
 
 
美智子様、若い頃の和装写真、

そりゃ、ないわ!と
思いましたよ。

私の母は、一般家庭だけど、まともに着こなしてたわ!

なんか、雅子と同類。
でも、雅子は、不器用で。

紀子妃は、器用で、そつなく振る舞えて。

不器用な皇太子夫婦が、可愛いのね。
 
 この件に関して竹田恒泰さんはどう思ってるんでしょう。あの人神道盲信という感じですけど、まあ天皇陛下には全てを肯定し従うのみっていう姿勢のようなので、知ってても知らん顔なのかな。それとも信仰の自由です!とか。



余談ですが、12月24日(25日?)がキリストの誕生日というのも、キリスト教に改宗しやすいように?元々南ヨーロッパにあった土着の太陽信仰の祝の日を乗っ取ってその日をキリストの誕生日にしたとか…。


【緒方貞子。これ、日本をATMにしている、反日連合・国際連合の人間で、しかもカトリックなんです。それが皇后と親しい。】

【周辺全部、カトリック(中にはプロテスタントかカトリックか解らないのもいますが、おそらくカトリック)】

まとめました。

◆皇太子妃選出に指揮を執った小泉信三氏はカトリック(正田家とは遠縁)
◆妃選出の皇太子妃選出キーマンは他に田島・黒木2氏だが、これもクリスチャン。
◆入江日記の入江侍従長は神道嫌悪のクリスチャン。
◆皇后になってずっと仕えてた女官長もクリスチャン。
◆皇后陛下と親交ある宮城まり子もクリスチャン
◆同じく親交ある曽野綾子もカトリック
◆修道女たちとの親交
◆濱尾さんもカトリック(いとこが枢機卿)
◆反日なのに皇后陛下とは親友のヒラリー・クリントンもクリスチャン
◆小和田恒も関係深い反日国連の要職2つを務める緒方貞子も皇后の親友でカトリック教徒
 
皇后陛下の親友ヒラリーは 
 
安倍総理の靖国参拝を口を極めて罵った人。
 左翼は麻酔の夢の中 

後藤夫人は緒方貞子元JICA理事長秘書だった、と文春にも記事が出てました。

 村岡花子

BSA朝日の番組の番線みたいですが、BS朝日の番組企画って言うのが、既にアレですし、この動画中、流産の時にどうしても会いたかった人として、村岡花子さんの名が出てきました。
詳しく知らないけれど、もしやと思ってザックリ調べたら、村岡花子さんは、キリスト教なしでは語れないと言うほど、キリスト教に根ざした方らしいですね。
辛い時に求めるのは、キリストの神様なのですね。
いいんですよ、世界中に色んな宗教があるし、仕方ないことでしょうが、そこまでキリスト教を軸にしている状態では、本来、皇室に居てはいけない人だったのではないでしょうか。



皇室スペシャル 美智子さま 傘寿に込められた想い
https://www.youtube.com/watch?v=ygkjEA6GwN0

ICUは聖心に比べて、キリスト教色は薄いですよ。
聖心は世界42カ国に170校の姉妹校があり、総本部はイタリア・ローマにある。大学構内には聖心会日本管区本部のほか、付属研究機関としてキリスト教文化研究所、カトリック女子教育研究所が設置されているなど、もろカトリックです。

同大学のキャンパスは元の久邇宮邸で、戦後の宮家の財政難に手放された敷地です。香淳皇太后はこの敷地から皇居に嫁入り、美智子さんもまたこの敷地にある学校から嫁入り。対照的な二人の、因縁物語です。

敗戦により逼迫する神道宮家。一方は粉で財をなしつつある、カトリック商家。



村岡花子は、朝ドラの「花子とアン」で一躍有名になりましたが、反戦思想を売るのに利用されてましたね。
で、現在は外人のお嫁さんで、主人公の夫は日韓ハーフが演じています。露骨・・・・

倉岡花子は、基督教文筆家協会(現日本クリスチャン・ペンクラブ)初代会長

著書に「マリヤさま 聖母ものがたり」

皇后陛下に、神道系や「日本」に関わる交流は皆無、キリスト教ばかりです。

 

両陛下のお言葉は、御発言なさる前にチェックする方はいないのでしょうか?

新潟県南魚沼郡湯沢町版の「九条の会」のブログに、両陛下のお言葉について書かれています。
やはり、都合よく利用されてしまったのかと思いました。

http://yuzawaheiwa.blogspot.com/2014/11/blog-post_7.html

でも、私の中では昔から天皇は必要だと思い、尊敬していました。そして、ネットがない頃は雑誌を、ネットをするようになってからはBB様を始め色んな方のブログを読むようになって胸にあった小さな小さな違和感がハッキリしたのです。
幼い頃からテレビで見てたのはお二人(平等)ではなく、皇后美智子様(の存在だけが前に出てた、主張されれた)だったと。
お二人仲良くを見るのは幸せを見せてる?象徴してるのかもしれません。
でも、それでは天皇という存在が霞むんです。天皇陛下ご自身の存在ではなく、『天皇』が。
私は別に男尊女卑ではありません、対等だと思ってます。ですが、天皇皇后両陛下は物凄い立場の方だけど、それは天皇だけであって、皇后は御結婚されたからこそ、そのような立場になったんだと思います。
香淳皇后が低頭するのは、やはり天皇を夫ではなく天皇陛下として理解しているから。
お二人仲良くされてる・夫婦としているのはプライベートの時や写真であり、公の場だと陛下の立場を理解し、たてているのが分かります。
しかし、美智子様はプライベートな時でも公務の場でも、天皇とは夫婦・同じ立場、明仁と美智子なのです。発言も然り。
いつから美智子様は天皇と同等になったのでしょうか。むしろ、天皇より強く見えます。

 
ゾッとする事実 愛子天皇画策が皇后陛下のカトリック親友 
 
皇后陛下のカトリック親友、緒方貞子は女系天皇肯定、第一子を皇太子に、の説を唱えていました。

つながっちゃいましたね。

皇后陛下、ほぼ間違いなく可愛い長男の娘を
天皇にさせたがっていますね。
このところの、雅子妃へのかばい方、立て方・・・・

ちなみに、後藤さんの妻が緒方貞子の秘書を務めていました。たぶんキリスト教つながり?

緒方貞子は持ち上げられている割に、国費からさんざんお金を国連関連に持ち出したりして、いかがなものかと思います。国連は小和田恒も噛んでいて、敗戦国条項をいまだ日本に対して持っている反日組織で、超反日の潘基文が、韓 昇洙と共に皇太子を取り込んでいます。

以下は、皇室典範をめぐる会議の記録。


女性天皇及び女系天皇を認める。
皇位継承順位は、男女を問わず第1子を優先とする。
女性天皇及び女性の皇族の配偶者も皇族とする(女性宮家の設立を認める)。
永世皇族制を維持する。
女性天皇の配偶者の敬称は、「陛下」などとする。なお、女性天皇の配偶者の具体的な呼称については触れられていない。
内親王の自由意志による皇籍離脱は認めない。

皇室典範に関する有識者会議のメンバー

岩男壽美子(武蔵工業大学教授・慶應義塾大学名誉教授、男女共同参画審議会会長 女性学の大家)
【緒方貞子(国際協力機構理事長)】
 岩男壽美子=男女共同参画審議会会長 女性学の大家


愛子さまを女帝に、の結論先にありきの人選ですよね、
皇后陛下親友、緒方貞子と共に。

典範改正がなっていたら、皇室終わりでしたね。
崖っぷち。
悠仁さまのご誕生が、実に実に奇跡です。

それでもまだ、皇后陛下は長男の第一子、愛子さま天皇にこだわっているようですね。
 
 
「音楽・九条の会」呼びかけ人リストをみると、故三善 晃氏の名前があります。
著名な音楽家の演奏会などの芸術に御招待する裏には、もしかしたら、両陛下を政治的利用しようとしている輩がいるかもしれないという不安が募ります。
両陛下が音楽会にお出ましになるのは、芸術鑑賞だからだと思いたいです。涙。

「音楽・九条の会」賛同のお願い
http://ongaku-9jo.sakura.ne.jp/yobikake2.pdf

また、unknownさんのコメントにあった九条の会会員リストに
白柳誠一・カトリック枢機卿(日本人では4人目)の名前があり、勘ぐってしまいました。
 
>皇后陛下に、神道系や「日本」に関わる交流は皆無、キリスト教ばかりです。

皇太子様のお妃候補で、輿入れ準備をして下さり、散々待たせた久邇晃子さんを袖にしたのは、神道に使えている久邇晃子さんの父親の存在もやはり避けたかったのでしょうね。
元宮家などは、神道や仏教に理解が深いでしょうから、なおさら遠ざけたかったことでしょう。


GHQ が日本と皇室に仕掛けた、壮大な弱体化を見破った考察、そしてさらに、両陛下を通り越した背後の戦勝国の奸計への洞察。
BB様の御考えの深さに感服致しました。
カトリックが日本を改宗させる目論見で、皇室がこのように牛耳られて居たとは、気付きませんでした。
宮中の祭祀と日本の国体が穢された思いで、不謹慎ではありますが、しばらく複雑な精神状態に苛まれておりました。
顔を覆い、ワッと泣き崩れた正田美智子さん (PASSING THROUGH)


正田家に出入りを許されていた唯一の新聞社左翼「朝日」wの佐伯記者。


応接間で美智子さんと母の冨美(後に富美子に改名)さんに号外を見せると、突然美智子さんが、わっと泣き崩れた。美智子さんは両手で顔を押さえていたように思う。冨美さんは「こんな格好をするのは礼拝のときのカトリックを連想させるの」
 
美智子さん
1月30日 光明天皇例祭の儀 欠席
2月6日  三善晃追悼コンサ-ト 静養先よりわざわざご臨席

コンサ-ト会場での美智子さんは、はつらつとしていらっしゃいました。
庶民の嫁でも先祖の墓参りをブッチしてコンサートを優先させる等在り得ません。

紀子さま、佳子さま 1月30日例祭の儀 粛々とご参拝

雅子さんの不埒は今更言葉にするまでも無く。

この平成皇室の大混乱ですが、もしかしたらGHQ介入以前の入江相政が侍従として宮中に上がった頃まで遡ったほうが本質が見えてくるようにも思います。入江の出自を確認して見た所、先帝とは、はとこという血筋的に結構濃い関係にあるようですね。にも関らず自らがクリスチャン
になるという不可解さから、私は、入江の心中は同族嫌悪的な反発を先帝に向けていたのではないのだろうかと妄想してみました。

浜尾さんが、美智子さんを評してクレバ-だがワイズじゃないと仰ったように、入江にもこの言葉が当て嵌まるのではないかと思います。2人に共通しているのは自分が相手と対等な立場にあるという、公に奉ずる精神を欠如した思い上がりと傲慢さです。1934年に侍従として宮中に上がって以来50年間という長きに亘り、陰で天皇、皇后を意のままに操り、敗戦以降はGHQの皇室弱体化政策に呼応し本気で皇室破壊工作に加担していたように思います。おそらくGHQのいちばんの餌は莫大な現生ではなかったのかと・・・・・妄想。

赤い宮さまと言われた三笠宮殿下の妃、百合子さまは入江の姪、祭祀、神事をとても重要視し香淳皇后が全幅の信頼を寄せていた今城女官を女官長にさせない為に、神道系の真の道に汚染された魔女とレッテルを貼り、自分の息のかかった北白川祥子さんを女官長として据え、宮中内でのキリスト教勢力を拡大していたようです。

今城女官との離間工作により、香淳皇后の心身の衰えに拍車がかかったのではないかと言う見解もあるようです。美智子さんは懐柔するまでもなく生え抜きのカトリックとくれば、平成時代のこの惨状の嚆矢は君側の奸臣、入江にあったのではないのか、と考えてみました。

おそらく信子さまもカトリックでいらっしゃると思いますが、美智子さんとの違いはお育ちになった過程で現実的に公に奉ずる祖父吉田茂の姿を見て育ち、ご自分の信仰はお立場上個人的な心の中におさめるべきという聡明な知恵が備わっているのだと拝察しております。

 

九条の会の白柳誠一氏は慰安婦問題の主犯と言われている人ですね。
カトリック東京大司教を長く勤め、1994年日本人4人目のカトリック枢機卿になりました。
慰安婦問題については、日本カトリック教団が国連人権委員会に積極的に
ロビー活動を行った結果クマラスワミ報告書、マクドゥーガル報告書が提出されるに至り、白柳枢機卿は日本政府に謝罪と賠償を求める論文をカトリック新聞に発表するとともに「応じよ!国連勧告」100万人署名運動を呼びかけたそうです。
吉田清治氏はバチカン側の工作員だとかいう説もあるようです。
今まで慰安婦問題の主犯は朝日新聞だと思っていましたが、カトリックも相当深く関わっているんですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コメ欄から拾った皇后陛下論 1 | トップ | コメ欄から拾った皇后陛下論 3 »
最近の画像もっと見る

61 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
皇后が望まれている愛子天皇 (菜の花)
2015-02-09 20:49:10
皇后陛下の親友 緒方貞子(カトリック)という「身内」が参加しての、皇室典範に関する有識者会議。

女性天皇及び女系天皇を認める。
皇位継承順位は、男女を問わず第1子を優先とする。
女性天皇及び女性の皇族の配偶者も皇族とする(女性宮家の設立を認める)。
永世皇族制を維持する。
女性天皇の配偶者の敬称は、「陛下」などとする。なお、女性天皇の配偶者の具体的な呼称については触れられていない。
内親王の自由意志による皇籍離脱は認めない。

皇室典範に関する有識者会議のメンバー

岩男壽美子(武蔵工業大学教授・慶應義塾大学名誉教授、男女共同参画審議会会長 女性学の大家)
【緒方貞子(国際協力機構理事長)】他

そして、天皇陛下のお言葉。


「美智子も親王の誕生を大変喜んでおりますが、
美智子はやはり皇太子の系譜に皇統を継がせたいと申しているんですよ。」 

この発言が載っているのは悠仁親王誕生直後の週刊新潮2006/9/28号です。
怖ろしいです (レオ)
2015-02-09 21:41:25
皆様のコメントを拝見していると、最後に犯人の、更なる黒幕が暴かれてゆく推理小説のようです。
慈愛の仮面の下で改革という伝統破壊がなされてきてしまいました、現在もです。皇室は何よりも伝統が大切な所なのに。開かれた皇室って何が良いのでしょうね。
皇室の予言歌?の「頭に乗せてた葉っぱが落ちた~」は雅子さんの事だと思っていましたが、今は美智子さんの事のような気がしてきました。
美智子さんの入内が決まった時、「粉屋の娘が」と宮妃や旧皇族方(香淳皇后も?)が憤慨なさったということですが、
これは平民であることを蔑んだのではなくて、皆様がコメントで指摘なさっていたように、「日本(米)」ではなく、「西洋(麦)」の娘が入って来るという危機感だったのではないか、と思い直しました。
まとまりのないコメントですみません。
レオ様 (桃実)
2015-02-09 22:51:29
>最後に犯人の、更なる黒幕が暴かれてゆく推理小説のようです

余りにも実感のこもった的確な表現に思わず・・・・。

拍手は不謹慎ですが。
イジメという神話 (ものいうしんみん)
2015-02-09 23:05:47
今思えば、今上の皇后陛下が香淳皇后陛下にイジメられた、周りの華族出身の方々にイジメられたとか、まぁ、そんなマスコミ発の話を信じていました。美智子さまお可哀想。
なんか今のマサカ様お可哀想の構図にソックリ。
しかし、私よりも公の世界、心構えの御指導がマスコミにはイジメと映ったのでしょうか、あるいはマスコミがイジメの構図を作ったのでしょうか。
もちろん、しんみんは、皇后陛下のこれまでのご活動に深く敬意を抱いています。ただ、イジメ神話は皇室弱体化を狙う者には都合が良いのでしょう。
何のご活動もないマサカ様はイジメも何も、適応障害なのだから、皇室に適応しなければお可哀想なことはなくなります。簡単なことです。
ずっと (滋)
2015-02-09 23:13:42
違和感を感じておりました。
控えめを徹底されている様でも、御実家からも周りからも情報発信・提供がある。

陛下からのプロポーズを留保した、一度断った話とか被ります。

嫌嫌だけど、望まれて仕方なく、っていう経緯が。

あの順番、美→徳→愛だと思います。
ものいうしんみんさま (夢笛)
2015-02-09 23:15:30
イジメの真偽は諸説で私にはわかりませんが、ただ素朴に思うこと。


イジメられてる人が、しじゅう流行の最先端で、ときに奇矯なまでのファッションでスターしてられるのかな?
当時の皇后陛下が時代が変わっても古びない、ごくスタンダードな洋装をなさっている時に、ヘアも最先端で女優ポーズ。もっとも、イジメられる要素ではないの?


当時の皇后陛下が「お上」と天皇を呼び、距離を開けている時に、べったりべったりしなだれかかって、これイジメられてる人が出来ます?
もっとイジメられるの恐れて出来ないでしょ、普通。

空港無視事件はカメラが入っている時の出来事なんで、当時の皇后さまがわざと見せつけるようなことするかなあ。

したとしても、女優気取りで皇太子にホステスみたいに、イチャイチャくっつきまわる皇太子妃に、たまたま
むかついてた時じゃないの?

それとも、そんなもの屁で吹き飛ばすくらい、性根が強いの?
疑惑妃二人 (まゆり)
2015-02-09 23:30:47
周りが仕組んで、皇太子の前に置いてけしかけた成婚なのにいかにも自然発生風「皇太子が見初めて夢中」シナリオも、雅子さんと共通。雅子さん、テニスド下手で盛り上がらなかったけど。

すねると別荘や、御用邸に長期に閉じこもるとこも。
批判されると、一方は失声、一方は適応障害のご体調。大体イジメられてる美智子さんが、長期にストライキ可能なの?

一方はGHQ仕込みのカトリック、一方は外務省は小和田仕込みの創価が勢力。

正田家は、小和田家と違って皇室と一線を引き、けじめがある「さすが」と思っていたけど、今みたいにマスコミが発達していなかったのと立ち回りが小和田みたいに不細工じゃないので、もれなかっただけ。
皇太子と子連れで実家に帰り、ご飯まで食べて、子どもたちは先に帰し、深夜まで談笑。母親とは専用ホットライン、母親もしじゅう御所詣で。

母親はなんで名前変えたの? 冨美から富美子。
あの時代の日本の女性にしたら、えらくでっかいわねえ。
上海育ち。あら鳩山幸の母親と同じ経歴ね。

・・・・・ちょっと意地悪過ぎるわね。
でも、A級戦犯発言とか、韓国へ謝罪に行きたいとか、強制慰安婦がいたと言ったに等しい言動とか・・・・もはや疑惑のレンズ越しにしか見られなくなったの。
GHQ が毀損した皇室。 (伊藤知昭)
2015-02-09 23:45:28
BB様、

御多忙中、何時も御世話になり有り難う御座います。

仮定の話になります。

[決して許すまいヤフオク事件]
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/a089659fecc0275c61e3e16011e68ac3
[雅子妃が踏む「踏み絵」]
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/2ed8d3bab859cd6e62de8433bb7ca8d8
[「恥ずかしや」これが日本の皇太子とは 【拡散希望】]
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/0ab6d140c2ee1058ad1c47d9b36bc511

これらの問題の原因は、GHQ が日本弱体化政策を周到に推進した結果であると考えられます。
若い女性が起草に加わった日本憲法、そこで主張されている男女同権が、回り回って巧妙で不審な紛失事案を発生させたり、BB様が実例を挙げておられるように、皇室の有り様を変質させて仕舞いました。
これらは、国民から皇室や皇族を糾弾させ、信頼関係に亀裂を仕掛け、国体を弱体化する罠でもありました。
もし本当に用心深く、万世一系の伝承に使命感と情熱を注ぎ込んでいれば、有り得ない現象だったでしょう。

ここではカトリックが神道を凌駕している話には、立ち入りませんが、顕著に公務の意識が欠如し、通常の当事者の精神管理の体制が崩壊しています。
一般的な責任感に満ちた人々であれば、こんなだらしない事態に陥る危険性は、考えにくいでしょう。
国民からこのような疑問が出されたり、糾弾に近い反発を惹起させるのは、GHQ の思う壺だと分からないのでしょうか。
米国は皇族と国民を離反させ、皇室を消滅させる奸計で数十年も虎視眈々と狙って来た事を察知出来ないものなのでしょうか。

繰り返しますが、GHQ が日本を辱しめる為の悪巧みの名残と、貶める為に工作した在日の記事を貼り付けます。

["A級"「戦犯」ってなに‥‥Vol.2 終戦、靖国‥‥]
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/474686a2cae5c1b28cba917ceeda5583
[「在日」は米が仕込んだ"実弾"だったか]
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/07cb2fe53bd8fa749980542a5025364e

最後に、BB様の記事から、東宮関係の皇族の方々に今一度噛み締めて戴きたい、人としての願いと祈り、そして祭祀を載せます。
大津波の犠牲者の残酷な場面が有ります。
心臓に負担の掛かる方は、御覧に為らないでくださるよう御願い致します。

[祈]
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/5ab7d62c73c51abf51c12125fc6b9e35
[神々の刻印 ~皇后のすなる祭祀~【拡散希望】]
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/2fb2a2200678024b84c6319faf52d18d

こちらの国難が皇室に忘れられぬように、そして祭祀が美智子皇后の代で途絶しないよう祈念しつつ、失礼致します。
Unknown (八重子)
2015-02-10 00:32:43
喜久子さまに帽子の角度を直されてもすぐ元に戻すとか、他の宮様にキリスト教について語り昭和天皇に厳しくお叱りを受けたとかいうエピソードに一瞬違和感を覚えたものの、気のせいだとしてその引っ掛かりを殺してきましたが、もはや。
入内を猛烈反対なさった方々からしたら今頃「だから言わんこっちゃない!」という感じでしょうかね…。
ミッチー・ブームの正体 (みぃ)
2015-02-10 00:39:16
『民間からの輿入れ=ミッチー・ブーム=開かれた皇室』に踊らされた日本国民。


戦後の新しい憲法下での民主主義国家にふさわしい、皇室の伝統に新しい風を吹き込む皇室改革者としての美智子様。

戦後の価値観って、GHQによる勝戦国側にとって都合の良い日本統治の為のもの。


皇太子には、天皇家の伝統的な子育てを否定する価値観を植え付けたんでしょうね、温かい家庭を知らず特殊な伝統の中で育ったと、それ故一般的な家庭で育った女性に憧れるように仕向けたのかな。


皇室の伝統を守ってこられた香淳皇后と華族出身の女官とって美智子妃殿下は、正に民間出という世論を味方につけ、皇室に送り込まれた『開かれた皇室』という名の下で皇室の伝統を破壊する為の尖兵だったのでは。(その尖兵の資質として選ばれたのがカソリック)

それを嫁姑の軋轢のように報じたマスコミ。

『戦後の』『開かれた』『民主主義』…これら全て勝戦国側の価値観を日本に植え付け日本を支配する為のキーワード。

それ故、美智子妃殿下と繋がる緒方貞子などの反日国連の関係者。そしてそれらはさらに小和田へと続き日本棄損反日思想の朝鮮人血統による皇統乗っ取りの為の女系天皇論へとなって今に至るのかしら。
不勉強を恥じてくださいね。 (Unknown)
2015-02-10 01:31:05
>緒方貞子さんが、女性宮家創設・愛子天皇擁立を
有識者会議で主張していたことなども、今頃知って愕然としています。

今頃やっとこんなことに気づくなんて こんだけ派手なブログやってるわりには不勉強だとおもわない?頭悪すぎ。
名無しへ (秋葉)
2015-02-10 01:37:24
>見ないようにして来た負の部分

って書いてるの見えない?
皇后陛下をかばう余りに恥じていますという
ニュアンスが読み取れないのね・
頭わる・・・・・。 


第一、知ってたんならなぜ皇后記事の時、書き込まないのよ、
バカみたい。後出しジャンケンで今頃w 

知らなかった? いいえ、「派手なブログ」って言うのは存在を知っていたからでしょ?
粉屋のみっちゃん (あらら)
2015-02-10 01:38:47
って、皇族はもとより、国民も皆心の隅で思ってましたよ。
だって事実なのですからね。
勿論皇室の一員としてご尊敬はしておりました。普通に。
でも64年もの長きにわたりまだまだ続くと思われた昭和の時代が終わり、
さて平成ということになった時、「今度は皇太子様が天皇陛下になるんだね」ということはすんなり理解できたのですが、その後ワンクッションおいて「はっ、じゃ~美智子さん、皇后陛下になるんだね!凄いな~」と思わず友達に言ったのを覚えています。
意地悪でなくて、それまでずっと皇太子殿下・美智子妃殿下というセットで、普通に敬愛していたのですが。
それでも、国民として、粉屋のみっちゃんが皇后陛下になるんだな~、とただただ凄いと思いました。
私でさえこうなのだからもっと年配の方の思いはいかばかりだったかと思います。

それから幾十年たち、いきなり文仁親王がご婚約発表。
そのニュースを知った時、ド庶民の私ではありますが、お相手の家柄はどんなのだろう、とまず何よりもそれが一番気になりました。
何しろ粉屋の娘だったからな~、粉屋の次はどうなのよって。
そうしたら、学習院大学教授の娘さんだということで、「あぁ良かった、それなら良いわ♪民間からとっても適格な出身の人を見つけてきたな~」とほっとしました。
またこれが超素敵なお嬢さんで、秋篠宮殿下の慧眼は凄い、やるな~、なんて思ったのですが。
。。今はもうそんなもんじゃなくて、土下座してお申し上げたい気分です。
自分語りで、すみません。
Unknownは (みのり)
2015-02-10 01:41:28
皇室全般画像掲示板 から流れてきた、雅子擁護派のバカ。雅子妃の悪事を暴くBBブログが憎くてたまらん。
Unknown (グレーコ)
2015-02-10 01:41:49
9条の会の文化人とのご交流についての話題が多いですが、法曹テニスも両陛下が皇太子、皇太子妃時代におはじめになったことです。
なぜ法曹界(左寄りの方が多い?)とお近づきになられたのでしょうか。

9条の会に名簿にもある福島みずほ氏も、
「天皇陛下を含めて日本で最もリベラルな方々の集団」と発言した仙谷由人氏も弁護士でした。


テニス仲間には、五百籏頭真氏もいらっしゃいます。
>2011/09/29 10:00
>長野県軽井沢町に滞在中の天皇、皇后両陛下は24日夕、同町中心部にある 「軽井沢会テニスコート」で、五百旗頭
>真・防衛大学校長らを相手に約40分間プレーを楽しんだ

五百籏頭真氏の拉致問題や慰安婦などについてのご発言はいくつもの保守系のブログにまとめてありますが・・・。

確率的にUnknownには変なコメ多い (みぃ)
2015-02-10 02:19:40
これまで、BB姫様が扱ってこられた範囲は、とっても広いの。

だから、何から、どのカテゴリーから注目して見ていくかは、その人なりの経緯や順番があるわけ。
たまたま、Unknownが以前から知っていたことをこちらのブログ主や読者が今頃気付いたとしても そのことが優劣をつけられる根拠にはならないし、ましてや頭が悪いなんぞの評価には当てはまりませんよ。


BB姫様の優秀なところは、的確な分析とそれを導き出すまでの綿密な資料や情報収集、そしてそれらを論として組み立てられる卓越した文章力です。

そして文の合間に見えるBB姫様の粋なキャラクターと勘の良い切り口が、多くの読者を惹き付けているのではないでしょうか。
皇后の反日カトリックテニス仲間・五百旗頭真 (煌)
2015-02-10 02:29:30
グレーコさん

五百旗頭真は、バリバリの反日でしかも父親がカトリックの勲章を貰っていますね。皇后陛下の周り、カトリックがひしめいてます。

BBさんも過去記事で五百旗頭の反日ぶりを記述されています。


http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1423502010444.jpg
五百旗頭真(いおきべまこと)

五百旗頭・防衛大学長は反日なのか?
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/705f6972be6dde40eb473504619989f4

いったい、これが防衛大学の校長なのか
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/682928046a7294b74b6dd39a45e4a81c

五百旗頭発言

「日本は、前の戦争で中国を侵略し多くの迷惑をかけた負の遺産を忘れるべきではない。
いつまでも中国に謝り続けなければならない」

皇后陛下は韓国だけでなく、中国にも謝りたいのでしょうね。中国にはすでに出かけられていますが、韓国にも行きたくてうずうずしていらっしゃるのでしょう。

代わりに皇太子を、国連の反日潘基文事務総長から貰った「水の名誉総裁」の肩書を利用して、韓国に「私的訪問」で行かせ、謝罪させるかもしれませんね。

防衛大学・新学長・・・また?
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/c179ddb9362a798374f6bf65c1be6c76


潘基文が韓昇洙と組んで、皇太子を囲い込んでいるのは有名ですが(こちらさまのブログでは)、潘基文は時期大統領の声が高い男。
長期計画での皇太子取り込みです。

国連では無能の評価が高い潘基文ですが、韓国で世界的に名の知れたのは潘基文だけですから・・・・朴槿恵以外では。

ところで、五百旗頭真はカトリックですね。


父:五百籏頭真治郎(経済学者、神戸大学名誉教授、教皇庁グレゴリオ勲章受章) 中学生の時受洗。

五百旗頭本人は「六甲教育と防大教育」というテーマで講演。2007年4月29日、「カトリック学校教育委員会」において。幼児洗礼でしょう。

皇室と、防衛大学にカトリック教徒を抜け目なく送り込んでいる勢力・・・・・まあGHQですね。あと福田赳夫が噛んでいるみたい。ご存知雅子妃入内の陰の張本人。


Unknown (応援してます♪)
2015-02-10 02:31:19
早い話が、神話の否定ですよね。
一神教とか多神教とかの前に、皇室と神話の関係を否定してるし、認めてないんだと思います。
戦後、GHQ、アメリカが、神話教育を悉く破壊したのそのままの思想が、カトリック及び、キリスト教の多くの方たちにはあると言うことでしょう。
日本の神話は御伽噺だと、事実ではないと、認めてないから、理解できないから、いとも簡単に続いてきた男系の伝統を変えようと出来るんだと思います。
それが美智子様たちの役目なのかは存じませんが、それはさておき、美智子様は選民意識がお強いですか。
ご自身に溺れてらしゃる、我が子への偏った溺愛、そしてカトリックの信仰に溺れてらっしゃるのでしょう。


美智子皇后陛下が英語で語られた倭建御子と弟橘比売命の物語 Her Majesty the Empress English Speech
https://www.youtube.com/watch?v=GrIIXxeASt8

弟橘媛(おとたちばなひめ)が、海に沈み怒りを納めたところが恐かったとのことです。
動画を見ていただくとわかると思いますが、日本のお話には自らを犠牲にして国を救う、村を救うという話がたくさんありますが、やっぱり感性が違うみたいですね。
アメリカ様が理解できずに恐がった日本人の精神。
特攻隊のような、清く強い精神。
『誰かのため、国のため、家族のため』の精神が、この神話の中(古い時代の日本のお話)に、既に顕在していたのだと読み取れるのですが、美智子様には恐怖だそうです。
前半は、へーっと思って聞いてましたが、後半、この解釈と意見を英語で、世界発信ってどうなの?と思う気持ちが芽生えました。
ヤマトタケルの命が力を恐れられ、休む暇も無く、命を受けてとお話されてるところで、秋篠宮様を思い出しました。

神様、どうぞ、秋篠宮様と紀子様、ご一家をお守りください。
応援してます♪さん  Unknownさん (虹)
2015-02-10 02:45:07
>応援してます♪さん

動画、チラチラ見ました。

日本神話を呼んで「愛と犠牲の不可分性」って

解るのだけど、やっぱりキリスト教発想かなあ・・・・。
日本人の発想ではない気がする。

>Unknownさん

以前、コメ欄に無知な意見を書き込んで、皆さんにやられたくち?w

皇后陛下のネガティブ部分を探ろうとする意識がなければ、知らなくてもおかしくないし恥でもないでしょ。
BB過去記事の膨大な知識量を、1回見たんさい。

あなたのコメントに、教養の片鱗も覗えないけどね。

Unknown (みぃ)
2015-02-10 02:49:49
キリスト教でも自己犠牲の愛とかなかったっけ?

昔曽野綾子氏の本か何かでコルベ神父の話を読んだ記憶が…

どのみち、美智子様の価値観や思想的文化的な土壌はカソリックにあるんだね。
統一教会 (露草)
2015-02-10 02:50:29
皇后と直接関係ない情報かもだけど・・・・

恩師が統一教会。


以下コピペ

皇后陛下の恩師でキリスト教史学会常任理事
を務めておられた助野健太郎・聖心女子大学名誉
教授は、文師の教えと統一教会の運動に早くから
深い共鳴を示され、国際勝共連合支部長や世界平和
教授アカデミー会員等としてご活躍になり、
「為に生きる」という文師の教えを自らの「人生
最大の教訓」であると説かれながら生涯を
統一運動に捧げられました。
Unknown (ホンファイ)
2015-02-10 03:00:20
今は皇室うんぬんより、淡路島でパソナが何をしているのかに目を向けてください。
検索↓
パソナ 淡路島

TPP、外国人労働者、道州制、安倍政権の危険な政策に日本国民が一致団結で反対していかなければ日本は、一握りの権力者と奴隷だけの国になるのは明白です。
それでもよろしいのなら安倍首相マンセーしていればよろしい。
煌さん (朝路)
2015-02-10 03:05:01
五百旗頭真がくっついてたのは、福田赳夫ではなく
息子の福田康夫です。皇太子にべったりくっついて、反日吹き込んでるゲス、

五百旗頭は、福田康夫首相の私的懇談会である「外交政策勉強会」の座長。

赳夫も康夫も売国首相で似たようなもんだけど。

康夫が最近、馬脚を現して露骨に中国アゲ、
日本サゲしてるようです。

Unknown (すみません)
2015-02-10 03:12:48
他のブログで、

「 トロイの木馬」と 表現されていました

言い当ててる。。。
本当に、おそろしいですね。
ホンファイさんとやら (通り道)
2015-02-10 03:21:49
>今は皇室うんぬんより

人様のブログに来て挨拶もなく、勝手に話題を遮って「うんぬんより」とはまあ、教養のないこと。

そういうレベルの人の言うことに誰が耳を傾けます?

>それでもよろしいのなら安倍首相マンセーしていればよろしい。

安倍マンセーなんか、こちらしていずむしろ辛口だけど?

で? あなたはどの党の誰が政権取れば満足?
その理由を、実現可能なラインで述べよw

批判だけで代案提示出来ぬのはS少年だけで満腹。

話題途切らせのマナー知らずの相手で、こちらも加担したので、話題を戻しておきます。

父 赳夫



大蔵大臣在任中だった1974年(昭和49年)5月7日に、東京の帝国ホテルで開かれた、統一教会(統一協会)(世界基督教統一神霊協会)の教祖、文鮮明の講演会「『希望の日』晩餐会」(名誉実行委員長は岸信介元総理)に同僚議員の誘いで参加し、「アジアの偉大な指導者」と文鮮明を賛美し

康夫

在職中は、台湾前総統の李登輝が病気治療目的で来日を希望した際に、中国への配慮から、外務大臣河野洋平と共にビザ発給に反対したといわれる。また、北朝鮮による日本人拉致問題に関し、「終始冷淡な態度をとっていた」と家族会は語っている。

中国や韓国等の、靖国神社参拝に反対している国の意見などにも一定の配慮をすべきこと、憲法改正には周辺国の理解が必要と主張していることなどから、保守派の一部から「親中派」、「媚中派」などと批判されることもある

Unknown (たけちゃん)
2015-02-10 03:26:34
BBさん、拙コメを思索の縁にと拾って下さりありがとうございます。

もう、ガチで美智子さんの皇室伝統破壊工作と左翼思想が繋がってしまいました。

そもそも、左翼思想の行動原理というのはフランス革命に端を発する、伝統、秩序破壊を源流としています。王族の首を刎ねるは、宗教弾圧をするはで、既存の宗教を礎に培われた伝統、文化、道徳、秩序の破壊を是とした革命思想なのです。日本の左翼思想はその革命思想の過激性を隠す盾として平和、人権、博愛を唱えているに過ぎず、ベクトルは天皇制打倒という政治的イデオロギ-に向かっています。何も恒久平和を願っているのは左翼だけで無い事など誰が考えても理解出来ますね。

美智子さんは入内以来、あらゆる方面で旧態の皇室に巧妙な言説を駆使しながら疑義を唱え自分流を貫いて来ました。昭和の時代はそれなに節度を伴い、また情報発信側の印象操作に軽々と乗せられてきた素直な国民性故、極端な反発も起こらなかったのでしょうし、先帝、皇太后、口うるさい宮妃をみおくり、旧皇族、華族を遠ざけ、陛下からは感謝状を贈られるくらい同じ目線での言動がまかり通るとなるや止まる処を知らない暴走振りです。それらはみなさんが上げ続ける画像や指摘された諸事の検証、考察に明確に顕れ、庇いようも疑いようもない現実となって来ました。

鈴をつけられるのは、内閣を揺さぶるくらいの声をあげ続ける国民の側にしか無いようです。そして、声をあげなければ日本が日本でなくなってしまう恐怖が音も立てずに迫っています。ありがたい事に国民の声を托せる政権と、皇統を護って下さるに相応しい秋篠宮家が神々のご加護の中に在ります。

左翼運動をしている人達で、日本の伝統文化の核は天皇にあるとか言っている人に出会ったことが無い、美智子さんの和歌は外国語に翻訳されるくらい洗練されている筈なのに、詠っているご本人の背景に和の精神が無い、日本人の魂が無い。
Unknownへ たけちゃん様へ (桃林檎)
2015-02-10 03:43:16
知ったかぶりをするブロガーより、該博な知識と教養を身に備えていながら、「知らなかった」と率直に言う誠実さが信用できます。


いくらでも、知ったかぶりができる場なのだから。
コメ欄にわっさわっさ情報が届いているのだから、さ。
緒方のことなんか、とっくに来てるよ、情報。有識者会議のことも。

それに、たぶん・・・・・

記事への風当たりを弱める意味もあり、それに「今頃知って愕然としています」は、文意を強調するための修辞かもよ? この文章を受けて「見ないようにして来た負の部分なのだと思います」とあるでしょ。

これ、多くのネット保守に向けての言葉ですワ。
ま、BBさんの技巧範疇ですわな(たぶん)。でないと、わざわざ
知らなかったとか、書かないもん。文意の風当たり避けと、強調テクだな。

ということも読み込めない、頭が悪いのBBさんじゃなくて、お宅さまでは?



>たけちゃん様

>左翼思想の行動原理というのはフランス革命に端を発する、伝統、秩序破壊を源流としています


天安門。文化大革命も連想させます。

慈しみ深き (グレーコ)
2015-02-10 09:25:30
アヴェ・マリアのご演奏はイタリアご訪問のときだけではないようです。
http://www.paw.hiho.ne.jp/momoandi/ishihara/biography.html
>フィンランド大使館の美智子皇后様を囲んでの演奏会の夕べで、アリアを歌い、
>美智子様の伴奏にて、グノーのアヴェ・マリアを熱唱する。


美智子さまと封印された聖書
1/3 http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1312788376928.jpg
2/3 http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1312788443907.jpg
3/3 http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1312788500127.jpg
リードは
「リベラルな家庭に育ち、カソリック系の画っこを卒業なさった美智子さま。40年の軌跡をたどると、そこにはいつも“聖書”の支えがあったー。『女性自身』本誌で連載されて、好評を博したその記事を総集編としてここに再録。“慈しみ深き”美智子さまの優しさの理由が、ここにある。」
と書かれています。
“慈しみ深き”って日本でも有名な賛美歌ですね。


記事には
・皇室会議で問われた「正田家とキリスト教」!
・被災者の手を取る美智子さまのお姿は、マザーテレサのよう
・母・富美子さんの知られざる「臨終洗礼」!
・美智子さまを襲った「流産」と「聖書事件」!
・「私達のお祈りが神に届いた」とシスターがご出産を喜んで
・イタリアご訪問の折はピアノで『アヴェ・マリア』を演奏されて
というようなことが書かれています。

記事の〆は
「美智子さまの聖書は、皇后としての立場から封印されたままだが、その文化とそして祈りと愛と慈しみは、21世紀の皇室を世界に向かって大きく開いていくに違いない。」
です。

皇后陛下の衣装、法衣でほぼ決定? (朝路)
2015-02-10 09:35:47
>グレーコ様

入内してからも、カトリックどっぷりですね。
これじゃあ、あの白いマントと小さな白い帽子、
限りなくローマ法王へのオマージュでしょう・・・・。
抜粋 (Emi~)
2015-02-10 09:52:27
ありがとうございます…専門的や資料に基づいては皆様の様に知識ない私で感想のみで…

こちらに辿りついた時に皇太子や雅子の問題はいずれは両陛下に、いえ両陛下が元にと思っておりましたが、それを打ち消しまたBB様が常に切り離して皇太子問題是々非々とされて来たことに賛同しそこに及ぶにベールをかけて…

やはり隠すものに隠れるものに目を瞑ってなんていずれは繋がるその日の始まりだったと

指一本で手繰れるこの時代で当然だったのだと…BB様の慎重に慎重を重ねて書かれてきた言葉ひとつ々を、コメントされる皆様の情報や所見を逃すまいと読み続けて来ました

信者と表現されても全く嫌な気分でないのはw自身の五感は勿論、裏付けされた論と責任をも感じる記事掲載です…

皇后陛下がそれこそ墓場まで持っていかれるものは沢山おありでしょうが人とは哀しきかな残す、遺すもしてしまう…意図ありの今回の決定打にまさしく変動の膿が出る幕開け…また更に実感してます…
Unknown (応援してます♪)
2015-02-10 10:33:30
先ほどの動画を文字起こしされてるものがありました。
コピペ引用させてもらいます。
https://www.youtube.com/watch?v=GrIIXxeASt8
>~第26回国際児童図書評議会 (IBBY)ニューデリー大会(1998年)基調講演より~

「父のくれた古代の物語の中で,一つ忘れられない話がありました。
年代の確定出来ない,6世紀以前の一人の皇子の物語です。倭建御子(やまとたけるのみこ)と呼ばれるこの皇子は,父天皇の命を受け,遠隔の反乱の地に赴いては,これを平定して凱旋するのですが,あたかもその皇子の力を恐れているかのように,天皇は新たな任務を命じ,皇子に平穏な休息を与えません。悲しい心を抱き,皇子は結局はこれが最後となる遠征に出かけます。途中,海が荒れ,皇子の船は航路を閉ざされます。この時,付き添っていた后,弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)は,自分が海に入り海神のいかりを鎮めるので,皇子はその使命を遂行し覆奏してほしい,と云い入水し,皇子の船を目的地に向かわせます。この時,弟橘は,美しい別れの歌を歌います。

さねさし相武(さがむ)の小野(をの)に燃ゆる火の火中(ほなか)に立ちて問ひし君はも

このしばらく前,建(たける)と弟橘(おとたちばな)とは,広い枯れ野を通っていた時に,敵の謀(はかりごと)に会って草に火を放たれ,燃える火に追われて逃げまどい,九死に一生を得たのでした。弟橘の歌は,「あの時,燃えさかる火の中で,私の安否を気遣って下さった君よ」という,危急の折に皇子の示した,優しい庇護の気遣いに対する感謝の気持を歌ったものです。
悲しい「いけにえ」の物語は,それまでも幾つかは知っていました。しかし,この物語の犠牲は,少し違っていました。弟橘の言動には,何と表現したらよいか,建と任務を分かち合うような,どこか意志的なものが感じられ,弟橘の歌は――私は今,それが子供向けに現代語に直されていたのか,原文のまま解説が付されていたのか思い出すことが出来ないのですが――あまりにも美しいものに思われました。「いけにえ」という酷(むご)い運命を,進んで自らに受け入れながら,恐らくはこれまでの人生で,最も愛と感謝に満たされた瞬間の思い出を歌っていることに,感銘という以上に,強い衝撃を受けました。はっきりとした言葉にならないまでも,愛と犠牲という二つのものが,私の中で最も近いものとして,むしろ一つのものとして感じられた,不思議な経験であったと思います。
この物語は,その美しさの故に私を深くひきつけましたが,同時に,説明のつかない不安感で威圧するものでもありました。
古代ではない現代に,海を静めるためや,洪水を防ぐために,一人の人間の生命が求められるとは,まず考えられないことです。ですから,人身御供(ひとみごくう)というそのことを,私が恐れるはずはありません。しかし,弟橘の物語には,何かもっと現代にも通じる象徴性があるように感じられ,そのことが私を息苦しくさせていました。今思うと,それは愛というものが,時として過酷な形をとるものなのかも知れないという,やはり先に述べた愛と犠牲の不可分性への,恐れであり,畏怖(いふ)であったように思います。
まだ,子供であったため,その頃は,全てをぼんやりと感じただけなのですが,こうしたよく分からない息苦しさが,物語の中の水に沈むというイメージと共に押し寄せて来て,しばらくの間,私はこの物語にずい分悩まされたのを覚えています。」


感想ですから、さまざまな感想があるでしょう。
が、ここら辺り特に引っかかります。w


>同時に,説明のつかない不安感で威圧するものでもありました。
>何かもっと現代にも通じる象徴性があるように感じられ,そのことが私を息苦しくさせていました。

この度の皇后様のA級戦犯発言などに繋がる見解とでも言うのでしょうか。


>虹さま
同感です。
聞いて直ぐに、え??、ここを伝えたかったのかな?と思ったので、意図があるかな?と思いました。
気のせいなら良いんですが。

2015年に何かが起こる気がする (snow)
2015-02-10 11:18:37
皇太子(雅子も?)の訪韓を実現させようと、あの手この手で仕組んでいますよね。
訪韓そして謝罪のお言葉を実現させるべく、それがあたかも正当性のあるかの如く、日本国民を洗脳誘導しようと。
天皇陛下、皇后陛下のお言葉は、ご本人のお言葉に作文が追加修正されるのでしょうが、最終的に陛下ご自身の意思に沿うように見せ掛け、色々小細工を仕込んでいると思います。
ご高齢でもあり、言葉のあやで騙すのは容易いかと。
勿論、陛下のお考えが本当はどうなのかという事は正確にはわかりませんが(日本の平和を願っておられるのは確かですが、その実現方法として何を思われておられるのか)、平和という言葉につられ、周囲の悪しき輩に吹き込まれている事もあるのだろうと感じます。
少なくとも政治的なご発言は厳禁のはずなのに、歴史と政治をごちゃ混ぜ(誤魔化されて)にされておられるようなご発言。
強く拒否することもできないのでしょうか。
その理由が、こちらのブログで分かった気がします。

予言的な話がとても気になります。何かとても大きな事が起こりそうな気がします。
話は外れますが、カトリックって (目玉)
2015-02-10 11:24:57
心のよりどころはカトリックでもいいです。見せずに心に閉まっていれば構いません。嫁いだ先が皇室なのだから、どのような方法であれ表に出すべきではないと思います。ましてや、皇后なのだから。
普通に考えても、お寺や神社に嫁いだ嫁が嫁ぎ先で布教活動なんてしない。逆も然りで、旦那が嫁の実家に改宗なんて殆ど求めないと思います。
これは私のイメージかもしれませんが、
仏教・神道→キリスト教や他の宗教の人に説法や布教はするイメージがありません。ただ私の心は神様・仏様に、貴方の心は貴方の心で、という意識。
キリスト教や他の宗教→私達の宗教は素晴らしいよ。一緒に祈りましょう、入りましょう、と強要に近い同意を求める意識。

昔は、祈る時や神頼みやピンチの時に『神様、仏様~』『ご先祖様~』と唱えてました。
自分たちのルーツである先祖を大事にします。

皇太子一家も参拝を休んだ美智子様も、既に神道は心に無いのでしょう。ご先祖様を敬う気持ちがあるとは思えません。
どんなに皇太子一家を庇っても、先々自分が亡くなったら墓参りもしてくれない子は悲しい…って気付かないのでしょうか。
浜尾実侍従の葬儀(追悼ミサですね)に出席もしない心の乏しさ、大正天皇の霊祭の儀に出ずに旧友への想いには答える、美智子様の心にあるカトリックって何も大事にしてませんよ。


自分を愛してくれてた人を愛し返さない、そんなカトリックを信仰してる美智子様って一体…、そんな事をしてしまうカトリックって一体…ってなります。
罪、咎、憂いを取り去りたもう (グレーコ)
2015-02-10 11:29:50
ご相談役の神谷美恵子さんもクリスチャンでした。

http://www.ifsa.jp/index.php?kiji-sekai-kamiya.htm
お父様は新渡戸稲造に私淑されていて、
お母様もクウェーカー派のキリスト教信者、
叔父様も内村鑑三が提唱した無教会派に属する熱心な伝道師だそうです。

神谷美恵子―ハンセン病と歩んだ命の道程
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51tRunGqD9L._SL500_AA300_.jpg


両陛下は国内のすべてのハンセン病の療養施設をご訪問され、先日は来日中のハンセン病元患者や支援者とご懇談されました。
紀子さまは学生時代ハンセン病の患者さんのために募金活動をされています。

ハンセン病とキリスト教
http://nikkou.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/05/11/photo_3.jpg
という本もありますが、皇室は今も昔もハンセン病にお心を寄せて下さっています。

光明皇后がハンセン病の救済施設として「悲田院」や「施薬院」を建設され、昭憲皇太后も貞明皇后も
ハンセン病のためにご尽力されました。
特に貞明皇后はお誕生日である6月25日を『ハンセン病予防の日』とされるほどに。
両陛下のハンセン病との関わりの報道には、是非こういうことも伝えてほしいとマスコミと宮内庁に望んでいます。
立后 (ひびき)
2015-02-10 12:12:04
私は無知のため、今まで知りませんでした。
こんな記事を見つけました。

「官報有料検索で、日本国憲法施行後の皇室会議の議の実施状況を調べました。
皇室会議の実施については、官報の皇室事項の欄に掲載されるのですが、皇族男子の成婚6件(明仁親王、正仁親王、仁親王、憲仁親王、徳仁親王、文仁親王)の報告があるだけで、他は開かれていません。」

「昭和天皇崩御に際し、皇太子明仁親王妃美智子殿下の皇后への陞位に関する皇室会議などは開かれてないのです。にもかかわらず(美智子様は)皇后となっている。」

これは、美智子皇后陛下のせい、とは言いません。ただ、それならなぜ、わざわざ皇室典範第10条に

「第十条  立后及び皇族男子の婚姻は、皇室会議の議を経ることを要する。 」

と、記されているのでしょうか?

そして、これは案外重大事項でして、立后になるのに皇室会議を開く必要がない、となると。

雅子さんは、皇太子が天皇に即位すると、「自動的」に皇后になってしまうのです!

私は、ここで何らか少しでも歯どめができるのかと思っていたのですが……現在の典範では、できないのですね。ショックです。何とかしないと。。あの典範のままでは大変なことに。(「皇太弟」の記述もないし)

ひびき様 (BB)
2015-02-10 13:05:11
>現在の典範では、できないのですね

皇室典範にはその記載がないのですが・・・

伴侶が即位すると、自動的に皇后になるという意味の
文言を見つけました。

近いうち、皇室典範そのものをアップしておきます。

まあ有名無実ですねぇ。その時々の「勢力」でどうとでも。

結局国民の大きな声しかありません、皇室会議の内容。
ひびき様 追伸 (BB )
2015-02-10 13:23:21
ただ・・・

これも

>伴侶が即位すると、自動的に皇后になるという意味の
文言


ちょっと、おかしいのですよねえ・・・・。

次の記事で触れます。
Unknown (すみません)
2015-02-10 13:28:04
毎年の天皇ご一家写真、

あまりに、狭くて、装飾なくて、

質素、倹約 「国民対策用、写真部屋」みたいですね。

昔は、もっと、「天皇ご一家の居間」
的な部屋もあったのに。

昔の御所も潰されたのですね。

昔の御所、、、日本建築の良さ、
丁寧に作られたものは、
強いのですよ。

京都のお寺や、五重塔、、、みたいに
耐震補強、補修で、よかったのでは、ないですか。

古くても、価値ある、建物だったはず。

そういうところは、
雅子さんと似ていますね。
すみませんさん (通り雨)
2015-02-10 13:52:45
そうそう、国民に見せる写真では狭い貧乏臭い画像。

そんな貧乏な皇室なんて望んでいるわけではないのに、
質素倹約をこれみよがしに。皇太子のとこも、ピアノの防音部屋みたいなとこ限定)

わざとらしい。

最近やっと、御所の写真が出て(晩年になって気が緩まれたか)のけぞるぐらいの大階段を、両陛下が宝塚のフィナーレよろしく、寄り添って降りてくるお姿がありました。


質素倹約をアピールなさりながら、やっていらっしゃることが。

繰り返しますが、皇族に過度の倹約など望みません。
ただ、過剰な濫費はいかがなものかと。
カトリックの勧誘 (シルビー)
2015-02-10 13:58:06
BB様、記事のUPありがとうございます。

ここ1ヶ月ぐらい思い出していたのですが断片的だったのでなかなか文章に表現できませんでした。

19歳ぐらいの時、御世話になった方(ひと周り年上)がクリスチャンで(カトリックだとは後日判明)
牧師さんの話を聞いてみてと勧められてあまり気乗りがしませんでしたがクリスチャンじゃない方対象のお話だからと言われ、
じゃあ、キリスト教とはなんぞや?
という話だったら知識的には興味があるので行ってみたら
(20人ぐらいかな、今から思えばたぶんサクラもいる)

「日本は戦争でとんでもないことをした」
「その日本に対して戦後、手を差し伸べて助けたのは
アメリカ」
「そのアメリカに対して日本人は戦争中、鬼畜米英とまで言っていた。なんという恥知らず」

ということを延々と話されていました。

その時は、
えっっ?なんか私の考えとは違うと思ったので知人に
感想を求められてもカドの立つような返事はしませんでした。
が、なんとなく心がモヤモヤしてこういう話は2度と聞くまいと思いました。
以後、キリスト教には興味なしです。

今思えばとんでもない自虐史観、
これを真に受けたら極論すれば
北朝鮮にも負けない
破壊工作員ができあがりますね。

その知人とは、以後宗教の話はしませんがお付き合いは続いていました。
結婚式にも招かれ、日本髪だったので「あら、ドレスじゃないの?」
と尋ねたら
「一度このヘアスタイルをしてみたかった、日本人だもん。」
と嬉しそうに話していたのを覚えています。

私も含めて日本人は宗教的にいいかげんなので
与しやすいと狙われたのですね。

ましてや(当時の)皇太子妃という地位にまで目を付けたとは・・・。

Unknown (たけちゃん)
2015-02-10 14:57:08
>桃林檎さん

>天安門。文化大革命も連想させます。

確かに、共産主義がフランス革命の鬼子といわれる所以かと思います。日本の左翼の盾、人権、平和、博愛に通ずる美智子さんの盾は、皇室は祈りであってほしい、慈愛、慰霊と誰もが否定出来ない崇高な理念を前面に出すことによって目くらましされ、その裏側にある破壊工作の本質を見失っているうちに本丸落城という謀略です、許しがたい。

日本の左翼は中国共産党によるチベット、ウィグル民族に対する弾圧、虐殺に対して、彼らの人権を守れ、内戦より平和だと声をあげないのはどうしてなんでしょうね。


~BB様~ ~通り雨様~ (すみません)
2015-02-10 16:19:04
そんな素敵な(驚) 写真が、公表されたのですか?!

私、見逃してました。


見逃した人(私も含む)
再度、素敵な写真を見たい人のためにも、画像を一枚、お願いしたいのですが、
機会ありましたら、お願いします。
知らぬ間に「トロイの木馬」が二重橋を渡ってた (すみません。)
2015-02-10 16:41:38
粉屋、メリケン粉屋( アメリカ粉のなまり)
の娘を嫁にもらったら、

キリスト教もついて来た。。。
駄文が長文になってしまいました…すみません; (霧)
2015-02-10 18:39:35
防衛省や自衛隊幹部も左翼まみれだと聞いたことがありましたが、そこにもカトリックですか…。侵略捗ってますね。
勝手な個人的意見ですが、日本は負けたフリをしているだけであってほしいと思っています。戦後のフィンランドがソ連に対して見事にやってのけたように(小国である事を活かしたやり方なので日本が参考にできるとは思いませんが)、また現在のドイツがしているように。
現在のドイツからは「次はイタリア抜きで」という冗談はさて置き、「自分たちが選んだナチス」にすべての責任を押し付けるという苦しい言い訳に甘んじてでも次を見据えるという姿勢がひしひしと感じられるのですが。アメリカに遜り、押し付けられたGHQ憲法を讃え必死に守ろうとし、洗脳されるがままに自分達が悪いのだと言い、重要なシーレーンを中国が乗っ取りはじめているのに、大東亜戦争の記憶が無いのかまさかの軍隊すら持たず、死守すべき皇室にまで手を入れられて…心底服従して抵抗すらしようとしない負け犬根性、恥ずかしい事極まりないです。

応援してます♪様の貼られた倭建御子と弟橘比売命の物語の動画、>説明のつかない不安感で威圧するものでもありました。のあたりからちょっと違和感を感じますね。
現代にも通じる象徴性って何の事だろう…。
中盤から最後の方にかけてですが、

>「いけにえ」という酷(むご)い運命を,進んで自らに受け入れながら,恐らくはこれまでの人生で,最も愛と感謝に満たされた瞬間の思い出を歌っていることに,感銘という以上に,強い衝撃を受けました。はっきりとした言葉にならないまでも,愛と犠牲という二つのものが,私の中で最も近いものとして,むしろ一つのものとして感じられた,不思議な経験であったと思います。
>この物語は,その美しさの故に私を深くひきつけましたが,同時に,説明のつかない不安感で威圧するものでもありました。
>古代ではない現代に,海を静めるためや,洪水を防ぐために,一人の人間の生命が求められるとは,まず考えられないことです。ですから,人身御供(ひとみごくう)というそのことを,私が恐れるはずはありません。しかし,弟橘の物語には,何かもっと現代にも通じる象徴性があるように感じられ,そのことが私を息苦しくさせていました。今思うと,それは愛というものが,時として過酷な形をとるものなのかも知れないという,やはり先に述べた愛と犠牲の不可分性への,恐れであり,畏怖(いふ)であったように思います。

このあたりから察するに、現代にも通じる象徴性とは自己犠牲を以って愛を示すということ?でしょうか?現代文の問題みたい…誰か解答を…
「国民を愛すべき立場にある現在の皇后である自分が、国民への愛を以ってその何かしらの犠牲となるべき時があり得るという恐怖」でしょうか…?(堅苦しい文ですみません;)まあ、その覚悟は天皇陛下や歴代天皇はきっとお持ちであるのでしょうけれど。その覚悟をしなければならない恐怖の事を仰っているのだとすれば、人としてもちろん理解できますが、それ、国民に言っちゃいけないやつ…w

というか、日本語の話ですが、「生贄」とか「むごい」っていう表現がその前の「美しいものに思われました」っていうのと矛盾しているような…。完璧な日本語を使えと言うわけではないのですが、この場合は意味があまりにもかけ離れてるというか、美しいものに対して使う言葉ではないような気がして。私の思い違いですかね?そして、どちらの感想が美智子妃殿下の本音なのでしょう。普通に考えると文末の方に結論が置かれますけども。


みぃ様

>キリスト教でも自己犠牲の愛とかなかったっけ?

コルベ神父の話、私も知っています。ただ、これは私も何かの受け売りなのですが、日本の自己犠牲は滅びの美学に繋がる部分があり、そこに何の利益が発生しなくても成立するのですが、西洋ではそこに何かしらの利益が発生しない限りは「犬死に」とみなされ、バカじゃないの?となるそうです。日本の滅びの美学とは逆に、辛い状況をどうにか「生き抜く事(生き抜こうとする事)」こそが美学であって、そこが日本と西洋の価値観の違いです。

コルベ神父の場合は人の身代わりとなって亡くなったそうで、その勇敢さもあって英雄とされているのでしょうが、有名な話ですがフランダースの犬の寝ろなんかはその死によって何のメリットも発生させない死に方であり、日本でだけは有名ですが現地や欧州では犬死にとして全く無名の人気のない話だそうですし、アメリカではハッピーエンドにされているそうです。私もハッピーエンドの方が好きではありますが、そこに一人の少年の死に様という美学は感じます。ネロは泥棒などのずるい事をせず、物乞いもせずに、周囲の人への広すぎる心を以って死を選んだのであり、そこに何らかの価値観を見出す日本人からは人気があるのでしょうが、西洋人には犬死にと映るのでしょう。西洋人ならネロがアラジンのようにパンを盗んだりして生き抜いた方が人気だったのかも?

また、特攻隊の場合は、言葉にするのは非常に苦しいのですが、失うものに対してそれほど戦果を上げるものではなかったと思うので(精神的な部分は別として)西洋で一般的には英雄視されてはいないと思いますが、コルベ神父と同じ類の、誰かを守る為の自己犠牲という点で・またどちらかと言うとその勇敢さから英雄視される事もあるのだろうと思います。
先程のコメントの捕捉というか、書き忘れですすみません; (霧)
2015-02-10 18:53:12
現代にも通じる象徴性とは自己犠牲を以って愛を示すということ?
と書きましたが、自己犠牲を愛と取る事、といったほうがしっくりくるかなと思いました。
まさかとおもいますが (nana)
2015-02-10 23:00:03
美智子さまのウエディングドレスのお姿、とっても素敵なのですが、、、素朴な疑問がわきます。当時の皇太子さまとのご成婚が決まっているのに、ナゼ、わざわざ作られたのでしょう。ご縁談がある前から、親御さんがご用意してたんでしょうか。
まさかと思いますが、お若かった陛下は、美しい婚約者にねだられて、ルイ14世の母后とマゼラン枢機卿みたいに、こっそり、カトリック式で挙式をひそかにあげられたとか、そういうのではないですよね?そんなことはしませんよね?さまざまな疑心がわいてきます。悲しいことです。
Unknown (不勉強を恥じてくださいね)
2015-02-10 23:55:57
>「派手なブログ」って言うのは存在を知っていたからでしょ?

いいえ、夕べ初めてしりました。(某所のリンクから来た)コメが充実してるので読者は多いようですね。
こんな不勉強な人のブログを喜んで読んでるなんて、馬鹿ばっかりw

私に馬鹿にされて悔しがるより、頭にタルト乗っけてるばあさんに55年間だまされたてたことでも悔しがってね。

不勉強を恥じてくださいね (夕焼け)
2015-02-11 06:57:14
どなたかがお書きになっているように、レトリックとしてそう書いたという意味はお解りではないのでしょうか?

実は過去記事から、ちらちらとはBBさんお書きになってるんです。騙されているということではなく。
ただ、東宮とその妻批判だけでも、抵抗感を示し聞く耳持たないので、それが両陛下批判まで入れこむと、いよいよ耳に届かないので、批判対象にはしない、と。

知っていて書かないという表明です。
文意が解ります?

それが、東宮批判が行き渡りつつあるので、時機良しとして書いたということですよ。
だがいきなり書くと根強い皇后ファンの反感を買うので、「今まで賞賛しかしてないけど」と書いて見せ「でもA級戦犯で目覚めた」と。反発を買わないためのレトリックですよ・・・。

あなたに説明してもわからないのかもしれないけど。



>私に馬鹿にされて悔しがるより

誰か悔しがってます???

あなたの的外れが指摘されてるだけでしょうに。

軽蔑されてるんですよ、お解りでないようなので書かせていただきますが。

皇室のことを考えているのではなく、別目的で皇后をサゲたい、よくある手合が湧いただけ。

文章も粗雑、教養の気配も感じず下品な文章を書かれるあなたのコメントを悔しがる理由はないし、何をもって悔しがっていると判断されるのでしょうね?

悔しがって欲しいという願望なのでしょうか?

コメが充実してる、と書いたその口で「馬鹿ばっかり」ですか。

どっちが、でしょう。

残念でした・・・・。

非公開処理ではなく、公開されて「さらされてる」自覚もありません?
名前欄にコメ入れる愚者 (花園)
2015-02-11 08:02:30
どうしようもない低次元コメが来るだろう記事だなあ,と思ってたのに、来ないのでどうしたのかと思ってたら、やっぱり来ましたねw

でも3連続記事に一人だけって、ある意味驚異です。
もっと多く低能が押し寄せるかと思ってました。

別スレで拾ったコメントが、もっともだったので
勝手に転載させていただきます。m(__)m

>別スレで、妙なコメンテーターおばさんが「不勉強」「みんな馬鹿」と喚き散らしていますがw

>雅子さんアゲの目的で、皇后陛下を罵るとか、皇室大事でない人たち、皇室破壊論者たちとか向かう「方向」は同じでも、「動機」が異なるので要注意ですよね。

>別目的で皇后陛下を批判する人たちは口汚いのが、特徴です。

教養と品性の無さを恥じなさいねw
この写真程度では無くもっとすごい! (ichigo)
2015-02-11 16:09:52
資料として・・。

http://www.47news.jp/47topics/images/20141020kougu9.jpg
宮殿の階段を歩く両陛下=1日、皇居・宮殿(宮内庁提供)
検証の合間に…宝塚風大階段って (らむ子)
2015-02-11 17:28:28
通り雨様おっしゃる、
>のけぞるぐらいの大階段を、両陛下が宝塚のフィナーレよろしく…


こちらでしょうか?良く、BSの皇室スペシャル番組に出てきますよね。

宝塚♪~大階段を降りる天皇皇后
http://www.47news.jp/47topics/images/20141020kougu9.jpg
大階段の前に立つ皇后
http://www.47news.jp/47topics/images/20141020kougou8.jpg

宮内庁HPより
宮殿南溜(みなみだまり)
http://www.kunaicho.go.jp/about/shisetsu/kokyo/img/07ph-09.jpg
宮殿北溜(きただまり)記帳場所がある
http://www.kunaicho.go.jp/about/shisetsu/kokyo/img/07ph-15.jpg

この階段でしたら、宮殿の方にあるようですよ。
一般ピーポーでも、お呼ばれの機会があれば上れる。
Unknown (すみません)
2015-02-11 21:09:48
らむ子様、ichigo様、

写真や、資料をありがとうございました。

階段を降りる写真、、、

なんで、わざわざ、階段?
そして、真ん中、降りるんだろう…

ん?
首や膝を傷めてると、転びやすいし、
あっ、と思っても直ぐに手すり、つかめないよ!

なんで?階段 。。。
危ない 。。。
白柳枢機卿に、五百旗頭までお友達?・・絶句 (らむ子)
2015-02-11 23:38:56
白柳枢機卿が、従軍慰安婦の問題化の旗振り役だったとは…オーマイガー!
これじゃあ、美智子皇后がマルっと"強制性奴隷"は真実と思い込んでしまうがな~。
◯◯◯は出来ないので、代わりにワインを飲み過ぎて太ってしまったと、良くジョークをおっしゃるのだけれど。どうだかねぇ、と言われちゃうお方。
慰安婦問題が激化する前に天に召されて不幸中の幸い。

五百旗頭真がカトリックでテニス仲間って…よりによって!
ホント日本を歪めて貶める輩がお好きなのねぇ。ため息。


nana様
ベールを着けた時のドレスは、婚約会見で着用。

BB様記事の、ベールを着けた写真を撮った朝日新聞・佐伯晋記者は、正田家にて婚約会見用ドレスを試着した時に撮影したと述べています。(何度も貼られた記事で恐縮ですが)
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0427/jc_120427_1766577211.html

確かにV衿・5分袖が同じですね。

婚約会見のドレス
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070526234045.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/43/8f/9f50cf02636a8c0421749dbb144ed7d7.jpg
大階段 (猫侍)
2015-02-11 23:58:09
ichigo様とらむ子様の貼付してくださった画像をみて、文字通りのけぞりました。Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

宮殿の階段ということは、お住いの御所ではないのでしょうが、60億という数字から推して知るべしです。
ド庶民の自分からすると、あまりにも天文学的数字すぎてピンと来なかったのですが、
高層ビルディングじゃあるまいし、10分の1の6億でも十二分に立派な御所が建てられたのでは??

仮にも天皇皇后両陛下ですから、しかるべきお住いをなさっていただきたいのは勿論ですが、60億って。
しかも、先帝の愛された自然林を伐採して。

戦後まもなかったとはいえ、「バラックに住む国民がいるのだから」と御所建設を却下され、長い間皇后ともども防空壕でお暮しになっていた昭和天皇の御心を踏みにじる行為ではないでしょうか。

ご老体に鞭打たれての国内行脚や海外訪問。
バカ長男夫婦を庇われているだけではなく、さして必要でもない豪勢な御所を建てて住んでいる贖罪からなのか?と穿った気持ちを持ってしまいました。

ついこの間まで、両陛下をお慕い申し上げていた身として、本当に残念で辛く悲しい思いです。
猫侍様 (夕映え)
2015-02-12 00:21:30
>60億

これは皇室価格であり、民間でもしたてると3倍になるという説を読みました。民間では土地代と、天皇陛下のお住まいを建てるというごとき名誉による割引もないからでしょうか。

いずれにしても民間では実質約180億円の「ご自宅」です。

突拍子もない比較ですが・・・・

朝鮮総連のビル、皇居がある千代田区で超一等地の【ビル】です。その落札価格が22億円、売られた価格が44億円です・・・・。

実費約60億円、民間相場180億円のお家。
それで「節電してます」。被災地が話題になってる間だけでしたが・・・。

いえ、なさることなさってればいいんですよ。

でもあれもこれも、みなさんもう書かれてるし書きませんが、ヤフオク放置、東宮夫妻放置‥‥‥・他たくさんたくさん・・・・・。
Unknown (えり)
2015-02-12 00:31:16
「先帝の愛された自然林伐採」
悲しいですね。
Unknown (えり)
2015-02-12 14:49:58
以前、テニスで膝を傷めて、祭祀ができなくなったと、週刊誌で読んだことあります。

キリストつながりの、テニス仲間でしたか。
入江侍従長 (皇室は日本の宝)
2015-02-14 20:46:37
>入江相政侍従長 カトリック教徒。神道を憎み、宮中祭祀を次に破壊していった様は、本人の日記記述にもある。

>美智子さんは懐柔するまでもなく生え抜きのカトリックとくれば、平成時代のこの惨状の嚆矢は君側の奸臣、入江にあったのではないのか、と考えてみました。

このブログで、今の皇室がある原因は根深いところにあるのだということを知りました。
「入江相政日記」には。「今日も休み、節折の儀も出なくていいし、明日の四方拝もでなくていい。こんなうれしいことはない。」と書いてあります。
天皇の祭祀を嫌う人物がなぜ皇室に入り、破壊工作を成功させたのか。。。。
知った以上、今生きている私達がなんとかしなければならないと思います。と言っても一般庶民の私は、宮内庁にメールする方法しかないですが。
他に方法があったら教えてください。

皇室祭祀を破壊した入江相政
http://blog.goo.ne.jp/tuneari/e/419fabbf4785e43e10b0be4f66c93733
不勉強を恥じてくださいねサンは (煌)
2015-02-16 12:48:26
屁カテさんでしたとさ。
不勉強を恥じてくださいね、というアホ様 (秋葉)
2015-02-16 13:44:58
雅子を上げたいために、皇后陛下おろしをしているやから、まさしくヘカテ一族でしょう。

こちらと一緒にされたくないですね。
やはり皇后陛下は… (ゆき)
2015-04-19 22:54:57
ある人が、「粉屋の娘」と言ってました

小麦粉といえば
ロスチャイルド
…日本人弱体化計画の一貫…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。