BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

日本が普通に好き。 右も左も興味ない是々非々主義です。

昔の男 元小和田雅子さんの男性関係  《転載ご自由に》

2017-01-13 | 東宮雅子妃問題

h

ttps://archive.is/HmEiX 

Royal pains: Readers of Monday's column learned about David Kao, a 35-year-old Boston management consultant who claimed to be the former "boyfriend" of Masako Owada, the fiancee of Japan's Crown Prince Naruhito.

Harvard University sources confirm seeing Kao and Owada at several parties during the time the future empress was a student, but it appears unlikely there was any romance. Though Kao claimed to be "devastated" that Owada was marrying the crown prince and insisted he had photos of her appearing topless on a secluded beach, he declined repeated requests by this column for proof. …

BBのごく粗い訳を添えておきます。

皇室の痛恨事

「月曜日のラム」の愛読者にとって、ボストンの経営コンサルタント、デビッド・カオ(35歳)が“日本の皇太子徳仁の婚約者、小和田雅子の元ボーイフレンドである”と主張していることは、御存知の通り。

ハーバード大学の当時の在校生たちは、将来の皇后が学生であった時にいくつかのパーティーでカオと小和田が一緒にいるところを目撃しているが、恋愛関係にあったとは見えないようだった。

しかしながらカオは、小和田が皇太子妃となることに「ショックを受け(途方に暮れ)」そして、カオは小和田雅子を人里離れた浜辺で写した、上半身裸の写真を持っていると、断言した。
その言葉を確認するために、当コラムはカオにその写真を見せてくれるように何度も
頼んだのだが、彼はそのつど丁重に断りを入れてきた。

・・・・・ここまで

おそらく記事の否定派は「unlikely there was any romance」
二人の間に恋愛感情があったとは見受けなかった、というフレーズに
焦点を当てるのでしょうが、ブログ主はカオがハーバードという名門を出て、
(こちらは、つてがあっての裏口入学の可能性は薄い)経営コンサルタントを
営んでいるような男が、極東の皇太子妃についてわざわざ嘘をつくメリットが
考えられないのです。

お金目的であるなら、写真を売っているはずで「丁重に断る」ことはしていないはずです。ブログ主は、いっそこのデビッド・カオが雅子妃のトップレスを、もっと大きな雑誌に持ち込んで売っていてくれたら・・・・現在の穀潰し、神道破壊雅子妃はいなかったのに、と残念に思います。

海外の雑誌は容赦なく、英国の王子は二人共盗撮され、弟のほうは全裸画像を、兄君のほうは立ち小便を撮られ、性器までさらされています。

雅子さまの上半身裸が、報じられていたら即破談だったでしょうね。
海外雑誌より、日本政府か宮内庁に写真を見せ、強請れば雑誌に売るより
法外な高額を彼は手にしたのでしょうが、悪者ではなく、ただ恋人であった「おれの雅子」が自分を捨てて、プリンセスの道を選んだことが、ショックで寂しかったのではないでしょうか。それで、つい口走ったことを疑われ、「写真を持っている」と明かした。

それ米国メディアが聞きつけ、記事にして写真の確認を持ちかけ、断られた・・・・・。

「人里離れたビーチ」で、上半身を脱いで男の前にさらすなら、男女の関係があった、と見るべきでしょう。

デビッド・カオが存命であるなら、雅子さまのトップレス写真もいつか公開される可能性もあったのでしょうが(即位が近づく、今この時に切実に欲しいのですが)デビッド・カオは、車中にいるところを黒人少年二人に襲われて、殺害されています。

またこれも、外務省時代の不倫相手の参事官として、海外誌で姓名まで報じられたお方は、銃撃戦の煽りで、亡くなられています。

水俣に関わる母方実家、江頭家の何か禍々しいものを感じないでもありません。男の運気を奪う禍々しい女・・・・? 皇太子殿下も、おそらく尿関係の癌でいらっしゃり、人工膀胱[尿路ストーマ]の装着は国家あるいは皇室に近い筋では、もはや常識として知られているようです。

 

当記事は、先の記事への追加参考記事です。
字数制限で、先行記事には収まりきれなかったので、単独追加しました。

宮中や王室に入る女性が非処女であってはまずい理由は、先の記事に述べてあります。

小和田家は、雅子さまの外務省時代の不倫も、その近い家系に精神病院に入院したきりの精神病者がいることも隠して、入内させていますね。(大阪の病院に、雅子妃のいとこ様が見舞客もなく、打ち捨てられた形で長期入院中。双子の妹、節子さんも精神の不調が伝えられ、また雅子妃は時折、ギャーッと叫ばれていること、「雅子さまがお 具合が悪い時は、国民見せられないお姿になる」と、至近にいた人物に言われています)

 

▼朝鮮創●による皇統乗っ取り近し? 《転載ご自由に》http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/03f1b7ee44187f7ba91c4659d59627b5

それにしても、小和田恒氏軟禁が事実なら、次の皇后の父親は犯罪に手を染めたお方?
即位の後に、これを容赦ない海外メディアがすっぱ抜いたら、皇室は崩壊の危機、先帝たちが築き上げた伝統は地に堕ち、隠蔽に加担した日本国の政府も、軽蔑され、国民も恥ずかしく居たたまれない思いを味わうでしょう。

小和田恒氏は、外務省の機密費に手をつけた過去もあり。娘の入内のお陰で、追求を免れた過去。

それぐらいはまだ微罪です。この方が、日本国と国民に犯した大罪に比べれば。

小和田恒氏を喚問せよ 【拡散希望】

小和田家が半島系であることも、国家に近い界隈にいる人々には周知の事実であるようだし、また小和田恒氏と雅子妃が神道とは相容れぬ半島出自の会長が支配して来た某カルト教の信徒でいらっしゃり、神道否定の異教徒でいらっしゃることも。また母方実家江頭は特殊エリアのご家系。

今ならまだ間に合います。

ヤフオク、他お宝の海外流出、愛子さまの一件など、廃太子要件は十二分に揃っているので、内々で皇室と話をつけ、表向き「皇太子の重篤な病により、自ら退位をご希望」として、特措法制定なら、政府も天皇の憲法違反に手を貸すようなことではなく、こちらへ特措法を立てるべきです。

即位の後に、海外メデイアにスクープされたら無残です。
マスコミは、公開するタイミングを狙うのは洋の東西問わずで、
海外メディアがもし、すでにネタを握っていたら、即位の儀に
海外超VIPが100人以上、参集した時を狙いそうな。
某国のホテルに軟禁、監視に付き添われている某人の写真なんか
すでにありそうな、予感。
発表しないならしないで、政府か宮内庁に大金を強請れる状態かもしれません。
仮にそうなら億単位でも払うでしょ。
本当に当人も背景もいかがわしい女性を宮中に入れたばかりに、迷惑な、迷惑な、迷惑な!!

・・・・・・またそれゆえに、全てが露見する前に生前退位とやらで、
即位を急ぐべく、焦慮されているのかもしれません。皇太子の間は、
自主退位の形を取れば、廃太子可能ですが、天皇となったらその
地位は不動で、司直の手も政府の手も及びません。その不動の
地位を不出来で、ご病気の長男にお望みなのか・・・・・祭祀が不可能なことを
ご承知なのに。

祭祀の失せた皇室はその明確な存在理由を喪います。
誰でもなれる、天皇。・・・・・それで、皇室が存続出来ますか?

皇室廃絶論の台頭は火を見るより明らかで、GHQが敗戦時に仕掛けた
皇室無力化、空洞化ウィルスがここまで繁殖、ついに出自の定かならぬ
皇后が誕生する瀬戸際、その万世一系を外れた血筋にある内親王を天皇に即位させるべく画策する勢力を生み、それを支持する国民まで現れています。

また何度も書いていますが、正田家はアメリカの小麦粉利権で、当時の
GHQと癒着した今にして思えば逆賊的お家。元正田美智子さんの入内には、異教徒であるフランスの神父(GHQサイドとの関わりがあったと想像)がキーパーソンとして存在し、その後の入内に具体的に動いたのも、GHQが日本弱体化のツールとして使った、キリスト教の信徒たち、いわば異教徒たちです。
(キリスト教への誹謗ではありません。あくまでも神道の祭祀王のおわす、皇室の価値観との対比で書いています)

雅子妃の母方実家、江頭家が水俣病との関係、皇后陛下の妹様が、
第二の水俣の元凶、昭和電工に嫁がれ二代の皇后陛下が、汚れた
水とご縁があるという禍々しさ。
皇太子は、反日韓国人に取り込まれ「水の大使」として、反日国連と国連大学にお出入り、その挙句体内の汚れた水・・・・・小水のトラブルを得て、人造膀胱ストーマを装着、異臭を立てるお身の上とおなりです。(同病への差別で言うのではなく、祭祀の出来ぬお体であることを承知で両陛下が、即位を急がれていることへの異議として、申し上げています)

 

http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E6%B2%BB%E6%98%8E

 

 

野球選手の追っかけをやっていた時代。深夜に六本木の酒場に同伴して、
お持ち帰りされてない、ってことがあるのかな・・・・・?

原田治明氏  当時33歳  英文ではティーンエイジのときめき、となってますがw 十代ではないですね。

1973年〜1975年までの登録名は原田 俊治(はらだ としはる)。

 

 

お名前欄の空白Unknownや、文章の一部を名前にしたもの、「あ」や「ん」などのいかにも、やっつけ的なHNは、ご遠慮ください。「通りすがり」も同じく。発言には最後まで責任を持つという意思表明を兼ねて、他とダブらないような常設のお名前を工夫の上、お入りください。

必然性のない「非公開」指定もお控えくださいませ。嫌がらせコメントの非公開指定は、公開します。

ごくたまに、批判の一手段として猥歌など記事に用いコメ欄にも諧謔的な替え歌が書き込まれることがありますが、ブログ主として許容しています。嫌いな方は来ないでください。

反論は大いに歓迎しますが、但し記事の「どの箇所が」「いかなる理由で」間違いなのか、「論拠を示して」ご提示くださいね。知能が一定レベルに達してない方へのコメント返しは不毛なので、ご遠慮ください。と言っても、解らない人がいるのでハッキリ言いますが「バカは来なくてよいです」。

  また長きに渡る常住読者さんたちの間で、BBにコメ欄に答える手間を掛けるなら、自分たちで答えてその間にBBには新記事を書かせたいという機運が自然に生じ、ブログ主もそれに甘えています。それが受け入れられない方は、どうぞ去ってくださいませ。こちらから、お願いしてまで読んで頂くほどのブログではございません。

  以上に違背するコメントは、今後ブロックします。今まで、ほぼすべてのコメントは公開をして来ましたが、最近記事本体に無縁のコメントが続くのでやむを得ません。
読者がブログを選ぶ権利があると同様、ブロガーにも読者を選ぶ権利があります。

   明日は、閉ざす覚悟の無償の個人ブログです。読者を増やすためのランキングにも置かず、個人の主義で好きに営むので、受け入れられない人はどうぞ来ないでくださいませ。私もあなたを、受け入れません。

  

コメント (48)
この記事をはてなブックマークに追加

犯罪の温床となるか、「外交行嚢」  《転載語自由に》

2017-01-08 | 東宮雅子妃問題

なぜ、こんな宮中にあるべきお宝が海外に売り払われているのだろう?

という疑問から、時に囁かれるのが「外交行嚢」の存在です。

読み方:がいこうこうのう

「外交行嚢」(外交封印袋)diplomatic bag; diplomatic pouch

*外交文書には機密文書も多く含まれることから、運搬業務に当たっては厳重に封印が施され "DIPLOMAT"(外交官)の文字が印刷された機内持ち込み可能な巾着袋「外交行嚢」(外交封印袋)を用いる。また、一般に外交特権の一種として、行嚢の中身に関しては税関などで確認を行われないことが認められている

Wikiより

要するに、外交特権の保有者は「持ち出し放題」ってことですね。
本来なら禁止されている刀剣でさえ

それで、当然頭に浮かぶのは某国のホテルに、皇室のお金数兆円に手を付けようとして軟禁されていると囁かれている小和田恒氏、雅子妃の父親の存在です。

プーチン、皇室の実態を知っての脅し? 《転載ご自由に》

また、外交官レベルで税関ノーチェックなら皇族を乗せて飛ぶ、政府専用機の搭乗者しかもエンペラーの一族なら、尚更税関は無縁の存在ですね。

海外に持ち込めば、高い税金を支払わねばならないたとえばティアラや、幾つもの宝石、京都御所の文献もノーチェックです。

 

 

身体は、人造膀胱。祭祀するに能わず。「不治の重患」ありで
廃太子要件、整ってます。

 

「重大な事故」があるのと違いますの?

 

雅子妃の偽ティアラ疑惑にも宮内庁、無言。

 

以下の疑惑にも永遠に答えられないのでしょうか。

 

1 雅子妃の実父であらせられる小和田恒氏は、日清戦争依頼の天皇家のお金数兆円に手を付けようとして、某国某所のホテルに軟禁中。

 

2 それ以前にも外交機密費に手をつけた「前科」あり。(一部には、ロシアのスパイではないかという説も根強くあるが、こちらでは未確認)

 

3 小和田家の家系は北朝鮮。

 

4 雅子妃の母方実家は、水俣病という日本最大の公害企業に関わっていて、その出自も特殊エリア(差別ではなく、皇后としてふさわしいか、ということ)

 

5 雅子妃は、外務省時代に奥という当時参事官であった男と不倫。入内が決まった後、アフリカに飛ばされイラク戦争のさなか、銃撃戦で死亡。それ以来、雅子妃の精神病進行。 →コメント欄でのご指摘でアフリカは誤り。お詫びして訂正します。不倫の事実と、不倫相手の死がキッカケで精神病進行というのは、国家に近い筋から聞き及んだことです。

 

6 皇太子殿下は人造膀胱を装着なさっているほどの重病。祭祀不能なのに、やっている形跡もない雅子妃とともに「なさっている」と宮内庁の嘘。

 

7 雅子妃のいとこが、大阪の精神病院に閉じ込められ、見舞客もなく遺棄された状態。妹さんの一人も怪しいし、雅子妃自身が精神系のお病気。入内は本来、許されぬお方だった。

 

いとこの精神病院遺棄は、BBにも過去コメ欄非公開でリークがあったのですが、公開しないでというので、それは守って来ました。
今度、新たにもっと具体的な内容を、信頼できる筋から得たので公表しました。
精神病についても差別的意味合いではなく、時代の皇后陛下としてふさわしいのか、おつとめになれるのかという観点からの記述です。

 

 

 

 

お名前欄の空白Unknownや、文章の一部を名前にしたもの、「あ」や「ん」などのいかにも、やっつけ的なHNは、ご遠慮ください。「通りすがり」も同じく。発言には最後まで責任を持つという意思表明を兼ねて、他とダブらないような常設のお名前を工夫の上、お入りください。

必然性のない「非公開」指定もお控えくださいませ。嫌がらせコメントの非公開指定は、公開します。

ごくたまに、批判の一手段として猥歌など記事に用いコメ欄にも諧謔的な替え歌が書き込まれることがありますが、ブログ主として許容しています。嫌いな方は来ないでください。

反論は大いに歓迎しますが、但し記事の「どの箇所が」「いかなる理由で」間違いなのか、「論拠を示して」ご提示くださいね。知能が一定レベルに達してない方へのコメント返しは不毛なので、ご遠慮ください。と言っても、解らない人がいるのでハッキリ言いますが「バカは来なくてよいです」。

 

 また長きに渡る常住読者さんたちの間で、BBにコメ欄に答える手間を掛けるなら、自分たちで答えてその間にBBには新記事を書かせたいという機運が自然に生じ、ブログ主もそれに甘えています。それが受け入れられない方は、どうぞ去ってくださいませ。こちらから、お願いしてまで読んで頂くほどのブログではございません。

 

 以上に違背するコメントは、今後ブロックします。今まで、ほぼすべてのコメントは公開をして来ましたが、最近記事本体に無縁のコメントが続くのでやむを得ません。
読者がブログを選ぶ権利があると同様、ブロガーにも読者を選ぶ権利があります。

 

 

 

  明日は、閉ざす覚悟の無償の個人ブログです。読者を増やすためのランキングにも置かず、個人の主義で好きに営むので、受け入れられない人はどうぞ来ないでくださいませ。私もあなたを、受け入れません。

 

  

コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

プーチン、皇室の実態を知っての脅し? 《転載ご自由に》

2016-12-29 | 東宮雅子妃問題

英国の、大手オークション・ハウス「クリスティーズ」に出されていたという剣は、

「壺切御剣(つぼきりのみつるぎ)」であるという証拠の提示こそ

不可能なものの、そうではないと断言できるほどの

根拠もありません。

元々、「紛失」「行方不明」が囁かれていた皇室のお宝です。

現在は東宮のお手元にあるはずのもの。皇太子妃のティアラや、

ネックレスとともに。(歴然と、偽物を使っていらっしゃいますよね)

そういえば、皇后陛下もその存在を見かけなくなったティアラとネックレスは、どこに、おしまいでしょうか。

第二のヤフオク? 英国著名オークションに出されていた菊の御紋の刀 《転載ご自由に》

(ネット記録の)カタログからは削除されているその剣を、美術品に格別の熱意と、知識がお有りらしい英国在住読者さんが「酷似していた」と証言していらっしゃいます。

以下は別の読者さんご紹介の皇室内剣の参考サイトです。
読者ichigoさまのコメントを拝借します。

h ttp://www.mokuzai-tonya.jp/05bunen/zuisou/2007/01nihontou36.html


昭和三年の即位式には昼御座剣の太刀緒が新調され,道明新兵衛が納めた。それによると,紫根で染めた鹿皮で,それに細い金糸を以って菊の紋章を多数刺繍した物であったという

 先日プーチンが日本に渡したという昭和天皇即位の例の際の剣は、どのようなものだったのか、とても興味深いですね。

・これらの太刀が現存するとすれば,大半が国宝,重文の指定物となり,価値は少なくとも一億?は下らない,…と思う。

とも書かれていてます。
一体だれがどのように、国宝とも言えるような剣を海外に流出させたのでしょうか
また、壺切御剣は、三種の神器にも匹敵するとも称される宝剣です。
これを紛失、または海外のオークションンに流すことに関与しているとすれば、皇太子に明日は無いでしょう。

「壺切御剣に関して」

・天皇家に現在伝わっている壷切剣の概略は以下の如くである。
刃長(外装は入れず),二尺五分(62.1cm)と二尺二寸五分(68.2cm)との説がある。
一方は無反りの切刃造りで,切っ先は小烏丸←平家の重宝,と似ていて両刃造りとなる。
片方は普通の鎬造りの太刀であり,銘は備前の信房,又は,延房との事である。
地鉄は精美であるが,刃文は刀身が火に罹っているので,直刃の様だがはっきりとしない。
中心は反があり,目釘穴は不規則な形で大きい穴が二個,作者は古備前「信房」という。

h ttp://www.mokuzai-tonya.jp/05bunen/zuisou/2007/02nihontou37.html

・・・・・・・ここまで

さてichigoさんのコメント中にあるように、プーチン氏が日本にもたらした剣ですが・・・・英国のオークションに菊のご紋の太刀が出品され、また小和田恒氏の軟禁が囁かれている現在、何かそこにストーリーを感じてしますのです。

むろん、ストーリーには客観的証拠は無く、ただ「あり得る」かもしれないフィクションです。

が・・・・・

こうは考えられないでしょうか。

北方領土2島を盗られっぱなしで、それを返還してもらえなかった、どころか
経済協力。それは、反日アウン・サン・スー・チー女史に、慰安婦問題発言への抗議すらなきまま、すんなり巨額を渡してしまう政府だから、そのまま単に情けないと捉えることは可能です。

ただ、安倍総理にしては余りにも間抜け、余りにも無為無策。

もし・・・・

日清戦争により清から得たお金始め、それ以来蓄積した天皇家のお金に小和田氏が手をつけようとして、その結果某国某所ホテルに軟禁と伝えられていますが、それをプーチン大統領が知っているとしたら?
ヤフオクと、今回のクリスティーズへの不可解な出品・・・・・
愛子さまに関する残酷で不可解な実情・・・・

などを掴んでいての、脅しの象徴として即位に使われた太刀の贈り物なら、物語あるいは妄想としては明晰ではありませんか?

小和田家や江頭家の出自、小和田恒氏と雅子妃がカルト教信者であることは、とっくに知っているでしょう。池田某氏との癒着ぶりも。

ソ連崩壊時に解散されたKGBも、しかしFSB(ロシア連邦保安庁)と名を変え、
その諜報活動の過酷で優秀なさまは健在です。

 

こう考えると、あまりにも考えられない・・・・・・異様なまで、完膚なきまでの安倍総理の無能さ、敗北に説明がつきます。

政府としては、全力で皇室を護るしか手がありません。

国の信用失墜、皇室の崩壊につながりかねないのですから。

そこに付随して愛子さまの問題があるとなったら、ダメージは計り知れません。

天皇皇后両陛下、一体何をなさっておいででしょうか。人造膀胱の身で、祭祀も出来ない皇太子を、次代の天皇にお据えになるとは! 本来は自ら政府にご相談の上、廃太子になさり秋篠宮殿下に皇統をお渡しすべき状況なのに。
皇太子殿下は祭祀出来ず、皇太子妃殿下は出自と宗教とで、次代の天皇皇后がこうでは、愛さまのこともあるし、永遠に日本に敵対する外国に恫喝の材料を提供することになってしまいます。

太刀は、皇太子とお金に困った小和田恒氏との結託で売りに出されたと囁かれているヤフオクにも出品されていました。

☆ 昭和天皇 御大礼 飾太刀 ☆ 勅任官 華族 御大典 束帯 装束
(美品 )2,500,000円

某国某所のホテルに軟禁されているという小和田氏は、日清戦争のとき清國から得たお金を始めとして、その後某国に累積された天皇家の財産8兆円に手をつけようとしての軟禁だと、聞き及んでいます。

総務省から救出に行くも、某国は引き渡しを拒絶、と。

そういう状況なら・・・・・天皇陛下(と、それより皇后陛下)が次代の天皇と皇后を生前に即位させてくれと酷く焦っていらっしゃるのも、それなりに筋が通るような? 皇太子の時なら皇室典範の「重大な事故」そして、天皇としての祭祀が務まらない人造膀胱を理由に、実質的廃太子が可能なのです。天皇陛下となったとたん、不可侵。

仮に犯罪を冒してすら、天皇となったら司法ももはや手を出せません。

雅子妃の神道以外のカルト宗教信者も、マイナス点でしょう。それなら神事を避けたがるのも道理ですが、宮中に居座られては国民に迷惑です。
その隠された出自と共に。

カルト信者で、○○であり○○○○出自のご家系で、しかも近親者に精神病者をお持ちの(次代の)皇后陛下。こんなお方が即位なさり、まして画策されている如き愛子天皇擁立となったら、皇室は終焉です。

そこに残るのは祭祀もない、単に無為徒食、税金大消費の意味ないセレブに過ぎません。そして敵対国の脅しの材料ともなり日本を衰亡させます。

祭祀を抜いて、天皇の存在権はありません。存在の意味もありません。

■安倍晋三首相は2日の日ロ首脳会談の夕食会で、プーチン大統領に記念品として、よろい・かぶとを贈った。これに対し大統領は、ロシア所蔵で1928年の昭和天皇「即位の礼」の際に作られたという刀を首相にプレゼントした。

 http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090200943&g=pol

昭和天皇即位に使われた刀が、なんでロシアにあるのだかね。

本来なら、今上から徳仁皇太子へと渡され現在は徳仁皇太子所蔵の
はず? こちらか、オークションに出たもののいずれかが、
壺切御剣の可能性?

 

 ■クリスティーズとは

 

クリスティーズ英語: Christie's)は、世界中で知られているオークションハウス(競売会社)。1766年12月5日美術商ジェームズ・クリスティー英語版により、イギリス首都ロンドンに設立された。

 

クリスティーズは第一級のオークションハウスとして創立後すぐに名声を確立し、ロンドンがフランス革命後の国際的な美術品貿易の新しい中心地となったことに乗じて成長した。

・・・・・

太刀の価格設定(入札開始時点)と落札額に首をかしげる点は
ありますが、フェイクを出して売るようなインチキ競売会社ではありません。

出品のお品は全部、本物だと思ってよいでしょう。

記事は、新しい事実を掴み次第、暫時付け加えて行く可能性があります。

 

お名前欄の空白Unknownや、文章の一部を名前にしたもの、「あ」や「ん」などのいかにも、やっつけ的なHNは、ご遠慮ください。「通りすがり」も同じく。発言には最後まで責任を持つという意思表明を兼ねて、他とダブらないような常設のお名前を工夫の上、お入りください。

必然性のない「非公開」指定もお控えくださいませ。嫌がらせコメントの非公開指定は、公開します。

ごくたまに、批判の一手段として猥歌など記事に用いコメ欄にも諧謔的な替え歌が書き込まれることがありますが、ブログ主として許容しています。嫌いな方は来ないでください。

反論は大いに歓迎しますが、但し記事の「どの箇所が」「いかなる理由で」間違いなのか、「論拠を示して」ご提示くださいね。知能が一定レベルに達してない方へのコメント返しは不毛なので、ご遠慮ください。と言っても、解らない人がいるのでハッキリ言いますが「バカは来なくてよいです」。

 また長きに渡る常住読者さんたちの間で、BBにコメ欄に答える手間を掛けるなら、自分たちで答えてその間にBBには新記事を書かせたいという機運が自然に生じ、ブログ主もそれに甘えています。それが受け入れられない方は、どうぞ去ってくださいませ。こちらから、お願いしてまで読んで頂くほどのブログではございません。

 以上に違背するコメントは、今後ブロックします。今まで、ほぼすべてのコメントは公開をして来ましたが、最近記事本体に無縁のコメントが続くのでやむを得ません。
読者がブログを選ぶ権利があると同様、ブロガーにも読者を選ぶ権利があります。

 

  明日は、閉ざす覚悟の無償の個人ブログです。読者を増やすためのランキングにも置かず、個人の主義で好きに営むので、受け入れられない人はどうぞ来ないでくださいませ。私もあなたを、受け入れません。

  

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

第二のヤフオク? 英国著名オークションに出されていた菊の御紋の刀 《転載ご自由に》

2016-12-27 | 東宮雅子妃問題
休載中ですが、英国在住の読者さまから著名オークション主である
クリスティーズに、菊の御紋の刀が出品されていて(これ自体はあり得るのか?)、
 
中には皇位継承権の証である「壺切御剣(つぼきりのみつるぎ)」に酷似したものが出品されているのを目撃なさったとのことなので、もし本物なら由々しきことなのでアップしておきます。
 
BBの過去記事
 
 

皇太子に相伝される護り刀で、代々の立太子の際に天皇から授けられる壺切御剣も所在不明と囁かれています。

 

壺切御剣(つぼきりのみつるぎ )

壺切御剣伝進の儀(仮宮殿:表拝謁の間→奥一の間)天皇が壺切御剣を侍従長を通じて、別室に待機する皇太子に伝進されます。

立太子の礼には、壺切御剣が必須です。なければレプリカか、儀式自体がカットされるのでしょうか?

・・・・・・過去記事ここまで 

 
 
ただ、申し訳ないのですが1年前2015-10-15 の記事なのに、BB自身が
壺切御剣として、引っ張ってきた画像の典拠を憶えてないのです。
 
言い訳すれば、そこら辺に適当にあった刀の画像をアップするわけもなく、
行方不明ではないかと囁かれていた壺切御剣情報を探し、ヒットした
ものから画像を拝借したと思うのですが・・・・
 
今現在、ヒットするのはBBの記事のみという、何だか呑み込めない状況
なのです。
 
ですので・・・・・壺切御剣としてアップした画像の真贋の判定ができず、
それが英国の著名オークションに出ていたとしても、どれほどの
問題になるかならぬか、解らないのです。
 
 
 
上記はオークションに出されていた刀ですが(カタログより)
BBが「壺切御剣」として過去にアップしていたお品と似ていなくもない?
BBが上げた画像は直線で、こちらは曲線ですが。
違っていたとしても、菊の御紋の太刀と共に、これが出されていたことにどこかふっきれない思いは残りそうな・・・・・?
 
追記 その後情報主様より、追いかけてメールが。
 
オークションのウェブページは更新されており、オークション前の 画像(私がコピーを取って、BB様にご連絡したきっかけとなった もの)は取得できませんでした」
 
ということは、この画像以外に壺切御剣に酷似したものが、出品されていたということなのでしょうか。
 
こちらは90万円程度で落札したようですが? その価格が適正?
三種の神器の価値がわからない層は価格設定も解らない?
(壺切御剣ならだけど)
 
江戸時代の貴族の太刀。
 
 
 
いずれにしても、このたぐいの嫌疑をかけられる東宮に問題ありと
いうことではないでしょうか。信頼厚き皇太子なら、こんな嫌疑は
夢にもかけられませんね。
 
ヤフオクに関してはあれだけ、世間で大きく報じられネットでは
犯人に関して断定的記事が溢れているのに、訂正も抗議もなきまま宮内庁はダンマリで、有耶無耶になっています。
 
読者さまが、オークションの下見にいらして、写真を撮っていたら、
 
>“係員のオバサンが「写真?あなた、もしかして、ジャーナリスト?何に使うの?」「え、趣味で写真を撮っているだけですけど、何か?」「ならいいけど。出品される品には、秘密のものもあるから
 
そんなこと言われるの、初めてなんですけど?
 
 
菊紋は皇室、五七の桐紋は内閣じゃなかったか、どうもただならぬものを感じて引っかかっていました。これが何でどういう経路から来ているか、私にはわかりませんでしたが…。 ”
 
・・・・・・というレポートを頂いています。
 
政府の紋章が、五七の桐であることは事実です。
 
 
  
秀吉が紋として用いていたのを、現在は政府が使用。
読者様から頂いた画像で、五七の紋が見られるのは
刀の鍔でしょうか?
 
菊のご紋はむろん皇室ですね。
 
 
 
 
 
 
 

ユーロでの、価格表示(オークションスタート時の設定金額)の
ようですが、中には1億円を超えての落札(運慶)もあるようです。

 
全作品と解説が記載されたカタログは、pdf形式でこちらです。
 
 
 
 
念のため、展示の情報とカタログの情報には、ズレがあるとのレポートです
 
備考

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%BA%E5%88%87%E5%BE%A1%E5%89%A3

 

壺切御剣(つぼきりのみつるぎ/つぼきりのぎょけん)は、日本の皇太子(東宮)に相伝される太刀。皇室経済法第7条に規定する皇位とともに伝わるべき由緒ある物(いわゆる御由緒物)であり、三種の神器や宮中三殿とともにいわゆる御由緒物の中でも別格の扱いを受けている[1]。「壺切の御剣」「壺切太刀(つぼきりのたち)」とも。

現在は、皇太子徳仁親王に継承されている。
1952年11月10日に行われた明仁親王の立太子の礼
壺切御剣は皇太子に相伝される護り刀で、代々の立太子の際に天皇から授けられてきたものである[2]。その始原は、寛平5年(893年)の敦仁親王(醍醐天皇)の立太子に際し、親王が宇多天皇から剣を賜ったことまで遡る(『西宮記』)[3]。それは元々藤原氏の剣であったと見られ[4]、藤原氏出身の皇太子の地位安定化のために、皇位を象徴する草薙剣を模倣し創設されたと推測される[3]。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

即位の礼における、勅使発遣の儀でも、壺切の御剣が必要なのではないでしょうか。(こちらは曲線ですね)

なぜ、それが行方不明との噂が流れたのか解りません。

即位の礼

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B3%E4%BD%8D%E3%81%AE%E7%A4%BC

 

即位の礼(そくいのれい)は、天皇が践祚(せんそ)後、皇位を継承したことを内外に示す儀典で、最高の皇室儀礼とされる。諸外国における戴冠式にあたる。即位式(そくいしき)の後に、五穀豊穣を感謝し、その継続を祈る一代一度の大嘗祭が行われる。即位の礼・大嘗祭と一連の儀式を合わせ御大礼(ごたいれい)または御大典(ごたいてん)とも称される。

 

 クリックすると新しいウィンドウで開きます

御剣は、天皇から皇太子に代々授けられたが、敦明親王(小一条院)の継承に際しては藤原道長が妨げたことが知られる[3]。その後、初代の御剣は平安時代後半の内裏の火災で焼失し、別の剣が充てられた(2代目)[5]。これも承久の乱(1221年)に際し所在を失ったため、寛元元年(1243年)の久仁親王(後深草天皇)立太子に際して3代目が新鋳された[3]。しかし、正嘉2年(1258年)の恒仁親王(亀山天皇)立太子に際して勝光明院の宝蔵から2代目が見つかったため、3代目は廃され2代目が壺切御剣とされた[3]。

以後現在まで継承され、近年においても平成3年(1991年)2月23日の皇太子徳仁親王の立太子に際して御剣の親授がなされている[6]。

日本国憲法施行後における法体制では、皇室経済法第7条に規定する皇位とともに伝わるべき由緒ある物(いわゆる御由緒物)とされており、これにより相続税法第12条第1項第1号の非課税財産とされている[1]。また、御剣は、昭和天皇崩御の際に昭和天皇から明仁へ皇位とともに相続されていることから、民法上の所有者は皇位を持つ今上天皇であり、使用貸借契約に基づき皇太子が占有している状態である[1]。立太子の礼の際の授受は、民法上現物の授受であり、このときに契約の成立要件が満たされる形である。

 ・・・・・・・ここまで
 
いずれにしても、皇太子殿下は人造膀胱で祭祀が出来ないお身体。
また国内外の超VIPを100名以上を招いての長い儀式に
耐えうる健康状態でしょうか。
 
雅子妃に至っては論外で、出てくるものやら来ないやら、
「ご体調の波」でドタキャンされては目も当てられず、どっちにしても
このかた創価学会員ですから、皇室の神事は極力避けたいでしょう。
 
日常の仕事の合間を縫っての急ぎ打ちなので、記事にも画像にも過不足があるかもしれません。
 
おいおいに、手を加えて行くかもしれません。
 
情報をくださった方へ。
 
心より感謝申し上げます。「壺切御剣」の典拠をBBが記憶していず、
随分探したのに、自ブログ以外にはヒットしないという状況で、
こちらのほうの切れ味は今ひとつの記事となりましたが、
ヤフオクを思い出して戴くための起爆剤になるでしょう。
 
記事内容に過不足がございましたら、ご一報くださいませ。
 
 

追記 情報主様から二伸が届きました。差し障りない部分のみ、転機します。

追伸
 
私がその剣を見たのは12月7日です。
 
先ほどクリスティーズのウェブサイトを確認してきました。 クリスマスシーズンで諸事停滞しがちなのが幸いしたようです。 
 
販売総額が
>8 December 2016, London, King Street
>Sale total including buyer’s premium: GBP 1,856,875
今日のネットでのレートを適用して1ポンド143. 90円として、日本円にして2672010951.38円( 26億7201万円強)、かなりの額です。皇室財産の横領・ 横流しが含まれている場合、いい資金源になるのでしょう。
 
 
BB様・ でれでれ草様のウェブサイトを知ったのは今年半ばからで、 過去記事すべてに目を通していたわけではありません。 もしBB様の方のヤフオク記事も読んでいたら、 その日のうちに連絡できたでしょうに、非常に悔しいです。
 
 
ロンドンの美術周辺で仕事する人達は多様です。 例えば過去に西武デパート(あの、堤の…) の展覧会事業にかかわり、 現在美術館説明ツアーや解説講義で食べている女性など、 言動がかなり怪しい感じがします(不思議と裏事情に詳しく、 妙に高飛車、更に資料写真に韓国美術をねじ込んでくる人です)。 何か、ありそうですね。
 
・・・・・ここまで
 
 
 常連読者さまよりm参考サイトのご紹介がありました。
 
ht
tp://www.mokuzai-tonya.jp/05bunen/zuisou/2007/01nihontou36.html
ht
tp://www.mokuzai-tonya.jp/05bunen/zuisou/2007/02nihontou37.html
 
 
 
 

お名前欄の空白Unknownや、文章の一部を名前にしたもの、「あ」や「ん」などのいかにも、やっつけ的なHNは、ご遠慮ください。「通りすがり」も同じく。発言には最後まで責任を持つという意思表明を兼ねて、他とダブらないような常設のお名前を工夫の上、お入りください。

必然性のない「非公開」指定もお控えくださいませ。嫌がらせコメントの非公開指定は、公開します。

ごくたまに、批判の一手段として猥歌など記事に用いコメ欄にも諧謔的な替え歌が書き込まれることがありますが、ブログ主として許容しています。嫌いな方は来ないでください。

反論は大いに歓迎しますが、但し記事の「どの箇所が」「いかなる理由で」間違いなのか、「論拠を示して」ご提示くださいね。知能が一定レベルに達してない方へのコメント返しは不毛なので、ご遠慮ください。と言っても、解らない人がいるのでハッキリ言いますが「バカは来なくてよいです」。

 また長きに渡る常住読者さんたちの間で、BBにコメ欄に答える手間を掛けるなら、自分たちで答えてその間にBBには新記事を書かせたいという機運が自然に生じ、ブログ主もそれに甘えています。それが受け入れられない方は、どうぞ去ってくださいませ。こちらから、お願いしてまで読んで頂くほどのブログではございません。

 以上に違背するコメントは、今後ブロックします。今まで、ほぼすべてのコメントは公開をして来ましたが、最近記事本体に無縁のコメントが続くのでやむを得ません。
読者がブログを選ぶ権利があると同様、ブロガーにも読者を選ぶ権利があります。

 

  明日は、閉ざす覚悟の無償の個人ブログです。読者を増やすためのランキングにも置かず、個人の主義で好きに営むので、受け入れられない人はどうぞ来ないでくださいませ。私もあなたを、受け入れません。

  

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

愛子さまお誕生日画像が、いかがわしいのは、なぜ? 《転載ご自由に》

2016-12-01 | 東宮雅子妃問題

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000001-mai-soci

<愛子さま>学習アドバイス、ご両親から受け 15歳誕生日

セブンという名のネコだそう。「ニンゲンちゃん」と愛子さまが名付けたネコは
どこへ行った?

追記画像 これが「ニンゲンちゃん」
セブンちゃんと似てはいますが、別猫でしたね。

動物と一緒の画像が定番だけど、なんでだかこのご一家は、自分たちの嘘っぽさを動物のリアリティでごまかしているような?

学習アドバイスを、皇太子殿下から受けている? 学習院では政治学科に進めず、しかも「けつ2」というあだ名の、最後から二番目の成績だった皇太子から?

外国人の英語教師に「ひろちゃん、頭悪くて単語覚えない」と嘆かせた皇太子に?

 

愛子さま15歳の誕生日 宮内庁が映像公開

 15歳の誕生日を迎えられた愛子さまと愛猫のセブン=東京都港区元赤坂の東宮御所で2016年11月23日、宮内庁提供

【写真特集】愛子さま、15歳誕生日

 愛子さまは8月1日、皇太子ご夫妻とともに東京都千代田区であった「水を考えるつどい」に出席。初めて経験する公的な行事で、治水や環境に関する専門家の話を聞く機会をもった。同11日には長野県松本市であった第1回「山の日」記念全国大会の式典にご夫妻と出席した。

「水を考えるつどい」に父親と出るなら、母親の実家祖父がいかに水俣病患者に残酷な仕打ちをしたか、学んで欲しいものです。

 5月に修学旅行で広島市を訪れた際は、原爆ドームなどを見学し、「原爆の子の像」で同級生と一緒に折った千羽鶴をささげた。7月21日には宮内庁が管理する奈良県橿原市の神武天皇陵を初めて参拝した。

机の上の、それぞれ位置を変えて意味なく置かれる千羽鶴は、広島ドーム見学記念かしらw


 9月下旬から疲れによるふらつきなどの症状がみられ、大事をとって学校を欠席した。11月上旬からは体調をみながら可能な範囲で通学を続けており、現在はほぼ平常通りに通学している。

「ほぼ」正常ね・・・・・ほぼ。言葉を変えれば、すでに二ヶ月間通学には異常な状態が続いている・・・・。一般であれば、こういうの「問題児」と言います。

 

 

 

本を間に二人で見ている毎度お馴染みの構図。それに、なんでいつも穴あき壁の防音室みたいなところ?

雅子さんが噂の「ギャーっ」って叫ぶ時の閉じ込め部屋?

それにしてもなぜ、母親がいないのかしら?

 

午前中撮影で、まだ寝てた?

 



だから、なんで意味もなく折り鶴が散らばってるの?

嘘っぽさ満開の画像。悠仁さまのお誕生日画像と比べると、不自然さが
よく分かるでしょ。この一家いつも「何かをつくろってる」。
つくろって隠さなければならない、何かがある。

六歳の悠仁さまがお出来になった玉串奉奠が中学生でおできにならなかった愛子さま。

 

 

悠仁さま10歳の誕生日 赤坂御用地で田んぼ作り(16/09/06)

 

皇后、呪いの? 片方靴にもかかわらず、おすこやか。

 

 

 

 

 

 

 

 

追記 コメ欄でのやりとり

・・・・・

更に追記 その後コメ欄に色々、ご意見頂き猫に関する見解は
BBお手上げです。セブンがまだ成猫ではないそうです。

猫話題で錯綜するのも本質からそれるし、コメ欄から転載の記事と
猫を知らないBBからのレス転載、削除しておきます。m(__)m

 

 

ついでに、わざとらしさシリーズ

 

 

 

これじゃあ、編めませんけど?

浩宮のために編み物だってww 嘘は整形の顔だけにしてくんろ。

小指がシェイプシフトしてるかも。
雅子妃に霊的指の異変は珍しくもないけれど。

 

 

誰の指とからめて、いるのだか?

 

皇后も昭和でお偉くなりました。

お誕生日談話では、とうとうと憲法論を語られ英霊を「戦犯」と
言い捨てられます。

 

 

 

 

お名前欄の空白Unknownや、文章の一部を名前にしたもの、「あ」や「ん」などのいかにも、やっつけ的なHNは、ご遠慮ください。「通りすがり」も同じく。発言には最後まで責任を持つという意思表明を兼ねて、他とダブらないような常設のお名前を工夫の上、お入りください。

必然性のない「非公開」指定もお控えくださいませ。嫌がらせコメントの非公開指定は、公開します。

ごくたまに、批判の一手段として猥歌など記事に用いコメ欄にも諧謔的な替え歌が書き込まれることがありますが、ブログ主として許容しています。嫌いな方は来ないでください。

反論は大いに歓迎しますが、但し記事の「どの箇所が」「いかなる理由で」間違いなのか、「論拠を示して」ご提示くださいね。知能が一定レベルに達してない方へのコメント返しは不毛なので、ご遠慮ください。と言っても、解らない人がいるのでハッキリ言いますが「バカは来なくてよいです」。

 また長きに渡る常住読者さんたちの間で、BBにコメ欄に答える手間を掛けるなら、自分たちで答えてその間にBBには新記事を書かせたいという機運が自然に生じ、ブログ主もそれに甘えています。それが受け入れられない方は、どうぞ去ってくださいませ。こちらから、お願いしてまで読んで頂くほどのブログではございません。

 以上に違背するコメントは、今後ブロックします。今まで、ほぼすべてのコメントは公開をして来ましたが、最近記事本体に無縁のコメントが続くのでやむを得ません。
読者がブログを選ぶ権利があると同様、ブロガーにも読者を選ぶ権利があります。

 

  明日は、閉ざす覚悟の無償の個人ブログです。読者を増やすためのランキングにも置かず、個人の主義で好きに営むので、受け入れられない人はどうぞ来ないでくださいませ。私もあなたを、受け入れません。

コメント (157)
この記事をはてなブックマークに追加