雨のち晴れ・・・時々ゆき

雨男お父さん、
我が家を照らす太陽王子
そして、時々ゆきお母さん

その手をにぎりたい。

2014-03-10 23:50:50 | あめ

柚木麻子の新作

その手をにぎりたい/柚木麻子

 

タイトル見たときは純愛モノっぽくて乗り気がしなかったけど。

お寿司をにぎる職人に恋をした女性の物語でした。

ひょんなことから連れて行かれた超高級鮨店、

その店でまたお寿司を!と懸命に働くことを決意。

主人公の努力とバブルの到来でステップアップしていきます。

お店にも通いだし、さあ主人公の思いは・・・。

 

柚木麻子作品は前半面白くって、後半「なんだかなぁ」って

なっていくんだよね、これまでの個人的感想は。

でも今回はテンションの降下が少なかったね。

一気に読めて面白かった

 

表紙が「デビクロくんの恋と魔法」に似てない?

激似じゃない?

『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 検察側の罪人。 | トップ | キャリア警部・道定聡の苦悩。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
激似。 (P)
2014-03-12 12:53:52
表紙、まんまだと思う。
でしょ。 (パー)
2014-03-19 13:46:07
そうでしょ!今回のもおもしろかったよ。

コメントを投稿

あめ」カテゴリの最新記事