雨のち晴れ・・・時々ゆき

雨男お父さん、
我が家を照らす太陽王子
そして、時々ゆきお母さん

作家刑事毒島。

2016-10-17 23:40:09 | あめ

作家刑事毒島/中山七里

刑事だけどベストセラー作家。
そんな毒島に文壇事件の協力を依頼。
受賞後二作目を書けない新人作家や、
手段を選ばない編集者、
ストーカー読者など出版界を斬りまくり。
面白かった。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西一番街ブラックバイト。 | トップ | 秋の遠足。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む