いのちとびわ湖を放射能から守る輪

~原発問題住民運動滋賀県連絡会~

地震大国に原発は危険

2016年11月26日 09時44分34秒 | 組織
 第218回キンカンは、11月25日18時10分に、JR膳所駅前を出発して、「高浜原発動かすな」などのコールをしながら、関電滋賀支店前まで、寒い中でしたが24人が元気にパレードしました。

 22日に福島県を中心にM7.4、震度5弱の地震が起り、東京電力福島第2原発3号機の使用済み核燃料プールの冷却装置が一時停止しました。
 このことは2つのことを意味しています。

 1つはあらためて地震国日本において、原発を稼働することの危険性です。
 1995年の阪神淡路大震災以来、地震の専門家は日本全体が地震活動期に入ったと指摘しています。今年だけでも熊本地震・鳥取地震に続いて今回の福島沖地震と大きな地震だけでも3回も起っています。95年以来の地震活動期はほぼ50年続くと言われているわけですから、まだ活動期に入って半分も経過していないのです。東海・東南海・南海などの大地震の周期も迎えているといわれます。こんな地震国に危険な原発を再稼働するなどもってのほかだといわなければなりません。地震大国日本に危険な原発はいらないこの声を大きく上げようではありませんか。

 もう一つは、使用済み核燃料プールの冷却装置が一時停止したことに見られるように、やはり原発は地震に弱いということです。福島原発は第一・第二とも廃炉にせよ、これが福島県民と全国民の声です。

 福島に地震が起った同じ11月22日に、ベトナム国会では原発白紙撤回の議決を確定しました。ベトナムの原発建設計画は2010年に民主党政権との間で合意され、その後安倍内閣が国内では再稼働、国外では原発輸出に狂奔してきました。
 
 しかし、2011年に福島事故が起り、ベトナムで再検討がはじまりました。
 今年の8月15日、ベトナムで、ファン・チュー・チン大学理事長グェン・ゴクさんの講演を聞く機会がありました。そのときグエン・ゴク氏は、「政府としては当初、2020年に建設する予定だったが、2年前に2028年建設予定と延期され、自分が聞いている情報ではさらに2038年まで延期されるということのようだ」と話しておられました。しかし今回の決定は延期ではなく白紙撤回となったわけです。そこには原発に対する根強い国民の不安と、再生エネルギーに高まる期待があるといいます。日本でもこの声は強いものです。

 福島原発事故の教訓に学んで、イタリア・ドイツ・台湾・ベトナムが脱原発に動きましたが、真っ先にその道を歩まなければならないのは日本でないでしょうか。そのような政府を一日も早く日本にも打ち立てましょう。

 次回は12月2日(金)19:00~関電滋賀支店前です。
(なお、12月30日は第5金曜日でキンカン行動日ですが年末のため休みとします。2017年度は第1金曜日(1月6日)からはじめます)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老朽美浜の再稼働反対 | トップ | 原発は高くて危険で金まみれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

組織」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。