シャツのほころび涙のかけら

昔よく聞いたNSPのタイトルを拝借。…趣味や日常を綴っています。基本はガンバレ自分!時々覗いてみてください。

カエデの枝が一部枯れた

2017-05-14 | 我が家~植物・生物
我が家の鉢植えのカエデは、この3月に赤い芽を出し、その後、出葉となり若葉が出揃ってきた。ところが、一部の枝では芽の状態から・・・枯れだした。(↓5月6日)
 
 
何故だろう?カチャッてみると、ほとんどの要因は根ぐされ、根痛み、根詰まり、水切れなどなど根にあるようだ。
そういえば、と日記で過去の様子を確認すると、2年前の夏にいきなり葉が枯れたことがあった。ただ、この年も翌年(昨年)も植え替えなどしていない。2~3年このままだったか?
 
先週の土曜日、鉢から抜いてみると根が隙間なくびっしり詰まっていた。これではちょっとした水くらいでは通さないかも。酸欠もしそう。
ただ、今以上の大きな鉢はないので、周囲や下の方の根を落として土を替えてみた。枝も枯れた部分はやむなく伐った。
 
ついでに、地植えで育っていた子カエデを鉢植えにした。さらに先の枝を伐る。
それから殺菌剤入りの塗布剤(トップジン)を買ってきて、伐ったところに塗った。
 
それから一週間。両方とも今のところ安定しているようにみえる。(↓今日の10:00頃)
 
 
 
こちらは、子カエデ。
 
親カエデの方は、来春に根の様子をみてみよう。
 

-*-*--*---*-----*-----*-----*---*--*-*-
 
 
昨日は雨だった。雨戸は汚れていた(何年も掃除してない)。
午後、雨に乗じて雨戸を外し、隣とのフェンスに立て掛け雨ざらしにしてみた。汚れが多少は落ちるのではないかと。
すると、しだいに雨が弱くなってきた・・・。1時間くらいして様子をみる・・・けっこう土埃が溜まっているようだ。デッキブラシ登場・・・ホースでジャー。
しばらくしてから、取り込もうと持ち上げると、視線は裏側に。こっちも汚かった。ホースでジャー。
汚水(?)が相当周りに飛び散ったと思うけど、雨で良かった。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加島屋、六文銭、多町 | トップ |   
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カエデ (kawa)
2017-05-14 17:59:48
参考になります。
土を入れかえないと、いけないのですか。時期は、いつがいいのでしょう。
Unknown (ディック)
2017-05-18 22:41:55
鉢植えは鉢植えなりにいろいろと管理が大変ですね。
かといって、木をうかつに地植えにするとどんどん大きくなって、大変なことになります。
かみさんが決断して地植えにして、1、2年後に後悔、ということがすごく多いです。
Unknown (ringo)
2017-05-19 13:57:14
こんにちは。
かえでが枯れてきたのですか。
鉢植えの木は、デリケートですね。
私は、選定しすぎたのか、地植えのかえでを枯らしてしまったことがあります。素人がしてはいけなかったようです。
鉢植えのかえでが、元気になるといいですね。

雨戸のお掃除、私も何年かやっていません。
そろそろ綺麗にしなくては。
kawaさん こんばんは (KAEDE)
2017-05-19 22:58:04
調べてみると、葉のない時期に行うのが良い。11~12月か2~3月が苗植えの適期。そんな記載が多いです。
私は過去に植え替えたのは3月だったと思います。甲虫類の幼虫も除くことができて良かったと思いました。
ディックさん こんばんは (KAEDE)
2017-05-19 22:58:42
さすがに今回は放っておきすぎたと反省してます。
環境にもよるのでしょうけど、地植えは大きくなりますよね~。
近所でも大きくなった樹をもてあましている感じのお宅があります。
ringoさん こんばんは (KAEDE)
2017-05-19 22:59:22
あっそうそう、調べている際に「カエデは剪定しすぎると良くない」との記載もありました。また、要因によっては翌年以降に影響が出るとか。カエデはデリケートですね。
私にしても、カエデの樹形をどのようにしたら良いのか、正解を出せない悩みに悩んでいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。