イタグレブリーダー・わんわん日記

イタリアングレーハウンドの出産・子犬の成長の様子・わん達との日常を楽しく紹介していきます。

アンディ君~きっと生まれかわって来てくれたと思ってるよ。

2017年09月28日 | Weblog

アンディ君が生まれてきたときに・・私は⇒ ああっ すごいことが起こった と思いました。


というのも、イノセントでは約14年前に初代の輸入犬・ロナルドを迎えて以来、生まれてきた子はすべてソリッド・単色の子犬ばかりでした。ソリッドが優先遺伝とは知っていましたが・・・ここまで100% ソリッドが生まれてくるとは思ってはいませんでした。そしてカラーだけの事ではないです。どの子もショートバックで、身体の骨格も太くて、それなのに無駄なお肉もつかない、見た目にもエレガントな子でした。


私が繁殖を始めた頃は、他の犬舎はアメリカタイプのアイリッシュを繁殖していました。当時はソリッドが珍しい存在でした。私がヨーロッパから輸入をした時は、激しくバッシングを受けました 色々と探りを入れてきた方や(ヘンな電話です)2ちゃんねるに書き込んだ方がいました。バッカみたいな人でした それがどうですか 今では、どの犬舎もソリッド・ソリッドと白の少ない子を創っていらっしゃいます。遺伝の法則で、白の少ない子をかけ合わせれば、おのずと単色の子ができますよ。でも、それは見た目のこと カラーを単色にしたところで・・体のライン・骨のつくり・お顔・輪郭も含めて違いますよ。


ヨーロッパのIGを創っているのですから、うちではソリッドが生まれてくることは当たり前になっていました。それは、決して良いことではなく珍しくもなく、ごく普通のことでした。私が他のブリさんとは違い、ヨーロッパのIGにほれ込んだからでした。


しかし今回~10数年ぶりに奇跡というか・・今までありえなかったことが起こったのです。そうです。イノセントでは生まれたことのなかったアイリッシュカラーの子犬が産まれたのです。私はアイリッシュが生まれてくれたことが新鮮で嬉しかったです。言わずと知れたこの子、アンディ君でした。↓



生まれた瞬間に・・ビックリ そしてすぐに思いました。ミユリちゃんが戻ってきたと。私は思わず⇒ミュウミュウ⇒来てくれたのね と感激でした。ちなみにミュウが生まれたときの写真です↓



15年前の写真を探しました。生まれたての可愛いミュウミュウ 愛おしいです。ミュウちゃん、もう一度抱っこしたいです。



ジュリアママと一緒のミュウちゃんです。ミュウは額のブレーズが細くて綺麗でした。そして、首の右側から首の下にかけて三角の白い部分がありました。左側に白はないです。


こちらはアンディ君のお首の模様です ↓



ミュウちゃんと同じで、右の首から下に三角に白が入っているんですよ。この写真は早くにオーナー様には送っています。この白の入り方は、まさしくミュウミュウでした。



ミュウちゃん2歳の頃です。右のシュナちゃんはティアラです。エリーのお母さんですよ。ティアラのパパはこの頃ショーで活躍していたCHでした。有名犬舎のシュナでした。。ですからペットだけではもったいない とか言われて断耳手術をしました。ティアラの耳は術後に腫れて・・痛がって鳴いて・・強烈な臭い匂いでした 下に置くと鳴き続けるので可哀相で、私は一日中抱っこしていました。痛みが治まったあとも、耳は立ち耳にならずに、しばらくはテープで矯正していましたティアラも私も数か月は大変でした。私は、愛犬には余計な手術をする必要はないな・・と思いました。


ミュウちゃん、生まれ変わって来てくれたのね。



アンディ君にミュウちゃんの姿が重なります。



アンディ君のママさんは、アンディ君は息子たちよりも良い子ですよ~ と言ってくださいます。これはおせいじであって、私に気を遣って言ってくださったとわかっていますよ。ありがとうございます。でもね、ミュウの生まれ変わりだとしたら、ミュウは聞き分けが良く上品で手のかからない、本当に良い子でしたよ。


管理人が勝手に生まれ変わりだと思っているだけです。白の入り具合が、額も首もミュウちゃんと同じなんですから。感じるよね。

アンディ君とN家の皆様のほのぼのとされている姿を拝見し、わたくも心から幸せを感じさせていただきました。このめぐり会いに感謝いたします。ありがとうございました。Nさんから頂いたアンディ君の写真です ↓



アンディ君、ステキ。お耳がママに似ていて、これまたすごいわ。大人になった姿が楽しみです。


 


 


今日もご覧くださり、ありがとうございました。ワンクリックお願いしますね(*^^*)

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アンディ君~その後のようす。

2017年09月26日 | Weblog

8月25日に巣立っていったアンディ君です。新しいオーナー様はアンディ君を迎えることを、ご家族でとても楽しみにしてくださっていました。ありがとうございます。ママさんから写真をいただいているので紹介させていただきます。


まずはお迎えしてくださって間もないころの写真です ↓



オーナー様のお子様、次男君と一緒のアンディ君です。次男君は~アンディ アンディ と片ときもアンディ君を離さずに、すごく激愛されたそうです。心配するほどの激愛で・・・ ママは、少しでもアンディ君のストレスがたまらないようにと気を遣われて次男君をさとされたそうです。


そして~一か月近くが経って、お子様たちもアンディ君もすっかりと馴染み落ち着きましたよ。



みんなと仲良し アンディ君。楽しそうだね。わたくし~管理人が望んでいるのは、このように家族の一員としてペットちゃんとして飼ってくださることです。子犬を迎えることによってご家族が益々明るく幸せな気持ちになってくださることです。まさに私の理想です ありがとうございます。


この子の両親犬は、ともにヨーロッパからの輸入犬です。そして父犬も母犬も、私のオナハンでJKCチャンピオンを完成しました 数少ない北海道でのショーと、東京でのビックサイトでのショーに参加しただけでした。父犬・母犬ともに、ショーに参加してして1年も経たないでの完成でした。


親バカですが・・血筋もよく、もって生まれた骨格構成&歩様&お顔の美しさなど申し分のない子だと思います。ショー世界を知る人なら、この子犬たちもショーに出したら・・ 良いタイトルをもらえるよ。と考えるかもしれません。


しかし私は、そのようには考えません。犬の幸せは、ペットちゃんとして家族と同じように可愛がっていただくことです。ショーにかかるお金を使うのでしたら、ご家族と一緒に旅行やイベント参加などに費やしていただくほうが良いかと思っています。 あっ!これは自分の子育ての経験からくる考えでして・・・子供を成人まで育てるには時間もお金も大変です。人間の子供とワンコの情緒教育をしながら~まずは子育てが終わってから~その後に余裕が出てからワンコのことでしょうか。


お子様がいない方やお金に沢山の余裕があるかたでしたら、ショーへの参加は歓迎です。自分からしたい というのであれば、新しい世界が広がり楽しめると思います。私からは、お勧めしませんけどね。


横道から前に戻りまして・・・アンディ君はいつもお兄ちゃん達に寄り添っているのかな。↓



お兄ちゃんが本を読んでいるときもそばにいるよ。



寝ているときも、ハイ そばに居るよ。



でへへ・・ボク家族のみんなに愛されて幸せだよ。


Nさま、このようなステキな写真をありがとうございました。アンディ君のことには続きがあります。準備ができましたらまた紹介させていただきます。


今日もご覧くださり、ありがとうございました。ワンクリックお願いしますね。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村

 


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

豪徳寺にて~ココ君&ステキなママさん。

2017年09月22日 | Weblog

今日もまた、巣立っていった子・ココ君がステキに成長された様子を紹介させていただきます。

ココ君のオーナー様は現役のモデルさんです。モデルさんですから、見た目のすがた&容姿も美しいですが・・・私が美しいと感じているのは彼女の人柄・綺麗な心です。ココ君ママさんは定期的にお電話をくださいます。私とは同年代なので(私のほうが年上です。一緒にしてごめんね)お話もはずんでしまい、いつも長電話をしてしまいます。楽しいです。

そのIさんが所属していらっしやる事務所が作成されたプロモーションビデオをいただきました。イタリアングレーハウンドと豪徳寺とママさんです。どうぞ、ご覧くださいね。下の動画をぜひご覧くださいね ↓ とてもキレイです。

https://www.youtube.com/watch?v=ZEgYi1AK-b8 ☚ココ君・豪徳寺にて。

 

写真ですよ。

ココ君は、前回のブログで紹介したジェイド君の同胞の兄弟です。カッコいいですね。豪徳寺は、私が結婚する前に住んでいた家から近いのですが~行ったことはなかったですね。Let’s 豪徳寺 というアニメが流行っていたのは知っていたけど・・豪徳寺って ネコちゃんを祭っているのですね。勉強した~ いつか行きたいです。

ココ君、Iさんご夫妻にとても愛されています。幸せですね。私は Iさんの美しさにあやかりたくて色々と美容に関して教えていただきました。Iさん曰く、日焼け&紫外線をあびることが肌にとっては一番よくないそうです。モデル仲間の方々は日焼けしないように極力夏場は肌を出さないそうです。そして~乾燥もダメ!常に肌が潤うように、お安いものでもいいので、化粧水&乳液をたっぷりとお肌につけて潤ってあげることなど。うんうん~ありがとうね。

Iさんはココ君が生まれてくる前からビックサイトのショーに足を運んでくださり、私と会ってお話をしてくださいました。子犬を迎える前から長くお付き合いをさせていただいております。

そしてこちらはココ君を迎えてくださったあとに、翌年にビックサイトでのシヨーに遊びに来てくださったときの写真です。このときはジェイド君のファミリーさんも来てくださり ココ君&ジェイド君の兄弟の再会となりました。その写真はモザイクをかけていないので今日は失礼します。

2015年・12月東京インターにて。私が抱いているのはオペラです。

このときのショーでオペラはクラスドッグで 落とされたました( ;∀;) Iさんパパさんは、オペラちゃんキレイに歩いて良かったのに・・なぜだぁ~ と言って会場を後にしてからビックサイト内のお店で、ビールをガンガンやけ飲みしてたわよ と伺って、わたしはおかしくて大笑いしてしまいました。その応援してくださったお気持ちが嬉しくて・・パパさんをギュ と抱きしめたいほど嬉しかったです。ありがとうございました。

今日もご覧くださり、ありがとうございました。ワンクリックいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします(*^^*)

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巣立った子・クロム君。

2017年09月20日 | Weblog

5月22日生まれのパピーちゃんたちの、巣立っていった新しいお家での近況のご報告や写真をいただいています。その後の成長のようすを見せていただくことは、私の楽しみです。新オーナー様、ありがとうございます。


長男のクロム君のお家には、先住犬のこのカッコいい子がいます。 ↓



はい!こちらの写真は、今年の年賀状でいただいたポストカードです。写真の部分だけ切り取らせていただきました。このカッコいい男の子は ジェイド君です。ステキです。


クロム君はジェイド君の弟として迎えてくださいました。クロム君を迎えてから~ジェイド君は優しい男の子でした。クロム君からの、猛烈なアタック・・しつこい遊びを受けながら、怒ることもなく・・多分・・ガマンしながら・・耐えているというか・・ちょっとは嬉しいというか・・新参者を受け入れてくれたそうです。ありがとうね。ジェイド君。


そのお二人のようすです。



ハイ!大きい子と小さい子の、でこぼこコンビです。可愛いよ



ジェイド君、子犬はしつこくて遠慮がないでしょう。ごめんね。



なのに、すぐにくっつけるなんてステキ~ ジェイド君、パパに似てきたね。



こんなに寄り添って寝てくれるなんて・・相性があったのですね。相性が合わなかったり先住犬の性格が穏やかでなければ、何年たっても仲良くなれずに寄り添って寝ることのないままに一生を終えるペアもいます。君たち良かったよ 私も嬉しいです。


この子たちは、それぞれの両親犬が違うので血のつながりはないです。でもイノセントの匂いがするのかな。ジェイド君、遠慮のないチビちゃんだからストレスがたまるかもしれないね。ジェイド君も遠慮しないで カツン と怒っていいからね。男の子は、女の子よりも優しいと思います。男の子はウラがないです。本当に~素直で可愛いです。


それにしても、それぞれの子が親犬に似てるので~ああ~やっぱり と思ったり感心したりクスクスと笑ったりしています。耳の付け根の高さの位置や形・・立ち姿・・後ろ足の形など・・カラーだけの問題じゃないですね。お顔のりんかく。マズルの形。目の色。にゅうわなお顔つきなど。(つぶやきですが、カラーや、ソリッドの方向へいく人たち・・それがどうしたの?の世界へ入ってきました) 繁殖は奥が深いです。


今日もご覧くださり、ありがとうございました。ワンクリックいただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北海道 最後のショー。

2017年09月16日 | Weblog

先週末の9日と10日、今年の北海道では最後のショーが行われました。お天気は、時おり雨にみまわれましたが、大きく崩れることはなく気温もちょうどいい感じ。人にも犬にも心地よい気温でした。


前回のブログにも書いた通り、本州からも沢山のプロハンさん達が来て下さり、いつもよりもにぎやかで盛況でした。遠方よりはるばると来道くださり、ありがたく思いました。一日目の朝に出陳ブックを見ると、想像通り・・10グループは本州からいらしたプロハンが引かれているワンちゃん達ばかりでした。北海道からの出陳者は私だけでした ちょっと・・北海道の人たち~それはないんでないかぃ~ 地元なんだから~出しましょうよ 本州からのプロハンが来ると分かると、地元なのに出さない方がいるのです。どうせ負けるから・・ってね 勝ち負けだけじゃないでしょう。数少ない北海道での開催ですよ。頑張って出しましょうよ~と思うのですけどね。


その一日目です。写真は、ドーベルボス・須藤さんが撮ってくださいました。ありがとうございました。



触診です。腰は引けながらも、なんとか我慢できるようになりました。



歩様もよくなりました。6月・7月の頃とは比べ物にならないくらい良いです。



アップ&ダウンのあとのフリーステイも良い感じ。ピタッ!と止まりポーズをとりました。この子の形はママ犬にそっくりです。血は争えないです。



ソフィちゃん、キレイに前を向いて歩きました。この日はカードには届きませんでしたが、ソフィが楽しそうに歩いてショーを好きになっていくのが分かり、私は満足でした。


あとから聞いた話ですが、本部席に座っていらした役員の方々が、今日のイタグレはいいぞ!イケッ イケッ とつぶやいてエールを送ってくださったそうです。翌日にそれを伺って感激しました。


そして北海道のショー最終日・10日です。この日は連合展といって、中規模のショーなのでメジャーカードが発生します。それで北海道の人も出しているといいなぁ~と期待して出陳ブックを見ると・・あらら出していない( ;∀;) ということは前日と同じメンバーでした。ここで私は気がラクになりました。勝ち負けを気にせずにリラックスしていこうと。ソフィが来年に向けて、ショーを楽しい(*^^)v と感じてくれること。そして、前回よりも少しでも良い動きをしてくれるように心がけてハンドリングすることでした。


ハイ、触診の始まりです、この日の写真はドーベルのお友達・小林さんが撮ってくださいました。ありがとうございました。



この日も頑張って我慢していました。でも・・過去には、触っている最中にいきなり⇒ ぶっ飛んだ経験があるので、首を固定している私です。本当はこんなことしたくないんだけど、まだ一年目で何が起こるか分からないので。



背中を触られても、だいぶ崩れないで良くなってきました。



すごい良くなってきました。今まではヘナヘナと崩れていたんですよ。私~触診中はずっと話しかけています。ソフィちゃん、触診 OKでした。嬉しい 内心・・できたと感激でした。



さあ~北海道で 最後の歩きだよ。



積極的に歩いてました。足が良く出ています。



ソフィと歩いているとママ(レイラ)と歩いていたころが彷彿されてきます。触診を嫌がってたけど・・その後ショーに出ることを理解し、ショーを段々と好きになっていったママ。ママは、ショーを好きになってからは⇒ 見てみて わたしを見て と生き生きとして歩いていましたよ。ソフィもママのようになれるかな なれそうな予感がしたこの日でした。


そしてこの日は予想もしていなかったミラクルが起こりました。ソフィは、10グループ 一席をいただいたのでした。 はい!貴方が一席です・・と指をさされたとき、私はびっくりして・・ええっ・・とポカーン そのあとロゼットをいただき実感。身体が小刻みに震えてきて、手も震えてきました。その震えはしばらくの間、おさまりませんでした。今年4月のジャパンインターでミリオンがアワードをいただいた時でさえ、震えることがなかったのに。。。私&ワンにとっては、それくらいに、身体に現れるくらいにすごいことでした。


そのあと、友人たちや他の先生からも、この日は私とソフィの歩く歩様の息がピッタリと合っていで、とてもキレイだったよ といってもらいました。ありがとうございます。


その後のお立ち台写真です。この日は、撮る順番を並んで待っているうちに、なにか イヤ"(-""-)" ムードがあったようで、いざお立ち台に上がるとイヤがりました。それでお友達が一生懸命に釣りエサをかざして前を向かせようとするのですが・・・



釣りエサには見向きもしません。いったんイヤになると難しいんですよ。



そして、何とか撮れた一枚でした。お立ち台写真も、(事前に誰もいないときに)練習しなくちゃね。


今年の北海道でのショーでお世話になったみなさま、ありがとうございました。須藤さんを始めとして同じテントのみなさま、毎回楽しくおしゃべりをし、美味しいお料理や差し入れをいただきながら、ワンたちと共に楽しいシーズンを送ることができました。イノセントのワンたちを応援してくださっている方々、お電話やメールなどでの応援のお言葉を励みにがんばっています。かかわってくださったすべての方々に感謝しています。ありがとうございました。


今日もご覧くださり、ありがとうございました。ワンクリックいただけると嬉しいです(*^^*)

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窓際にて・・わんこたちの、食前と食後のちがい。

2017年09月08日 | Weblog

今の時期は、北海道は秋です。もちろんクーラーを付けることもなく、そしてまだストーブを付けることもなく、天然の気候が一番心地よい季節です。ワンたちは窓際でくつろぐ時間が長いです。


いつもの見なれた光景ですが・・・ワンたちのようすが微妙にちがうんですよ。それは~ご飯を食べる前と~食べ終わったあとの違いです。


こちらは、朝ご飯をもらう前・・待っているときのようすです ↓



おか~さん、ご飯まだ 待ってるんですけど・・・。まだよ! お父さんが出社したあとよ。このときは立ち上がったままで、私のようすを見ています。



そうだったね。それを知っているワンたちは、主人が 行ってきます と家を出るまで待っています。時々カラスなどが通ると⇒このように一斉に外を見ています。鳥に向かってけたたましく吠える子もいます。サイトハウンドですからね。獲物を追う習性です


そして毎日、定時刻に主人が玄関を出た途端に⇒わぁ~い ご飯の時間が来たぁ~と喜んでワンワン騒ぎ出します。私も、さあご飯よ~ と声をかけるのでワンたちはますます喜びます。そして、楽しみなご飯を食べ終わると、このように再び窓際でくつろぎます。



お腹も一杯になったしね。ここは気持ちいいわぁ。上の写真との違い・・わかりますか。



それはね~食べ終わった後は寝転んでくつろいで、仲間うちでなめて身づくろいなんてしているんですよ。リラックスしていますよ。ご飯前の緊迫感みたいな表情はないです  


           毎日のイノセントの日常でした。


明日と明後日 9日・10日は 北海道最後のショーです。夏の間に、わずか10回しか開催されません。私にはちょうどいい回数かもしれませんね。わたくし、ショー 命 の人間ではありませんから。結構疲れてます(''◇'')ゞ犬の事だけしていてよいのでしたら集中できますけどね。実際は家事全般、主婦の仕事にきりがありません。 ショーは、愛犬との楽しいコミニュケーション&絆を強くすることの延長です。
今週末は本州ではショーはやっていませんし、10日は連合展なので、本州のプロハンさん達もお見えになることでしょう。北海道のショーで参加頭数が多くなることはありがたくて嬉しいことです。10グループも沢山来てくださると嬉しいです。今の北海道はステキな気候で過ごしやすいですよ。どうぞ気を付けていらしてください。そして北海道での秋を楽しんでくださいね。


今日もご覧くださりありがとうございました。ワンクリックお願いしますね。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イタグレの耳が 三角おにぎりになっちゃったけど。。。

2017年09月04日 | Weblog

5月生まれで~一番最初に巣立っていったエレンちゃんのママさん、いつもステキな写真をありがとうございます。


エレンちゃんは、お迎えいただいた時にはキレイなローズイヤーでした。その当時は生後2か月過ぎでした。それから一か月がたち・・お耳が下に下がってきたそうです。こちらがいただいた写真です。↓



私はこの写真をいただいて⇒感動でした 4姉弟の中で、一番からだが華奢だったお姫様が、こんなにも立派に成長されてしっかりとした体つきになられている 嬉しいなぁ~(*^^)v 親犬からのDNAは間違いなく受けつがれると実感しました。


エレンママさん曰く、このようなお耳も子犬らしくて可愛いいのですが・・・ローズイヤーになってくれるのでしょか~ とのこと。 ハイ 当たり前ですよ。このように 三角おにぎりのようなお耳になることは、成長の過程でよくあることですよ。 ちゃんとローズイヤーになりますからね。とお答えしました。


以前のブログにも書いていますが・・うちのジェニーも一時期、お耳が立ってきた時期がありました。こちらの写真です。 ↓



生後三か月のころでした。この立ち耳は20日間以上直りませんでした。私は、ウワッ~困ったね!と思いましたが、少しも心配しませんでした。立ち耳はJKC&FCIのスタンダードの規定で、イタリアングレーハウンドの欠点とされております。申し上げづらいですが、遺伝的な要素が強いです。イタグレをこよなく愛しスタンダードを守るべきブリーダーであれば、立ち耳の親からは決して繁殖をしてはイケナイ と思います。


ジェニーの耳が立ってきても何もひるむこともないのは、私はこの子の両親犬を持っているし、その親たち~おじいちゃん&おばあちゃんのこともよく知っています。先方のブリーダーさんからも写真をたくさんいただいています。それらのご先祖のIG達は、みんなスタンダードに近い素晴らしいイタリアングレーハウンドです。ですから必ずローズイヤーになると自信を持っています。ローズイヤーはわたくしの、IGに対してのこだわりでもあります。


そんなわけで、ローズイヤーに戻ったジェニーです。



新しい写真を撮っていないので、前回と同じ写真です。テープで矯正もしていませんよ。これが血統・DNAなのです。


そして~三角おにぎりのお耳から一週間ほど経ってから、エレンママさんから嬉しいメールが届きました。エレンちゃんのお耳が元のキレイなローズイヤーに戻ったそうです。そうなるとは分かっていたけれど、早くに戻って良かったね。


幸せなお姿です ↓



三角おにぎりのお耳、記念に撮っておいてよかったね。エレンちゃん。ママと一緒で幸せね(*^。^*) 


今日もご覧くださりありがとうございました。ワンクリックよろしくね。にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村<にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村/p>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショー あれこれ・・・。

2017年09月01日 | Weblog

いつものパターンですが・・・次のショーが近づいてくると、あわてて前回のショーのようすをアップしている管理人です。すみませ~んね 前回のショーは8月6日に行われました。その時のようすは、お友達がくださった写真でアップしておりましたので・・今日の写真は7月に行われたショーのようすです。


今シーズンから何年ぶりになるでしょうか・・・パピーペンを引っ張り出してきて使いました。パピーペンに入って待機することも訓練の一つです。 ↓



ショーに出ているワンちゃんは、このようなペンの中に入って出番前を過ごします。



周りには沢山のワンちゃんたちがいて、中にはワンワンと吠え続けてウルサイ犬も多数います。ストレスよね。しかし、これも訓練なのよ。ジェニーは年齢がジュニアにあがりソフィと同じクラスになりました。この日の参加はないけれど、この場に慣らせるために連れてきました。普段はリビングでいばっているジエニーちゃん。このウルサク匂いのきつい場はイヤだったよね。でもね、ショードッグはガマン強くならないとやっていけないのよ。私たちは、このように将来に向けて犬を会場で訓練することを⇒慣らしにきた(^.^)/~~~と言います。


私がお世話になっているテントは、ショーの世界では先生ともいえる、大ベテランのドーベルマンの須藤さんです。須藤さんはドーベルマン一筋です。毎年アメリカに行かれて~素晴らしい血液を導入されています。こちらのドーベルさまたちは、見ているだけでも⇒違うなぁ~と感動の美しさ 顔がキレイ・肉体・体格 ぶれない歩様です。毎回のように、リザーブ以上の素晴らしい成績です。



まだベビーちゃん。リロイ♀ちゃんです。6月・7月にはリザーブやクィーンを獲り、そして8月にはBISを獲りましたね。すごいです。



↑  こちらはミカンちゃん。 ↓



ミカンちゃんもBISを獲りましたよ。出場している全ワンちゃんの中で一番・優勝ですよ。同じテントの仲間の皆さんと一緒に記念撮影です。私も入れてもらって、光栄です。



左はリロイちゃんの同胎の姉弟・男の子です。男の子ベビーのキングです。引いていたのは有名なプロハン先生・草間ハンドラーです。右はラフコリーで有名な方・オナハンの信貴ハンドラーです。7月23日のBISでした。みなさん、毎回素晴らしい成績を獲られています。


このような先生クラスの方々と一緒に過ごしているテントですが・・先生方は、私のようなオナハンにも優しく接してくださって、毎回楽しく過ごさせていただいております。去年からショーを始められた方もいて、ベテランも新米も分けへだてなく、沢山おしゃべりしたり沢山おいしいものをいただいたりで シヨー + 合間のピクニックを楽しんでいます。手が空いた者が、写真を撮ったりビデオを撮ったり犬たちのお世話をしたりで、お互いに協力しあっています。(しかし私は足手まといになっている感がします。大型犬の中に居るので、うまく扱えない・・不器用ですね)


そして~6月 7月と 練習の時のように うまく犬をもっていくことができなくて苦戦していました。問題は触診ですよ。心が どよ~ん としてけっこう苦しかった。今シーズンはこのまま(触診が)沈没 したまま終わるのかな~ とショーの日が来るのがイヤだった気持ちもありました。でもそんなことを考えていたら、ハンドラーの心が犬に伝わるので⇒ 犬の動きにもそれが表れて絶対に良くないのです。犬に私の不安な気持ちが伝わってしまったら、ハンドラーとして失格です。


ショーは犬のせいではないのです。自分の気持ちとの戦いでした。ここまで6連敗だったソフィアちゃん。この日、初めて・・何とか触診を受けることができました。私は、練習では厳しく、本番の会場では怒らないでやっていこうと考えていました。しかし、この日の朝の触診の練習で(お友達に触っていただきました)
またまた嫌がって体をくねるので・・ワタシ、なめられてるなぁ~と実感"(-""-)" ショー会場では初めて⇒カツン!と怒りました。そしたらソフィアはビックリしてました。この場で叱られるなんて~こんなことあるのって顔をしてました。そうよ!今までの練習が、あなたの触診イヤイヤの数秒で水のあわ歩様はきれいなんだからもったいない それが伝わったようで・・本番では大きく崩れないで触診クリアでした。やさしく触ってくださった先生にも感謝いたします。


この日の写真はこの一枚のみでした。 ↓



ソフィちゃん、やっとだね初カード ゲットしました。このカードは嬉しかったです。私と一緒に、暑い中を汗を流して頑張って練習してくれた(お散歩ですが)二人三脚・・いえ二人六脚でいただくことができた宝物・ロゼットでした。この日は本州のプロハンさん達が前日の東北のショーから北上して参加してくださったので、10グループは5犬種そろいました。しかもペリグリーを目指しているワンちゃん達ですからレベルも高かった。アフガン・ボルゾイ・イタグレ・サルーキー・ウイペット。そうそうたるプロハンのメンバーの中から選ばれて、本当に嬉しい受賞でした。わたくし・・何年かぶりに初心にかえりました 10グループの華やかでBISを狙える犬種の中で、地味で小さな犬種・イタグレがカードをいただくのは難しいです。IGをプロハンに託している方にひとこと言いたいです。私・イノセントと、あなたのやっていることは、表向きは同じでも中身は違いますよ。一緒にしないでくださいと。


そして余談ですが、このジャケットを着たときはよい成績をいただけるのです。こちらの写真を見てください。



こちらはオペラがCHを完成した時の写真です。



こちらはミリオンが初のショーデビューでカードをいただいた時の写真です。


ハンドラーの中には縁起を担いで、良い成績を獲った時の服を着たり、同じ靴を履いたりする人もいます。でも私は無宗教ですし、ジャケットは偶然だったと思うので、これをどんどん着ることはありません。このジャケットは、身内の結婚式の時に買ったフォーマルドレスの上着です。その人・・その後・・離婚しましたから。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。ワンクリックよろしくお願いしますね。にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加